「最近ナルシストが増えたなぁ」なんて感じている人は多いのではないでしょうか?

なぜかというと、SNSの発展とともに自分の写真を自ら撮影する人がいたり、さらにはその写真をSNSになりふりかまわずにアップしているところを目の当たりにしているからです。

もしかしたら、あなた自身が周りの人から「ナルシストだよね」なんていわれて悲しい思いをしたかもしれません。

しかし、多くの人は”ナルシスト”という定義を理解していないものです。

ずばり、自分撮りをしているからナルシストというわけではないってことなんですよね。

これを聞いて少し驚かれたのではないでしょうか?

少し難しい”ナルシスト”というのは、いったいどのような定義をもっているものなのでしょうか。

そして、その言葉の語源はどこからきてるのでしょうか!

この記事では、日ごろから使われている”ナルシスト”という言葉についてより深く、詳しくあなたにご説明していきます。

この記事を読めば、”ナルシスト”の意味、そして本当はよい意味で使われるべき言葉であるということに納得できるはず。

この記事を参考にして、あなたもナルシストマスターになりましょう。

みんな知ってる?ナルシストの本当の意味

あなたは、「ナルシスト」という言葉の本当の意味を知っていますか?

いや、この質問よりかは「ナルシスト」とはいったいどのような意味を持っている思っているか、とご質問したほうがいいですね。

あなたは、どのように「ナルシスト」という言葉を捉えていますか?

多くの方は「自分大好き人間」とか「自分のことしか見えていない」なんて思っているのではないでしょうか。

テレビや雑誌などのメディア媒体でもそのような意味合いで使われているので、日常生活で「ナルシスト」という言葉を遣うとなると必然的にそのような意味合いになってしまうんですよね。

しかし、「ナルシスト」という言葉は本当の意味ではそのような意味を持っていないんです。

いや、たしかにあなたが感じている「ナルシスト」という言葉への意味合いは間違っていないのですが、使い方や捉え方といった”ニュアンス面”でまったく違うんですよね。

要するに多くの方が、少し間違った意味で「ナルシスト」という言葉を受け取り、そして使ってしまっているということになります。

この世界にはたくさんの言葉がありますが、ほとんどが間違った意味合いで使われているんですよね。

しかし、あなたはそれでいいんでしょうか?周りの人が間違った意味で使っているから自分もそのような意味で使ってしまっていいなんて考えていませんか。

それではダメでしょう。

正しい意味を使うことによって、その言葉の本質を理解し、相手にも伝わりやすくなるのですから。

現代で使用されている「ナルシスト」

さきほどもお聞きしましたが、あなたは”ナルシスト”という言葉に対してどのようなイメージを持っていますか?

やはり、自分のことが大好きで周りが見えていないとか、自分のことが大好きすぎてスマホのアルバム機能には自分の写真がたくさんあるような人・・・と答える方が多いのではないでしょうか。

お笑い芸人が使っている言葉のニュアンスでも、そのような言葉が受け取れますよね!

また、他人にどんなにバカにされたとしてもナルシストであれば、自分のことを自分が一番に信じているので誰かに気分を阻害されることのないような”強い芯を持った人間である”と考えている方もいらっしゃることでしょう。

現代では、このようにナルシストというのは、自分のことが大好き人間、そして大好きすぎて周りが見えていないというようなニュアンスで使われていることが多いんです。

きっとあなたもそのような意味合いで使っていることでしょう。

自撮りを載せているだけがナルシストではない


自分のことを撮影する”自撮り”というのが、スマホが普及してからはやっていますよね。

いや、それ以前からデジカメやガラケーなどで自撮りをしているような人もいたのですが・・・。

この話は、テーマがずれてきてしまうのでまた次回にしましょう!(笑)

