としては…」なんて言い回しの文章は、どこでも見かけますよね。

あなたもこのような言葉が使われている文章をどこかで見たことがあるのではないでしょうか。

または、あなた自身が日常会話の中で「としては」という言葉をよく使っているかもしれないですね。

「としては」という言葉は、使っていれば“なんとなく”の意味を把握していることにもなるので、あなたはすでにその意味をしっかり理解した“つもり”になっているかもしれません。

この世界にはたくさんの言葉がありますし、日本語は特にややこしい言語とよばれていますね。

そのため、多くの人は日常的によく使う言葉であっても「なんとなくのニュアンス」でその言葉を使ってしまっていることのほうが多いんです。

しかし、そうはいってもこれまでに使ってしまったのだから仕方がない!と考えている人もいるはず。

この記事では、そんな誰もが勘違いしやすいような、本当の意味を知らないで使ってしまいがちな「としては」という言葉について特集しています。

「としては」という言葉の意味はどんなものなのか?

はたして、本当はどのように使われるべき言葉なのか…などなど「としては」という言葉に対してだれもが抱いてしまうであろう疑問点を解説しています。

この記事を読めば「としては」という言葉について詳しくなれること間違いありません!

「としては」とは?

あなたは、もしかしたらつい最近の会話の中、もしくは何かの文章の中で「としては・・」なんていう表現をしたかもしれませんね。

そのような「としては」という言葉を使ったということは、おそらくその言葉がどんな意味を持っているのかわかっているからでしょう。

しかし、なかにはその言葉の意味をしっかり理解せずになんとなく使っていた…という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そりゃあ、日本語すべてを暗記してその意味たちをすべて説明できるなんていったら、かなりの天才としかいいようがありません。

でもそのように日本語すべてを暗記するのではなく、“日常的によく使われる言葉”というのだけでもしっかりとした意味を理解しておくべきだと、筆者は感じているんです。

だって、日常的に使う言葉って限られていますよね。

「としては」とか「こんにちは」なんていう言葉は毎日のように使っている人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

それなのにその意味を理解せずに使ってしまっているのであれば、ちょっと恥ずかしいことをしているのかもしれません。

日常的によく使う言葉だからこそ、ちょっと意味不明に感じられる言葉でもしっかりと意味を理解しておくことが重要になっていくということになります。

では、「としては」という言葉には、どのような意味があるというのでしょうか?

これまでに「としては」という言葉を使ってきた人であれば、そのなんとなくのニュアンスを思い浮かべてみてください。

はたしてその言葉の意味があっているのかどうかをこれから確認していきましょう。

意味

「としては」という言葉は単体でみると、少しおかしいような気がしてしまいますよね。

この言葉は、「としては」と単体で使う言葉ではなく、多くの場合で文章の中継ぎの役割をしていたり、まったく意味の違う文章を説明するときに使う言葉になります。

そのため、「○○です。

としては、~なんですよね」なんていうように使われるわけです。

「としては」という言葉だけではあまりイメージがつかなかったかもしれませんが、そのような文章の中で使われている言葉だとわかれば「ああ!あの人があの時に使っていた言葉ね!」なんて思い出すことができるはず。

そんな文章の中継ぎの役割をしている「としては」という言葉はいったいもって、どのような意味を持っているというのでしょうか?

その意味をここではしっかりと確認していきましょう!

〇〇の場合には

「としては」というのは、その人の立場をさすときに使う言葉でもあります。

「私の場合には」「当社の場合には」なんていう意味になりますね。

これは、この「としては」という言葉を使う前の段階の文章において、おそらく別の会社のこと、そして別の人のことを話していたということが想像できるのではないでしょうか。

そのようにほかの人と比べて、それを前提にして「自分はこうですよ」「自分の場合はこのようにしていますよ」という意味を伝えるためにこの言葉が使われます。

例えば、こんな文章を上げることができるかもしれないですね。

「あなたは私のことを好きかもしれない。

でも私の場合、あなたのことを好きではない」というもの。

この文章の意味は解説するまでもないでしょう。

相手が思っていることと自分が思っていることに相違点がみられることを伝えていることになります。

〇〇の立場では

「としては」という言葉には、もうひとつの意味があります。

それは「~の立場では」というものです。

「~の場合では」と使うこともありますが、人の立場、自分の気持ちを伝える際にはこの「立場では」という意味で使うことのほうが多いでしょう。

さきほど例文にあげましたが、それでも「あなたは私のことを好きかもしれない。

私の立場では(としては)、あなたのことを好きだということができない」と表現することができます。

これは、自分のいる立ち位置やそのプライド、プレッシャーなどから本当は好きだと感じているけれどもそれを伝えることができないという意味合いを持っていることは理解できるでしょう。

