毎日同じ時間に起きて同じ電車に乗り、同じような仕事をしてまた同じ時間に帰る。

休みの日は寝たり映画を見たり友達と飲みに行ったりと特に変わったことはない。

楽しくないわけじゃないし、週末はそれなりに遊んでいるはずなのに、なんだか刺激が足りないなと感じている人、かなり多いのではないでしょうか?

社会人にもなると、学生のように毎日新しい出逢いや青春のような輝きはなくなり、自分で自分を養っていかなければならないという責任の上で同じような毎日を送っていく人が後を絶ちません。

そんな毎日は決して不幸ではありませんが、特に幸せというわけでもありませんよね。

せっかくなら、自分の人生もっと幸せに楽しく生きてみませんか?

今回は、毎日をなんとな〜く生きている皆さんのために、日常に少しだけ刺激を与えて素敵な毎日を送ることができるようになる方法をご紹介していきますよ!

刺激がない日々…退屈でつまらない

刺激がない毎日ってなんか物足りないですよね。

いつも仕事はそれなりに頑張っているし、褒められたり怒られたりもする。

友達だって多くはないけど特に何をするわけでもなく飲んだり他愛もない話をして日々のストレス発散をしている。

そんな不幸でも幸せでもない方々は、きっと今の生活は退屈でつまらないな〜なんて思っているんじゃないでしょうか?

嫌なことばかりがある生活はもちろん誰だって嫌ですが、何の変化も刺激もない毎日も実は同じぐらい辛かったりするものです。

どうにか刺激を与えようとしても何をすればいいのかわからないですし、世界一周みたいに普段の生活からかけ離れたような一大イベントを起こす勇気はないですよね。

そんな辛い毎日、もうそろそろおさらばしたくありませんか?

そもそもなぜ退屈だと感じるの?

そもそも、なぜこんなに退屈だと感じてしまうのでしょうか?一切何もすることがないわけでもありません。

料理や洗濯など家のことをしなければいけませんし、好きなドラマがあれば見て、行きたいお店があれば行く。

そんな贅沢にも聞こえる生活が、なぜ退屈だと感じてしまうのか。

毎日の生活に少しだけ刺激を加えるためには、まず自分がなぜ退屈だと感じているのかを知る必要があります。

問題解決にはまずは原因を知ることからです!自分の日常が面白くない原因をしっかりと理解して、これから素敵な毎日を作っていくために対策を練っていきましょう!

毎日同じことの繰り返し

社会人になってから誰しもがいう言葉、それは「時間が経つのが早くなった」です。

なぜ早く感じるのでしょうか?本当に社会人になると地球は早く回るの?もちろんそんなはずはありません。

この答えはズバリ、毎日毎日同じことばかりを繰り返しているからです。

起きる時間も乗る電車も会う人もこなす仕事も、毎日同じことの繰り返しばかりなので知らずのうちに時間が過ぎてしまっているのです。

人間は学習能力が非常に高い動物なので、初めは刺激と不安が入り混じった職場だったのが、数ヶ月もすればもう慣れてしまって同じことの繰り返しだと感じるようになるのです。

そこに少しばかり刺激になるのが休日ですが、そんな休日も特にやることは変わらず、結局ダラダラしたり飲んだり出かけたりと同じことの繰り返しになるのです。

同じことばかり繰り返していれば、そりゃ飽きて退屈になってしまいますよね。

楽しみがない

毎日が退屈だと感じてしまうのは、あなたになんの楽しみもないからかもしれません。

旅行や映画、デートに合コン、楽しみにできることならなんでも良いのですが、それがないから毎日が淡々と感情が動かないまま過ぎてしまうのです。

学生の頃は、まずは文化祭や体育祭、夏休みに冬休みと楽しみにできるものがいやでも待っていました。

楽しみじゃなくとも、毎日の生活に受動的に変化が訪れていたのです。

しかし、社会人になれば長期休みもなく運動会なんてものはもちろんなし。

自分から楽しみを見つけなければ、ただひたすら毎日仕事をこなすためだけに生きてしまいます。

いつも受け身で生きてきた、楽しいことは誰かが運んできてくれた、そんな人は今楽しみが無くて退屈な毎日を送っているのではないでしょうか?

