男子が好きな女子にとる行動はどのようなものがあるのでしょうか。

いくつかのパターンをご紹介します。

もし、あなたにも当てはまるものがあるなら、その彼女に好意を寄せているのではないですか?

低学年で見られる好きな女子にいじわるしてしまう男子

「小学校の時好きな女子がいたなあ」と昔を思い出してみると、その好きな子にいじわるばかりしていたことが記憶にあります。

なぜ好きなのにいじめてしまうのでしょう。

それは、好きという表現をストレートに伝えられないけれど、なんとか表現したい気持ちの表れだったのかなあと思います。

好きな女の子のスカートをめくったりして泣かせてしまって、後で先生にこっぴどく怒られたというような思い出。

皆さんにもそんな淡い思い出があるのではないでしょうか。

思い出すだけで少し恥ずかしくなるような幼き少年の恋心です。

大きくなってもいじわるな態度をとってしまいがちな分かりやすい男子

小さいころに好きな女子にいじわるをわざとすることによって自分の好意を表現しようとした。

そんな淡い思い出。

しかし、大人になっても好きな異性に対していじわるな態度をとってしまうのは変わっていないような気がします。

日本人はどちらかというと、愛情表現があまり積極的にできない人種であると思うので、最初から好意をよせている異性に直接的に好きだとは言いにくい体質なのでしょうか。

だから、最初はちょっかいを出すことで、自分はあなたに気があるんですよということを知らしているのではないでしょうか。

女子のほうも、もし少しでも興味のある男性なら悪い気はしないはずなので、まんざらでもない態度を示すはずです。

本当に嫌な人物からちょっかいを出されたら、それは単なるセクハラになってしまいますから気を付けなくてはなりません。

男子が好きな女子にとる行動を3個のパターン!当てはまるとドキッ?!

それでは早速男子が好きな女子にとる行動パターンをご紹介します。

1、行動パターン

目が合う回数が増える

目と目が合う回数が増えるということは完全に意識しているという証拠です。

好きという気持ちがあるから何とか彼女と目を合わせたい、もし頻繁に目が合うなら、彼女のほうも自分のことを好きなのではないかと勘違いをしたりします。

ともかく目が合うということはそれくらい長い時間彼女を見ているということです。

学生時代、授業も聞かずに好きな彼女のほうばかり見ていたことを思い出します。

「こっちを見てくれ!」と心の中で念じたりしていました。

たまに彼女がフッと顔をこっちに向けた時、自分と目があってすごくドキドキしたのを忘れられません。

何回も目と目が合うとお互いに意識し出すので、何回も彼女と見つめあおうと馬鹿なことを考えていたのでしょう。

そして授業をちゃんと聞いていないことが先生にばれて怒られたという恥ずかしい思い出があるという人もいるのではないでしょうか。

なぜか視線にいつも入っている


なぜかいつも自分の視線の先に彼女が入っていることがある。

いえいえ入っているのではなく自分が意識的に入れているのでしょう。

どこかを向いていてもすぐ彼女のほうに視線を戻している。

意識的ではなく無意識にやっているのかもしれません。

無意識だとしたらなおさら心の深いところまで彼女に対する思いがあるのではないでしょうか。

人間というものはちゃんと意識しているもの以外はほとんど視界に入っていても覚えてないそうです。

例えば家から仕事までの通勤の時に赤い屋根の家が何軒あったか覚えていますか?そんなのは覚えているはずもありません。

しかし、赤い屋根の家何軒あるか数えようと意識していると不思議なことに視野のなかにバッチリ入ってくるのです。

それと同じで好きな彼女のことをいつも意識しているからこそ、どんな角度でも彼女が視野の中に入ってきたらわかるので、なぜかいつも視線の中に彼女が入っているように思うのでしょう。

