もっと美人になりたい!それに同年代の他の女性や友達というのは、どんどん”色気”と呼ばれるものが出てるのにどうしてか自分にはその魅力がない!

もう「カワイイ」を卒業して「色っぽいセクシーな女性になりたい」と思っているそこのあなた!そんなあなたは、イメチェンをしてみましょう☆

とはいっても、どのようにイメチェンすれば「色っぽい人」になれるのか分からないですよね。

だって、色っぽい雰囲気の人って”作られたもの”ではなくて、体の内部からにじみ出ているようにも感じるので子供っぽい性格をしている自分には無理に違いないなんて感じてしまう方もいらっしゃることでしょう。

しかし、あなたの知っている”色っぽい女性”って本当に大人な性格をしているんでしょうか?

見た目はとても大人っぽくて色気があるのに、話をしてみたらそんな要素ひとっつもなくて話しやすくて意気投合できた・・・!なんて方も多いことでしょう。

そう、見た目だけでも”色っぽい自分”にしておけば、回りの人は文句なしにあなたのことを”色っぽい人”としてみてくれるようになるんです。

そこでイメチェンするとなると、誰もが「服装」から変えていくかと思います。

セクシーで色っぽい服装を着るとなると、人によっては汚らしい色気を出してしまうことになるんですね。

それじゃあ意味ありません!もっとキレイで、爽やかで、誰もが目を引く色っぽさを手に入れるために「髪型」を変えていきましょう。

この記事では、どんなに子供っぽい方でも色っぽい女性を演出できる色っぽい髪型をご紹介しています!

基本のヘアスタイルだけではなく、おすすめのヘアアレンジ方法もご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね!

️周囲の目線を独り占め!色っぽい髪型とヘアアレンジを紹介!

あなたは、どうして「色っぽい人」になりたいんでしょうか?

筆者も20代前半のころは、とにかく色っぽい人になりたくて体からそういうエキスがにじみ出るような人になりたくて色々な努力をしたものです。

しかし、その結果は残念ながらセクシーというよりは、どこか小汚い人になってしまったんですよね。

その要因は、”服装しか変えなかった”ことにありました。

色っぽい雰囲気をだして、それでいて周囲の目線を独り占めしたいのであれば、正しい方法でイメチェンをしていく必要があるんですよね。

とはいっても、どのようにイメチェンをすればいいのか分かっていれば、わざわざこの記事に出会うこともなかったし、それに出会っていたとしても開かなかったことでしょう。

その答えは”髪型”にあります。

いやいや服装から始めるべきっしょ?なんて思っちゃっていませんか~?

確かに服装も代えていく必要があります。

しかし、それよりも前にやってもらいたいのが「ヘアチェンジ」なんです。

あなたは「人は見た目で判断される」というのを知っていますか?

いやいや、人を見た目で判断するなんてサイテーな人がすることに決まってるっしょと思ってしまったかもしれないですね。

うんうん、そりゃそうです。

相手の性格もしろうとしないで、見た目だけで相手を判断するのはあまりよくありません。

でもね、人って無意識のうちに―たとえ心の中では「見た目で人を判断なんかしないゾ!」なんて思っていたとしても―見た目で人を判断しているものなんです。

では、あなたに質問をしたいと思います。

あなたは今、新しい人と出会いました。

その人に対してどこを見てどう感じるでしょうか?

