大好きな人とお付き合いできた時、とても幸せな気持ちと一緒に「嫌われてしまったらどうしよう」という不安も感じてしまう事ってありませんか?

幸せだからこそ、不安が湧いてきてしまうものですよね。

そんな不安を吹き飛ばす、彼氏に愛される女の条件を貴女は知っていますか?

円満なカップルや、いつでも彼氏に愛されている女性には実はこんな共通点があったのです。

貴女も今日から実践できる彼氏に愛される女の18個の条件を真似して、不安の無い愛される女になって下さいね。

彼氏に愛される女の18個の条件

「あの子はいつも彼氏のもの凄く大事にされている」と思う女性と「あの子は結局長続きせず振られている」と思う女性の間には、どんな違いがあるのかご存知ですか?

愛される女性には、実は共通する特徴があるのです。

貴女はこの特徴に当てはまるものがいくつありますか?チェックしてみて下さいね。

1、適度な恥じらいと緊張をもつ

愛される女性はどれだけ長くお付き合いをしていても適度な恥じらいと緊張を保つ事を忘れませんん。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉が古くからあるように、親しい関係性であるからこそ気を緩ませ過ぎる事なく接していくのが大切です。

常に恥じらいを持つ事で、お互いいつまでも出会った当初の新鮮な気持ちで居られる事が愛される女性の一番の特徴なのかもしれませんね。

女と男を意識させること

女も男も、元はと言えば同じ人間です。

腕力で劣るとは言え、現代で男に出来て女に出来ない事等無いと言っても過言では無い位男と女の境界線は無くなりつつありますよね。

そんな中「恥じらい」は女の美徳であるという考え方もあります。

恥じらいう気持ちを持つ事によって、男は女に対して異性を感じます。

逆に異性を感じられなくなった時が恋人同士としての関係に魅力を感じられなくなる瞬間でもあるのです。

男と女を意識させる事で、「特別な異性=愛しい」という気持ちがいつまでも男の中で保たれ続けるのです。

2、自分磨きを怠らない


常に愛される女性は付き合う前も付き合ってからも自分磨きを怠りません。

それは、相手に愛される為でもあるし自分自身の為でもあるからです。

容姿に関する自分磨きのみでは無く、内面にもそういう向上心は表れます。

しっかりと自立して自分で自分を高めていける女性だからこそ、男性もそんな彼女を尊敬して人間として愛せるようになっていくのではないでしょうか。

付き合った途端に自分磨きを止めてしまうのはNG

特に多いパターンが、付き合うまでは自分の容姿や資格取得など内面的な事にも向上心があったのに、付き合った途端にそれをパタリと止めてしまう事で彼氏は「思っていた女性ちは違った」と早々に恋愛に冷めてしまう場合です。

付き合ってからパタリと止めてしまうのも問題ですが、そもそも続けられない事を意中の人の気を引く為に初めてしまう事にも原因があると言えます。

自分磨きは大切ですが。

まずは継続できる範囲からはじめていくのが無難ですね。

3、彼中心の生活にならないように気をつける

大抵の場合、常に愛されている女性は男性に「追われる恋愛」をしている事が多いです。

「あなた無しでは生きていけない」なんていう依存的な女性とは全く逆パターンの恋愛とも言えますね。

特に男性を引き付けるのは「手は届くんだけど、スルリと抜けでていってしまいそうな猫のような女性」なのです。

彼中心の生活にならず、しっかりと恋愛、仕事、趣味などのプライベートな時間を一人でも満喫できるような自立した女性こそ男性の追いかけたいという気持ちを駆り立てるのではないでしょうか。

連絡は小まめにする

「追いかける恋愛」は楽しいひと時と不安なひと時との間が激しいものです。

あなたが自分の時間を満喫している間、彼氏は「浮気していないかな?」「違う男に言い寄られたりしていないかな?」と不安に感じる時もあるでしょう。

それを放置してしまうと、彼氏は追いかける恋愛に疲れてしまいます。

全く違う事をしていても「今、〇〇をしているよ」と小まめな連絡があるだけで心証は全く変わってきます。

彼中心の生活にならないように気を付けつつも、心の中に常に彼氏の存在を意識しておく事も必要です。

4、頻繁に愛情表現をする

愛情表現のできる女性は、とても愛されます。

これは恋人関係に限らず、友達関係や家族関係等でも言える事ではないでしょうか?

