「自分の話しが相手にまったく通じていなかった」「この人とは上手く意志の疎通がはかれない」そう感じることってありませんか?

自分は一生懸命に相手に伝えようとしているのに、思うように意志の疎通ができなかったり、会話が噛み合わなかったりすると、タイムロスやストレスになってしまうことがあるでしょう。

他人と意思の疎通がとれない原因は何なのか、またそんな時にはどう対処すればいいのかなどをご紹介していきます。

意志の疎通で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

️意思疎通が取れない原因10個

あなたは人と話をしている時に、「相手といまいち話が通じていない」と感じることはありますか?

自分は一生懸命に説明をしているのに、相手がまったくこちらの意図を理解できていなかったり、または相手の言っている内容が自分には理解できなかったりと、意思の疎通に何らかの支障を感じることがあるかもしれません。

そんな時には、ひょっとしたらあなたは相手に一生懸命に話を伝えようとしている「つもり」だったり、話を聞こうとしている「つもり」のだけかもしれません。

意志の疎通は、互いに「伝えよう」「聞こう」という気持ちがなければ上手くいきません。

どちらかがそれを怠っていると、互いに意思を疎通させることは難しいでしょう。

意志の疎通が取れない時には、どんな原因が考えられるのでしょうか?以下に原因となるものを挙げていきます。

1:言われたことに対してメモを取らない


例えば仕事中に、上司や先輩から指示されたことをきちんとメモにとる人と、とらない人とがいるでしょう。

記憶力にあまり自信がない人や、ミスのないように確実に1つずつこなしていこうと考える人は、ささいなことでもいちいちメモをとる癖がついています。

メモをとることで内容を覚えやすくなり、またメモにとったことは確実にやっていくことができますので、余計なミスが生まれることはないでしょう。

一方で、自分の記憶力に自信がある人は、メモをとろうとはしません。

「自分なら大丈夫だ」というあまり根拠のない自信からメモをとらなかったり、メモをとるという行為を恥ずかしいことだと思い込んでいたりする人は、人から「ちゃんとメモを取りなさい」と言われても、それに抵抗を覚えるでしょう。

人によっては本当に記憶力に優れているため、メモをとる必要がない人もいます。

しかし、大抵の場合はメモをとらないことでうっかりミスをしてしまったり、確認不足で意志の疎通が取れなかったりすることがあります。

2:自分の話ばかりで相手の話を聞かない

人と話をする時に、自分ばかり話をしようとする人は、相手の話をきちんと聞かない傾向があります。

いわゆる「おしゃべりな人」や「しゃべりたがりの人」「自己主張の強い人」などがこれに当てはまります。

自分の話ばかりする人は、自分にある程度自信があり、人に自分に関する話を聞いてもらいたいといつも思っています。

そのため誰かとおしゃべりをする時には、相手の話よりも自分の話の方が重要だと感じていたり、自分の話の方が面白い、ためになると感じていたりすることが多いです。

人の話を一見きちんと聞いているようでいて、実は内心で「自分が次にどう話を切り出そうか」「相手の話が途切れたら自分がどんな話をしようか」ということばかりを考えています。

ということは、相手の話を真剣に聞いていないということですので、後で同じことを言われた時には、「そんな話していたっけ?」と思い出せないことも少なくはないでしょう。

また、まだ相手が話している途中なのに、それを遮って自分の話題にすり替えたり、上から自分の意見を被せたりすることもよくあります。

話していた相手からすれば中断されて嫌な気持ちになりますし、また聞き役に回ったところで一向に相手の話が終わらないため、うんざりしてしまうでしょう。

3:説明能力が足りない

意思の疎通がはかれない原因の1つに、説明能力が足りないことが挙げられます。

説明能力とは、ある事柄について人にそれを説明する能力のことです。

例えば正方形の部屋に閉じ込められて、壁には排気口が1つだけあり、窓がない空間だとします。

そして部屋の中央にはテーブルが置かれていて、使用可能な状態の携帯電話と、リンゴやバナナなどの果物が入ったバスケットが置かれていたとします。

そこであなたが携帯を手に、警察に電話をかけた時に、どれだけ上手に現状が説明できるかどうかで、警察が助けにくるまでの時間が変わってくるでしょう。

大抵の人はいきなりそんなところに閉じ込められたらパニックになってしまうでしょう。

そして警察に電話をかけても、「どこだか分からない場所に閉じ込められた!窓がないから外も見えないし、果物や電話はあったけど状況がまったく分からない!」とこの程度の説明しかできないことでしょう。