ワクワクすることに触れていない

楽しみなこと同様、ワクワクするような生活のスパイスがなければ毎日が同じようなことの繰り返しになってしまいます。

何か新しいコミュニティに参加してみたり、同窓会で懐かしい人たちと酒を飲んだりと、少しの不安が混ざりながらもドキドキワクワク気分が高揚するようなことがなければ、毎日が退屈に感じてしまうでしょう。

ワクワクすることに触れることで、自分の欲求が刺激されてもっとワクワクしたいと思うようになります。

社会に出て毎日をとりあえずクリアするだけに必死になりすぎて忘れてしまう「ワクワク欲求」を取り戻すことができるのです。

普段から心を動かすような何かに積極的に関わろうとしている人はいつまでも毎日が楽しく活気に満ち溢れていますが、ワクワクに触れていない人は一生欲も湧かずに淡々と暮らしてしまうのですね。

そんな日常をかえることができるのは自分!

そんな退屈でつまらない日常を変えることができるのは、誰でもない自分しかいないのです!

毎日の生活も感じ方も全ては自分のもの、自分の意思で変えていかなければ満足のいく日常は送れないのです。

退屈で何も面白みのなかったあなたの毎日を、この機会に少しだけ変えてみませんか?

日常がワクワクするような日々になれば、自然と笑顔が増え顔つきも変わり、また一つ成長した自分に会うことができますよ!

日々の生活で刺激を得るための10個のヒント

日々の生活で刺激を得るためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか?

いきなり日常を変えるといっても、なかなか勇気が出ない人だってたくさんいるはずです。

しかし、日常に刺激を与える方法に大きなことをしなければいけないということはありません。

むしろ、勇気なんていらない小さなことの積重ねで徐々に人生が楽しくなっていくものです。

それでは、日々の生活で刺激を得るためのヒントを10個続けてご紹介していきます!まずは自分がすぐに実践できそうなものから初めていってくださいね!

1.断捨離をする

断捨離をして自分が持っている服やものを思い切って捨ててみましょう。

断捨離とは、自分の心を豊かにするために不必要なものを極限まで捨てて自分本来の姿を取り戻すことができます。

そんな大げさなことを言わずとも、断捨離をするだけで心がすっきりして、心も部屋も隙間が空いた分新しいものを置くスペースができるので、新たな趣味を見つけることもできます。

断捨離をする人は増えています。

ミニマリストと呼ばれる人たちは、ものを持たずに最小限のもので生活していくことで、邪魔されずにクリアな発想を持てたり心の余裕を確保したりしているのです。

身の回りを整理する

また、断捨離は身の回りを綺麗にするという意味でもおすすめです。

身の回りが整理整頓されていれば、気持ちもすっきりして外に出たい気分になります。

掃除をしているうちに家具などの配置を変えてみたりすると、新しいインテリアが欲しくなるかもしれません。

部屋のコーディネートなんかは始めてみると止まらなくなる人もいるほど楽しいものです。

今までは適当に必要なものだけを置いて散らばっていた部屋も、少し整理整頓してみるだけで違った見え方がしてきます。

断捨離して新しい部屋の雰囲気が見えたら、家具屋で自分好みのアイテムをゲットしにいきましょう。

模様替えは新しい日常への第一歩ですよ!