常に「好きだよ」「一緒に居ると楽しい」と相手に向けた好意を言葉や態度で表現できると、男性もそれに応えるように愛情表現を返してくれるようになります。

お互いに愛情表現を日常的に行う事で、常に愛され続ける事と愛し続ける事が出来るよいう訳ですね。

「好きだよ」は毎日言ってもOK!

あまりに愛情表現をし過ぎると重く感じられるのでは?と思う方も少なくないかもしれませんが、「好きだよ」という気持ちは毎日伝えてもOKです。

言い方やテンションを変えて伝えたり、ここぞという大事な場面にだけ言葉にするというのも有りですね。

5、外見も中身も魅力的な女性でいることを忘れない

「人間は中身だ」なんて言う人も居ますが、「人は見た目が8割」とも言われるように内面だけでなく外見も磨く努力が必要です。

ただし、これは流行りの服装や髪型をしたり美しい容姿を持つ事に限った話ではありません。

要は、あなたという女性を魅力的に魅せる外見とそのイメージに伴った素晴らしい人間性を磨く事こそが重要なのです。

華やかでなくとも清潔感があり似合っているならばそれで良いですし、逆にどれだけ中身が素敵な人でも不衛生に見える人とは一緒に居たくないですよね。

内面が魅力的である事は必須項目として、外見もそれに伴う魅力的な女性でいられるように心がけましょう。

おしゃれである必要はない

長く愛される女性は、意外と流行に興味の無い女性が多い物です。

勿論、ある程度のトレンドは押さえているものの上質な物や自分に似合うものを選べる人が多いのも事実ですね。

あまりに流行に敏感な女性は自分に似合わなくとも「流行だから」と取り入れてしまい、そんな移り変わりの激しい所が男性の気持ちを冷めさせてしまう事もあります。

女友達と遊ぶ時には流行のものを取り入れ、彼氏と会う時には自分を魅力的に魅せるものを意識する等、場面によって使い分けるのも一つの方法ですよ。

6、ミステリアスな部分を持つ

女性が男性を好きになる場合「ちょっとミステリアスな所が素敵」というキッカケで恋愛が始まるパターンも少なくありませんよね。

男性も同じです。

どこかしっかりと掴み切れないミステリアスな女性にこそ追いかけて捕まえたくなるというのが男性心理でもあるのです。

付き合ったからといって明け透けに何もかもを彼氏に伝えるのではなく、自分の持つ小さな秘密位はいくつか隠し持っていても良いのかもしれませんね。

7、彼を男として立ててあげる

男性は虚栄心の塊のようなものです。

友人や自分の家族の前では、亭主関白を演じたいと思っている男性も少なくないでしょう。

そんな男性の気持ちを掬いとって、彼を男として立ててあげる事のできる女性は長く愛される場合が多いです。

内助の功のように、男性を陰から支える事のできる器量も愛される女性に必要不可欠なスキルと言えますね。

二面性のある女性が魅力的

亭主関白を演じたいと思っている男性を、そのままにしてしまうと女性側にストレスがかかってしまう事もしばしばあります。

何も、全て本音で彼を立てる必要はありません。

友達や彼の家族の前でだけ立ててあげれば良いのです。

そして、それを鼻にもかけずに居てくれる事が男性にとってとても有難く嬉しい事なのです。

普段は全く違っていてもここぞという時に自分を立ててくれる女性だからこそ大切にしていかなければという使命感が生まれるのかもしれません。

8、気配り上手な女性


気配りが出来て様々な状況に配慮できる女性は、彼女としても人間としても愛される場合が多いですね。

細やかな事に気が付き、それに対処できる人と一緒にいると心地よく快適な状態で居られる事から、男性はこの女性を手離してはいけないと強く思います。

それこそが愛されるという事ですよね。

些細な事でも褒められる観察眼が必須

元々日本では「誉める」という文化があまり発達していない事から、褒められる人材というのがとても貴重だと言われています。

それ位に現代人は褒められなれていません。

細やかな事に気付いて相手を褒めてあげる事のできる女性は、男性にとってかけがえのないものですし普段中々持てない自信を持つキッカケにもなる事でしょう。

常に、相手の事をよく観察して些細なことでも褒めてあげる事で、「貴方と居ると自信が持てる、心地よい時間を過ごせる」という認識が強くなっていきますよ。

【気配り上手になるためには、こちらの記事もチェック!】

9、彼に追われる努力をすること

これまでも何度か解説したように、愛される女性の基本的な条件は「追われる恋愛」をしている事です。

男性を虜にし続ける事で安定して愛され続けるという事ですね。

それには、相手の思考や好みなどをしっかりと把握した上で追わせ続ける事が必要です。

彼が諦めやすい性格だったり、障害がある方が俄然燃える性格だったりする事を把握してアメとムチを効果的に使い分けましょう。

自分が追いかける恋愛をしたい場合は?

愛され続ける為には「追われる恋愛の方が有利」というだけで、自分が追いかける恋愛は上手くいかないという話ではありません。

相手が思われる事で思い返してくれるパターンも存在します。

つまりは、相手をよく知り相手の求める恋愛と自分の求める恋愛を一致させる事こそが長く愛される女性になる秘訣なのです。

10、彼の変化に気づいてあげること

彼の小さな変化に気付いてあげる事は、それだけで愛情が伝わります。

良い点も悪い点も、近くにいて普段から彼をしっかりと見ているからこそ、気付けるものです。

愛される女性は、そういった点に気付くのが上手で思った事を素直に言葉にできる女性でもあります。

「髪型変えたの?似合ってるね」「何だか元気ない?大丈夫?」など他の人が気付かなかった事を褒めたり指摘してあげる事で、彼も「自分の事を良く見てくれているんだな」と嬉しくなるものなのです。

