人というのは言葉を喋ることが必須であり、言葉を喋らないというような人はいないですよね。

どの様なことを使っても会話というものは必ずできます。

言葉を喋れない環境になったとしても、ジェスチャーで伝えたりすることで伝えることができるのは、動作でどの様なことを言っているのか、いわゆる身体を使った言葉を相手に伝えているという事になります。

そんな中で会話をする際には、中には固い人だと感じたりすることもあるでしょう。

例えば仕事と同じような喋り方をするような人は基本的に話し辛いと感じてしまうこともあるはずです。

皆さんもこの様な経験はありませんか?

相手と話をしている際に何故か固い話になってしまい気分が上がらないという事であったり、だんだんと自虐ネタなどを言ってしまい、嫌な気分になったりと、過去の事を話すことが多い人は特にこの様な傾向になってしまいがちです。

その理由というのはストレスを発散させるために言うというような人もいますが、中には同情をして欲しいというような意味で投げかけたり、良し悪しで話をしたりするといような人も多いですよね。

その様な人と喋るというのは基本的に荷が重いと感じてしまい、話すことができないというような環境にもなってしまいがちなのではないでしょうか?

皆さんもつい相手に愚痴などを言ってしまうというような事もあるのではないかと思います。

今回はそんな相手との会話、いわゆる会話術についてお教えしたいと思います。

例えば好きな人に好感を持たせるために自分は「面白い人だ」と思わせたいという人もいるのではないかと思います。

いざその様に喋ろうと思っていても会話が続かなかったり、逆に相手を不安がらせたりしてしまうというような事もあるのではないかと思います。

相手との会話をするという事は、自分だけ話すというのではなく相手の様子も伺う必要があります。

相手がノリ気で喋るのであれば、またお互いが会おうというような人になりますよね。

皆さんもこの様な人になりたいと感じることが多いのではないでしょうか?

今回はそんな会話術を磨く10個のコツについてお教えしたいと思います。

一番大事な事は、相手の話をよく聞いたり、相手と話す際にどの様な話をするのか適切なものを選べているのかという所が重要になります。

コミュニケーションが苦手だという人も是非この会話術を見て、気をつけて相手と会話をしてみてはいかがでしょうか?

そうする事でお互いの仲なども深まったりする可能性があるのではないかと思います!

ではどの様なコツがあるのか見てみたいと思います。

会話術を身に付けよう

会話術を身に付ける事はコミュニケーション能力をつけるためにも必要なことになります。

会話というものが無ければ相手を知るというような事ができないからです。

例えば何も会話しない相手のことを見て理解をするというような事は、客観的視点から見てでしか理解できないことが多いです。

言うのであれば人見知りというような形でしか見れないという事になります。

しかしながら会話術を身に付けるために大事な事は、実際に話をして相手がどの様な人なのかを理解する必要があるのです。

会話というのはそれほど重要なことであり、お互いのことを知ってどのようになるのか、いわゆる人間関係で大事なものの1つになるという事になります。

会話をしないで相手を知るというのはできないですよね。

猫被るというような事もあるかもしれませんが、その際にはもっと相手と会話をしたりして相手がどの様な人なのかを探る必要があるでしょう。

ではどの様なことが必要なことなのか、詳しく見てみたいと思います。

会話術は人間関係構築のベースになる


会話術というのは基本的にベースとなるものです。

何が大事なのかというと、人間関係を作るために必要なことという事になります。

例えばですが会話無しでは相手のことを理解することができなくなってしまうことが多いですよね。

相手がどの様な人なのか、どの様な性格なのか、どの様な人柄であり職業は何なのか?というような事は全て会話から成り立つものです。

仕事先の相手と話す際にもこの会話無しでは話が進まないのではないかと思います。

仕事などで企業相手と話す際には、相手がいかにまたお互いがプロジェクトを出し合うのかというようなところが鍵となるので、話上手な人がよく営業として出かけることが多いですよね。

