CoCoSiA(ココシア)

俺得とは?誰得と合わせて使い方を解説!(続き3)

ある意味、確信犯なのです。

「俺得」は男性が使う言葉ですが、女性の場合はというとやはりありました。

「私得(わたしとく)」です。

「俺得」の女性版です。

誰の得にもならないようなこと(誰得)でも、わたしには得になる(私得)という時の表現です。

「俺得」も「私得」も、誰も得にはならないことだという議論の中でも、俺だけが(わたしだけが)得になると言う意味で使われることもあります。

自分も含めてここにいるみんなが得になる(皆得)という言葉に対して、「そうではないよ、俺得だ!(自分だけが得するがみんなは得しないよ)」と否定するのです。

キッチリと得するのは自分だけだと言い切る時も使うのです。

自分はそれが好きである

「俺得」という言葉には、先ほどのように「俺だけが」という意味があります。

みんなとは違うんだと区別をしてほしい気持ちも表現されているのです。

みんなの意見にあえて逆らって発信することです。

例えば、ある掲示板で外国のいろんな料理の話しになった時に、どこの国のあの料理は絶対に不味いし日本人の口に合わない、という料理の話題が出ました。

参加した仲間の中からは、あそこのレストランで試しに食べてみたが、やはり不味くて食べれなかったわ、臭いがきつくて食欲が落ちたの、とかさんざん悪口が続きました。

そんな時にある人が、「しかし、あの料理はスパイスが独特で俺得!」と書き込んだのです。

ここでいう「俺得」とは、みんなが嫌いと言うけれども、俺は好きだよ、と好きなことを強調したのです。

このように、多くの人が嫌だとか興味ないと否定した時に、俺だけは好きだよと肯定する意味もあるようです。

文脈の中の話しの展開を掴めば、すぐに理解できる言葉でもあります。

少なくとも俺が得をするという意味

「俺得」という言葉には、少なくとも俺は損をしないという意味なのです。

「自分だけしか得をしないので、他の人が得をすることはない」とか「みんなも得をするが、自分ももちろん得をする」、さらには誰が得をするのか分からなかった時に「結局得をするのは俺だよ、分かったか!」と自慢する時など、様々なバリエーションがありますが、自分が損をすることはないようです。

俺が得をするのか疑問に思われていても、「俺得」と宣言すると少なくとも俺が得することを意味しています。

気持ち的には、やや余裕がある時に使う言葉のようです。

ちなみに、自分も含めてみんなが得すると思った時には、「皆得」という表現になるのです。

俺得は派生語

「俺得」という言葉が出る時には、その前に「誰得(いったいだれが得するの?」という疑問があったはずです。

その疑問に答えるように、「俺得(実は俺が得するんだ)」となったのです。

なので、「俺得」は「誰得」の派生語という訳です。

同じくネット用語の「誰得」

本来は、「誰得」という疑問のネット用語から始まったのです。

世の中は分からないことだらけです。

マスコミを通じていろんなニュースが流れてきますが、中には「これはどういう意味なのかしら」「こんなことをやって何の意味があるのかしら」という素朴な疑問を持つことも多いはずです。

例えば、最近パワハラやセクハラの告発が増えてきました。

あの映画でお馴染みのハリウッドでも、セクハラ騒動が起こりました。

なんでも有名なプロデューサーが何十年もの間に女優のセクハラ行為をしていたことが発覚したのです。

多くの女優さんがSNSで告白するようになったのです。

映画界だけでなく政界や経済界、スポーツ界まで巻き込んで大変な騒ぎになりました。

日本でも、スポーツ界でのパワハラの告発も見られました。

こんな騒動のニュースを見ながら、「何でいまごろこんなことを告白するのだろう」という疑問からが始まり、様々な人が意見を書き込むようになりました。

そのうちに、告白したある人物を取り上げて、「こんなことをして、誰が得をするのだろう」という疑問が湧九のです。

すると「この告白で、誰得?」となるのです。

告白したり告訴したりと目まぐるしいのですが、結局のところ誰が得をして、逆に誰が損をするのかがハッキリしない時が多いようです。

真実の闇は深いようですが、ネットでも「なぜ今頃になって、こんなことを告白するのか分からない」という意見も多いようです。

そこで、ネットに「誰得」と書き込んで理由を知りたいのです。

「誰が得するんだよ」という意味

「誰得」とは、漢字の通りで「誰が得するんだよ」という意味です。

損得がハッキリと分かる場合には使いませんが、どう考えても分からない時に「だれか、わたしに教えて!」と呼びかけるのです。

人気俳優や話題のタレントの不倫が発覚したけれども、その後なぜそんなコメントを発信するんだろうとか、なぜ雲隠れするんだろうなど、行動がよく分からない時があります。

それぞれの行動には意味があるはずですけど、それがわたしたちには理解できないのです。

そんな恋愛事情に興味がある時に、芸能雑誌を読んでも分からないしネットでも出ていないこと、つい「あんなことして、誰得?」と聞いてしまうのです。