ずばり自撮り写真を大量に撮影している人だとか、その写真をわざわざSNSにアップしているような人だけがナルシストであるということではないんです。

自分のことが大好きでなければ自分の顔なんて写真におさめたいと思わないかもしれないですよね。

あなたは自分のことが好きですか?普通にすきと答える方でも、自分撮りをSNSにわざわざアップしようとは思わないのではないでしょうか。

ずばり、自撮りをSNSにアップしているからといって、その人がナルシストというわけでもないですし、ナルシストはみんな自撮りをしているというわけではないんです。

ん…。

少しややこしい言い回しになってしまいましたね。

要するにあなたが思っている”ナルシスト”へのイメージというのは、まったくもって違うものである可能性が高いということなんです。

つぎの項目で”ナルシスト”の詳しい説明とその語源について見ていきましょう!今知らなくても大丈夫。

ナルシストの本当の意味と語源

さきほど”ナルシスト”という言葉は、自撮りをSNSにアップしているだけの人ではないとお伝えしましたよね。

覚えていますか?

では、そんなちょっとややこしいニュアンスを持っている”ナルシスト”という言葉はいったいどこからやってきたのでしょうか?

多くの方は、カタカナ言葉というのは、すべて英語から派生していると感じている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そういうわけでもないんです。

なんと、今回お伝えしている”ナルシスト”という言葉は、誰もが知っている”ギリシャ”から来ている言葉なんです。

ちょっと驚きませんでしたか?また、”ナルシスト”という言葉には、同じ様な意味を持っている類語も数多く見られます。

そのなかでも厳選して、より”ナルシスト”の意味が分かるように見ていくことにしましょう!

ナルシストの本当の意味は「自己愛」

ナルシストという言葉は、本当は「自分大好き」とか「自分に酔いしれている」とかそういうものではなく、「自己愛」という意味を持っています。

自己愛とは、自分を愛する能力のことです。

自分のことを認めることができる能力といったら分かりやすいでしょうか。

自己愛がかけてしまうと人間は、自分の本当にやりたい事にチャレンジできなかったり、いつでも自分の行動に対して自信をもてないなんていうことがおきます。

そうなると、この世界で生きていくには少し辛くなってしまうんですよね。

極度とはいいませんが、少しだけでも自分を愛すること=自分を大切にする能力というのは欠かすことが出来ないんです。

心理学用語

心理学者で有名な「フロイト」をご存知ですか?

そのフロイトが「自己愛」という意味で「ナルシスト」という言葉を使い始めたので、心理学用語としても使われています。

「ナルシスト」の類語

次にナルシストという言葉の類義語を見ていきましょう!

ナルシズム

ナルシズムとは、ナルシストと同じく「自己愛」という意味を持っています。

また、それだけではなく「自己陶酔」「うぬぼれ」なんていう意味を持っていることも。

ナルシシスト

ナルシシストもナルシストとほぼ同じ意味合いを持っています。

「自己陶酔」「うぬぼれ」「ナルシスト」という意味になるんです。

「ナルシスト」はギリシャ神話からきている

また、ナルシストという言葉は、実はギリシャ神話からきているんです!

少し驚きですよね♪

ギリシャ神話に登場するナルキッソスという人がいたんですが、その人が泉をのぞくとそこにはとても美しい人が映し出されていたんです。

もちろんそれはナルキッソス本人。

また、彼はゲイだったということもあり、その顔に心底ほれてしまったそう。

そこかナルキッソスという言葉の派生として、ナルシストという言葉になったといわれています。

現代でいわれているナルシストさんもそんなことがありそうですよね。

本来の「ナルシスト」はいい意味で使われる

ナルシストという意味は、自分を大切にする・・・という意味での自己愛として使われています。

要するに悪い意味ではないんですよね。

では、それってどういうことなのかもっと詳しくみていきましょう。

自分を愛することに重点を置いている

自分を愛することに重点をおいているので、自分を傷つけるようなことに手出ししません。

そうすれば、人よりすくない悲しみで人生を進んでいくことが出来ますよね。

自分に自信がある


自分を愛することが出来るということは、自分を認めているということ。

ずばり自分に自信がなければ自己愛がおこることはないんです。

そのため、自信がある人としていい意味で使われます。

あなただって自信がないよりはあったほうがいいと思うでしょう?