会話というのはそれほど重要なものであり、相手との関係を築き上げるためのベースとなるのです。

会話は相手を理解するために必須

会話というものは基本的には相手を理解するために必須なことです。

相手の人間性や価値観などが分かるのでとても必須なことと言えるでしょう。

先ほども話たように人間関係のベースとなるようなものが会話というものです。

この会話無しで例えばメールでのやり取りなどはどの様なことなのかという事にもなりますが、これも会話の1つになりますよね。

喋るだけが会話ではなく、様々な手段で会話というものは伝えることができます。

会話をするにあたって相手を理解するためには必須なことです。

ではどの様なことが分かるのか、更に詳しく見てみたいと思います。

人間性が分かる

人間性が分かるというような事があるでしょう。

例えば人間性というものはどの様なことかというと相手の性格であったり、どの様な人なのかが分かるという事です。

人というのは個性があり、様々な考えや性格を持っています。

例えば話してみないと分からないというような人もいますよね。

メールではとても丁寧な人でも実際に話をしてみるといい加減な人であったり、メール通りの礼儀正しい人であったりすることがあるのではないでしょうか?

仕事だからという理由でその様な態度をしているという人はどこか行動でボロが出てしまうような人も多いです。

なので実際に会話をするというような事はとても重要なことの1つになるのです。

人間性が分かると相手とどの様に接すれば良いのかも判断がつくようになります。

例えば相手が真剣に聞いてきているというような事は実際に話さないと分からないですよね?雰囲気などで感じ取るというような事もできるでしょう。

その際にはこちらも真剣に相手に交渉を持ちかけたり、真面目に応えるというような事ができるのではないかと思います。

また、相手がいい加減であればこちらもいい加減な態度を取るというような事もできますよね。

これはプライベートなどで多いかもしれませんが、友達の好き嫌いというのは誰でもあるものです。

その際に嫌いな友達にはいい加減な態度を取り、好きな友達には親切にするというような人もいるでしょう。

この様なことは全て喋った後で分かるような事ばかりですよね。

会話というのは相手の人間性が分かるのでとても大事なことなのです。

会話術を身に付けたいという人も、まずは相手がどの様な人なのかを見るべきなのではないでしょうか?

価値観が分かる

価値観なども分かります。

例えばこちらの意見はこうだけれども、相手はこの様な意見を持っているというような時に会話というのは必須になります。

よく会議などをする際には会話無しでは成り立たないですよね。

全員が黙り込んでいたり質問や意見などが無い場所というのは基本的に会議ではありません。

価値観などが分かるようなものも会話の1つであり、どの様な考えなのかというものを理解するためには必須なものになります。

価値観が違うのは人として当たり前ですし、お互いが違うような価値観というような事もあります。

ですがそれは会話をしてからこそ分かるようなものですよね。

価値観が一緒だと直ぐに分かるには相手のことを知る必要があると思います。

なので会話というのは相手の人間性が分かった上で価値観なども分かるというような事になるのです。

会話をする上ではとても大事なことですよね。

相手の考えというのも耳を傾けなければ会議などは進行しないのではないかと思います。

思い遣りがあるか否かがわかる

またこれは思い遣りがあるか否かがわかるというような事もあるでしょう。

会話をしていく上で相手がどの様な人なのかが分かるという事は、同時に思い遣りがあるのかどうかという事が分かるという事にも繋がります。

基本的に周りからの信頼も厚く、頼られる存在の人というのは周りのことを思い遣ることができる人だからこそだと思うのです。

思いやりというのは相手のことを考えているからこそできるもので、相手のことを考えるという事は、行動や言動から読み取ることができるという事になりますよね?