2.食べるものを変えてみる


一人暮らしの人なんかは、どうしても自分の好きなものばかり食べてしまいますよね。

ラーメンがすきな人は朝昼晩全部ラーメンになってしまったり、近くに回転寿司があると毎日通ってしまったりなんてことはよくあることです。

特に、自分で自炊しない人は家の近くにある店で済ませようと考えることが多いので、その中でも好きなお店にしか行かないようなとっても偏った食事をしていることでしょう。

一方、自炊ばかりするという人も、洗い物が増えるのが面倒だったり、わざわざ食材を買い足すのが億劫だったりして、結局同じ素材で同じような料理しか食べていなかったりします。

そもそも相当料理が好きでない限り、毎回アレンジしてフォトジェニックな料理を自分のために作るような人はいないでしょう。

自分だけが食べるなら同じものでいいや、と考える人が多いため、自炊したとしてもバリエーションには欠けてしまうのですね。

いろいろなものを試してみる

そんな方々は、普段食べないような食事にも挑戦してみるようにしましょう。

1日のうち一食だけ普段食べない料理を食べるだけで、今までになかった発見をすることができます。

いつも中華ばかり行ってしまう人は、たまにはイタリアンや和食など違うタイプの料理を食べてみるようにしましょう。

今までは自分が苦手だと思っていたものが食べれるようになっていたり、お店の雰囲気が実は好きだったりと、意識して周りを見渡してみると新しい発見があるはずです。

または、自分の好きなものをとことん追求していくのもありです。

刺身が好きなら本当に美味しい高級寿司店に一度行ってみると、食に対する価値観なんかも一新されるかもしれません。

いつもは行かない店に行くと新しい土地に行くチャンスにもつながるので、また別の視点から新しい世界が広がるかもしれません。

3.スキルを磨く


休日や仕事終わりの時間が余ったときに、自分自身の何かスキルを磨いてみるのもいいでしょう。

前から興味のあった分野の勉強をしてみたり、料理や家事などを完璧にできるようにするのもいいでしょう。

スキルとは、その分野でプロ級に上手くなるという意味ではなく、今の自分よりも上に行くということです。

周りの人と比べずに、自分がどのようなスキルをつけたいかで選ぶようにしましょう。

特に、社会人におすすめなのは何か自分が興味を持てる資格の勉強をすることです。

学生の頃しか受動的に勉強する機会はなく、社会人になると自ら動かない限り一生勉強に手をつけることはありません。

しかし、学生とは違って自分から勉強する分野を決めて学んでいくものは、また全然違った面白みがあります。

社会人になったからこそ、今まで勉強したことのないようなものを勉強すると良いでしょう。

制限のない人生になる

資格の勉強をすることで、制限のない人生を送ることができます。

社会に出ると、自分がいかになんの技術もなく無防備な人間なんだと感じることがありませんか?一つの会社でずっと同じ仕事をしていれば、徐々に自分の人生にも悩み始めて自信がなくなっていきます。