褒める事は褒められる事に繋がる

元々、女性は容姿の変化に敏感で友人同士でも些細な髪型の変化などに気付いて褒め合う場面が多々ありますよね。

男性を褒める場合でも女性の方が、些細な変化に気付きやすいと言われています。

しかしそれだと「自分ばかり褒めて、相手に褒めて貰えないのは寂しい」と思う女性も少なくないでしょう。

しかし、頻繁に褒められた男性は段々と「誉めて貰えると嬉しい」という事を学びます。

そうすると愛する人にも同じ喜びを感じて欲しいと、段々と「誉める男性」になっていくのです。

愛情は与える事で与えらえるという事をどうぞお忘れなく。

11、相手の魅力を引き出す努力をすること

付き合ったからには、付き合う前より彼をもっと魅力的な男性にしようと意気込む女性は愛される女性である事が多いです。

それは、男性自身が「彼女といる事で自分は向上できている」と感じる事が出来るからとも言えますね。

外見的にも内面的にも、相手の魅力を引き出す努力をする事は相手にも自分にもメリットがあると言えます。

相手は自分自身が向上できるし、女性側も彼氏をレベルの高い男性に育て上げる事ができるという事ですね。

二人の関係性に向上心がある事は、依存し合う事よりもずっと深く二人を繋げてくれます。

12、思いやりを持って接すること

長く付き合っていても思い遣りを持って接する事のできる女性は長く愛される傾向にあります。

長く同じ時間を過ごすと、どうしても相手に甘えてしまって無意識に相手を傷つける事を言ってしまったりしてしまったりする事も少なくないでしょう。

そうならない様に、いつまでも相手も尊重して思い遣りを持てる女性は、彼にとってかけがえの無い存在となり愛し続ける対象となるのです。

「喜んで貰いたい」という気持ちが大切

思いやりを持って接する事は、何も気遣う事ばかりではありません。

「相手に喜んで貰いたい」と思う気持ちも大切な事です。

いつだって彼の幸せを願い、彼に喜びを与える事のできる彼女の隣はさぞ心地よい空間である事でしょう。

そんな心地よい関係性こそが、彼が貴女を愛する理由に繋がるのです。

彼だけでなく、彼の身近な人にも思い遣りを

彼に思いやりを持って接するのは「好きだから」という明確な理由がありますが、彼に愛され続ける女性はその周りの人にも思いやりを持った行動をできる人が多いです。

特に彼の親友や家族にも気を遣って思いやりのある行動をとっていると、自分の大切な人達を自分と同じように大切にしてくれる女性がとても愛おしく感じられるものです。

更に長続きしているカップルは家族ぐるみや友達ぐるみで付き合っている事も多いですね。

周りに認知される事で彼自身も「自分の彼女はこの女性以外にあり得ない」と思ってくれているのかもしれません。

13、趣味を増やす

彼氏ができたのならば、率先して趣味を増やしましょう。

向上心も上がるし、広い視界の中でお付き合いをする事で彼氏に依存しない自立した女性になり魅力的にも映ります。

何かに夢中になっている女性に魅力を感じて「追いかけたい」と思う男性は多いのです。

資格取得やスキルアップの他、料理教室やスポーツを始めてみるのもおすすめですよ。

貴女に合った継続できそうな趣味を探してみてはいかがでしょう。

料理ができる女性は愛される

特に彼氏が出来て始める趣味の中で一番多いのは料理教室に通い始める事です。

