人の印象は意外なもので変わったりします。

人間は、中身が重要なんて事も言われますが、中身は興味を持って貰ってこそ始めて気がつくものなのです。

だからこそ、まずは他人の視線を自分に向ける必要があります。

だからこそ、第一印象を意識して行動する必要があります。

第一印象を変えるためには、いくつかの方法があります。

メイクを変えたり話し方を変えたりする事もあるでしょう。

そんな中で、意外と盲点な部分があります。

それは立ち姿です。

第一印象を良くしようと思う時に、立ち姿を意識する人はそう多くはありません。

だからこそ、ついついそこが疎かになってしまうのです。

ですが、立ち姿は自分達が思っているよりもずっと重要なポイントです。

どんなに身なりを整えたとしても、立ち姿がだらけていればいい印象を相手に与えることは出来ないでしょう。

反対に、立ち姿がキチンとしている人はどこかしっかりしている人に見えるものなのです。

だからこそ、立ち姿を意識する事はとても大切なポイントとです。

美しい立ち姿を演出する9個のコツ


綺麗な立ち姿は、とても大切なポイントです。

ですが、美しい立ち姿を意識するにはいくつかのコツを抑える必要があります。

何もわからずに、背を伸ばそうとしていれば、無理が出たりかえって変な姿勢になってしまうこともあるかもしれません。

そうならない様にするためにも、コツを知る事はとても重要です。

また、コツを知る事によってより簡単に美しい姿勢を手に入れる事が出来るようになります。

意識しているつもりなのにも関わらず、なかなか美しい姿勢を維持する事が出来ないという人は、そもそもの姿勢が間違っているのかもしれません。

これからご紹介するコツを抑える事によって、今まで以上にいい姿勢を意識する事が出来るでしょう。

1:下腹部に力を入れる

まず、美しい姿勢を維持することで必要なポイントとは、かふくぶに力を入れる事です。

痩せている人の中にも、下腹部だけ、ぽっこりとお腹ぎ出ている人が居ます。

これは、楽な姿勢を求め過ぎるあまり、正しく無い姿勢で過ごす事が当たり前になってしまった結果なのです。

人間は直ぐに楽なものに慣れてしまいます。

だからこそ、姿勢もまた乱れて居ておかしなものになって居たとしても、それが楽な姿勢だと感じれば無意識のうちにその様な姿勢になってしまうのです。

一度癖になってしまった姿勢はなかなか元に戻す事は出来ません。

結果的に自分でも気がつかないうちに、汚い姿勢でいる事が当たり前になってしまうのです。

下腹部に力を入れる事によって、ぽっこりお腹を避ける事が出来るようになります。

実際に太っていないのにも関わらず、太って見えてしまった人は、それを解消する事が出来るでしょう。

また、姿勢を正す事によって、内臓の位置を治す事が出来るようになります。

そのお陰で便秘を解消したり、消化不良などの不調を解消する事にもつながります。

姿勢を正す事は、見た目だけでは無く体にとってさまざまないい効果があると言えるでしょう。

お尻を気持ち持ち上げるように

下腹部に力を入れると言うと、お腹を凹ませる様にする人がいます。

下腹部に力を入れる事と、凹ませる事は少し違います。

意味合いは似てはいるものの、ただお腹を凹ませるだけでは姿勢の改善にはならないでしょう。

下腹部を凹ませると言う事がイマイチイメージ出来ないかたは、お尻を持ち上げる様にしてみましょう。

お尻を持ち上げる様にすると、自然とお腹を下げる形となります。

故意に凹ませなくとも、自然と下がるのです。

それが、美しい姿勢には大切なポイントです。

お尻の位置は、普段生活している中で意識する事は少ないかもしれません。

そのせいで、知らず知らずのうちに下に向いてしまっている事もあるかもしれません。

意識を改善する事によって変わる事があります。

自然にできない時もあるかもしれませんが、そんな時は自分の意識を改善することを考えていきましょう。

そうする事によって変わる事があるかもしれません。

2:視線をまっすぐに

姿勢を正す際、重要な事はそれを維持する事です。

