あなたは、ダメ元での挑戦というのはしたことはありますか?

ダメ元での告白、ダメ元での仕事への取組み、ダメ元での勝負…、とダメ元での挑戦をする機会というのは、たくさんあるといるのではないでしょうか?

そして、「ダメ元だけど…。」というこの単語。

皆さんも日常生活でよく聞く言葉なのではないでしょうか?

特に、好きな相手に振られてしまう可能性が高いけれども、玉砕覚悟でアタックをしたり、難しい仕事にトライをしてみたり等、前向きな気持ちの時に使う時が多い単語だといえます。

当たり前のように使われている、この「ダメ元」という単語。

当たり前に使われているからこそ、この単語の意味合いについて、深く考える機会は少ないといえるのではないでしょうか?

「ダメ元」という言葉は、非常に前向きで素敵な言葉です。

失敗を恐れずに、チャレンジする機会が少なくなっている昨今だからこそ、「ダメ元」という言葉の意味を再確認してみるのは大事だといえるでしょう。

そこで、今回は「ダメ元」という言葉についてお伝えしていきたいと思います♪

読み終わったあとは、「ダメ元」という言葉が、より魅力的に感じられるはずですよ♡

ダメ元とは

「ダメ元で頑張ってみます!」「ダメ元だけどアプローチしてみようと思う!」など、日常生活でよく使う言葉だといえる「ダメ元」。

あなたも気づかないうちに使っている単語ではないでしょうか?

日常的に使っている「ダメ元」という言葉。

この言葉が、どういう意味合いなのか、またどうしてできたのかを考えたことはあるでしょうか?

当たり前のように使っている言葉だからこそ、なかなかこの言葉について、考える機会は難しいといえるのではないでしょうか?

では、まず「ダメ元」という言葉について、説明をしていきましょう。

略語である

「ダメ元」とは頻繁に使う言葉。

仕事や恋愛などの会話でもよく出てくる言葉であり、この言葉を知らないという人や少ないといえます。

そのため、「ダメ元」という単語があると思いがち。

しかし、「ダメ元」とは略語であり、昔からある言葉ではありません。

むしろ、最近できた言葉であるといえます。

駄目でもともとを略していう語

最近では、「ダメ元」という言葉を使う人が多いですが、本来は、ダメ元とは、「だめでもともと」の略語です。

実は、略語であるため、フランクな会話の時は良いですが、ビジネスシーンには適している言葉ではないといえます。

また、目上の人にも使うのは、本来であれば避けたい言葉。

しかし、昨今では老若男女問わず、当たり前に使うようになってきているため、違和感なく会話の中で使われている傾向にあります。

では、ビジネスでは「ダメ元」はどのように表現するのが適しているのでしょうか。

例えば、「可能な限り、精いっぱい頑張ってみます。」「チャレンジします。」「思い切って、頑張ります。」などの言葉に言い換えるのが無難だといえるでしょう。

そもそも、略語というのはビジネスシーンには適していません。

最近では、「なる早」や「ググる」などの言葉も当たり前に使うようになってきていますが、実は目上の人に使うには適していない言葉。

略語を使う時は、場をわきまえて使う必要があるといえるのではないでしょうか?

意味

ダメという単語がついているため、マイナスなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、意味としては「無理かもしれないが、とりあえずチャレンジしてみよう。」という意味合い。

マイナスではなく、失敗を恐れず、トライをしてみようという前向きな意味合いです。

試みて失敗しても、何もしない場合と結果は同じと考えて、失敗を恐れずにやってみろということ

ダメ元でもいいから、トライしてみるというのは、気合の入った前向きな言葉だといえます。

失敗することを想像すると、失敗しない手段を選んだり、その方法を避けてしまう人がほとんどですが、「ダメ元」での挑戦というのは、試みて失敗しても、何もしない場合と結果は同じと考えて、失敗を恐れずにやってみろということ。

特に、最近は面倒なことは避けたり、難しい課題は対応しなかったり…と自分が傷つくようなことは避ける人が多くなってきている中、「ダメ元」という言葉、やる気に満ち溢れている言葉だといえるのではないでしょうか?

