CoCoSiA(ココシア)

おでこが広い人の理由と隠すための方法とは?(女性編・男性編)


おでこが広い!おでこが広いせいでオシャレもできないし、やりたい髪型にもチャレンジできない!・・・なんて思っているそこのあなた!

たしかにおでこが広いと、自分のイメージしているようなオシャレをすることもできないですし、それに他人の目線描きになって仕方ないですよね。

きっとあなたは、これまでにおでこが広いことにしか注目せずにそこから何もアクションをとってこなかったはず。

なぜならば何をしてもムダであるということが分かっていたからなんですよね。

しかし、そのまま”おでこが広い”ということをあなたのコンプレックスにしておいても良いのでしょうか?

あまりよくはないですよね。

だって、人ってコンプレックスを一つ持っているだけでも、自分に自信がもてなくなってそれで本当にやりたいことにまでチャレンジする気持ちをなくしてしまうこともあるんですから。

でも、そのおでこの広さをすぐにでも小さくするのって難しいもの。

誰もが親からもらった顔を傷つけたくはないし、それに美容整形を考えていたとしてもそこまでの大金を使うことなんてできないですよね。

では、どうしたらその”広いおでこ”と上手に付き合っていくことが出来るのでしょうか?この記事は、あなたが悩んで仕方のない”広いおでこ”とどのように向き合えばいいのかについてお伝えしています。

まずは、あなたのその広いおでこにどうしてなってしまったのかその原因を探り、おでこが広いことであなたが受けることになるメリットやデメリットについてもお伝えしていきます。

また、いつまでもその広いおでこをコンプレックスにして人生のあらゆるチャンスを逃してしまわないように、おでこを狭く見せる方法についてもご紹介しています!

この記事を読めば、どうしてあなたが今のようなおでこになっているのか原因が分かるだけではなく、これからどのようにお付き合いしていけばいいのかが分かるはずです☆

この記事の目次

おでこが広くて悩んでいませんか?

あなたは、きっと”おでこが広い”ことに悩んでいられるのでしょう。

おでこが広いと、前髪を作っていても前髪が長くなってしまうのでどうしても重ったるい印象を周りの人に与えてしまいますよね。

また、前髪を作っていない人であれば、まるでハゲているかのように見られてしまうことも・・・。

そのせいで、「やりたいヘアスタイル」「着てみたいファッション」なんかをするのが難しいなんていうことも。

とはいえ、その広いおでこを小さくするのって難しいです。

というか、無理に等しいですよね。

だからこそおでこが広いことを受け入れるしかないですし、またその広いおでことこれまでのように一緒にすごしていかなくちゃいけないんです。

でもでも、鏡を見るたびに「ああ、おでこ広いな」「こんな自分の顔が大嫌いだ!」なんて思ってしまうのは少し悲しいこと。

なぜならば、そのお顔は世界で唯一ひとつしかないからなんです。

顔を大切に出来ない、顔を好きになれないということは、必然的に自分自身を大切にすることが出来ていないということ。

ずばり、おでこが広いことを受け入れることが出来ないということは、自分自身という存在を受け入れていないと同じことになります。

たった一度の人生だというのに、そのようなスタイルでいいのでしょうか?きっとよくないですよね。

いや、絶対的によくないですよね。

自分の顔を愛して欲しい、少しでも”広いおでこ”を受け入れて欲しい。

そんな筆者の願いから、今回の記事を執筆することにしました。

というのも、筆者も実は平均よりは広いおでこの持ち主だからこそ、あなたの気持ちがよく分かるんですよね。

小さい頃は、自分の顔が当たり前だと思っていました。

しかし、物心がつく頃から「この広いおでこはおかしい」と気づくようになりました。

そのきっかけは、高校時代の修学旅行。

当時、前髪をおろすことがブームでして筆者も前髪をパッツンでおろしていたんですよね。

放課後に友人たちとプリクラを撮った際に、なぜだか自分の顔だけアンバランスに感じられたんです。

最初は「ああ、あたしってやはりブサイクなのねん」なんて軽く流していましたが、ある日みんなでおでこを出して写真をとることにしたときに自分のおでこの広さにショックを受けました。

だって、ほかの友人たちはおでこが狭いんです。

小さいんです。

でも筆者だけ「え?ハゲてんの?」と思ってしまうくらいに広いおでこをしていました。

自分で驚愕しました。

其の写真はいまだに少しトラウマですが、その写真があったからこそ”自分がおでこが広い”ということに気づけました。

それからは、おでこが広い人が似合わないものを極力遠ざけるようになってしまったんですよね。

筆者のように、”おでこが余計に広く見えてしまうもの”が分かればいいのですが、世の中にはきっとそれがわかっていない方もいらっしゃるはず。

”おでこが広い”・・・それだけで立ち止まっているのではありませんか?

おでこが広いことを変えることはできませんが、その広いおでこに向き合うことは誰でもできるものです。

そのヒントとして、あなたにさまざまな情報をお伝えしていきます!ぜひ、この記事をよんでおでこが広いことにコンプレックスを感じないようになってもらいたいものです。

どれくらいだとおでこが広いと思われるの?

あなたは、どれくらいのおでこの広さをしていますか?人によっては、あまり自分のおでこの広さを確認したくないことでしょう。

しかし、それはあなたが本当に広いおでこをしているのかをチェックするために必要ですので確認してみましょう。