CoCoSiA(ココシア)

あっかんべーとは?意味や由来を解説


「あっかんべ~」なんて舌を出して、誰かに向かってやったのはいつの日でしょうか。

大人になってくるとなかなかその“あっかんべー”をする機会がなくなりますし、大人がやるものではないという意識を持っている人のほうが多いためにそのあっかんべーとは全く触れ合わない人生を送ることになりますよね。

あなたは、大人になってまでも“あっかんべー”なんてしているのでしょうか?

おそらく、この記事を読んでいる大半の方は、もうすでにあっかんべーなんてやらないようなちゃんとした大人になっているはずです。

とはいえ、子供のころは当たり前にやっていたし、当たり前にやっているような友人がまわりにいたものですが、そもそも“あっかんべー”ってどうして“あっかんべー”なんていうのかなんてわからないと少し疑問に感じるのではないでしょうか?

この言葉のように、日常にありふれていたり、普通に存在している言葉こそどんな意味を持っているのかどんな風に使われるべきなのか、これをする人はどんな気持ちでいるのかなんてなかなかわからないものです。

ずばり「あっかんべー」とはいったいもってどんな言葉なのでしょうか!?

アニメやマンガの世界だけではなく、日常会話でも使われることのある言葉だからこそ、その意味を間違わないようにすべてチェックしておきたいものですよね。

「あっかんべー」という言葉について疑問を感じている方のために、この記事では「あっかんべー」という言葉について特集しています。

「あっかんべー」というのはいったいどのようなものなのか?

どんなときに使われるべき行動なのか?そして、これから「あっかんべー」をするときに気を付けなければいけないのはどんなときなのかについてお伝えしています。

この記事を読めば、だれでも「あっかんべー」について詳しくなれること間違いなしです。

この記事の目次

あっかんべーについて、詳しくなろう!

あっかんべーについて、詳しく解説する人
あなたは、これまでの人生の中で「あっかんべ~」なんてしたことがありますか?

「あっかんべー」なんていうと、まるで子供がやるようなことですよね。

大人になってからもやっているような人もいるでしょうし、なかには自分の子供がやっているのを見て自分の小さいときを思いしてなんとなく検索をしてみた・・・なんていうような方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そのような“あっかんべー”というあたかも子供がやるような動作でも、大人になってからでも見かけるのは少なくありません。

というのもドラマや映画を通してでしたり、アニメが好きな人であればアニメのキャラクターが「あっかんべ」をしているのを見たことがあるかもしれないですね。

そのようなあっかんべーというのを見たところで、「本当にこのような動きをしているんだっけ?」「自分が幼いころにあっかんべーをしたときにはこんなイメージとは違ったような気がするな」なんて感じる人もいるかも知れませんね。

しかし、どの時代でも”あっかんべー”というのがどんなものなのかは変わりません。

変わってしまったのはあなたなんですよね。

長い月日をかけて大人になったあなたには、小さいころには当たり前にみえていた世界が見えなくなってしまったのと同じように、“あっかんべー”に対してでもこれまで感じていたような視線でみることができなくなってしまっていることになります。

とはいえ、“あっかんべー”ってどうして“あっかんべー”なんていうのでしょうか?それに誰が“あっかんべー”という言葉を言い始めたのでしょうか?

筆者は、はじめて“あっかんべー”という言葉を聞いたのは(記憶の中では)幼稚園生のころになります。

幼稚園の友達が急にいたずらをして「もう!」なんて怒っているようなときに「あっかんべー」としてきたんですよね。

その姿を今でも忘れることができません。

なぜこの人はべろをだしているんだろう?何を伝えたいんだろう…?なんて小さいながらに悩んだんですよね。

その動作を何回回見ているうちに、それが何を示しているのかをしっかりと理解することができたのですが…。

もしかしたら、大人になってもまだ「あっかんべー」という言葉がどんな意味を持っているのか、どんな気持ちの時にやるものなのかを理解していない人もいるかもしれませんね。

しかしもう大丈夫!この記事では、どこのウェブサイトでもあまり特集していない“あっかんべー”という言葉について、いろいろな角度から特集しているからです。

ぜひこの記事を読んで、あなたも“あっかんべーという言葉に強くなってくださいね。

あっかんベーの基本的動作

あなたが知っている“あっかんべー”って言葉を言うだけではなく、その言葉を言いながら何かしらの行動をとることを思い浮かべるのではないでしょうか。

ちょっと人にいないところに行ってみて、実際にあなたの思っている「あっかんべー」をやってみてください!

やってみましたか?おそらく「ベロを出す」とか「片目をつぶる」なんていう動作をしたはずです。

大人になって、社会人になってまでもするような顔のしぐさでもないので、少し恥ずかしい思いをしてしまったかもしれないですね。

その恥ずかしい動作って小さい時にやっていれば、なんとも思わなかったのにああ、これこそが大人になってしまった証拠なのだと感じるかもしれません。

なかには、そのように「あっかんべー」がどのような動作をするのかを想像することができる人もいれば、すぐに想像できずに「なんだったっけなぁ」とか「全く知らない!」という人もいるかもしれないですね。

ドラマや映画、アニメなどの映像作品で「あっかんべー」というのを見ることができたのであれば、それがどのような動作をしているのかを想像することはできたでしょう。

しかし、そのような映像ではなく書物などの“文字”で「あっかんべー」という言葉に出会った場合は、それがどのような動作をしているのかを思い浮かべることもできないはず。

では、「あっかんべー」とは実際にどのような基本的動作をするのかをチェックしていきましょう。

実際にそのようにやってみると理解しやすいですよ!

下まぶたを指1本で下げる

まずは、片方の目(左右どちらでもいいです)の下まぶたを指一本でさげます。

瞳の黒目部分の下の白目部分が露出するかのように見えるはずです。

このとき、間違って下まぶただけではなく、指が瞳に触れてしまわないように気を付けるようにしましょう!

ちょっとでも指が瞳に当たるだけで、かなりデリケートな部分なので傷つくので気を付けるようにしましょう。

舌を出す

その状態のままで、今度は舌(べろ)をだします。