好きな女子の好みの服を着ている

どこかで好きな女子の服の趣味の情報を手に入れたとしたら、すぐにそういった服を着るようにします。

なんとも分かりやすいではありませんか。

しかし、女性はオシャレな男性を好みますから服の趣味が合うというのは結構大切な要素であったりします。

いつも同じ服ばかり着ている男子は注意しましょう。

女子はそういったところを絶対に見ています。

あの人いつも同じ服ばかり着ているなどと思われたら最悪です。

オシャレどうこうの前に不潔な人という印象をあたえてしまいまう。

なにもファッション雑誌のモデルが着ている服を着ろと言っているわけではありません。

彼女がどういったファッションを好むかを考えて自分に合うようにコーディネートすればよいのです。

「いい服着ているね」などと声をかけられたら大成功で、それは彼女が自分に服を入口として興味をもってくれていることになります。

彼女のセンスに合った男を演じることで、価値観が合うと思わせることができるでしょう。

かっこつける

好きな女子の前では男というのはかっこつけたいものです。

いいとこ見せたいものです。

わざと斜に構えてみたり、足を組んでみたりと、少しでも自分をかっこよく見せようとします。

で、空回りして逆に嫌われる結果になることも多々あります。

女子は意外と男子の自然体なところに好意を持ったりするので、無理をしてかっこつけていても逆に好感はもたれません。

しかし男というものはわかりやすい生き物ですから、好きな女子の前では張り切ってしまいます。

これは小さいころも、大人になっても変わらないのではないかと思います。

まあ動物界でも求愛のポーズがあります。

メスの気を引くためにオスのクジャクが目いっぱい羽を広げて見せるのも、自分を大きくかっこよく見せているということであって、人間のオスも同じことをやっているのすぎないと考えれば納得できますね。

自分が好きになった女子を他の男子も狙っていないとは限りませんから、その場合はかっこつけ合戦が始まります。

お互いにかっこつけ合い、どちらが女子にかっこよく見せることができるかを競うのです。

目の前で困っているふりをする

好きな女の子となんとか絡みたい。

でもきっかけがない。

そういった場合は奥の手として助けてくれ作戦にでます。

自分があたかも凄く困っているふりをして心配してもらうのです。

そこで、女子のほうが手を差し伸べてくれるようならしめたもので、そこから関係を作っていけばよいという魂胆です。

ちょっと卑怯な戦法のような気もしますが、好きな女子と何の接点もないとなると、こういった方法しかないのかもしれません。

あからさまに誘うと嫌がられる可能性がありますから、困ったふりをして彼女の出方を見ながら近づいていくというやり方でしょう。

例えば筆記用具を忘れてきてしまったから貸して欲しいなどと言ってみてはどうでしょうか。

筆記用具くらいなら彼女も何のためらいもなく貸してくれるでしょう。

彼女としても困った時にまず自分に助けを求めてくれているんだこの人はとなり、少し男子のことが気になります。

困ったらすぐに助けてくれる

男子は好きな女子ができると頭の中がその女子のことでいっぱいになります。

そして女子の一挙手一投足が全て気になりますから、もし困っているところを見つけたら誰よりも早く助ける準備ができています。

他の誰よりも自分が助けるんだと考えていますから行動が早いです。

女子は助けてもらえて嬉しいでしょうが、あまりの早さにちょっと引いてしまうかもしれません。

恋愛は押し引きが重要とよく言います。

あまりに前のめりに押してばかりだと相手は引いてしまうのです。

適度に押したり、またちょっと素っ気ない態度をとって引いてみたりするバランスが大事です。

この間まで自分に気があると思っていた男子が急に素っ気なくなると、女子というものは、その男子のことが逆にすごく気になりはじめるものです。

その辺の押し引きをわからずに猪突猛進で突き進む男子は大抵うまくいかずに終わることが多いです。

物を借りようとする

好きな女の子と仲良くなるには、何か自然な形で関係が始まることが一番良いのですが、そんなきっかけはなかなか自然には訪れません。

ですから、何かきっかけはないか探しているのです。

その一つとして、何か物を借りるというのはいいのではないでしょうか。

例えば本を借りたら、それをきっかけに話すことができますし、本を返すまでは関係が続いているので、その間を利用してなんとか自分に目を向けてもらえるようにすればよいのです。

