「いつも喜んだり、そのあとすぐに落ち込んだりして自分につかれてしまう」なんていうそこのあなた!あなたはもしかしたら“一喜一憂”してしまっているのかもしれません。

一喜一憂(いっきいちゆう)とは、うれしいことがあればそれに対して喜ぶことができるものの、反対に落ち込むようなことがあればそれに対して落ち込んでしまうーいわゆる自分の感情に振り回されるということになります。

自分が一喜一憂に陥っていると分かっている人もいれば、まさかじぶんがそのような事態になっているとは気づかない人もいるでしょうね。

それに「一喜一憂」という言葉を聞いたことがある人もいれば、まったくもってその言葉の意味を知らなかったという人もいることでしょう。

そんなあなたのためにこの記事では「一喜一憂」という言葉について特集しています。

その言葉にはどのような意味があるのか?「一喜一憂」のような性格をしている人はどのような人なのか、またもしも自分が一喜一憂してしまっていると気づいたのであれば、どのようなことに気を付ければいいのか…などなど誰もが気になる“一喜一憂”という言葉について特集しています。

あなたもこの記事を読んで“一喜一憂”という言葉の意味を知るだけではなく、それを正しく使いこなしたり、さらには一喜一憂な状況に陥らないように気を付けてみましょう。

いつも一喜一憂していませんか?

あなたにここで質問です。

あなたは、生活の中で「一喜一憂」してしまっていませんか?

一喜一憂(いっきいちゆう)という意味についてはのちほど詳しくお伝えしましが、簡単にお伝えしますと「うれしくなったり落ち込んだりを極端にしてしまう」様子を表してますね。

たしかにこの世の中で生きていれば、心から嬉しいと感じるようなこともあれば、反対にどうしても落ち込んでしまうほどに悲しくなってしまうものもありますよね。

そんなときには、だれでも一喜一憂してしまう可能性があります。

もしかしたら、すでに今まさに一喜一憂してしまっていて、それに対してどのように対処していけばいいのかわからない!という悩みを抱えている方もいらっしゃることでしょう。

そのような方たちのためには、記事の後半にて一喜一憂しないための秘策をご紹介しているのでぜひそちらを参考にしてみてくださいね。

また、一喜一憂とするといっても、その言葉の意味をふかく理解できていないと自分が本当に“一喜一憂してしまっているのか”という点でも疑問を持つのではないでしょうか。

それじゃあ、「今私は一喜一憂した」なんて文章の中で、その言葉を使うこともできないですよね。

ということで、まずは“一喜一憂”という言葉がどのような意味を持つ言葉なのかを深く解説していきます。

また、実際に「一喜一憂」という言葉を使うのにはどのように使えばいいのかをお伝えするために例文もご紹介しているので、使い方までもマスターしましょうね!

一喜一憂とは?

あなたは「一喜一憂」という言葉を使ったことがあるでしょうか。

おそらく使ったことがある人というのは、なんとなくでもその言葉の意味を理解しているはずです。

では、真実の意味をお伝えしますと「一喜一憂」という言葉は、多くの場合で「状況に応じて、悲しんだり、喜んだりしてしまうこと」「舞い上がったり、心配してしまうこと」をさしています。

私たちは毎日生活を営んでいますね。

どんなに平凡に暮らそうとしても、だれにでもうれしいことがやってくることもあれば、心から立ち直ることができないほどまでに悲しくなってしまうこともあります。

そのため、「一喜一憂」というのは、だれでも感じてしまうような心の状況なんですよね。

例えば、大好きな人に告白をしたらなんだかよさげな返事をくれるようにみえたとしましょう。

「返事はまた今度」なんていわれていても、感触がよかったので「おそらくお付き合いできることになるだろう」と思えますよね。

しかし家に帰って告白した時のことを思い出すと、「あの時ああすればよかった」とか「こんな風にしておくべきだったかもしれない」なんていう心配が浮かんでくるものです。

また、その場で告白の返事をもらうことができて、お付き合いすることができるとなったとしても「本当に大丈夫なのかな」なんて、うれしかった気持ちはどこかに行ってしまい、頭の中は悲しいことばかり、心配事ばかり考えてしまうのではないでしょうか。