他人をよく見れるようになる

自信があると視野が広がります。

視野が広がると他人の行動までも見えて、気遣いできるようになるんです。

要するに人として、立派な人間に慣れるということでもあります。

現代で使われるナルシストな人ってどんな人?

これまでに本当の意味での”ナルシスト”という言葉についてお伝えしてきました。

多くの方は、「ええっこんな意味があったのか~い!?」なんてあの某有名ドラマの婿さんであるマ○オさんのような口調になってしまった方もいるのではないでしょうか。

いやいや、筆者自身も”ナルシスト”という言葉がこのような意味を持っているということを知ったときとても驚きました。

まさにマ○オさん状態…(笑)。

でも残念ながら現代日本では、その本当の意味での”ナルシスト”としては使われていないんですよね。

そのため、現代でナルシストという言葉を使うときには”現代風の意味合い”を持っているもので使っている人がほとんどなんです。

なかには、しっかりと”ナルシスト”の言葉の意味を理解して、その意味で利用している方もいらっしゃるのですが・・・。

ちょっとそれじゃあ、お互いにお互いがいっていることに対して納得ができなくなることもあるでしょう。

これが言葉の恐ろしいところでもあり、楽しいところでもあるのですが・・・。

では、そんな”ナルシスト”という言葉は、現代ではどのような意味合いで使われているというのでしょうか?

きっとあなたもこの現代風の意味が一番気になっているのではありませんか!

さっそく現代で使われている”ナルシスト”を象徴する人ってどんな人なのかを詳しく見ていきましょう。

もしかしたらあなた自身があてはまるかもしれないですし、あなたの身近にいる仲良しのあの子がナルシストなんてこともあるかもしれません!

頻繁に鏡を見ている人

あなたの周りには、頻繁に鏡を見ている人はいませんか?

ナルシストでなければ、鏡はトイレに行ったとき、朝のメイク時間、出かける前、そしてメイク直しの時間などに見るくらいです。

または、女性であれば食事のあとに歯になにかついていないかをチェックするために自分の姿形を確認しますよね。

そのために、”身だしなみ”の一環として小さな鏡を持ち歩いている女性がとても多いです。

というか、現代では男性も持ち歩いていますよね。

恥ずかしいですもんね。

もちろんナルシストとよばれるような人も手鏡を持っています。

それも大人であれば持ち歩かないようなとても大きなサイズのものだったり、またはスマホのケースに鏡をつけていていつでもどこでも自分の顔を見れるようにしています。

ずばり、ナルシストさんはいつでもどこでも鏡があれば自分をみます。

そして、自分の美しい美貌だとかかっこよい姿にドキドキワクワクしているんですよね。

「自分イケてるわぁ」「自分かわいい!」なんて言い聞かせています。

あまりにも頻繁に鏡を見ているので、だれでも一発で「ああ、この人って自分のことがすきなんだな」と感じることができるでしょう。

というのも、自分の顔がきらいだとか自分の体型があまり気に入っていないというのであれば、わざわざ鏡なんてみないはずです。

だからこそどんどんブスになっていくということもあるのですが・・・。

でも自分のことが嫌いだと鏡なんて見たくないですよね?

