『ガーリー』という言葉、聞いたことや見たことのない人はいないのではないでしょうか。

ファッション雑誌やファッションについて書かれている記事を見ると、しょっちゅう出てくる言葉ですよね。

ふんわりとどんなものを指すのか分かっていても、こういうこと!と自信を持って言える人は少ないかもしれません。

あなたは、『ガーリー』と『フェミニン』の違いって分かりますか?

『ガーリー』の意味は知っていても、この違いが分からない人って、意外と多いんです。

なので、今回はその『ガーリー』と『フェミニン』の違いや、ガーリー系のファッションの特徴などをまとめていこうと思います。

これを読めば、人に自慢したくなるほど『ガーリー』に詳しくなってしまうかもしれませんよ。

ガーリーを目指そう!

女性ウケも男性ウケも高いと言われているのが『ガーリー』だと思います。

『ガーリー系ファッション』や『ガーリー女子』などの言葉見たことがある人も多いのではないでしょうか?

アイテムの多くは、女の子らしいピンクやフリルのイメージですよね。

その可愛らしいコーディネートから、モテコーデとされることもあります。

そのため、女性の多くは一度はガーリー系のファッションを目指したり、好んだりした経験あるのではないでしょうか?

しかし、“ガーリー系”ばかりが一人歩きして、言葉の意味や具体的な特徴はいまいち捉えられていない人も多いかもしれません。

なので、“ガーリー”の言葉の意味や特徴を知って、正しいガーリーを生かして、魅力的で自分らしいガーリーコーデを見つけていきましょう。

ガーリーとは?

まずはガーリーの意味からです。

言葉から想像できる人もいると思いますが、ガーリーの言葉の発祥は、1990年代中盤のアメリカなんだそうです。

主にそのころは、“ガーリースタイル”といった新しい言葉として使われていたんだとか。

今では、“スタイル”以外にも『カジュアルガーリー』や『モード系ガーリー』、『大人カジュアルガーリー』なんて言葉まであるんだそうです。

意味

広い意味は知っている人も多いでしょう。

少女のような状態や物、女の子が好きな可愛らしいもの全般を指す言葉です。

大人っぽすぎない子供らしさを残した可愛いものといったほうが分かりやすいかもしれません。

そのため、フリフリとしたフリルやピンクなどの可愛らしい色、飾りや柄もポップなものが多く、シルエットもふんわりしたものだと思います。

乙女チックなどの意味もあるようです。

英語のスペルで書くと?

ガーリーは“girl(ガール)”から来ているそうです。

そのため、ガールに一文字加えた“girly”と書きます。

そのスペルの通り、女の子らしいや乙女チックといった意味なのでしょう。

欧米人もよく使うの?

もともとアメリカでできた言葉である“ガーリー”ですが、今でも欧米でも使われているのでしょうか?

女の子っぽい様子を表すのに『~so girly』と使ったりもするようです。

さらに、『girly girl』にすることで、そういった女の子のことを指したりもするんだとか。

また、『girly』の使うタイミングを調べていくと、最近では“女子力”に近い意味合いでも使われているようです。

しかし、『girly』には、良くも悪くも女の子っぽい(少女っぽい)といった意味があります。

そのため、褒めたつもりでも子供っぽいと取られてしまうこともあるかもしれないので、注意が必要でしょう。

どういう人がよく使う言葉?

ガーリーという言葉を使う人は、とても多いと思います。

とはいえ、あまり一般の男性が使っているのは、見たことがないかもしれませんね。

美容院やファッション関係の仕事の男性には、『ガーリーっぽい』なんて言葉を使うのを見たこともあるのでは?

それに比べて、女性にとっては比較的よく使われる言葉だと思います。

『あの子ガーリーっぽいよね。

』や『ガーリー系ファッションが好き』など、使われる幅は広いのではないでしょうか。

また、中には女の子っぽい男性に対して『ガーリーな人』なんて使い方もあるんです。

ただ、どちらかというとファッションに興味のある人やおしゃれな人がよく使うイメージが強いかもしれません。

意味があいまいな状態だと、間違っていたら困るので、あまり使わない人もいるようです。

もしかしたら、あなたもそんな人なのではないでしょうか?

