いじられキャラというと、一見バカにされていると感じる人もいるのではないでしょうか?

しかし、いじられキャラの人が一人いると、その場が明るくなったり、楽しくなったりすると思います。

そのため、いじられキャラの位置を狙っている人もいるんだそうです。

ただ、そんないじられキャラ、なりたいと思ってもなかなかなれるものではないんです。

多くの場所で魅力を発揮し、周りの人を楽しませてくれるいじられキャラの人は、仕事でも引っ張りだこなはずです。

今回はそんないじられキャラの人には、どんな仕事が合うのかご紹介していこうと思います。

いじられキャラに向いている仕事とは?

人を和ませ、場を楽しくさせることのできるいじられキャラは、一人いるととても重宝されます。

そんないじられキャラの人は、一体どんな仕事がぴったりなのでしょうか?

そのためにはまず、いじられキャラとはどういった人のことを指すのかを知る必要があると思います。

いじられキャラの人って、周りに一人はいるんじゃないでしょうか?

みんなから何かある度にいじられて、その場を柔らかくしたり楽しませたりしますよね。

しかし、一つ気を付けなくてはいけないこともあります。

それは『いじる』が『いじめ』になってしまわないようにすることです。

いじっている人たちにそのつもりがなくても、いじられている人が『いじめ』だと思えば、それは『いじめ』になってしまいます。

なので、いじる側は嫌がっていないか十分注意しなくてはいけません。

いじられキャラってどういうキャラ?


いじられキャラとはいっても、仲間内でなんとなく自然とキャラが定着するので、具体的にどんな人なのか分からない人もいるんじゃないでしょうか。

実はいじられキャラといっても、様々な特徴があります。

その代表的な特徴をいくつかご紹介していきます。

この特徴を知ることで、いじられキャラを理解することができ、いじられキャラの人と上手に付き合うこともできるようになるでしょう。

そして、いじられキャラを知ることで、いじられキャラの人にぴったりの仕事も自ずと予想できるのではないでしょうか。

リアクションが大きくて面白い

いじられキャラの人の大きな特徴は、ずばりリアクションが大きいことです。

ちょっとしたことで物凄くビックリしたり、喜怒哀楽がはっきりしている人が多いと思います。

もしかしたら、自分にその気はないのに、人から『リアクションが大きい』と言われたことはありませんか?

いじられキャラの人のいじり方の一つに、驚かせることがあります。

ドッキリやビックリさせられると、予想以上のリアクションにその場のみんなが笑ってしまう場面に遭遇したことはありませんか?

いじられキャラの人の共通点は、リアクションでみんなを笑顔にできることかもしれません。

自分が自覚しているうえでリアクションを大きくしたままなのであれば問題ないですが、自覚していないのにリアクションが大きいと言われて、ショックをうけた経験がある人もいるのでは?
しかし、そんなときはリアクションが大きいと言った人の顔を見て判断するのがいいと思います。