だって、見るたびにイケてない自分を受け入れることになりますし、それに人によっては鏡なんて見ている時間があれば仕事を進めたいとか、他にやるべきことがあるんだよと感じているかもしれません。

要するに頻繁に鏡を見る人の心理というのは、限られているわけです。

「自分のいけて姿を見て安心したい」「少しでも今以上によくみられたい」という気持ちが眠っています。

また、鏡をもしも忘れてしまったとしても、それに鏡をカバンから取り出すことをしなくても街のなかにあるショーウィンドウにうつる自分をみていることもあります。

夜になると反射して自分の姿がうつるようになります。

それを利用して、体全体をみているなんていうこともよくあることなんです。

そのため、ナルシストさんと一緒にいるとそのような体や顔が見えるものなんかに自分を毎度のようにうつしているので驚かれるハズですよ。

芸能人のようなファッションをする人

鏡を見るだけではなく、ファッションにも注目してみることができます。

ずばり、芸能人のようなファッションをしている人です。

あたかも自分が芸能人になったかのような気分ですごすことが出来ますし、大好きな自分をもっと偉大なものとして、そして輝かせるためにそのようなファッションをしているんです。

芸能人のファッションというとどんなものか・・と思い浮かばないかもしれないですね。

では、芸能人がプライベートで顔を隠すときにしているファッションを思い浮かべてみましょうか。

例えば、サングラス。

それにストール。

それだけではなく、芸能人という職業についているからこそ莫大なお金を手にすることが出来て購入できたのであろうブランドバッグ、一般人ではまるで着そうにない目立つ服装・・・。

そのような”芸能人”が身に着けるようなものを好んで身に着けるんですよね。

最初のうちは芸能人のように目立つことが出来るのでそれを身に着けていたのですが、最終的にはそれが普通でありそのようなスタイルでいないと納得できない・安心できない心理になってしまっています。

たまにいないでしょうか。

電車やバスに乗っているときや繁華街を歩いているときに「まさかこの人って芸能人なのかな!?」みたいな風貌をしている人。

確かにその人は芸能人であったというケースもありますが、ナルシストな人もそのように周りに思わせて注目をあびたいのでそのようなスタイルをしていることがほとんどです。

”偽芸能人”にだまされないようにしてくださいね。

自分の話しばっかりで、相手の話しを聞かない

ナルシストさんは、自分のことがだ~いすきです。

そのため、自分の話を聞いてもらいたくて仕方ないんですね。

「こんなことができた」「あれをやってみたい」「あれにチャレンジしてみた」なんて、まるで子供が大人に「今日は、幼稚園でこんなことをしたんだよ」なんていうのを伝えるかのようにマシンガントークで自分の話をしてきます。

要するに、ナルシストさんのほとんどは”自己中心的な性格”をしている人が多いということなんですよね。

自己中心的な性格をしているので、いつでもどこでも誰といたとしても自分がこの世界の中心であって、その相手が何をいおうと自分の意見が正しいと考えているんです。

考えている・・・というと語弊があるかもしれません。

そのように”当たり前”に感じています。

そのため、本物の友人とよばれる人が少ないなんていうことも。

だって、一緒の時間を共有するのであれば相手の話もききたけれど、その同じくらいに自分の意見を聞いて欲しい・話をきいてほしいと思う、というかそのような話の流れになっていくものですよね。

そのバランスをとるのがとてもへたくそなわけです。

ナルシストさんって。

また、少しでも相手の話を聞こうと努力もしないので相手からは「こいつはもうオワタ」「一緒にいる意味ナシ」なんて思われるようになります。

そのため、いつも一緒にいるのはナルシストさんと一緒にいることで何かしらの利益を得ることの出来る人だったり、またはもう既に心は離れていて仕方なく一緒にいてくれている人なのです。

ちょっと寂しいですよね。

異性からモテようとする

ナルシストさんは、世界で一番自分がかわいい、もしくはかっこいいと思っています。

そのため、異性からモテたくてモテたくて仕方ないんですね。

そのようにモテるために、色々なことをします。

チャレンジします。

例えば、異性が好きなファッションがあるというのであればそのファッションにチャレンジしますし、異性が好きな料理があるというのであればそのためだけに料理教室にかようなんていうことも。

