厳しい受験戦争を勝ち抜いてやっとの思いでなれた大学生

勉強、研究、部活やサークル、そして恋など楽しそうなことがたくさんあります。

でも合格してから浮かれ呆けているわけにはいきません。

せっかく高いお金を払って大学に行くのですから、親に出してもらおうと自費だろうと無駄にすることなく、その期間を有効活用するべきです。

有効活用のためになる、大学生のうちにやるべきこと、やってはいけないことをご紹介していきますが、理系などで毎日研究室にこもって実験を繰り返して論文を書くといったような学科にはあまり合致していません。

司法試験を目指すために大学院の前からゼミで集中講義をとっているというのも不適合です。

というより、そのような学科で日夜研究、勉強しているなら十分やるべきことを果たしています。

今回想定する大学生は、一般的にイメージされる大学生です。

授業の量もそこそこに、プライベートの時間がわりと多く自由が効く学部や学科を指すので、そこに該当する人は読み進めてみましょう。

️大学生のうちにやっておくべき16個のこと

まず大学生が持っている強みとは何でしょうか。

高校生とも社会人とも違う大学生だからこその強み、それは「年齢」と「時間」です。

大学にストレートで合格している場合、その年齢は18~22歳です。

大半を成人として過ごせるので、親の許諾なしに行動できる範囲が広がります。

そして、時間。

高校生の頃は授業もみっちり入っていたり、部活が強制参加だったり、受験勉強をひたすらしているのであまり時間がありません。

社会人になると、自分の時間はご飯を食べている間、移動の時間、寝るときくらいになって土日は死んだように寝るなんてこともザラなので、大学生は定年前最後の自由時間と言っても過言ではありません。

これを有効活用しないでどうするというのでしょう。

では、まずやるべきことを16個ご紹介します。

1.面白い本を読みまくる


日本中の書籍や資料が集まる国立国会図書館の年間受け入れ点数は約79.5万点、そのうち図書だけに絞っても20万点もあります。

この数、年間だけです。

国立国会図書館の東京本館の書庫収蔵能力は1,200万冊、関西館では600万冊で、国立国会図書館だけでなく各地方図書館に限定された文化史などの書籍を合わせれば日本だけでも数えきれないほどの本があります。

