世の中には沢山の人が居ます。

明るい人も居れば暗い人だっている事でしょう。

例え暗い人だったとしても、一緒にいて楽しい人だって多く居ます。

どんな人と一緒いる事が楽しいのかは人それぞれです。

だからこそ、自分が好きだと思う人と一緒にいれば良いのです。

そうする事によって、日々の暮らしを楽しいものにしていく事が出来るでしょう。

しかし、一方で、一緒に居て楽しくない人という人もいます。

これは、人によって理由は様々です。

ですが、共通しているものもあります。

それは、不平不満が多い人です。

不平不満が多い人は一緒に居ても疲れてしまいます。

本来であれば、嫌いな人と一緒に居なければならない理由はありません。

関わりを避けてしまえば良いのです。

ですが、そうはいかない事もあるでしょう。

大人になればなるほど、嫌いな相手とも付き合っていかなければならない時もあるのです。

その場合、以下に上手に付き合う事が出来るかを考えていく事が大切でしょう。

そこで今回は、不平不満が多い人の特徴について考えて行きたいと思います。

特徴を知る事によって、今後どのように気を付けていけば良いのかというポイントに気がつく事が出来るようになるかもしれません。

人間関係に悩んで居た方も、何らかのキッカケを掴む事が出来るようになるかもしれないのです。

是非参考にしてみてください。

️不平不満が多い人といても楽しくない!

