わたしの仲間には、いわゆる自己中心的な人間がいます。

「彼女は自己中だよ」と知れ渡っているのですが、自己中なところ以外は付き合いもいいので、仲良し仲間として続いているのです。

どのような時にそれを感じるかと言うと、仲良し仲間3人で久しぶりに映画を見に行こうということになり、どの映画を見ようかと相談していた時です。

彼女が「絶対この映画がいいと思う。雑誌でも取り上げられているし、現在の若者にとって見ておくべき映画なの」と熱心に勧めるのです。

純愛ものの映画なので、他にも候補があったけれどもこれでいいか、と残りの人は納得してその映画を見ることにしました。

当日はレディースデイということで入場料は1100円だったのです。

「良かったねー」と言いながら入場券を買おうとすると、この映画を推奨した彼女は「わたしね、この映画の無料招待券を持ってるからいらないの」と言うのです。

そういうことなのです。

無料の招待券を持っているので、一生懸命この映画を推奨していたのです。

そして、残りの人がこの映画に決めようと言った時には、「シメタ」と思ったことでしょう。

ちょっと仲間思いの女性だったら、2人分の料金を3人で分けようと提案するのですが、自己中心的な女性は自分のことしか考えないので、そんな提案は絶対にしないのです。

でも、そんな性格であることを仲間も知っているので、「あっ、またか」と呆れるだけで済ましてしまうのです。

そのことをあまり突っ込むと、機嫌を悪くして険悪なムードになってしまうので、その方がむしろ嫌なので自己中も我慢するのです。

このように、「この程度だったら、まあいいかっ!」とスルーできる程度の自己中のひとなら、アナタの周りにもたくさんいるはずですし、もしかしたらあなたも自己中と思われている時もあるかも知れません。

あなたが何気なく提案したことでも、他の人にとっては苦痛であったりすると、あなたは自己中な人だと思われてしまうのです。

では、自己中心的な人というのは、どのような性格の人なのでしょうか、そしてみんなに嫌われてしまうのでしょうか。

そのあたりを次にまとめてみました。

自己中心的な性格が嫌われる理由

自己中心的な人というのは、共通した特徴があるようです。

まずは負けず嫌いなことです。

なんでも自分の方が上で得意だと主張するのです。

「あの女性は、スタイルが良くて何を着ても似合うよね」と話しをしていると、「しかし、あの女性はバストアップのブラジャーをいくつも持っているようだし、実際のバストはきっとわたしの方が大きいはずだわ」と自慢するのです。

