好きな人と付き合う、それはとても幸せなことです。

楽しい時間を共有し、ずっと一緒にいたいと思えることは、心が満たされることだと言えます。

しかし、時として「好きなんだけど…このまま付き合ってていいの?」と思う瞬間が訪れることがあります。

きっかけは様々だとしても、一度思ってしまったことは、まるでハンカチに染みついた跡のように心にくすぶり続けるでしょう。

そう思うのはあなただけではありません。

その場しのぎで気持ちを無理に押し殺すことはありません。

きちんと確認すべきところは確認し、自分の気持ちを納得させましょう。

このままでいいの?と悩みを持った人は、意外と多いんです

「このままでいいの?」と悩みを持った人は、意外と多いものです。

いくら好きな相手でも、元は他人同士です。

合わないところがあるのも当然です。

自分では当たり前と思うことでも、相手にとっては「ん?」と思うことはあるはずです。

それは立場が逆の場合でも然(しか)りです。

「これくらいのことなら、まぁ良いか」と思うのは、寛大ではありますが、とても危険です。

そうして「妥協」してしまったが最後、それが積み重なっていった時、ある日突然限界が来て爆発してしまう可能性があるからです。

自分にしても、相手にしても、各々(おのおの)が正しいと思ってやっていることなので、どちらかが正しいのでそれに合わせるべきだと言うことではありません。

お互いに相手の意見や考え方を尊重し、歩み寄ることによって、解決できることもあります。

まして、相手との将来を考えるのであれば、なおさらではないでしょうか?

好きなんだけど付き合うのに悩んだら確認すべき9個

相手のことは好き、でも付き合うのに悩んだら確認すべきことはあります。

どれも「人それぞれの価値観」と言ってしまえば、それまでです。

が、きちんと確認するに越したことはありません。

上記でも書きましたが、相手との将来を考えるのであれば、中途半端に妥協してしまってはもったいないです。

なので、ここで挙げる9個の項目をぜひとも確認していただきたいと思います。

それでは、順に見ていきましょう!

