CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

奢ってもらう時に忘れてはいけない7個のマナーと奢ってもらえるテクニック


会社の飲み会や、年上の人と食事に行く際などに、相手が食事代を奢ってくれることがありますよね。

せっかく奢ってくれようとしているのですから、奢ってもらう側は支払う側が気持ちよく会計ができるように、最低限のマナーを忘れないようにしなければなりません。

しかし、奢ってもらう側に必要なマナーとは一体何なのでしょうか?

奢られる側のマナーと、また食事を奢ってもらうためにおすすめのテクニックについてもご紹介します!

奢ってもらう時に忘れてはいけない7個のマナー

例えば会社の飲み会の時に、社長や役職者が飲み会の料金を支払ってくれることがあると思います。

また、年上や目上の人と食事に行った際にも、相手が自ら一緒に食事代を支払ってくれようとすることがあるでしょう。

さらには、デートの際に男性が女性に奢ることも多いと思います。

そんなさまざまなシチュエーションで奢ってもらう時に、あなたは相手にどのように対応をしていますか?

男性や目上の人に奢ってもらうことを当たり前だと考えている人は、ろくにお礼を言わないかもしれません。

また、相手が奢ってくれるというのなら、有難くさらっと笑顔でお礼を言う人もいるでしょう。

もしくは、奢ってもらうのは申し訳ないからと割り勘を申し出たり、何度も「すみません」と恐縮な態度を取ったりと、その人の考え方によって様々な対応の仕方があるでしょう。

対応の仕方は人それぞれですが、その場や奢ってくれる相手に合った対応をしなければ、「当たり前という顔をしすぎ」や「遠慮しすぎ」など、相手を不快な気分にさせてしまうかもしれません。

奢ってもらう時にはある程度のマナーがありますので、それに相応しい行動や言動をとるように心がけましょう。

以下に奢ってもらう側のマナーについてご紹介していきます。

1.会計を気にする

相手が目上の立場の人間や、年上、男性に関係なく、自分が奢ってもらう立場になったなら、一度は必ず会計を気にしましょう。

もしも内心では「奢ってもらって当たり前」だと考えていたとしても、それをそのまま表に出してしまえば、相手は「何様のつもりだ」と不愉快に感じてしまいます。

奢る側も気持ちよく相手に奢りたいと考えていますので、まったくこちらが会計を気にしないでいると、奢ることが嫌になってしまうでしょう。

そのため、内心はどうであれ表面上は必ず会計を気にする素振りを見せましょう。

具体的には財布を出す素振りをしてみせたり、「お会計は・・・」と割り勘で払うような姿勢を見せたりすることで、相手にはこちらが支払う意志があると十分に伝わります。

その上で相手が奢ってくれると言うのなら、有難く笑顔でお礼を言いましょう。

代金を奢る側は、立場上奢るのが当たり前だと考えている人もいれば、見栄を張ってお礼を言われたいと考えている人もいます。

相手がどんな考えを持っているにせよ、相手の自尊心を満足させるような対応をすることが重要です。

財布を出そうとしないのはダメ


最初から財布を出そうとしないのはダメです。

もしもあなたが誰かと一緒に食事に行き、最初から相手の分も奢る気でいたとしても、いざ会計の時に相手がしれっとした態度で財布を一切出そうとしなければ、少なからず不満に感じることがあるでしょう。

自分が奢られる立場になった時にも、財布を出す素振りもせずに当たり前の顔をしていれば、相手は何かしら不満に思ってしまいます。

そしてそのことをもしも職場や仲間内で噂されれば、「あの人は奢られるのが当たり前だと思っている」と不名誉なレッテルを貼られてしまうことになるでしょう。

時々女性や、年若い男性で、異性や目上の人に奢ってもらうのが当たり前だと考えている人がいますが、そのような考えを持っていたとしても、一度は財布を出す素振りをするようにしましょう。

そのちょっとした素振りだけで、相手の自尊心を満足させることができるのですから、容易なことでしょう。

2.お礼を言う

誰かに親切にしてもらった時にはお礼を言うように、人に奢ってもらった時にも必ずお礼を言いましょう。

奢ってもらうことが当たり前だと思っている人は、ついこのお礼を忘れてしまいがちです。

しかし、たった一言「ありがとう」と言わないだけで、相手にはこちらの態度がとても横柄に感じられてしまい、せっかく奢ったのに不愉快な気分になってしまうかもしれません。

奢るのが当たり前だと考えている人の場合、「いちいちお礼はいらないよ」と返す人もいるかもしれません。

しかしそれでも一言お礼を言われるだけで、その人の自尊心は大いに満足できるでしょう。

また、奢る人によってはさもそれが当然だという態度をしておきながら、心の中では人一倍奢った相手に感謝して欲しいと考えている人もいます。

そのため、どんな相手であっても自分が奢ってもらったなら、必ず一言お礼を言いましょう。

お礼を言っておけば、奢られたことに対する感謝や申し訳ないという自分の気持ちを相手に伝えることができますし、相手も良い気分になりますのでお互いに良い関係を保つことができるでしょう。

「ありがとう」や「ごちそうさま」


奢ってもらった時のお礼の言葉は、「ありがとう」や「ごちそうさま」が一般的です。

相手が目上や年上であるなら、「ありがとうございます」や「ごちそうさまです」と丁寧な言葉でお礼を述べると良いでしょう。

奢ってもらうことに対して抵抗がある人や、極端に申し訳ないと感じる気持ちが強い人の場合、「ありがとう」や「ごちそうさま」ではなく、「申し訳ないです」や「ごめんなさい」と口にすることの方が多いです。

日本人はとくに親切にしてもらった際に、相手に対してつい謝罪を口にしてしまう癖がありますので、奢ってもらった時に「すみません」と口癖のように言ってしまう人も中にはいるでしょう。

しかし、奢った側の心理としては、謝罪の言葉よりも感謝の言葉の方を求めていますので、つい謝罪の言葉を口にしてしまいそうな人は、いったん心の中でそれを抑えてから、改めて「ありがとうございます」や「ごちそうさまでした」と感謝の言葉を口にしましょう。

またお礼を述べる際には、申し訳なさそうにするよりも、にこやかな笑顔でお礼をした方が相手には好印象です。

普段は自分が奢る側の立場の人ほど、奢られる際には申し訳ないという感情が起こりやすいですが、自分が奢られた時には有難くお礼の言葉を口にするように意識しましょう。

どんなに親しい間柄でも礼儀は必要

例えば家族で食事に行くと、大抵は両親のどちらかが食事代をすべて負担してくれることでしょう。

ページトップ