結婚生活を送っていくなかで、ほとんどの夫婦が避けて通れないのが、喧嘩。

些細な口喧嘩から、家出するほどの大喧嘩までその規模は様々ですが、経験している夫婦がほとんどでしょう。

たとえ新婚でも、付き合いが長く歳をとっても、関係なく起こり得る夫婦喧嘩。

できることならしたくないと、お互いに思っているはずです。

意識して、喧嘩しないようにしたり発展させたりしないようにする努力もできる部分はあります。

ところが大抵の場合、意外なシチュエーションから突発的に起きてしまったりするものです。

パートナーとの暮らしにおける、ひとつの試練と言ってもいいかもしれません。

今回は、夫婦喧嘩で無視する相手の心理と、仲直りの方法を紹介します!

夫婦喧嘩は害だけではない?!

喧嘩する、ということ自体がマイナスイメージですが、案外悪いことばかりではありません。

喧嘩するほど仲がいい、という言葉もあるくらいです。

喧嘩の発端としては、二人の考えや意見にギャップやすれ違いがあり、摩擦が起きてしまうことが多いのではないでしょうか。

喧嘩に発展することで、初めて相手の考えや価値観に気付くこともあります。

これから先も長く一緒にいるのに、その違いを理解せず、どちらかだけが我慢しているのは厳しいですね。

喧嘩をきっかけに話し合いを深めることもできるでしょう。

喧嘩は、夫婦の関係性を保つために必要なエッセンスともいえるのです。

どんな夫婦でも喧嘩をしている

もともと生まれ育ちの違うふたりの人間が、一緒に生活するということが夫婦生活。

暮らしをともにするなかで、それまで知ることのなかった価値観や性格の違いが如実に出てくると、喧嘩になることもあります。

家事の仕方やお金の使い方、生活スタイルの違いなど、お付き合いの段階では分からなかったことがどんどん見えてくるからです。

おしどり夫婦と言われお手本になるような夫婦でも、お互いをよく理解し支え合うまでに、衝突していることでしょう。

喧嘩の規模はあれど、摩擦が全くなく、上手くやってきた夫婦は非常に稀なカップルのはずです。

喧嘩をしてこそ相手がより理解できるようになる

相手が何をどう考えているのかは、口に出して言ってもらわないと分からないこと。

特に歴の浅い夫婦にとっては、初めてのことや知らないことも多いはずです。

二人で過ごす時間のなかで、相手がこれまでどんな生活・暮らしをしてきたのかが徐々に分かってきます。

育ってきた環境や好み、クセなど、最初はすべてが受け入れられるものではないかも知れません。

自分が当たり前にしてきたことを否定されたり、拒否されれば怒りが湧いてくることもあるでしょう。

長年連れ添った夫婦でも、子育ての方針などで喧嘩になることもしばしば。

どんなケースも、お互いの考え方や価値観を話し合うよい機会になります。

喧嘩をきっかけに腹を割って話をすれば、相手をより深く理解することができます。

喧嘩しない夫婦は逆に危険

もとも他人だった二人が、全く波風立たせずに生活していくことは非常に稀で、難しいことです。

もしその穏やかな状況がずっと続いているというカップルがいるなら、どちらかが何かを我慢している可能性が非常に高いです。

空気が悪くなったり、喧嘩に発展することが面倒で言わないでいると、知らず知らずのうちにストレスが蓄積していきます。

それが溜めきれなくなり、爆発してしまったときには取り返しのつかないことになる可能性が高くなります。

実際に、喧嘩をしない夫婦は離婚率が高いというデータもあるほどです。

鬱憤を溜め込まないためにも夫婦喧嘩は必要

不満やストレスを全く抱えない、作らないというのはほとんど不可能に近いと考えられます。

避けたいのは、イライラを貯めまくった結果キャパシティーを超えてしまい、大爆発を招いてしまうことです。

ひとつひとつは些細なことでも、チリツモで喧嘩が始まってしまうとダメージは大きくなります。

ちょっとずつストレス解放、不満は解決してためないようにしていくことが必要です。

あの時も、こんなことも、といろいろな文句を山積みするのではなく、あれっと思ったその時に解決しましょう。

その際にも一方的に自分の価値観を押し付けるのではなく、お互いに話し合ってズレを埋めていくイメージでいれば、喧嘩が大きくなったり尾を引いたりするのを回避できるでしょう。