使い方

では、ダメ元という言葉はどういう時につかうのでしょうか?いくつか具体例をあげてみましょう。

例えば、玉砕覚悟の相手に告白するときになどは、「好きな人に、ダメ元で告白をする。」という使い方をしたり、失敗する可能性が高い仕事にトライするときは、「失敗する可能性が高いが、ダメ元で仕事に取り組んでみる。」というような使い方をします。

思い切って行動するように促す言葉として使う

ダメ元という言葉でいえることは、失敗する可能性は高いが、失敗を恐れずチャレンジをしようという気持ちが伝わるということです。

思い切った行動をするように促す言葉として使われるもので、気合が入る単語でもあるといえるのではないでしょうか?

何気なく使っている「ダメ元」という言葉。

しかし、その言葉を使うだけで、気合を入れようという志にもつながる単語であるとも言えます。

では、実際にダメ元についての具体的なお話をしていきたいと思います♪

仕事も恋愛もダメ元精神が成功する8個の理由

「ダメ元」という言葉を使うときは、成功するのが難しい時に使う場合が多いといえます。

そのため、多くの人が、失敗する可能性が高いと思いがち。

しかし、結果としては、仕事も恋愛も、ダメ元精神で取り組んだ方が成功率が高いといわれています。

成功する可能性が低いのに、なぜ成功率が高いのか…?ここでは、ダメ元精神が生み出す効力についてお伝えしていきたいと思います。

1.気持ちの整理をつけやすい


まず、ダメ元でのチャレンジは、気持ちの整理をつけやすいといえます。

ダメだと思ってチャレンジをしているからこそ、結果ダメであっても「やっぱりな~。」という気持ちで済みますし、万が一、結果がOKであった場合は、喜びも倍になるといえるのではないでしょうか?

そもそも、「ダメ元」であったからこそ、「成功したらラッキー。」くらいの軽い気持ちでいられます。

つまり、精神的にもノーリスクのまま、全力でトライができるのです。

例えば、人気がある異性にダメ元で告白する場合、振られて当たり前だと思いながら告白しているため、振られたときの対処法は事前に身についています。

そのため、振られてしまったときは、すんなりと受け入れるという利点があります。

付き合うことができるのではないかと期待をしながらの告白よりも、ずっと落ち着いた気持ちで対応ができるという利点があるのです。

また、これは仕事の場合でも同様のことがいえます。

失敗する可能性が高い仕事にチャレンジしたときは、「ええい、ダメ元だ!」と開き直った気持ちで対応ができるため、緊張なども取り除くことができ、落ち着いた気持ちで、堂々とした対応ができるという利点があります。

また、失敗したときも、「難易度が高かったからしょうがない。」とすんなり引き下がることができます。

そもそも、「ダメ元」でのチャレンジというのは、周りも「ダメ元」だと感じているため、失敗するときに周りから責められる可能性も低く、実は非常にやりやすい雰囲気に包まれているといえます。

失敗しても、(あいつは頑張ったな。)という評価につながりますし、成功した場合は、(あいつはすごいやつだ。)という評価にもつながります。

特に仕事での場合、失敗をしてしまうと、評価が下がってしまったり、周りからの評判が変わってしまったり…などの、リスクが付きまといます。

しかし、「ダメ元」の場合のチャレンジというのは、失敗をしてもしょうがないという気持ちを、自分も周りも抱いている状態であるため、どのような結果になっても評価が得やすいという利点があるのです。

駄目な時の切替が早くできる

また、もともとダメ元でのチャレンジということもあり、気持ちの切替も早くできます。

例えば、好きな人にダメ元で振られた場合も、ダメ元での告白であるからこそ、すぐに振られたという状況を受け入れることもできますし、気持ちの区切りもスムーズに行えます。

仕事においても、ダメ元で挑戦しているからこそ、失敗してもしょうがなかったと思うことができ、仕事の失敗に対して変に引きずってしまったり、挑戦することが怖くなったりということはありません。

