あっかんべーとは?意味や由来を解説のイメージ写真
「あっかんべ~」なんて舌を出して、誰かに向かってやったのはいつの日でしょうか。

大人になってくるとなかなかその“あっかんべー”をする機会がなくなりますし、大人がやるものではないという意識を持っている人のほうが多いためにそのあっかんべーとは全く触れ合わない人生を送ることになりますよね。

あなたは、大人になってまでも“あっかんべー”なんてしているのでしょうか?

おそらく、この記事を読んでいる大半の方は、もうすでにあっかんべーなんてやらないようなちゃんとした大人になっているはずです。

とはいえ、子供のころは当たり前にやっていたし、当たり前にやっているような友人がまわりにいたものですが、そもそも“あっかんべー”ってどうして“あっかんべー”なんていうのかなんてわからないと少し疑問に感じるのではないでしょうか?

この言葉のように、日常にありふれていたり、普通に存在している言葉こそどんな意味を持っているのかどんな風に使われるべきなのか、これをする人はどんな気持ちでいるのかなんてなかなかわからないものです。

ずばり「あっかんべー」とはいったいもってどんな言葉なのでしょうか!?

アニメやマンガの世界だけではなく、日常会話でも使われることのある言葉だからこそ、その意味を間違わないようにすべてチェックしておきたいものですよね。

「あっかんべー」という言葉について疑問を感じている方のために、この記事では「あっかんべー」という言葉について特集しています。

「あっかんべー」というのはいったいどのようなものなのか?

どんなときに使われるべき行動なのか?そして、これから「あっかんべー」をするときに気を付けなければいけないのはどんなときなのかについてお伝えしています。

この記事を読めば、だれでも「あっかんべー」について詳しくなれること間違いなしです。

あっかんべーについて、詳しくなろう!

あっかんべーについて、詳しく解説する人
あなたは、これまでの人生の中で「あっかんべ~」なんてしたことがありますか?

「あっかんべー」なんていうと、まるで子供がやるようなことですよね。

大人になってからもやっているような人もいるでしょうし、なかには自分の子供がやっているのを見て自分の小さいときを思いしてなんとなく検索をしてみた・・・なんていうような方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そのような“あっかんべー”というあたかも子供がやるような動作でも、大人になってからでも見かけるのは少なくありません。

というのもドラマや映画を通してでしたり、アニメが好きな人であればアニメのキャラクターが「あっかんべ」をしているのを見たことがあるかもしれないですね。

そのようなあっかんべーというのを見たところで、「本当にこのような動きをしているんだっけ?」「自分が幼いころにあっかんべーをしたときにはこんなイメージとは違ったような気がするな」なんて感じる人もいるかも知れませんね。

しかし、どの時代でも”あっかんべー”というのがどんなものなのかは変わりません。

変わってしまったのはあなたなんですよね。

長い月日をかけて大人になったあなたには、小さいころには当たり前にみえていた世界が見えなくなってしまったのと同じように、“あっかんべー”に対してでもこれまで感じていたような視線でみることができなくなってしまっていることになります。

とはいえ、“あっかんべー”ってどうして“あっかんべー”なんていうのでしょうか?それに誰が“あっかんべー”という言葉を言い始めたのでしょうか?

筆者は、はじめて“あっかんべー”という言葉を聞いたのは(記憶の中では)幼稚園生のころになります。

幼稚園の友達が急にいたずらをして「もう!」なんて怒っているようなときに「あっかんべー」としてきたんですよね。

その姿を今でも忘れることができません。

なぜこの人はべろをだしているんだろう?何を伝えたいんだろう…?なんて小さいながらに悩んだんですよね。

その動作を何回回見ているうちに、それが何を示しているのかをしっかりと理解することができたのですが…。

もしかしたら、大人になってもまだ「あっかんべー」という言葉がどんな意味を持っているのか、どんな気持ちの時にやるものなのかを理解していない人もいるかもしれませんね。

しかしもう大丈夫!この記事では、どこのウェブサイトでもあまり特集していない“あっかんべー”という言葉について、いろいろな角度から特集しているからです。

ぜひこの記事を読んで、あなたも“あっかんべーという言葉に強くなってくださいね。

あっかんベーの基本的動作

あなたが知っている“あっかんべー”って言葉を言うだけではなく、その言葉を言いながら何かしらの行動をとることを思い浮かべるのではないでしょうか。

ちょっと人にいないところに行ってみて、実際にあなたの思っている「あっかんべー」をやってみてください!