ガーリーな人の特徴とは?

ガーリーの由来や意味はつかんでもらえたと思います。

そこで、ここからは具体的にガーリーな人の特徴を見ていきましょう。

女の子っぽいや乙女チックなどの意味だけでなく、ガーリーな人には様々な特徴があるのです。

ガーリーなファッションを好んだり、ガーリーな人と呼ばれる人には、一体どんな特徴があるのでしょうか?
あなたの周りにもいるかチェックしてみてください。

明るく元気

ガーリーな人に多いのは、明るく元気なことです。

少女のようなあどけなさや無邪気さ、そして可愛さを持っているガーリーな人は、いつもニコニコしていて前向きで元気なのではないでしょうか?

ガーリーなファッションの多くは、ピンクなどの明るい色合いや柔らかいパステルカラーですよね。

明るい色を見ていると、だんだん気持ちも前向きになっていけるような気がしますし、自分の好きなものを身に着けていると、テンションも自然と上がってしまうでしょう。

そして、そんな女の子の周りには同じように明るく元気な人も集まってきて、どんどん魅力的になるといえるかもしれません。

女の子であることを楽しんでいる


ガーリーな女子は、せっかく女の子に生まれたんだから、可愛いものを目いっぱい楽しみたいと考えている人が多いでしょう。

ピンクやフリフリなどの可愛いものを楽しめるのは、女の子の特権ですよね。

少女のような純粋で可愛らしい洋服や小物って、見ているだけでわくわくしてしまうと思います。

女性の中には、可愛いものは好きだけどキャラじゃないと感じたり、自分には似合わないと遠慮してしまっている人もいるかもしれません。

しかし、ガーリーな人は自分の好きなものに自信を持っていて、可愛いものを可愛いといって周りに置いたり身に着けるのは、女の子の特権だと考えている人も多いんだとか。

ガーリーな人は女の子を楽しんでいるからこそ、いつも前向きでキラキラしているのかもしれません。

好きなものを好きだと表現することも、女の子を目いっぱい楽しんでいることも、多くの人が魅力的だと感じるのだと思います。

あまりくよくよ悩まない

好きなことを楽しんでいるがーりー女子は、いつまでもくよくよ悩んだり、立ち止まったりしません。

だからといって、失敗してしまったことに対してショックを受けたり、悲しんでしまったりしないわけではありません。

悲しくなったり、悩んでしまって後ろ向きになってしまいそうになったときには、可愛いものや可愛い洋服を着てテンションを上げたり、気分転換をしていつまでもくよくよしないようにしているはずです。