1、食べ物の好み


1個目は、「食べ物の好み」です。

「食」は生きるうえで欠かせないものであり、3大欲求にも挙げられるほど重要なものです。

毎日のことだけに、あまりにもお互いの好みが違うと、作るにしても外食するにしても大変でしょう。

自分が好きなものを相手は嫌い、自分が嫌いなものを相手は好む、逆の立場に置き換えてもこれは避けたい事態と言えます。

何も事細かに一致しなくても良いのです。

お互いが歩み寄る努力ができれば理想的ですね。

2、金銭感覚

2個目は、「金銭感覚」です。

倹約家でも、浪費家でも、その中間でも、そうでなくても、一度身についた金銭感覚はなかなか変えようがありません。

だからこそ、お互いの金銭感覚に大きなズレが生じる事態はあってはならないのです。

何に対してどこまでお金をかけるのか、お金のやりくりはどうするのかなど、それぞれの価値観があることは十分承知のうえです。

ただ、金銭感覚に大きなズレがあると、将来一緒になった時にやりくりが大変になることは目に見えています。

相手に金銭管理を任せるにしても、共働きをするにしても、金銭感覚は統一しておきたいですね。

3、身体の相性

3個目は、「身体の相性」です。

身体の相性は、決して恥ずべき項目ではありません。

心のつながりが必要であるように、身体のつながりも必要です。

相手との身体の相性が心地良いほど、相手のことを愛おしく思う気持ちは強くなっていきます。

まるでパズルのピースのようにお互いの身体がぴったり合う、抱き合った時に安心感が感じられる、お互いを求めるタイミングが同じなどが挙げられます。

心のつながりは目に見えないものですが、身体の相性は実感が大きいと言えますね。

4、笑いのツボ

4個目は、「笑いのツボ」です。

「笑う門には福来る」とあるように、笑うことは良いことを呼び込む効果があります。

お笑い芸人さんのネタ、バラエティ番組でのやり取り、家族や友達が言う冗談など、笑いのツボはあらゆるところで発生します。

一度ハマったツボは、自分でも不思議なほどに自分の中に残り続けるでしょう。

そんな笑いのツボが同じ相手となら、どんなに楽しい時間を過ごせるかは言うまでもないでしょう。

しかし、注意しなければならないこともあります。

例えば、自分にしたら冗談のつもりで言ったことでも、相手にとっては笑えないどころか逆鱗に触れてしまうことがあるかもしれません。

言った側にしてみれば悪気はないのでしょうが、言われた側には不愉快に感じてしまうことがあったのでしょう。

また、下ネタなどにも同じようなことが言えます。

言われる側への配慮も考えましょう。

5、別れた後の暮らしを考えてみる

5個目は、「別れた後の暮らしを考えてみる」です。

別れるなんて考えられない!と言う人もいるかもしれませんが、あくまで仮定の話しとして想像してみてください。

相手と別れた後、自分はどんな暮らしをしているでしょうか?

相手のことをきっぱりと忘れて、仕事や趣味などに没頭しているでしょうか?

あるいは、相手のことを忘れられずに、別れたことへの後悔に苛(さいな)まれているでしょうか?

それとも、新しい恋に向けて前を見据えているでしょうか?

いずれにしても、別れた後の暮らしが想像できるかできないかで、その後の相手との付き合いも大きく様変わりしてしまうでしょう。

6、少し距離を置いて相手の態度をチェックしてみる


6個目は、「少し距離を置いて相手の態度をチェックしてみる」です。

付き合っている最中は、相手のことがよく見えていないこともあります。

それは、相手に対する気持ちが強すぎるあまり、盲目的になっていることなどが考えられます。

そのままでは、冷静な判断ができないこともあるでしょう。

なので、一度相手と少し距離を置いて、相手の態度を客観的にチェックしてみることによって、これからの付き合いをどうするのかを考えることができます。

好きだから許せることもあれば、好きだからこそ許せないことも当然あると思います。

付き合いが長くなるにつれて、自分への態度が雑になっていないかなどをよくチェックしてみましょう。

7、彼に対する自分の気持ちを考えてみる

7個目は、「彼に対する自分の気持ちを考えてみる」です。

自分は彼に対してどんな気持ちを持っているのかを、改めて確認してみると言うことです。

「彼のことが好き」と一言で言っても、何でそう思うのか、どこが好きなのかによって、「好き」の本質が違ってきます。

逆に「嫌い」にしても、何で嫌いなのか、改善の余地があるのかによって、その後の関係が変化していきます。

彼が自分にとってどんな存在なのかを考える機会でもあります。

マンネリ化している人にも、必見な項目と言えますね。

8、二人で将来の話をしてみる

8個目は、「二人で将来の話をしてみる」です。

付き合っている恋人同士であれば、将来の話が出てくるのは自然な流れでしょう。

本気で相手との将来を考えるのであれば、自分の中だけに収めておくことはせずに、相手ときちんと話す機会を持つべきです。

そうすることで、相手に自分の考えを伝えることができると同時に、相手がどう思っているのかを聞くことができます。

将来と言っても、漠然としているかもしれませんが、今は細かいところまで決まっていなくても大丈夫です。

二人の将来なわけですから、二人で1つずつ決めながら進んでいけたら良いと思います。

9、素直に悩みを相談してみる

9個目は、「素直に悩みを相談してみる」です。

悩みを相談できる相手がいることは、とても心強いことです。

相談を受ける相手にしても、自分を信じて相談してくれる相手を決して邪険にしたりせずに、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

悩みを抱えた時にしてはいけないことは、自分1人で抱え込むことです。

ここは素直に相手を頼って相談してみることに尽きます。

上手く付き合っていくコツは?