リアクションが大きいという言葉は大抵は良い意味です。

しかし、顔が怪訝そうだったりする場合は、いじられキャラのリアクションの大きさではない可能性も。

ただ、人がビックリする姿ってそれだけで笑ってしまったりするものですよね。

なので、いじられキャラの人はみんなに愛されるのかもしれません。

ムードメーカーな存在

いじられキャラの人のすごいところが、自分の言動によってその場の空気を変えたり作ったりできることではないでしょうか。

ムードメーカーとは、『雰囲気を作り出す人』を意味します。

その人がいることで、その場の雰囲気が悪くなったときに明るく変えてくれたり、その場の空気を良い方向に変えることができるのが特徴です。

こういったことのできる人は、その場の雰囲気を良くして周りの人を楽しませたいという気持ちはもちろん、自分も楽しみたいという思いがあります。

空気を読むことに長けているので、その場に応じて『つっこみキャラ』や『いじられキャラ』など使い分け、人の注目や気持ちを誘導することがうまいのです。

そして、このタイプの人はいじられることに対して、自分の中で了承したうえでいじられキャラになっていることもあります。

その場を楽しくさせたいという思いが強いので、周りがいじりやすいように上手く誘導してくれるので、周りもそれに乗せられていじってしまうのです。

【ムードメーカーな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

親しみやすい

いじられキャラの最低条件ともいえるのが、親しみやすいことです。

人をいじるというのは、誰に対してもできるというわけではありません。

誰に対しても壁を作らず、受け入れてくれそうだと思うからこそ、この人はいじっても大丈夫だと思うはずです。

そのため、とっつきにくい人や壁を作ってしまいがちな人は、いじられる前に仲良くなることさえ時間がかかってしまうかもしれませんね。

そのことから、いじられキャラの人は誰からも親しまれ、愛されキャラのことが多い傾向にあるのです。

親しみやすいというのは、それだけで人間関係を円滑に進めることがしやすくなります。

みんなと仲が良いからこそ場の雰囲気を作ることができたりするのでしょう。

仕事に関しても親しみやすいほうが職場の人とも、お客さんや取引先の人とも関係を築きやすいので、何かとプラスになるはずです。

外見や中身に癖がある

いじられるというのは、どこかいじられるようなポイントがなければ成立しませんよね。

そのため、見た目や性格などに特徴がある場合が多いようです。

たとえばぽっちゃりめだったり、話し方や声が変わっていたり、面白い仕草があると、そこをいじられるという風にキャラが出来上がっていきます。

しかし、これは人によっては『いじられる』ではなく、『いじめられる』になんてしまうことも。

本当に気にしているコンプレックスの部分で、人に触れられたくない部分なのかどうか判断する必要があります。

外見や中身などをいじる場合、すぐにいじらずに少し様子を見ることも大切になってきます。

人をいじるというのは、仲良くなって親しくなったうえに成り立つものだからです。

意外と空気を読むことができる

大きなリアクションをしたり、場の中心にいることが多いいじられキャラの人ですが、実は場の空気を読んで、適切な空気に変えることが上手なんです。

自分がいまどんな対応をすることで場の空気が良くなるのか考え、そのためには自分を犠牲にしてしまう人もいます。

その空気の読み方は適切で、その自己犠牲のおかげで場の雰囲気が良くなることもあるでしょう。

空気を読むのが上手で、その雰囲気にすぐ順応し、対応することができるというのは、仕事にも大きなプラスになります。

しかし、空気を読むことができるので、度が過ぎるいじり方をしたり、本気でバカにされたりすると、耐えきれなくなり、爆発してしまうこともあるので、注意が必要になってきます。

いじられキャラに向いている仕事5選


さて、ここからはいじられキャラの人にぴったりの仕事をご紹介していきます。

ここまで色々とまとめてきたように、いじられキャラの人には多くの良い部分があるのです。

それは、人間関係を良くしていくことにも繋がりますし、空気が読めるというのは様々なところで役に立つはずです。

愛されキャラにもなる傾向にあるので、後輩や上司との関係も築きやすく、誰にでも壁をつくらなく親しみやすいので仕事を頼まれやすいという一面もあります。

仕事を頼まれるということは、マイナスばありではありません。

みんなから慕われ、仕事を一生懸命にする姿は上司へのアピールにもなりますし、様々な評価をうける機会も増えるでしょう。

そんな良いポイントがたくさんのいじられキャラに向いている仕事をまとめていきますので、参考にしてみてください。

1、管理職

人との関係を良好に築けるいじられキャラの人は、管理職に向いています。

人を管理することは簡単ではありません。

いかに気分良く、みんなが気持ちよく仕事をしていけるためには、空気を読むのは必須ですよね。

空気を読み、適切な言動ができるムードメーカーのいじられキャラの人は、人を上手に動かすことにも長けています。

また、部下が失敗して落ち込んでいるときには、自分を多少犠牲にしても空気を良くすることができ、さらに信頼関係を良いものにすることができることもあるかもしれませんね。

