『仕事探し』は『自分探し』です。

仕事は『見つけ』ものではなく、『掴む』ものです。

仕事探しの視点を変えると、『仕事が人財を求めている』ことに気づかされます。

仕事を見つけることは、大切な人との出会いのチャンスを掴むことと同じです。

あなたが女性なら理想とする男性像を描きながら出会いを求めることと一緒です。

一方、男性は理想とする女性像を描きながら出会いを求めています。

お互いに求める人間像がマッチングすると、『素敵な人と出会えた』と言えるのです。

仕事探しも同じで、仕事が求める人財像と、あなたが求める仕事像が一致すると、最適な仕事が見つかったと言えるのです。

仕事探しは、女性が彼氏を探すことと幾つかの共通点があります。

あなたが好みの男性との出会いを求めているとき、女性も好みの男性を探していて、お互いに出会ったときに好みがマッチングすると『出会えた』と言えます。

仕事探しも同様です。

あなたが仕事探しをしている真っただ中にあるとき、仕事も人財探しをしているのです。

仕事が求めている人財像にあなたがピッタリ当てはまれば、あなたにとって最適な仕事に出会えたことになります。

仕事と出会える時期は人により、早いケースもあれば、時間を要するケースもあります。

人それぞれに出会える最適なタイミングがあります。

あなたにとって最適な出会いの時期が訪れるまで焦らずに、あなたのペースを崩さずに仕事探しを続けることが大切です。

諺にあるとおり、『継続は力なり』です。

仕事が見つからない大きな原因の1つは、『なぜ仕事を探しているのか』をキチンと自分に問い質して、その答えをハッキリと導き出せていないことが挙げられます。

安易な中途半端な考えで仕事探しをしていても、ピントの合わないメガネのように目指す仕事とピッタリとピントが合わないため、目の前に現れた仕事に気づかずに『通り過ぎていき』、仕事が『見えない』状態から抜け出せなくなります。

仕事が『見つからない』ではなく、仕事が『見えていない』状態にあるのです。

求める仕事にピントを合わせるためには、あなたが仕事を求めている理由を突き詰めて考えて、頭の中の雑念を整理することです。

頭の中が整理できると、求める仕事とピントがシッカリ合ってきます。

ピントがシッカリ合うと、求める仕事が『見えて』きて、結果として出会うことが出来るようになります。

転職の求職活動を進めているとナカナカ決まらずに焦りの心境に陥ることがあります。

あなたと相性の合う仕事や企業に巡り会うことのできるタイミングは、人により異なります。

人によっては早く出会えることもありますし、出会うまでに時間を要することもあります。

早ければ良いという訳ではありません。

あなたにとって最適な仕事は、バイオリズムのように最適な時期が訪れた時に出会えるのです。

仕事が見つからない時どうすればいい?

仕事が『見つからない』時は、あなたが求める仕事が『見えない』状態にあるのです。

仕事への雑念が多すぎて、求める仕事像がハッキリしていないために『見えていない』のです。

求める仕事にピントを合わせるためには、あなたが仕事を求めている理由をハッキリするために、頭の中の雑念を整理することが必要です。

頭の中が整理できると、求める仕事像とピントがシッカリ合ってきます。

ピントがシッカリ合うと、求めてきた仕事が『見えて』きて、結果として求める仕事と出会えることができるのです。

仕事が見つからない時には、焦って自分を責めることはしないようにしましょう。

自分を責めて追い込むと自信喪失に陥り、うつ状態になることがあります。

仕事が見つからないのは、求める仕事と出会える『時期がまだ訪れていない』と自分に言い聞かせることです。

焦らずに、求める仕事と出会えるタイミングが訪れるまで心を落ち着かせて求職活動を継続することが必要です。

焦って不安になってはいけない


毎日、1つでもいいので仕事探しのための行動をすることです。

求職活動を『進めている』というプラス志向の考えが不安を包み込んで解消してくれます。

仕事探しは、欲しいモノを探すときと同じで、焦るほどに自分の周りの物事を冷静に観ることができなくなります。

焦って冷静さを失うと、目の前に仕事が近づいてきても気づかずに見過ごしてしまい、求める仕事との出会いの機会を逃す結果を招くことになります。

焦ることで心の平静さを失い不安が増大してきて、自信喪失に陥ることになります。

仕事探しに限らず、求めるものを探し続けるときは、自分の行動ペースを崩さずに一歩一歩焦らずに着実に歩み続けることで自信を維持できて、目的のモノを掴むことができます。