そこで会話というものが必須になってくるのです。

会話をすることでどの様な人なのか、どの様な考えを持っていて他の人に対してどの様に接しているのか、というような事は全て会話で分かることなのです。

思いやりがある人と無い人の違いというのは多くあり、それは言動からでも分かるようなものばかりです。

会話術を磨く10個のコツ


ではそんな会話術を磨くためのコツというのはどの様なものがあると思いますか?例えばですが会話をする上で大事な事というのはたくさんあります。

もちろん会話をする際に相手のことを知るという事も大事ですが、自分自身がいざ相手に話す際にどの様なことに気をつければ良いのでしょうか?

例えば滑舌をよく話すという事であったり、主語と述語が分かりやすいように話さなければいけません。

相手に物事を伝えるというときもそうですが、どの言葉でも主語と述語というのは欠かせないものとなっています。

その際に主語などが無かったり滑舌が悪いというような事になれば会話などに成り立たなくなってしまいますよね。

また、最も大事なことは相手が理解できるように話すという事です。

これは簡単そうで難しいことなのですが、話すスピードでもあったり、相手に合わせて言葉を選ばなくてはいけません。

会話上手な人というのは相手のことを知りつつも話をして、分かりやすく様々なことを教えてくれたりしますよね。

いわゆる学校の先生が教える時に分かりやすい先生と分かり難い先生といたと思いますが、分かりやすい先生の様に話すというような事が重要になるという事です。

会話術というのは様々なコツが必要になりますが、今回はその10個のコツについて詳しく見てみたいと思います。

滑舌よく話す

まず大事なことの1つとして滑舌をよく話すという事が挙がります。

これは滑舌というのは基本的に人によっては悪い人もいますよね。

喋りなれていないのではなく、癖などで言えないというような人もいるのではないかと思います。

どんどん小さくなってしまったり、口をあまり開かないというような人に多い傾向がありますよね。

文章を読む時も詰まり詰まりになってしまうというような人も多いのではないでしょうか?滑舌よく話すというのは改善をすることもできます。

よく文章を読んで声に出すようにすると滑舌というのはよくなっていくのです。

小学生や中学生の頃には音読というようなものがあったと思いますが、音読というのもこの練習に繋がるという事です。

きちんとした発音で喋るというのは実は難しいことであり、普段の喋り言葉では何と言っているのか聞こえない、というような事にもなりますよね。

大きな会議室で普段の喋り言葉で言っても仕方ありません。

また詰まり詰まりになってしまうと結局どの様なことが言いたいのか分からないなんていうような事にもなるでしょう。

会話を身に付けるというような事は滑舌もよくするという事に繋がるので、是非練習をしてみてください!

主語述語が分かりやすいように話す

主語述語が分かりやすいように話すという事も大事になるでしょう。

例えば主語と述語というのは基本的にどの様な文章でもあるものですよね。

「これして」と言われても「何をどうするのか」という何をの部分を伝えなければいけないです。

主語述語が分かりやすいように話すという事は、会話をする上ではとても大事なことなのです。

英語などでもSとVというような形で主語と述語という形で習ったと思いますが、全ての文章はこの主語と述語があると思っていてください。

そしてそれを相手に伝えるという事はとても難しいことだと思います。

簡単な言葉で会話をしてしまったり、自分だけが分かるように話すというような事をしてしまうからです。

なのでよく主語が抜けているというような人もいますよね。

会話をする際には必ず主語と述語をつけるようにしましょう!

自分だけ分かっていてもダメ

先ほども言った通り、自分だけが分かっていては会話というものは成り立たないです。

更に言うのであれば、自分自身が仮に分かっていることを相手にそのまま伝えるのではなく、相手も理解できるような言葉で会話をしなくてはいけないという事です。

例えばですが、相手が外国人の人であるのであれば、その人に対して日本語で言っても通じないことが多いですよね。

日本語を理解している人であれば良いですが、仮に理解していない場合は全て英語で伝えなくてはいけません。

自分自身だけが分かっていても相手に伝えることができないものというのは会話では無いという事になります。

基本的にはこの様なことというのは仕事などではあってはいけない事ですよね。

必ず相手にわかるように伝えるという事が大事になるのです。

また日本語で喋る際にも、時々方言を使うような人もいるのではないかと思います。

方言というのも相手によっては伝わらない言葉になるので、自分だけが分かっていてもダメだという事です。

仕事中などでは方言で喋るというような事は無いと思いますが、友達と会話をする際には方言が出てしまうという人もいますよね。

その時にどの様な意味なの?と聞かれたことはありませんか?