そして、その本を返す時には次は自分の本を貸してあげるとかして、彼女との関係を延命していきます。

そういう小さなつながりを継続していると、いつかそれがもっと親密な関係に発展するということはよくある話です。

好きな女子の好きな物をさりげなくチェックしている

好きな女子の趣味趣向をチェックするのは基本です。

彼女の誕生日が近い、じゃあ誕生日にプレゼントでも渡して勝負をかけてみようと思うとすると、彼女は何が欲しいのかを把握しておかなくてはなりません。

アクセサリなどに全然興味のない子なのに、いきなりアクセサリなんかあげたら、引かれてしまうのは目に見えています。

恋人でもなく、友達といっても少し会話をするくらいの関係でしかない男子が、誕生日だからといっていきなり高価なものをプレゼントしてきたら逆に嫌じゃないでしょうか。

その時に彼女がどういうことに興味をもっているのかを正確に把握して、嫌味のないものをあげるとすれば好意を持って受け取ってくれるかもしれません。

あくまでもばれないようにさりげなくチェックすることです。

些細なことに気付いてくれる

好意をよせている女子については、隅から隅まで知りたいと思うし、些細な変化にも当然気が付きます。

髪を少しだけ切ってきたとしてもすぐに気が付きます。

興味のない女子がショートカットにしてきても何も感じないくせに好きな女子がちょっと髪を切って来たことにはすぐ気が付くというのはおかしなものです。

それくらい自分の注意がそこにしか向いていない証拠でしょう。

そういった自分の些細なことに気づいてくれる男子に対して女子は、もう自分に好意をもってくれているんだなということがはっきりとわかると思います。

それをわからせるのも男子のアプローチのやり方の一つであると思います。

2、メールやLINEのパターン

メールやLINEを好きな女子とする時は非常に気合が入るものです。

何度も自分の作った文章を見直して、これでいいか確認して人は多いのではないでしょうか。

メールやLINEというのは残っていくものなので、なんとか彼女に響くいい文章を書こうと皆必死になるはずです。

好きな彼女からもらったメール、必ず保存して何度も読み返しませんでしたか?彼女のほうも、もし少しでも自分に対して気になる存在だったとしたら、メールやLINEをしっかり読むはずです。