焦ると心の余裕を失い、周りが観えなくなり、不安が募ってきます。

焦らずに自分を信じてプラス志向で着実に行動することで不安に陥ることが無くなります。

うつ病になる人も出てくる

仕事が見つからない時は自信が薄れてきて、周りの全ての人が自分より優れているという錯覚に陥ることがあります。

『自分は劣っている』という思い込みが長引くと、自信喪失に陥ることがあります。

仕事が見つからない原因は『自分にある』と思い込んで自分を責め続ける心境に陥り、うつ病になる人も出てくることがあります。

また、仕事が見つからない状況が続くと、世の中で『自分だけが幸せになれない』という妄想を抱く心理状態に陥ることがあります。

妄想は、自分自身をウツ状態へ追い込みますので、仕事が見つからないことを辛く感じるときは身近な人に心の内を聞いてもらいましょう。

身近な人に心の苦しさを話すことで、うつ病になることを防ぐことができます。

仕事が見つからない時の不安を解消する方法

仕事が見つかるタイミングは人それぞれです。

仕事が早く見つかる人もいますし、仕事が見つかるまでに時間が掛かる人もいます。

あなたが求めている仕事に出会えるタイミングが訪れるまで焦らずに求職活動につながることを取り組み続ける気力が必要です。

あなたが求めている仕事が、資格を取得することで有利になるのであれば、資格受験対策の勉強をしましょう。

仕事が見つかるまでの日々の生活費に不安があるのであれば、求職活動を続けながら並行して出来るアルバイトに就きましょう。

アルバイトに就いて日々の生活費の不安を解消し、気持ちに余裕を持つようにしましょう。

あなたが求めている職種が絞り切れていないなら、あなたが最も望んでいる職種は何かを考えて頭の中を整理し、職種の的を絞った仕事探しをすることが必要です。

また一方、職種の的を絞り過ぎて仕事が見つからないなら、目指す職種の許容範囲を少し広げて求職活動を続けましょう。

仕事が見つからない時は、焦って自分を責めることのないように、『仕事を必ず掴む』というプラス志向で心の安定を保ちながら求職行動を継続することで不安を解消できます。

また、不安な気持ちから抜け出せないのであれば、自分独りで考え込まずに身近な人に心の内を聞いてもらう方法があります。

仕事に関わるスキルを磨く

求職活動中は、一日一日の時間を大切に使う心掛けが必要です。

一日の中で数10分でもフリーな時間があれば、目指す仕事で必要とされる知識や技術を少しでも多く身に付けるための勉強に使いましょう。

自分自身を、『仕事が求める人財』に少しでも近づけるために、仕事に関わるスキルを磨くために、資格受験の参考書籍を読むなどの勉強が大切です。

あなたは、自分自身を『人財』として観ることで、スキルアップの重要性を再認識することができますので、資格取得などのスキル磨きに取り組む気力が湧いてきます。

仕事を探しながら資格の勉強をしよう

仕事探しは他の求職者と競争する面をもっています。

他者よりも有利に求職活動を進めるためには、自分自身の『価値』を上げることが必要です。

有利に求職活動を進めるための方法の1つが資格を取得することです。

資格には様々な種類がありますが、難易度が高くなるほど社会からの評価も高くなります。

一般的には、民間の資格よりも国家資格の方が、仕事探しには有利と言われています。

あなたが求めている職種で必要となる難易度の高い資格を目指す勉強に取り組むことで、仕事探しの不安材料を減らすことが出来ます。

資格を取得するための勉強に取り組む際には、電車の移動時間など10分単位の時間も大切に活かす気持ちで受験勉強を継続させることで良い結果を得ることができます。

目指す職種に合った資格取得に向けて勉強を進めるときには、資格試験の実施時期を頭に入れて勉強スケジュールを立てることが必要です。

資格の種類によっては、年に1、2回しか試験を実施しないものもありますので、受験タイミングを逃さないように取り組むことが大切です。

単発でもいいからアルバイトをする

目指す仕事が決まるまでには時間を要するものです。

数ヵ月から1、2年掛かることもあります。

仕事が決まるまでの間の生活費に不安があるときは、単発でもいいのでアルバイトをして、生活上の不安材料を少しでも解消し、仕事探しに集中できるようにすることが必要です。