もともと失敗する可能性が高かったのだから、失敗して当たり前。

しょうがなかったと思うことができ、次につなげて頑張ろうと気持ちを切り替えることができるのです。

さらに、ダメ元で挑戦しているからこそ、次に挑戦をしたときに備えて、いろいろと準備もでき、あなた自身のレベルも上がります。

失敗から学ぶことはたくさんあり、その失敗を気軽にできるのであれば、ダメ元で挑戦するのも悪くないですよね♪

気持ちの切替が早くでき、さらに前向きな気持ちで次に挑戦できるのは、ダメ元での挑戦の大きな利点だといえるのではないでしょうか。

ショックも少なく立ち直りも早い

また、ダメ元での挑戦はショックも少なく立ち直りも早いといえます。

人は、物事に対しては期待をしてしまいます。

例えば好きな人がいる場合、きっと両想いだから付き合えるのではないかという期待を抱いていたり、仕事に対しても、このプロジェクトを成功させて、出世できるのではないかという期待を抱いて、物事に挑んでいる人は多いのではないでしょうか?

過剰な期待というのは、失敗したときに、気持ちの下げ幅が大きく、その結果立ち直るのには時間がかかります。

恋愛においては、両想いになれるのを期待して、好きな人とのお付き合いの夢見ていた場合、その夢が実現できないと分かった瞬間には非常にショックを受けるはずです。

また、仕事面でも出世をするために頑張っていたのに、プロジェクトの失敗などで、出世ができないと分かったときは、(もう一生出世ができないのではないか…。)などと感じてしまい、這い上がってくるまでに時間がかかります。

しかし、ダメ元での挑戦であれば、背負っているものは何もなく、過剰な期待もありません。

「どうせダメだろけど、頑張ろう。」という気持ちでの挑戦であるからこそ、ショックも少なく立ち直りも早くなるのです。

2.印象に残る

また、ダメ元での挑戦というのは、非常に印象に残る挑戦だとも言えます。

失敗するのはわかっているけど、自分のできる限りのことはやってみようという気持ちというのは、非常に前向きなものですし、気合の入った行動だといえます。

そのため、非常に印象に残りますし、あなた自身の成長であったり、人生が変わるきっかけにもなる可能性があり得るのです。

突き進む気持ちが強い

ダメ元での挑戦というのは、「失敗を恐れる」という精神がありません。

失敗する可能性が高いと分かっているからこそ、突き進む気持ちが強くなるのです。

状態としては、アニメや漫画などで、自分よりも強い敵が出てきたときと似ているかもしれません(笑)

絶対に勝てない相手だからこそ、自分の全力で戦ってみて、結果的に自分の成長にもつながり、相手を倒すことができた。

少年漫画ではよくあるパターンですよね。

ダメ元での挑戦というのは、それに近いものだといえるでしょう。

突き進む気持ちが強いと、人は恐れを感じることなく、一生懸命取り組んでいくことができます。

本来、人は失敗を恐れて、躊躇してしまったり、逃げてしまったりをしがちな生き物。

だからこそ、失敗を恐れずに突き進むことができるという行動こそに価値があるといえるのではないでしょうか。

遠慮がない

また、人は挑戦をするときは、どうしても成功を見据えて行動を起こしがちです。

(こういうことをしたら失敗してしまうのではないだろうか。)とか(こんなことを言ったら嫌われてしまうのではないか。)という迷いは、行動を躊躇させてしまい、ブレーキをかけてしまうことにもつながります。

さらに、日本人は他人に対して、遠慮をしがちだといわれています。

必要以上に相手の気持ちを察しようとしたり、相手の気持ちを優先しようとする人種であるといわれており、外国の人と比べて、どうしても自分の気持ちにブレーキをかけがちです。