また、本当の自分はそのようなことを思っていないのにモテるために”モテ仕草”とか”モテファッション”というのをびっくりするくらい奥深く研究して自分のものにします。

また、飲み会などの席でも常に自分が異性から一番にみえるように振る舞いをしますし、そのために同性のことをバカにする、それに同性を踏み台にするなんてよくあること。

もう自分のことしか見えなくなってしまうんですよね。

それに自分にある程度の自信を持っていますから、自分をもっと見て欲しい!自分を認めて欲しい!という気持ちを隠すことが出来ないんです。

周りの人を気遣うことでモテるという情報が入れば、すぐにでもそのように振舞うので常に一緒に行動している人にとっては、「都合のいいやつだな」なんて思ってしまうことも。

あなたの周りにもいるのではありませんか?
同性の前と異性の前ではまるで態度の違う人間というのが。

ずばり、それってモテるためにしているからこそそのようになってしまうということであり、確実にその方はナルシストのはずです。

自分の都合がいいように考える

さきほどもお伝えしましたが、ナルシストさんは自分のことしか考えられません。

それに他人がどう考えているとか、こうしたらどのように感じるとかそういうことを考えることができないんですね。

というか、彼らの脳内にはそのようなキャパシティがありません。

そのまま大人になってしまうとかなりの変人になってしまうことは間違いないでしょう。

そのため、どんなときでも何があっても自分の都合のいいように考えてしまいます。

なぜならば、いつでも自分中心に世界が回っているので必然的に自分の都合のいいように考えるしかないんですよね。

あなたももしかしたら、そのような傾向があるのではありませんか?

気になっている人の彼女が浮気をしていて、その気になっている人がひどく落ち込んでいたときどのように思うでしょうか。

ナルシストさんは真っ先に「よっしゃチャンス到来」「これを機会にお付き合いできるようにしよう」なんて考えてしまいます。

しかし、普通の考えを持っている人であれば、そのように考えることに対して嫌悪感を感じてしまいますし、それよりか追い込んでいる彼に対して心配の気持ちが出てくるんですよね。

しかし、ナルシストさんはなんでもかんでも自分の都合のいいようにしか考えられないのでそれができません。

これはまだいいほうでお金関連、人間関係などすべてにおいて自分中心、そして自分が都合のいいように考えるのでいつも一緒にいる人にとっては「またか」と思うようになるはず。

人間関係を円滑にするためにはお互いがお互いに思いやりを持っていなければいけないんですよね。

あなたはそれができていますか?いつでも物事に対して、自分中心の解釈をしてしまっていませんか?

失敗やミスを周りのせいにする

あなたは、自分の行動によっておきてしまった失敗やミスがあったときどのようにしますか?

一般的な考えを持っている方であれば、多くの方がその責任を負うために謝罪の言葉を口にしたり、そのために挨拶にまわったり、そしてもう二度とその失敗を繰り返さないように反省し、次にいかすようにしていきますよね。

それが大人であり、それが責任を持つということです。

しかし、時にはすべてが自分の責任ではなくそのようになってしまったこともあるでしょう。

そのようなときでもまともな人であれば責任者として自分自身が謝罪の言葉を述べることになるかと思います。

しかし、ナルシストさんというのはそれができません。

失敗やミスをしたのは自分だというのに、なにか言い訳をするかと思ったら「あの人がジャマしたから」「あいつがすべていけない」なんて、あたかも”自分はまったく悪くない”というような弁解をのべてくるんです。

最初のうちは、「本当はそうなのか」と受け入れてもらえるのですが、それが何度も続くようになると「またか」と飽きられるようになってしまうんですよね。

それでも本当に心から「自分のせいではない」と感じているために、その弁解が直ることもありません。

そして、同じ様な失敗を何度も繰り返すようになります。

周りのせいにして責任逃れをするのってとても簡単です。

しかし、簡単だからこそ一度でもそれを逃してしまったのであれば、周りからの信頼を失うキッカケになってしまうんです。

あなたはどうでしょうか?