やってみましたか?おそらく「ベロを出す」とか「片目をつぶる」なんていう動作をしたはずです。

大人になって、社会人になってまでもするような顔のしぐさでもないので、少し恥ずかしい思いをしてしまったかもしれないですね。

その恥ずかしい動作って小さい時にやっていれば、なんとも思わなかったのにああ、これこそが大人になってしまった証拠なのだと感じるかもしれません。

なかには、そのように「あっかんべー」がどのような動作をするのかを想像することができる人もいれば、すぐに想像できずに「なんだったっけなぁ」とか「全く知らない!」という人もいるかもしれないですね。

ドラマや映画、アニメなどの映像作品で「あっかんべー」というのを見ることができたのであれば、それがどのような動作をしているのかを想像することはできたでしょう。

しかし、そのような映像ではなく書物などの“文字”で「あっかんべー」という言葉に出会った場合は、それがどのような動作をしているのかを思い浮かべることもできないはず。

では、「あっかんべー」とは実際にどのような基本的動作をするのかをチェックしていきましょう。

実際にそのようにやってみると理解しやすいですよ!

下まぶたを指1本で下げる

まずは、片方の目(左右どちらでもいいです)の下まぶたを指一本でさげます。

瞳の黒目部分の下の白目部分が露出するかのように見えるはずです。

このとき、間違って下まぶただけではなく、指が瞳に触れてしまわないように気を付けるようにしましょう!

ちょっとでも指が瞳に当たるだけで、かなりデリケートな部分なので傷つくので気を付けるようにしましょう。

舌を出す

その状態のままで、今度は舌(べろ)をだします。

ベロの出す範囲は、唇から少し見えるくらいでOKです。

舌をすべて出すような人もいますが、それだと少し不格好になってしまいますし、「あっかんべー」をするときにはおそらくそのようにすべての舌をだしているような時間はありませんので、ご注意を。

一瞬でできるように、したいですね。

一つ前でお伝えした「下まぶたを指1本で下げる」という動作と一緒にこの「舌を出す」動作鵜をするのではじめのうちは少し難しく感じるかもしれません。

「あっかん」について

これまでに「あっかんべー」というのをするときにどのような動作をするのかについてお伝えしてきましたね。

大人になってから「あっかんべー」をしてこなかった方は、その動作を思い出すことができたでしょうか?

また、これまでの人生の中でまったくもって「あっかんべー」をしたことがなかった方は、どのようにすれば「あっかんべー」ができるのかを学ぶことはできたでしょうか?

ぜひ、何度も繰り返しにその動作をしてみてくださいね!

とはいえ、この「あっかんべー」の「あっかん」っていったいどんな意味なのでしょうか?

「あっかんべー」という言葉だけでも意味不明なのに、「あっかん」だけに注目するとなるとさらに難しいですし、何を言っているのか意味不明にしか感じられないですよね。

それでは、どうして「あっかん」という言葉がつくのかについて詳しく見ていきましょう。

このように言葉の成り立ちを理解しておくことによって、忘れにくい知識になっていくんですよ!

漢字で書くと?

想像してみましょう。

「あっかんべー」の「あっかん」という言葉を感じで示すといったいどのような感じになるというのでしょうか?ずばり「赤目」なんですよね。

ええ!?そんな風にはよめないし、当て字にしてはちょっと無理があるんじゃないの?なんてつっこまれる声がどこからか聞こえてきました。

たしかに、そりゃそうですよね。

あっかんという言葉を“赤目”で表現するなんて無理があります。

しかし、それは「あっかんべー」という言葉が誕生したその語源にも関係しているんです。

つべこべいわずに、次の項目でどのようにして「あっかんべー」という言葉が誕生したのかを確認していきましょう。

落語が由来?

ずばり「落語」が由来だといわれています。

現代人もしくは若者にとって、落語なんてまったくかかわりのない世界ですよね。

落語とはとんちなどをいうことで、人をおもしろくさせることをいう、いわば昔風の“お笑い”のようなものになります。

ずばり、「あかべっかんこう~」という赤い目でベロをだしている言葉があったのですが、それだと長すぎるのでそこから「あっかんべい」→続いて「あっかんべー」になったといわれています。

今でも落語の世界ではどんな大人でも「あっかんべー」という言葉を使っているのなんですよ。

それに「あっかんべー」という言葉は、ドラえもんの作者で有名な不二子・F・不二夫さんの著書にも登場しています。

そこで広く多くの人に知られることになったのは間違いないでしょう。

「赤い目」が訛ったもの?