しかしそれでは説明不足ですので、警察もわけが分かりません。

もしも自分の居場所が分からなくても、少なくとも室内で目に付いたものすべてを警察に口頭で説明しなければ、警察には現状は上手く伝わりません。

また、もしも排気口の存在をきちんと伝えることができれば、そこから脱出する方法を教えてもらえるかもしれませんが、パニックになり排気口の存在を警察に伝えていなければ、脱出の可能性はなくなってしまうでしょう。

このように、説明能力が足りないことでも意思の疎通は上手くはかれなくなってしまいます。

言葉が足りない

何でも言葉足らずな人っていますよね。

言葉の主語もなく、また何の脈絡もなく「明日どうする?」といきなり言ってきたり、また「それ取って」と言ってきたり。

最初からきちんと「明日の懇親会の集合時間はどうする?」と分かりやすく相手に聞けば、直ぐに返答が返ってくるでしょう。

しかし言葉が足りないと、「え?明日ってなんのこと?」と聞き返すことになり、本題に入るのに余計なひと手間がかかってしまいます。

そうしたタイムロスは、忙しい場面ほどお互いにイライラやストレスを与えます。

一方は「言葉足らずで分かりにくい!」と文句を言い、もう一方は「それくらい察しろよ!」と相手の察しの悪さを責めます。

しかし、その場の状況や前後の話題など、明らかに話し手が何を言いたいかが予測できる状況でもない限り、普通は話し手が分かりやすく説明しなければ、聞き手には伝わるわけはありません。

しかし、それができずに要点だけしか口にしない人は、誰と話しても意志の疎通が難しいでしょう。

4:そもそも人に興味がない

そもそも人に興味がない人は、自分の話を相手に理解してもらおうとも、また相手の話を理解しようとも考えていません。

そのため自分が話す場合には言葉足らずの説明になりやすく、また人の話は適当に聞き流すため、相手が何を伝えたいかということを察するのが下手です。

「ちゃんと伝えよう」「きちんと聞こう」という姿勢をそもそも持っていないので、そんな人とどれだけ話をしたところで、意思の疎通などまともにできるわけはないでしょう。

さらにタチの悪い人の場合、自分の話は相手にちゃんと聞いてもらいたがるくせに、人の話はまともに聞かないことがあります。

ナルシストで自分にしか関心がない人や、かまってちゃんなどはその傾向が強く、話をする相手を毎回困らせてしまうばかりでしょう。

時々、悩み相談と称して延々と自分の話ばかりをするくせに、いざこちらがアドバイスをしようとするとまったくまともに聞かずに、何度も同じ話ばかりを繰り返して切りがない人がいます。

この手のタイプは典型的な人に興味がないタイプですので、親身になって話を聞くだけバカを見るでしょう。

5:人に対して恐怖心や不安を持っている

人付き合いが苦手な人や、これまでの人生でまともに人と深くコミュニケーションをとってこなかった人は、人に対して恐怖心や苦手意識を持っていることが多いです。

また、自分に自信がなくネガティブな思考の人も、人付き合いでは不安を感じることが多いため、人と話をしている時にもそわそわと落ち着きがない様子をしています。

人に対して恐怖心や不安を抱えている人は、話をしている最中にも「相手からどう思われているだろうか」「自分の発言は何もおかしくないだろうか」などとあれこれと悩んでしまいますので、自分が話す内容も言葉足らずになりやすく、また人の話を聞いている時にも心ここにあらずといった状態になってしまうことが多いため、相手ときちんと意思の疎通をとることが難しいでしょう。