この様な場合は相手のことを考えて言うことができなかったという事になるのです。

また癖付いてしまい方言を言うというような人もいますよね。

癖などもついてしまうと簡単には拭えないので、気をつけるようにしましょう。

話すスピードを意識する

話すスピードを意識することも大事なコツとなります。

会話をする際には相手の話すスピードに合わせることや、自分が相手の立場になった際にどれくらいのスピードで話せば良いのかという事を考えなくてはいけません。

話すスピードというのは相手に対してどの様に感じるのかという事が分かり、話すスピードなどは基本的に普通のスピードで話すことが一番ベストになっています。

話すスピードを意識すればするほど相手との話をする際にもスムーズに進めることができます。

早すぎても遅すぎてもダメ

話すスピードを意識することで相手との話がスムーズにもなりますが、早すぎても遅すぎてもダメだという事です。

早すぎても遅すぎてもダメという事は、普通のスピードで話すという事をしなくてはいけないのです。

話上手な人というのは相手に解りやすく伝えるというような事もありますが、何より話すスピードが聞き取りやすいスピードであるという点があります。

誰もが聞いても解りやすいという人はいますよね。

よくあるのが学校に行っている時に授業が解りやすい先生と解りにくい先生というのがいると思います。

その差というのは伝え方の差でもあるのですが、何より喋るスピードというものが重要になるのです。

早く言ってしまうと何と言っているのか解らないというような状態になってしまうので、どうしてもそこで差が出てきてしまうというような事があるでしょう。

会話術で大事なのは相手に分かりやすく伝えることと同時に、話すスピードも重要になってくるのです。

知識を増やそう

知識を増やすことでも会話術を磨くことができます。

知識というのは簡単に言えば誰にでも持っているものであり、皆が同じような知識を持っているというのは「常識」だけだと思います。

そんな知識の量を増やすことで話の幅なども広がり、相手にも伝えることができるのではないでしょうか?知識を増やす際には様々な方法で増やすことができます。

例えばニュースや本などで見るというのはとても大事な事になるのです。

ニュースや本で情報収集

情報収集をする際に大事なことはいかに正確な情報であるのかを見分けることが大事になります。

最近ではSNSで情報を集める人が多いですが、ニュースや本で情報収集をするというような人は正確性があるのはもちろんの事、様々なところで知識を増やしているのです。

よくニュースなどを見るのが好きだという人や、新聞を見るようになったというような人もいますが、その人達というのは基本的に会話術というものがどんどん鍛えられていっているのではないかと思います。

気付かない内に営業などをする際に様々なニュースをネタにして喋るというような事もありませんか?