自慢話ばかりを繰り返すので、「またか~」と嫌気がさすのです。

それと、話しに加わっても自分の事ばかりの話しをして(ほとんどは自慢話ですが)、人の話をジッと聞くことがありません。

他の人が話しをしてる時にも、自分の用事があるとサッサと会話から抜け出してしまうのです。

何とも身勝手な性格で、人の話をじっくりと聞くことなどないのです。

このように、自己中心的な人というのは、負けず嫌いで人の話をしっかり聞かないで自己主張ばかりするので、一緒に過ごしていても楽しくないので嫌われるのです。

自己中心とマイペースは同じ意味なのか

「自己中もマイペースも、どちらも自分が思ったように行動するところは同じです。

言葉は違うけれども、どちらも同じような意味だと思う」という意見も多いのです。

自己中の人もマイペースの人も、一緒に仕事をするのは苦手だと思います。

どちらの人と一緒でも、自分が平静に仕事が出来そうもないからです。

どちらも問題がある、というよりどちらも個性があり過ぎるとも思えるからです。

どちらも敬遠したい相手ですが、この言葉から来るイメージとしては、何か少し違っているようにも思えます。

よくよく考えると、マイペースの方は、周りの人の行動に直接迷惑をかけたり邪魔したリすることはないようです。

あくまでも、自分の行動のペースが自分流のテンポになっていることで、他人のペースに合わさないだけのことです。

しかも、マイペースで仕事をしても、ほぼ計画通りに収まってしまうので、周りの人はハラハラと心配しますが、結果オーライの場合が多いのです。

実力を知っている人は、「あいつのペースでやらせておけ」とある意味信頼しているところもあるのです。

このように、自己中の人は周りに迷惑をかけて嫌われますが、マイペースの人に対しては横目で見ているだけでお互いに干渉しないのです。

直接の利害関係はほとんどないのです。

では、もう少しそれぞれの特徴について考えてみました。

自己中心的な人の特徴

自己中心とマイペースとは、同じような意味に聞こえますが、根本的な点で違っているのです。

どちらも自分の思うように行動するところは同じなのですが、根本的に異なるところは、自己中心的な人というのは最終的には他人に不愉快な思いをさせて困らせるだけではなく、非常にプライドが高い人のことです。

そして、他人から何かを指摘されるとすぐに激怒することがあるのです。

対話もできなくなってしまうこともあるのです。

仕事の同僚に自己中の人がいると、機嫌が悪い時には自分の世界に入り込んで、他人をまったく寄せ付けません。

仕事の打ち合わせも「勝手にしておいて」と投げやりになったり、納期に間に合わなくなってしまっても、責任転嫁するだけで逃げてしまうのです。

残された人達は、後始末に追われててんやわんやになるのです。

このように自己中心の人の特徴は、他人に不愉快な思いをさせて困らせることと、嫌なことがあるとすぐに怒るところなのです。

マイペースの人の特徴

マイペースな人は、他人に心配をかけることはあっても、他人に迷惑をかけることはありません。

そして何よりも自分がやろうと決めたことは、誰に何と言われようとも、反対意見をさんざん言われようとも、自分の方針を曲げないのです。

マイペースな人というのはまったく動じないのです。

雑音に流されて諦めるということもないのです。

自分の決めたことは、しっかりと貫き通す心の強さがあります。

しかし、他人の行動を批判したリ悪口を言って攻撃するようなことはしないのです。

他人の心を傷つけたり妨害するような行為は行わないところが自己中心と異なるところです。

自己中心的な性格を直す5個の方法

自己中心的な人の問題点は、他人の気持ちを考えないところです。

具体的には、

①人の話を聞かない(相手の気持ちが分からない)
②自分の思い通りにならないと不機嫌になる(プライドが高い)
③自分には甘く他人には厳しい(自己愛が強い)
④強引に自分の考えを押し付ける(強引な性格)
⑤嫌になるとすぐに逃げ出す(無責任)
などがあります。