例えこちらがどれだけ懇切丁寧に説明したとしても、向こうがまともに聞ける心理状態になっていなければ、1から10まで説明したところで意味がないでしょう。

6:面倒なことが嫌い


何でも面倒事を嫌う人も、意思の疎通がとれないことが多いです。

人と話をする際には、自分が話す内容は相手にきちんと伝わるように、分かりやすい言葉を選んで話す必要があります。

面倒臭がりの人は、相手のためにいちいち分かりやすい言葉を選択して伝えるという行為が面倒だと感じるため、それをしようとせずに適当な言葉で伝えることが多いです。

例えば仕事の支持を出す場合に、何をどうやってやればいいかを丁寧に説明しなければならないところを、「マニュアルを見ながらやればできるから」と言ったり、「分からなければ周りの人に聞いてやって」と他に人に説明役を丸投げしたりと、自分はきちんと説明をしないままで任せてしまいます。

その結果ミスが生じた場合には、その責任を問われてさらに「面倒だな」と感じたり、自分の適当な教え方を棚に上げてミスをした人を怒ったりします。

面倒を嫌うタイプの上司を持ってしまった部下にとっては、悲劇や不運としか言いようがないでしょう。

7:人と話す環境に育ってなかった

人は子どもの頃の環境によって、人格の形成に大きな影響を受けます。

例えば子だくさんの家庭で、兄弟に囲まれて育った人は、子どもの頃から家族と言う社会の中で育っていますので、年功序列や対人コミュニケーションについて自然と学ぶことが多いです。

喧嘩をした時にはどちらがどういう理由で悪かったのか、敬う心や譲る心など、たくさんのことを兄弟の中で学びます。

そんな兄弟に囲まれて育った人は、大人になって社会に出てからも、人とのコミュニケーションのはかり方や距離のとり方が上手なことが多いです。

一方で、一人っ子として生まれて育ってきた人の中には、人と話す環境に育たなかった人もいます。

例えば両親は共働きで家を空けることが多い子どもは、兄弟のいる家庭よりも一人だけで過ごす時間が多いため、その分外で人と会った時にはコミュニケーションをとるのが苦手になりがちです。

また、例え一人っ子でも幼稚園や保育園など、たくさんの子たちと関わって育っていればコミュニケーションの形成には問題はないでしょう。

しかし「一人っ子」「両親が共働き」「幼稚園や公園でも一人で過ごすことが多い」と三拍子が揃った子どもの場合は、大人になってからも人と話をすることに慣れていないため、意思の疎通が上手くいかないことが多いです。

もちろん場数を踏み、自ら意識して努力をすれば大人になってからでもコミュニケーション能力をきちんと身に付けることは可能です。

しかし、それをしようと自分で意識しなければ、人と意思の疎通がはかり難いままでしょう。

8:自分が一番偉いと勘違いしている

プライドがとても高い人や、自信過剰な人は、自分が一番偉い存在なのだと勘違いしていることがあります。

もちろん会社の社長の立場ともなれば、現実として会社で一番偉い存在ですので、多少は偉そうに反りかえったところで違和感はないでしょう。

しかし、周りから見れば他の人たちと同じような立場や存在の人で、自分のことを周りの人たちよりも偉いと勘違いしている人が時々います。

ちょっと家がお金持ちだったり、ちょっと人よりも能力が優れていたりする人で、自信過剰な人にその傾向が強いです。

自分が周りの人よりも偉いと勘違いしているため、相手に合わせて話を分かりやすく伝えようと努力することなんてしません。

「自分の発言を理解しろよ」と常に相手に理解や察する能力を求めます。

自分は言葉足らずで話していても、それをまったく悪いとも思っておらず、常に相手の察しが悪いのだと不満を覚えます。

また、自分が一番偉いという気持ちから、相手の話を自分が聞く気がなくなったら途端に話を聞き流しますし、相手の話を遮って自分の話をしようとします。

そんなわがままで自己中心的な人とも意思の疎通ははかれないでしょう。

9:人以外のものに依存している

人以外のものに依存しているタイプの人とも、意思の疎通は難しいです。

例えばネット依存症の人は、暇さえあればネットにかじりついていますので、ネット上特有のスラングや専門用語ばかりを使って画面の向こうの相手とコミュニケーションをとることが多いです。

