最近の日本語には英語が完璧に和製英語となって日本語のように定着したものが多数ありますよね。

そのような言葉の一つに「リアリティ」という言葉を挙げられると思います。

「リアリティ」、テレビでも新聞紙上でも結構、よく聞く言葉ですよね。

もう半ば「日本語化」しているかのような意味にも取れる馴染みの深い言葉です。

さてこの「リアリティ」、本来の英単語としての意味と現在、私たちが何気なく使っている意味合いとは全く同じなのでしょうか?

今回は「リアリティ」についての元の単語の意味との違いや詳しい使い方について見ていく事に致しましょう。

日本語化している英語の多さ

現在の日本語には、あまりにも多くの「日本語化した英語」があふれています。

昭和の頃と今とを比較したら、その数の違いはあまりにも膨大になっている事に気付かされるでしょう。

例えば「ヤング」や「フレッシュ」。

更に「ニュー」や「ビューティフル」などといった英単語は学校で習う前からその意味を知っている英単語ではないでしょうか?

更に最近では「ディベート」とか「スキーム」だとか、結構聞き慣れない単語までが頻繁にテレビや新聞紙上で扱われているようになりました。

果たして皆さんは今のこのような「英単語」が混じった日本語の現状、どのようにお考えでしょうかねえ?

「わざわざ英単語にして話さなくてもいいじゃないか、ちゃんと正しい日本語を使え!」といった厳しいご意見も出てきそうな雰囲気を感じませかねえ。

とにもかくにも、今の日本語は100年前の日本語とは180度、違ってきているといっても過言ではないくらい、日本語化している英語の数が多いようです。

日常会話でも自然に使う英語

とにかく私たちの日常会話において「英語」の言葉は必須というほど食い込んできています。

それなしでは本当に会話もコミュニケーションもつながらない、という次元まで来ている感じですね。

例えば野球という競技。

戦時中は一切の英語に関する表現が禁じられていましたね。

「ストライク」を「いい球」。

「ボール」は「よくない球」など。

これでは今の時代において、とてもその競技を快く楽しむ事ができませんよね。

「ストライク」や「ボール」「アウト」「フライ」「ゴロ」「ゲーム」「スタジアム」などを全て日本語の漢字表記でやってしまったら本当に「興覚め」という言葉がピタッとはまってしまいそうなムードです。

という事で、今の時代、日常会話から英語を失くしてしまうことなどほぼ不可能という事が言えるわけなのです。

なんとなくで使っていると恥をかくかも?

ところで最近の日本語化した「英単語」というものは、意味合いがまるで違うのに平気で間違った意味合いとして使われていることもまま、あるようですね。

今回取り上げました「リアリティ」も多分にこの傾向を含んでいる言葉のようなのですね。

なんとなく、こんな使い方でいいんじゃない?という感じで使っているうちにどれが本来の正しい意味なのか、めちゃくちゃになってしまうケースも多い、という事なのです。

そして分かっているつもりで実はその言葉の正しい意味を全く把握しておらず、恰好だけを気にして使っていると、あとでとんでもない恥をかくことも十分考えられでしょう。

もともと、英語と日本語というものは文法上も解釈上も全然違う、言語ですからね。

この「水と油」のような組み合わせが一つの言葉になって成り立つ、ということ事態に無理があるという事になるのでしょう。

リアリティの解説

それではここからは「リアリティ」についての解説を行っていく事にしましょう。

そもそも「リアリティ」とはどういう意味が正しいのか。

この機会に是非とも知っておきましょう。

普段こんな感じで使われるリアリティ

「あの人の絵にはリアリティがる」「この漫画のリアリティさは本家を凌ぐ」「筋肉を鍛えるからこそ、真のリアリティを感じられるのです」…。

世の中には「リアリティ」という言葉を日常的にしばしば使う機会が多い事と思います。

3つほど、何気なく使われる会話形式で「リアリティ」を用いてみました。

ざっとこんな感じで皆さんも使っているのではないでしょうか?

でも、果たして本当にこの意味、正しいのでしょうか?

