物事を判断するとき、あなたはどのようにしてそれを判断しているでしょうか?

人によっては、その対象のものを見て深くかんがえずに”こういうものだ”と判断しているはずです。

そのようにして物事を判断することを観察力といいますが、ただ物を見て物事を判断するだけでは見えないものもありますよね。

この世界には、目に見えるものだけが真実とは限りません。

そのため、目に見えるものだけで物事を判断してしまっては、なにかぬけもれが起こる可能性も高いですし、それに場合によってはミスを起こしてしまうなんていうことも。

とはいっても、そんな”見えないところ”を判断するなんて、どのようにやればいいのか分からないもの。

そのように物事の見えないところまでを察知して、それと目に見える部分を一緒にすることで物事を判断するチカラのことを”洞察力”といいますね。

その洞察力を手に入れるには、いったいどうしたらいいのでしょうか?誰もが欲しい能力である”洞察力”は、なかなか手に入れることが出来ないもの。

この記事では、まず洞察力の意味はどのようなものをいうのかを詳しくご紹介し、その次に洞察力のある人の特徴をお伝えしています!

それだけをお手本にするのではなく、実際に洞察力のある人になるにはどうしたらいいのかまでもご紹介しているので今はまだ洞察力がなくても、そのチカラを手に入れることが出来るはず。

この記事を読んで、ぜひあなたも”洞察力”のある自分に変身していきましょう!

それさえあれば、これまでに感じていたような気苦労を感じなくて済むかも・・・?

洞察力を高めよう!

洞察力というと、自分のチャームポイントとして就職活動の際のエントリーシートに記入する人が多いですよね。

しかし、その意味をしっかり理解できているでしょうか?

また、あなたが誰かから「君って洞察力あるねぇ」なんて褒められたとして、その意味をわかって「ありがとうございます」ということができていたでしょうか。

よく使う言葉ですし、なんとなくその意味を理解できる”洞察力”という言葉ですが、実際にその意味を理解していない人が多いんですよね。

でも、その洞察力をもっていることで人生を切り開くことも出来るし、それに今よりもずっと良い判断ができることは間違いないです。

でも洞察力を持っていない人や洞察力を持っているかどうか以前に、その言葉がどのような意味を示しているのかを知らない人にとっては、あまりその重要性とか自分に必要なものと感じられないのではないでしょうか。

そう、「洞察力が欲しい」といっても、その意味を理解しないままに使っていたり、似ている言葉である”観察力”や”分析力”といった意味で使ってしまっている人が多いんですよね。

あなたは、洞察力、観察力、分析力・・・といった明らかに似ている意味合いを持っていそうなこの3つの言葉の違いを説明することが出来るでしょうか。

できるのであれば、この項目は飛ばしてしまってかまいません。

しかし、少しでも「この言葉の意味を知らない」とか「違いが分からない!」なんていうのであれば、以下の項目をぜひとも確認してみて!

洞察力という言葉の意味を知らなくても、他の二つの言葉の意味をしることによって洞察力という言葉の意味が明らかになるかもしれないからです。

そして誰でも”洞察力があること”によって、生活を豊かにすることが出来るということを確認してください。

きっとあなたも洞察力が欲しいと思うようになるはず!

洞察力とは?

では、誰もが欲しがるという”洞察力”ってどんなチカラなのでしょうか?「洞察」することを、見た目だけでは見つけることの出来ない・または見ることの出来ないものを見抜くことをさしています。

さきほどもお伝えしましたが、この世界では見えているものがすべてとは限りません。

あなたは、特定の相手を信じているかもしれませんがその人は裏では悪いことをしているかもしれませんし、あなたが信頼して投資している株式会社では実はデータを改ざんしていてあなたたちをだましている可能性だってあるわけです。

それらを少しの資料や情報だけで「これっておかしいぞ」と”直感的”に判断することができるのを洞察力といいます。

そのため、洞察力を持っていると見えないところの細部まで目が届くようになり、ミスは減ります。

それだけではなく、誰かや何かの悪事を見抜くことも出来るんです。

早い段階でミスなどに気づくことが出来れば、その分被害をこうむる規模は小さくなりますよね。

観察力とはどう違う?


洞察力とは、物事を見て見えない部分を直感的に判断するという力のことをさしていました。

では”観察力”とは、いったいどこが違うというのでしょうか?