自分の気持ちを押し殺すことにも慣れているといえるでしょう。

しかし、ダメ元での挑戦の場合は、失敗を恐れずに突き進んでいるため、行動に遠慮がなくなります。

また、自分の思った通りにやろうという気持ちがつよくなるため、自分の行動にも自信をもって行動ができるようになります。

そのため、人のことを気にしたり、選択肢を悩んだりという気持ちはなくなるといえるでしょう。

3.感謝の気持ちが大きい


ダメ元での挑戦というのは、人に対して感謝の気持ちも大きくなります。

人は失敗したときに、ショックを受けるため自分の感情を優先にしがちになります。

結果、周りの人が励ましてくれたり、フォローをしてくれているのにもかかわらず、それが目に入らなかったり、気づかなかったりしてしまいます。

しかし、ダメ元での挑戦というのは、冷静に対処しているため、周りの人の行動が非常に見えやすくなります。

ショックを受けるということが抑えられるからこそ、周りの人の行動が冷静に見えるようになるのでしょう。

うまくいった場合、心からありがたいと思える

また、ダメ元での挑戦が成功した場合は、本来の倍以上の嬉しさも感じられます。

成功すると思っていないからこそ、うまくいった場合、心からありがたいと思うことができ、感謝が倍以上に感じられるのです。

例えば、みんなからの憧れの的で、非常にモテるマドンナ的存在に「ダメ元」で告白をしたら、なんとお付き合いができることになった。

そんな時は、うれしいと感じると同時に、応援してくれた友達に感謝したり、自分の気持ちを受け止めてくれたマドンナ的存在にも、ありがとうと思えるのではないでしょうか?

また、自分よりも強い対戦相手と、ダメ元で勝負して勝利をしたとき、応援してくれた人に感謝をすると同時に、勝負をしてくれた相手にも感謝するのではないでしょうか?

ダメ元での挑戦の成功は、周りの人に対して、心からありがたいと思える瞬間でもあります。

心からの感謝というのは、なかなか味わうことができないもの。

ダメ元での行動というのは、うれしさとともに、感謝も倍増する行為だといえるのです。

4.しっかり伝えられる

ダメ元での挑戦というのは、しっかり伝えられるという利点もあります。

人は勝負するときに、どうしても勝ちたいという気持ちや成功したいという気持ちから、行動や言動に迷いがでてしまうもの。

結果、相手にうまく伝えられず、勝てるものも勝てなくなってしまうなんてことも…。

ダメ元での挑戦は、負ける可能性が高いからこそ、勝ちたいであったり、成功しなくてはいけないという気持ちは生まれづらいといえます。

そのため、成功や勝ち負けを意識せず、自分の想いや気持ちを正直に伝えることができることが、大きな利点だといえるのではないでしょうか?

気持ちがきちんと言える

特に人は成功を意識したり、勝負で勝つことを意識すると、どうしても自分の気持ちや行動に対して自信がなくなり、迷いがでてきてしまうものです。

こういう行動を起こしたら、のちのち後悔してしまうのではないだろうか?

であったり、こういう言動をしたら、相手に誤解を与えてしまうのではないだろうかという不安から、気持ちをきちんと伝えることができなくなってしまうのです。

ストレートな表現ができる

しかし、ダメ元で挑戦している人は、自分の気持ちに対してストレートな表現をすることができます。

勝敗よりも成功よりも、自分のやりたいことをやろう。

自分の思ったことを伝えようという気持ちに切り替えるため、ストレートな表現ができるのです。

日常生活で、勝負を意識してしまうと、緊張であったり不安などから、どうしてもストレートな表現ができなくなってしまいます。

一方で、ダメ元での挑戦というのは勝敗を意識するよりも、自分が後悔しないような行動を意識し、結果失敗してもしょうがないから頑張ろうという気持ちから、安定した気持ちで臨むことができます。

結果、相手に対して、ストレートな表現ができることにもつながるといえるでしょう

5.後悔が少ない

ダメ元での挑戦というのは、後悔が少ないというのも利点です。

人は、何かに取り組んだり、挑戦をして、失敗をしたときには、(もっとあーすればよかったのかもしれない。)とか、(こう伝えればよかったのかもしれない。)という後悔を抱きがちです。

しかし、ダメ元での挑戦というのは、失敗することを見通してでの挑戦なので、後々自分の行動や言動に対しての後悔が起こりにくいといえます。

もともと失敗する可能性が高いものへの挑戦だからこそ、自分の行動に自信をもって取り組むことができるため、後悔が少なくなるといえるでしょう。

未練が残りにくい

また、人は失敗をしてしまったと感じると、そのことに対して(もっとこうすればよかった。

)と未練を残しやすい傾向にあります。

過去を後悔しても仕方ないのですが、自分の行動や言動によって、変えることができたのではないかという期待から、後悔する気持ちを増長させてしまうため、未練につながってしまうのです。