また、求める仕事に向けて有利に求職活動を進めるために、目指す職種に合わせたアルバイトをして、スキルアップの一助にする方法があります。

求人をしている企業の多くは、即戦力となる人財を求めています。

あなたが求める仕事に関するスキルアップの手段としてアルバイトやインターンをすることで仕事探し中に生じる倦怠感を減らすことができます。

【単発バイトのおすすめは、こちらの記事もチェック!】

仕事が見つからなくても探すことをやめない


仕事探しは、一朝一夕で思うような結果を出せることは希です。

しかも、何度応募しても決まらない経験は、誰もがしています。

求める仕事が見つかるタイミングは、職種により、人により様々です。

比較的早い段階で見つかるケースもありますし、長い月日を要することもあります。

目指す職種に就きたいという熱意を持ち続けることで、仕事が見つからない日々が続いても探すことを止めないモチベーションを維持できます。

仕事探しのポイントは、仕事を『見つける』のではなく、自分から仕事を『掴みに行く』という意気込みをもって積極的に立ち向かうことで、仕事が見つからない期間が長くなっても諦めない心境に至ることが出来ます。

あなたにとって、仕事探しは、『諦めない自分探し』といえます。

仕事を断定すぎない

仕事を探す方法には大きく2通りあります。

1つは、目指す職種を1つに絞って仕事探しを進める方法があります。

もう1つは、目指す職種を1つに絞らずに、複数の職種に幅を持たせた探し方があります。

あなたが求める職種を決めるときの動機によって、1つに絞れるかどうかで決まります。

自分が就きたい職種が決まっているときは、目指す職種を1つに絞って仕事探しを進めることになります。

仕事探しに時間が掛かっても『この仕事に就きたい』という強い熱意があれば、仕事が見つかるまで探し続ける意気込みを維持することができます。

一方、給与や勤務地に注目して職種を決めるケースでは、仕事を断定せずに探す範囲の職種が複数になります。

職業は無限にある

世の中の職業は、数えきれないほど無限にあります。

様々な職業がある中からの仕事探しは、一見すると容易のように感じます。

しかし、探す職種を限定するに伴い容易ではなくなります。

例えば、地元で働けるならどんな職種でも受け入れると考えて仕事探しを進めるなら、長い期間を掛けずに決まることでしょう。

仕事探しには、転職という手段も活用しながら進める方法があります。

仕事探しの条件に、給与額や通勤時間、職場環境など要望する条件が増えるに伴い、目指す仕事が見つからない可能性が高くなります。

ですから、要望する条件を少なくして、仕事探しを進めることで見つかり易くなります。

仕事が見つかり、職業経験を重ねた後に次のステップとして、より条件の良い企業へ転職して自分が望んでいた条件を満たす仕事にたどり着く方法があります。

職業が無限にある世の中の状況を上手く活かした仕事探しがあることを頭に入れておきましょう。

あまり自分を追い詰めない

人は目指す物事が思い通りに進まないとき、『原因は自分にある』と思い込み、自分を責めて追い詰めることがあります。

仕事探しが思い通りに進むか進まないかにより、自分や家族の生活を大きく左右することになります。

ですから、仕事が見つからない時には生活面の不安が増して、自分を責めて追い詰めることがあります。

仕事が見つからない日々が長引くに伴い、『自分に原因がある』と思い込んでしまうことがあります。

自分を追い詰めることで、うつ病になることがありますので、自分を追い詰めないことです。

仕事探しは世間を相手にしますので、思い通りに進まなくとも当たり前と考えて、焦らずに続けていくことが大切です。

『継続はチカラなり』です。

自分を責めて追い詰めたい心境になりそうなときは、身近な人に心の内を話しましょう。

仕事探しは、独りで世間と向き合うことになりますので、仕事が見つからない日々が続くと、世間から取り残された孤独感に包まれることがあります。

自分独りで戦わずに、心境を話せる人に相談しましょう。

仕事が見つからない不安を身近な人に聞いてもらうことで、自分を責めて追い詰めることをしなくなります。

身近に自分の不安な気持ちを聞いてくれる人が居ないときはツイッターなどSNSを使って、不安な気持ちを発散しましょう。