生きていれば沢山の人と関わる事になります。

その際、自分と話が合う人もいれば全く理解出来ないような人だっている事でしょう。

中には不平不満ばかりを口にして、一緒に居ても楽しくないという事もあるかもしれません。

言葉には力があります。

だからこそ、常に不平不満を口にしていると自分の周りの環境全てにおいて文句を感じるようになってしまいます。

それだけではなく、それを聞いている人もまた嫌な気持ちになる事でしょう。

明るい話をしてくれる人と、不平不満ばかりを口にする人とではどちらと一緒に居た方が楽しいでしょうか。

考えるまでも無い質問ではないでしょうか。

だからこそ、多くの人は不平不満ばかりをいう人と一緒に居たいとは思わないはずです。

出来る事なら関わりたくないとさえ思っているかもしれません。

ですが、そうもいかない事もあります。

好き嫌いに関わらず、付き合いが続いてしまう場合もあるでしょう。

そんな時は、出来るだけ自分に負担の無い範囲でその人との付き合いを続けていく必要があるのです。

不平不満が多い人の特徴と心理10個

不平不満が多い人と、上手く付き合う為のポイントを知る為にはまずはその人の心の中を知る事が必要です。

その人の心の中を知る事によって、何を考えどうしてそういた行動を取る事になってしまったのかを知る事が出来ます。

それを知る事が出来れば、今まで全く理解する事が出来無かったその人の気持ちを理解する事が出来るきっかけを持つ事が出来るかもしれません。

知らないだけで、相手の事を嫌っていると新しい発見をする事が出来なくなってしまいます。

本当は素晴らしい人なのにも関わらずその人の良さに気がつく事が出来なくなってしまうのです。

それは少々勿体無い事だとは思いませんか?自分の良さを相手に知ってもらう為にもまずは相手の良さを知るべきです。

そうする為にも、相手の性格をよくよく理解して行動する事も、また大切な事なのでしょう。

そこでここからは、不平不満の多い人の心理の特徴についてご紹介させて頂きます。

もしかしたら、この特徴が自分に当てはまている人もいるかもしれません。

その場合、自分では大丈夫と思っているだけで他の人からは不平不満の多い人だと思われてしまっているかもしれないのです。

そうならないようにする為にも、いま一度特徴をしっかりと把握しておく事が必要でしょう。

ネガティブ発言が口癖


不平不満が多い人の場合、自分で自覚している場合は意外と多くはありません。

自分では普通にしているつもりなのにも関わらず他人からは不平不満が多いと思われてしまっているのです。

その大きな理由の一つが口癖です。

口癖は、意識せずに使っている言葉の事を指します。

だからこそ、そこに大きな意味が無い場合もあます。

まるで接続詞のようにその言葉を使用してしまって居るのです。

人によって、その口癖はマチマチです。

中には、明るい口癖を持っている人も居るでしょう。

そんな人は多くの人から、好意を抱かれる事もあるかもしてれません。

ニコニコしていて付き合いやすいという高評価が出る事だってあるのです。

ですが、その逆のパターンの人も居ます。

というのも、口癖がネガティブな発言になってしまっている場合もあるのです。

その場合、自分ではそこまで悲観しているつもりは無かったとしても他人から聞いているととてもネガティブな印象になってしまいます。

しかもそれが口癖なのですから、常にそんな事を口に出しているような印象になってしまいます。

そのせいで不平不満の多い人のように感じてしまうのです。

そうなってしまうと、何をしてもそのイメージを払拭する事が出来ません。

結果的に、周りの人から悪い印象を持たれてしまう事もあるのです。

「どうせ」

ネガティブな口癖にはいくつかの種類があります。

たとえば、その一つが『どうせ』です。

このどうせという言葉を使用する事によって『どうせ上手くいかない』『どうせ自分には出来ない』などというネガティブな言葉を発しやすくなってしまうのです。

『どうせ』という言葉を使用する事によって、期待を下げる事が出来るようになります。

その為、失敗したときの保険の意味でも使用したくなる気持ちも分からないではありません。

ですが、その保険ばかりを繰り返しているとそれがいつの間にか当たり前の事になってしまうのです。

「でも」

『でも』という言葉は否定の言葉です。

なにか会話をしていても、『でも』と言う事によって会話全体を否定する事になってしまいます。

つまり、楽しく会話をしていたとしてもその会話の腰を折る形になってしまうのです。

そうなってしまうと、多くの人嫌な思いをする事になります。

会話の中でなにか異論がある場合には問題ありませんが、それを毎回繰り返すと周りの人は会話をする事を嫌になってしまう事もあるかもしれません。