喧嘩をきっかけにより良い関係性を築けることも多い

喧嘩の原因やお互いに話し合ったなかで、これまで知らなかった相手の意外な想いや考えを知ることができるケースもあります。

普段の会話では交わすことのないような、腹を割った深い会話のきっかけになるかもしれません。

そうなれば、相手に対してより理解をを深めることができます。

「雨降って地固まる」ということわざが示すように、喧嘩という土砂降りがあったとしても、解決すればより強固な関係性を築くことができます。

夫婦といえども所詮は他人同士。

知らない事や相容れないこともあるはずです。

それでも良い関係性を築き保つためのポイントは、喧嘩をしてもしっかり仲直りをすることです。

夫婦喧嘩で相手を無視する心理とは?

夫婦喧嘩のかたちでよくあるのが、どちらかが相手のことを無視する、というパターンです。

冷戦状態、とも表現されますが必要最低限のコミュニケーション以外はとれない、とろうとしない状態です。

こうなってしまうと解決に向けてすすんでいかない、まさに膠着状態です。

解決はおろか、雰囲気も非常に悪くなってしまい、喧嘩が必要以上に長引いてしまうこともあります。

ではなぜ、夫婦喧嘩において相手を無視する、ということが起きるのでしょうか。

同じ無視であっても、その理由や考え、作戦は様々。

状況や相手の性格から、分析していく必要がありそうです。

しゃべると自制が効かなくなりそうで怖いから

自分が相手に対して不満やストレス要因を貯め込んでしまっている状態になり、それをちょっとでも口に出すと堰を切ったようにあふれ出てきてしまうことがあります。

本当はこんな風に言うはずではなかったのに、という気持ちにも歯止めがかからなくなってしまうかもしれません。

まさに、堪忍袋の緒が切れる、とはこのこと。

自分がヒステリックになってしまうのを避けるためにも、一旦話をすることを我慢するでしょう。

また、自分のそんな姿を見せてしまうことによって、相手との摩擦を強くしていく可能性を恐れていて、簡単には口を開けないのかもしれません。

怒りが頂点に達していて、何から話して良いかもわからない状態

とりあえず怒っていて、自分でも手が付けられない状態では、頭の中がパンパンになって、黙り込むしかなくなってしまいます。

そんな時は、怒りの湧いたエピソードや出来事だけがつぎつぎ浮かんできてしまって、ひたすら怒っているのでしょう。

とても冷静でない状態であることだけは理解している中、どうにか落ち着きたい気持ちが「無視」というかたちで表れているとも言えます。

冷静に話し合うためには、頭の中を整理する必要があります。

必死に頭を整理している可能性もありますね。

今何を言っても相手は理解してくれないだろうと思うから


自分ではなく、相手が怒り心頭で聞く耳をもたないという状況のとき。

向こうは必至で何か言ってきたり怒ったりしているけど、無視しているという経験がある方もいるでしょう。

ホットな状態の相手に言い返すと、火に油を注ぐことになりかねません。

どんなに正しい意見を伝えたり、冷静な対応をしても、相手が理解してくれないことには解決にはつながっていきにくいのが現実。

うまくコミュニケーションが取れそうにないときには、会話したくないなという気持ちになることが多いです。

一方が冷静でも、もう一方との温度差があれば話し合いは上手くいきません。

話し合いが出来る状態になるのを待っているが故の無視と考えられるでしょう。

無視するほど怒っているということをアピールしたい

普段明るい性格で、よくしゃべったり話しかけることの方が多い人に多いパターンかもしれません。

いつもはおしゃべりでも、文句や怒りを直接口に出すのが苦手な人は、だまりこんでしまうでしょう。

口に出せないということで行き場を失った怒りが、相手を無視するという行動に出ます。

よく子どもが駄々をこねたり、すねたりするときにも黙り込んで動かなくなったりしますが、相手に自分のことを考えてほしい、かまって欲しいという思いから、あえて自分からは何も言わずにいることもあります。