ニュースや本での情報収集というのはより正確なものを収集する必要があるので、デマなどに騙されないようにするという事が大事になるでしょう。

人を見抜く力を養おう

人を見抜く力を養う必要があるでしょう。

例えば相手と話す際に大事なことは相手との話題です。

その時に相手のことをいかに理解をするのかというような事が必須にもなるのです。

人を見抜く力があるという人は基本的に騙されないというような人が多いです。

自分の信念を貫くというのではなく、相手がどの様な人かで判断をすることができるので、その相手に対して適切な話題をすることができるという点があるでしょう。

また相手が何に興味があるのか、相手の情報を聞き出すという事も立派な情報収集です。

会話術をマスターしたいのであれば、まずは相手がどの様な人なのかを理解しなくてはいけないという事になるのです。

相手によって適切な話題を選ぼう

相手によっては適切な話題を選ぶことが重要になります。

例えばですが邦楽が好きな友達相手にメタルの話をしてもあまり適切ではないですよね。

話す相手によってはその話はしないでくれというような人もいるかもしれません。

皆がみなその話題を好き好んでいるというような状態ではないので、その人にあった適切な話題をすることが大切になります。

これは簡単に言えば相手のことをいかに理解しているのかという事にも繋がります。

逆に相手がこちらの事を聞くというような事もあるかもしれませんが、相手との会話を長く、そして良くしたいとなればこちらの情報も相手に伝えないといけないですよね。

相手が何に興味があるのかを聞きだす

相手と喋るときに大事なことは何に興味があるのかという事をさりげなく聞きだすことが大事になるでしょう。

例えばですが「好きな音楽は?」というような事もそうですし「趣味は?」というような事をさりげなく聴きだすという事が大事になるのです。

またお互いに興味がある事が一致さえすれば話が弾むことは間違いないでしょう。

相手とどの様なことを喋るとお互いが良いのかという事も考えて会話をすると良いかもしれません。

思い遣りが対等な会話を生む

思い遣りというのはどんな事でも大切です。

思い遣りがない会話というのは基本的にそれまでの会話という事になり、今後会話をするというような事も無くなってくるのです。

思い遣りというのは相手のことを思う会話だと思います。

対等である関係になるというのは実は難しいことなのです。

どんな事でもそうですが、有利な状況や条件に持ち込みたいと誰もが思います。

会社などの会議でもそうですし、取引先との契約でもそうですが、どんな事があっても有利に事を進めたいと考える人が多いですよね。

しかしながらお互いがその様な状況であれば良い関係が生まれるようになります。

会話のバランスを考えよう

会話をするにあたって大事なことは会話のバランスでもあります。

これはよく空気を読めないというような事にも繋がるのですが、会話というのは自分ばかりが一方的に喋るというような事はありません。

基本的に会話のバランスというのはお互いが喋っていて初めて成立するものなので、自分ばかり喋るということや、相手の話を聞かないというような事が無いようにしましょう。

また会話をする際には相手のことを見るという事も大事になります。

仮に会話をしている時に他の方向を向いて喋っていたり、よそよそしい態度を取ってしまうと相手から不安がられたりするので、特に仕事関係での話しなどでは必ず相手の方向を見て喋るという事を意識しなくてはいけません。

会話のバランスというのは最初は難しいかもしれませんが、自然と慣れていくことなので、まずは意識を持って会話をするようにしてみてはいかがでしょうか?

自分ばかり話さない

自分ばかり話さないようにするという事が大事になります。

会話というのはこちらが一方的に喋っていても仕方ありません。

相手も話すことがあり、その相手の話を聞くという事が何よりも大事になるのです。

会話をする時に相手がどの様な人なのか、相手はどの様に思うのか、仕事関係の人であれば何を重要としているのか、様々な意見というものが人にはあるので、それに耳を傾けるという事は大事なことになるのです。

相手の話しをよく聞いて記憶する

相手の話をよく聞いて記憶をするという事も大事になるでしょう。

また喋りたいというような事になり、いざもう1度話をする時に同じ話題をしてしまっては仕方ありませんよね。

その同じ話題から更に深く掘り下げるというような事はとても良いことですが、相手の話をよく聞いて記憶をするというような事は実は難しいことなのです。

どんな内容について話をしたのかを意識しなくてはいけないからです。

しかしこれができることで、更に会話上手になるので是非マスターしておきたいですね!