知識は宝と言われるほど、勉強をしていけば自分に自信が持ててどんどん新しい世界を目の当たりにすることができます。

資格の勉強をすることで、自分の仕事以外にもさまざまな職業があるということを知り、新たな仕事への転職や趣味として副業程度にも手に職をつけられるかもしれません。

自分自身のスキルを上げるということは、それだけできることも知っている世界も増えていくということです。

ただ淡々と仕事だけをこなすのではなく、自らの人生を豊かにするためにどんどん知識を増やして制限のない人生をを送りましょう。

4.新しい習慣を始める

新しい習慣を何か一つ始めてみるのも良いでしょう。

日常がつまらないのは、同じことを毎日繰り返しているからです。

毎朝起きて夜寝るまで、その習慣がずっと同じなために面白みのない日々になってしまうのです。

新しい習慣はいつでも始めることができます。

難しいことではなく、まずは簡単なことから始めるようにしましょう。

例えば、観葉植物を買って毎日お水をあげたり手入れをする、毎朝スープを飲む、気になったことを調べる時間を作るなど。

社会人にはニュースを毎日見るという習慣なんかもいいかもしれません。

毎日の繰り返しの中に、たったひとつ自分が今までやっていなかったことをプラスするだけで、それまでの日常とは違う毎日が待っているのです。

毎日ワクワクする

今までとは違うことが待っていると思うと、とてもワクワクしてきますよね。

習慣をつくれば、それをするために他のことをさっさと終わらそうという気分にもなります。

習慣が多ければ多いほどやることが多くなるので、その分毎日が暇で退屈なものから充実した忙しいものと変わっていくのです。

ニュースを毎日みるという習慣を続けていれば、徐々に日々のニュースが気になるようになります。

毎週のドラマが楽しみになるように、ニュースという現実世界の話にも興味を持つようになり、どんどん外の世界へ出て行こうという気にもなるのですね。

毎日ワクワクしていたいという方は、まずは小さなことから生活を変えていく努力をしましょう。

新しい習慣を続けることでそれが当たり前になり、また新たな習慣を始めるというサイクルを作ることで、どんどん生活が充実して明るい日々を送ることができるはずですよ!

5.新しい言語を学ぶ

新しい言語を学び始めるというのは、一気に世界が広がる近道だといえるでしょう。

言語といえば英語は小中高で習いますのである程度の知識はあるかと思います。

しかし、実際会話ができる人というのはかなり限られており、本当の言語の面白さを体感していない人がほとんどです。

新しい言語を学ぶとき、次第にその言語だけではなく相手の文化や考え方なども学んで行かなければいけないということに気づきます。

日本人が控えめな文化だからこそ遠回しな表現が多数ありますが、英語にそういったものはありません。

英語以外にも中国語やフランス語など、日本と関係の深い言語は世界中にたくさんあります。

今から言語なんて無理!と思われるかもしれませんが、簡単なものから手をつけてみてください。

きっと世界が変わるはずです。

新たな学びは素晴らしいこと

先にご紹介した資格の勉強もそうですが、新しい言語やほかの何かを学ぶことはとても素晴らしいことです。

今まで自分が生きてきた日常に、まったく違うスパイスを足してくれるのです。

勉強しなければいけないと言われてきた学生時代、テスト勉強など本当に億劫で嫌でしたよね。

しかし、今大人になってから何かを学ぼうとするとなぜかとても楽しいものに思えてくるのです。

きっと、あなた自身が本当に興味のあるものを学ぶことができるからです。

社会人には教科書を買う経済的余裕もありますし、習いにいくこともできます。

この機会に、子供の頃はできなかったような習い事や勉強を初めてみてはいかがでしょうか?