「言わなくても分かってよ!」という思いですね。

自分からけしかけたくないけれど、怒っていることを気付いて欲しい、無言のアピールと考えられます。

理解し合うことを諦めている

相手を無視する行為の理由が、相手の理解を求めない、つまり勝手に諦めてしまっているといった場合はかなり深刻と考えられます。

戦闘放棄している、考えることを辞めている状態ですので、夫婦関係のキズのなかでは結構重症と思っていいでしょう。

最低限の会話があったり、可愛げが感じられるようであれば、まだコミュニケーションを取れる可能性がありますが、諦められてしまっては、土俵に立つことすらできないのです。

そもそも「無視」という行為は、相手の存在自体を否定する行為でもあります。

そうなると、話し合って解決しようとするのにも難儀なことです。

相手を無視することは、本当に相手が嫌いになってしまったり、受け入れられなくなってしまったりしない限り、延々と続くものではありません。

長い期間無視される、無視が続くのであれば関係性としてはかなりの危機に立たされていると判断して大げさではないと考えられます。

相手が悪いのだから自省しろ、という思い


本当は、相手を無視しつづけていて疲れたり、途中で辛くなったりするものです。

何故なら、本来の自分ではない冷たい自分を演出しているからでしょう。

冷たい自分になってしまった、自分をこんな風にしたのはあなただ、というアピールとしての行為とも受け取れます。

全面的にあなたが悪いのだから、こちらはなにも言うことは無いというスタンスの表れでもあります。

相手が悪いと思っていると、とやかく言われたくない、言い訳を聞きたくないという心理になります。

そんな相手に対して黙って欲しいとき、こちらから話しかける気持ちにはなりませんよね。

同時に、悪かったと認めて欲しいという思いがあっても「反省しなさい」とは綿と向かってなかなか言えませんので、言葉にしない=無視となってしまいます。

相手から謝ってくるのを待っている状態

喧嘩をしている関係性のなかでは、どうしてもお互いに相手が悪い、相手に責任があると考えます。

それゆえに喧嘩になるのです。

状況や原因はどんなものであれ、立場というものがあるので、相手から謝ってもらえることが、気持ち的には一番楽です。

解決しようと努力したり、相手のことを憂慮することはエネルギーをつかうので、そういった面でも楽です。

どちらかというと精神的に幼く、相手に自分のことをかまってほしい・心配してほしいという気持ちから、相手が動くのを待っているというケースもあります。

相手の動きを待つ、というのは戦術的にも関係性的にも優位に立てるからです。

無視というよりは、ひたすらに待っているという見方もできるでしょう。

夫婦喧嘩の仲直り方法6個

喧嘩してしまうと、喧嘩の原因や相手のネガティブな側面など、うだうだと考えてしまいがちです。

しかし、既に喧嘩が起きてしまったのは仕方ないこと。

なかなか簡単ではありませんが、気持ちを切り替えてこれからのことを考えましょう!