誰にでも失敗してしまうことはありますが、大切なのはそこからどうやって立ち直るかだと思います。

そんなときに、前向きで明るく、自分に自信を持っているガーリーな人は魅力たっぷりでしょう。

異性の目を意識しやすい

自分自身が可愛いものを好きだという人も多いでしょうが、それと同時に異性の目を意識して、異性ウケを考えてガーリーで可愛らしいっものを選ぶという女性もいます。

たしかに、可愛い女の子を強調させるためにも、ピンクやパステルカラーの洋服や、ふんわりしたシルエットは効果的だといえるでしょう。

また、ファッションに興味を持ちだすと情報収集を色々な方法でしますよね。

そんなときに目に付くのが、『モテファッション』や『ガーリー系ファッション』などの文字です。

雑誌を読むとかなりの確率で、『ガーリー』の文字を見るかもしれません。

そして、男性に人気の文字もあるはずです。

なので、異性ウケを意識してガーリーを身に着けはじめた女性もいるでしょう。

ボーイッシュなどと違って、男性がガーリーを取り入れるのは、なかなか難しいと思います。

女の子の特権として、一度はガーリーを目指す女性も多いはずです。

ぶりっ子な人も多い

ガーリーな女子って女の子っぽいのが大きな特徴です。

そして、異性を意識してしまうのも特徴です。

そのため、男性の前でだけ声が高くなってしまったり、男性にアピールするようなことばかりしてしまって、同性から反感を買ってしまうことも。

もちろんガーリーは好きだけど、異性はあまり意識していない人もいると思います。

しかし、可愛いガーリーな洋服を着ているだけで、ぶりっ子と決めつけられてしまうこともあるそうです。

ただ、そういった思い込みは付き合っていく中で解消できるでしょう。

可愛いものに囲まれていると、自分も可愛く思われたいという思いから、ついついぶりっ子になってしまうのかもしれません。

もし、自分にそんな部分があるかもと感じるところがあれば、ちょっと客観視してみることも大切だと思います。

でも、可愛い洋服や可愛いものを一番可愛く見せたいという気持ちが分かる女性も多いはずです。

女友達が多い

ぶりっ子が多く、同性からの反感を買ってしまうこともあるガーリー女子ですが、基本的にはおしゃれで可愛くて、前向きなので女友達も多いです。

流行にも敏感だったりするので、色々な場面で意見を求められたりもするでしょう。

オシャレな女子や女子力の高い女子って一緒にいると、プラスになることも多い気がします。

買い物に行ってもセンスの良いものや流行を取り入れたものをおすすめしてくれたり、インスタ映えする話題の場所にも喜んで行ってくれるでしょう。

また、いつも笑顔で明るくて前向きなので、一緒にいるのも楽しいはずです。

そんな人と一緒にいると、何かに悩んだときにも前向きになることができると思います。

そんな一緒にいてタメになったり、自分も成長できる女の子は、同性からも人気なのでしょう。

ファンションの流行に敏感

ガーリーな女子は、自分磨きに一生懸命です。

そのため、ファッションの流行に敏感で、いつも新しいファッションを取り入れていて、おしゃれなんです。

ファッション雑誌でも特集されることの多いガーリー系ファッションは、新作が紹介されることも多いでしょう。

なので、常に新しいデザインや流行を知ることができると思います。

自分の好きなものに自信を持っていて、そんな自分にも自信を持っているガーリー女子は、常に流行を取り入れていておしゃれと言われることが多いと思います。

そして、自分の好きなものがおしゃれだと言われて認められることも嬉しくなり、さらに流行を調べて積極的に取り入れる特徴があるかもしれませんね。

フェミニンとの違い


ガーリーと同様に可愛らしいファッションを紹介するときに使われるのが『フェミニン』です。

しかし、多くの人は『ガーリー』と『フェミニン』の正確な意味の違いや使い分け方などの特徴が分からないかもしれません。

実は、ガーリーとフェミニンには大きな違いがあります。

そして、どちらを目指すかによって、周りからの印象も変わってくるでしょう。

なんとなくガーリーとフェミニンが違うことは分かる人もいると思います。

たとえば、ガーリーよりもフェミニンのほうが大人っぽかったり、柔らかい色合いが多いことやスカートの丈が長めなどのポイントが分かる程度の人もいるようです。

平たく言えばその通りですが、ガーリーをきちんと知るために、フェミニンについても説明していきます。

もしかしたら、ガーリーだと思っているものがフェミニンに分類されるものだったなんてこともあるかもしれません。

フェミニンとは?