間違っていないのでしょうか?

そんな細かいところまで気にしたことはないのかも分からないだけでしょうか?

いずれにせよ、「リアリティ」という言葉。

普段、こんな感じで使われている事だけは間違いないでしょう。

リアリティの意味、理解してますか?

日常よく使われている「リアリティ」。

さて皆さんは本当にこの言葉の意味を正しくご理解されて使われているでしょうか?

英語というものは厳密にみると結構、日本語の訳とは違った意味を持つ単語がたくさんあるものです。

では今回取り上げています「リアリティ」。

果たして本当に正しい意味を掴んでいるのでしょうか?

以下、じっくりとみていく事に致しましょう。

リアリティの意味

それでは「リアリティ」の意味について見ていく事に致しますね。

現実味・現実性

リアリティの意味の1つ目は「現実味・現実性」という事です。

これはいたって私たちが想像していた通りの意味となりましたね。

「リアリティ」は元々、英単語の「リアル」です。

直訳すれが「現実」です。

現実とはあなたが今見ている世の中全てがそういうものに当たります。

2018年の今の空間、時代がそのまま「現実」なのです。

それが「リアリティ」、つまり現実味・現実性という表現となっているのです。

だから10年前はもうすでにリアリティではりませんよね。

10年前は「昔」。

「オールド」という事になります。

つまり「過去」という概念です。

リアリティとは現実味や現実性を持った物事全般に対して使われる言葉なのです。

事実に基づいて

リアリティの意味の2つ目は「事実に基づいて」という事になります。

「事実に基づく」とは嘘偽り、飾り立てが一切なく、目の前の現実を色眼鏡なしで客観的にありのままを描いて第三者に伝える手段を言いますよね。

ニュースで取り扱われる事件や事故を嘘・偽りなく目の前に起こった事をそのまま伝えることが「事実に基づく」という解釈になるわけです。

そうであるから報道に関わるニュースや新聞の記事が多くの人々に支持されるわけなのです。

こういった姿勢も「リアリティ」という概念で語られるわけなのです。

ただ、中には事実を歪曲して国民に知らせる場合も多々、まります。

今(2018年3月)世間を騒がせている森友学園の問題。

これなどは事実を隠蔽した全く虚飾の事件であることが世間に知られています。

あるいは東日本大震災の際の原発事故の報道も大きく事実に反する報道がなされてきていますよね。

こういった情報操作に関わるニュースというものは、国民に真の「リアリティ」を伝えてしまったらその後とんでもない事になってしまう人達が大勢、いるから肝心な部分を伏せてしまうのでしょう。

真実に基づいた報告が出来ないという事は、非常に憤懣やるかたない気持ちになるものですね。

真実味のある

リアリティの意味の3つ目は「「真実味のある」という事です。

「真実味」というのは最初に紹介いたしました「現実味」よりもいささか脚色されているというか、第三者によって現実を多少なりとも差し替えられたイメージを感じさせてしまいます。