これらの問題点を改善するように行動すれば、自己中と言われなくなるはずです。

では、具体的にどのようなことに注意すれば良いかをまとめました。

1、相手の話を最後まで聞く


他人の気持ちや考え方を知るには、まずは十分に対話を心がけることです。

ちょっと嫌なことに触れると、「その話はもういい」と会話を遮断してしまうのです。

相手も、せっかく親切丁寧に説明していてもお構いなしです。

相手も口あんぐりで「何この人の態度は?」と不愉快になってしまうのです。

こんな空気の中で何かを議論することは、無駄な時間を費やすることと同じなのです。

聡明な人なら、この自己中の人は成長しないしみんなの上に立つリーダーにはなれないと烙印を押されてしまうのです。

それは、企業などの組織の中で働く人間に取って、指導職や管理職への道が閉ざされるという事なのです。

自己中心的な性格を直すには、相手の話しを最後まで聞いて、相手の意見や気持ちを理解することから始めるのです。

途中で話をさえぎらない

自分が以前に聞いたストーリーとか結論である場合に、最後まで聞かずに「分かった分かった」と話しをさえぎることが良くあります。

同じことをクドクドと時間をかけて聞くまでもない、時間がもったいない」と感じているのです。

実際のところ、その後の状況は大きく変化していて、以前のストーリ通りには進んでいない時には、大事なことを聞き洩らすことにもなるのです。

簡単に途中で話をさえぎらないように注意することです。

話の内容に興味を持つ

自己中心的な人というのは、自分のことを第一に考える性格なのです。

言わば、自分ファーストなのです。

あの人は自己中心に考える人だと噂されていると、周りの人もそのつもりで接してきます。

あの人に真剣に話しかけても、どうせ自分に都合の良いことや利益になること以外は聞き流しているだろうと思われてしまっているのです。

だから、本当に重要なことでも教えてもらえないこともあるのです。

こうやって区別されてしまうと、回り回って自分に不都合なことばかりが伝わって来るようになって、さらに聞く耳を持たなくなるようです。

こんな無機質な関係にならないように、相手の話しに興味を持って聞いてあげることから始めましょう。

時折相槌を打ったリ、同感だというようにうなずいたりすることで、相手と同じ意識を持っていることを見せるのです。

しかし、つい出しゃばって強引な意見を言わないように、一歩下がった会話を心がけるのです。

同じ考えじゃなくても新しい考え方として取り入れる

会話を続けていく時に、自分の考え方と異なった考えを持っていると感じても、すぐには拒否するような言葉は慎むことです。

「それは違うだろう」ととっさに感づいても、一呼吸をおいて冷静になって、「そういう考え方もあるんだ」と新しい考え方として取り入れることも重要です。

今までなら「違う違う!」と即座に相手の話をさえぎって、「そんなことを考えているから困るんだ」と心の中で叫びながら会話に割り込んだものです。

この態度こそが嫌われる性格で、あなたが自己中心的な人と後ろ指を指される行動なのです。

だから、世間ではいろんな性格の人が同じように生活しているのです。

その人なりの生き方を持っているのです。

そんな人達のことを尊重して、いろんな考え方があるものだと受け入れてみてはいかがでしょうか。

2、自分にされて嫌な言葉遣いをしない


自分よりも明らかに年下の人から、嫌な言い方をされて気分が悪くなることがあります。

わたしのことを年上だと知っているのか、丁寧にいったつもりが言葉遣いを知らない無知なのかは分かりませんが、後で無性に腹が立つことがあります。

みなさんも一度は経験したことでしょう。

友達と話しをしていた時に、その友達があの人にこんな言われ方をしたと、憤慨していることがありました。

それは、あるサークルで共同の作業をしていた時に、そのサークルのリーダーとは日頃から上手く行っていなかったのですが、小さなトラブルが起こった時にその対策を頼まれたのです。