自分の意思を相手に伝える事は大切な事です。

自分の意見があるのでれば、どんどん発表して行きましょう。

ですが、そうする中で相手を否定する必要はありません。

自分はこう思うけれどそう思わない人も居る。

そんな理解をする事が出来るかどうかも、人が成長してくうえでは必要な事でしょう。

この否定的な言葉である『でも』という言葉は、口癖になりやすい言葉です。

自分でも知らず知らずのうちに使てしまっている事もあるでしょう。

自分が気がついていないだけで相手の人は嫌な思いをしてる可能性もありますので、十分お気をつけください。

「だって」

『だって』という言葉は、言い訳の言葉です。

なにか出来事が起きた些細に『だって』と言う事によって、その物ごとに対す自分の意思を伝える事になるのです。

異論を言ってはいけないということではありません。

なにか反論したい事がある場合には、反論する事も大切でしょう。

ですが、これが口癖になってしまう事に問題があるのです。

会話をしている中で、相手から『だって』と言われたらどうでしょうか。

なんと無く嫌な気持ちにはならないでしょうか。

人によっては馴れ馴れしく感じる事もあるかもしれません。

立場の違う人と話す際も『だって』と言う言葉はあまり良い言葉だとは言えません。

いざという時にでてしまわないように普段から使用する事を避ける事をおすすめします。

完璧主義な一面がある

理想が高い人の場合、その理想と現実との間に落差を感じネガティブな思考回路になってしまう事があります。

そのせいで不平不満が多くでてしまう事があります。

自分ではもっとこうしたいという高い目標があるのかもしれません。

ですが、それを理解する子tが出来て居ない周りの人からすると、その現実では無くその人自身不平不満によって嫌な気分になる事もあるでしょう。

完璧主義な一面がある人は、ついつい自分の考え方が一番正しいと思ってしまう傾向があります。

そのせいで周りの人との調和を取る事が出来ず、問題を起こしやすくなってしまうのです。

自分の考えをもち高い理想を持つ事は素晴らしい事です。

そうする事によって、自分自身を成長させる事が出来るのかもしれません。

ですが、それを他人に押し付けてはいけません。

その結果、上手くいかないせいで不平不満を感じるのであれば、周りに居る人も迷惑でしょう。

自分の考えを実現したい問う事は素晴らしい考え方です。

それによって努力する事も、人として成長する事が出来る素晴らしい取り組みなのでしょう。

ですが、それはあくまでも自分の中で解決するようにし、他人に強要してはいけないのです。

自己中心的な考え方

自分の事ばかり考えている人の事を『自己中心的』という言い方をします。

そうした人が周りに居る場合、そのせいで振り回されてしまう事もあります。

自分の事を常に優先して考えて欲しいと思っているからこそ、周りの人とひずみが出来てしまうのです。

親子関係なのであれば、自分を優先して欲しいと言う気持ちを優先して貰う事も出来るかもしれません。

ですが、友達や会社などの場合そうも行かない事が多々あるはずです。

例え自分がこうして欲しいと思って居たとしても、そうならない事も多々出てくるのです。

その場合、自分の思い通りにならない事によって不平不満を持つ事になってしまうのでしょう。

ですが、自分の思い通りに物事が進むことなどまず無いでしょう。

大人になればなるほど我慢が必要な事も出てきます。

その事に対して不平不満を抱いているのであれば、それは正に自分勝手という以外に他なりません。

そんな人が周りに居れば、他の人が嫌な思いをする事は分かりきっているはずです。

その事に気がつく事が出来ないうちはいつまで経っても周りの人から好かれる事は無いでしょう。

【自己中な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

マイナス思考


マイナス思考な人は、どんな出来事もつい後ろ向きに捉えてしまうものです。

人間、誰しも時には落ち込無事もあるでしょう。

ついつい後ろ向きな考え方をもってしまう事もあるかもしれません。

それは仕方の無い事です。

毎日笑顔で居ることなど、誰もが出来る事ではありません。

それをする事が出来る人は、全てを悟りきっているような人のはずです。

ですが、マイナス思考と呼ばれる人は、そういった人ではありません。

考え方そのものはネガティブで後ろ向きなのです。

だからこそ、落ち込んでいるかどうかは関係ないのです。

常にネガティブな思考回路をしており、良い事が起こったとしてもそれを受け入れる事が出来ずにマイナスな考えを上からかぶせてしまうのです。

マイナスな心は周りの人にも影響を及ぼします。