一人暮らしの経験があるならばある程度の自炊は出来るかもしれませんが、長年実家暮らしを続けると家事をする機会もあまりなく「とてもじゃないけど彼氏に手料理なんて振舞えない」という女性も少なくありませんよね。

しかし、彼の理想は仕事でクタクタになった先に大好物の手料理を作って待っていてくれる女性なのです。

料理ができる女性は、間違い無くモテますし家庭的で将来の事を考える時の重要な資質にもなります。

せめて簡単な定番料理位は上手に作れるようになっておきたいものですね。

14、心身ともに健康的

長く愛される女性である事の最低条件の1つに、心身ともに健康的な女性である事が含まれます。

体や心が弱かったり病気がちだったりすると、それを支える彼氏にも多大な負担がかかってしまいます。

先天的なものであれば、貴女にはどうする事も出来ないしせめて支えてくれる彼氏への感謝を忘れないでおく事が求められますが、彼氏と付き合った後の健康状態には十分に気を付けたいものですね。

精神的な弱さは重さに繋がる

どうしても打たれ弱く精神的に脆い人というのも男女限らず存在します。

しかし、精神的に弱い人はどうしても恋人など特別な存在に依存しがちで、依存された相手はそれを重いと感じてしまう事があります。

なるべく、自分で解説できる事は自分の中で納めて相手の負担になっていないかを常に気配ってあげる方が良いかもしれません。

15、自然体で彼と接すること

自然体で彼と接することのできる女性は、長く愛される女性の資質を持っています。

自然と思った感情を言葉にできたり、「何かをしてあげたい」と思った時にそれを自然と行動に映せる女性はとても素青で魅力的であるのです。

また、普段はしっかりと気を張って過ごしているのに、二人きりになると自然体な姿になる二面性も男性は「特別感」を感じて余計に愛おしいと感じる傾向にあります。

自然体な中にも恥じらいは忘れずに

自然体と言われると、全く気を遣わない事と解釈する人も居ますが、そうではありません。

相手は居るという事と、全ての恥じらいを忘れて良いという訳ではないのです。

自然体でも上品に女性らしく居られるように、普段から下着姿で室内をウロつく事の無いようにだったり、大きくあぐらをかいて座らなかったりと品性を磨いておきたいものですね。

16、感謝の言葉を言い続けること

「ありがとう」という感謝の言葉は、恋人関係や夫婦関係など、他人と密接に付き合っていく中でとてお大切な言葉です。

どんな些細な事にでも、自分が有難いなと感じた事に対して「ありがとう」と素直に応えられる女性は、長く愛される女性の資質が十分にあります。

また、この脂質は自分の意識しだいでどうにでもなるものです。

本当に何気ない事でも、自然と「ありがとう」と感謝を伝えられる心構えを持っておきましょう。

時には手紙に想いを込めるのも効果的

普段から感謝を伝えていると、特別な想いを伝えたい時にその違いを相手が感じ取ってくれるのかな?と思う時があります。

そんな時は感謝の気持ちをメッセージカードや小さな手紙に込める事で更に相手に想いが伝わりやすいですよ。

体調を崩していた所に、仕事を押して駆け付けてくれた時や、困った時に頼もしく対応してくれた時など付き合っていても「他人行儀だ」なんて思わずに小さなお礼の品と感謝の気持ちを伝えられる素直さこそが、彼がずっと愛し続けたいと思う女性の本質なのです。

