CoCoSiA(ココシア)

立ち姿を美しくする9個のコツ!姿勢美人になろう


人の印象は意外なもので変わったりします。

人間は、中身が重要なんて事も言われますが、中身は興味を持って貰ってこそ始めて気がつくものなのです。

だからこそ、まずは他人の視線を自分に向ける必要があります。

だからこそ、第一印象を意識して行動する必要があります。

第一印象を変えるためには、いくつかの方法があります。

メイクを変えたり話し方を変えたりする事もあるでしょう。

そんな中で、意外と盲点な部分があります。

それは立ち姿です。

第一印象を良くしようと思う時に、立ち姿を意識する人はそう多くはありません。

だからこそ、ついついそこが疎かになってしまうのです。

ですが、立ち姿は自分達が思っているよりもずっと重要なポイントです。

どんなに身なりを整えたとしても、立ち姿がだらけていればいい印象を相手に与えることは出来ないでしょう。

反対に、立ち姿がキチンとしている人はどこかしっかりしている人に見えるものなのです。

だからこそ、立ち姿を意識する事はとても大切なポイントとです。

この記事の目次

美しい立ち姿を演出する9個のコツ


綺麗な立ち姿は、とても大切なポイントです。

ですが、美しい立ち姿を意識するにはいくつかのコツを抑える必要があります。

何もわからずに、背を伸ばそうとしていれば、無理が出たりかえって変な姿勢になってしまうこともあるかもしれません。

そうならない様にするためにも、コツを知る事はとても重要です。

また、コツを知る事によってより簡単に美しい姿勢を手に入れる事が出来るようになります。

意識しているつもりなのにも関わらず、なかなか美しい姿勢を維持する事が出来ないという人は、そもそもの姿勢が間違っているのかもしれません。

これからご紹介するコツを抑える事によって、今まで以上にいい姿勢を意識する事が出来るでしょう。

1:下腹部に力を入れる

まず、美しい姿勢を維持することで必要なポイントとは、かふくぶに力を入れる事です。

痩せている人の中にも、下腹部だけ、ぽっこりとお腹ぎ出ている人が居ます。

これは、楽な姿勢を求め過ぎるあまり、正しく無い姿勢で過ごす事が当たり前になってしまった結果なのです。

人間は直ぐに楽なものに慣れてしまいます。

だからこそ、姿勢もまた乱れて居ておかしなものになって居たとしても、それが楽な姿勢だと感じれば無意識のうちにその様な姿勢になってしまうのです。

一度癖になってしまった姿勢はなかなか元に戻す事は出来ません。

結果的に自分でも気がつかないうちに、汚い姿勢でいる事が当たり前になってしまうのです。

下腹部に力を入れる事によって、ぽっこりお腹を避ける事が出来るようになります。

実際に太っていないのにも関わらず、太って見えてしまった人は、それを解消する事が出来るでしょう。

また、姿勢を正す事によって、内臓の位置を治す事が出来るようになります。

そのお陰で便秘を解消したり、消化不良などの不調を解消する事にもつながります。

姿勢を正す事は、見た目だけでは無く体にとってさまざまないい効果があると言えるでしょう。

お尻を気持ち持ち上げるように

下腹部に力を入れると言うと、お腹を凹ませる様にする人がいます。

下腹部に力を入れる事と、凹ませる事は少し違います。

意味合いは似てはいるものの、ただお腹を凹ませるだけでは姿勢の改善にはならないでしょう。

下腹部を凹ませると言う事がイマイチイメージ出来ないかたは、お尻を持ち上げる様にしてみましょう。

お尻を持ち上げる様にすると、自然とお腹を下げる形となります。

故意に凹ませなくとも、自然と下がるのです。

それが、美しい姿勢には大切なポイントです。

お尻の位置は、普段生活している中で意識する事は少ないかもしれません。

そのせいで、知らず知らずのうちに下に向いてしまっている事もあるかもしれません。

意識を改善する事によって変わる事があります。

自然にできない時もあるかもしれませんが、そんな時は自分の意識を改善することを考えていきましょう。

そうする事によって変わる事があるかもしれません。

2:視線をまっすぐに