さて、上記において「付き合うのに悩んだ時に確認すべき項目9個」をご紹介しました。

そこを突破できたら、次は「上手く付き合っていくコツは?」について見ていきたいと思います。

付き合いが長くなるにつれて、付き合い始めた頃の習慣などが形骸化(本来の意義や内容が失われ、形ばかりのものになること)してしまうでしょう。

慣れてきたからこそなのかもしれませんが、あまりにも度が過ぎてしまうと、相手との付き合いに悪影響を与えることになるでしょう。

そうならないためにも、次に挙げる7個の項目を心がけることから始めましょう。

それでは、順に見ていきましょう!

1、自分の気持ちを押し付けない

1個目は、「自分の気持ちを押し付けない」です。

冒頭の文章で、「自分の気持ちを押し殺す必要はない」と書いてあったのに?と思った方もいるでしょう。

確かにそれはそうなのですが、その逆の「自分の気持ちを押し付けない」ことも必要なことなのです。

自分の気持ちを押し付けると言うことは、すなわち、相手よりも自分を優先していると言うことです。

たとえそれが正しいことであったとしても、押し付けられる側としては決して良い気持ちはしないでしょう。

自分の気持ちを押し付けるだけで終わるのではなく、それによって生じる相手の言い分にも耳を傾け、自分の至らないところを受け入れる度量を持つべきです。

2、思ったことは、ちゃんと口で伝える

2個目は、「思ったことは、ちゃんと口で伝える」です。

今でこそ、メールやLINEなどの連絡手段があって、直接言葉を交わさなくても相手と交流することができます。

確かに、メールやLINEは形に残るものなので、それはそれで良いのかもしれません。

しかし、口で伝えることに勝る交流方法はありません。

言葉は形には残りませんが、人の記憶にはいつまでも残るものです。

大切な言葉、相手への愛の言葉、言葉は喜怒哀楽やそれ以外の気持ちをまっすぐに伝えてくれます。

なので、大切なことをメールやLINEの一言二言で終わらせてしまうのは、もったいないことです。

3、束縛しすぎない

3個目は、「束縛しすぎない」です。

相手に対する愛のあまり、相手を束縛してしまう、これも愛の形と言えばそうとも言えます。

しかし、それによって相手が疲れ切ってしまっているのであれば、それは愛とは言えません。

束縛とは、すなわち、相手に対する不信感や自分の中にある不安の表れと言えます。

相手のことを信じきれないから、自分の手や目の届くところに置いておきたい、自分の意のままに相手を支配したいのかもしれませんね。

どちらの理由にしても、これら以外の理由があったとしても、そこに相手を尊重する気持ちがなければ、ただの独りよがりです。

行き過ぎた束縛は、自分から相手の心を遠ざける行為と心得ましょう。

4、納得できるまで話し合う

4個目は、「納得できるまで話し合う」です。

大概のことは、話し合うことによって改善の余地が見えてきます。

相手と納得できるまで話し合うことで、最悪の事態を避けられるのなら、それに越したことはありません。

なぁなぁで済ませてしまった場合は、また同じことが起きた時に前のことを思い出して、さらに怒りのボルテージを上げてしまうでしょう。

いくら相手のことが好きだからと言って、自分の言い分は封印して相手の言うことだけを聞いていれば良いと言うことではありません。

ちょっとでも納得できないことがあるのであれば、それをきちんと解消する必要があります。

5、自然体で付き合う

5個目は、「自然体で付き合う」です。

なぜなら、それが相手との付き合いを長く続けさせる秘訣だからです。

相手に見合う恋人になりたい、人から羨ましいと思われるカップルになりたいなどと思うあまりに、無理して背伸びし続けると、自分で自分の首を絞めることになります。

最初こそ頑張ることができたとしても、気持ちだけでは続かないことはあります。

自分のためなのか、相手のためなのかもわからなくなってしまうかもしれません。

背伸びしようと努力をすることは立派なことですが、それによって本当に大切にしたい相手を失うかもしれない事態になってしまっては元も子もありません。

6、相手との距離感を考える

6個目は、「相手との距離感を考える」です。

いくら好きな相手とは言え、距離感を間違えてしまうと関係は破綻に向かってしまうでしょう。

近すぎてもお互いに辟易(へきえき)し、遠すぎると本当に好きなのか自信を失わせる要因になりかねません。

いつも一緒ではなく、いつも離れているでもない、どちらでもないからこそ、相手を思いやることができるのではないでしょうか?