ですから、彼女の心を揺さぶるような文章を書きたいと必死になるのです。

学校の勉強でこんなに頭を使ったことがないというくらい、頭をフル回転させて文章を作成します。

絵文字やスタンプを使う

好きな子とやり取りする時はメールならば絵文字、LINEならばスタンプをここぞとばかりに多投するでしょう。

ただ気をつけなければいけないのがハートの使いかたです。

そんなに仲良くない友達なのに、いきなりハートを送るのは絶対にやめたほうがいいです。

女子から男子の友達にハートを使うケースはあるかもしれませんが、男子から女子にハートを送るのは、かなり親密になってからでないと変に思われると思います。

スタンプもあまりにひつこく使いすぎると、うっとうしいと思われる可能性があります。

ですからあまりやりすぎない程度でバランスよく絵文字やスタンプは使うべきです。

用事が無いのに連絡してくる


好きな女子とは、用事がなくてもとにかくメールやLINEがしたいと思います。

何かメールを送る口実がないかなといつも探しています。

何もないのに「今、何してるの?」なんて送ると、完全に好意があることがばれるでしょう。

ですからあくまで仕事や学校の連絡事項を伝えるようなところから入っていくのが自然でしょう。

よくメールやLINEの返信の速さで相手が自分のことを思っている比率がわかると言いますが、速攻返ってくるようなら、向こうも興味があるのではないでしょうか。

嫌な人間からLINEとかが来るとなかなか既読がつかないというのがあります。

一日たってようやく返信があるようなら脈はないと判断したほうがいいのかもしれません。

しかし、それは女子の作戦ということも考えられます。

男と女は常に駆け引きをしていますから、わざと素っ気ない態度を取ることで、自分に余計に注意を向けさせようとしている可能性もあります。

その罠にまんまとかかってしまった男子は、素っ気なくされて居ても立っても居られなくなり、余計に彼女への思いが強くなるのだと思います。

着信音を変えている

携帯の着信音は一つに固定しているのが普通ですが、特別な人だけは着信音を変えるという人は多いのではないでしょうか。

好きな人の着信音はやはり変える人が多いでしょう。

デフォルトの着信音は単調な音楽なのに、好きな子の着信音だけ派手な音楽だったりします。

その着信音が鳴った時の心の高ぶりというのは凄いものです。

いつもとは違う着信音が鳴る=彼女からの連絡なので、これほど嬉しいことはありません。

また、あえて着信音は変えずに、誰かから電話がかかってきた時に、誰からかを確認するときに彼女からではないだろうかと毎回どきどきするという人もいるでしょう。

仕事の内容でも最後に雑談が入っている

仕事上の業務連絡をしないといけない時、他の同僚には伝えるべき業務連絡だけを書いて伝えるのに、好きな女子だけはその下に雑談を書いてみたりします。

何だったら今度プライベートで会わないかなどと誘ったりしています。

好きな彼女と何とか連絡を取ってつながりをもちたいけれど、直接アプローチして、もし断られたり、素っ気ない態度を取られたら終わってしまうし、落ち込むのでなんとか自然な形で絡みたい。