目の前に起こったある出来事があまりにも悲惨だったため、全てをありのままに伝える事をセーブして必要最小限に留めてお伝えする。

といった意向が垣間見える措置ですね。

この場合は生の現場写真や映像を用いずに、人の口から必要な部分だけの情報を聞くことによって事件の全貌を想像するという作業が働く訳です。

それによって読者や視聴者が様々なイメージを起こし、どれだけの「真実味があったのか」を推察するという形になるのです。

いずれにしてもこのような場合においても「リアリティ」という言葉は用いられるわけなのです。

迫真性のある

リアリティの意味の4つ目は「迫真性のある」です。

この場合のリアリティはスポーツなどのシーンを想像したらいいかと思います。

例えば、まだ幼い子供が行う空手の型は、あどけなさが残っていながら形においては迫真の技で、大人が行う方と大きな違いがありません。

まさに「迫真性のある」といった表現がぴったりはまります。

このように「リアリティ」とい言い方は直接見た聞いた世界が全てではないということなのですね。

見た人の今までの経験値が現実のシーンと折り重なって、見た目以上の迫真性を連想させる場合の表現に用いられる事もあるのです。

まさしく迫真の「リアリティ」さ、というところでしょう。

リアリティは英語から由来

さて、半ば日本語化している感のある「リアリティ」、実は誰がみても正真正銘、元々は英語なのです。

それでは本来の語源である英語の方の「リアリティ」について少々、みていく事にしましょう。

英語「reality」から

英語であるところの「reality」の意味は

・現実[実在・事実]性。

実際にある、または起きるということ。

不可算的なこと。

・現実のこと[もの]、実際に起きる[存在する]もの[こと]
・迫真性、現実への近さ、リアリティー
・《哲学》実在

という意味になっています。

 https://eow.alc.co.jp/search?q=reality (「英辞郎」より引用)

こうやってみると先程の「リアリティ」の意味合いとはそう大きな大差はないように思われますね。

本来の意味も日本で使われているのと同じ

「現実性」とか「実際に起こること」とか「迫真性」などといった意味合いは日本語化した「リアリティ」と全く同じですね。

元々「ty」は名詞のあとにつける接尾辞で「~な性質、状態、程度」といった意味を表すものです。

「real」の後ろに「ty」をつけることで「真実」「現実」という表現により一層、躍動感というか命を与えている表現、とでも言ったらいいのでしょう。

こうみてくると本来の「reality」もほぼ日本語の意味と同じである、という事でよろしいという事になりますね。

リアリティの使い方

それではここからは「リアリティ」を実際に生の会話で使っているシーンを想定してご紹介して参りましょう。

リアリティの使い方を例文とともにチェック

「リアリティ」の使い方を例文とともに見ていきます。

難しく考え過ぎないよう出来るだけ日常生活に出てきそうなシーンを想定してご紹介してゆきまますね。

「このヘッドホンは、究極の音のリアリティを追求している!」


この例文は、日頃、音楽好きな人が自分のこだわりの音を一つの「リアリティ」と捉える事によって一つの解釈基準を作り、「このランクよりも下のものはいい音とは認めない」という現実嗜好を垣間見せている言い方です。

どんな趣味であっても分野であっても、そこには自分のこだわりというものがあるはずです。

そのこだわりが「リアリティ」となってあなたの世界観を形作る、という事を言いたいわけなのです。

「今年の新入社員がリアリティショックを受けたようだ。」

新入社員というものはまだまだ現実の厳しさや真剣さを体感し切れていません。

感覚的にはそれまで4年間の大学生活における世界観がこの世の全て、のような現実感を持って生きてきました。

よって実際に入った会社の現実度がそれまで思い描いていた理想と大きく食い違いを起こしているために起こるのがこの「リアリティショック」という訳です。

この場合の「リアリティ」は自身が思い描いていた「世界観」と実際に入社してみてみた「現実」との差別観です。

これほど現実の「リアリティ」さが露骨に違っているとは…。

新入社員にとったら大きなカルチャーショックを受ける事かも分かりませんね。

「バーチャルリアリティの世界は私には馴染めません。」


「バーチャルリアリティ」。

仮想現実。

コンピューターが作り出す、いかにも現実っぽい嘘の世界の事です。

映画「マトリックス」でも取り上げられて有名になりましたよね。

もし、本当に精巧な「バーチャルリアリティ」の世界に放り込まれたら、現実と非現実の区別が分からなくなってしまい、人間は理性を失ってしまうかも分かりません。

それほど高度に進んだコンピューターグラフィックの技術は人間に「仮想世界」を見せてしまうようなのです。

「バーチャルリアリティ」の「現実感」というものは、人間の過去のデータと経験値によって作り出されたもの。

いわば「贋作」の世界です。

いかにも「創造」というテーマの最先端に言っているような気がして、実はすべては過去のおさらいなのです。

本来、「リアリティ」というものは今、そこにある現実を見て真実を感じるもの。

仮想世界が全てという発想に凝り固まってしまったら、明日が見えない危険性を感じてしまいそうですね。