そうした専門用語を日常会話の中で使ってしまうと、その時点で専門用語を知らない人とはまともに意思の疎通が取れなくなるでしょう。

また、ネット上ではとにかく自分の意見を優先して書き込めます。

相手の意見や話を流したり、上から自分の意見を被せたりと、相手を尊重することなく自分勝手な言動をすることができますので、それが当たり前になってしまうと、日常会話の中でも平気で相手の言葉に自分の言葉を被せようとしたり、まともに話に聞く耳を持とうとしなかったりします。

一方で、ゲーム依存に陥っている人では、四六時中ゲームばかりをやっていて、積極的に人とコミュニケーションをはかろうとはしません。

そのため人とまともに話し慣れておらず、いざ話そうとしても上手く言葉を伝えることができなかったり、相手の意図を読み取れなかったりします。

10:自分から話そうとしない

引っ込み思案の人や自分に自信がない人、恥ずかしがり屋の人などは、自分から話をしようとはしません。

自分が話さない分も聞き役には適しているかもしれませんが、自分から積極的に話ができなければ、相手に分かりやすく自分の気持ちや意見を伝えることができません。

私たちは日頃当たり前に言葉を用いていますが、その言葉もたくさん話して場数を踏まなければ、相手に分かりやすく内容を伝えたり、相手に合わせて話をしたりすることは難しいでしょう。

どんな人でも独りよがりな話をすることはできます。

しかし、「相手に伝わりやすいように」と意識をして話をするには、ある程度自分も話し慣れる必要があります。

話し慣れてくれば、自然とどんな言葉を使えば相手に分かりやすく伝えることができるのかを考える力が身に付いてきます。

しかしそれをしないでただ聞き役に徹する人は、上手に相手と意思の疎通はとれないでしょう。

️社会人には必須のスキル!しっかり意思疎通はできてる?

意思の疎通は、社会に出てからもまともにできないと、自分がとても苦労することになります。

何せ仕事でもいちいち意思の疎通がとれないため、それが原因でトラブルを起こしてしまいかねないからです。

意志の疎通が下手な人ほど、そうしたミスやトラブルを起こす可能性が高くなり、ミスが多ければそれだけ周囲からの信頼や昇進にも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

「人と分かり合う必要なんてない」「自分のことだけできていればいい」と考える人もいますが、本心はどうであれ表面上はきちんと誰とでも意思の疎通がはかれるようになっておかなければ、結局は自分を不利な立場にしてしまうだけでしょう。

意志の疎通は社会人には必須のスキルです。

日頃から上手く人と意思の疎通ができないと感じている人は、この機会にしっかりと意思の疎通をとれるように改善させましょう。

意思疎通とは?