そのように、一人であれこれ考えてうれしくなったり、悲しんだり、心配したりする…というようなシチュエーションによってコロコロ心の状況が変わるような状態を“一喜一憂(いっきいちゆう)といいます。

漢字に注目してみよう

でもどうして一喜一憂という言葉には、そのような意味があるのだろうか…?と感じている人もいるのではないでしょうか。

ずばり、そのような人は漢字に注目してみましょう。

一喜一憂という言葉は、「ひとつの喜び、一つの憂い」としるされていますね。

「喜び」というのは、説明するまでもないでしょう。

喜びごと、うれしいことを指しています。

一方で「憂い」という言葉は、悲しいこと・心配していること・それによって気分が落ち込んでしまっていることを指しています。

つまり、ひとつの喜びを感じることもあれば、一つの悲しみや心配事を感じることもある…というような構成になっているんですね。

これって、「一喜一憂」の言葉の意味をそのまま表しているというのは、すぐにお気づきになるのではないでしょうか。

このように言葉を構成している漢字などには必ず意味があるものです。

もしもその言葉の意味を思い出せなくなったりしたときには、どんな漢字で構成されているのかな?という部分に注目するようにすると理解が深まるでしょう。

一喜一憂の例文を紹介

これまでに簡単に「一喜一憂」という言葉の意味についてお伝えしてきました。

その言葉の意味を理解することはできたでしょうか。

おさらいしますと「状況に応じて、うれしくなったり心配してしまったりすること」という意味がありましたね。

このような意味を知っている人でも、会話の中や文章の中でこの言葉を使おうとしたときに間違ってしまう人がいます。

つまり、間違った意味や使うべきではないシチュエーションでこの言葉を使ってしまうんですね。

もしも、あなた自身がそのようなことをしてしまうことになったらどうでしょうか。

指摘してくれる人もいますが、大人になればなるほど誰も指摘してくれません。

その代わりに心の中でバカにしていたり、人によってはほかの人との会話のネタにしてしまうことだってあるんですよね。

そのようにされたくないですよね。

そのために、ここでは一喜一憂という言葉を使った例文をご紹介しています。

一喜一憂とはどのようにして使うのか?また、どのようにして使うのが正しいのかをここで学んでおきましょう。

それぞれにその例文の意味、そしてどのようなニュアンスで「一喜一憂」という言葉が使われているのかをお伝えしています。

まずは、例文をよんで「どんなニュアンスの文章なのかな」というのを想像してみてくださいね。

憧れの彼女の表情に、彼はいつも一喜一憂している

この文章は、どのような意味を持っているでしょうか?ずばり「あこがれている彼女の表情に、彼はいつもうれしくなったり心配したりしている」という意味になります。

この文章を読めば、「彼」というのは「その彼女」にあこがれの気持ち、恋する気持ちを抱いているんだなということを読み取れますね。

そんな大好きな人がうれしそうな顔をしていれば、「彼」もうれしくなります。

反対にその憧れの彼女が悲しそうな顔をしていたり、不安そうな表情をしていたり、さらには彼が何かをしたことに対して不満そうな表情をしているのであれば「大丈夫なのかな」「何か悪いことをしてしまったのかな」なんて心配してしまうんですよね。

つまり、彼はいつも彼女の表情によって感情が変わっているということになります。

好きな人のこと、あこがれの人のことを思い出すとこのようになってしまう人は多いのではないでしょうか。

ほんの僅かな体重の増減で、彼女は一喜一憂する


この文章はどのような意味を持っているでしょうか?ずばり、「ほんのわずかに体重が増えたり減ったりすることだけで、彼女はうれしくなったり悲しくなったりしている」という意味になります。