ガーリー同様にフェミニンの意味や由来などから見ていきましょう。

フェミニンも可愛らしくてピンクやフリフリのレースなどを使います。

しかし、ガーリーとフェミニンが違う点は、少女らしさがないことです。

ガーリーには乙女チックや少女らしい無邪気さがあると説明しました。

ただ、フェミニンの場合は少女ではなく、大人っぽさを感じさせる可愛さがあるファッションです。

ガーリー系のブランドにもフェミニン系の洋服が置いてあることも多いですし、その逆もあります。

そのため、ガーリーとフェミニンの違いがあいまいになり、違いが分からなくなってしまう人も多いのかもしれません。

意味

『フェミニン』という言葉を調べると、次のように出てきます。

『女性らしさ、やさしさを強調したファッションのこと。

女性らしいシルエットやフリル使い、リボン使い、レース使い、花柄のプリントなどのテクニックで表現する場合もある。

』と出てきます。

フリルやリボン、レースや花柄などのファッションのポイントや女性らしいシルエットは、ガーリーと同様ですよね。

しかし、ガーリーと違うのは女性らしさや、やさしさを強調するファッションだということだと思います。

そして、ガーリーの由来はアメリカだったことに対して、フェミニンの由来はラテン語なんです。

ラテン語で『女性の』ということを意味する『femininity』というものなんだそうです。

英語のスペルで書くと?

前の部分でラテン語が由来と説明しましたが、『フェミニン』という言葉そのものは英語です。

スペルは『feminine』で、“女性らしい”や“優しい”などのプラスの意味の他に“か弱い”という意味もあるんだとか。

フェミニンの使い方って?

『フェミニン』という言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか。

“フェミニンな仕草”や“フェミニンな雰囲気”、“フェミニンな女性”など、フェミニンという言葉、ファッション以外にも様々なところで使われますよね。

フェミニン系ファッションといったものももちろんありますが、それ以外にも女性らしく上品でゆったりと優雅な雰囲気や、仕草などを指すんだそうです。

もちろん『女性らしい』という言葉で表現できることもありますが、『フェミニン』という言葉を使うことで、おしゃれ感が出るかもしれませんね。

女の子よりも「女性」らしさ重視

ここまでにも説明してきたように、ガーリーとの大きな違いは“少女のような可愛らしさ”と“女性らしい優雅さ”といえると思います。

ピンクやフリフリなどを前面に押し出したガーリーと、フリルなどは出しながら上品なお姉さん感を出すフェミニンといった感じでしょうか。

どちらも可愛らしい系統だというのは変わりませんが、周りからの印象は違ってくるかもしれません。

無邪気な可愛らしさで元気で明るさを表現できる『ガーリー』と、大人っぽく上品な可愛らしさや、やさしく柔らかい印象の『フェミニン』と聞くと、違いもはっきりしてきますよね。

このように、ガーリーとフェミニンでは大きく表現したいポイントが違ったりします。

年齢によって好みが分かれる

ガーリーとフェミニンには、似合う年齢層があったりもします。

それと同様に、人は自然と好みも変わってきますよね。

ずっと同じように可愛らしいものが好きだったとしても、好みは変わってくるでしょう。

10代や20代の頃は、可愛くて元気な少女のイメージのある『ガーリー系ファッション』を好む傾向にあります。

ミニスカートや大きなリボンがデザインされたもの、色もピンクや白、黄色などの元気な色合いがよく似合います。

それに比べて20代後半から30代になると、大きなデザインのものや派手めな柄、ミニスカートよりも淡い色味やふんわりした女子絵らしいシルエット、ミモレ丈などの上品な印象を持たせる『フェミニンファッション』を好んでいく傾向にあるんです。

社会の中での立場も、学生や後輩から、先輩や上司になっていくと、選ぶものもだんだんと大人っぽく綺麗めなファッションに変わっていくのかもしれませんね。

ただ、どちらも基本的には可愛い系の洋服の系統には変わりないので、ガーリーが好きだった女子が、年を重ねていくにつれて、フェミニンが好きになっていったりするようです。