そのように、自分の立場を指し示す言葉としても「○としては~」と使うことができます。

ちょっとややこしいですが、ほかの人と比較するときに使う言葉だと思って覚えておくと使いやすいかもしれません。

「としては」の類語や関連語


こでまでに「としては」という言葉の意味についてご紹介してきました。

「~の立場では」「~の場合には」という二つの意味があったことを覚えているでしょうか。

もしかしたら、そのような意味を確認できてもまだ「としては」の意味が分からない!なんとなく伝えたいことはわかるんだけど、しっくり納得することができない…というように理解を深めることができていない人もいるかもしれないですね。

そのような方のために、ここでは「としては」という言葉の類語や関連語をご紹介しています。

類語や関連語というのは、「としては」という言葉を言い変えしてもその文章の意味を伝えることができるということになります。

そのため、「としては」だけでは不十分だった情報もその類語や関連語に置き換えることによって、理解を深めることができるようになるんですね。

新しい言葉を覚えるとどうしても知識がひとつの方向に偏ってしまいがちです。

それって、ほかに持っているその言葉のニュアンスが理解できなかったりするから。

でもここで類語や関連語をしっかり学んでおくことによって、「ああ、“としては”という言葉にはこのような意味もあるんだな」とあらゆる角度からその言葉を理解し、使いこなせるようになるはずです。

その立場においては、の意で主題とすることを表す

さきほど「としては」という言葉の意味をお伝えする中で“なにかと比較するときに使う言葉である”ということをお伝えしました。

しかし、それ以外にも「としては」という言葉を使うことができるんですね。

それは、ずばり「その立場においては」という言葉によってひとつの文章の中の“主題”になるという役割になります。

はて…何を言っているんだろう?おそらくそのように感じられていることでしょう。

例文をあげてみます。

「その立場においては、あなたはもっと主張すべきだった」といったらどうでしょうか。

“あなた”がいる立場だからこそ、それを主張することができた=この文章の主役であるその立場にいる人は“あなた”ということになりますね。

このように「その立場」に立っている人を主役として見立て、なにかを伝えるときに使える言葉にもなりうるのです。

連想される言葉


あなたは、これまでの生活や日常会話のなかで「としては」という言葉を使ってきたかもしれないですね。

それはビジネスシーンなどの堅苦しい場所だけではなく、友人やちょっとした目上の先輩と話をしていると気に使ってきた方もいることでしょう。

もしもそのように、これまでに「としては」という言葉を使ってきているのであれば、その言葉に匹敵するような、イコールで結べるような言葉にはなにがあるかを想像してみてください。

もちろんこれまでにこの言葉を使ったことがないという方もこれまでにご紹介した「としては」という言葉の意味で連想できるかもしれない言葉を想像してみて!

連想される言葉には、「としては」という言葉が持っている要素を持っているということもありますので、この言葉を理解するにはふさわしいんですよね!

では、さっそく「としては」の連想される言葉を見ていきましょう。

はたして、あなたが想像した言葉は出てくるのでしょうか?

〇〇にとって

「としては」という言葉は、何かの立場を指し示す言葉でしたね。

それをもっと簡単に伝えようとするのであれば「~にとって」と言い換えることができるのではないでしょうか。

例文で確認してみましょう。

「私としては」=「私にとって」というように言い換えることができますよね!

そのように、「私にとって」という文章でも、“私の立場”というのを伝えていることになります。

よって、連想される言葉の中のひとつとして説明できるわけです。

もしかしたら、あなたが想像した「としては」という言葉の連想される言葉には、この「~にとって」という言葉があったのではないでしょうか。

に言わせれば

「~に言わせれば」という言葉は、~にあてはまる人物の意見を主張しているということ、それにその人の意見に注目しているというニュアンスを感じ取ることができるかと思います。