これは、これまでにダイエット経験をしたことがある人であれば感じたことのある感情なのではないでしょうか。

食べればそりゃあ少しの体重は増えますが、その体重でも「ああ、0.1kg増えてしまった…」なんて落ち込んでしまうんですよね。

しかし、反対に便秘などが解消されただけで0.1kgマイナスになったくらいで「やせた!」と大喜びしてしまうものです。

人によっては、朝にはかっている体重の数字がその日の占いを示しているなんていうこともありますよね。

それまでにダイエットにて体重にまどわされたり、振り回されるものではありませんが「早く痩せたい」「早くきれいになりたい」と思えば思うほどにちょっとした数字の変化にも敏感になってしまうものです。

その結果、ちょっとした体重能増減でもうれしくなったり悲しくなったりしてしまうんですね。

一喜一憂の類義語

「一喜一憂」という言葉における例文を2つご紹介しました。

その使い方、そしてそれぞれでの意味を確認することはできましたか?その例文を読むことで大体の方は、「一喜一憂」という言葉についての理解を深めることができたはずです。

しかし、なかにはまだ「一喜一憂のイメージがわかないなぁ」なんて言う人もいるのではないでしょうか。

そのような方たちは、ぜひとも“一喜一憂の類義語”を確認することをおすすめします。

類義とというのは、その対象としている言葉とほぼ同じ意味を持つ言葉になります。

そのため、「一喜一憂」とほぼ同じ意味を持っているので、違う角度から見れば「一喜一憂」という言葉を簡単に理解することができるんですね。

では、いったい「一喜一憂」という言葉の類義語にはどんなものがあるというのでしょうか?さっそく確認していきましょう。

一憂一喜

「一憂一喜」(いちゆういっき)とは、状況に応じて悲しい気持ちになったり、反対にうれしい気持ちになることを指しています。

この言葉は、今回特集している「一喜一憂」という言葉を入れ替えた言葉になりますね。

そのため、完全に同じ意味を持っている言葉として扱うことができます。

例えば、さきほどの例文を使うのであれば、「彼は憧れの彼女の表情を見て、一憂一喜している」ということができます。

これは、さきほどご紹介した意味と同じく「彼はあこがれの彼女の表情をみることで、うれしくなったり悲しくなったりしている」という内容になりますね。

一進一退

「一進一退」とは、前に進んだ分同じ分だけ後ろに下がる、結果的に一歩も前に進んでいないという意味になります。

あなたもそのような状態になったことはあるのではないでしょうか?例えば、「今ならいける!」と思って大好きな人にアピールをしたものの、アピールをしてみてから「これはまずいかもしれない」「今はその時期ではなかった」なんて思い、結果的に最初に踏み出した地点に戻ってしまうことです。

前に進んでもどこか自信をもつとができなかったり、心配事が多かったりすると後戻りしてしまいますよね。

その意味を示しています。

これは、前に進むと同じくらい後ろに下がる=プラスマイナス0という意味を持っているので、考え方によってはうれしくて前に進めるけれども悲しいことがあって、結局元の場所に戻ってきてしまうという意味合いで、「一進一退」という言葉は「一喜一憂」と同じ意味ということができます。

一喜一憂しやすい人の特徴

これまでに「一喜一憂」という言葉の意味、そしてどのように使うのかについていろいろな角度からお伝えしてきましたね!

言葉の意味に関しては、もう何も問題はないのではないでしょうか!

しかし、実際に「自分が一喜一憂で悩んでいる」という人もいれば、身近にいる人がいつも一喜一憂していて見ていられない…という方も中に入るのではないでしょうか?

一喜一憂という言葉の意味が分かると「ああ、あの人は本当にいつも一喜一憂しているんだな」「自分がこんなにも感情の起伏が激しいのは、“一喜一憂”していたからだったのか」なんて、別の意味でも納得してしまったかもしれません。

でも、この世の中には一喜一憂する人もいれば、そうじゃない人もいますよね。

それらの違いってどこにあるのでしょうか?ここでは、それを示すために「一喜一憂しやすい人の特徴」をご紹介しています。

一喜一憂してしまう人たちには“共通点”がみれたんですよね。

ぜひとも、それを確認していきましょう!