しかし、ダメ元で挑戦する場合は、失敗するという可能性が高いため、自分の行動に対して後悔するというよりも、「伝えてよかった。」とか「行動してよかった。」というプラスの感情を抱くことができます。

結果、未練が残りにくく、次のステップへと躊躇なく進んでいくことができるのです。

6.実行するという選択肢しかない

人は、成功するか失敗するかわからないときに、不安を抱いてしまい、挑戦しないほうが良いのではないか。

と逃げ腰になりがちだといえます。

特に、大きなプロジェクトであったり、好きな人への告白に対しては、失敗を恐れて躊躇しがち。

挑戦しなければ、つらい思いをしなくて済むという気持ちから、行動することから逃げてしまう人もたくさんいます。

しかし、ダメ元での挑戦というのは、実行するという選択肢しかありません。

実行する選択肢しかないからこそ、開き直って挑戦することができ、前を向いての行動が可能だといえるのです。

迷わなくていい

本来は、人は行動する前には躊躇する生き物。

自分の行動や言動に対して、どうしたらいいかと悩んでしまったり、プレッシャーから逃げてしまったりと、迷いがちになってしまいます。

しかし、ダメ元での挑戦であれば、迷うという選択肢はなく、前をみてズンズン進んでいくことができます。

自分の行動に躊躇したり、迷ってしまうというのは、想像以上のストレスになってしまうもの。

結果、悩みすぎてしまって、体調を崩してしまったり、マイナス思考になってしまうことも多くあります。

その分、ダメ元での挑戦は迷うという選択肢がないため、自分に自信をもって挑戦することができるといえるでしょう。

7.結果がどうあれ気づきがあると思っている

また、ダメ元での挑戦は、結果がどうであれ気づきがあります。

冷静に対処でき、自分に自信をもって、前だけとみて進んでいくことができるからこそ、気づきも多いといえるでしょう。

気づきが多いということは、自分の成長にもつながりますし、人間関係をより良いものにしていくこともできます。

さらに、失敗したときも、素直に受け止めることができ、次に生かそうと思えるという利点があります。

また、失敗というのは、自分の成長は改善につながるチャンスというのもたくさんあります。

人はきっかけなくしては、変わることができません。

そして、きっかけというのは、成功からよりも、失敗から生まれやすいものなのです。

うまくいかない場合も前進のひとつ

人は失敗から学ぶことが多い生き物。

最初から成功する人は少なく、失敗の方が多い人がほとんどかもしれません。

だからこそ、「うまくいかない場合も前進のひとつ」だという気持ちで取り組むことで、気持ちが和らぐのではないでしょうか?
そもそも、失敗を恐れて、行動を躊躇していては何も始まりません。

「どうせうまくいかないから…。」と逃げるのではなく、「ダメ元でもよいから挑戦してみよう!」という気持ちは、あなたに成長する機会を与えてくれるといえるのではないでしょうか。

次へのステップ

また、失敗というのは次へのステップにもつながります。

失敗を体験しなければ、ずっとステージは変わりませんし、成長もすることができません。

あなた自身のレベルというのは、いつまでたってもその位置で、変わることがありません。

そもそも、成長というのは他人が与えてくれるものではなく、自分の挑戦した結果から導き出してくれるもの。

今の自分が大好きなのであれば、挑戦する必要もないですが、自分を変えたいと思うのであれば、逃げるのではなく、前を向いて突き進んでいくしかないのです。

突き進んでいく先に次へのステップが広がっているといえるでしょう。

8.開き直りが後押ししてくれる

ダメ元での挑戦というのは、開き直りともいえます。

そして、開き直りが後押ししてくれるため、結果、普段よりも良い行動ができるのです、
開き直ったときの人の行動というのは、実は、通常のときの行動よりも、良い動きをします。

