あなたは「実は…○○でして~」なんて言葉を話したことがあるのではないでしょうか?

その際に何気なく使っている“実は”という言葉ですが、その言葉の意味をきちんと他人に説明することはできますか?

実は」という言葉を使っている多くの人というのは、実際にその言葉がどのような言葉の意味を持っているのかを知らずにその言葉を使ってしまっていることが多いんですよね。

おそらくあなたもその中の一人なのではないでしょうか。

これまではそのように“なんとなくのニュアンス”でその言葉を使いこなすことができたかもしれません。

相手が話している内容を理解することができたかもしれません。

しかし、これから先にはそのような状況のままではすまないこともあり得るかもしれないんですよね。

例えば「実はってどういう意味なの?」なんて質問をされてしまったとき。

それにこたえることができなければ、おそらくメンツをつぶすことになってしまうでしょう。

そのようにならないためにも、相手が話している内容をしっかりと理解するためにもこの記事ではぜひとも「実は」という日常にあふれている言葉の意味を理解していってほしいのです。

ということで、この記事では「実は」という言葉について特集しています。

この言葉は実際はどのような意味を持っているの?

どのように使われるのが正しいの?

そして、より理解を深めるために類語などもご紹介しています!

この記事を読めばかならず「実は」という言葉について詳しくなれることでしょう。

「実は」とは

あなたは、これまでの生活の中で「実は」という言葉をどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

おそらく多くの人が毎日のように、いや数日間隔でもこの言葉を見聞きしているはずなんです。

それくらいに「実は」という言葉は、日常的にあふれている言葉であり、その意味を深く知らない人でもなにげなく使ってしまっている言葉のうちの一つになってしまっています。

お恥ずかしながら、筆者も記事執筆のお仕事を始めるまでは“なにげなく”“なんとなくのニュアンス”で「実は」という言葉を使っていました。

しかし、多くの方に事実を伝えたい、言葉の意味だけでもしっかりと理解しておきたいという気持ちから常に辞書を引くようにしているんですね。

「実は」という言葉を辞書でひいたときには、とても驚いたものです。

「あ!これまでに使っていた意味ってまったく違っていたんだ!」なんて、やはり相手が話している言葉のニュアンスなどで言葉の意味を判断してはいけないな、いちから調べるべきなんだなという気持ちになったものです。

もしかしたら、あなたも筆者と同じように間違った意味で“実は”という漢字を理解してしまっているかもしれません。

でももう大丈夫!

少し心配させる気持ちにさせてしまいましたが、今回は「実は」という言葉についてあらゆる角度からご説明しているので、「実は」という言葉のマスターになれること間違いありません!

意味

あなたは「実は」という言葉に対して、どのようなイメージをもっていますか?もしくは、どんな意味を持っていると感じているでしょうか。

これまでに語句や語彙の勉強をしっかりしてきた人にとっては、そんなの朝飯前にこたえることができるかもしれないですね。

しかし、そのような学習を怠ってきた人にとっては、「こんな意味じゃないの?」「この言葉にそもそもちゃんとした意味なんてないんじゃないの?」なんて思っているものです。

それじゃあ困ってしまいます。

そのままだと間違ったニュアンスや意味で「実は」という言葉を使ってしまいかねないからです。

ということで、まずは「実は」という言葉の意味について詳しく見ていこうと思います。

あなたがこれまでに抱いていた「実は」への思い、そして「実は」の意味はあっているのでしょうか。

ぜひ、これまでに使っていた意味合いを思い出しながら読み進めてみてください。

事実を言えば

「実は」というのは「事実を言えば」を略した言葉になります。

言葉を話しているとき、何かを端的に伝えたいと思っているときに「この事実を言えばね」「この事実は・・」なんて言葉を話している時間さえも無駄に感じられることはあるのではないでしょうか。

ずばり、「実は」というのは、何か事実に基づいたことを話すときに使う言葉であり、「これから今話していること、関連事項の“事実”を話しますよ」という前置きになるんですね。

事実を話すのは勇気を射るものですよね。

その際に「事実を言えば」なんて堅苦しい言葉を前置きにしてしまえば、さらにそのことに関して緊張してしまうのではないでしょうか。

しかし、「実は」と短縮した言葉を使うことによって事実をのべることに恐怖も感じず、さらに相手に堅苦しいイメージを与えることなしに伝えたいことを伝えることができるようになります。

