CoCoSiA(ココシア)

いじられキャラな人に向いている仕事5選とその理由


いじられキャラというと、一見バカにされていると感じる人もいるのではないでしょうか?

しかし、いじられキャラの人が一人いると、その場が明るくなったり、楽しくなったりすると思います。

そのため、いじられキャラの位置を狙っている人もいるんだそうです。

ただ、そんないじられキャラ、なりたいと思ってもなかなかなれるものではないんです。

多くの場所で魅力を発揮し、周りの人を楽しませてくれるいじられキャラの人は、仕事でも引っ張りだこなはずです。

今回はそんないじられキャラの人には、どんな仕事が合うのかご紹介していこうと思います。

いじられキャラに向いている仕事とは?

人を和ませ、場を楽しくさせることのできるいじられキャラは、一人いるととても重宝されます。

そんないじられキャラの人は、一体どんな仕事がぴったりなのでしょうか?

そのためにはまず、いじられキャラとはどういった人のことを指すのかを知る必要があると思います。

いじられキャラの人って、周りに一人はいるんじゃないでしょうか?

みんなから何かある度にいじられて、その場を柔らかくしたり楽しませたりしますよね。

しかし、一つ気を付けなくてはいけないこともあります。

それは『いじる』が『いじめ』になってしまわないようにすることです。

いじっている人たちにそのつもりがなくても、いじられている人が『いじめ』だと思えば、それは『いじめ』になってしまいます。

なので、いじる側は嫌がっていないか十分注意しなくてはいけません。

いじられキャラってどういうキャラ?


いじられキャラとはいっても、仲間内でなんとなく自然とキャラが定着するので、具体的にどんな人なのか分からない人もいるんじゃないでしょうか。

実はいじられキャラといっても、様々な特徴があります。

その代表的な特徴をいくつかご紹介していきます。

この特徴を知ることで、いじられキャラを理解することができ、いじられキャラの人と上手に付き合うこともできるようになるでしょう。

そして、いじられキャラを知ることで、いじられキャラの人にぴったりの仕事も自ずと予想できるのではないでしょうか。

リアクションが大きくて面白い

いじられキャラの人の大きな特徴は、ずばりリアクションが大きいことです。

ちょっとしたことで物凄くビックリしたり、喜怒哀楽がはっきりしている人が多いと思います。

もしかしたら、自分にその気はないのに、人から『リアクションが大きい』と言われたことはありませんか?

いじられキャラの人のいじり方の一つに、驚かせることがあります。

ドッキリやビックリさせられると、予想以上のリアクションにその場のみんなが笑ってしまう場面に遭遇したことはありませんか?

いじられキャラの人の共通点は、リアクションでみんなを笑顔にできることかもしれません。

自分が自覚しているうえでリアクションを大きくしたままなのであれば問題ないですが、自覚していないのにリアクションが大きいと言われて、ショックをうけた経験がある人もいるのではないでしょうか。

しかし、そんなときはリアクションが大きいと言った人の顔を見て判断するのがいいと思います。

リアクションが大きいという言葉は大抵は良い意味です。

しかし、顔が怪訝そうだったりする場合は、いじられキャラのリアクションの大きさではない可能性も。

ただ、人がビックリする姿ってそれだけで笑ってしまったりするものですよね。

なので、いじられキャラの人はみんなに愛されるのかもしれません。

ムードメーカーな存在

いじられキャラの人のすごいところが、自分の言動によってその場の空気を変えたり作ったりできることではないでしょうか。

ムードメーカーとは、『雰囲気を作り出す人』を意味します。

その人がいることで、その場の雰囲気が悪くなったときに明るく変えてくれたり、その場の空気を良い方向に変えることができるのが特徴です。

こういったことのできる人は、その場の雰囲気を良くして周りの人を楽しませたいという気持ちはもちろん、自分も楽しみたいという思いがあります。

空気を読むことに長けているので、その場に応じて『つっこみキャラ』や『いじられキャラ』など使い分け、人の注目や気持ちを誘導することがうまいのです。

そして、このタイプの人はいじられることに対して、自分の中で了承したうえでいじられキャラになっていることもあります。

その場を楽しくさせたいという思いが強いので、周りがいじりやすいように上手く誘導してくれるので、周りもそれに乗せられていじってしまうのです。

親しみやすい

いじられキャラの最低条件ともいえるのが、親しみやすいことです。

人をいじるというのは、誰に対してもできるというわけではありません。

誰に対しても壁を作らず、受け入れてくれそうだと思うからこそ、この人はいじっても大丈夫だと思うはずです。

そのため、とっつきにくい人や壁を作ってしまいがちな人は、いじられる前に仲良くなることさえ時間がかかってしまうかもしれませんね。

そのことから、いじられキャラの人は誰からも親しまれ、愛されキャラのことが多い傾向にあるのです。