初対面で、まだ何も会話をしていない状況だと相手の見た目や仕草、行動を見て相手を判断することしか出来ないんですよね。

それも最初のうちは、体全体を見るのではなく、誰でも相手の”顔”や”頭部”を中心に見ます。

それは人間が話をしてコミュニケーションをとる生物であり、そしてその情報を読み取るためには顔の表情や相手の口を見たほうが早いからなんですよね。

そう、そこで知らない間に私たちは相手の印象を勝手に決めて、なんとなくこの人ってこんな人なんだろうなぁなんていう想像をしているものなんです。

その後に会話をして「第一印象と違った!」なんて感じたことがあるはずです。

何をいいたいかというと、人は見た目で「色っぽいかそうではないか」というのが決まります。

もちろん色っぽくみせる仕草や話し方というのがありますが、それを取り入れるのはまだまだ後の話し。

まずは、見た目から『色っぽい女』を演出してやりましょう!そうすれば、あなたが歩くだけであらゆる男性があなたに見入るようになるでしょう。

その視線を感じることで、自分がモテていること、女性として男性に見てもらえていることを実感できるはず。

とはいえ、どんな髪型にすれば「色っぽい女性」になることができるのかわからないですよね。

特に今まで、特に髪型にこだわりをもってこなかった方だとか、髪の毛なんてお粗末にしていた方であればもっともっと”髪の毛”なんて分からないでしょう。

それに、自分の周りにいるセクシーで色っぽい人がしている髪型をまねするなんて、はずかしくて絶対に出来ない!なんてあまのじゃくになっている人もいるはず。

それじゃあ、あなたはいつになっても色っぽい女性になることは出来ません。

今まさに「色っぽい女性になりたい」と思うことが出来たのですから、その機会を逃さないようにしましょう。

この記事では、そんな髪の毛をいじるのも考えるのも初心者の方でも色っぽくなれるような髪型をいくつもご紹介しています。

また、ロング・ミディアム・セミロング・ボブ・ショート・・・それぞれの髪の毛の長さの方でも色っぽくなれるように、それぞれの髪の毛の長さにあわせてお伝えしています!

最後におすすめのヘアアレンジ方法もお伝えしているので、すぐにでも手っ取り早く色っぽくなりたいのであればチャレンジしてみて。

必ずあなたが目指している色っぽい女性に名あることが出来るはず。

というか、なってやりましょうよ!人生一度きりなのですから。

️色っぽい髪型3選【ロング編】


色っぽい髪型になりたいロングヘアのあなたに、まずは色っぽくなれる髪型をお伝えしていきましょう。

そもそもロングヘアというのは、色っぽさを出すにはとても武器になる髪の毛のながさなんです。

あなたの知っている”色っぽい女性”のほとんどがロングなどの長い髪の毛をしているのではないでしょうか?前髪のつくりによっても変わりますが、ロングであるだけ他の髪の毛の長さの人よりも一番早くセクシーになれちゃうかもしれません。

でもでも、せっかくここまで髪の毛を伸ばしたのにカットするのは出来ればいやだなぁなんて思っていませんか?

もしも長い間髪の毛を切っていないというのであれば、短くしなくていいので髪の毛の量を減らし、毛先をそろえに美容室にいってみましょう。

そのときに「大人っぽい印象にしたい」とオーダーしておくことで、ただ髪の毛の量を減らしているだけなのに全体的に見て色っぽくしてくれる美容師さんもいるからです。

髪の毛を短くしなくても色っぽい髪型になるには、どうしたらいいのでしょうか?

どんなアレンジをしたら、すぐにでも色っぽい自分になることができるのでしょうか?

さっそくロングヘアのあなたが色っぽくなれる髪型を3つ見ていきましょう!

1、ナチュラルウェーブ

あなたの髪質ってどうなっていますか?

もともとウェーブがかかっているのであれば、ツヤ感が出るようなお手入れを心がけてください。

美容室でトリートメントをしてもらうのもいいですし、そこまで御金を書けることが出来ないのであれば自分自身でおうちトリートメントをしてみて。

トリートメントをしっかり髪の毛に塗りこんだ後に、ラップでパックをするとキューティクルの奥までトリートメント成分をしっかり閉じ込めることが出来ます。

また、もともとストレートの髪質で一切ウェーブがかかっていないというのであれば、コテやヘアアイロンを使ってウェーブを作ってみましょう!

コテやヘアアイロンを横に寝かせるようにして、髪の毛の上部から下部に向かってウェーブがかかるように巻いていくだけ!
巻いた後は、そのままにするのではなく手でふんわりとまいた部分に動きを出して見ましょう。