どんなにきれいな姿勢でも、それがすぐに崩れてしまっては意味がないのです。

だからこそ、その作った姿勢を出来るだけ維持できるように意識していきましょう。

そんな時に、おすすめの方法があります。

それは視線をまっすぐにする事です。

自分の視線の位置を意識する事によって、自然と前を向く事が出来るようになるのです。

今の私たちの生活の中で、携帯電話は欠かせないものになりつつあります。

そのせいで、一日に何時間も見てしまう事もあるでしょう。

多くの情報を得る事が出来るだけではなく、暇つぶしの材料としてもとても使いやすい携帯電話ですから、手放す事が出来なくなってしまう気持ちもわかります。

ですが、そのせいで姿勢が悪くなってしまう事もあるでしょう。

ずっと下を向く生活をしていると、知らず知らずのうちにそれが当たり前になってしまいます。

それが続いてしまうと、それが自分の中で当たり前の姿勢となってしまいます。

そのせいで、知らず知らずのうちに姿勢が悪い事が当たり前になってしまいます。

さらに、その姿勢は携帯電話を仕様していないときにも出るようになってしまい、いわゆる『癖』のような形で出てしまうのです。

そうなってしまうと、姿勢が悪い事にも気が付く事が出来なくなってしまう事でしょう。

顎を引くのがポイント

下を向かないようにすることが大切だといわれても、実際に真下を見て生活している人はいません。

だからこそ、何をどうしたらいいのか分からないという事もあるでしょう。

そこでおすすめなのが、顎を引くことを意識する事です。

普段から、顎を引く事を意識して生活する事によって、目線の位置を正しいものにする事が出来ます。

目線は、下を向いていても上を向いていても良くないのです。

正しい位置というのは、まっすぐな視線を意識する事が重要です。

普段から、綺麗な立ち姿を維持することが出来ていない場合どこを見たらきれいな姿勢に出来るのかわからない場合も多い事でしょう。

ついつい変な姿勢になってしまったりしている場合もあります。

そんな時でも『顎を引く』というポイントを押さえる事によって、自分の姿勢を正す事が出来るようになる事でしょう。

実際にやってみるとその効果を実感する事が出来るはずです。

顎を引く角度などが分かりにくい場合には、鏡の前なので実践する事によってより良い角度を学ぶ事が出来る事でしょう。

3:肩甲骨は内側に

肩甲骨とは、肩の部分の骨の事を指します。

『天使の羽』といわれる事もあり、背中の部分にある大きな骨の事を指します。

この骨の部分を意識することによって立ち姿を綺麗にすることが出来るでしょう。

首の角度同様に、普段から携帯電話やゲーム機などをじっと見ていると自然と目線が下に下がってしまいます。

また肩が内側に入る事によって前かがみの姿勢になってしまう事もあるでしょう。

それを改善するためにも、肩甲骨を内側に入れる事を意識しましょう。

内側とは背骨の方という意味です。

肩甲骨を背骨につけるように意識する事によって胸の部分を開く事が出来るようになります。

そうする事によって、自然と胸を張った美しい姿勢を作る事が出来るようになるのです。

自分では正しい姿勢をしているつもりでも、肩甲骨の位置が悪いという事は以外にも良くあります。

そのせいで、背筋が悪くなってしまうだけではなく肩こりの原因になったり腰痛などの原因になってしまう場合もあります。

普段の姿勢を気を付ける事によって、長年悩まされ続けた不調を改善することが出来るようになるかもしれません。

4:片足を一歩後ろに下げる

美しい立ち方を作る場合、足の位置にも気を付ける必要があります。

ただまっすく立っているよりは、足を一歩後ろに下げた方がよりきれいに見える事でしょう。

モデルさんが立つ際も、足はまっすぐそろえるよりも、どちらか一方を後ろに下げているものです。

そのアンバランスさが、姿勢を美しく見せるポイントとなるのかもしれません。

5:鎖骨が床と平行になるように

鎖骨とは、首と方の間にある骨の事を指します。

