CoCoSiA(ココシア)

元カノの夢を見たのはどういう意味?その理由や復縁の可能性について紹介


誰しも夢を見ます。

いい夢を見ると起きた後幸せな気分になりますし、逆に怖い夢で目がさめると、その後しばらく夢のことが頭に浮かんで眠れなくなったりすることもあります。

また夢は何かを自分に伝えているとも言われているので、変わった夢を見た時には、この夢はどにう意味があるのだろうと考えたりします。

今回は、元カノの夢について紹介します。

元カノの夢を見てしまったあなたへ!


夢というのは本当に不思議なもので、なぜこんな人が登場してきたんだろうという人が夢の中に現れることもあります。

普段全く頭にもなかった小学校時代の同級生が出てきたり、部署も全く違う、年に1回くらいしか会わない同じ会社の人が登場してきたりと。

特に昔、交際していた彼女が夢に出てきたことはありませんか?

そういう人は多いと思います。

昔の彼女が夢に出てきて、パッと目がさめると横に、今の彼女がいてドキッしたことがある人もいるんじゃないでしょうか。

もう何年も前に別れた彼女のはずなのに!では、なぜ元カノの夢を見てしまうのか。

その理由や、見た夢のパターンがどのようなあなたの気持ちを表したものなのかを検証していきたいと思います。

夢には暗示があると言われている

夢は何かを暗示していると言われています。

古代の時代では夢は神のお告げとして言われてきました。

旧約聖書には神のお告げとして夢のことが何回もでてきますし、古代ユダヤの世界では職業として「夢解釈家」というものが存在していたというのが言い伝えられています。

夢占いというのも有名ですし、遠い昔から夢は何かを指し示しているとされてきました。

夢の内容によって行動を決めたりする人も多くいますし、夢によって現実世界で自分がめざすべき目標を知ったという人もいるかもしれません。

それほど、夢とは人間の意識、思い、願い、その他様々な要素が組み合わさって一つの作品のようにでてくるものです。

夢の種類によってこれからのあなたを暗示しているとはよく言いますし、そういった占いや本も多数見られます。

それほど、夢には謎が多く人間の不思議な一面であると言えます。

相手の思いよりも自分の意識が夢に現れる

夢にあらわれる人物であったり出来事は、例えば出てくる人物が自分のことを遠くで呼んでいるだとか、助けを求めているというよりは、自分が普段の生活で意識していることが現れることが多いとされています。

私たちは、起きている間に学校や仕事、そしてプライベートと様々な活動をするわけですが、そこで体験した出来事、強く心に残った出来事、感情を揺さぶられた出来事など多くのことを体験し記憶してゆきます。

そして、眠りについた時にその記憶のなかから、自分が強く意識していること、気になっていることなどがランダムに夢に現れるとされています。

疲れている時や、悩み事、心配事がある時などは、自分がストレスに感じるような悪夢を見やすいとされています。

夢で分かることとは?

深層心理学では夢分析という夢を研究する分野があります。

見た夢の内容で様々なことが分かると言われていて、頭や心の中にある自分の隠せない部分が夢に出てくることがよくあります。

それはやはり自分が心の奥底で常に意識していること、もしくは意識しようとしなくても、ふとした時に顔をだしてくるような昔衝撃をうけた出来事であったりすることが多いと言われます。

夢は自分の記憶との結びつきが大きく、寝ている間というのは脳の中は休んでいるのではなく記憶したものを整理整頓している時間です。

その時にある記憶が引っ張り出されて、一つのストーリーとして夢を見せるとも言われています。

夢を全く見ないという人はいないでしょう。

しかし、自分の見たい時に見れるわけでもないですし、見たい内容の夢が見れるわけでもありません。

夢というのは睡眠中に、体は休んでいるけれど、頭は起きた状態と言われるレム睡眠の時に見るものだとされています。

その夢の内容、ストーリーは何が出てくるのかわからないですが、現実世界で自分が意識していることや、人物、または過去に体験した出来事や、過去の忘れられない人物などが登場したりもしますし、全く理解のできない不可思議な夢を見る人もいます。

自分の心の奥底にある願望

心の奥底にある願望とは、普段は表に出さない部分ですし意識をしていない場合も多いと思います。

しかし、自分に正直になった時に自分の叶えたい願いが心の奥にあるのです。

その願望が夢という形で現れてくるのです。

自分の願望がそのまま夢に出てきたら起きたときにはとても慌てるのではないでようか。

普段は恥ずかしくて誰にも言えない願望も夢の中では叶えられることもあるのですから。

その願望が強ければ強いほど夢の中に登場する頻度も多くなってくるでしょう。

人の心というものは複雑なもので、本当に自分が望んでいることと、普段の生活や社会の中で使っている言葉とは全然違うことをやっていることがあります。

それは、生きていく上での利益などを考えて、あえて自分の望まぬことをやっている場合もありますが、時々「私の本当にやりたいことは何なのだろうか?」と問いかけたくなることがあります。

それほど本当の願望とは正直に表に出すのが難しいと考える人が多いということなのでしょう。

そういった抑圧された願望が夢の中で出てくるのでしょう。

深い後悔

過去に犯した過ちや、失敗をいつまでも引きずっている人がいます。