ずばり、観察力というのは、”目に見えるところだけ”に注目してその物事を判断する力のことをいいます。

小学生の頃にあなたは、「朝顔の観察日記」なんていうのをつけていたのではないでしょうか?それってどのようなことを記録していたかというと、朝顔の目が出たり、葉っぱがはえてきた・・・なんていう”表面上のこと”だけだったはず。

まさかその内部で起こっていることを想像することなんて、できなかったですし、できたとしてもそこまで記録しなかったはずです。

要するに、観察するということは”表面上のこと”だけに注目していることをさしているんです。

この世界では、見えるものが全てではないとお伝えしましたが、やはり見えるもので判断せざるを得ないですよね。

そんなときには、観察力が必要になってくるわけです。

あなたは、見た目でその人がどんな人なのか?どんな性格をしているかなんて見抜くことが出来るのでは?それは、観察力がある証です。

分析力とはどう違う?

次に洞察力と一緒の意味として捉えられがちな”分析力”について見ていきましょう。

分析するというと、科学的なこと、数学的なことをイメージする方が多いのではないでしょうか。

そうですね。

ずばり、分析力とは、何か対象とするものを分けたり、組み合わせたり、そして違う角度からその物事を見たりして最終的な結論をだすことができる能力をさしています。

何か問題から結論をだすときってその問題自体をしっかり把握していなければ、正確な答えを導き出すことは出来ないですよね。

「ここにはリンゴがあるから、それで何かを作って欲しい」といわれたところですぐに着手しませんよね。

りんごはいくつあるのか、そして他に材料はなにがあるのか・・・それらを全てひっくるめて「何を作ろうか」と考えるはずです「。

つまり、分析力というのはまず現状を把握し、そして問題点に気づくことが出来る能力です。

洞察力のある人の特徴とは?

これまでに”洞察力”という言葉の意味についてお伝えしてきました!

その意味を理解することが出来たでしょうか?また、洞察力と似ている言葉といわれている観察力、分析力という言葉についてもふれてきましたね。

どれも何か対象を見る・・・という点で同じでしたが、どこまで見るのか、どのような方法でその対象をみるのかがまったく違っていました。

洞察力とは見えない部分までも注目してみようとすること、見える能力であるということを頭に入れておいてください。

あなたは、なぜ「洞察力」という言葉を調べたのでしょうか?

きっとほとんどの方が「洞察力のある人間になりたい!」と願っていたからでしょう。

洞察力のある人間というと、問題解決するまでに他の人よりもあまり時間を必要としません。

それは、その対象とする物事や問題に対して見えるものだけではなく、そこから得られた情報からさらに直感を働かせてそれらを判断しているからなんですよね。

忙しい現代人にとって、そのような時短できる能力、そして確実性のある能力というのはのどから手が出るほどほしくなっても当たり前。

だって、その能力さえあれば、サクサクと仕事を進めることも出来るし、たとえ問題にぶちあたったとしてもすぐに乗り越えることが出来るからなんです。

そんなすばらしい能力である”洞察力”を持っている人ってあなたの身近にいますか?もしも、身近にいるのであれば「洞察力がある人がどんな人なのか」というのをよく理解していることでしょう。

しかし、世の中にはそこまで洞察力のある人がいないこともあり、「洞察力のある人」というのが具体的にどのような人なのかイメージできない人のほうが多いはず。

それなのに洞察力のある人になろうとするなんて無理があるんですよね。

そうならないように、まずはここで洞察力のある人ってどんな特徴を持っているのかを確認しておきましょう。

その特徴を知り、イメージすることができればあなたはすぐにでも洞察力のある人になれるかもしれません。

根気がある

洞察力のある人は、根性があります。

どうして根性があるのでしょうか?