その”ゆれる髪の毛”色っぽさを作ってくれるんです。

よく、男性ってゆれるものが好きなんていうことを聞きませんか?それを利用して、色っぽくみせ、男性の気持ちをひきつける作戦です。

2、くるりんぱ系

髪の毛を切りたくない!今ある髪の毛でそれも髪の毛を巻くことなく、おしゃれに色っぽくなりたい!というのであれば、”くるりんぱ”のアレンジを活用してみましょう。

くるりんぱというのは、髪の毛を一度結んだものをさらにくるりんとさせるやり方です。

ヘアアレンジ初心者でも簡単にアレンジできるため、さまざまな年代の人に使われているアレンジ方法なんです。

くるりんぱを一度やるだけでは、ただの普通のヘアアレンジになってしまいます。

ですから三つ編みを交えてみるとか、くるりんぱを何度も重ねていくことでフィッシュボーンのような髪型を作ってみるのもいいでしょう。

ここで重要なのが「首筋」や「うなじ」を出すこと。

男性ってそこに女性の魅力や色気を感じていることが多いからなんです。

もしも、くるりんぱ系アレンジをするのであれば、その部分のムダ毛処理を忘れずにおこなっておいてくださいね!見られてますよ~。

せっかく色っぽい女性としてみてもらえたのに、その先にいくことができなかったら悲しいですよね。

3、ナチュラルストレート

色っぽいもの・・それは”素の姿”なんていう人もいるくらいに、ナチュラルヘアって魅力的に移るものなんです。

アレンジを頑張っている髪型よりも、どこかラフさがあってその人本来のものがにじみでる髪型だからなんですよね。

なーんていうと「これまでストレートのままにしていたのに色気がでなかった!」なんて思う方もいるでしょう。

そんなあなたの髪の毛の状態ってどうなっているでしょうか?
パサパサして枝毛だらけ、髪の毛を染めるのを放置していてプリン頭になっているなんていうことはありませんか。

それは色っぽさを軽減させる要素になります。

色っぽいのではなく、汚いエロさをだしてしまうことになり、変な男性に狙われるということも。

まずは髪の毛のお手入れをしっかりすることにしましょう。

また、少しウェーブのかかった髪質の方はストレートアイロンで髪の毛をストレートにしてみて♪すると、これまでの自分とはまったく違う自分になれたかのような気分になりますし、色気がむんむん出始めます。

️色っぽい髪型3選【セミロング編】


長すぎず短すぎず・・・でも少し長めのセミロングヘアをしているそこのあなた♪

セミロングというと、アレンジするのにはちょうど良い長さをしているので色々な髪型にチャレンジできる長さでもあるんです!

今回は「色っぽさ」を出すことの出来るヘアスタイルを3つ見ていきましょう。

1、ゆるめのボディパーマ

あなたは髪の毛を巻いたりしていますか?巻くことが出来ているのであれば、すでに多少の色気を出すことが出来ているはずです。

あなたが気づいていないだけなんですね。

しかし、なかなか髪の毛を巻く時間がないとか髪の毛を巻くのがへたくそだと思っているのであれば、思い切って美容室で髪の毛にパーマをかけてみましょう☆

パーマといっても色々な種類があるので迷ってしまいますよね。

ずばり、色っぽい女性になりたいのであれば「ゆるめのボディパーマ」をオーダーしてみて☆これは、髪の毛がぺったんこになりがちな方の髪の毛をふわっとさせてくれる効果があります。

色っぽい人ってどこか”若々しいオーラ”というのを放っているものではありませんか?
どんなに若い年齢であっても、髪の毛がぺったんこになっていてはその若々しさをだすどころか、どこかくたびれていて老けた印象になりがち。

それじゃあどんなにステキなアレンジをしても、色っぽさを出すことは出来ません。

だからこそ、髪の毛全体をゆるーくボリュームアップしちゃうんです。

もともと髪の毛が細いとぺったんこヘアになりがちです。

少しでもそのように感じているのであれば、試してみて。

雰囲気がガラリと変わりますよ!

2、ストレートヘア

ストレートほど色気を出すことの出来る髪型はありません。

とはいっても、どんな髪質でもいいということではないんですよね。

毛先に枝毛があったり、パサパサ痛んでる髪の毛、プリンになっている髪の毛だとそのストレートヘアの魅力をなくします。

せっかくストレートの髪形をしているのですから、もっと髪の毛を大切にしてみて。

定期的に美容室でトリートメントを受けるのもいいですし、また、自分で自宅トリートメントをするのもいいでしょう☆

クセ毛で悩んでいる、ちりちりでストレートには程遠い・・・というのであれば、美容室でストレートパーマをかけるのもあり♪

また、自分でコテやヘアアイロンでまっすぐにすることができるのであれば、時間はかかりますがやってみてください。

そのときに”ツヤ感”はなくさないように気をつけて。

3、ぱっつんバング

色っぽい女性って前髪を作っていないことが多いですよね。

前髪があったとしても、かなり長めでそれでいて斜めに流している。

そんなイメージを持っているのではないでしょうか?