それを解決しようとあちこちの人に聞いている時に、サッサとリーダーが対応してしまったのです。

そして一言「あんたは居ても居なくても同じね」と呟きました。

「頼むんだったら最後までやらせるべきだわ」と、あの言葉に憤っていたのでした。

多分この言葉とその時の気持ちだけは、一生忘れないと思います。

このように、簡単にいった言葉でも、相手にとっては傷が深い時があります。

自分にされて嫌な言葉遣いは決してしないことです。

上から目線の言い方は絶対ダメ

ともかく上から目線で指示されることは、受け入れがたいものです。

あの人とは直接には何の関係も無いのに、さも上司のような言い方をされることがあります。

例えば、都会から転勤で地方の町に移住してきた家族の話です。

ご主人は、その町の伝統行事である秋祭りの準備係に参加することになったのです。

都会では、このようなお祭りの世話役として参加したことは一度もありません。

これも地方都市の行事の一つとして頑張って楽しもうと思っていたのです。

いざ祭りの準備に取り掛かると、もちろん初めてのことで要領もよく分かりません。

そのことは仲間にも重々言って了解を貰っていたはずでした。

しかし、担当する人も次々と変わっていくので、時々は足手まといになってしまうのです。

そんな時に重鎮のようなリーダーの人から、「おまえ、何やってんだ!初めて参加と言っても常識で考えれば分かるだろ!」と強い口調で上から目線で叫ぶのです。

「それはないだろう!こちらも下手に出ているのに上から目線で言いやがって!何年もやってるから馬鹿でも覚えられたんだろ」と心の中で言い返したのです。

ちょっと経験があるだけのことで、偉そうに言うのは避けるのです。

否定的な言葉を使わない

つい相手の言葉をさえぎって口を挟むのは、自分にも何かの確信か自信があってのことです。

そして、自分の考えの方がきっと優れていてベターのはずだと思い込んでいるからです。

そして、「わたしの言うとおりにしないと、あなたたちはきっと大損をするのよ」と大見得を切っていることなのです。

このように、まずは話しを遮っておいて、「それは間違い」と否定をしてから自分の考えを主張するのです。

このパターンは、典型的な自己中心的な人の態度なのです。

周りの人は「またこのパターンかあ」とうんざりするのですが、本人は分かっていないのです。

どんな時でも、まずは否定的な言葉から入らないことを心掛けるべきです。

3、周りへの迷惑を考える

みなさんの周りでも、他人に何らかの迷惑をかけている人がいるはずです。

そして、そのような人というのは、他人に迷惑をかけているということを認識していないことが問題なのです。

わたしの会社の何人かの上司のうちの一人が困るんです。

何が困るかというと、タバコ臭いのです。

その人は、1日に2箱ぐらいタバコを吸うのですが、現在では喫煙場所というのは分離されています。

もちろん屋外にベンチと吸い殻入れを設置していて、愛煙家はいつもそこで吸ってはいるのですが。

まずは、髪の毛が臭いのです。

次に指の先がタバコのタールの影響でしょうか汚れたように茶色なのです。

そして最悪は口臭なのです。

廊下で立ち止まって書類を手渡しされた時に、声を出すたびにタバコ臭の息が降り注ぐのです。

もう死にそうになりますが、仕方がありません。

このように、自分では認識していないけれども、周りに迷惑を振りまいている時があるということを知るべきです。

自己中心的な考えも、これと同じようなことで、自分では普通に話しているつもりでも、相手にとっては苦しく感じることがあるのです。

これまでに、自己中心的な人の問題行動を説明してきましたが、当てはまることがあれば、全てを一度に見直すことは大変ですが、どれか一つでもまずは修正するように努力が必要です。

4、自分にされて嫌な行動をしない

自己中心的な人は、自分に都合が良いことや得になることに対しては敏感です。

あまり関係ない事柄には、どうでもよいという態度を示すこともあります。

例えば、職場旅行をしようということになって、計画を立てることになったのです。

自己中の人はもちろん不参加ということですが、何かのことでつい旅行のことに触れると「ちぇ!」と一言言って背を向けてその場を離れるのです。

いくら自分に関係ないことと言っても、舌打ちをして逃げるのは、周りの人にとっては気分が悪いものです。

それに多いのは、みんなで集まって何かの話し合いをしている時に、自分に関係ない時とか興味がない時になると、机の下で一生懸命にスマホを操作している人も見かけます。

「つまらないことで集まって話をするなよ」という抗議のつもりか分かりませんが、自分勝手な行動を取ってわがままな態度を見せるのは、自己中心的な人に多い行動パターンです。