仕事が見つからない時の不安な気持ちを自分独りで抱え込まずに発散することで、自信喪失を防ぐことができます。

焦りすぎてもいいことはない

仕事探しは、自分が納得できる仕事を探すことが目的なので、焦り過ぎて途中で諦めないように気持ちを落ち着かせて取り組むことが大切です。

人は、目指す物事が思い通りに進まないと途中で諦めたり焦ったりするものです。

仕事が見つからずに焦ってしまうと視野が狭くなり、自分に適した仕事が目の前に現れても気づかずに見過ごしてしまうことがあります。

『急いては事を仕損じる』という諺を頭に入れておきましょう。

仕事探しを徹底して行う!仕事の探し方6選

仕事探しは、自分や家族の将来を大きく左右するものです。

納得できる仕事に就くことが出来るように様々な方法を活かし取り組むことで後悔しない結果を得ることができます。

ある企業の広告に「仕事探しがたいへんな仕事にならないように」という教訓めいたコトバがありました。

今のグローバル化した社会では、海外の企業が速いスピードで変化し、国内の企業も日々変化し、我々の生活も海外の変化の影響を受ける時代に突入しています。

大企業であっても、数年先には経営状態が大きく変動することも起こり得る時代です。

今の時代は、1つの会社に就職した後、定年まで1つの会社に尽くす時代ではなくなっています。

求職活動も転職が日常化していますので、自分のスキルアップや生活レベルの向上を求めることが自由にできる社会になっています。

社会や企業は、学歴よりも人のもつ能力、洞察力、スキル、経験値、技術力に注目する時代になっています。

ですから、仕事探しに奔走することと並行して、自分自身を『人財』としての価値を高めていく『自分磨き』のために時間を使うことが必要です。

自分の存在価値が人財として高まることで、『仕事が求めている人財像』とマッチングし易くなり、仕事が最適なタイミングで見つかるようになります。

1、転職したい理由を深掘りする

あなたが転職を目指しているなら、転職の理由をキチンと頭の中で整理することで、目指す企業像や職種像を明確にすることができます。

転職理由として一般的に多いのは、給与などの待遇面や残業が多いなどの仕事環境、職場での人間関係による疲弊など様々なケースが挙げられます。

転職したい心境になるキッカケには、現状の待遇や職場環境に不満があって辞めたくなるケースと現在の仕事に不満はないが自分自身を更にステップアップさせたいために新たな職場を求めるケースがあります。

あなたが転職を望む理由が、現状から逃げたい為か、自分の将来を新たに切り拓きたい為かを整理する必要があります。

転職を望む理由を深掘りすることで、仕事探しに向けた考えが整理できますので、自分が目指す転職先を絞り込み易くなります。

転職先を探すときの考えが整理できていると、転職先企業での面接の場面でも、転職理由について、前向きな考えを面接官にハッキリと話すことができます。

2、自分ができることから探す

仕事探しを進めるときに、現在の自分の知識や技量に関係なく理想とする仕事を探す方法があります。

また、今の自分の知識や技量から出来る職種を絞り込む方法もあります。

仕事の探し易さを考えると、今の自分がもっている知識や技量を考えて、出来る仕事から探す方法がハードルが低くなるため自信をもって求職活動を進めることができます。

今の自分の出来る仕事に就いて経験を積んで自分自身をスキルアップさせてから次の仕事へステップアップするために転職をしていく方法があります。

最初からハードルを高くせずに、自分が出来ることを頭に入れて探すことで、仕事が見つからないことからくるストレスや不安を起こさずに、自信を持ち続けながら仕事探しを継続することができます。

3、楽しかったことから探してみる

仕事の中には、厳しい仕事や忙しい仕事、楽しい仕事など様々あります。

仕事探しを進めるときに、厳しい仕事を目指すよりも自分が経験してきた中から楽しかったことを優先して仕事探しに活かす方法が取り組み易いといえます。

仕事探しは自分独りで取り組むことが多いため、見つからない日々が続くと気持ちが晴れずに自分を責めたりすることがあります。

また、不安が募ると、仕事を探す意欲が失せたりしますので、楽しかった仕事を思い出しながら探していくことで不安に陥ることなく楽な気持ちで仕事探しを続けることができます。