夫婦喧嘩のキズを深めないためのポイントは仲直り方法、仲直りの仕方にあります。

先述にもあるように、喧嘩すること自体は決して悪いことではありません。

お互いを理解したり、関係性を深めるためにむしろ必要なことと言えるでしょう。

カギになるのは、きちんとお互いを理解すること。

つまりは上手に仲直りできれば、何の問題もありません。

自分から折れる

自分から喧嘩状態に終止符を打つというのは、一番難しそうで一番簡単な方法です。

相手の考え方や気持ちを切り替えさせる方がよっぽど難しいので、それに比べれば自分の気持ちを整える方が楽でしょう。

自分へのダメージが少ない場合は、早く喧嘩を終わらせるためにも有効です。

ただし、気持ちがホットな状態では、思考を改めたり気持ちを切り替えたりすることも難しいですね。

怒りや興奮をやっと抑えているような時に無理矢理折れてしまうと、相手にとっては逆ギレされたとも捉えられるので、気を付けましょう。

あくまで冷静に、感情をコントロールできる状態になっていることが必要です。

そうすれば、どう折れたらいいのか、間違わずに対処できるはず。

いつまでも意地を張っていては何も始まらない

無視が続いていて、会話の何もない冷戦状態は、二人の間の事態が何ひとつ進歩しない状態です。

もちろん、コミュニケーションが軽薄もしくは全くない状態が続いていてある日突然良い方向に転ぶ、なんてことはありません。

お互いに苦しく、気まずいだけの時間になってしまいます。

そんな状況になった原因は何にせよ、冷戦状態になってしまったことやそれが継続していること自体、両者に責任があります。

どちらかがアクティブであれば、冷戦状態にはなりにくいからです。

絶対的に相手が悪いと思っていたとしても、自分まで無視を決め込んでしまってはよくありません。

ちょっとずつでもいいので、焦らずに、事態を前進させるきっかけをつくっていく必要があります。

夫婦関係にあるのですから、余計なプライドは捨てて、解決に向けて努力していくことが先決ではないでようか。

自分の悪かったところを素直な言葉で謝る

喧嘩になってしまった時に、相手から謝られて逆上する人、ケースは少ないはずです。

どちらかが折れる、謝ることで喧嘩も終結に近づきます。

ここでポイントになってくるのは、謝り方です。

自分が良くなかったところ、直せばよいところを相手に伝えることが大切です。

例えば「あなたが~したから」「あなたの~も悪いけど」と相手の行為を持ち出してしまうのは、癇に障ったり、怒りを再沸騰させてしまうので逆効果です。

余計なことは言わないのがコツ。

また「今回は譲る」「私が謝れば喧嘩も終わる」といったように、相手を上から見るような言葉もよくありません。

シンプルな言葉で、自分の非を認め伝えることで、相手の心に「喧嘩を終わりにしたい」という気持ちが直球で伝わります。

翌日から何事もなかったかのように普通に接する

もしかしたら相手の無視は、こちらの様子を伺っているだけかもしれません。

向こうもこちらがどれだけ怒っているのか、はたまた大して気にしていないのか、分かっていない状況というのも考えられます。

自分が普段通りに振る舞えば、怒っていなかったんだ!と相手もほっとする部分があるのは確かです。

そのまま仲直りできるのであれば、お互いにただの勘違いだったと心のなかで納得することができますし、そもそも喧嘩になったという認識すら生まれないでしょう。

相手の様子が変わらなく、無視されて続けているという場合でも、相手はまだ怒っているという状態を把握するに至ることはできます。