だからこそ、そんな人が傍にいると自分までついマイナスな考え方になってしまうのです。

同じ出来事を体験したとしても明るく考える事が出来る人と、マイナスな考えしか出来ない人では人生の中で感じる幸福感が違うのかもしれません。

せっかく一緒にいるのであれば、是非一緒に楽しい時間を共有したいものです。

そんな考え方もあり。

マイナス思考の人は、不平不満が多いと言われてしまうのかもしれません。

人のことが羨ましく思う

人は誰しも平等ではありません。

だからこそ、自分と違う立場の人に出会うと羨ましいとおもってしまう事もあるかもしれません。

そう思う事は、珍しい事では無いでしょう。

誰でも、自分よりも恵まれている人を見たら羨ましいと感じるはずでず。

自分もあんな風になりたいと思うことだってあるかもしれません。

ですが、それを不平不満で出す事は良い事ではないのです。

相手を羨む事によって、自分ももっと頑張ろうと気持ちを鼓舞する事が出来るのであれば羨ましいと思う心も必要です。

そう感じる事によって、成長して行くきっかけをつかむ事も出来るでしょう。

ですが、それを前向きな考えでは無く後ろ向きな考えに変換してしまう場合うもあります。

自分より恵まれている人を目標にするのではなく、嫉む対象にしてしまうのです。

そうする事によって、自分の中の気持ちを解消しようとしているのでしょう。

羨ましいと言う気持ちを、ネガティブな感情にすり替える事によって一時の満足感を得る事は出来るかもしれません。

ですが、それをする事によって得られる物はホントは殆ど無いはずです、自分自身が成長するきっかけを無くしているという事実にすら気がつく事が無いでしょう。

不平不満を言った所で、何の変化もありません。

その事に気がつく事が出来るかどうかによって、その後の成長が変わるでしょう。

心が満たされていない

不平不満を言っていると言う事は、それだけ今の現状に納得する事が出来て居ないのでしょう。

今の現状を納得する事が出来て居ないからこそ、文句が口からでてしまうのです。

自分の現状を嘆く事によって、気持ちは多少スッキリするのかもしれません。

ですが、実際の現状は何も解決していません。

日々の生活に満足している人は、実はそう多い物ではないでしょう。

みんな何らからの不平を感じながら日々を過ごして居るのです。

ですが、かとって不平不満ばかりを言う人ばかりではありません。

その差は、気持ちの持ちようなのでしょう。

自分の今の現状に不平不満を持っていたとしても、それを口に出さず現状を何とか解決ひようとする人も居ます。

そう考える事によって、今の日々を解決するヒントを見つけることが出来るのです。

ですが、ただ満たされない心で文句を言っている人は、その後何の変化も感じる事は無いはずです。

自分の心を変える為には、現状を変えるしかありません。

その事に気がつかず文句ばかり言う人は、その後の成長も見込む事は出来な居でしょう。

心に余裕がない

不平不満ばかり口に出す人は、今の自分の状況を決して良いとは思っていないはずです。

現状を変えたいけれど、変える事が出来ない・変わる事も出来ないそんな状況い苛立ちを感じて居るのかもしれません。

そんな時、人は心の余裕が無くなってしまうものです。

心の余裕が無くなると、どうしてもイライラしたり他人に当るようになってしまいます。

自分でも、そんな状況が良いとは思って居ないのかもしれません。

ですが、そうでもしないと自分の気持ちを解消する事が出来ない事もあるのでしょう。

そんな時があるのも仕方がない部分もあります。

ですが、いつもそれでもいいかと言われればやはり言いとは言えないでしょう。

日々の暮らしの中、自分の思い通りに行く事などそうある物ではありません。

現状を変えたいと願ったとしても、変わらない事もあるでしょう。

ですが、そこで文句を感じイライラ下としても何も良い事はありません。

心の余裕の無さは、周りの人にも伝染してくはずです。

そうなれば、ますます相手をらだたせる事にもなりより自分の周りの環境が悪化してしまいます。

環境を変えたいのであれば、自分が変わるしかありません。

その事に気がつく事が出来るかどうかが大切なポイントです。

自分の苦労をわかってもらいたい

頑張っている事を褒めて欲しいと言う気持ちは誰しもが持っている感情です。

頑張ってる事を肯定して貰う事が出来たら、誰もが嬉しい気持ちになる事でしょう。

ですが、毎回自分の努力を理解して貰う事は出来ません。

結果が出なければ気がついて貰う事すら出来ないでしょう。

それは少々寂しい事なのかもしれません。

ですが、全ての人が自分の事をわかってくれるわけでは無いと言う事も理解しておかねばならないポイントです。

だからこそそこに文句を言っても仕方がないでしょう。