本が読める年齢を5歳とし、85歳を寿命と仮定した場合、本が読める時間は70万800時間しかありません。

全ての書籍や資料を1時間で把握できると仮定しても、1年間で受け入れられる資料の数すら達することができないということです。

つまり、人は数多くの本に出会うことができないまま死んでいきます。

こんなにもったいないことがあるでしょうか。

本というのは、人が人生をかけて研究したことや、誰かの人生そのものの物語、考え方や歴史がつまっているものです。

誰かが人生をかけたことを、数時間で知ることができるというツールは他にありません。

たまに全然本を読まない人が「見聞きするより経験してナンボ」などと言いますが、それは無知のたわごとです。

人間が経験によって得られる知識なんてたかが知れています。

なんでもない日常をひたすらこなしているだけでは使い物になるような知識なんてほとんど得られませんし、その知識で済む程度のことしかこなせません。

時間に余裕がある大学生のうちに本を読まないでどうします。

ただちに面白い本を探して読みましょう。

2.国内、海外旅行に行く

ただ楽しんでおいでね、という意味ではなく、その土地にしかない文化や地形を知ることが後々自分にとって糧になるのでじっくり見聞きしてきましょう。

それが知識や知恵に変わる瞬間があります。

また、知らない土地に出向くということは、自分のテリトリーを限定しないということにも繋がっています。

人は自分の周囲にある環境だけが世界になりがちですが、知らない所へ飛び込むことによって、日常だけでは出会えなかった発見、新たな人との出会いが待っているものです。

そうして視野が広まれば広まるほど、将来の選択肢も増えていきます。

3.学校のイベントに参加する

学生たるもの勉学一筋、も大いに結構ですが、単に勉強するだけなら大学に通わなくてもできることなので、せっかく大学にいるのですからイベントにも参加してみましょう。

文化祭やスポーツ大会など楽しいだけのものもありますが、文化研究で劇場に行ったり、史跡の解説を現地で受けられたり、英会話の特設講座など数多くのイベントがあります。

たまに有名な作家や研究者が登壇して講演をしてくれることもあり、所属する大学生は無料なことが多いのでありがたく拝聴してみてはどうでしょうか。

その他、大学が提携する海外の大学との交換留学やゼミ合宿、プロアマ問わないコンペへの出品など、参加できるイベントは目白押しです。

4.インターンをやってみる

インターンはもともと医学生が病院で実習をする際に使われていた言葉でしたが、今は大学生が社会人になる前に企業で働いてみること(業務体験)を指しています。

正式にはインターンシップと呼びます。

大学生にとっては知らない業種や仕事を実際に体験することができたり、企業研究ができるので就職活動の助けになることが多く、企業にとっては優秀な人材と採用解禁前から出会うチャンスがとれるのでwin-winの制度です。

大学も1~2年目だとまだ就職活動が眼中にないかもしれませんが、インターンは大学2年生の3月から告知され、6月から選考が始まるので早めに意識しておいた方がいいでしょう。

インターンにもさまざまな種類があります。

最短は1日だけの、あくまで体験型でどちらかというと説明会に近いものです。

次いで短いのは2日~一週間程度で、企業の説明とインターン制のグループワーク、実技系の学科であれば何かしらの業務体験が含まれることもあります。

長期インターンがおすすめ

期間や内容が異なるインターンの中でもおすすめなのが長期インターンです。

一ヶ月から半年程度、大学の講義がない間に通って実際に業務を行います。

アルバイトにも近いですが、入社した想定で仕事を教えてもらえるので、そこで働くイメージがつきやすかったり、業界の良い所も悪い所も見えたりします。

基本的に長期インターンは時給や日給など給料が出るのでバイトをするより良いかもしれません。

いざ就職活動になると、面接の場で、アルバイトしかしたことのない学生のくせに「私は即戦力になれます!」などと言い切る輩がいますが、これでは「仕事なめてんのか」と思われます。

もちろん面接も落ちます。

仕事がいかに大変か、その分何を得られるのかは身をもって知っておいた方がいいでしょう。

また、長期インターンであれば顔と名前を憶えてもらえるので、その企業に入りたいと思った場合は、まったく使い物にならないという評価を下されていない限り有利です。

それこそ、即戦力だと思われればインターン期間終了後もバイトとして雇われることがあります。

5.情報発信をする

Twitterで面白いことをつぶやけとか、Instagramでキラキラ女子を演出しろ、Youtuberになれといった類のことではありません。

むしろそういった媒体で遊び呆けているのがバレると就職の時に落とされる要因になったりします。

おすすめの情報発信は自分が専攻している学問のことです。

気づいたことや気になったこと、発見をブログなどで発信んしてみましょう。

有益になる情報の発信をすると、それを目に留めてくれた人の中からさらに学問を深められる出会いにつながったり、興味のある仕事や情報がわかったりします。

また、よくある他大学交流のパーティサークルなどの立ち上げ、イベントの設定や会費の徴収といった大型のものは、なんだか意識高い系の集まりみたいですが、あれは大したメリットがありません。

まずできてから年数が間もないので、企業で採用権を持つ人の人脈づくりにつながることは期待できませんし、何より発信していることがパーティ系が多いので社会人からすれば「遊んでるな」としか思えないからです。