何か事件などがおきて、いろいろな人の意見をきいていたとしますね。

そんなとき「あの人に言わせれば」とか「私に言わせれば」なんて使うことができます。

ちょっとややこしくてわかりにくいように感じてしまう言葉ですが、「~に言わせれば」というのは、~の部分にあてはまる人の意見を伝えていることになります。

それって「としては」の「~の立場において」「~の場合には」という意味合いと同じですよね。

にしてみれば

「としては」というのは、特定の立場だったり、特定のシーンからいえることを主張する言葉でしたね。

それを考えると「~にしてみれば」という言葉も連想することができます。

「~にしてみれば」を例文にしてみると「私にしてみれば…」「あの人にしてみれば…」なんて表現できます。

これって、“私”と“あの人”の立場に立って、その立場から見えることを主張している文章に続くのは、想像できますよね。

「私としては、あの人とお付き合いをしたかった」という文章は、「私にしてみれば、あの人とお付き合いをしたかった」という意味になります。

これってイコールで結ぶことができますね。

よって、「にしてみれば」という言葉は「としては」の連想できる言葉、類語としてお伝えすることができるのです。

としても

「私としましても…」なんてビジネスシーンで使ったりするのは、この言葉のほうが多いかもしれません。

「としては」というのは、特定のシーンや立場を説明するために使われる言葉でしたね。

「としても」という言葉も「~としても」で~に入る部分の人の気持ちを主張したり、そ子に当てはまるであろう物事がどんなものなのかを主張するために使われる言葉になります。

「私としても、あれはあり得ないと思った」というのであれば、だれかと会話をしていておそらくその会話の相手が“あれはありえない”と感じていた、とこの話し手に説明していたのでしょう。

つまり「私としては、あれはあり得ないと思った」という文章にすると、これはもう一方の人が話したことを受けて話しているということにはなりませんが、“あれはよくないと思った”という点で合致しますね。

つまり、同じ意味合いを持っているということになります。

にしても

「私にしても」「あの人にしてもさ」なんて言葉は、これまた日常的に使う言葉ですね。

これは「~にしても」で~に入る部分の人のことを例に挙げても、(のちに続く文章のことを)あれも~だよね、というような意味合いになります。

例文で確認してみましょう。

「あの人にしても、やっぱりもっと活躍するべきだったと思うんだよね」というのであれば、「(ほかにももっと活躍すべき人がいたという前提で)あの人も、やっぱりもっと活躍するべきだったと思うんだよね」という意味合いになります。

これを「としては」に言い換えると「(ほかにももっと活躍すべき人がいたという前提のもと)あの人としても、もっと活躍したいと思っていたはずなんだよね」という文章になります。

「にしても」という言葉は第3者の目線で伝えたいことを文章化することができますが、「とてしては」というのはその当事者の気持ちを使うというところで注意したいですね。

この二つの文章の伝えたいことは合致しているのですが、“どの立場で話しているのか”“どの目線なのか”がまったく異なっているのを確認できるでしょう。

要するにそこだけ相違点があるだけで、「にしても」という言葉も「としては」という言葉に似た言葉になります。

にしたって

「~にしたって」という言葉は、ひとつ前の項目の説明をうけてわかりやすく説明するのであれば、第3者の目線でその気持ちやその実況を説明することができますね。

「あの人にしたって、もっと活躍したいと思っていたはずなんだよね!」なんてサッカーのゴールを決めることのできなかった人を見て話す人がいるかもしれません。

それって、そのサッカーの試合でゴールを外してしまった選手がいかにも悔しそうなそぶりをしていたとか、くやしそうにふるまっていたのをこの話し手は感じ取っていたのでしょう。

また、「としては」という言葉でこの文章を伝えるのであれば、「私としては、もっと活躍したいと思っていた!」になります。

これは、「にしても」という言葉の意味合いと同じく、第3者の目線ではなく「その当事者の気持ちの目線を当事者が説明する」という点で、相違点がみられます。

また、「にしても」という言葉をもっとくだけた言い方にしたのが「にしたって」という言葉になるということを頭に入れておきましょう。

似ているので、わかりやすいのではないでしょうか?