誰にでも、入ってきてほしくないところはあるでしょう。

つまり、いくら好きな人であっても、越えてはいけない境界線が存在すると言うことです。

たとえそれが悪気がないことであったとしても、越えられてしまった側としては心中が複雑なのではないでしょうか?

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があります。

どんなに近しい存在であっても、相手の領域を乱すことは避けたいものですね。

7、”お母さん“にならない

7個目は、「”お母さん“にならない」です。

好きな人にできる限り尽くしたい、その気持ちはわかります。

しかし、それが当たり前になってしまうと、相手にとってあなたは”お母さん“と同じような存在になってしまうでしょう。

好きな異性と言うよりも、自分の身の回りの世話をしてくれる人と言う認識でしょうか?

確かに、掃除や料理、洗濯などを甲斐甲斐しくやってくれる相手は、将来の相手としてのスキルが高いと言う見方もあります。

しかし、これらのスキルが至らなくても、多少自分が振り回されることになっても、相手との時間が楽しければ愛情が薄れることはないはずです。

結婚前提を前提にお付き合いをしているのであれば別ですが、まだそこまででないのであれば、相手との時間を大切にする方を選びましょう。

でも、こんな人との付き合いはやめたほうがいい!

上記で、「上手く付き合っていくコツは?」を7個の項目でご紹介しました。

これら7個の項目をもってしても、そもそも付き合うこと自体をやめたほうがいい場合があります。

最初からわかると良いのですが、付き合いが深まってから徐々に嫌なところが見えてくることもあります。

どんなに些細なことであっても、「塵も積もれば山となる」とあるように、山積みになってある日耐えられなくなってしまうかもしれません。

しかし、以下に挙げる9個の項目は、それ以上に深刻度が高いものばかりです。

後で大きな傷を負う前に、未然に防げるのであれば、しっかりと防ぎましょう!

それでは、順に見ていきましょう!

1、相手に対して受け入れられないことがある

1個目は、「相手に対して受け入れられないことがある」です。

どんなに好きな相手であっても、「これは無理!」と思うことがあるのであれば、お付き合いの継続は難しいでしょう。

気持ちだけでは続かない、それは恋愛でも同じことだからです。

好きだからと目をつぶって妥協したところで、いつか必ずそれは破綻(はたん)します。

無理をしてまで付き合いを続けたとしても、それであなたは本当に心の底から幸せだと言えるのでしょうか?