本当のところは

事実とはいったいどのようなことをさしているのでしょうか?ずばり“本当のこと”“真実”をさしていますね。

空想でも妄想でもなく、実際にこの現実に起きていることを指しています。

それが事実です。

その事実を話すことを「実は」というのであれば、それをもっと簡単にラフな形で伝えるのであれば「本当のところは」という言葉に置き換えることができます。

つまり、「実は」という言葉には「本当のところは」という言葉の意味までも持っているということになります。

実際はこうなっている、周りの人は○○のように見ているけれど本当のところはこうなってますよ、というニュアンスで使われる言葉でもあるということなんですね。

「実は」の類語、同義語や関連語


これまでに「実は」という言葉の意味について学んできましたね!あなたが感じていた「実は」という言葉の意味、そしてそれに対するイメージはあっていたでしょうか。

ややこしくなってしまうかもしれませんが、筆者はもともと「実は」という言葉に対してもっと堅苦しいイメージを持っていたんですよね。

しかし、言い換えをすればもっと簡単に伝えることができる言葉であることをしってとても驚いたのです。

そう、言葉を詳しく理解するにはその類語や同義語関連語などを確認する作業を外すことはできません。

さきほどご紹介してきた“実は”の意味だけで、「実は」という言葉について深く知ることができたと感じている人もいることでしょう。

しかし、それではその言葉に対する認識が甘かったり、ちょっと違うニュアンスで理解してしまっているなんてよくあることになります。

そのようにならないように、ここでは「実は」の類語や同義語、関連語をご紹介しています。

「実は」という言葉にはどのような類語、同義語、関連語があるというのでしょうか?

ここでは、それらについて詳しくご紹介します!

ぜひ、これらの類語等を確認し、あなたの「実は」という言葉への理解を深めてください。

現実において、または現実性で

「実は」という言葉には「事実をいえば」という意味がありましたね。

「事実」というのは、現実世界のことをさしています。

現実世界で実際に起きていることですよね。

つまり、「現実において」「または現実性を考えて」という意味でも使うことができるということになります。

では、この意味でつかわれる言葉には「実は」のほかにどのような言葉があるというのでしょうか?

さっそく「実は」の類語をじっくりみていきましょう。

現に

「現実に起きていること」をさす言葉として「現に」という言葉があります。

この言葉は、「現にあいつは仕事をさぼった」なんて使いますね。

この文章では「現実世界において、あいつは本当に仕事をさぼった」という意味になります。

「実はあいつは仕事をさぼった」というと、「実際にあいつは仕事をさぼった」という意味になり、この二つの文章においては「あいつ」というのが仕事をさぼったという現実があるということを意味しているのは分かるでしょう。

よって、「実は」と「現に」という言葉は言い換えることができます。

実を言えば

「実は」というのは「実際のところ~になっている」という意味で使うという言葉でしたね。

「実をいえば」という言葉であれば、これらの言葉の類似点を見出すのは簡単なのではないでしょうか。

ずばり、「実際のことをいえば、あいつは仕事をさぼった」ということをさすということになります。

「実をいえば」の「実」は“実際”“現実”の「実」であると理解するとわかりやすいでしょう。

そのため、現実のことを指しているという点で「実は」という言葉と類語であるということができます。

現実的な状態でしばしば期待に反して

あなたは、現実的な世界で期待をしたことはありますか?

おそらく多くの方が毎日のように何かに期待して生きているのではないでしょうか。

そのような期待する気持ちがあるからこそ、「がんばろう!」という気持ちになれたり、誰かを信じることで幸せな気持ちになれるものです。

しかし、ときにはその期待していたことが裏切られてしまうこともありますよね。

そのような状況、心境を表す言葉としても「実は」という言葉を使うことができます。

「実は、あいつは仕事をさぼったんだ」という文章には「あいつはあの仕事をやってのけてくれると心のどこかでは期待していた。

でも実際はその期待を裏切るかのように仕事をさぼっていたんだ」というニュアンスが含まれているということになります。

そう“実は”という言葉には、「しばしば期待に反すること」というようなマイナスなことが起きているのを指しているということもあります。

この意味で類語にはどのようなものがあるというのでしょうか?