そして、上司とも良好な関係を築くことができるので、間に挟まれてもなるべく穏便に上手に進めるよう手を尽くします。

こうした上下関係を築くのに長けているので、管理職が合うといわれているのです。

人に愛されて慕われるから

管理職は間に挟まれやすく、憎まれ口を叩かれたりしやすい立場だともいえると思います。

そんな立場だからこそ、人との関係を良いものにしやすく、上司にも愛され、部下からも慕われるいじられキャラが適任なのです。

管理職の人が信頼できないと仕事を続けるのもつらくなってしまいますよね。

そうして人が長続きせず、ひっきりなしに変わっていくのは企業としても望ましいものではないと思います。

だからこそ、人との信頼関係を築けるいじられキャラの人が管理職になることによって、悩みは管理職に伝え、場の空気や雰囲気を良くするために試行錯誤してくれるので、仕事場も円滑に進めると考えている人もいるんです。

2、経営者

会社のトップがいじられキャラというのは分かりにくく意外かもしれませんが、いじられキャラの人は経営者にも向いています。

経営者は信用が大切です。

そして、その信用を築きやすいのがいじられキャラなのです。

いじられキャラというとピンとこないかもしれませんが、みんなに気を配れて空気を読むのが上手と聞くと、ピンとくる経営者もいるのではないでしょうか。

もちろんそんな経営者ばかりではないでしょうが、経営者は取引先との付き合いなど空気を読む場がとても多いですよね。

そのときに、適切な雰囲気作りで自分が我慢してもみんなを楽しませることができれば、きっと商談なども良い方向に転がりやすくなると思います。

こうしたことからいじられキャラの人は、経営者に向いていると言われているのかもしれませんね。

人望の厚さで、何かと支持される

経営者に必要なのは、商談の腕なども大切ですが、社員からの人望も重要なポイントです。

いくら仕事がバリバリにできたとしても、部下からの信頼がなければ一人で会社を回していくことはできないでしょう。

なので、社員からどれだけの人望を集められているかもとても大切なポイントになるのです。

また、会社で何かを選択したりするときにも、人望がないと支持してもらえず、社員が離れていってしまうかもしれませんよね。

そんなことがないようにしておくことも経営者には必要になってくるんだと思います。

3、接客業

いじられキャラの人の特徴でも十分予想できたかもしれませんが、いじられキャラの人は接客業もぴったりです。

接客業は人との付き合いが基本です。

人間関係を上手に築くことができなければ、お客さんからクレームがきてしまったりしかねませんよね。

また、歩合制や成績制などの場合は、お客さんとの関係が重要になってきます。

そのため、空気を読んで人を楽しませることがとても上手で、人間関係をうまく築けるいじられキャラの人は接客業にも向いているといえます。

お客さんがついてくれる

接客業にはリピーターが重要になってくる職種も数多くありますよね。

そんなとき、お客さんとの信頼関係をうまく構築できていれば、リピーターになってくれるでしょう。

そして、それが自分のためになることもあるかもしれません。

そうした物事が上手に回るのも、いじられキャラの特徴です。

いじられキャラの人は友達が多く、いつも周りに人がいる傾向にあります。

そんな人は笑顔にあふれている人が多いですよね。

笑顔あふれる人には、さらに人が寄ってくるのです。

そんな愛されるいじられキャラの人だからこそ、お客さんが気持ちよくついてきてくれるのかもしれません。

4、アパレル関係

アパレル関係の仕事は、世の中をよく観察したり空気を読んだりすることができるいじられキャラの人には合ってるかもしれないですね。

周りを観察することに長けていることで、流行をいち早くキャッチすることができると思います。

また、お客さんと直接かかわる仕事の場合は、その場の空気をすぐに読み、適切な対応をすることのできるいじられキャラの人は、お客さんを楽しい気持ちにしたり、求めているものを適切に感じ取り、提案することもできるといえるでしょう。