しかし、不平不満が止まらない人にとってはそれすらも不満が出るポイントとなります。

自分が努力した事に対して何も言ってくれなければ文句が止まらなくなってしまうのです。

自分のやりたいことが見つかっていない

不平不満が多い人は、今の現状に満足いっていない場合が殆どです。

その場合、今の自分その物に対しても文句を抱いて居る可能性があります。

自分の現状に文句を感じていると言う事は、自分のやりたい事が見つかっていない証拠なのかもしれません。

例え結果がでて居なかったとしても自分のやりたい事が見つかって努力している人は日々の生活にやりがいを感じているはずです。

ですが、そうでは無い場合、今の自分が何の為に生活しているのか分からないと言う事もあるかもしれません。

日々の生活が嫌で周りに当ってしまう事もあるでしょう。

そうした場合、結局不平不満が止まらなくなってしまうのです。

自分のやりたいことが見つからない時は、色々な事にチャレンジしてみれば良いのです。

そうする事によって、なにか新しい事を見つけるきっかけを作る事が出来るかもしれません。

やりたい事は他人に発表する必要は無い物です。

自分が楽しいと感じる事が出来ればそれで良いのですから、カッコつけず色々な事にチャレンジしてみてください。

それが日々を充実させ、不平不満の少ない日々を作るきっかけにしてくれるかもしれません。

相手に対して嫉妬の感情が出やすい

他人と関わる事によって、自分を成長させる事が出来ます。

ですが、それと同じように他人と自分を比べる事によって羨ましいと思う感情が出てきたリ嫉妬の心を持ってしまう事もあるでしょう。

嫉妬の心があると、どうしても日々楽しく暮らす事が出来なくなってしまいます。

他人の事ばかりに目を向けるてしまい、自分の事を冷静に判断する事が出来なくなってしまうのです。

相手に対して嫉妬の感情が出やすいと言う人は、それだけ自分の事をダメだと思って居るのかもしれません。

自分の現状が納得出来て居ないからこそ、相手の事がより良く見えてしまうのです。

結果的に相手の事を気にしすぎてしまい、嫉妬など多くの不平不満が出る事になってしまうのです。

不平不満を言った所で、その後の生活が良くなる事などありません。

その悔しい気持ちは、努力しなければ晴れる事はないでしょう。

それなのにも関わらず、努力をせず相手の事ばかり羨んでいる人はネガティブな感情に心を支配されてしまい、全く無駄な時間を過ごす事となるでしょう。

不平不満を言う人への接し方6選

それではここからは、不平不満をいう人に対しての接し方をご紹介させて頂きます。

人によって一番ベストは接し方は違うのかもしれません。

ですが、大体の方に適応する方法を知っておく事によって、ある程度の対策を取る事は出来るはずです。

不平不満を多く言う人と接する事は、一緒に生活してる人にとって大きなストレスとなる事でしょう。

そのストレスを無くす為には、すぐにでも付き合いを辞めるべきです。

ですが、その付き合いを辞める事が出来ない場合もある事でしょう。

そんな時は、出来るだけ負担のかからない付き合い方を身に付ける以外に方法がありません。

これからご紹介する6つの接し方を学ぶ事によって、これからの日々を変える事が出来るきっかけとなるかもしれません。

ただだまって話を聞いてあげる

不平不満が止まらない人の場合、言うだけで気持ちがスッキリすると言う事もあるかもしれません。

だからこそ、まずは話をしっかりときいてあげしょう。

本来、不平不満を聞く事は決して楽しい事ではありません。

自分の事に関係の無い話であれば尚更聞く事が嫌になる事だってあるでしょう。

不平不満などのマイナスな言葉は、聞く人のイライラの原因となります。

だからこそ、そうならないようにしたいと思う気持ちを持つ事は自然な事です。

だからこそ、そんな人の話を聞きたくないと思うものなのです。

ですが、考え方を変えてみれば聴いているようにしているだけで、その人は満足してくれると言う事もあります。

不平不満はただ聞き流すだけで良いのです。

それに対して意見をいう必要も無く、ただうんうんとうなずく事が大切なのです。

そうする事によって、話している人は満足する事でしょう。

不平不満が止まらない人は、自分の中にその感情を留めて置く事が出来ないのかもしれません。

少々面倒なタイプの人間ではありますがそれに対してイチイチ本気で相手にする必要など無いという事なのです。

必要なのは、相手の話を真剣に聞く事では無く聞いているようい見せるだけの時間なのです。

無駄な時間を過ごしていると感じてしまう事もあるでしょう。

ですが、その時間も相手をお大人しくさせる為には必要な時間なのです。

反論しない

多く人の場合、自分の意見を肯定して欲しと思って居ます。