6.1人で旅行に行く

ひとり旅をする人は、前よりかなり増えてきました。

今では女性一人でも安全に行ける観光地が非常に多く、インスタグラムなんかでも旅の写真がたくさん共有されています。

バックパックや民泊なんかが流行っているのもこの影響でしょう。

海外にひとり旅に行くとなれば、言語や文化の違いもあるのでハードルがかなり上がりますよね。

しかし、国内ひとり旅となれば実はほとんど準備なんてないまま行くことができるのです。

一人で旅行に行ったことのない人は、初めは理解できないかもしれません。

しかし一歩踏み出してみると、ひとり旅の魅力に虜になってしまいやめられなくなる人が多いのですよ。

複数で行くのとはまた違った世界が見えるかも

一人での旅行は複数で行くものとは全く違う感覚があります。

みんなで行けばその場の感動や雰囲気などを共感することができますが、予定や行きたい場所などは制限されてしまいます。

その点、一人で行けば自分の思うように行きたい場所に行っていたいだけいることができます。

また、写真を撮るのに集中したり、資料館や文化公園などその土地ならではの場所を気分に浸りながら楽しむことができます。

また、島などにひとり旅へ行けば現地の人と話す機会がかなり多いです。

複数だと話しかけてくれませんが、一人で行くと道案内や地元民だけが知る場所を教えてくれたりします。

ひとり旅は思い立てばすぐに行動できるはずです。

毎日に刺激をいれるために、一度一人で行きたかったところに足を運んでみてくださいね。

7.新しい友だちを作る

新しい友達をつくることで、いつもの日常から全く違った世界を見ることができます。

いつも同じ友達と飲みに行ったり遊んだりしている人はおおいでしょう。

特に社会人は出会いが極端に少なく、自分から動かなければ新しい交友関係は築けません。

新しい友達を作るには、まずは外に出ることが大事です。

毎日働いて休みの日ぐらい寝たいのは山々ですが、重い腰を上げて外に出るようにしてみてください。

そして、友達に誰かを紹介してもらったり、新しいコミュニティを見つけて参加してみたりしましょう。

自分の趣味があれば、そのサークルを探してみるのもいいですし、合コンなんかも友達をつくるにはいい場でしょう。

とにかく外に出て、誘いはできるだけ行くようにしてみるだけでも全然世界は変わってきます。

交友関係が広がると視野も広がる

新しい友達ができると、その人が興味をもっているものや出身や仕事など、自分が今まで関わったことのない分野が一気に目の前に広がります。

今までは同じ職場や同じ学校の人たちと絡んでいたから知らなかった世界、それを見ることができます。

旅行に行こうと思っても、どこに行けばいいかわからないときがあります。

そんな時、新しい友達がいればその人の出身地に行くことだってできます。

今までは注目すらしていなかった場所も、友達ができることで行ってみたいと思うようになります。

その人が好きなレストランに行ったり、勉強していることを教えてもらったり。

新しい友達ができるということは、その分自分自身の視野も一気に広がるということなのです。

大切な人の好きなものや趣味などは、自分も興味を持つことができますよね。

まずは外に出て新しい友達を作ってみましょう。

8.早起きをする

早起きすることはその1日を本当に充実したものにしてくれます。

早起きすると気持ちだけでもとても晴れ晴れしくなりますし、時間がたっぷりある分いつもはできないようなこともたくさんできます。

朝から洗濯物を干したりランニングに行くのは、本当に清々しいものです。

仕事の日はできるだけギリギリまで寝ていたいですし、休日は疲れを取るために昼まで寝たいと思いますよね。

この感情を無視して無理やり毎日早起きするのは、逆にストレスになってしまうので控えましょう。

また、深夜勤務や夜の仕事をメインにしている方は、朝から昼や夜までが通常の睡眠時間かと思います。

このような人も、無理して朝に起きてしまうと睡眠不足で体調不良になってしまいます。

健康あっての日常の充実ですので、無理のない範囲での早起きを心がけるようにしましょう。

早起きは三文の徳

とは言っても、やはり早起きは三文の徳と言われるように、早起きすればいいことがたくさんあります。

朝から日の日差しを浴びてすっきりと目覚めた後に、その日1日何をするか考えるのもあるいいでしょう。

毎日は自分自身がしんどくなってしまい、すぐにやめてしまうでしょう。

まずは週に1日だけ早起きする曜日を決めてみましょう。

朝からの用事を入れるのもいいですし、何も決めずにとりあえず早めに目覚ましをセットするのでもいいでしょう。

朝早く起きれば今まで溜まっていたやりたかったことを紙に書き出してみましょう。

それをひとつづつやっていくだけでも、毎日が刺激的になり素晴らしい日常を送ることができます。

いつも昼まで寝ているという人は、きっとそれだけで心のどこかでストレスを感じてしまっています。