こういったことができるかできないかでお客さんからの評価は、大きく変わってきますよね。

個性を活かすことができるから

いじられキャラの人は、実は意外とかしこい部分もあります。

周りをよく見て、自分の立場やするべきことが分かっているのは、かしこいからでしょう。

そして、雰囲気を作ったり変えたりするムードメーカーな部分も、センスが必要になってくる場面もあるはずです。

そうした生まれ持った天性のものを使って、自分の個性を上手に活かすこともできるかもしれません。

いじられキャラの人はそのときに応じて、違うことを考えていても周りと意見を合わせることがあります。

そして、逆に自分の意見で場の空気を変えることもできます。

こうした点は、多くの人とかかわるアパレル関係の仕事にも役に立ちそうですよね。

5、芸能関係

いじられキャラの人の特徴に、見た目や性格、声や仕草などにクセや少し変わったところがある人がいると説明したと思います。

そういった一面があるのは、芸能関係の仕事にもぴったりです。

芸能界には実に様々な人がいますよね。

自分の周りにいたら浮いてしまいそうなクセのある人も、テレビの中では立派なムードメーカーだったりします。

いじられキャラの人で、自分に人とは違った特徴があると考えている人は、芸能関係を目指してみるのもいいかもしれません。

あなたの声や仕草、特徴のある見た目は多くの人から人気がでることも考えられなくはないでしょう。

また、芸能関係も空気を読むことはとても重要です。

バラエティ番組などのフリートークの場合、場の雰囲気作りは必要不可欠ですし、適切なタイミングで適切なコメントを求められるので、ムードメーカータイプのいじられキャラの人にはぴったりだといえるでしょう。

キャラがうける

みんなから人気で愛されるいじられキャラの人は、キャラも面白かったり、独特だったりしますよね。

人とは違ったあなたならではのキャラが思いのほかウケることもあるでしょう。

ちょっと変わった日本語の使い方や、変わったメイクの仕方などで人気が出ることだって考えられます。

特徴のあるしゃべり方だったり、洋服のセンスだったりするのも、思わぬところから人気が出たりするものですよね。

近年、昔よりも芸能関係の仕事に就くことは入り口が広くなっているような気がします。

なので、いじられキャラの人が芸能関係の仕事に就くことも、昔よりも可能性があるんじゃないでしょうか。

いじられキャラは出世しやすいって本当?