また、「あっかんべー」の語源には諸説あるんですよね。

ひとつまえにお伝えしたように“落語”から発生したものだという人もいれば、なかには「あっかん」という言葉の「赤目」がなまることによって「あっかん」になったという人もいるのです。

この説をご紹介しますと「赤い目」、「赤目」、「あっかめ」、「あっかんめ」そして「あっかんべー」になってということですね。

昔はなにかと言葉をなまらせていたというのは、昔の時代劇や映画・ドラマなどを見ることで理解できるのではないでしょうか?

特に東京の“江戸っこ”とよばれるような人たちは、なまっている言葉を使っていますよね。

日本で広く使われているような“標準語”であっても、なまりから誕生したり、派生した言葉ってたくさん存在するのです。

あっかんベーをする時の状況とは?

これまでに「あっかんべー」という言葉の由来だとか、その動作をどのようにするのか・・・なんていう“あっかんべーの基本的情報”についてお伝えしてきましたよね。

しかし、そのような意味を知ったところでこれまでに「あっかんべー」をしたことがない人にとっては、「いつどんなときにあっかんべー」という言葉を使うんだろう?という疑問を持っているような人もいるのではないでしょうか。

たしかに、どこでこんなことをするのかなんてわからないですよね。

人によっては恥ずかしい気持ちにすらされてしまうので、進んでこのような動作をしたいと感じるような人はいないはずです。

では、実際に「あっかんべー」を私生活の中でやっている人、取り入れている人というのは、いったいどのようなときにそれをしているのでしょうか?

ここでは、実際にあっかんべーをするときの状況の例をいくつかお伝えしています。

相手をバカにしている

相手をバカにしている女子
ずばり「あっかんべー」というのは、誰かをバカにしているとき、ちょっと見下したときにするものとされていることが多いです。

というのも、片目の下瞼のほうの白目部分をだして、さらにベロをだすなんて目上の人にはどうしてもできないですよね。

あなたにはできるでしょうか?

もしも、このような動作を目上の人にできるなんて、たいした度胸の持ち主でもあり、どんどん出世していくのは間違いないでしょう…。

とおっと話しがずれてしまいましたね。

話を戻しますが、相手をバカにしているからこそ、ベロをべろべろと相手にすることができるわけです。

子供は大人をばかにしたり、ちょっとしたいたずらで友達を困らせたりしますよね。

それって相手をばかにしているからできることであり、相手のことを見下しているということになります。

相手に怒りを感じている

相手に怒りを感じているときにも「あっかんべー」をすることがあります。

主に「あっかんべー」というのは、相手のことを馬鹿にしているときに使われる動作なのですが、あまりにも心の中の怒りの感情を抑えることができなかったり、さらにはどうにかしれでも相手にその気持ちを伝えたくなった時に衝動的に「あっかんべー」をしてしまう人がいるんですよね。

大人であれば、その怒りの感情をコントロールすることができるのですが、まだ子供だと怒りの感情がでてきたところでそれを抑えるようなコントロールを働かせることもできませんし、それに心に抱いてしまった怒りの感情にどのように対処すればいいのかすらもわからなくなってしまうものです。

そのため、怒りの感情を少しでも消化するために相手への侮辱した気持ちを示すために“あっかんべー”をするんですね。

おどけて見せている

相手をからかったりするときにも「あっかんべー」をすることがあります。

あなたは、相手のことを面白おかしく感じて、もっとからかってやりたい!なんて気持ちになったことはありませんか?

会話がもりあがって、相手とのコミュニケーションを楽しむことができているときに、おどけて「あっかんべー」をするんですよね。

相手にとっても、その圧巻ベーをした人が怒りを感じているとか、何か自分を馬鹿にするような気持ちを持っていないこともわかるので、あっかんべーをされても大して嫌な気持ちを感じることはありません。

それどころか自分も一緒になってあっかんべーをして楽しんでいることも…。

とはいってもそのように楽しんでいるのは子供が多いですネ。

照れ隠し

あなたは、人にも褒められたりして素直に喜ぶことができますか?

そのように素直に喜ぶことができるような人もいれば、なかにはこれまでに褒められた経験があまりないために照れ隠しをしてしまうこともあります。

本当は「ありがとう」なんていう気持ちを伝えたいのにそれができないんですよね。

そんなときにも「あっかんべー」をしてあたかもほめてもらったこと、うれしかったという感情を隠すためにそのような行動をする人もいます。

特にこれまた自分の気持ちを素直に表現することのできない子供に多い使い方になります。

カップルの間でも、あっかんべーで照れ隠しをするような人もいますね。

とにかく“相手を信頼しているとき”“心を開いているとき”にするしぐさだということにもなります。

海外でもあっかんベーに似たジェスチャーがある

あなたは「あっかんべー」という言葉や動きというのは、日本だけのものではなくて海外でも共通しているものだと感じていませんか?