細い人などは、何もしなくともその骨が見えている事でしょう。

正しい姿勢を意識する際には、何か目印があった方が分かりやすいはずです。

そんな時にも活用することが出来るのが、この鎖骨なのです。

鎖骨を床と平行になる事を意識して立ちます。

すると自然とまっすぐに立つ事が出来るようになるのです。

自分では正しく立っているつもりでも、すでに姿勢が曲がっている場合には床と平行になっていない場合もあります。

そのせいで、自然と横を向いてしまっている形にもなってしまう事もあるでしょう。

そもそもの立ち方が間違っていれば、そのあと細かいところを意識したとしても治る事はないのです。

だからこそ、最初が肝心です。

しっかりと立つためにも、鎖骨の部分を意識して行動してみてください。

どんなにいい目印を作っても、無くなってしまっては意味がありません。

どんな時にでも自分のそばにあるかららこそ、目印として仕様することが出来るのでしょう。

鎖骨の場合には、必ず自分の周りにある目印です。

だからこそ、それを利用することによって、より的確に美しい姿勢を手に入れる事が出来るでしょう。

6:骨盤は傾けない

骨盤は、私たちを支えてくれる大きな骨です。

この骨の中には内臓なども詰まっており、とても大切な役割をはたしています。

とても大事な骨なのにもかかわらず、女性の場合には出産などによってその位置が大きくずれてしまう事もあります。

一度ずれてしまった骨は、なかなか戻る事が出来ず、自然と変な位置のまま定着してしまう事があります。

そのせいで、下っ腹がぽっこりとでてしまう原因となったり、便秘の原因になる事もあります。

とても大事な骨だからこそ、その位置には十分に注意しなければなりません。

骨盤の位置を意識するさいには、骨盤を傾けないように立つ事が大切です。

それが、尾てい骨とよ場fれるおあしりの部分が床に着いてしまっているようでは正しい姿勢とは言えません。

骨盤が寝てしまっているといえるでしょう。

骨盤は、あくまでもまっすぐすることが大前提です。

だからこそ、いかに真っ直ぐな姿勢を維持するかが大切となるのです。

ふとした瞬間に姿勢が崩れてしまう人は、骨盤から意識してみてはいかがでしょうか。

7:上半身はなるべく固定する


姿勢を正す際、基本となるのは背骨です。

つまりは上半身となります。

上半身を正しい位置にするためにも、なるべく位置をずらさないように意識する事が重要です。

下を向いたり上を向いたりしていては、綺麗な姿勢を意識する事は出来ないでしょう。

まず、しっかりと美しい姿勢を作ったらそのあとは移動する事無くその位置を維持するように心がけましょう。

普段から正しい姿勢を維持する事が出来ていない場合、きちんとした姿勢を取ろうとすると疲れてしまうものです。

変に力が入ってしまい、筋肉痛になる事もあるでしょう。

ですが、そこで諦めてしまうとその姿勢を自分のものにする事は出来ません。

出来るだけきれいな姿勢を維持するためにも、その姿勢を自分の物にする必要があるのです。

その為にも、まずは上半身をしっかりと固定するようにしましょう。

そのうえで普段から何も意識せずともその姿勢を常に作る事が出来るようにしていくのです。

それが出来るようになれば、いろいろな事を頭で考えずともその姿勢を作り出す事が出来るようになる事でしょう。

8:ももに紙1枚挟むように意識する

立ち姿を意識する為には、上半身をしっかり固定する事が大切です。

そうする事によって、綺麗な姿勢を作り出す事が出来るようになる事でしょう。

ですが、上半身ばかりを意識して下半身はそのままでいいかと聞かれれば、そんな事はありません。

下半身もきちんと立つ事が重要です。

足は基本的にはそろえて立つ事が重要です。

ですが、あまりにもピッタリくっつけてしまうと、それはそれでおかしな事になてしまいます。

ピッタリとくっつけるよりもももに紙一枚をはさむようなつもりで意識しましょう。

紙一枚とは、実に薄くあってもなくともいいようなものです。

本当ははさんだとしても、わからないくらいの幅でしょう。