このように、ガーリーとフェミニンには由来や意味などで、大きな違いがあるんです。

ガーリー系ファッションの7個の特徴

ガーリーな人の特徴や、ガーリーとフェミニンの違いをご紹介してきました。

似ているようで違う点や、意外な特徴もあったのではないでしょうか。

最後に、『ガーリー』という言葉が一番使われているであろう『ファッション』についての特徴をまとめていきます。

女の子っぽくて可愛らしさ満点のガーリー系ファッションに憧れている女性も多いかもしれません。

ふんわりとしたイメージなどは分かっても、具体的にどこを重要視したらいいのか分かりにくかったりしますよね。

そこで、そのガーリー系ファッションに大切なポイントを掴んで、あなたにピッタリのガーリー系ファッションを見つけていくのもいいと思います。

上手にガーリー系ファッションを取り入れて、魅力的で可愛らしい女の子を目指していきましょう。

リボンやフリルが多い

ガーリー系ファッションというと、一番最初に思いつくのが大きなリボンやフリフリの可愛いフリルかもしれません。

女の子の可愛さを表現するデザインとして、たくさんのリボンや大きなリボンは欠かせないですよね。

またスカートの裾やカットソーの襟元や袖にフリルがあると、一気に可愛らしさが上がるはずです。

最近では、背中や胸元、肩などにリボンがされげなく施されている洋服など、リボンやフリルの位置もバラエティに富んでいるような気がします。

ガーリー系ファッションの上級者は、リボンやフリルのデザインをトップスとボトムスで合わせたり、あえて外したりしておしゃれを楽しんだりする人もいるようです。

一言にリボンと言っても、大きさや形なども色々と種類があるので、好きなリボンを見つけることが大切でしょう。

淡い色や可愛らしい色が多い

リボンやフリルなどがガーリー系ファッションにはぴったりだと分かりましたが、次は色合いです。

これもガーリー系ファッションといえば、ともいえる大きなポイントですが、パステルカラーやピンクや白、黄色や水色などの可愛らしいカラーのファッションがほとんどだと思います。