実情は

「実情は」というのは、「真実の心は」という意味になります。

実際の心のうち、実際の心境…というとわかりやすいのではないでしょうか。

そのような”実情”という言葉というのは、実際の心のうちを表しているので”現実的な心の状況”を示しているのと同じですよね。

つまり、「実は」という言葉の意味にあるように「現実的な目線」で物事を見ること、現実的に考えた結果の心の内を示しているということになります。

「実情は、あの人のことが好きだった」というのであれば、本当はあの人のことが好きだったけれどそれを伝えることができなかったというニュアンスになりますよね。

この文章の話し手はおそらく、その人に思いを伝えるはずだったのでしょう。

それにそのような幸せな日常がやってくるのではないかと心のどこかで期待していた、でもそれがかなわなかったんですね。

期待を反した結果になったということになります。

人は誰しもいつでも真実の心(実情)は話さないものです。

あとになって「実はね、あの時あのように感じていたんだ」と表現する人も多いのではないでしょうか。

そのような点から「実情は」というのと「実は」という言葉はイコールで結ぶことができるのです。

強意語として使われる


「実は」というのは、英語にすると「Infact」と示すことができます。

これは実際は、実は…という意味を持っていますね。

これって、その実際に起きていることを”強調するため”にも使われる前置用語になります。

つまり、「実は」という言葉は、しばしば強意語として、特定の文章や用語の意味を強めて送るために使われる言葉になるんですね。

これまでにお伝えしてきた「実は」の意味は、今起きている現実だとかこれまでの現実を示すための意味としての言葉のものでした。

しかし、そのほかにも現実に起きていることでさらに強めて相手に伝えたい場合に「実は」という言葉が使われるということも忘れないで知っておいてほしい点になります。

(ちなみに筆者はこの意味があることを知らずにとても驚きました)

至って

「至って」という言葉は、何か現実が起きた後にさらにその後に起きたことを示すために使われる言葉ですね。

「これにいたっては…」なんて使ったりします。

例えば、何か新しいプロジェクトが始まっているとしましょう。

そのプロジェクトを成功させたのであれば、その過程にはおそらくいろいろなことがあったことでしょう。

その過程を説明するときに「これにいたっては、このようなことがありました」というニュアンスで使われます。

これは「実はこういうことがありました」という文章で置き換えることができますね。

つまり、「実は」の類語であるということができるんです。

よくよく

「君はそれをよくよく考えてみたのか!」「よくよく考えてみると…」なんていう言葉で使われるのが“よくよく”ですね。

これまた日常にありふれている言葉なので、人によってはあまり意味を理解せずに使っている方がいるかもしれません。

この言葉は、「よくよく」の後に続くことを強調しています。

ちょっと前にあげた例文であれば、「君はそれをよくよく考えたのか」というのであれば「君はそれを現実的に考えたのか」という意味になります。

このようにいわれてしまうということは思考がたりずに、何か失敗を犯してしまったのでしょうね。

「よくよく考えてみると~だった」というと、パッと見ではまったく気づかなかったものでもそれを凝視してさらに詳しく考えてみたら、現実的には○○だった、本当はこうだった…なんていう意味をなしています。

これらの文章では「実は」がさしている「現実的には」の意味に言い換えることもできますし、現実的に見ることである特定の部分を強調しているので、言い換えることができますね。