4、まずは仕事で嫌だったことを書き出してみる

あなたが今まで経験してきた仕事の中には、楽しかったことや楽しくない嫌な仕事もあったことでしょう。

仕事探しを始める前に目指す仕事像を頭に描くことが大切です。

目指す仕事像を絞り込んでいくためには、今まで経験した仕事の中で嫌だったことを思い出して書き出してみることが必要です。

あなたにとって、嫌だったことは、二度と繰り返したくない出来事になっています。

ですから、嫌なことを二度と繰り返さないための職種や企業の絞り込みを行うことで、明確な目標ができて、仕事探しのモチベーションを持ち続けることが出来ます。

5、身に付けたいスキルで仕事を探す

仕事を探すにあたり、目指す仕事を予め決めておくことで効率よく仕事探しが出来ます。

自分が就きたい仕事をイメージすることで、目的とする職種を絞り込むことができます。

自分が興味を抱いている仕事や身に付けたい技術を考えて仕事を探すことが大切です。

将来に向けて歩みたい人生を考えるとき、自分が身に付けたいスキルを第一に考えて仕事を探す方法があります。

自分にとって必要とするスキルを身に付けることの出来る仕事に就くことができたなら、ヤル気が湧いて充実感を抱きながらスキルアップを図ることができます。

スキルアップが図れることに伴い、人生のステージアップを実現させることができます。

自分を最大限に活かすために、身に付けたいスキルで仕事を探すことで、人生を大きく進展させる可能性が広がっていきます。

6、自分が必要とされる仕事で探す

人は、日々の生活の中で、自分が必要とされる場面では大きな意欲が湧いて、チカラを発揮するものです。

仕事探しにおいても、自分が持っている能力を最大限に発揮できる仕事を目指す方法があります。

自分の持っている能力を最大限に発揮できることで、自分が必要とされる仕事に出会うことができます。

世の中の様々な仕事の中から自分に合った職種を目指すことで、求職活動の意欲も高まってきます。

自分に合った仕事探しに取り組んでいるときは、仕事が見つからない日々が続いても苦にならずに求職活動を続けることができます。

自分が必要とされる仕事に就くことができた際には意欲が湧いてきて、仕事上の困難な状況に直面しても、自分の持つ能力を最大限に発揮して乗り越えることが出来るようになります。

どうやって仕事を見つける?