ここまで色々な話をしてきて、誰からも愛される人柄だというのは分かってきたと思います。

人間関係を築くのが上手な性格は、出世にも役立つといわれることさえあります。

しかし、それはあながちでまかせではないのかもしれません。

部下からの信頼も厚く、上司からも可愛がられやすいのが魅力ないじられキャラの人。

壁を作らないので、部下から悩みを打ち明けられたり信頼される機会が多くあります。

そして、空気を読んで上手に立ち回れる姿を見ていたら、上司からも信頼されるようになるでしょう。

そうした部分から、いじられキャラの人は仕事で出世しやすいといわれるのかもしれませんね。

上司に可愛がられる

壁を作らず、空気の読める人の良いいじられキャラの人は、上司から可愛がられやすいのです。

『いじる』という行為自体、お互いの信頼がなければ成立しません。

そして、いじるうちに話す回数が増え、どんどん身近な存在になっていくことだってあります。

そんなつもりはなくても、昇進を決めるときに仲の良い後輩か接点のない後輩となったら、仲の良い可愛がっている後輩を選ぶ上司だっているかもしれません。

ただ、それは上司にしか分からないので、周りから不満を集めてしまうこともないと思います。

出世は仕事ができることがもちろん一番だと思いますが、上司に可愛がられることも大切なことですよね。

いろんな話を聞くことができる

上司との距離が縮まると、様々な話をする機会がでてくると思います。

その中には仕事をする上で役に立つこともあるでしょうし、話を聞く中で新たな発見や考えが生まれることもあるでしょう。

そして、その話のおかげで仕事の効率が上がることや、出世できるようになるようなこともあるはずです。

仕事を頼みやすい

いじられキャラの人の良いところは、頼みごとをしやすいというところかもしれません。

何か困ったときは、とっつきにくそうな部下よりも、壁を作らない親しみやすい部下のほうが頼みやすいですよね。

仕事を頼むときは、何かと忙しかったり手が回らなかったりするタイミングなのではないでしょうか。

そんなとき、いち早く雰囲気を察知してくれて、空気を読んでくれるいじられキャラの人は、仕事を頼まれやすい傾向にあります。

また、いじられキャラの人の特徴として、頼まれたらなかなか断れないという一面もあるんだとか。

そのため、仕事を頼みたいと周りを見渡したときに、いじられキャラの人がいれば、自然と頼もうと思うはずです。

こうやって仕事を頼まれるうちに、出世の近道になっているなんてことも考えられますよね。

他の人よりいろいろと経験できる

仕事を頼まれるというのは、一見仕事が増えてマイナスになってしまうんじゃないかと考えるかもしれませんが、そうではありません。

様々な仕事を頼まれる中には、知らなかった仕事内容もあると思います。

上司がやっている仕事を何度も頼まれるうちに、色々な仕事内容を覚えていって、出世の近道になるなんてこともあるはずです。

また、仕事内容を一つでも多く覚えられれば、色々な物事の仕組みが分かったり、仕事も充実していくでしょう。

そして、その多くの経験がふとしたときに、役に立つことだってあるかもしれません。

いじられる人は人気がある

いじられキャラの人の周りには、いつも人が集まっていたりしませんか?
それは、いじられキャラの人は人気者が多いからです。

空気が読めて親しみやすくて、かしこくて面白いいじられキャラの人が好かれるのは、当然のような気もします。

そして、同僚や部下からの人気があるほうが、上司からの評価も高くなるものです。

何かあれば仲間がフォローしてくれたり、上司の耳にもあなたにとってプラスになる情報ばかりになるでしょう。

そうすれば、自ずと出世が近くなるのは言うまでもありませんよね。

一見、人気者なのと出世は関係ないと思いがちです。

しかし、仕事にとって大切なことは仕事ができる以外にも、人望などもあります。

その人望を示すのは、同僚や部下、上司からの人気や評価ですよね。

なので、いじられキャラの人は人気がある→いじられキャラの人は出世しやすいと言われるのです。

人気がない人はいじれない

いじられるということは、人気がないとされることではありません。

何度も出てきていますが、『いじる』というのはお互いの信頼関係の上に成り立つものです。

人気がない人がいじられれば、それはいじめになってしまう可能性だってあります。

いじられるということは、少なくともその相手から好意的な印象であったり、信頼関係を築けている場合がほとんどだと思います。

なので、いじられるというのは、人気があることに結び付くといっても過言ではありません。

上司になるのであれば、真面目なだけでなく、空気が読めて面白い信頼できる人物のほうがいいと思うのも、当たり前だといえるでしょう。

いじられキャラが職場トラブルにもなるから気をつけて!

いじられキャラというのは、実は良いことだらけではなかったりします。

中には、その愛されキャラのせいでトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

とはいっても、多くの場合は本人の問題ではありません。

何かヘマをしたり、本人の性格の問題ということではなく、良い人だからこそだったり、上司から可愛がられたり後輩や部下、同僚から慕われていることに対して、面白くないと思う人もいるのです。