ネガティブ思考


基本的にネガティブ思考の人は、一喜一憂しやすいといわれています。

一喜一憂というのは、うれしく感じることもできるので人によっては「ネガティブな人は悲しいことしか考えられないんじゃないの?」なんて思われてしまうかもしれないですね。

しかし、そうじゃないんです。

ネガティブな人というのは基本的に目に見える世界を「マイナス」視線で見ています。

そのため、少しでも自分の悪い期待を裏切ってよいことがあると「うれしい」という感情に包まれます。

反対に悲しいことがあれば「ああ、やっぱりそうだったのか」「どうせ世の中なんてこんなものだ」なんて、どんどんさらにマイナスな思考に陥ってしまうんですね。

そのため、普通の思考の持ち主、ポジティブ思考の持ち主によっては、感じないようなどんなに小さいことでもうれしくなったり、悲しくなったりしています。

想像力がある

あなたは、ご自身に想像力があると思いますか?想像力というのは何歳からでも高めることのできる能力になりますが、それが極端にある人・想像力豊かな人というのは一喜一憂しやすいです。

ちょっと想像しづらいかもしれないですね。

一喜一憂というのは、うれしくなったり心配してしまったりすること。

「喜び」というのは、その時点での感情でもありますが「心配する」ことって現時点のことよりかは、「過去のこと」「未来のこと」であると思いませんか?

「プレゼンがうまくいかなかったらどうしよう」というのも、自分がプレゼンを失敗している姿を想像することができなければ、そもそもそのような発想をすることがなければ感じないことですよね。

つまり、想像力があるからこそ「うれしいこと」を感じたり、「心配するような出来事」が出来上がってしまうんですね。

慎重な言動をする

慎重な言動をする人ってまじめなイメージでとても信頼できるものです。

しかし、そのようなタイプの人に限って一喜一憂している可能性がとても高いです。

そもそもその人はどうして慎重な言動を心掛けているのでしょうか?

想像力を働かせ、未来にこんなことが起きたらどうしよう、そんなことにならないように今から対策をしておくべきだ…なんて感じるがためにそのようにふるまうようになるんですよね。

つまり、慎重な言動をしているということは、未来や過去の時点に関して“心配事”があるということになります。

「嫌なこと」を避けるためにそのように行動しているんですね。

人って自ら体験しないとそれを学ぶことができません。

つまり、慎重な行動をしている人というのは、もうこれまでに一喜一憂していやな思いを感じたことがあるということになります。

気持ちが顔に出やすい

あなたの周りには、なにかと心の感情が顔に出てしまうような人はいないでしょうか?子供なんて言うのは、特にそうですよね。

大人になってもすぐに表情に怒りや悲しみが出てしまう人がいます。

一喜一憂してしまう人というのも、その類で“気持ちが顔に出やすい”人が多いです。

一喜一憂してしまうということは、自分の心に出てきた感情をコントロールできていないということになりますよね。

自分の感情をコントロールすることができいれば、多少の悲しみを感じたり、心を乱されるような心配事に出会ったとしても冷静にその物事を見つめることができるものです。

しかし、感情をコントロールできないからこそ、その感情が顔に出てしまうし、それに自分の感じた感情にいちいち左右されたり、振り回されたりすることになります。

人に利用されやすい

人に利用されることほど屈辱的なことはないですよね。

一喜一憂してしまう人というのは、非常に周りの人から“とっつきやすい”性格をしています。

というのも、自分の感情をストレートに表現する人が多いので、だます人/その人を利用しようとしている人は、その感情を読み取って先取りで行動することができちゃうんです。

つまり、だまされやすいということになります。

人をだます人/利用する人は、相手の抱いている感情をうまく使うので一喜一憂しているのを周りの人に見られたら、その落ち込んでいるときに弱みをにぎられ、そしてその人の言いなりになってしまうなんて言うこともあります。

もしもご自身が一喜一憂しやすいなぁと感じているのであれば、利用されないように気を付けたいものです。

というのも、一喜一憂してしまう人というのは、周りの人をみんな”信じ切っている“ことが多く、そのなかにあなたを利用しようとしている人も少なからずいるということを忘れないようにしなくてはいけません。