つまり、「実は」の類語として表現することができるということになります。

たいへん

「たいへん」というのは、何か特定の出来事や物事の度合いが多いこと、比重が高いことを示している言葉になりますね。

そのため、そのあとに続くものを“強調している”ということになります。

たとえば「大変その仕事は疲れました」というのであれば、「とてもその仕事は疲れた」と疲れる仕事だったことを強調していることになりますね。

それは思っていたよりも物事が大変だったということを示していますし、さらに現実的に疲れるものだったということを指していることにもなります。

そのような点から「実は」という言葉の意味と同じであることはお分かりいただけるでしょう。

よって、「たいへん」という言葉も”実は”の類語として認めることができるのです。

ずいぶん

「ずいぶん」という言葉も「たいへん」と同じく、言葉を強調する言葉になります。

「ずいぶん遅れたね」というのであれば、思っていたよりも遅刻してきたことを指しているのはお分かりいただけるのではないでしょうか。

そのように実際の状況では“遅れてきた”、それも想像していたよりも“かなり遅刻した”という意味で使うことができます。

「実は遅れてきたよね」というと、実際のところは遅れてきたということ、それに遅れてきた張本人はおそらく“遅刻なんてしてないぜ”という雰囲気を出していたのでしょう。

要するに実際の、現実の、真実というのはかなり遅刻してきたということになります。

完全に「実は」という言葉の意味と合致はしませんが、ニュアンス的に類語としてあらわすことができますよね。

「ずいぶん」という言葉も「実は」と同じように日常的に使われる言葉ですから、ぜひともその意味を覚えておくといいでしょう。

なにかを強調する言葉になりますね。

とっても

「とってもおいしかった!」というと、本当においしかったし、おいしかったという現実で起きたことを相手に伝えたいときに話す言葉になりますね。

「とっても」というのは「とても」という言葉をさらに強調したものであり、「とても」というのはそのあとに続く言葉などを強調する言葉になりますね。

つまり、「実は」が強調するように「とっても」も文章を強調する役割を持っているということになります。

「とってもおいしかった」というのであれば、「実はね、あれっておいしかったんだよ」と言い換えることができます。

それって、本当はおいしくないように見えるものでも、実際に口に入れてみたらとてもおいしかったということ、それももともと想像していたよりも周りの人がイメージしているよりもはるかに”おいしさ”が上だったということをさしていますね。

その点で、「とっても」「とても」という言葉と「実は」という言葉は意味合いが同じであるということができます。

「実は」よりも「とても」のほうが日常的に使う頻度が高いかもしれないですね。

はなはだ

「甚だ」と漢字でかくこともできる「はなはだ」というのは、指定している事柄の頻度が高いこと、想像しているよりも程度が大きいことを指す言葉になります。

「あの人は、いつもはなはだだらしないわ」というのであれば、あの人がとてつもなくだらしない人間であることを指していますね。

この言葉は、これまでにご紹介してきた類語・関連語のなかではとくに“マイナス要素”を含んでいる言葉になります。

「実は」という言葉でも、マイナスの協調をするときに使うこともあるので、「はなはだ」と「実は」という言葉は類語であるということができますね。

「あの人は実はだらしないんだ」といえば、本当はだらしなくない人に見えたものの、実際はだらしない人であったということ、それも思っていたよりも“ひどい”状態であったということを文章の中から読み取ることができるのではないでしょうか。

そうやって「実は」という言葉も、何かを強調するときに使われる言葉だということなんですよね。

連想される言葉

これまでに類語をご紹介してきました。

それだけでも「実は」という言葉について詳しくなれたような気持になっている方もいるかもしれないですね。

しかし、それだけでは筆者はとても不安です。

というのも、日本語というのはとても複雑でいろいろな角度からその言葉について知っておくべきだと感じているからです。

ということで、あなたが本当に「実は」という言葉について詳しくなれるように、ここでは「実は」という言葉から連想される言葉いわゆる関連語をご紹介しています!

さきほどの類語でも「実は」に言い換えることができる…ということでお伝えしましたが、これからご紹介していく連想される言葉も言い換えることができるものになります。

ちょっとした例文を交えていますが、ぜひあなたの想像する文章でも言い換えてみてくださいね。

ダイレクトに

「ダイレクトに」というのは「直接的に」という意味になります。

間接的になにかをするのではなく、直接的にその対象とするものにかかわったり、そこにくっついたりすることを指していますね。

「ダイレクトにいうと・・・」「ダイレクトにあなたに近づいた」というような形で使います。

ずばり「直接的(何もオブラートに包まないで)にいうとね」「直接的にあなたに近づいた」という意味になります。

「実は」というのも現実的なことを率直に見つめている意味を持っているので、「ダイレクトに」という言葉で言い換えることができます。

端的に言って

何かを話しているときに、ひとつ前の項目でもお伝えしていますが“オブラートに包まない”で相手に話すことってありますよね。

日本人は相手の気持ちを考えて行動してしまうので、どうしてもオブラートに包んで話してしまいがち。

でもそれをしていては時間の無駄にも相手に伝えたいことがしっかり伝わらないなんて言うのもよくある話です。

そうしないことを「端的に言って」と表現することができます。

率直的に、ダイレクトに伝えて…という意味になります。

「端的に言うと、私はあなたが嫌いだ」といえば、率直になにもアブラートに包むことなく“嫌いである”ということを相手に伝えていますね。

「実はあなたが嫌いだ」というのも、本当はあたかも好きなようにふるまっていたものの、それはウソであり、本当は好きではなかったということを伝えていることになります。

この二つの文章は言い換えることが可能なので、「端的に言って」という言葉は「実は」の関連語としてあらわすことができます。

率直

ひとつ前の項目で少し登場しましたが、「率直」という言葉も「実は」という言葉に言い換えることができます。

率直的=直接的…ようするに何度もお伝えしていますが、何か伝えたいことをそのまま相手に伝えることをさしています。

あなたは、自分の思った気持ちをそのまますぐに相手に伝えることができるでしょうか?