そういう時にこういった仕事の連絡は、なんとか彼女とつながりを設けるいいチャンスだと捉えているのです。

メインは仕事の連絡ですから、下心なんてありませんよという口実ができます。

それがあっての雑談ですから彼女も文句の言いようがないと思います。

それを糸口にプライベートな関係にもっていきたいと思っています。

3、会話のパターン

好きな女子と話す時には、他の女子と話す時には見せない様々なパターンが出てきます。

好きだという気持ち、心に変化があった時にはそれが行動や態度に表れてくるものです。

それはやはり彼女に好意を持ってもらいたいという欲求があるので、それに向けて最大限の努力をしていることが垣間見えます。

どういったパターンが見えると好意を持っているのがわかるのでしょうか。

身振り手振りが好きな女子の前では激しい

好きな女子と話しているとどうしても心が高ぶってきますから、自然と身振り手振りが大きくなってきます。

気持ちをよく伝えたいという気持ちが強くあるために、それが身振り手振りにでてくるのだろうと思います。

しかし、あまりにも身振り手振りが激しすぎると、相手の女子から引かれてしまう可能性がありますから注意が必要です。

日本人であまりにもボディーランゲージが激しかったり、うまかったりする男性は女性の扱いに慣れている人が多いという印象があります。

大げさな身振り手振りで好きな女性の気を引こうとしているのでしょう。

他の男たちから見るといけ好かない男に見えますが、意外と女子には受けがよかったりすることもあります。

積極的にぐいぐい押してきてくれる男子が好きだという女子も比較的多くいるのだと思います。

とにかく笑顔

好きな女子と話すことはとにかく嬉しいので自然と笑顔になります。

他の人と話している時の顔と違うのは一目瞭然です。

しかし、あまりにもデレデレするのはよくありません。

締まりのない顔は相手に悪い印象を与えてしまいます。

自然な笑顔の中にもきりっとしたところは忘れないでおきましょう。

さわやかな笑顔を持っている男子はモテます。

女子は男子に優しさや包容力を求めていることが多いので、キリっとした顔にさわやかな笑顔で白い歯が見えるといった姿にキュンとくるのではないでしょうか。

逆にブスッとして怒っているような顔は、いくらハンサムであっても女子から敬遠される可能性があります。

何か近寄りがたいと言うか、話しにくいというか。

とにかく好きな人の前では自然な笑顔になるのは皆一緒だと思います。

とにかく褒める

好きな女子のやることなすこと全て良く見えるのが惚れている証拠です。

ですからなんでも褒めるようになります。

可愛いや綺麗など容姿のことをはじめ、言動や家族に至るまで褒めちぎります。

褒められて彼女のほうは悪い気はしないでしょうが、あまりにも何でも絶賛されると気持ち悪くなってくると思います。

特に容姿について、いつも綺麗だとか美人だとか可愛いばかり言っている男はちょっと軽く見られてしまうのではないでしょうか。

何でもバランスというものが大事であって、彼女がこだわっているような事をさりげなく褒めてあげるのが一番キュンとくると思います。

例えば、彼女のヘヤースタイルが少し変わっていて以前より落ち着いた感じになっていたら、そこを指摘してあげることで彼女は喜ぶと思います。

誰も気づいてくれなかったことに気づいてくれる異性を気にならないわけがありません。

他の子には適当な相づち

好きな子と話しているときは、穴が開くくらい相手の目を見て、一字一句聞き逃すまいと集中して彼女の話を聞き、彼女が好意を持ってくれるように配慮しながら相づちをうつくせに、他の子と話すと、適当にしか聞いていない、それで相づちも適当にうつという具合にあからさまに違う人はよくいます。

人間というものは本当に自分の都合のいいことにしか興味を持たない生き物だなということがよくわかる事象であると思います。

好きな子とに会話は一瞬の出来事のように短く感じるのに、どうでもいい人との会話はなぜこんなに苦痛で長く感じるのだろうと思ったことのある人もいると思います。

さりげなく自慢話を入れてくる

好きな女子には、とにかく自分の価値をアピールしたいものです。

頭がいいだとか、仕事ができるだとか、お金をもっているだとか、包容力があるだとか。

そういうのを嫌味なくアピールする方法は、普通に話をしていて何気ないエピソードの中にさりげなく自分の自慢話を入れていくことです。

そうすれば露骨な自慢ではないので彼女も好意的に聞いてくれるでしょう。

ですが、さりげなく自慢できる人は多くはありません。

やはり好きな人に自分をアピールしたいがために露骨な自慢話をする人がいかに多いことか。

多くの女性はこういった露骨な自慢話をする男性をいいとは思いません。

あくまでさりげなくやることが非常に大切です。

一番効果的なのは自分ではない第三者によって自分のいいところ、自慢できるところを彼女に伝えてもらうことです。

ですから、信頼できる友人などに頼み込んで、彼女に話しかけてもらって、その時に自分のいいところを吹き込んでもらいましょう。

そうすれば、自分で自慢したわけではないので嫌味ではないでしょう。

人のうわさは蜜の味といいますが、他人から耳に入ったほうがより効果的だと思います。

共通点を見つけ出そうとしている

相手のことを好きになるということは、容姿が自分のタイプだからという外見的なことももちろん大切な要素ではありますが、それとは別に気が合うというのも大切な要素です。

気が合うということは、好きなものは同じであったり、趣味が同じであったり、考え方が似ていたりと様々な要素があります。

好きな女子に対しては、一つでも多くそういった共通点を見つけたいものです。

例えば彼女が音楽が好きでクラシックが好きだったとします。

自分はそこまで好きではないけれどきれいなクラシック音楽を聞くのは好きなくらいだとします。

そういう時には少しクラシックの勉強をしていろんな作曲家の音楽を聞いてみることで彼女との会話がより楽しくなるでしょう。

彼女も自分と同じ趣味を持つ人に好意を抱くに違いありません。

他の異性と話していると割り込んでくる

好きな彼女が違う異性と話しているとジェラシーの感情がふつふつと湧き上がってきます。

別に自分の彼女でもないのに、別の男性にとられるような気持ちになって居ても立っても居られなくなります。

そして躊躇することなくその会話に割って入ります。

二人がいい感じになることは何としても防がなければなりません。

たわいもない話をいきなりしながら二人の会話に割って入ります。

こういった嫉妬、ジェラシーの感情というものは青春の思いでの一つだと思います。

大好きな人が、自分の友達と恋人になったことに対してすごく嫉妬して悔しかった思い出や、逆に嫉妬されたことなど、誰しも一つや二つくらいそういった思い出があるのではないでしょうか。