仕事を見つける方法は世の中には沢山ありますので、自分に合った方法を選択することで、効率よく仕事を見つけることができます。

あなたが現在仕事に就いていて転職を目指すなら、帰宅後にインターネット上の求人サイトを活用する方法もあります。

また、今まで経験してきた仕事から高度な技術を身に付けているなら、ハローワークに人材登録することもできます。

あなたが現在就いている仕事上で知り得た人脈を活かして、仕事を紹介してもらう方法もあります。

あなたが求職に向けた技術習得のための学校に通っているなら、学校からの紹介で見つけることもできます。

色々な方法を活かしながら仕事探しを進めることで、目指す仕事に出会うことができます。

ネットの求人サイトで

ネット上には、多様な求人情報サイトがありますので、自分にとって利用し易いサイトを見つけて活用することができます。

求人情報サイトを利用して仕事探しをするためには予め、自分の個人情報を登録することで使えるようになる求人情報サイトが少なくありません。

求人情報サイトでは、あなたが希望する職種や勤務地などの求職条件を入力すると、条件に合致した求人情報が画面に多数表示されます。

求人情報誌のページをめくりながら探すよりも効率よく見つけることができますので、忙しい人にはピッタリです。

また、求人情報サイトに登録している求人企業に応募する際には、ネット上で直接エントリーすることもできますし、人材紹介会社が仲介するケースもあります。

仕事に就いている人にとっては、帰宅後でも応募エントリーができますので、現在就いている仕事に支障を与えずに仕事探しを進めることができます。

一方、ハローワークの求人情報サイトを利用する方法もあります。

ハローワークの求人情報サイトには、一般の求人情報サイトには掲載されていない求人情報も載っています。

仕事に就いていて、仕事探しに多くの時間を割くことができない人にとっては、インターネット上の求人情報サイトは大いに役立ちます。

知り合いや家族のツテで

仕事探しは多くの時間を要するのが一般的です。

色々な方法を駆使しながら仕事探しを進めている人にとって、知り合いや家族のツテを活かす方法があります。

知り合いや家族のツテを活かす方法では、目指す企業の情報を事前に、知り合いや家族を通して知ることができます。

知り合いや家族の紹介で面接を受ける段階に至ったときも、面接官には信頼してもらい易い面があり、スムーズに内定を頂くことができるケースがあります。

一方、面接の席上で面接官から提示された給与などの労働条件が事前に知り合いや家族から聞いていた内容と異なり戸惑うケースもあります。

内定を頂いても、事前に聞いていた労働条件と違っているため辞退したい心境になっても、断れないシガラミに困惑することがあります。

知り合いや家族のツテで応募する際には、事前に職場見学の機会をつくってもらい、自分の目で職場の雰囲気や仕事環境を見て確認しておくことが大切です。

会社の取引先に紹介してもらう

仕事探しには多くの方法がありますが、会社の取引先に紹介してもらう方法は、時間を掛けずに仕事を見つけることができます。

自分が現在働いている会社の取引先に紹介してもらうことは、全く知らない紹介業を通すよりも安心できる面があります。

紹介された結果で面接を受ける段階になったときは、席上で自分が要望する給与などの待遇面の条件をハッキリと面接官に伝えることが必要です。

自分と面接官との間での労働条件のスリ合わせの結果で、お互いに納得して内定を頂く手順を踏むことが大切です。

労働条件のスリ合わせ無しに内定を頂いて実際に仕事に就いてみたら、勤務時間などの職場環境が転職前の職場よりも過酷なため後悔するケースがあります。

会社の取引先に紹介してもらう場合には、応募予定の会社に事前に訪問させてもらうように手配をお願いすることが必要です。

応募予定の会社に事前に訪問させてもらい、実際の職場の雰囲気や仕事環境などを自分の目で確認し聞き込んで納得したうえで応募して面接を受けるようにしましょう。

事前の職場確認をせずに内定を頂いて、実際に仕事に就いてみたら待遇面や労働条件が厳しいため辞めたい心境に追い込まれることがあります。

しかし、紹介してもらった職場を辞めることは、紹介してくれた取引先の『メンツをつぶす』ことになります。

取引先に紹介してもらう際には、事前に職場を見学させてもらう手配をすることが結果として、紹介してくれた取引先会社の立場やメンツを傷つけないことにもなります。

ネットやテレビなどのメディア媒体で

ネットやテレビなどのメディア媒体には、様々な求人広告が掲載されていて、募集専用サイトもあります。

メディア媒体には、全国の企業や店舗などの求人情報が掲載されていますので、居ながらにして全国の求人情報を検索することができます。

ですから、転職を機会に故郷へUターンしたいと考えている人にとっては大変便利な求人ツールと言えます。

現在就いている仕事に追われて、仕事探しのための時間を割くことができない人でも、メディア媒体に掲載されている求人広告を見て応募することができます。

日々忙しく時間に追われた生活をしていても、帰宅後にメディア媒体に掲載されている求人情報を活用することで、多くの時間を掛けずに仕事を見つけることができます。

求人誌

求人情報誌には無料のものやコンビニや書店などで売られているものがあります。