でも眠たくて早く起きれない、、そんな人は、いつもより1時間早めに起きるだけでも全然違います。

12時に起きてしまうという人は、週に一度だけ11時に起きてみる。

そんな小さな変化でも、ずっと続けていくことで日々が大きく変わっていくのですよ。

9.日記をつける

日記をつけるというのも、マンネリした日常の中に変化を加えることができます。

今では100円ショップなんかで日記にできるノートを買うことができます。

日記は自分しかみないものなので、本当に安いノートで大丈夫でしょう。

日記を毎日つけ始めると、1日がどれほど中身のないものか実感することができます。

もちろん充実した日々を送っている人もいますが、本人にとってつまらないと感じる日々であればそれは同じことでしょう。

日記に書き出すことで、同じことを繰り返す毎日で書くことがなくなってくると、ほかの何か新しいことをしてみようという気にもなります。

また、日々の中に日記を書くという習慣を入れることで、1日の終わりをしっかりと締めることができます。

夜寝る前になんとなくまだ寝るのがもったいなくて、ダラダラと酒を飲みながら夜更かししてしまうことってありますよね。

日記を書き始めると、書けばその日が終わりという気分になりますのでそこでダラダラと夜更かしすることも減るのです。

毎日を充実させるには、初めと終わりにしっかり区切りをつけることが大事なのです。

人生を振り返ることができる

また、日記をつけていれば後になって自分の人生を振り返ることができます。

何年か後から、昔自分がなにをしていたのかなどを見るのはとても面白いものです。

最初の頃は頑張って日記を書き始めますが、徐々に適当にないがしろになる人も多いです。

そんなときは、最初の頃の日記を読んで、ちゃんと書こうという気を起こすようにもできますね。

今ではスマートフォンなどに写真を残して、かつバックアップを取れば一生思い出を残すことができます。

しかし、写真だけではその時の感情や考えなどまでは思い出すことはできません。

日記があれば、あの時の自分はこう考えていた、ここが成長したなどと目に見える形で自分のことを自己評価できるのです。

自分の成長が見えれば、俄然やる気も出ますよね。

自分の密かな伝記だと思って、日記を毎日つけるようにしましょう。

10.目標を書き出す

人それぞれ人生の目標というものがあるでしょう。

80歳まで生きる、など大まかなことでも構いません。

そうした目標を全て文字にして書き出すようにしましょう。

頭の中で考えるだけではなく文字に残すことで、やりたいことを整理してほんとうの目標を見つけることができます。

大人になれば、〇〇の資格を取りたい、英語が話せるようになりたい、転職したいなど、様々な目標があることでしょう。

しかし、挑戦したいものがあってそれをすぐ忘れてしまうのではもったいないです。

せっかく一度は興味を持ったことなので、しっかりと紙に書いて目標として達成をめざしましょう。

また、目標が何もないという方も大丈夫です。

大きな目標でなくとも、テレビが古いから買い換えたい、服を買いたい、あの映画を映画館で観たいなど、すぐに実行できそうなことを書き出してみましょう。

絶対に達成できないような目標よりも、目の前のやりたいことをコツコツ叶えていく方が人生は充実します。

目標がない人は今やりたいことを、少しづつ書き足して叶えていきましょう。

行動が明確になる

目標を書き出すことで、自分のやりたいことや叶えたい夢が見えてきて、今後の自分のなすべき行動が明確になります。

行動が明確になれば、毎日をやることがなく持て余すこともなくなり、目標に向かってやるべきことをやろうと意欲的になれるのです。

いつも物事を途中でやめてしまうという人は、目標を書き出す時に同時にその目標を達成するために最初にやるべきことを書くようにしましょう。

テレビを買い換えたい人はまずはどんなテレビがあるのか探してみる、資格が欲しい人は自分に合った資格を選ぶ、などと具体的な行動計画を考えれば、適当にならずにやろうという気が起こるでしょう。

目標を見つけることは難しいことのように思いますが、実はとても簡単なことです。

日常の中で小さな目標をたくさん見つけて、書き出したノート片手にひとつずつ実現していきましょう。

輝いた人生は自分で掴み取る

いかがでしたか?いつも退屈でつまらない日々を送っている方、少しでもその日常を変えてみたと思っているはずです。

毎日同じことの繰り返しをしているだけでは、ずっとその日常から抜け出すことはできません。

まずは、自分がなぜつまらないと感じているのかを把握しましょう。

日常がつまらない原因を理解して、そこに少しの変化を入れていくようにしてください。

自分の生活には何か足りないと思っているということは、変化を起こすチャンスがきているということです。

小さなことからコツコツと変えていき、自分の思い描く理想の日常を手に入れましょう!