CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

アムラー世代の5個の特徴!流行ったメイクやファッションを紹介


昔からたくさんの歌姫は存在していました。

安室奈美恵さんこそ、日本が誇る最強の歌姫と云っても過言ではないでしょう。

20年以上に渡り、老若男女問わず愛されてきた歌姫は安室奈美恵さんしかおりません。

世紀末前、アムラーがめちゃくちゃ流行っていました。

残念ながら今年で引退されてしまいますが、安室奈美恵さんは全国民の中で忘れない存在となるでしょう。

一時代ブームとなったアムラー、そして安室奈美恵さんの魅力について語っていきますね!

️一時代ブームとなった「アムラー」!その実態とは?

お母さん世代に多かったかもしれませんね。

アムラーとは1996年に女性の間で流行語となった言葉の1つです。

言葉の意味はそのまま安室奈美恵さんから取られています。

安室奈美恵さんに憧れ、彼女をマネたファッションセンスやロングヘアの女性がたくさんいました。

更に小麦色の肌だったため、日焼けサロンで肌を焼く人も多かったようです。

街中には安室さんをマネた人がばかりでしたが、残念ながら安室さんをマネても安室さんに慣れなかった人も当然いましたね。

超ミニ、今は絶滅危惧種となった厚底ブーツを履いていた人も多く、アムラーの後にコギャルが大流行しました。

️もはや伝説?!アムラーってなに?


アムラーが流行ったのは今から20年以上前のでした。

当時私も小学生だったため、アムラーがとても印象に残っています。

都会を歩いていたら街中は安室さんみたいな格好をした女性ばかりでしたからね。

さすがに子供でアムラーはいませんでしたが、私の姉が安室さんの大ファンでした。

姉の影響でアムラー時代の曲は全て覚えていますし、今でも好きです。

アムラーからかなりの年月がすぎ、今の若い世代ではアムラーを当然しりません。

もしかしたらご自身のお母さんや身内が、安室さんのような格好をしていたかもしれませんよ?
アムラー世代とはまた別に、やや安室さんブームになった事がありました。

今から10年ほど前にNEWLOOKという曲が流行り、60年代のアメリカ映画のようなPVが話題になった事はご存知でしょうか?

安室さんは基本的に前髪がないロングヘアなのですが、このNEWLOOKで初めて前髪パッツンを披露されました。

この前髪パッツンヘアとファッションが若い女性に受け、美容室に行って真似した人も多かったそうです。

この頃からアムラー時代とはうって変わり、大人の洗練された女性へと変貌され、アムラー以上に憧れを抱く女性が急増しました。

ある意味では第2のアムラー世代と言っても良いかもしれませんね。

アムラー世代は何歳から何歳まで?

安室さんはとてもそうは見えませんが、現在40歳を超えています。

アムラーが流行ったのは今から20年以上前のお話なので、アムラー世代は大体20代後半~50代くらいだと思って下さい。

基本的にアムラーの格好をしていたのは中高生以上からでしたが、当時小学生だった私が一応アムラー世代に入りますからね。

さすがに小学生でアムラーの格好をしていた子はいませんでしたが、安室さんのファンだった人は多かったですよ。

昔の上司がアムラー世代時は高校生くらいだったそうですが、その当時学校では安室さんみたいな格好が大流行していたそうです。

ミニスカやロングヘアに小麦色の肌をしていた人が多く、学校の先生から注意を受けていた人もたくさんおり、生徒指導が厳しい時代でもありました。

ただ結構年いったオバサンも安室さんの格好をしていた事もあって、痛々しかったみたいですね。

アムラー世代の人が好きな曲とは?


アムラー世代だった頃、姉に毎日安室さんの曲をエグいくらい聞かされていました。

チェイスザ・チャンス、Don’twannacry、ユア・マイ・サンシャイン、スイートナインティーブルースなどなどたくさんのヒット曲があります。

子供の頃意味が分からず歌詞を覚えずっと歌っていました。

結構過激な曲も多かったかもしれません。

今現在の音楽はしょうもないので聞く気すら起こりませんが、安室さんはやっぱりいい曲が多いですね。

アムラー世代だけではなく、あむろさんの曲は今現在でもいい曲をたくさん出していますよ!
昨年の最後の紅白で歌っていたHEROという歌は最強にいい曲だと思います。

現在でも結婚式の定番として有名なのがCANYOUCELEBRATE?ですね。

バージンロードというドラマの主題歌だったのですが、結婚式の定番として流している人は未だに多いです。

トライ・ミー

安室さんが安室奈美恵個人としてではなく、当時はMAXと一緒にSUPERMONKEY❜Sとして活躍されていた頃の一番初めの曲です。

私はトライ・ミーに関して当時はちらっと聞いたくらいでしたが、現在たまたま入った書店で流れていていい曲だなと思いました。

ページトップ