しかし、セミロングの長さだとぱっつんバングでも色っぽく魅せることが出来るんです♪バングというのは、重めの前髪のこと。

それをパッツンにするとなると「幼い印象になるのでは・・・」と心配してしまいますよね。

でもその心配はありません!

そのバングがあなたの魅力を隠すので、色っぽさを小出しできるんです。

そんな前髪姿で、色っぽい仕草ができたらパーフェクト。

️色っぽい髪型3選【ミディアム編】

ミディアムくらいの長さになると、ヘアアレンジするのが楽しくなってきますよね。

また、人によっては少しうっとうしいと感じる長さかもしれません。

それでも”そのままの髪の毛の長さ”で色っぽくなりたいのですよね。

次にミディアムヘアで色っぽくなれる髪型をみていきましょう!

1、ワンカール巻き

髪の毛が巻かれている、ふわふわしたヘアスタイルというのは男性に色気を与えるもの。

また、女性でも同姓がふわっとさせている髪の毛が揺れているのを見るなどするとそこに”色気”を感じるのではないでしょうか。

でも、ミディアムの長さだと全体をゆるふわカールするには時間がかかりすぎます。

それに巻き方によっては、かわいらしい印象を強めてしまうので今回は”ワンカール巻き”に挑戦してみましょう。

毛先だけをクルンとワンカールさせるだけで出来るヘアアレンジ方法。

お手持ちのコテやヘアアイロンを使うことで実現できます。

最後は必ずワックスをもみこんでおくと、長持ちします。

そのゆれるワンカールが”色っぽさ”を出してくれるんです。

2、外ハネミディ

ワンカール巻きは”内巻き”です。

反対に”外ハネ”させることでも色気を出すことが出来るんです。

最近では”濡れツヤ髪”なんてワードが、美容界をさわがせていますよね♪
外ハネにするには、コテやヘアアイロンで外側に毛先だけをまいていくだけ。

とはいっても、長い間髪の毛をきっていないとかなり髪の毛の量が多くなっていてうまくいかないことも。

外ハネミディにしたいのであれば、できれば美容室にいって「外ハネミディにもアレンジできる毛先にカットしてください」とオーダーしてみましょう。

そうすれば、目立たないくらいにすいてくれるので色気を出しやすくなります。

3、ぱっつんバング

”セミロングヘア”でもお伝えしましたが、髪の毛が長すぎず短すぎない長さをしているときには斜め前髪よりも重めぱっつんバングにするのがおすすめ!

バングを作ることで「なにか隠されている」「もっと知りたい」という気持ちを強めてくれるんです♪

️色っぽい髪型2選【ボブ編】

髪の毛をボブカットにしているそこのあなた♪

ボブカットというと、どうしても”男性らしい印象”を与えてしまいますし、色気を象徴する”静か”なイメージよりも”動”のイメージを強めてしまいますよね。

そのため、「この髪の毛の長さ、スタイルでも色っぽい自分になることができるのかな」なんて不安な気持ちを抱えていることでしょう。

しかし、そのような心配はいりません!

なぜかというと、ボブのヘアスタイルでもアレンジ次第で色っぽく変身できちゃうからなんです!

しかし、やはりボブヘアというのは他の髪型よりも少し色気を出しにくい(カジュアルさがでてしまう、モードっぽさがでてしまう)ので、おすすめするヘアアレンジ方法は2種類になります。

この2つの髪型をマスターして、「ボブヘアでも色気だせるんだ!」と周りの人を圧倒させてしまいましょう!