しかし、その答えはNOです。

たしかに海外にも日本の「あっかんべー」と似ているようなジェスチャーをする動きのものはありますが、完全に日本のものと同じでもありませんし、同じようなルーツで誕生したわけではありません。

そのため、日本では「あっかんべー」というのを見たことがないけれども、海外では「あっかんべー」のようなものを見たことがあるという人は少し頭が混乱してしまうかもしれないですね。

ずばり、海外ではBeh!と発音し、さらに日本でやったときのように“相手を馬鹿にする”というよりは、おどけているような要素が強くなります。

そのため、あいてを馬鹿にする意味で海外の方にあっかんべーをしても、あなたの伝えたい気持ちが伝わらないこともあります。

あっかんベーをする人の性格的特徴

あなたは、今でも「あっかんべー」をしますか。

おそらくほとんどの方が大人になるにつれて、その動作をしなくなってしまったのではないでしょうか。

しかし、自分がやらなくても周りにはいまだに「あっかんべー」をする人がいますよね。

そのような人っていったいどんな気持ちでその動作をしているのでしょうか?

実は、「あっかんべー」をする人というのは、その人たちが持っている正確に共通点をみることができたんです!

ここでは、そんな気になる「あっかんべー」をする人の性格的特徴をお伝えします。

その人の性格を知らなくても、日常的に「あっかんべー」をしているのであれば、相手の性格を分析できるようになるかもしれません。

ひょうきん

ひょうきんな人は、自分がなにをしても“楽しくなる”と考えていることが多いですね。

そのため、相手を楽しませるためだったり、そんな楽しんでいる自分の気持ちを表現するために「あっかんべー」をしています。

そのため、人を馬鹿にするというよりは、自分がこのようにふるまえば周りの人の気持ちを明るくすることができる、周りの雰囲気までも明るくすることができる…と感じているんですよね!

人懐っこい

あなたは、人に対してすぐに心を開くことができる人ですか?

それとも初対面の人に心を開くにはたくさんの時間を必要としてしまう人でしょうか。

「あっかんべー」をする人というのは、人に対して心を開くことにあまり時間をかけません。

それどころか初対面なのにもかかわらず、自分の気持ちをしっかり伝えることができるし、甘えることだってできちゃうんですよね。

そのため、「自分を必要としてくれているんだ」と思われるために人気者であることのほうが多いです。

そんな人懐っこい性格をしているので「何をしても許される」という気持ちをどこかで持っていることが多く、「あっかんべー」を多用してしまいます。

20代前半になっても「あっかんべー」をしてしまう人というのは、この人懐っこい性格をしているはずですよ。

もしもあなたのまわりにあっかんべーをするような明るい大人がいるのであれば、その人の性格が“人懐っこいか”を思い出してみるといいでしょう。

子供っぽい

「あっかんべー」という言葉は、本来は大人になるにつれて誰もが使わなくなる言葉になります。

そのため、この動作をする人ってどこか子供らしい要素を持っているように見えるんですよね。

そのように見えるだけではなく、あらゆることに関する考え方も「子供っぽい」ことが多いものです。

そのため、「あっかんべー」をしている人というのは、どんなに大人になったとしても純粋で穢れの知らない心を持っていることが多いです。

あなたの周りにいる「あっかんべー」をする大人ってどこか汚くない、腹黒くない、きれいな人生を歩んで生きているように感じるはずです。

明るい

明るい性格の人も「あっかんべー」をする傾向が高いです。

というのも暗い性格の人があっかんべーをしたのであれば、おちゃらけているとか相手を楽しませようとしているのではなく、完全に人をばかにしているとか怒りの気持ちを表現するのが難しくてそのような態度に出てしまっているのは明らかでしょう。

それに明るい性格だと、どんなときでもテンション高くすごしているので明るい雰囲気をまわりに伝えるのがとても上手になります。

そのため、明るい性格の人は「あっかんべー」をしやすいのです。

また、明るい性格の人は暗い性格の人に比べると自己主張が上手な点も、理由の一つとしてあげることができるでしょう。

気遣いができる

あなたは、人に対して気づかいをすることができますか?