17、彼を信頼する

パートナーを信頼する事は、どんな場合においても恋人関係を続けていく上で絶対不可欠な事です。

そして、自分が相手を信用できないと相手も自分を信用できなくなるという事を空忘れてはいけません。

些細な疑惑が生まれたとしても彼を信用した上で解決策を話し合う事のできる「彼女」としての余裕が、彼に安心感を与えて長く愛していく事になるのです。

長く付き合えば付き合う程疑惑や不安の種が生まれるのは当たり前の事。

それをどのように解決していくのかという事こそが重要なのです。

余計な詮索はしないこと

信頼する上で余計な詮索をする事はNGです。

詮索をしている時点で疑っているという事に違いがありませんし、陰でコソコソと詮索した結果良い未来を迎えるカップルなんて殆ど居ないでしょう。

疑惑が生まれた際には速やかに直接問いただす誠実さが有効です。

こっそりとケータイを見たり、友達から証言を得ようと自分の疑いを確定させる行為は無駄でしかありません。

貴女が信じた彼が正直者か、嘘なのかは貴女自身の目で判断するべきなのです。

18、伝えたいことを言葉で伝えること

不満に思った事、もっとこうし欲しいと思った事を素直に言葉で伝える事ができる女性はお互いの希望を擦り合わせながら長く恋人感性を続けられる可能性が高いです。

「こんなに怒った態度をしているのに気付いてくれない」というのは、あまりにも横暴ですし、それを言うなら「こんなに悪いと思っているのいに気付いてくれない」という相手を受け入れる他なくなりますよね?

伝えたい事を直接言葉で伝えるという事は、それ位に大切な事なのです。

メールより言葉

近頃はメールやラインが浸透して「言いにくい事はメールかラインで」なんいう方も少なくありません。

ただ、文章にしてしまうとどうしても真意が伝わりにくくなってしまいます。

不満をぶつけられても、「不満だから直してほしいと思っているのか」「不満だから別れたいと思っているのか」は読み取れないのです。

お互いの顔を見て話し合えば簡単に分かる気持ちが、文字化してしまうと読み取れなくなってしまうという事ですね。

「大好き」から大嫌いに変わる瞬間

人を好きになる気持ちがあれば、その逆もあります。

特に燃え上がるように人を好きになれる人は小さなキッカケ一つで日が消えるように大嫌いに気持ちが変わってしまう事がありますよね。

そんな「大好き」から「大嫌い」に変わる瞬間はこんな時なのです。

彼を信用しなくなったとき

彼への不満、疑惑などから「この人の事をもう信用できない」と自覚してしまった時、大好きだった筈の気持ちが大嫌いに変わってしまう人は多い物です。

不信感が字画した瞬間から大きく膨らみ、疑惑が疑惑を呼びもう彼の事を信用できないという気持ちにまで貴女を追い詰めてしまいます。

それでも彼を信用したいと思う時は

完全に彼を信用できなくなったけれども別れなくないと感じる時には、時間をかけて徹底的に自分の不安や不満を解消していくしか方法がありません。

尚、それをした所で彼への信頼が回復しない事もあるし「自分は疑われていた」という記憶が彼の中に残る事も想定しておきましょう。

それでも、そんな難所を二人で乗り越える事が出来たのなら今後お互いにかけがえのない愛し続けたい存在になるかもしれませんね。

彼が支配しようとしたとき

貴女を愛するあまり束縛が強くなったり、行動に制約を求めるなど彼自身が貴女を支配しようとしたとき「追われる恋愛」から「追い詰められる恋愛」に代わってしまいます。

中にはそれすらも受け入れられる女性も居ますが、特に彼以外の友人との交友関係や趣味の活動を制限される事にストレスを感じるタイプの人は彼の事が大嫌いになってしまうかもしれません。