自分の責任でおきてしまったことを周囲のせいにしていませんか?社長が~あの人が~あいつが~天気が悪くて~電車が遅延して~・・・なんて。

ナルシストさんはそれがまた通じていると思っているのでいつまでも改善しません。

言動が一致しない

ナルシストさんは、夢見がちなところがあります。

それも理想像がとてもおおきいんですよね。

そのため、話していることと行動していることが一致しません。

「私がそれやるから」とか「それを達成するために○○してます」なんていってくるのですが、実際問題それにまったく着手していません。

これがナルシストさんのちょっとかわいそうなところなのですが、彼らって夢を作ること、語ること、そしてそのために計画するのはとても上手なんですよね!

しかし、その夢を見ることで満足してしまったり、空想のなかでその行動をすることで実際に現実に行動を起こさずに満足してしまうんです。

でも心はいつでもスタートできるような気持ちでいますし、それに「やってない」なんて自分の評価をさげるようなこと、大好きな自分を恥ずかしい思いにさせるようなことをしません。

その結果、やってもいないのに「やっている」と述べてしまうんです。

最初のうちは、周りの人もそのようなナルシストさんの言葉を信じていることでしょう。

でも実際にそれをやっていないことがバレると、さきほどお伝えしたように「できなかったのは○○のせいだ」なんて責任逃れをしようとします。

そのビッグマウスはどこからくるの・・・?

と指摘しても、これまた言動の不一致を直すことは出来ません。

批判されると結構傷つく

ナルシストさんって自分のことが大好きで、それでいてなにをいわれたとしても強くいられる・・・と思っていませんか?

たしかにそのようなナルシストさんもいます。

しかし、多くのナルシストさんは大好きでかわいい自分を周りに認めてもらいたいから、批判されるとそれだけでかなり傷ついているものです。

しかし、表面上にはだしてこないことが多いのであなたはあまりそのように相手を見れないかもしれないですね。

しかし、どんなに傷つけられてもカワイイ・もしくはかっこいい自分が鏡の中で癒してくれるので立ち直るのも人一倍速いこと。

それには驚いてしまいます。

サプライズする自分に酔いしれてる

なにかのイベントにつけてサプライズをしてくる人っていませんか?

そのなかにはもちろん、相手のためを思ってサプライズを開いてくれている人もいます。

しかし、ナルシストさんはそのような他人がどうこう思うよりも「サプライズしている自分サイコー」という気持ちのためにサプライズをしています。

そんな自分に酔いしれているんですよね。

その姿って少し醜いかも。

美容に力を入れている

ナルシストさんは今の自分も大好きだけれども、これ以上にもっときれいになりたい!可愛くなりたい!

かっこよくなりたい!と思っています。

そのため、”美容”に関していえば右に出るものがいません。

それくらいにすごい知識量をもっていますし、その知識を使って日々美容に励んでいます。

ナルシストさんってどこかきれいなイメージがありませんか?

それは自分磨きをしっかりしているからなんですよね。

筋トレや過剰すぎる美容オタク

美容に力を入れているというと化粧水や乳液・・・なんて思うかもしれませんがそれだけではありません。

男女問わず筋トレをしてほどよい筋肉をつけたり、調味料のカロリーまで気にしているなんていうことも。

見ている分にはいいかもしれませんが、一緒にすごすとなると少しめんどうかも。

まとめ

今回は、”ナルシスト”という言葉についてお伝えしてきました!

いかがでしたか。

本当の意味でのナルシストという言葉をしることによって、その本当の意味のナルシストさんを探したい気持ちになったのではないでしょうか。

とはいえ、現代では悪い意味でしか使われていないこの言葉。

あなたはそんな悪い意味でのナルシストにならないように、いい意味でのナルシストになれるように努力してくださいね。