それは、どんなに困難と思われる問題でも決して逃げ出すことなく、それらを根気よく解決したいと思っているからなんです。

それも思っているだけではなく、解決できるまで永遠とその問題に取り組みます。

そうすると、その根気のおかげで最初は見えなかったものが見えてくるんですよね。

例えば、あなたが新しい契約先と商談を結ぶことになったとしましょう。

そのとき、その会社の業績は見るからによいもので安心しきっていました。

しかし、すぐにその業績は悪化、そして取引をしてしまったあなたの会社が大損をすることになってしまったのです。

これって見えるものだけにしか注目していなかったから、そうなってしまったんです。

しかし、根気のある人というのは、どんな手段を使ってでもその会社は取引するのに適しているのか、問題はないのか、なんていうところなど細部まで調べているもの。

しかし、そのような調べごとだとか問題に対処するときって途中で投げ出したくなりますよね。

でもそれをしないからこそ、洞察力を日に日に磨いているんです。

根気がなかったら、物事の真実を見抜いたり、見えない部分までも見ることなんて出来ないはず。

違いにすぐ気付く

見えるところだけを見ていても、違いがでたらすぐに気づける人はいるもの。

しかし、洞察力のある人は”雰囲気”だとか”イメージ”でその違いに気づくことが出来るんです。

よくある話ですが、女性が髪の毛を切ったとしても男性は気づかないといわれていますよね。

洞察力のある人が恋人であれば、必ず髪の毛を切ったことに気づいてくれます。

それは、髪の毛を切ったという物理的な髪型の変化だけではなく、髪の毛を切ったことによって気分が変わっていること、どこか気づいて欲しい雰囲気をだしているところまでも感じることができるんです。

それ以外にも、例としては会社の業績の少しの変化、同僚のちょっとした心境の変化にも気づくことができます。

そのため、洞察力のある人が身近にいてくれると「自分のことをみてくれている」と安心できる人がふえ、職場では循環がよくなるなんていう報告まであるんです。

周囲の空気を読める

あなたは、KY(空気読めない)な人っていわれたことがありませんか?もしもそのように言われたことがあるのであれば、それはあなたが周囲の空気や相手の気持ちを読むことが出来ないからでしょう。

しかし、洞察力のある人は空気読めないどころか「読みすぎて怖い!」と思われてしまうことが多々あります。

というのも、ちょっとした変化に気づくことが出来るので少しの空気の変化でもすぐに気づいて、それに対応することが出来るんですよね。

周囲の空気が読めると、それによって相手の機嫌を損なうということもないので人間関係を円滑にできるメリットがあります。

自分の見方に自信がある


見えないところまで見る・・・となると最初にチャレンジしようとしたら、きっとあなたは「本当にこの感覚でいいのかな?」「間違っていないかな?」なんて不安に感じてしまうことでしょう。

見えるところではなく、見えないところを見ようとするその見方は時に気持ちをふさがせてしまいます。

そのような気持ちになりたくないために、相手の見えないところは見ないようにしようと決意している人もいるかもしれないですね。

しかし、洞察力のある人というのは、自分が見えないところに見た見方を信じています。

それも確信を持っています。

あなたってまるでエスパーなの?なんて周りから言われてしまうほどに、その発言にも威厳があります。

自分の見方に自信があるということは、自分を信じているということ。

洞察力のある人は、見えないところを見る力だけではなく、日々自分を成長させているということになりますね。

物静かな人が多い

あなたの周りに、もしも洞察力のある人がいるのであれば、その人の基本的な性格を思い出してみてください。

きっとおとなしい性格だったり、物静かな性格をしているのではないでしょうか?

不思議なことに、洞察力のある人とか洞察力が高い人というのは、物静かな性格をしている人が多いんですよね。

性格って幼い頃のものから基本的には変わりません。

要するに、幼い頃から人のことをよく観察していたがために、洞察力を培うことが出来たんです。

ただ静かにしているのではなく、じっと誰かを見てはその見えないところを見ています。

というと少し怖い気もしますが、それって大人としての大切なスキルなんですよね。

見えるところだけを信じていたら、だまされてしまうこともあるのですから。

人をあまり信用しない

物静かな人って口数がすくないですね。

心を開いた人にであれば、口数は少し多くなるかもしれませんがおしゃべりな人に比べればそうでもありません。

というのも、洞察力のある人は基本的に人を信頼していないことが多いんです。

それは、これまでに誰かに裏切られた経験があるからとかそういうことでもなく、色々な見えない部分を見てしまったために人って信用に値しないって判断しちゃってるんですよね。

見えないところを見ることが出来るのはとてもすばらしい能力ですが、それと同時に人を信じることが出来なくなってしまうのって少し寂しいですよね。

でも、見えない部分が見える分、「この人は大丈夫だ」と心から信じる人が現れれば生涯大切にします。