大人になれば自然とだれもが気づかいができるようになっていくものですが、「あっかんべー」をする人ほど気遣いができるようになる人はいないのではないでしょうか。

しかし、ここで少しの矛盾点を想像することができるかもしれないですね。

それはずばり「気遣いができるのであればだれもが受け入れることがないような“あっかんべー”を人にすることができないのではないか」「ふつうはしないのではないか」というものでしょう。

たしかにそのように考えることもできますが、「あっかんべー」をする人というのは相手への気持ちをカモフラージュするため、オブラートに包んで自分の気持ちを伝えることができるんです。

相手をばかにするときでも直にバカにするよりは、あっかんべーというようなワンクッションをいれることによって、相手をそこまで傷つけることはないですよね。

そこまで「あっかんべー」をする人というのは、考えることができているということなんです。

子供っぽい性格のように見えて、本当は誰よりも大人な感情の持ち主なのかもしれないです。

あっかんべーをする時の注意

すでに「あっかんべー」を日常的にやっている人もいれば、これからの生活の中でそれをやっていこうかな?なんて考えている方もいることでしょう。

そのように生活の中に「あっかんべー」をとりいれるのは悪いことではありません。

しかし、少しでも使い方を間違えると相手に不快な思いをさせるだけではなく、あなたの評価をさげてしまう原因にもなりかねないのです。

周りを楽しませようとしているのにそんなことをして、ひどい評価をされてしまったらとても困ってしまいますよね。

そのようにならないように、ここでは「あっかんべー」をするときの注意点をいくつかご紹介します!

ぜひ、以下の点には気を付けて「あっかんべー」をするようにしてくださいね。

相手をよく選ぶこと

「あっかんべー」というのは、一種の気持ちの表現方法です。

だからといって、出会っているすべての人にこれをしてもいいというわけではないんですよね。

ずばり、相手をよく選んでやっていかなければなりません。

すでにこれまでの本文の中でもお伝えしていますが、実際に「あっかんべー」をしている人というのは“心から信頼しあっている間柄”に対してしかそれをしていません。

初対面の人、目上の人にはおそらくだれもやらないことでしょう。

そのように相手を見極めるのが重要になるので、少しでもあいまいな関係の相手にはやらないように気を付けたいですね。

人によってはバカにされて大いに怒ることも

「あっかんべー」というのは、人をばかにしているときにも使える動作でしたね。

あなたがたとえおちゃらけている、おどけた…というニュアンスでその行動をしていたとしても、そのような意味があるのを知らない人にとっては、そのように「あっかんべー」をされたことで“ばかにされた”と感じるしかありません。

言葉でばかにされるよりも、舌をだしてまでばかにされることほどむかつくことはないと感じている人もいるのです。

そんな場合にはあなたの評価が下がるだけではなく、あなたが逆に怒られてしまうので気を付けたいですね。

気心の知れた人だけにしよう

すでに何度もお伝えしていますが「あっかんべー」をするのは、確実に“気の知れた人”だけにするようにしましょう。

家族、長年の付き合いのある友達、恋人などがいいですね。

また、あなたが“気の知れている”とおもっているような相手でも相手はそのように思っていないこともあるので、そこまた注意が必要になります。

年上にはしない

目上の人には絶対に「あっかんべー」をしないようにしましょう。

目上の人、年上の人でも気のしれていると感じることのできる人ってたくさんいると思います。

しかし、人によっては“本音と建て前”であなたと仲良くしてくれている人もいるので、あなたが「あっかんべー」をすることによってこれまでの円滑な関係を壊してしまうことになりかねません。

ですから、同等もしくは年下の人間だけにするようにしましょう。

知らない人が多い場所ではしない

どこで「あっかんべー」をするのかも重要になってきます。

まったくもって知らない人が多いようなところであっかんべーをすると「あの人おかしい」なんていう目線であなたが見られることになります。

あなたがそのように周りの人から見られても構わないというのであれば、問題ありません。

しかし、あなたがよくてもあなたと一緒にいる人も恥ずかしい思いをするので避けましょう。

子供っぽい人だと思われてしまう

あっかんべーというのは、本来大人がやるべきことではないです。

そのため、しらない人が多いところでやるとあなたは「子供っぽい人だな」「恥ずかしい人だな」なんて思われることになります。

そこに将来の運命の人が紛れ込んでいるかもしれないので注意しましょう。

まとめ

今回は、知っているようで知らない「あっかんべー」という動作についてお伝えしてきました。

どんな動作をするのかを再確認することはできたでしょうか?

また、人によっては「こんな気持でも使うんだ!」なんて驚きの発見ができた方もいらっしゃるかもしれないですね。

あまりにもやるすぎるのはよくありませんが、あなたの期の知れた仲間の前だけでも「あっかんべー」をしてその場所を盛り上げていきましょう。