意思疎通とは、互いに考えていることを伝え理解を得ることや、認識を共有することです。

自分の考えを相手に理解してもらうためには、相手が理解するように自分が説明する必要があります。

また、認識の共有は、互いに同じ意識や認識をするために、きちんとお互いが情報を交換して理解しておく必要があるでしょう。

例えば会社の方針が売上げ第一であれば、それを社長が社員全員に言葉で伝えることによって、会社全体が売上げ第一という共通の認識を持つことになります。

また、例えば自分の思う通りに部下に仕事をしてもらいたいと思ったら、自分の思う通りに部下が仕事をできるように、最初にきちんと自分が指示を出す必要があるでしょう。

意志疎通には、このようにどちらかが一方的に自分の意志を伝えるのではなく、自分の意志を相手にも理解してもらうことが必要となります。

それができて初めて「意志の疎通がとれている」と言えるでしょう。

意思疎通の類語

意思疎通は、お互いに考えていることを伝えて、認識を共有することです。

一方的に話したり聞いたりするだけでは、互いの認識が一致しているかどうかは分かりませんし、実際に認識できていないことが多いです。

しかし、きちんと互いに認識を共有できれば、共通の目標に向かって頑張ることができますし、意思疎通に慣れてくれば次第にアイコンタクトや阿吽の呼吸ができるようになるでしょう。

意志疎通ができればできるほど、自分たちには有利になりますので、職場でも「意志疎通をはかりなさい」と言われることが多いでしょう。

そんな意志疎通を別の言葉で表現すると、どのような言葉になるのでしょうか?意思疎通の類語をご紹介していきます。

コミュニケーション

コミュニケーションとは、社会生活を営む私たち人間が、互いに意思や感情、思考を伝達し合うことです。

言語や文字、身振り手振りを用いることが多く、それ以外にも表情や仕草、口調などで自分の気持ちを相手に伝えようとします。

意志疎通よりも日常的に用いられることが多く、頻繁に人とのコミュニケーションを推奨する内容があちこちで聞かれますので、誰もが知っている言葉でもあるでしょう。

意志疎通と同様に、コミュニケーションも一方的にはかろうとしたところで、上手くいくことはありません。

一方が心を開いても、もう一方が心を開かなければ独りよがりなものになってしまいますので、互いの意思の疎通をはかることが何よりも重要です。

報連相

会社やバイト先でよく、「報連相をきちんとしましょう」と言われることがあります。

この報連相とは、報告・連絡・相談のことです。

仕事ひとつとっても、自分で勝手に進めてしまっては、上司や同僚は仕事内容を把握することができません。

もしそれでトラブルがあった場合には、本人以外は誰も把握していませんので現場はパニックになってしまいますし、本人に事情を聴いたところで、万一保身のためにあることないこと嘘をついたら誰にも事実確認ができずに、うやむやになってしまいます。

結局は会社が責任を取らなければならなくなってしまいますので、仕事内容はきちんと毎回上司に報告をする必要があります。

また、上司に報告するだけでなく、仕事に関わる人にはきちんと連絡をとる必要もありますし、もしも自分で分からないことがあれば、直ぐに分かる人に相談をするべきでしょう。

それらの報告と連絡と相談の頭文字をとり、報連相とよく言われています。

報告と連絡、相談をきちんとすることによって、互いに意思疎通や認識の共有が可能になりますので、とくに仕事の上にでは報連相が重要視されています。

️意思疎通が取れない時の解決方法

人と意思疎通が上手く取れない時には、どうしたらいいのでしょうか?

上手く意志の疎通ができない原因は、自分にある場合もあれば、相手にある場合もあります。

「他の人たちとは意志疎通が上手くできるのに、この人とだけは上手くいかない」と思うことがあれば、それはひょっとしたら、相手の意思疎通のやり方に問題があるのかもしれません。