にしろ

「あいつにしろ」「あの人にしろ」・・・なんてちょっと汚らしい言葉に感じられる「にしろ」という言葉ですが、この言葉も日常的に使っている人は多いのではないでしょうか。

「にしろ」というのは、その前の文章や相手が話したことを受けて「(Aさんもあのように思っているだろうけれど)あいつでも、そのように感じているんだよ」という意味合いで使うことができます。

前の文章を継続する、そして同じことを別の人が感じているという場面で使うことができる言葉になります。

では、今回特集している「としても」という言葉に置き換えると、どのようなニュアンスになるのでしょうか。

「(Aさんもあのように思っているだろうけれども)私としてもそのように感じました」という意味合いになります。

これも前の文章や前に話した人の気持ちをうけて、それを継続しているので同じ意味合いになりますね。

つまり「にしろ」=「としては」ということになるのです。

こんなにまでも日常的に使われる言葉で同じようなニュアンスを持っている言葉があることに驚きませんか?

といっても

「といっても」という言葉は、前の文章を受けて逆接(反対の意味)を伝えるために多く用いられる言葉になります。

例えば「あの人はゴールを決めた。

そうはいってもさ、あの人ってサッカーがへたくそだよね」なんて使います。

「といってもねぇ」なんていうときも、相手が話したことを否定する意味を込めて、その言葉を使うのではないでしょうか。

では「としては」に言い換えるとどうなるかチェックしておきましょう。

「私はゴールを決めた。私としては、それができたとしてもサッカーが苦手なんだ」という意味合いになります。

合致していますね。

「あの人はゴールを決めた。あの人としてはサッカーが苦手だ」というと意味が通じにくくなるので、やはり「としては」という言葉は第3者的な目線ではなく、その気持ちを感じた本人などが使う言葉であるということになります。

話は戻りますが「といっても」という言葉を本人の気持ちとして「としては」という言葉を使うのであれば、意味は同じになるので関連語ということができます。

といえども

これもひとつ前にご説明した「といっても」と同じように、前の文章や意見などをうけて反対の意味をのべる逆接として使うことのできる言葉になります。

例文で確認していきましょう。

「あの人はサッカーゴールを決めた。あの人といえども、それを想像することはできていなかっただろう」というのを「としては」で言い換えてみましょう。

「私はサッカーゴールを決めた。

私としては、それは想定していなかったことだった」ということになります。

つまり、「といえども」という逆接の意味で使うことのできる言葉というのは「としては」と同じ意味で使うことができるということになります。

「としては」の使い方・例文

これまでに「としては」という言葉の意味、そしてその言葉の理解を深めるためにその類語や関連語についてお伝えしてきましたね。

しっかりと理解することができたでしょうか?

これまでに間違った意味で使ってきた人にとっては「ああ、まだわからないかもしれない」なんて不安な気持ちを抱いているかもしれません。

そのように不安な気持ちを感じるのはおかしいことではないんですね。

むしろ、その不安な気持ちを大切にしてほしいのです。

どういうことかといいますと、あなたは納得できるまでに「としては」という言葉への理解を深めてほしいのです。

しかし、意味もその類語や関連後も確認したというのにこれからどうすればいいの?と思われることでしょう。

ずばり「としては」という言葉を使っている例文を確認してほしいのです。

その例文を通して、「こんな風に使えるんだな!」「こうやって使うのか」と知ることで日常の中で「としては」という言葉を使うことに不安を感じなくなるはず。

それにせっかく正しい意味を知っているのにどのように使うのかを知らないで、間違った使い方をしている残念な人ってたくさんいるんです…。

せっかく学んだ時間が無駄にならないように、ここで「としては」の使い方やその例文を確認しておきましょう。

彼女としては当たり前のこととして傘を貸した

この文章はどのような意味を持っているのでしょうか?

これからいくつか例文をご紹介しますが、新しい例文を見るたびにどのような意味を持っているのかを想像してみて下さいね!

今回のこの文章では「彼女の立場では、当り前だと思って傘を貸した」という意味合いになります。

「としては」というのは、特定の人の立場やその状況を示すために使われる言葉でしたね。

そのため、このように使うことができます.