独自性を出そう

独自性を出すという事も大事な会話術でのコツになります。

独自性というのは簡単に言えば自分のオリジナリティという事になります。

例えば芸術面ではその人独自の絵であったり曲であったりするようなものが多いですよね。

この人が作っているからこそ、この様なものが産まれるといった形です。

それを会話でも独自性を出すという事がポイントとなるのです。

ありきたりな話をしない

ありきたりな話をあまりしないようにしましょう。

これは例えば今ホットなニュースの事について話すというような事です。

ニュースの事について話すというのは良いですが、今話題になっているものよりホットな話題も言いつつマイナーなものを話題として取り上げることで相手との会話を弾ませることができます。

仮に知らないのであれば相手も興味が出てくるので、ありきたりな話を極力しないように努力しましょう。

人の真似はしない

話す際に大事なことは人の真似をしないという事です。

どの様なことかというと、よく話し方などで他人の人と似ているというような人はいませんか?

相手に伝えるというような「例」であったり、自分の考えというのが他の人と全く同じだというような人もいるかもしれません。

しかしそれは本当に自分の意見なのでしょうか?人の真似はしないというのは基本的には相手と同じような考えをしないという事です。

独自の解釈や価値観を話す

独自の解釈や価値観を話すという事も大事になるでしょう。

先ほども言ったように同じような考えになってしまった場合には仕方ありませんが、必ず独自の価値観などがあると思います。

相手に良いように思われようと違った考えやありきたりな考えを言うのではなく、自分はこの様に思うという事を持つことが大事です。

仮にそれが良し悪しの話であれば話は変わってきますが、会話をする際には自分の意見を持つというのは大事な材料になるのです。

会話のお供にも工夫する

会話のお供にも工夫をするという事は大事なことの1つです。

会話術というのは喋ることが全てという訳ではありません。

態度であったり言動であったり、様々なものを含めて会話術という風に考えてみてください。

例えばですがよくお菓子やおつまみを用意しているようなところが多いと思いませんか?飲み物なども出してくれるというようなところもあるでしょう。

会話をする際に大事な事というのはその様な所も見落とさないという事にあるのです。

珍しいお菓子やおつまみを用意

珍しいお菓子やおつまみを用意するという事も大事になります。

例えば珍しいお菓子というのは様々なものがありますよね。

地元の特産品であったり、他県の有名なお菓子というのもあると思います。

その様なものを用意することで、それを食べながらもその話題をすることができたり、相手と楽しく話すというような事もできるようになるのです。

飲み物も空にならないように

飲み物も空にならないようにする事が大事になるでしょう。

人というのは喋り続けてしまうとどうしても飲み物が空になってしまいます。

飲み物などが空になってしまうとつい喋ろうと思っても途中で喉を潤すというような事ができなくなってしまいますよね。

人というのは必ず水分が必要になるので、飲み物も空にならないようにする事が大切になります。

人の噂話や悪口は絶対NG

人の噂話や悪口を言う人は数多くいますが、それは絶対にNGな事なのです。

言うのであれば自分自身が仮にその様な話をされて嫌な気分にならないという人はいないと思います。

仮にそれで嫌にも関わらずその様な話をするのであれば、相手からも嫌に思われてしまい会話を楽しんでするというような事ができなくなってしまいます。

よくネガティブな思考を持つ人はこの様な話をしてしまいがちですが、もっとポジティブに話をするようにしてみてはいかがでしょうか?

嫌なことや悪口というのは当に忘れるというような事をすると良いかもしれません。

自慢話もNG

話をする際に自慢話をしてしまうというような人もいると思います。

適度にする分には良いかもしれませんが、自慢話ばかりしてしまうというような人は辞めるようにしましょう。

基本的に会話というのは相手も喋るような事が多く、どちらかというと相手の意見を聞くというような事が多いです。

自慢話というのは自分の業績や凄いことを言うというので終わりになってしまうので、自慢話は極力控えてみてはいかがでしょうか?

会話術をマスターしてまた会いたい人になろう

いかがでしたか?会話術をマスターするにはこの様なコツが必要になるのです。

会話術をマスターさえすれば相手からまた会いたいと思わせれる人になれるのではないかと思います。

会話というのはコツを掴むまでは難しく人見知り状態になるというような人も多いのではないかと思います。

しかし会話をすることでどんどん慣れてみてはいかがでしょうか?