あるいは、アルバイトのつもりでライター業務などをやってみるのもいいかもしれません。

自分が知っていること、研究していることの執筆をすれば知識が深まっていったり、新たな疑問が浮かんだりして楽しいですよ。

6.アルバイト

親におんぶにだっこで大学を出ても、責任ある社会人になれるのか疑問です。

大学のお金や上京による家賃は出してもらったとしても、自分の遊ぶお金くらいは自分で稼ぎましょう。

携帯電話代なども同じことです。

それに、やろうと思えば学費も全て自分で支払えます。

奨学金もありますし、優秀な成績をおさめれば学費の免除や減免がありますから活用した方が親孝行です。

もちろんお金だけに限らずアルバイトはした方がいいです。

大学で接する人たちと言うのは年齢が違っても対等な関係になりやすく、お互いに何の責任も持ちあう関係ではないので、場当たり的なコミュニケーションだけでも成立します。

そこで培ったコミュニケーション力だけを引っ提げて社会人になっても、まず上手くいきません。

上下関係や働くことの責任を学ぶためにも何かしらのアルバイトをしてみましょう。

ただし、学問の追求だけで時間が足りないほどという人はその限りではありません。

7.恋愛


恋愛はできることなら、しておいた方がいいですね。

理系、とくに工学系の学科だとまず男子だらけで恋愛も何もないということもありますが、学校内でなくても出会いはあるので行動あるのみです。

なぜ大学生のうちに恋愛をしておいた方がいいかというと、社会人になるともっと恋愛しづらくなるからです。

とくに、まだ恋愛経験が浅いという人がモテる確率は限りなく0に近づきます。

せめて異性に慣れておくべきです。

社会人ともなると、好きになる人は見た目よりも中身重視になっていく傾向があるので、異性慣れしておらず挙動不審になってしまう人はそれだけで恋愛対象外になりやすいといえます。

異性とも滞りなく円滑なコミュニケーションができて、何ならちょっと色気があるくらいの大人を目指すためには大学生のうちに恋愛を経験しておいた方が良いというわけです。

別に何度付き合って何度別れたって構いません。

大学で付き合った人とそのまま結婚する方が少ないのですから、そこらへんは気にしないようにしましょう。

8.サークル活動

時間に余裕があるならサークルにも入っておいた方が楽しいですよ。

趣味が合う仲間たちとの交流も楽しめますし、とくに受験勉強に忙しくて高校生の頃に青春を味わえなかった人にとっては初めて青春を経験する場所にも成り得ます。

あんまりはっちゃけ過ぎたサークルだと深夜に騒ぎすぎたり未成年飲酒で補導されたりもするので、ほどほどに楽しみましょう。

9.ボランティア活動

絶対やっておけというほどでもありませんが、ボランティア活動の体験で得られたものが大きいという人はとても多いです。

カンボジアで井戸を掘るなどの国際貢献といった大規模のものから、国内の環境保護活動、老人ホームや障害者施設での活動、災害地域での炊き出しなど分野はさまざまです。

日本でいうところのボランティアは無償なので、移動や経費も実費になりますが、それを負担に思わないほどの充足感があるので、人に尽くすこと、笑顔を見るのが好きな人は是非チャレンジしてみてください。

ただし、ボランティアをするときは「自分がしたいからしている」という意識を忘れないようにしましょう。

これを勘違いした人は「ほどこしてあげている」とさも自分が優位であるかのように思って、ボランティアをしない人をバカにしてみたり、現地で偉そうだったりと何かと問題を起こしているのも現実です。

また、就職の面接で役に立つだろうと思っているなら意味がありません。

そう思ってボランティア活動をして意気揚々としゃべる人が多いので差別化できませんし、「じゃあどうしてNPO法人じゃなくてウチなの?」と言われたらぐぅの音も出ないからです。

10.PCスキルの取得

今のご時世パソコンが使えなくても働ける仕事の方が少ないのではないでしょうか。

せめてワードとエクセル、パワーポイントくらいは使いこなせないと仕事になりません。

検定を取るほどまでではなくてもいいですが、取れるなら取っておいた方が履歴書に書けます。

また、PCスキルがあると在学中から割のいいバイトにありつけるので資金難も回避できるなどメリットが多いので、ある程度は身に着けておいた方が良いです。