だからこそ、本当に重要な事ははさむことではなくはさんでいるかのように足の幅を開けるという事なのでしょう。

ピッタリくっつけてしまうと、かえって不自然に見える場合もあります。

しかしながら、わずかな隙間を意識する事によって自然な雰囲気を出す事が出来るようになる事でしょう。

『足を開こう』と意識してしまうと開きすぎてしまうものです。

出来るだけ自然な距離を意識する為には、紙一枚分がちょうどいいのかもしれません。

9:気持ち分斜めを向いてみる

まっすぐ立つ為には、視線もまっすぐにする必要があります。

ですが、まっすぐ前を向く事は意外と難しいものです。

普段から、携帯電話やゲームばかりを見ている私たちからすると、ついつい下を向いてしまう事もあります。

そんな時は、気持ち上を意識してみましょう。

普段の姿勢が下を向いている人の場合、まっすぐしているつもりでもついつい下を向いているように見える事でしょう。

だからこそ、少し上を向くくらいがちょうどいい視線となるのです。

視線の位置によって、立ち姿を美しく見せる事が出来れば自然ときれいな姿を維持しやすくなるというものです。

それをする事によって、自分自身の姿をきれいなものにする事が出来るのであれば普段から意識をする事も負担にはならないのではないでしょうか。

自分の視線が正しい位置にあるかどうかを知るためにも、まずは自分の姿を客観的にみてみてください。

鏡などを利用して、横から自分の姿を見てみる事もおすすめの方法の一つです。

そうする事によって、自分の姿を冷静に判断する事が出来るようになる事でしょう。

立ち姿が美しすぎる!姿勢美人のメリットは?

美しい立ち姿になる事は、自分にとってもたくさんのメリットがある行為です。

だからこそ、きちんと立つ事は自分自身の役に立つことにもつながるのです。

立ち姿を変えただけで、他人の印象などそう変わる事などないと思う人もいることでしょう。

ですが、たかが立ち姿。

されど立ち姿です。

意外とその小さな変化が全体の印象を大きく変える事にもつながります。

自分の姿は、自分ではなかなか見えないものです。

だからこそ、おかしな姿勢になていたとしても、自分でその事に気が付く事が出来なければその姿勢が定着してしまう事もあるでしょう。

そうなってしまうと、大変な思いをして姿勢をなおさない限りまっすぐに立つ事が出来なくなってしまうのです。

だからこそ、後から大変な思いをしないようにする為にも普段からの姿勢をしっかりと意識しておきましょう。

スタイルがよく見える

立ち姿を綺麗にする事によって得る事が出来るメリットは沢山あります。

その中でも一番わかりやすい方法が、スタイルをよくする事が出来るという点です。

実際には体重などに変化がなかったとしても、綺麗に立つ事が出来るようになればそれだけでスタイル良くきれいに見せる事が出来るようになるのです。

痩せている人の中にも、姿勢が悪いせいで必要以上に太って見えたりおなかが出ているように見えてしまう人もいる事でしょう。

そんな人の場合、その姿勢が癖になってしまっているので知らず知らずのうちに楽な姿勢を取っているからこそ、そのようなイメージの姿になってしまうのです。

最初は姿勢を維持することが大変かもしれませんが、慣れる事によってその苦痛を軽減させる事も出来るでしょう。

だからこそ、まずは正しい姿勢を身に着ける事が大切です。

ダイエットは大変です。

ついつい誘惑に負けてリバウンドしてしまう事もあるかもしれません。

ですが、姿勢を正す事はダイエットよりもずっと簡単に出来る方法です。

運動嫌いな方も自然と意識する事が出来るようになれば、今よりもスタイル良く見せる事が出来るようになるでしょう。

誠実な印象に持たれる

曲がった姿勢の人と話をしていると、なんだかが曲がったないようになってしまいそうな気がします
商談などをしていたとしても、どこかで信用できないような気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