だからこそ、相談しているようにみせても既に自分の中で答えが決まっている場合が多々あります。

答えが決まっている事に対して、色々反論をした所で相手の機嫌を損ねるだけでしょう。

不平不満を聞かされれば、反論したくなる時もあるでしょう。

その原因はあなたのせいだとハッキリ相手に伝えたいという時もあるかもしれません。

ですが、それをしてしまうと無駄な争いが起きる可能性があります。

不平不満ご日頃から言うくらいの人ですから、おそらく自分の意見に反対する言葉を言われただけで嫌な態度をとるかもしれません。

もしかしたら、今度はあなたの事に対して悪いちを言うようになってしまうかもしれないのです。

そうなっては、自体は更に面倒な物になっていくでしょう。

そうならないようにする為にも、あえて反論はせず相手が納得の行くままに話しを聞いておく事が必要です。

アドバイスを言うのもNG

反論で無かったとしても、アドバイスを言う事も出来るだけ避けた方が懸命です。

というのも、アドバイスをする次点でどうしても多少上からの意見となってしまう恐れがあるからです。

自分としてはそんなつもりは無かったとしても、相手から見ると十分上からの意見だと感じる事もあります。

そのせいで、相手の機嫌を損ねてしまう事もあるでしょう。

自分の意見が通らない事によって、不平不満を抱くような人はアドバイスなどを受ける事によって更に不満を感じてしまう恐れもあります。

そうならないようにする為にも、出来るだけ関わらないようにする事が一番でしょう。

特に結論を出さない

不平不満を聞かされると、なにか相談しているのかなと思う事もあるでしょう。

せっかく相談してくれているのだから、なにか役立つアドバイスをしてあげたいと思う事もあるかもしれません。

自分なりの考えを相手に伝えようとするはずです。

ですが、その際、結論は出さない方が良いでしょう。

結論を出すと言う事は、その人の考えに対して意見をすると言う事です。

そうする事によって、自分の考え方を相手に伝える事となるのです。

本来であれば、そうする事によって相手お考えをまとめるお手伝いをする事が出来たと言えなくもありません。

ですが、不平不満を言う人の場合、大抵の人がお手伝いをして欲しいと願っている訳では無いのです。

ただ話を聞いて欲しいのです。

にも関わらず、意見をいわれるような事があれば、怒ってしまう事もあるかもしれません。

せっかく相手の為を思って行動してきたのにもなんとも理不尽ですがそれも仕方のない事なのでしょう。

上手に話を聞き流す

相手の話を聞く事はとても大切な事です。

きちんと話をする為にも、相手の気持ちをきちんとくみ取る事が出来るように目をみて真剣に話を聞きましょう。

ですが、全てのお話をきちんと聞く必要はありません。

必要な所以外は、聞き流してしまいましょう。

相手の話を聞き流すなど、冷たいと言われてしまう事もあるでしょう。

ですが、そうだとしても、他にもやりたい事があった場合、話を聞く為の時間がとても無駄な時間となってしまうはずです。

だからこそ、いかに早く会話を終わらせる事が重要なのです。

とりあえず言いたいことだけ言わせておく

相手の心がスッキリするまで、言いたい事・やりたいことを重視させてあげてください。

ただた話を聞いて居あての発散する時間を作ってあげるだけでも心の中をリフレッシュさせることが出来るものなのです。

正直に無理ということ

もし、相手との関係にそこまでの必要性を感じて居ないのであれば、思い切って相手に今の気持ちを打ち明けて見ましょう。

多く場合、きっと『酷い』と言われてしまうかもしれません。

不平不満を言っている自覚の無い人は、あなたの事だけを責めるかもしれません。

ですがそうなったとしても、その人との関係が終わっても良いと思っているのであれはそこまで大きなダメージを受ける事は無いでしょう。

そればかりか、こちらとしても長年我慢指摘て居るわけですから、ちりに積もったものがあります。

それを解決するきっかけを掴む事も出来るのかもしれません。

️まとめ

いかがでしょうか。

不平不満をいう人の心の中を見る事は出来たでしょうか。

とてもめんどくさいと感じていた相手も、心の中では意外と大きな悩みを抱えている事もあるでしょう。

そのせいで不平不満を言うような日々になってしまったのかもし得ません。

付き合う事は面倒ではありますが、どうで付き合いを続けて行かなければならないのであれば、出来るだけ負担の無い形で接して行きたい物です。

その為にも、今回ご紹介させて頂いた方法が役立つ場合もあるでしょう。

どんな人とでも上手くやることが出来るようになれば、自分自身の暮らしをより豊かな物にする事が出来るでしょう。

好きになる必要はありませんが、上手な付き合い方を身に付けていく事が、今後の人生においてより良い物になるはずです。