あまりにも好きすぎてストーカー扱いされる人もいるので要注意

人に好意を持つというのはいいことではあると思いますが、あまりにも思い詰めて一方的な思いが過ぎるとそれは危険な方向へと行ってしまいます。

最近はストーカー規制法案も整備され始めましたが、それくらいストーカーの被害を訴える女性が増えています。

最悪のケースは相手に危害を加えて殺人事件に発展するケースもあります。

恋は盲目と言いますが、好きになってしまうと周りのことが全く見えなくなって、相手に対して猛然とアタックしてしまう人がいますが、相手の女子からするとこれほど怖いものはないでしょう。

海外などはストーカーに対する取り締まりが非常に厳しい国が多くあり、GPS等で犯人の居場所を知らせるといった取り組みも行われています。

それに比べてまだまだ日本では対策が遅れていて、被害にあっているのに泣き寝入りをしている人もたくさんいると思います。

なぜそんなことまで知っているの?!とならないように

好きな相手のこといついて知りたいという気持ちは分かりますが、あまりにも詳細にプライベートなことまで調べて知っているというのは、相手にとっては気持ち悪いと思います。

最近はSNSなどをやっている人も多いですから、そういったものも一つ一つ毎日チェックしたりしているのでしょう。

何から何まで知られていると思うと男性でもそれは不気味に感じるものだと思います。

ですから必要以上の干渉はやめたほうがいいと思います。

焦らずに少しずつ仲良くなる努力をしていきましょう。

特に女性は男性を好きになったり、受け入れたりするのに準備がいります。

突然にアタックされることは、よほど彼女のほうも好意を持っている場合を除いては成功することは難しいでしょう。

人間何から何まで知っているよりも、知らない部分があるほうがいいと思います。

何でもかんでも知ろうとするとろくなことがありません。

ウザがられないように冷静な気持ちも大事

好きだ好きだが強すぎてあまりにもがっついている男性を、女性は苦手に思う人は多いと思います。

そういう男性はウザいと思われているはずです。

好きになってしまったら、その彼女を何とかものにしたいと頑張る気持ちはわかりますが、熱くなりすぎないことが大切です。

もっと冷静になってアプローチしたほうが、うまくいく確立は上がると思います。

女性は男性に対して包容力や落ち着きを求めていることも多いからです。

ですから落ち着きのないガツガツした人はもてないのです。

ガツガツしていると、この人は私ばかり追いかけていて他の女子からは全くモテない人なのかなと思われてしまいます。

それより、余裕を持ってアプローチをするほうが断然うまくいく確立は高まるでしょう。

余裕があるということは私だけじゃなくて他にもいるのかなと思わせることができます。

女子というのはミーハーな性格をしている人が多いですから、人気のある男子に好意を寄せることが多いです。

人気がなくてガツガツしている男子より、人気があるから余裕がある男子のほうにより惹かれるのです。

しかし、ストーカーになってしまうような人は、冷静な判断などできないのかもしれません。

彼女への思いだけが暴走して、迷惑がかかっているなどど考えられないのでしょう。

適度な距離を保ち焦らず縮めて行きましょう!

好きな人ができるということは、たとえいくつになっても素晴らしいことだと思います。

好きな人ができることで日常生活にも張りが出てくるし、相手を大切に思う気持ちなどは素晴らしいことです。

しかし、自分が相手を好きになったからといって相手はそうではありません。

そこを考えずに相手に突進していっても恋は成就しないでしょう。

少しずつ関係を深めていくことを考えましょう。

焦ったら負けです。

最初は話したりメールをしていてもつれない返事しかしてくれないでしょうが、そこで諦めずに少しずつ相手を知っていけばいいのです。

女性は全く知らない人にいきなり告白なんかをされると身構えてしまいます。

ですから、安心できる存在であると思ってもらえるように、少しずつ近づくことが大切なのです。

そしてチャンスが来た時に押していけばいいのだと思います。

その押し引きのタイミングを間違うと嫌われてしまってダメになってしまいます。

とにかく大事なことはガツガツいかないこと。

余裕をもって冷静に接することです。

余裕がある男性に対して女性は魅力を感じるものです。

焦らずに彼女との距離を縮めていってください!