中には、甘辛ファッションといって、あえて黒いアイテムや茶色などを入れることもあるでしょう。

しかし、ほとんどは可愛らしくて柔らかい色合いや、可愛いイメージを持たせる色が人気です。

こうした淡い色や可愛らしい色が、リボンやフリルを際立たせるといえるかもしれません。

ピンクが人気

たくさんの可愛らしい色がありますが、その中でも一番人気なのは、やっぱり『ピンク』でしょう。

女の子らしい可愛い色というと、一番に思い浮かぶのがピンクだと思います。

赤やピンクなどの色は、ハートマークのイメージや、愛などのイメージを持っている人も多いかもしれません。

そんな印象から、ピンクが好きになっていく女性もいるはずです。

そして、可愛らしい女の子っぽいキャラクターもピンクや赤などの色味をよく使っていたりするところからも、ピンクが人気になっていくのかもしれないですね。

女の子の可愛らしさを表現するのにピッタリな色がピンクだということだともいえるでしょう。

男性からも可愛い女性のイメージといえば、ピンクと考える人が多いようです。

さらに、ピンクは相性の良い色がたくさんあります。

白や黒はもちろん、ネイビーやブラウンもよく合いますよね。

また、一見合わないように見えるピンクと水色の組み合わせも、双子のキャラクターがいるように、よく合うんです。

そして、少女らしさを表現するのに、あえて似合わなさそうな色の組み合わせに挑戦する人もいるかもしれません。

ミニスカートで若々しさをアピール

女の子の特権でもあるスカートですが、ガーリー系ファッションにはミニスカートが多くあります。

綺麗で細い脚に夢中になってしまう男性も多いようですし、スキニージーンズよりも痩せて見せられる効果もあったりします。

スキニージーンズなどはピタッとしているので、ぱっと見は細く見えるような気がするでしょう。

しかし、女性は大人になるにつれて、骨盤がしっかりしてくるので、お尻や太ももが太く大きくなってくる傾向にあります。

これは大人へのステップアップなので仕方ないことですが、気になる女性が多いのも事実。

その点、ミニスカートは太くて気になる太ももや大きなお尻を軽減することも可能なんです。

ヒザやふくらはぎは細いのに…って悩む人も多いのではないでしょうか。

そんなときは、脚を全て隠してしまうのではなく、太い部分だけふわっと隠してしまえばいいと思います。

また、可愛くて元気な少女を表現するのにも、短い丈やスカートはぴったりだといえるはずです。

花柄が人気

ピンクやリボン、フリルときたら、ガーリー系ファッションに必要なもう一つの特徴が、花柄でしょう。

花柄のアイテムは、それ一枚で華やかさを表現することができます。

また、リボンやフリルとの相性もぴったりですよね。

リボンやフリルなども可愛いですが、柄が入っていないと、どうしてもシンプルに見えがちだと思います。

そんなときに、花柄のアイテムを取り入れることで、リボンやフリルを際立たせることもできるでしょう。

また、花柄には様々な色が入っていますよね。

葉っぱの緑や茎の茶色、花も一色ではないはずです。

そうすると、ファッションにも深みがでたり、色の幅が広がるので、小物も合わせやすいといえるでしょう。

ポイントに花柄をおくのがおすすめの使い方です。

「揺れる」のがポイント

男性が興味を持つと言われているのが、『揺れるもの』です。

ピアスやネックレスなどにも揺れるものを身に着けると、男性は本能的についつい目で追ってしまうんだそうです。

それは、ファッションにもいえるんです。

ふわっと広がる軽やかなスカートやブラウスなどの透け感があって風になびくアイテムは、女性ならではの柔らかさを出すことができると思います。

歩くたび、動くたびに揺れる裾や袖は、可愛らしさとともに女の子らしさも表現できるのがポイントです。

また、トップスとボトムスでピタッとしたシルエットと、揺れるふんわりしたシルエットを合わせることで、さらに痩せて見える効果も期待できるかもしれません。

優しさ、柔らかさが出る

揺れるアイテムが好まれるのは、男の子にはない女の子独特の柔らかさや優しい印象を強調することができるということもいえると思います。

淡いパステルカラーやリボンやフリルなどでも女の子らしい柔らかさは表現できますよね。

さらに、透け感や揺れ感のあるブラウスやフレアスカートを身に着けることで、優しい印象や女の子らしさをさらに出すこともできるんです。

そこに、あえてポイントとして濃い茶色や黒の色、ピタッとしたタイトなシルエットのアイテムを少し加えることで、柔らかさや優しさを強調させる役割も。

このように、柔らかさを表現するために、ポイントでピタッとさせるのも、ファッションの醍醐味といえるかもしれません。

髪型はふんわり

ガーリー系ファッションのポイントは、洋服だけにとどまりません。

ヘアースタイルによっても、印象は大きく左右します。

ふわっと柔らかいガーリー系ファッションには、ストレートスタイルよりも、パーマや巻き髪スタイルがよく似合います。

ストレートヘアは、すっきりした印象やクールな印象を与えるのに比べて、巻き髪やふんわりヘアは、柔らかく華やかで可愛らしい印象を与えるでしょう。

そして、このときの巻き髪は外巻きよりも内巻きやミックス巻きなどがおすすめです。

また、アップスタイルで、揺れを出すのもいいかもしれませんね。

ハーフアップやポニーテール、ツインテールなどはガーリー系ファッションでも、よく取り入れられているアップスタイルだと思います。

メイクも優しい雰囲気に

最後に、ガーリー系ファッションのポイントとなるのがメイクです。

直接話すときに相手が一番見るのは、目や顔ですよね。

そのため、メイクにも手は抜けません。

ガーリー系ファッションにぴったりのメイクは、優しい雰囲気や柔らかさを出せるメイクです。

目の周りを囲むようなしっかり系のメイクより、すっぴんメイクに近い優しい目元を目指すと、男性からの評判もきっといいはずです。

また、チークなども高い位置にして、子供っぽさをだしたりするのもいいでしょう。

ラメなども強調しすぎないさりげないものがおすすめです。

気は抜かないものの強調しすぎない優しいメイクを心掛けることで、あなたの印象もぐっとよくなるはずです。

まとめ

今回は『ガーリー』について色々とご紹介してきました。

ガーリーとフェミニンの違いや、ガーリー系ファッションの魅力やポイントは分かってもらえたでしょうか。

ぜひガーリー系ファッションを楽しんでくださいね。