そんな人は、自分が話ししている時に、同じように相手がスマホをいじっているとしたら、きっと激怒することになるはずです。

自分にされて嫌な行動はしないことです。

5、人任せにしない

結局、自分が興味のないことに関しては、聞く耳を持たないということなのです。

自分の考えとは違うことに対しては、あえて自分が行動を起こす理由が見当たらないのです。

自分の意志とは異なるものには、関与したくない、あるいは関与する時間がもったいないと思っているのです。

だから、そんなことに対しては、全て人任せにしてしまうのです。

その結果、何かの問題が発生しても、自分には責任がないので痛くもかゆくもないのです。

このように、気が乗らない案件には、関与せずに全てを誰かに、言い出しっぺに任せてしまうのです。

これも、自己中心的な人に多い傾向です。

人任せにして関与しないのではなく、せめてどのように進んでいるのかぐらいは情報を共有しておくのです。

もし、何かを手伝うような要請があれば、少しは手助けをしてあげるのです。

協調性を保とう

自己中心的な人の特徴は、自分のことに一生懸命になって、他人のことに関しては興味を持たないことです。

我関せずの気持ちなのです。

そうは言っても、人生自分一人だけで生きていくことは絶対にできません。

いろんな人のお世話にもなるはずです。

仕事をするにしても、自分のことだけしていれば済むというものでもありません。

みんなの協力も必要なのです。

だから、なんでも人任せにせずに、関係のある人達と連携する必要があります。

そのためには、みんなとの協調性を保つことが重要なのです。

あの人は、どのような仕事をしているとか、自分と関連する仕事はどの人が担当しているのかとか、周りの状況を把握しておくことも重要です。

そして、常にそれらの関係がある人との協力関係を構築しておいて、日頃から協調性を保つべきなのです。

自己中心的な人とうまく付き合う方法

「あの人は凄く自己中心的な人だからね」と噂されるような人がいます。

だからどうしろという具体的な意見はないのですが、怒りっぽい人だとか忘れっぽいひとだとかいるように、ちょっと注意する必要があるよということです。

自己中心的な人とつき合うと不愉快になるときが多いので、だれしも付き合うことは苦手なものです。

そんなことは初めから分かっているので、自己中心的な人とは付き合わなければ良いのです。

ハッキリ言うと、時間とエネルギーの無駄になるからです。

無駄だけではなくて、こちらの心にダメージを受けてしまうことがあるからです。

しかしながら、すぐご近所に住んでいる人だとか、同じ職場に勤務している人だとしたら、どうしても付き合う必要が出てくるのです。

避けられなくなる時があるのです。

こんな時には、どのような心構えで対応したらよいのか、考えておく必要があると思います。

この時に言えることは、自己中心的な人の考え方を変えることなんてできないということです。

これこそ、無駄なことなのです。

それよりも、どうやって上手く、そして自分がダメージを受けないように付き合うかです。

このことを頭に置いて、自己中心的な人との上手い付き合い方を考えてみたいと思います。

相手をよく観察してみる

まずは、自己中心的な人と一緒になった時には、この人はどのように活動しているかを冷静に見てみることです。

話しする時の声が大きい小さいとか、態度が大きいとかではなくて、何を主張しているかを正確に認識するのです。

自己中心的な人というのは、身振り手振りや関係のない例え話など、いろんな話しを織り交ぜてくるのです。

「えッ?何の話をしているのかなあ」と相手を驚かすのも彼らの戦術なのです。

こちらの意識をバラバラにしておいてから、自分の意見をサラッと伝えるのです。

そして、その意見を強引に押し通すことをするのです。

いろんなことをいうのですが、どんなことに対してどのようなことを言っているのかを、しっかりと掴むのが第一です。

「そうか、あのことに対して言いたいことがあるのか」と分析できれば十分なのです。

「あの会社では、自分と同じ考えで進めて成功しているようだ」とか、おまけにつけたような話題などは関係ないのです。

この会社ではどうするのか、あの会社とは条件が違っているので、まったく同じようには進まないのは分かるはずですが、自分の意見を押し通したいために披露するのです。

何を一番言いたいのかをよく観察してみることです。

何を言いたいのかを捉える

自己中心的な人の言葉は、単純に聞くだけでは理解できない時もあります。

何とか相手の言いたいことを素直に受け止めてあげようと思うのですが、要領を得ない時があるからです。

何を言いたいのだろうかと首をかしげてしまうこともあるようです。

もし何かについて、みんなの提案を拒否して自分の意見をどうしても通したいという時には、何らかの隠された理由があるかも知れません。

相手の言動の裏に見え隠れすること、それを探って行かないと分かりにくいと思います。

このように、自己中心的な人の言動の裏には、普通に考えても分からないような、身勝手な理由が存在する時が多いのです。

それは凄く単純なことであるかも知れません。

例えば、自分のことをもっと褒めて欲しい、もっと尊敬してほしい、もっと大事に扱って欲しい、もっと言うことを素直に聞いてほしい、もっと服従してほしいなどと、自分勝手なわがままな気持ちから始まることもあるようです。

そして、難しい話しからは逃げ出したい、関わり合いたくないとも思っているようです。

そのあたりのことを、見抜いてあげて、少しは受け入れてあげることが大切です。

最近、彼の影が薄くなって自分のことを忘れているのではないかと不服なようなら、何か一つは彼の提案を素直に取り上げて、彼の意見で進めたいと思うと言ってあげれば良いのです。