求人情報誌には、あなたが住んでいる地域や近隣地域の求人情報が多数掲載されています。

求人情報誌のページ構成は、業種や職種別、地域別などのカテゴリーに分け掲載されていますので、興味のあるカテゴリーから仕事探しができます。

使い勝手を優先した編集構成になっていますので利用し易いと言えます。

目指す職種が決まっていなくて考え中のときも、求人情報誌のページをめくりながら色々な職種の求人情報を見て、目指す職種の絞り込みをすることができます。

また、求人情報誌とインターネットなどのメディア媒体を併用することで多くの求人情報を知ることができますので、多くの時間を掛けずに仕事探しができます。

クラウドワーカーとして

インターネット上で発注者からの仕事を仲介してくれるクラウドソーシングを利用して仕事を受注するクラウドワーカーが増えている状況があります。

クラウドワーカーとしての仕事の内容もライティングやシステム開発、デザイン、アイディア募集など様々です。

自分が得意とする技術や仕事の経験を登録することで、自分の特技を活かした仕事を受注することができます。

受注した仕事を行う時間は自由であるため、自分のライフスタイルを崩さずに維持しながら仕事を完成させることが出来ます。

あなたがデザイン系やライティング系など得意とする技術があればクラウドワーカーとして仕事に活かすことができます。

クラウドワーカーの大きな魅力の1つは、契約した納品日までに仕事を完成させるまでの仕事時間はライフスタイルに合わせて自由であることです。

このため、主婦やシニアなど広範囲の人がクラウドワーカーとして仕事を受注しています。

仕事を見つける前にやること

『仕事探し』は、『自分探し』と言えます。

自分が目指す仕事は何かをシッカリと頭の中で整理することです。

あなたにとって最適な仕事を探すためには、自分自身を分析して『自分を知る』ことです。

自分を知ることで、自分が持つ特徴や性格を最大限に活かす仕事探しができます。

また、目指す職種がハッキリすることで、的を絞った効率の良い仕事探しができます。

目指す職種の仕事に就くためには、あなた自身の人柄や価値観を最大限に活かすことのできる仕事を探す心掛けが大切です。

自分の人間性や技量を最大限に活かせる仕事に就くことで、将来に向けた人生が大きく拓けていきます。

自分の人生をステージアップさせるためには、『自分はどういう人間か』を深く知ることで、あなたと『相性の合う』仕事に出会うことができます。

自己分析と業界分析

仕事探しで良い結果を出すためには、あなたが求める『仕事像』と仕事が求めている『人財像』がマッチングすることが大切です。

あなたが目指している職種の絞り込みをするためには、自分自身を知らなければなりません。

このためには、自己分析が必要です。

自己分析を通して、『自分はどういう人間か』を深く知ることです。

次に、目指す仕事の的を絞るために、世の中にある多様な業界の中から興味を抱いている業界の分析をすることです。

業界分析の結果と自己分析の結果を照らし合わせて共通点を見つけ出すことです。

自己分析の内容と多くの共通点をもつ業界が浮き彫りになってきたなら、その業界に向かって仕事探しを進めることです。

自分を活かせる的を絞った仕事探しを行うことで結果として、自分が持つ人間性やスキルを最大限に発揮できる企業の内定を獲得することができます。

なぜ、その仕事をやりたいか

仕事探しを進めるときに、漠然としてピントがボケタ気持ちのまま進めても、良い結果を出すことはできません。

あなたの人生を将来に向けて、どのようにステージアップさせていきたいかを考え、人生計画を描くことが大切です。

人生計画を描くことで、人生をステージアップさせていく『道順』が観えてきます。

将来の人生計画を実現させる道順が観えてきたなら、今の自分にとって必要なことや足りないものが浮き彫りになって観えてきます。

自分にとって足りないものに気づくことで、『なぜ、その仕事をやりたいか』がハッキリと頭の中で整理できます。

自分にとって、やりたい仕事の経験の積み重ねることで、『自分磨き』の効果をもたらしてくれます。

やりたい仕事の経験の積み重ねは、人生のステージアップへと繋がっていきます。

まとめ

仕事探しは、『自分探し』と言えます。

自分を良く知らなければ、自分に合った仕事を見つけることができません。

仕事探しで良い結果を出すためには、自分が目指す『仕事像』と仕事が求めている『人財像』がマッチングしなければなりません。

仕事探しは、自分が『人財』になるための『自分磨き』でもあるのです。

資格を取得するとか、スキルアップを図るために学校に通うとか色々な手段を活かして自分の価値を高めてアピールできる『人財』になっていかなければなりません。

仕事は『見つける』ものではなく『掴む』ものです。

あなたの目の前を様々な仕事が通り過ぎていきます。

あなたが『自分磨き』をしていなければ、目の前に最適な仕事が現れても気づかずに見過ごしてチャンスを逃す結果になります。

日々の『自分磨き』の心掛けが仕事探しの中で大きなチカラを発揮して、目指す仕事を『掴む』ことができます。

自分自身を、仕事が求めている『人財』にすることで人生が大きく拓けていき、日々の生活をステージアップさせることができます。

仕事探しは、あなたが自身を自己PR出来る『人財』になることで決まるのです。