案外、身近にいる人ほど裏切り行為を働きますよ。

自分に自信がない

自分に自信がある人というのは、あまり感情的になりません。

感情的になったり、感情をコントロールできない人というのは、自分に自信がないんですよね。

そのため、ちょっと良いことがあれば「こんな自分でもできたんだ!」「成功したんだ!」と心から本当にうれしく感じることができます。

しかし、自分に自信を持てていなかったらどうでしょうか?「どうせできないと思っていた」「やっぱりむりだった」なんて落ち込むことになりますよね。

それも元からの自信がないので、もっとネガティブな施行に陥りやすくなります。

あまり成功したことがない

「自分に自信がない」と感じている人はそれを理由にして、何にもチャレンジしません。

新しいチャンスがやってきても「どうせ自分にはむり」といってしまうんですよね。

そのように何にもチャレンジしたことがないということは、成功した経験も少ないということになります。

自信というのは、自分を信じるということ、そして行動をした後に“後からついてくる”ものになりますよね。

つまり、成功体験を重ねることができなければ、自信をつけることなんてできないんです。

成功した経験よりも、自分を信じないあまりに挑戦もできずにいつまでも悪い状況、悪いループのなかに滞っています。

なかなか“成長”できない人なんですね。

趣味や目標があまりない

あなたには、趣味や目標はありますか?趣味があったり、目標があると生活にメリハリをつけることができます。

「この趣味のために時間を作ろう」とか「この目標を達成するためにこうしよう」なんて考えることができ、それに沿って行動できます。

すると、さきほどからずっとお伝えしていますが“自分に自信をつける”ことができるようになるんですね。

また「これをやっている」という行動こそが自分の自信につながり、次第に“後ろ盾”になっていきます。

一喜一憂してしまう人は、目標も趣味もない(やっても無駄だと感じている)ので、自信をもつことができず、ちょっとしたことに感情を左右されるような人になります。

地に足がついていないタイプということができます。

疲れやすい

疲れやすい人も一喜一憂しやすいという事実をご存知ですか?疲れているときと元気な時では、心の感じ方というのが違うものです。

元気な時にちょっと嫌なことが起きたとしても、その元気さで乗り切ることができますよね。

しかし、疲れてばかりいる/もしくは疲れやすい人というのは、いつもエネルギー切れ状態なのでそのようなことをすることができません。

それどころかちょっとしたことでも心が揺らぎます。

疲れすぎていると、これまでにうれしいと感じていたこと、楽しいと感じていたことをそのように感じられなくなってしまうのと同じことですね。

もしも「疲れやすい」そして「常に一喜一憂しやすいと感じる」のであれば、まずは疲れをいやすことから始めなければなりません。

受け身の姿勢が多い

日本人はほかの海外の人に比べると“受動的”な人が多いといわれていますね。

あなたはどうでしょうか?もしも、常に受け身の姿勢でいたりしているのであれば、あなたも一喜一憂な人かもしれません。

というのも、受け身でいるということは自分の意見を主張せずにグッとこらえているということになりますよね。

相手の意見を聞いている途中、心の中では「そんなことない!」「この人は間違っている!」と思っていてもそれを主張することができないんです。

それは自信がないということもあげられますが、その相手の言葉をきくことによって反感するのではなくそれをすべて受け入れてしまっているということもあげられますね。

そのように何でも相手の意見を受け入れることによって「自分はダメなんだ」「今これがいいのか!」なんて一喜一憂することになります。

自分自身の軸というものを持っていないのも原因のひとつといえるでしょう。

冷静さが足りない

さきほど感情をコントロールすることができないから、一喜一憂してしまう…ということをお伝えしましたね。

つまりそれって、冷静さが足りていないということになります。

冷静さというのは、自分を客観視することができ、さらに「今はこのように行動するべきだ/しないべきだ」というのを判断できる状況を言います。

一喜一憂する人は、目の前に起きていることをそのままドストレートに受け止めてしまうんですね。

要するに、ワンクッション置くことができないんです。

それって客観的に自分を見つめることができていないということになります。

その結果、一喜一憂してしまうわけです。

人に信頼されていない

人に信用されるともっと信頼されたい、信用されたいと思うようになり、それ相応の行動ができるようになります。

それに相手が自分のことを信じてくれていることを前提にして、自分も相手のことを信じることができるようになるんですよね。

しかし、一喜一憂してしまう人というのは、周りの人に信頼されていないことが多いです。

それは感情をコントロールできないために「面倒くさい人」と思われていたり、人によっては自分のことしか考えていないので人を傷つけてしまった過去があるのかもしれません。