それによって自分の対応を変えていけば良いのです。

日付が変わったら喧嘩を持ち越さないというルールを作る

育ってきた環境や性格の違う二人が生活をともにするなかで、喧嘩は起きて然るべきことです。

相手の考えや価値観を理解するためには、ある意味必要なことでもあります。

ところが喧嘩の悪い側面のひとつとして、二人の雰囲気が悪くなってしまうことが挙げられます。

その状態がズルズルと長続きしてしまうと、結果として仲が悪くなって深い傷を残してしまうのです。

そんな展開を避けるために「喧嘩するのは1日だけ」というルールを作ってはどうでしょうか。

どんなケースでも割り切って、夜が明けたら忘れるという決まりにすれば、価値観などをぶつけ合いながら、良い関係を保ちやすくなるでしょう。

ズルズル引きずるのは悪い性格

過去のこと、とくに悪いエピソードを気にし続けることに、何らプラスの要素はありません。

特に自分一人の話ではなく、相手がいる話であればなおさら、関係性や事態は好転しづらくなります。

喧嘩をしたあとに仲直りしたつもりでも、引っ掛かることや芯が残っているなら、しっかり解決するべきです。

喧嘩をしてからすこし時間が空いていれば、お互いに少し冷静になれているはず。

そういう状態であれば、話し合いもしやすいです。

相手が引きずってくるような性格なら、自分と良好な関係を築く意思があるのかどうか確認するいい機会にもなりますね。

これから先上手くやっていけるよう、しっかりと原因やしこりを取り払いましょう。

一緒に出掛ける

家や部屋の中の限られたスペースに閉じこもって、二人で対峙するだけだと文字通り風通しが悪くなります。

また、仲直りをしたい意思があっても、気持ちを作るのが難しい環境でもあります。

状況や気持ちを変えるために、場所や環境を変えるというのも一つの手段です。

物質的な空気を換えてしまえば、雰囲気も変わりやすくなるというもの。

休日のイベントを計画立てるだけでも、ワクワクして喧嘩のことを忘れる時間ができるでしょう。

二人で一緒に楽しいことや好きなことをすれば、溜まっていた鬱憤や不満が取り除かれ、お互いに前向きになるというメリットもあります。

旅行やドライブ、外食で気分転換

普段と違うことをしたり、知らない場所に出かけてみるなどのよい刺激を与えるために、外出してみてはいかがでしょうか。

自分が抱えていた不満や、怒っていたことなどが小さく、丸くなれば、気持ちも落ち着きます。

いままでの出来事や喧嘩が些細なことにみえてくるかもしれません。

場所を変えたことも加えてより一層、相手に対して謝りやすい状態になるでしょう。

楽しい企画ができれば、連れ出してくれた相手に感謝の気持ちが芽生えることも。

またイベントそのものがストレス発散になると、気持ちも明るくなるので、相手に対して抱く感情もプラスなものに変えていきやすいです。

ウォーキングなどスポーツをするのも気分転換で良い

お坊さんが修行の中で、ひたすら歩きながら瞑想しているのをご存知でしょうか。

歩きながらだと、自分の行為や想いを振り返りやすく、新たな気付きが生まれるそうです。

歩きながらだと頭が整理されることはもちろん、二人で話がしやすい環境でもあるのでオススメです。

ウォーキングに限らずサイクリング、ハイキングなども効果的。

キャッチボールやバトミントン、テニスなど1on1のスポーツなら、プレーを通して相手を思いやる気持ちを思い出しやすいでしょう。

スポーツで汗と一緒にストレスを洗い流して、スッキリしましょう!

