CoCoSiA(ココシア)

汗顔の至りとは?意味や例文、使い方を解説


「汗顔の至りです」・・・そんな言葉をきいて、いったいこの人は何を言っているんだ?何を自分に伝えたいのだろう・・?なんて思っていませんか?

汗顔の至り」とは、ふざけてその言葉が使われているというわけではないんです。

ちゃんとした実用的な日本語であり、使うのには間違っていません。

しかし、「汗顔の至り」という言葉をこれまでに聴いたことがないという方にとっては、とても不思議に感じてしまう言葉ですよね。

今は、「汗顔の至り」という漢字を見ることが出来ているので何を表現しているのかなんとなく想像できるはず。

しかし、口語会話のなかで「かんがんのいたりです」なんていわれたところで、その言葉を知らなかったり、知っていても意味をしらなかったりすれば、相手が何を伝えたいのかさっぱり分からないことでしょう。

それによって、会話が続くかなくなった経験がある方もひょっとしたらいるかもしれないですね。

ここでは、そんな”汗顔の至り”という言葉について特集しています。

この言葉には、いったいどんな意味があるのか?そして、どんなときに使われる言葉なのかについて例文をお伝えしています。

それだけではなく、さらに”汗顔の至り”という言葉の理解を深めるためにその類義語や、”汗顔の至り”という言葉を使うのはどのような人が多いのかをお伝えしています。

この記事をすべて読むだけで、”汗顔の至り”という言葉について詳しくなれること間違いナシです。

そして、これまでに使われる立場だったかもしれませんが、これからはあなたは”汗顔の至り”という言葉を使うことができるようになるでしょう。

この記事の目次

「汗顔の至り」を使いこなそう!

あなたは、これまでに「汗顔の至り」という言葉を使ったことがありますか?使ったことがあるという方は、その言葉の意味をしっかり理解して使っていたのでしょうか。

なかには、その言葉の深い意味はしらないけれども多くの人が”ある特定のシーン”で使っているのを思い出して、自分もそのようなシーンで使ってみたという方もいるかもしれません。

しかし、それで相手にあなたの気持ちを伝えることが出来ていればいいのですが、人によっては「え?ここで使うのおかしいよね?」なんて思われているのも少なくありません。

子供のころは、誰かが間違いを指摘してくれたものですが大人になるにつれて、間違いを指摘してくれる人ってどんどんすくなくなってしまうんですよね。

あなたの周りには、もう間違いを指摘してくれるような人がいないかもしれないんです。

でもでも「汗顔の至り」なんていう言葉を使いこなせたら、物知りのように思われてかっこいいんだろうなぁなんて思いますよね。

だったら、その言葉の意味をしっかり勉強すればいいだけなんです!私たちってその言葉の意味を勉強しなくても、”どんなときに使われているのか””どんな風に使っているのか””だれが使っていたのか”というのを思い出すだけで、なんとなくその言葉を使いこなせてしまいます。

読書するのがすきだとか、コミュニケーションをよくとっている方であれば”文脈の流れ”を理解できているので、どういった意味でここで「汗顔の至り」という言葉がつかわれたのかをなんとなく察することが出来るでしょう。

しかし、読書もしない、勉強もしない、それどころか人とコミュニケーションをとるのがあまり得意ではない・・というと、どうしても”文脈の流れ”を読み取るのが苦手な傾向があるはず。

そんななかで「汗顔の至り」という言葉について勝手に判断すると、間違った意味で使ってしまいかねません。

それじゃあ、あなたが恥ずかしい思いをするだけなんですよね。

そのようにならないように、「汗顔の至りです」なんて言葉をきいて「コイツ何いってんだ?」という疑問でたちどまることなく、あなた自身が「汗顔の至り」という言葉を使いこなせるようになればいいだけなんです!

ここでは、「汗顔の至り」という言葉の基本情報についてお伝えしていきます。

この言葉がどんな意味を持っているのか、そして類義語にはどんなものがあるのかをお伝えします。

ぜひ、ここでまずは「汗顔の至り」という言葉への理解を深めてください。

汗顔の至りとは?


この記事をお読みになっている方のなかには、すでに生活のなかで「汗顔の至り」という言葉を何回も使ってきた方もいらっしゃることでしょう。

生活の中にしみついていると、その言葉が本来はどのような意味を持っているのかなんてあまり深く考えないうちに使ってしまうものですよね。

また、「汗顔の至り」という言葉をはじめて聞いたという方は、まったく持ってその言葉を理解することが出来なかったはずです。

だって、少し日本語としておかしいなぁなんて感じてしまってもおかしくない言葉だからなんです。

しかし、さきほどもお伝えしたようにこの言葉は多くの日本人に使われており、国語辞書や広辞苑にも掲載されているようなメジャーな言葉になります。

だからこそ、この言葉の意味をしっかり理解しておくことが日本人としてのマナーといってもいいのかもしれません。

「汗顔の至り」は、「かんがんのいたり」と読みます。

「あせがおのいたり」ではないので読み方から間違えないように気をつけましょう。

この「汗顔の至り」という言葉には、「とても恥ずかしい気持ちになる様子」という意味があります。

あなたは、こんな経験はないでしょうか?あまりにも恥ずかしいことが起きて、その恥ずかしいことをしてしまった自分にたいして赤面して汗がびしょびしょになってしまった・・というようなこと。

もう恥ずかしくてたまらない!という状況をあらわすのが「汗顔の至り」という言葉なんですよね。

これだけでこの言葉を理解したつもりになってしまうのはやめてください。

もっと深く、「汗顔の至り」とはどんな意味を持っているのかを確認していきましょう。

顔に汗をかくほどとても恥ずかしく思うこと

今お伝えしたように、恥ずかしいことをしてしまったと自覚すると顔が赤くなってしまいますよね。

それだけでもさらに恥ずかしい気持ちになってしまうものですが、さらにそこに汗が出てしまうほどまでに”恥ずかしい”という気持ちになってしまっている心境を表す言葉になります。

もともと汗っかきな人というわけでもなく、日ごろはあまり汗をかかないというのに恥ずかしいことをしてしまったという後悔、そして取り返しのつかない状況に気持ちがもうどうしようもなくなっているんですよね。

そんな顔から汗が出てしまうくらいに恥ずかしい気持ちになったことは誰しもあるはず。

筆者は、以前会社のプレゼンの発表をすることがありました。

その際に直前まで資料つくりをしていたため(よくないですね)、見直しする時間がなく、参考資料として添付するはずの資料を付け忘れていたんです。