そのように周りの人から信頼されていないと分かっていると、相手の言葉を信じたり疑ったりしてしまうんですよね。

その結果、喜んでみたり、深く考えて「そんなこと思っているはずはない」と心配するようなネガティブな思考に陥ります。

ミスが多い

ミスが多いと自信のなさにつながります。

それにミスが多いということは、大きな視野で物事をとらえることができていないということになりますよね。

そこに気づけばミスを防いだり減らすことはできるのですが、基本的に一喜一憂する人というのは“目の前”のことしか見ていないのでミスを防ぐこともできません。

それに人によっては、ミスをしていることにすら気づかないことも。

一喜一憂しない方法とは?

一喜一憂すると自分の感情とはいえ、それにふりまわされて疲れてしまいますよね。

それじゃあ、せっかくの一度きりの人生を楽しむことはできません。

しかし、落ち込まないわけにはいかないのが人生。

でも一喜一憂はしたくない…そのように考える人は多いのではないでしょうか。

ということで、ここでは一喜一憂しないための方法をお伝えします。

ぜひ参考になさってくださいね。

適度に割り切り、諦める

一喜一憂してしまう人は、自分の感情にこだわりをっ持っていることが多いです。

もうこの際です、その感情へのこだわりを捨ててください!「悲しい」と思ったことでも「まあこんなこともあるか」と、すごくうれしいことがあっても「まぁこんなうれしいこともあるか」なんて思うようにするんです。

どんな感情、物事、誰かからの発言に対しても“適度に割り切る”こと。

そうすることで、一喜一憂しなくて済みます。

自分に自信を持つ

自分に自信がないというのは、いろいろな弊害を引き起こすことは先ほどご紹介してきました。

自信がないから何もできなくなって、そしてさらに自信のない自分をつくりだしてしまうんですよね。

だったら、自信が持てるような自分になればいいんです。

実際にどのように行動すればいいのでしょうか?

【自分に自信を持つ方法は、こちらの記事もチェック!】

何かひとつ極めてみよう

まずは、何か始めてください。

なかには「自信がないからできない」という人もいるかもしれないですね。

そうじゃありません。

行動したからこそ、得ることができるのが“自信”なんです。

ぜひ、何かひとつでもいいので初めて見てください。

そしてあなたのできるところまでとことん極めてみましょう。

ポジティブな言葉だけを口にするようにする

あなたは、日ごろからネガティブな言葉を使っていませんか?人って不思議なことに使っている言葉のような人生を送り、そのような未来を歩むことになります。

もしも一喜一憂したくない、悲しい思いをしたくないと感じるのであれば、ポジティブな言葉だけを口にするように心がけてください。

もしもお金がなくて友達からの誘いを断らなければならなかったとき、あなたはどのように断っていますか?

「お金が“ない”からいけない」なんていっていませんか。

そのように「ない」という言葉を使わないこと。

ぜひ、「今は忙しくて…。今度埋め合わせをするね!」なんてポジティブな言葉でしめくくるようにしましょう。

それだけでも罪悪感は消え、あなたの心の持ちようが変わってくるはずです。

一喜一憂してたら心が持たない!

今回は“一喜一憂”という言葉、そしてそれにならないためにはどのようにしていけばいいのかについてお伝えしてきました。

自分が一喜一憂するとなると、とても疲れるのではありませんか?

感情というのは、これから先もずっと付き合っていかなければならず、離れることはできません。

そんな感情にいつまでも振り回されていたら、心が持たないですよね。

適度なところで割り切って、ぜひあなたも一喜一憂しない生活を過ごせるようになりましょう!