選手としては小柄だった

この文章は「選手の立場からみると、(その選手は)とても小柄だった」という意味合いになります。

これは、ある選手を見た人がほかの選手と比べることによって、“小柄”だということを指摘している文章になります。

おこのように「としては」というのは、その同等と思える人々を比較するときにも使うことができる言葉になります。

一介の平社員としては大抜擢だった

この文章では「一介の平社員の立場からみると、それは大抜擢だった」という意味合いになります。

おそらく大抜擢された方はどこにでもいるような平社員だったのでしょう。

でも、なぜだか選ばれてしまった。

本来であれば、そのような一介の平社員から選ばれることはないのに、それはすごいことだという意味合いも読み取ることができます。

この文章もひとつ前の文章と同じく、同等のジャンルやグループなどと比較するために使われていますね。

私としてはそこに行くつもりはない

この文章は、「私の立場では(私は)、そこに行くつもりはない」という意味になります。

ただ「私は行くつもりはないよ」といえばいいところをこのように“私としては”というように表現しているということは、周りの友達や知り合いたちはそこに行くのでしょう。

また、そこに行くことを強制されているのかもしれません。

でも自分は行きたくないという気持ちを貫くという主張する気持ちをこめて「としては」という言葉を使っています。

これまでにもご説明してきましたが、「としては」という言葉は何かを主張するとき、伝えたいことを明確にしているときに使われる言葉でもあるのです。

この文章を見れば一目瞭然ですね。

親としては、どちらが正しかったのだろうか

この文章は「親の立場としては、どちらが正しかったのかな」という意味合いになります。

親になると「ここはしかるべきなのか、いやしかってはいけないのか」なんてこれまでに悩んだことのない子育てでなやむことが増えます。

そんなときマニュアルを参考にしても、あとになってこのように「親としてどっちがよかったのか」と悩むものなんですよね。

つまり、「親という立場だからこそ、その悩みをもっている」ということであり、「としては」という言葉はやはり“特定の人物の立場”を指す言葉になります。

親もそうですし、社長、家族、恋人、社員、友達…なんていうような三人称・単数をしめす言葉をあてはめることになりますね。

彼としては誠心誠意、応えたつもりだった

この文章は「彼の立場から見れば(彼の気持ち的には)、誠心誠意にその要望に応えたつもりだった」という意味合いになります。

「彼」というのはおそらく、何かを求められていたのでしょう。

彼なりに精一杯その期待に応えた、ということを伝えていますね。

この場合、「としては」がもっている「~の立場では」「~の場合には」という意味では解釈しづらいです。

そんなときは、「彼の気持ちとしては」「彼の感覚では」なんて解釈してもいいでしょう。

「としては」という言葉は、その特定の人の立場やその状況などを表しているのですから、それでも十分に意味を理解できるはずです。

私の実感としては、それほどでもなかった

この文章は「私の実感では、それほどでもなかったんだよね」という意味になります。

何を実感したのかはわからないのですが、おそらく実感は想像していたよりもそれを下回ったという意味になるのではないでしょうか。

この文章のように「としては」という言葉を必ずしも「~の場合には/立場では」という意味で解釈しなくてもいいんですよね。

ひとつ前の項目でもお伝えしていますが、自分の気持ちを主張しているということを読み取ることができれば「私の実感では」なんて普通の口語会話のように解釈してもよいのです。

恋愛対象としては見れないと言われた

こんなことを大好きな人にいわれたら悲しい気持ちになってしまいますね。

この文章は「恋愛対象に見ることができないといわれた」という意味合いになります。

要するに「恋愛対象の立場」になることができないということなんですよね。

このように「としては」という言葉は、あとに否定形を用いることによって、否定文を作ることも可能です。

当時としては、それは高価なものだった

この文章は「当時では、それは高価なものだった」という意味合いになります。

今ではそれは高価ではないものの、過去のある時点(立場・状況)であれば~だったんですよ、という意味を伝えていますね。

このように「としては」という言葉は、現時点の何かの説明だけではなく過去におきたことでも説明することができる万能な言葉なんです。

正しい意味を知って正しく使おう

今回は、人によっては日常的に使いこなしているであろう「としては」という言葉について特集してきました!

その言葉の意味をしっかり理解することはできたでしょうか?

おさらいをしますと「としては」というのは「~の立場では」「~の場合には」というような、特定の人の立場や状況などを指し示す言葉ということでした。

類語や関連語では、さまざまな言い換えができる言葉をご紹介し、「としては」という言葉はできる限りその気持ちを感じている本人が使うべきであるということもお伝えしましたね。

これまでになんとなくで使ってきた人にとっては、少し驚くようなことがあったかもしれません。

しかし、それらを知っておくことによって必ずこれからの会話で困ることはなくなりますし、周りの人よりもワンランク上の目線で「としては」という言葉がつかえるようになるはずです。

ぜひ、この記事をまた見直して「としては」という言葉を正しい意味で、そして正しく使えるようになってくださいね!