それは勝手なイメージではあるものの、所詮人間はイメージで生きています。

相手の事を深く知る事が出来ない時などには、イメージによって物事を考える以外に方法がないからです。

だからこそ、そのイメージを意識する事も人付き合いを円滑に進める為には必要な事だといえるでしょう。

姿勢をよくする事によって、相手方もたれるイメージも変える事が出来るようになります。

まじめに見えたり、忠実な印象にする事が出来るようになるのです。

同じ話をしていたとしても、姿勢がきれいな方がどこか信憑性があり、信頼されやすい傾向にあるのです。

だからこそ、自分の人生をよりよいものにするためにも誠実な印象を持って貰う事はとても重要です。

それを姿勢をよくするだけで手に入れる事が出来るのであれば。

やらない手はありません。

ヒ人からの信頼は、お金で買えるものではありません。

せっかく得られるチャンスがあるのであれば、是非そのチャンスをものにしてみてはいかがでしょうか。

男性の好感度が高い

男性は、女性の見た目をとても気にします。

『人間は中身だ』なんて言い方をする事もありますが中身より最初に見るのが外見です。

外見が良くなければ、その後中身を知ろうなどと思う事はないからです。

だからこそ、男性の好感度を上げるためにも姿勢をよくすることは需要です。

体のバランスがよくなる

姿勢を意識する事によって、体全体の位置を正しいところになおす事が出来るようになります。

そうする事によって、ゆがんでいた部分が一つづつ修復されていくのです。

そうする事によって、体のバランスが良くなるという事もあります。

体のバランスをよくする事が出来ると、肩こりや腰痛といった体の不調を改善することが出来るようになります。

また見た目をきれいいする事が出来るので、周りの人からの印象を変える事にもつながるでしょう。

印象をよくすることが出来れば、多くの人から行為を抱いてもらう事が出来るかもしれません。

全ての人に好かれる必要はありません。

ですが、好意を抱かれる事が無いとしてもいい印象をもたれる事に損はないはずです。

それによって自分に何かメリットを感じる事が出来るようになるかもしれません。

多くの人の助けを借りる事が出来るようになる事だてあるでしょう。

人との繋がりは、どんな形で自分に返ってくるかわかりません。

まずは。

そのつながりを作るためにも、多くの人と広くかかわりましょう。

そのきっかけとして姿勢を意識する事は、大変有効な方法だといえるでしょう。

こんな立ち姿はNG!あなたは大丈夫?