「どうせ失敗するのであれば…」と失敗に対して前向きに取り組んでいくことができるため、結果いつもよりも良い行動を起こしやすいといえるのです。

変なこだわりがない

また、開き直った時の行動というのは、変なこだわりというのが一切なくなります。

まけてしまったらどうしようという気持ちから、変に確立を意識してしまったり、振られてしまったらどうしようという気持ちから、周りの人に聞き取り調査をしたりなど、こだわりが出てきてしまうと、人はおかしな行動を起こしがちになります。

また、人は何かにチャレンジするときに、過去の失敗を思い出しやすいといえます。

過去の失敗と重ねて、行動を躊躇してしまいがちなのです。

失敗を意識してしまうと、どうしても人の行動は失敗に向けて、行動しがちになります。

結果、判断が鈍ったり、躊躇してしまう傾向にあります。

しかし、失敗してもしょうがないという気持ちは、変なこだわりが一切なくなり、自分の気持ちや感情、感覚に自信をもって取り組んでいけるようになるといえるでしょう。

また、失敗してもしょうがないという気持ちで動いているからこそ、過去の失敗を意識しづらくなります。

失敗を思い出すよりも、前に突き進んでいくことを意識しているからこそ、変なこだわりもなく、突き進んでいくといえるのではないでしょうか。

時には運も引き寄せる

また、ダメ元での行動というのは、時には運を引き寄せることもあります。

「ダメ元」と感じていたことが、「ダメ元」ではなかったというケースがたくさんあるのです。

例えば、「高値の花だと思っていた女性は、みんなが高値の花だと思っていて、意外と告白されたりすることが少なかった。」とか「受注する可能性が低いと思って、誰も挑戦しておらず、結果受注に至った。」など、みんながダメ元だと考え、躊躇してしまっているからこそ、チャンスがあるケースもあるのです。

そもそも、「ダメだろう」と感じること自体が、ナンセンスなのかもしれません。

世の中は、成功と失敗でできており、失敗することの方が多いといえます。

そのため、世の中には「ダメ元」に取り組めるチャンスが、たくさん広がっているといえます。

しかし、大概の人は「ダメだろう」と逃げてしまい、「ダメ元だけど挑戦しよう。」という気持ちにはならない傾向になります。

そのため、ダメ元での挑戦というのは、実は成功を導きやすいものであるといえるでしょう。

行動は意味のあること

「失敗を恐れてしまい行動できない。」であったり、「どうせ失敗する可能性が高いのであれば、避けて通ろう。」という人たちは最近増えてきています。

もちろん、失敗を避けて生きることは、とても上手な生き方。

精神状態も安定しますし、リスクからも避けることができ、穏やかな日々を過ごすことができるでしょう。

しかし、行動をしないということは、あなたの成長や人からの評価、人間関係などはその段階で止まってしまい、一向に広がったり、大きくなったりはしません。

失敗を恐れず、ダメ元で行動をして得ることもたくさんあります。

例えば、精神的に強くなれたり、チャレンジ精神が人から評価されたり、自分に自信が持てたり、人間的にも強くなれたりなど、あなたの人間性をぐっと高めることにもつながるのです。

また、あなた自身が周りの人たちを見渡したときに、魅力的だなと憧れを感じてしまう人というのは、やはり行動ができる人が多いのではないでしょうか?

魅力的だなとか、憧れるなと感じているのであれば、あなた自身もその人に近づこうと努力をすることで、周りの人間関係、評価、またあなた自身の考え方も変わってくるはずなのです。

もちろん、現状維持は悪いことではありません。

しかし、現状を打破することで、より自分の人生を充実させる可能性もあります。

「ダメ元」で挑戦してみたからこそ、今までよりもずっと楽しい人生を送れるようになったという人達もたくさんいます。

「成功」することが分かってチャレンジする人など誰もいません。

成功するかどうかわからないけど、チャレンジすることで、今よりも、より充実した人生が送れる可能性があるからこそ、チャレンジをするのです。

あなたは、今の自分に100%満足できていますか?

万が一、100%満足できていないと感じているのであれば、「ダメ元」で今の自分を変えようと行動するのも良いのではないでしょうか?

今よりも、魅力的な自分になれるよう、あなたの行動を応援します♪