CoCoSiA(ココシア)

リアリティとはどういう意味?リアルとの違いや詳しい使い方を解説


最近の日本語には英語が完璧に和製英語となって日本語のように定着したものが多数ありますよね。

そのような言葉の一つに「リアリティ」という言葉を挙げられると思います。

「リアリティ」、テレビでも新聞紙上でも結構、よく聞く言葉ですよね。

もう半ば「日本語化」しているかのような意味にも取れる馴染みの深い言葉です。

さてこの「リアリティ」、本来の英単語としての意味と現在、私たちが何気なく使っている意味合いとは全く同じなのでしょうか?

今回は「リアリティ」についての元の単語の意味との違いや詳しい使い方について見ていく事に致しましょう。

日本語化している英語の多さ

現在の日本語には、あまりにも多くの「日本語化した英語」があふれています。

昭和の頃と今とを比較したら、その数の違いはあまりにも膨大になっている事に気付かされるでしょう。

例えば「ヤング」や「フレッシュ」。

更に「ニュー」や「ビューティフル」などといった英単語は学校で習う前からその意味を知っている英単語ではないでしょうか?

更に最近では「ディベート」とか「スキーム」だとか、結構聞き慣れない単語までが頻繁にテレビや新聞紙上で扱われているようになりました。

果たして皆さんは今のこのような「英単語」が混じった日本語の現状、どのようにお考えでしょうかねえ?

「わざわざ英単語にして話さなくてもいいじゃないか、ちゃんと正しい日本語を使え!」といった厳しいご意見も出てきそうな雰囲気を感じませかねえ。

とにもかくにも、今の日本語は100年前の日本語とは180度、違ってきているといっても過言ではないくらい、日本語化している英語の数が多いようです。

日常会話でも自然に使う英語

とにかく私たちの日常会話において「英語」の言葉は必須というほど食い込んできています。

それなしでは本当に会話もコミュニケーションもつながらない、という次元まで来ている感じですね。

例えば野球という競技。

戦時中は一切の英語に関する表現が禁じられていましたね。

「ストライク」を「いい球」。

「ボール」は「よくない球」など。

これでは今の時代において、とてもその競技を快く楽しむ事ができませんよね。

「ストライク」や「ボール」「アウト」「フライ」「ゴロ」「ゲーム」「スタジアム」などを全て日本語の漢字表記でやってしまったら本当に「興覚め」という言葉がピタッとはまってしまいそうなムードです。

という事で、今の時代、日常会話から英語を失くしてしまうことなどほぼ不可能という事が言えるわけなのです。

なんとなくで使っていると恥をかくかも?

ところで最近の日本語化した「英単語」というものは、意味合いがまるで違うのに平気で間違った意味合いとして使われていることもまま、あるようですね。

今回取り上げました「リアリティ」も多分にこの傾向を含んでいる言葉のようなのですね。

なんとなく、こんな使い方でいいんじゃない?という感じで使っているうちにどれが本来の正しい意味なのか、めちゃくちゃになってしまうケースも多い、という事なのです。

そして分かっているつもりで実はその言葉の正しい意味を全く把握しておらず、恰好だけを気にして使っていると、あとでとんでもない恥をかくことも十分考えられでしょう。

もともと、英語と日本語というものは文法上も解釈上も全然違う、言語ですからね。

この「水と油」のような組み合わせが一つの言葉になって成り立つ、ということ事態に無理があるという事になるのでしょう。

リアリティの解説

それではここからは「リアリティ」についての解説を行っていく事にしましょう。

そもそも「リアリティ」とはどういう意味が正しいのか。

この機会に是非とも知っておきましょう。

普段こんな感じで使われるリアリティ

「あの人の絵にはリアリティがる」「この漫画のリアリティさは本家を凌ぐ」「筋肉を鍛えるからこそ、真のリアリティを感じられるのです」…。

世の中には「リアリティ」という言葉を日常的にしばしば使う機会が多い事と思います。

3つほど、何気なく使われる会話形式で「リアリティ」を用いてみました。

ざっとこんな感じで皆さんも使っているのではないでしょうか?

でも、果たして本当にこの意味、正しいのでしょうか?

間違っていないのでしょうか?

そんな細かいところまで気にしたことはないのかも分からないだけでしょうか?

いずれにせよ、「リアリティ」という言葉。

普段、こんな感じで使われている事だけは間違いないでしょう。

リアリティの意味、理解してますか?

日常よく使われている「リアリティ」。

さて皆さんは本当にこの言葉の意味を正しくご理解されて使われているでしょうか?