「無理なものは無理!」それは自分自身の心の叫びです。

自分の心に嘘をつかないことこそ、お付き合いを始めとした対人関係の基盤と言えますね。

2、上手くコミュニケーションがとれない

2個目は、「上手くコミュニケーションがとれない」です。

コミュニケーションは生きていくうえで、必要不可欠なものです。

なぜなら、人は1人では生きていくことができないからです。

良いことも悪いことも含めて、人付き合いが成り立つのです。

コミュニケーションが不足してしまうと、相手が何を思い、相手に対して何をすれば良いのかもわからなくなってしまいます。

1つ隙間ができてしまうと、1つまた1つと隙間が増えていき、最後はスカスカな状態となってしまうでしょう。

言葉数が多い少ないなどは、性格やその時の気分が影響することもあるでしょうが、必要最低限の言葉は相手にかけるようにして、コミュニケーション能力を維持しましょう。

3、自分の生活に対して否定してくる

3個目は、「自分の生活に対して否定してくる」です。

自分の生活が非の打ち所がないほど整っている人がいないとは言い切れませんが、あまりにも頭ごなしに否定されてしまうと不満が募(つの)ってしまいます。

人のことを否定する、それは相手のためを思っての忠告、相手に対する嫉妬や羨望など、理由は様々あるかと思います。

前者の場合、本当に相手のためを思うからこそ、直せばもっと良くなると言う期待もこもっているのではないかと考えます。

後者の場合、相手のことが嫌いだから、自分にはできないことをしている相手へのやっかみなどがそうさせているとも考えられます。

どちらにしても、否定される側にしては嫌な気持ちが先立ったとしても、無理もないことです。

否定ばかりしてくる相手との付き合いは、やめておいた方が無難でしょう。

4、暴力をふるう

4個目は、「暴力をふるう」です。

いわゆるDV(ドメスティックバイオレンス)です。

どんな理由があったとしても、暴力をふるって良い理由にはなりませんし、相手に暴力をふるうこと自体が許されないことです。

一度許したとしても、また暴力をふるい、さらにエスカレートしていってしまう危険性が高いです。

暴力をふるわれる側が、「自分が悪いから、相手が暴力をふるう」と思う場合がありますが、それは違います。

そう思ってしまうことで、相手との間に「共依存」の関係ができてしまう恐れもあります。

共依存は、相手からのひどい仕打ちを許してしまったり、問題を見て見ぬふりをすることなどが挙げられます。

しかし、それでは自分にとっても相手にとっても、何の解決にもなりません。

まずは、自分自身が自分を大切にする必要があります。

5、借金癖がひどい

5個目は、「借金癖がひどい」です。

借金の理由にもよりますが、たとえばギャンブルなどによって生じた借金であるのなら、それは即刻解消すべきです。

ギャンブルは依存性が高く、一度深みにはまるとなかなか抜け出しにくいものです。

「次こそは勝てる」、この「次こそは」が要注意です。

もちろん、ギャンブルだけに当てはまることではありません。

お金に対して、「ここまでにしておこう」「これ以上はやめよう」こうした歯止めが効かなくなった時、借金が発生してしまいます。

日々のストレス解消や自分へのご褒美に、ちょっと奮発するなどして羽目を外すこともあるでしょうし、そうした息抜きも時には必要なことです。

ただし、それは借金をしてまでも行うことではありません。

自分がまかなえるお金の範囲内でのみ行っていれば、借金を背負うリスクは減るでしょうし、自分を律することにもなります。

逆にケチな人にも注意

では、借金から最も遠い存在にあたるであろう「ケチな人」はどうでしょう?

ケチと言うと聞こえは悪いですが、良く言えば「倹約家」とも言えます。

お金を大切にし、無駄を省く、これはとても良いことです。

しかし、これも度が過ぎれば、悪いことに転じます。

何をするにしても、お金にうるさい人になってしまう恐れがあるからです。

何にお金を使うのか、どうしてお金がいるのかなど、細かいチェックが入るかもしれません。

しっかりしていると言えばそうですが、言われる側としてはそうした詮索に疲れが増していくでしょう。

自分も相手と同じ金銭感覚であるのであれば、そこまで深刻なストレスになる恐れは少なく済むかもしれませんが、ちょっとしたすれ違いでどうなるかはわかりません。

借金癖がある人にしても、ケチな人にしても、金銭感覚の確認は必須です!