ほとんどの日本人というのは相手の気持ちを考えたり、自分と相手とのこれからの関係を考えることによってなかなか云い出せないんですよね。

しかし、時には心を鬼にして本当の気持ちを相手に伝えなくてはいけない時があります。

それこそ“率直に相手に伝える”ときですね。

ずばり「率直」というのは、ダイレクトに、直接的に、何も包み隠さずに相手に伝えるということになります。

「実は」という言葉には、「ダイレクト・端的・率直」なんていう言葉が関連しているように“現実的にまっすぐ見る・伝える”というニュアンスが含まれているということになるのですね。

「実は」の使い方・例文

「実は」という言葉の意味をしっかり知ることができたのであれば、次はその使い方について確認していきましょう!

「実は」という言葉は、日常的に誰もが簡単に使うことのできる言葉ですよね。

そのため、せっかく意味を確認したとしてもその言葉を間違ったニュアンスで使ってしまう人ってとても多いのです。

それじゃあこれまで学んだことがむだになってしまいますね。

そのようにならないように、ここでは「実は」の使い方を例文によって確認していきましょう。

それぞれの意味とそれぞれのアドバイスポイントを記しています!

実はこう話す私も事実はあまり知らなかった

この文章はどのような意味を持っているでしょうか?「実際のところ、こう話す私でも本当は事実をあまり知らなかった」という意味になります。

この話し手はおそらく“あたかも自分がその事柄について知っている”かのようにふるまっていたのでしょう。

しかし、現実的な世界では本当はあまり知らずに“知ったかぶっていた”というのをカミングアウトしていることになります。

このように、「本当はこのようにしていたけれど、本当はこうだった」と真実を伝えるために使う言葉になります。

実は彼は今日は来ない

この文章を言われた人はどのような気持ちになったでしょうか。

おそらくショックをうけたでしょうね。

なぜならばこの文章からは「(彼がやってくるといっていたけれども)実際のところは彼は今日は来ないんだよね」という意味になるからです。

これは「期待していたことが裏切られた」という意味で「実は」という言葉を使うことができます。

実際の様子と相手に伝えていたことに相違の点がみられたというのは、この文章を読んでなんとんかくわかるのでしょうか。

それにこの話し手は、相手が自分の話したことで期待していたことまでもわかっているように感じられます。

私も実はこちらを拝見するのは初めてです

この文章は「実際のところ、私もこれを見るのははじめて」という意味になります。

会話をしていて、知ったかぶりをしてしまうようなことってありますよね。

見たことも行ったこともないのに、相手の会話にあわせているうちにそのようにふるまってしまうこと。

この文章ではそのようにふるまっていたものの、実際のところは見たことがなかった、あなたと同じく今この瞬間に見るのがはじめてであるということを示しています。

そう、”カミングアウト”するときにも「実は」という言葉を使うことができるんですね!

あまりカミングアウトなんてするものではありませんが、その際にはだれしもなんとなく「実は」という言葉を使っているものなのです。

実は大目に見逃した

本当は見逃したくなかった、でもそうせざるをえなかった…というニュアンスをもち「実際のところ大目にみて見逃してあげた」という意味になります。

本当のことを言えば見逃してはいけないことってありますよね。

でも、それをいちいち注意していても何も変わらなかったり、物事が前に進まないこともあるものです。

そのため、大目にみたのでしょう。

「実は」という言葉はこのように過去にあった出来事を説明するためにもつかわれます。

「実は」はよく使う言葉!正しく使おう

今回は「実は」という言葉について特集してきました!

いかがでしたか?

「実は」という言葉は、誰しもその言葉の意味を知らなくてもなんとなく使うことができてしまう言葉になります。

そのようになんとなく使える言葉ほど、間違った意味で使ってしまうものはありません。

特によく使う言葉だからこそ、「ちょっと怪しいな」と思った時にはもう一度この記事を見直し、正しく使えるようになりましょう。

もしかしたらあなたの身近にいる人は、間違った意味でその言葉を使っているかもしれないのですから。