もしくは、自分がその人のことを苦手だと感じていれば、無意識に自分の方が意思疎通を避けているのかもしれません。

また、誰と話しても上手く意思の疎通ができないのであれば、自分にその原因があるのかもしれません。

意志疎通が上手く取れない時の解決方法としておすすめの方法を以下にご紹介していきます。

意志疎通に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

相手が興味ある分野の話をする

誰でも自分の関心のない話をだらだらとされていたら、話をまともに聞く気が失せてしまうでしょう。

また、最初からこちらの話を聞く気が相手にあまりなさそうなら、自分の話を相手に聞かせたところで、上手く意思疎通がとれるわけはありません。

そんな時には、自分の話をするのは止めて、相手の話を聞くようにしましょう。

誰でも自分の好きな話題であれば、乗り気になりやすいですし、自分から話をしようという気になりやすいです。

その心理を上手に利用して、相手が興味のありそうな分野の話を振ってみましょう。

それで相手が乗り気になれば、向こうから積極的にこちらと話をしようという気になるでしょう。

話す気がない相手には、まずは話す気にさせるように仕向けることが大切です。

相手の警戒心を解く

相手がこちらに対してもしも警戒心を抱いているのなら、まずはその警戒心を解くように努めましょう。

誰でも警戒している相手の話はきちんと聞こうとはしませんし、自分の話もしようとはしないでしょう。

反対に警戒心が解ければ、自分の話も積極的にしてくれるようになりますし、またこちらの話もしっかりと聞いてくれるようになるでしょう。

相手の警戒心を解こうと思ったら、まずは自分から相手に心を開き、相手を信頼するように努めましょう。

こちらが心を開き信頼しているのを相手が感じ取れば、次第に相手も警戒心を解いていってくれることでしょう。

自分の話しは3割、相手の話しは7割を意識する

「聞き上手は話し上手」という言葉があります。

人の話をきちんと聞ける人は、話す側になっても上手に話すことができるでしょう。

何故なら、人の話を聞く時には注意深く相手の話し方や表情などを観察しており、相手の感情を察することに長けているため、それを自分が話す側になった時にも同じように用いているからです。

自分が話をしながら、聞く相手の表情や仕草をきちんとチェックしているため、相手がつまらなさそうにしていれば話題を変えたり、相手が分かり難そうにしていたら表現方法を変えたりと、相手に合わせて話をすることができます。

すると聞き手も「この人の話は分かりやすい」と感じるため、聞くだけでなく、話すのも上手いと言われています。

いきなり聞き上手や話し上手になるのは難しいので、まずは自分が話すのは3割、聞くのは7割を意識して会話をするようにしましょう。

また、話す際にも聞く際にも、相手の表情や仕草などから、その都度相手の気持ちを察する努力もしましょう。

細かいことでも相談・報告する

「これくらいなら」と自分では思うことでも、案外周りの人は連絡や報告、場合によっては相談がして欲しいと考えていることがあります。

誰もが自分一人だけて済ませていることであれば、自分もいちいち報告や連絡をする必要はないでしょう。

しかし、社外へ出る時や戻った時、また仕事で分からないことがあった時などには、速やかに上司や同僚などに話をしておくことで、周りの人たちもあなたが今どんな状況にあるのかを把握しやすくなります。

状況を互いに把握し合えていれば、何かあった時にも咄嗟にフォローを入れ合うこともできるでしょう。

会話のキャッチボールを意識する

会話をする時には、常に会話のキャッチボールを意識しましょう。

例えば同僚に「次のミーティングっていつだっけ?」と聞かれた時に、「そういえば12日は集まりがあるんだっけな」と返したとします。

一見ミーティングが12日だと答えているように思えますが、実際には会話のキャッチボールはできていません。

「次のミーティングはいつか」と聞かれたなら、まずは「12日だよ」と答えるのが正確な答え方でしょう。

その上で、自分の言いたい言葉を付け足すようにすれば、相手にも分かりやすく伝わります。

日常会話でも仕事中の会話でも、こうしたささいな会話のキャッチボールのずれはありますので、常にきちんと会話の筋が通っているように意識して話をするようにしましょう。

️意思疎通は人生を豊かにするためのツールである

意思疎通は、自分の人生を豊かにするためのツールです。

人と意思疎通ができるようになれば、それだけ自分の言いたいことや相手の言いたいことが分かるため、会話や作業がスムーズに進みます。

また、人と仲良くなるためにも意思疎通は必要不可欠ですし、互いに意思疎通がとれていれば、何かあった時には助けてもらうこともできるでしょう。

プライベートの人間関係でも、仕事の関係でも、いろんな人と意思疎通がとれるようにしておきましょう。

【意思疎通を上手く行うためのコミュニケーション方法は、こちらの記事もチェック!】