1、ナチュラルバング

ボブヘアは、髪の毛全体のシルエットが既に”カジュアル”さをだしていますね。

お手いれも簡単なので、あなたはその髪型をオーダーしたのかもしれません。

そんなにじみ出ているカジュアルさを軽減させるには”前髪”をアレンジして見ましょう。

そうはいっても、前髪なんて巻くだけで終わってしまう、いつも何もしないでそのまま・・・なんて方もいるはず。

前髪のある髪型をしているのであれば、”ナチュラルバング”がおすすめなんです。

ナチュラルバングとは、前髪を自然体にみせるようにカットするもの。

また、既に持っているあなたの前髪にツヤ感を与えることでそれを印象付けることも出来るんです☆
最近では、ナチュラルバングのなかでも”オン眉バング”というのがはやっています。

オン眉バングって平行線に前髪をカットしてしまうと、どうしても”カジュアルさ”が強調されてしまいます。

そのため、美容室でオーダーする際、自分でカットする際には平行線の前髪に仕上げないこと。

必ず”アシンメトリー”になるようにしてください。

アシンメトリーとは、左右非対称という意味。

左右で長さの違う前髪を作るということになります。

左側は長いけれど、だんだん右側に近づくにつれて短くなっていく・・というのでもいいですし、その反対でもいいでしょう。

そうすることで左右からみる横顔が違う、またいつもの表情ひとつでもそのアシンメトリーが色っぽさを出してくれるんです。

2、内巻きワンカールボブ

ボブヘアにパーマをかけていないのであれば、そのボブをコテやヘアアイロンで巻いてみましょう!というのも、短すぎるボブヘアをしている人は、少し難しいかもしれないですね。

巻く際には、首にタオルをまくなどしてヤケドには十分に気をつけましょう。

毛先だけをコテやアイロンでワンカールさせます。

そのとき、できれば”ツヤ感”のあるワックスやラメ入りのもの、また、髪の毛を巻くことによってさらにツヤ感がだせる整髪剤を使用してください。

色気に”水っぽさ”のような潤い、そしてツヤ感はかかせません。

また、内巻きにワンカールだけすればいいので少し髪の毛が伸び始めている方でもアレンジしやすいでしょう。

️色っぽい髪型2選【ショート編】

最後にショートヘアをしている女性の方が、色っぽくなれる髪形をご紹介していきます☆ショートヘアというと、女性らしさよりもどうしても男性らしい印象を周りの人に与えがちですよね。

そのため「髪の毛が伸びるまで色っぽくなれるのはお預けなの?」なんて思うかもしれません。

しかし、あなたの身近にもいると思いますが色気がある人ってヘアスタイルや髪の毛の長さに関わらず、体から色気がにじみ出てるものです。

要するに、ショートヘアのあなたでも色っぽい女性に大変身できるということになります。

では、さっそくショートヘアの方が色っぽくなれる髪型をみていきましょう!

1、くしゅくしゅショート

あなたは、ストレートショートヘアにしていませんか?忙しい毎日を送っている方にとって、アレンジする時間さえもとることができないかもしれませんね。

そんなときは”くしゅくしゅショート”にチャレンジしてみて。

くしゅくしゅショートとは、髪の毛全体に動きを出すことによって、ヌケ感やラフさを出すことの出来る髪型になります。

なにもアレンジしないとどうしても髪の毛ってストレートでぺしゃんこになりがち。

ぺしゃんこの頭は、”老け”を感じさせるものなので色っぽさを出したい人はそこをなくしていかなければなりません。

そのような点で、くしゅくしゅショートは髪の毛全体をふんわり、それだけではなく”こなれた印象”まで出すことが出来るので一気におしゃれさんになれちゃうんです。

自分自身で小さいヘアアイロンで巻くのもいいですし、短すぎて巻くことが出来ない!というのだれば、美容室にいっていっそのことパーマをかけてみましょう。

朝は少しぬらしてワックスでちょちょいと動きをだすだけなので簡単にアレンジできます。

やはり”ゆれるもの”がいいんですね。

2、センター分けショート

あなたの分け目はどこにありますか?

もしも、左右どちらかの分け目になっているのであれば、センター分けにチャレンジしてみてください。

センターわけというのは、前髪や髪の毛の分け目を真ん中に統一すること。

そうすることで”洗練されたイメージ”やわけた前髪がゆれることで色っぽさを出すことが出来るんです。

センターわけにするだけでもいいですが、もしも余力があるのであれば、そのセンター分けした髪の毛をゆるまきにしてみましょう。

ゆる巻きにすると”ゆれている感じ”を更にだすことができるのでおしゃれかつ色気をだせちゃうんです。

また、センター分けショートでも髪の毛の”ツヤ感”は大事にしてくださいね。

️色気が出るヘアアレンジ

これまでに髪の毛の長さ別に色っぽくなれる髪型をそれぞれご紹介してきましたね!