6、人によって接し方を変える

6個目は、「人によって接し方を変える」です。

自分に好意を向けてくれる人には良く接し、自分に嫌な感情を持つ人には冷たくする、極端な表現かもしれませんが、これでは印象は良くありません。

好きな人や気が合う人もいれば、嫌いな人や気が合わない人もいる、これは人間関係においては確かに存在することです。

「十人十色」とあるように、人の考え方や好き嫌いは人それぞれです。

よって、人間関係で好き嫌いが生じて接し方にムラが出ることは、自然と言えば自然なことです。

それはすなわち、相手を見て判断する、相手に優劣をつけると言う最低な行為です。

しかし、どんなにそりが合わない相手であっても、好きな人と同じように平等に接することによって、相手の自分に対する接し方も違ってくるはずです。

自分が分け隔てなく接していれば、自分が相手を見る目も変わりますし、周りからの信頼は強固なものになります。

7、嘘をつく

7個目は、「嘘をつく」です。

「嘘も方便」と言う言葉はありますが、それは時と場合によっては必要なこともあると言う、ある種の「思いやり」から発生するものです。

相手のことを思ったうえでの嘘と自分の保身のための嘘とでは、嘘は嘘でも全く異なるものです。

嘘をつかれると、次第にその人のことを信じる気持ちが薄れ、自分は相手にとって何なのかがわからなくなってしまうでしょう。

嘘を1つつくと、その嘘をカバーするためにまた嘘をつき、その繰り返しによって本来の姿が失われてしまいます。

どんなにみっともないことでも、本当のことを言うに越したことはありません。

その嘘が許容範囲を超えるものであるのなら、付き合いは白紙にすべきでしょう。

【嘘つき男の特徴は、こちらの記事もチェック!】

8、浮気をする

8個目は、「浮気をする」です。

これは、問題外です。

自分と付き合いをしておきながら、他にも相手を持つというのは、裏切り以外の何ものでもありません。

一度裏切った人は、また同じようなことを繰り返す確率は高いと言っても、過言ではありません。

浮気をすると言う行為は、相手の心を壊す行為です。

自分を愛し、信じてくれている人を平気で裏切るような人は、恋愛をする権利も恋人や伴侶を持つ資格もないと言えますね。

9、親に対しての態度が悪い、もしくは仲が良すぎる

9個目は、「親に対しての態度が悪い、もしくは仲が良すぎる」です。

親は自分を生んでくれた人、育ててくれた人です。

自分を慈しみ、限りない愛情を注ぎ、教育や世の中のマナーを教え、悪いことをすれば全力であたってくれた存在です。

そんな親に対して、態度が悪いと言うのは良くないことです。

自分の親を粗末に扱うような人が、自分や自分の親兄弟を大切にしてくれるとは言えないからです。

それこそ、不信感しか感じられない相手と言われても仕方ないですね。

逆に、親と仲が良すぎると言うのも考えものです。

粗末に扱うよりは良いですが、今度は自分が粗末に扱われるかもしれません。

自分の親を大切にするあまりに、相手をないがしろにしてしまうことも考えられます。

態度が悪いのも、仲が良すぎるのも、極端な場合は避けたいものですね。

【まとめ】迷いがあるのは当たり前

以上が、「好きなんだけど…このまま付き合ってていいの?そんな時に確認すべき9個のこと」の紹介にまりますが、いかがでしたか?

相手のことが好きだからこそ、考えてしまい、慎重になって身動きがとれなくなることは無理もないことです。

なので、「迷いがあるのは当たり前」と思っていただいても、大丈夫です。

相手と付き合うと言うことは、ゆくゆくは将来を見据えることにもつながるでしょう。

そうなった時、そこからの人生はとても長いものになります。

そんな長い時間を一緒に過ごすにあたって、あまりにも目に余るような相手では、いくら自分が選んだ相手とは言え、不安になってしまうのは当然なことです。

後悔しないためにも、不安の芽は摘んでおくに越したことはありません。

ここで挙げた様々な項目に当てはまるか否かを確認し、安心できた時、相手との将来について考えていけたら良いのではないでしょうか?

自分にしても、相手にしても、万能ではないからこそ深みがあると言う解釈も当然あります。

お互いにないものを補いあうこともまた、魅力的なことかもしれません。

それがお互いにできるのかによっても違ってきます。

お付き合いは、自分と相手がいてこそ成り立つものです。

自分だけが我慢して頑張れば良いと言うものではありません。

自分の心と身体に正直になったうえで、相手とのお付き合いを継続するかやめるかを判断するのもまた、あなた次第です。