彼にも嫉妬心がある事を理解して

付き合っていく中で「追われる恋愛」を上手に作り上げる為には、彼の中に嫉妬心という感情がある事を常に理解してあげる必要があります。

貴女があまりにも翻弄しすぎてしまうと、嫉妬心が暴走をはじめて彼の支配欲が強くなってしまうのです。

彼以外の事に目を向けるなら、その分愛情表現をしっかりしたり小まめに連絡を取るなど常にギリギリの所で相手の嫉妬心を満たしてあげながら付き合っていく事を意識する必要がありますね。

気づかいや思いやりの心がなくなったとき

彼に気づかいや思いやりの心が無いと感じた時、急速に恋愛感情が冷めてしまうのは良くある事です。

特に自分ばかりが気遣いや思いやりを持って行動している事に気付いてしまうと「何故自分ばかり相手に尽くしているのだろう?」と全てが馬鹿らしく思えてしまう人も居ますね。

人は与えるだけでは満足できません。

与えた分と同等の物を、与えられたいと思ってしまうものです。

最初の頃は、要求を全て言葉で伝える

こればっかりは、彼の元々持っている価値観にも左右されるものです。

これまで育ってきた環境や性格によっては、何も言わなくても自分がされて嬉しい事を他人にしてあげられる人も居れば、言われるまで何を要求されているのか分からないというタイプの人もいますね。

そして、付き合ってみて初めて分かる事も多いのです。

付き合って最初の事は、何かをして欲しいという欲求は全てストレートに言葉にしてあげるのがおすすめです。

男性は特に「察する」というのが苦手で「言ってくれないと分からない」という人も少なくありません。

何度言っても自分の求める彼氏像に近付かないのであれば、元から二人は合わなかったのかもしれませんね。

他の男性が気になってきたとき

お付き合いしている男性がいるにも関らず、フとしたきっかけで好みの男性と新たに知り合う機会もあるでしょう。

他の男性が気になってしまっているとどうしても彼氏のアラが目に止まってしまうものです。

彼氏には何の罪も無いのですが、自分の中で他の男性と比べてしまう事もあるでしょう。

特に、長く付き合っていると他の男性との刺激的な恋愛に憧れてしまう事もあり意外なタイミングで破局してしまうカップルも実はそう少なくないのです。

彼の本当の魅力を再確認しよう

そんな時は早まらないで、しっかりと彼の魅力をお再確認するのがおすすめです。

デートなどで、普段あまり行かない場所を選び新鮮な環境で彼を見つめ直してみましょう。

長年付き合っている彼は自分の好みもクセも把握してくれていて、刺激なんかよりもっと居心地の良い人だと再認識できるかもしれません。

大好きと思わなくなったとき

雷に打たれたように恋に落ちる事があるのなら、何の前触れも無く相手の事を大好きと思わなくなる事もあり得る話でしょう。

特にフと「自分は彼のどこが好きなんだっけ?」と思った時に答えが出ない場合など「本当に自分は彼の事が好きだったんだろうか?」と過去の自分にまで自信が持てなくなってしまう事も少なくありません。

一度距離を置いて頭を冷やそう

急に心変わりして、その原因ですら自分自身も分からない時には彼と一時的に距離を置いて自分を見つめ直す事も必要です。

衝動的に別れてしまっては後悔する恐れも大いにあります。

離れてみるとぽつりぽつりと彼を必要としていた自分に気付く事ができるかもしれませんよ。

いつまでも彼氏に愛される女でいよう♡

愛されるのと愛するのはどちらがより幸せなのか?というのは永遠のテーマですよね。

それでも、一様に幸せを感じやすいのは矢張り愛されて大切に思われる事ではないでしょうか?

いつまでも彼氏に愛される女でいる為には様々な努力も必要ですが、その努力の見返りとして彼氏の愛がある事を忘れずに愛される努力を続けていきましょう。