あなたの髪の毛の長さで、できそうなヘアアレンジはあったでしょうか?

その基本のアレンジ方法をマスターした、またはもっとアレンジをして色っぽい女性になりたい!周りからもっと注目されたい!と感じている人もいるはずです。

そのような方に、ここではさらに色っぽさをだすことの出来る髪の毛のアレンジ方法をご紹介していきます。

どんな髪型なのか?どうすれば作れるのかを確認して、出来そうなものがあればスグにトライしてみましょう。

大人めポニーテールアレンジ

髪の毛をまとめるのであれば、ただまとめるだけではなく”ゆるふわ感”と”大人だからできるアレンジ”を加えてみましょう。

髪の毛をまとめる際には、必ず全体をゆるまきにしておくのがポイントです。

そして、ラフにまとめて結べばOK。

ここにさらに応用を加えるのであれば、結び目をくるりんぱする、ラフに作った三つ編みを投入する、まるで夜会まきのようにしてみる・・ということができるかも!

髪の毛の長さや量にも関係があるので、ぜひとも色々な姿にチャレンジしてみて。

また、ヘアアレンジをしたあとのヘアアクセサリーも一点が輝いているようなモノにするといいでしょう。

大人シニヨンヘア

シニョンヘアとは、一見お団子ヘアに見るのですがそのお団子部分にかなりひとくせ加えているので大人っぽく、さらに”かなり手を込んでいる”ように魅せることが出来ます。

髪の毛をひとつにまとめ、そのまとめた髪の毛から少しだけ毛をとります。

その毛を髪の毛の結び目にまきつけて、結び目を髪の毛で隠すようにしましょう。

このとき、ヘアピンを結び目におしこむことで完成させることが出来ます。

この作業を繰り返してくださいね!

もっと時短したいという方は、髪の毛をみつあみして、さらにその結び目にラフさをだしてから大元の結び目にまきつけるといいでしょう。

パーティヘアにももってこいのアレンジになります。

サイドお団子ヘア

シニョンは、頭部のあらゆるところで作ることが出来ます。

しかし、そこまで手の込んだアレンジができないというのであれば、顔のサイドでお団子を作ってみましょう。

お団子は簡単に作れちゃいますよね。

髪の毛を結び、そこに髪の毛を結びつけるタイプでもいいですし、人によっては髪の毛をラフにお団子にしてしまうのもいいかも。

あらかじめゆるまきにしておけば、そこにオシャレさや大人っぽさ、色気がだせます。

ハーフアップ風アレンジ

髪の毛をすべてアップしたほうがうなじや首筋を見せることが出来るのでかなり色っぽさをアゲることができます。

しかし、いつも髪の毛をあげてばかりいるのは慣れてしまいますよね。

そのような方にオススメなのが”ハーフアップ風のアレンジ”になります。

この髪型を作るときも全体的に巻いておきましょう。

そしてハーフアップにした髪の毛をくるりんぱしたり、そこでシニョンをつくったり、ラフで大きめの編みこみを作るなどさらにアレンジを加えます。

最後の仕上げとしてこなれ感を出すために、毛を少しだけぬきだすこと。

そうすることで”大人にしかできない手の込んだアレンジ”が完成し、ハーフアップの下部の髪の毛がゆれ、色々な意味で色気を出してくれます。

ポンパ×ポニーテール

ある程度の前髪の長さがあるのであれば、ポンパドールとポニーテールの組み合わせがおすすめ!ポンパドールって大正時代にも女性たちの間ではやっていたオシャレアレンジ。

そこにラフにまとめたポニーテールをあわせることで色気を出せちゃうんです。

時には元気な顔、好きな人の前だけでは色気を出したい人にチャレンジしてほしいですね。

️色っぽいは髪型から♪

今回は”色っぽくなれる髪形”について特集してきました。

いかがでしたか?髪の毛をアレンジするのって難しいように感じてしまいますよね。

しかし、そのように感じるのって最初のうちだけなんです。

今回ご紹介してきたヘアアレンジ方法をマスターして、あなたも色気を出してみましょう。

一度でも色気を出すことができたのであれば、もっともっと色気の出る髪型に挑戦したい!なんて思えるようになるはず☆