今までは、美しい立ち姿の作り方や必要性についてご紹介させてただきました。

ですが、そもそも『美しくない姿勢』が分からないと、どんな姿がダメなのかという根本的な部分が分からないという事もあるかもしれません。

そこで、まずは立ち姿のNG例をご紹介させていただきます。

自分では大丈夫だと思っている方も、知らず知らずのうちに美しくない姿勢になっているかもしれません。

その事実に気が付いているのは、自分だけなんて事もあるかもしれないのです。

汚い姿勢でいる事もそうですが、そこに気が付かず過ごしている方が、もっと恥ずかし事になってしまうでしょう。

そうならないようにする為にも、どんな姿勢がダメなのかという部分を改めておさらいしておきましょう。

腰が反ってる

正しい姿勢にしようとするあまり、背骨を意識しすぎた結果反るような姿になってしまったのでしょう。

何事も限度が需要です。

いくら背をシャキンと綺麗に見せたいと思った所で不自然に腰が曲がれいればおかしいと思う人は居ても、美しいと思う人はいないはずです。

自分の自己満足になってしまう事でしょう。

自己満足では、意味がありません。

周りの人すべてから美しい立ち姿をと求められなければそれによよるメリットを感じる事も出来ないからです。

自分の気持ちだけではなくまわりから見たらどうみえるのかという部分もしっかりと意識しておきましょう。

猫背

猫背とは、まるで猫のように背中や肩が丸まっている人の事を指します。

昔は、背の高い人におお姿勢だといわれてきました。

背の高い自分が目立つのを避け、そのような姿勢になってしまったというのがその理由です。

ですが、現在では、背のたかさに関係なく多くの方が猫背となっています。

その大きな理由の一つが、携帯電話やゲームなどの機器です。

それらを操作する為には、どうしてもうつむき加減になる必要があります。

そのせいで猫背が定着してしまうのです。

一度定着した猫背はそう簡単に解消することはできません。

自分のその姿に気が付きていない人も多く、隠れ猫背はいがいにも沢山います。

自分は大丈夫だと思っているのは自分だけかもしれません。

本当は、周りの人から見ると明らかに猫背になってしまっている場合もある事でしょう。

だからこそ、まず自分が猫背かどうかを確認してみてください。

それをすることによって、自分の問題点に気が付く事が出来るようになるでしょう。

【猫背を改善するために気を付けるべきことは、こちらの記事もチェック!】

【応用編】エレガントに見える立ち姿

それではここからは美しい立ち姿の応用編です。

応用編なので、すべての方が必要としている事ではないかもしれません。

ですが、それをあえて実践することによってイメージを大きく変える事ができるようになる事もあるかもしれません。

すでに自分は美しい立ち姿をマスターしていると自信を持っていう事が出来る人は、この機会に応用編にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

片足を前に出してクロスする

モデルさんなどの写真を見る場合、このポーズを多く見かけます。

そのポーズを取る事によって姿勢が美しくなり、スタイルが良く見え特に足を長く見せる事が出来るようになります。

どんな美容整形であったとしても、足を長く見せることはそう簡単な事ではないのです。

ですが、姿勢によって美しく見せる事が出来るのであれば、それほど簡単な事はないでしょう。

両手を下腹部付近に添える

これは、TPOを必要とする技です。

何気ない日常の中でこの姿勢をしていると、あまりにもかしこまった印象になってしまいほかの人が引いてしまう恐れもあります。

だからこそ、この姿勢は出来るだけ特別な時に疲労するように意識してください。

イメージとしては、客室乗務員さんや美容部員の方々をイメージするとわかりやすいでしょうか。

彼らをイメージすることによって、その美しい立ち姿も同じようにイメージすることが出来るようになるはずです。

どこかかしこまった印象のある彼らなので、その姿にタジタジになってしまう事もあるかもしれません。

ですが、その一線引いた姿がまた美しさを感じさせるポイントとなっているのでしょう。

立ち姿の美しさは中身の美しさ

いったいどれほどの人が自分の立ち姿を知っているのでしょうか。

顔は毎日鏡で見るとしても、立ち姿はそう多くの人が見るものではありません。

だからこそ、自分がどんな姿をしているのか知らない人も多くいる事でしょう。

自分では大丈夫と思っていても、意外ダメな場合もあります。

不意に札系した写真があまりにもだらしなく、がっかりした事がある方もいるのではないでしょうか。

それだけ立ち姿とは、意識しないと崩れてしまうものなのです。

立ち姿が汚かったからと言って、何か身体的に問題が出るわけではありません。

ですが、見た目は確実に悪くなります。

また、そういった姿勢を取る事によって体の骨が曲がってしまったり肩こりや腰痛などの不調に悩まされる事もあるでしょう。

もっといえば、体系が崩れ美しい無い姿になってしまう事もあるのです。

立ち姿は、一日に何度も出てきます。

特別な姿勢ではなく、いつもの姿なのです。

だからこそ、その姿をきちんとする事が出来ないという事は、日常的にいつもだらけた姿になってしまっているという事なのでしょう。

一度ついてしまった姿勢の癖はなかなかなおす事は出来ません。

後から後悔しても、その癖を取る事はとても大変な事なのです。

だからこそ、立ち姿をなおしたいと思うのであれば、出来るだけ早く行動に移す事をおすすめします。

最初は姿勢を正すだけでも大変かもしれません。

ですが、その姿に慣れてしまえば、さほど苦痛を感じることなく美しい姿勢をキープする事が出来るようになるでしょう。

いかにその姿勢に慣れる事が出来るかどうかという事が大切なポイントです。

今まで自分の立ち姿に自信がなかった方も、これをきっかけに見直す事によって美しい姿勢を作る事が出来るようになるかもしれません。

是非実践してみてはいかがでしょうか。