最後に、気を付けたほうがいい注意ポイントも紹介しておきます。

参考にして、心構えをしておく必要もあるかもしれません。

同期、他の人が嫉妬する

いじられキャラの人が人気者で、周りの人からの評価が高いことを面白く思わない人がいると、嫉妬や妬まれてしまうことがあります。

仕事をしているうえでは、誰もが出世を望んでいるでしょう。

そして多くの人は、同期の中で一番早く出世したいと思っているかもしれません。

そんなとき、同僚が上司に気に入られ、部下や後輩からも慕われていたら、焦ってしまったり自分の良さをもっとアピールしなくてはと思ってしまうと思います。

その手段の中に、嫉妬が混じってちょっとした嫌がらせをしてしまったりすることもあるかもしれません。

いじられキャラの人は、親しみやすいことが良い点ですが、一方で良い人すぎて舐められてしまったり、バカにされてしまったりすることも。

基本的には誰からも愛される人柄なのですが、嫉妬から敵対視されてしまうなんてこともあるので、注意する必要があるかもしれません。

ろくでもない噂やトラブルに巻き込まれやすい

良い評価ばかりだと、まれに根も葉もないウワサを広められてしまうこともあります。

職場でのウワサは、思っている以上に早く広がってしまうものですよね。

人気者なので、『そんなことする人じゃない』と反論してくれる人や『何かの間違いでは?』とフォローしてくれようとする人もいると思います。

しかし、悲しいですが100%の人がウワサを信じずにいてくれるとは、なかなかいかないものですよね。

そのため、出世に響いてしまうことや職場で気まずくなってしまうこともあるかもしれません。

ただ、いじられキャラの人であれば、きっとその人がもっている人の良さや面白さ、ムードメーカーな部分が再認識してもらえるはずです。

とはいえ、一番はそんな社内トラブルに巻き込まれることなく、みんなに好かれたまま仕事ができることだと思います。

こういった点も、いじられキャラの人であれば、周りを良く観察することもできますし、気を配ったり気を利かせることにも長けているので、きっと上手く立ち回れるのではないでしょうか。

仕事量や社内の付き合いが長くなることも……。

上司に好かれたり、何か頼みごとをされるような人物であれば、当然問題として出てくるのが仕事量が増えて帰る時間が遅くなってしまったり、飲み会や仕事上の付き合いが断れずに、長引いてしまったりすることだと思います。

それだけ上司からの信頼が厚く、また、上司から信頼されているということなので、喜ぶべきところですよね。

しかし、仕事の時間や付き合いの時間が増えれば、そのほかのプライベートの時間が少なくなってしまうということにつながります。

仕事を始めたばかりであれば、新しいことにわくわくしたり、期待されたり仕事を頼まれることに嬉しくなるでしょう。

ただ、それが続いていくうちに、きっとどこかで負担に思ってしまったり、疲れてしまうときがくると思います。

また、恋人や家族に負担がいってしまったり、我慢をさせてしまう機会もでてきてしまうかもしれません。

生きていて大事にすべきなのは、何も仕事だけではないはずです。

なので、出世や上司に気に入られたり断れない性格もその人の魅力ではあるはずですが、たまにそれ以外の周りに目を向けることも大切だといえるでしょう。

まとめ

今回はいじられキャラの人にぴったりの仕事をまとめてきました。

納得いただけたでしょうか?
いじられキャラの人の特徴を見て、多くの長所があることは分かってもらえたと思います。

そして、その長所を生かして色々な仕事の可能性があることも分かりますよね。

いじられキャラの人の多くは、周りに人がたくさんいる人気者である傾向にあります。

人気者には理由がありますよね。

いじられキャラの人は、空気が読めたり、リアクションなどでみんなを笑わせてくれるなど、たくさんの良い部分で多くの人から人気を集めるのです。

周りから見るとおっちょこちょいなのかな?と思われてしまったりもしますが、実はかしこい一面もあるので、いじられキャラと言われてショックを受けたり自信をなくしてしまった経験のある人は、これからは自信をもって過ごせそうですね。

ぜひこの記事を参考に、ぴったりの仕事を見つけてください。