その代り、その他のことはみんなの意見を尊重して協力することを約束させるのです。

わがままを言っている言葉の裏の意味を理解して対応することです。

自己中心的な人の言葉を受け止めるだけでなく、真の意味を素直に受け入れてあげることです。

これからどうしたいのかを見抜く

自己中心的な人の言葉の裏の意味を考えてあげると、どうしてほしいのかが分かってきます。

そして、どうしてほしいかが理解できると、その次には彼がどうしたいのかも分かってきます。

状況に応じて、これからどうしたいのかを見抜く力をつけることです。

自己中心的な人の考え方は意外と単純なので、これからどうしたいのかも読み取ることは容易にできるはずです。

受け入れる姿勢で

これからどうしたいのかを見抜くことができれば、その裏の希望を叶えてあげるようにしてあげるのです。

そうすると、自分の意見がごり押しで通ったと思い込むので、その他のことを納得して協力してくれることにもなるのです。

相手の正当化しようとする態度を見守る

自己中心的な人は自己愛が強いので、自分の意見を尊重してもらうことを期待しているのです。

だから、少々現状から離れてしまうようなことになろうとも、プライドが高いので正当化しようと試みるのです。

間違いは認めたくない人なので何を言っても火に油

もし、自分の提案が現状に合わなくて間違っていると感じても、決してその間違いを素直には認めないのです。

どのように理詰めで説得使用にも、頑として首を振ります。

みんなで説得にかかればかかるほど、理屈をコネて認めないのです。

何を言っても火に油を注ぐようになるのです。

感情を顔に出さずに話しを聞く

自分の非は頑として認めない時には、かなり本人も興奮状態にあると思います。

何を言っても火に油の状況なので、こちらも同じように興奮して対応すると、ますます泥沼にはまり込みます。

こちらは、より冷静になって深呼吸をして感情を顔に出さずに相手の話しを聞けるようにするのです。

時には相手の話に相槌を打って同意することも必要です。

必要最低限の会話だけに絞る

できれば関わり合いたくないはずです。

自己中心的な人との接触も避けたいものです。

しかし、どうしても何かで一緒に行動することになっても、必要最低限の会話に徹したいものです。

そんな雰囲気は相手にも分かるはずで、相手も最低限の会話しか求めてこないと思います。

相手をよいしょしておく

自己中心的な人は、ともかくプライドが高いので、何かにつけて相手をよいしょしておくことです。

ただ、調子に乗ってよいしょし過ぎないように注意してください。

自己中心的な人が好きな言葉

自分がすることが正しいと常に思っているのです。

だから、次の様な自己中心的な人が好む言葉を使って褒めてあげると、大満足なのです。

1、すごい

普通の人で、こんなことを簡単に処理する能力を持っている人はザラにはいない、という意味で「これは凄いことですね」と「すごい」の言葉を入れて褒めてあげるのです。

2、さすがですね

この言葉も、こんな凄いことができるのはごく一部の人だけで、あなたはその一人なのですね、という意味で使用します。

ともかく、驚いたように「さすがですね」と褒めてあげるのです。

プライドが高いので、この言葉は有効なのです。

3、◯◯さんにしか出来ないですね

この言葉も、あなたのような優れた人にしかできないのです、という気持ちから出る言葉です。

選ばれた人であることを暗に示しているのです。

他の人が同じことをしても失敗ばかりなのに、あなたにかかると簡単にクリアしてしまうのですね、と敬意を表している表現なのです。

プライドが高い人にとっては、納得して受け入れられる言葉なのです。

ただし、笑いながら言うと何か小馬鹿にしたように聞こえるので、言い方には注意が必要です。

自分も相手にもストレスにならない人間関係を築こう

自己中心的な人間になるのは、自分の思い通りにならないという焦りとストレスから生まれるようです。

この焦りやストレスを取り除いてやれば、ともかくは気持ちも落ち着くはずです。

簡単にできるストレス発散方法は、有酸素運動をすることです。

すこし息が切れるような有酸素運動によって、脳が刺激されてストレスが解消されます。

それと、手軽に行うには泣ける映画やドラマを見て、大いに泣くことです。

泣くことによって副交感神経が活発になると、リラックスするのです。

そして、誰か仲の良い友人と思い切り喋ることです。

ひとりでは不安になってストレスも溜まってしまいます。

この3つを心がければ、ストレスも低減して自己中心的な意識にも変化が出てくるはずです。