将来の共通の夢や目標を作る

暮らしの中での楽しみや目標などがあり、二人が同じベクトルに向かって行動できることで、摩擦が起こりにくい雰囲気になります。

例えばお金を貯めて海外旅行に行きたい、計画的に過ごしてマイホームを買いたいなど、中長期的な目標があると長く頑張れますね。

特別に目標を作らなくても、子育てやペットの飼育などで二人が協力する場面が多いのではないでしょうか。

愛情を注いだり、今後の計画を立てたりすることで、足並みをそろえていこうという気持ちが芽生えます。

目標に向かって頑張ったり、協力して家事をするなかで生活の質も上がっていきます。

そうすると、お互いへの理解も深まった状態になり、喧嘩になりにくいでしょう。

夫婦というチームの、チームワークをよくするイメージを持って生活していきましょう。

夢や目標を共有するとより仲良くなれる

先述で、同じ目標や夢を持つと良いとお話ししましたが、かならずしも同じ目標である必要はありません。

相手のやりたい事や好きなことを理解し、フォローしあうのが理想的な関係です。

分かりやすい例で言うと、プロ野球選手になりたくて社会人野球で頑張っている旦那様を、1日も早く叶えられるように支える、そんなイメージです。

身近でも、課長や部長に昇進したい、転職したい、独立したいなど、それぞれの目標があると思います。

相手の夢を知っていれば、それが叶うように思いやったり、サポートするように行動ができますね。

仕事で遅くなったり、休日出勤があったときに、文句を言われるのか、励ましてもらうのかでは天と地の差です。

そんな関係性でいられれば、喧嘩は起きにくいはずです。

手書きの手紙を書いて渡す

自分の考え方や想いを直接、口で相手に伝えるのは案外恥ずかしかったり、感情的になってしまいそうで難しいものです。

直接話をするのが厳しそうであれば、一筆、お手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

まずは自分の気持ちを文章にすることで、頭の中が整理されます。

また、書きながら自分で内容をみて、気持ちが落ち着くという効果もあります。

いきなり話し出すよりも、相手に気持ちを上手に伝えられるでしょう。

内容での注意は、一方的に自分の意見ばかり連ねてしまうと意見状のようになってしまいますので、相手のことを思いやった言葉や謝りの気持ちをきちんと添えましょう。

メールよりもずっと気持ちが伝わる

文字で伝える手段として、手紙の他にはメールが考えられますが、メールだと手抜きな印象や軽い印象があるので、おすすめできません。

選んだ言葉や文章によっては、相手に勘違いされたり、理解されないこともあるかもしれません。

一方、手書きの文字・メッセージを読むことは、印字されたものに比べて、読み手が「相手の気持ちがこもっている」と感じるのだそうです。

手書きは手間がかかるうえ、人に読んでもらおうとする文字はさらに丁寧に書くものです。

もちろん内容も大切ではありますが、手紙をもらうことで、相手は自分のことを考えてくれていると感じ、喧嘩で冷え切った心も暖まってくるのです。

相手の良いところを誉める

二人の雰囲気をよくする方法のなかでも、最も簡単な手法と言えるかもしれません。

自分の悪いところを認めて謝ることは難しくても、とりあえず自分のことを置いておいて、相手を褒めて、持ち上げることであればトライできそうではないですか?

具体的に、相手の価値観や考え方について、もしくは行動についてを言及していくのが良いです。

自分にはそんな考えはなかった、すごい!など素直に褒めていきましょう。

喧嘩のもとになった出来事も、見方を変えればプラスな側面も表れてくるものです。

相手を褒めること、つまりポジティブな側面をみつけようという気持ちで喧嘩したことを見つめ直すことで、自分の気持ちもポジティブになっていけます。

褒められると気分が上がる

夫婦の関係になると、あまりお互いを褒める機会が減ってきていませんか。

恋人同士だったときは、ほんの些細なことでも褒め合ったりしていなかったでしょうか。

褒められて嫌な気分になる人はいないので、相手の機嫌をよくするためにはもってこいの方法です。

喧嘩をしてしまって、相手も緊張していることと思います。

そんな気持ちを溶かすようなイメージで、昔を思い出して、相手の気分を上げていきましょう。

気分が良くなって緊張がほぐれれば、相手も謝ってくれるかもしれません。

とにかく二人の雰囲気を明るくするように努力することが、喧嘩を解決し、わだかまりを失くすために必要なことです。

喧嘩しても次の日には笑っていよう

お互いに惹かれ合って結婚した二人。

生物学的には自分の遺伝子と似ている遺伝子を持つ人をパートナーに選ぶ傾向があるそうです。

それでも、生活の中で喧嘩が起こってしまうのは主に「価値観のズレ」「コミュニケーション不足」ではないでしょうか。

違う家庭や環境で育ってきたからこそ、相手の考えや気持ち、されて嬉しいことと嫌なことを理解することが必要です。

ですが、あえて向かい合って、そんなテーマを話し合うこともないでしょう。

この理解を深めるためのきっかけであり、大事な機会になるのが喧嘩です。

ぶつかり合っても、それをきっかけに相手のことをもっとよく知り、生活を改善しようとすることで解決していきます。

ところが、はっきりとした原因が見当たらなかったり、深い理由が無くても冷戦状態になったりすることもあります。

そんな時は、二人の雰囲気や気持ちが空回りしているだけ。

空気を変えるイメージをもって、もっとコミュニケーションをとるように意識していきましょう。

雰囲気がよく明るい家庭であれば、トラブルや喧嘩の原因も、些細なことに見えてくるはず。

喧嘩をしてしまってもその悪い雰囲気を引きずらないよう、気持ち切り替えていきましょう!