皆さんは体の関係を持たない恋愛があることをご存知でしょうか?

恋人関係であれば、手をつないで、キスをして、体の関係を持つことが当たり前だと思われています。

しかし、体の繋がりに捕らわれすぎてしまって、いつしか精神的な繋がりが薄れてしまったり、はたまた、一緒にいる時間が長すぎて、恋愛感情というよりは、家族以上の繋がりを感じるようになってきた…。

そんな恋愛関係もあるのではないでしょうか?

また、体の関係に赴きを奥よりも、精神的な繋がりを重視するカップルも多く、体の関係を持たない恋人関係というのも増えてきています。

プラトニックラブは、体の関係がないからこそ、内面を好きになってもらえるというメリットがあります。

体の関係を持ってしまうと、体の相性というものがどうしても出てきてしまいます。

相手に対して好きという気持ちが強かったとしても、体の相性というのは別物。

体の相性が悪くて、別れてしまうカップルはたくさんいます。

また、そもそも体の関係を持つことに抵抗があるという人も多くいます。

例えば、潔癖症であったり、性欲がない人達も増えてきており、体の繋がりを持つことよりも、精神的な繋がりを求めている人が多いと言えるのです。

今回は、そんな「プラトニックラブ」について、お伝えしていきたいと思います♪

プラトニックラブとはどこまでの関係?

「プラトニックラブ」とは体の関係を持たない恋愛のこと。

しかし、プラトニックラブを経験したことがない人にとっては、イメージがつかない人も多いのではないでしょうか?

特に、体の関係性を重要視する人にとっては、好きな人の傍にいたら、体の繋がりを持ちたいという欲がでてきてしまうもの。

そして、手をつないだり、キスをしたりしたら、その気持ちは止められなくなってしまう人も多くいるでしょう。

また、プラトニックラブを経験したことがない人にとっては、どこまでの関係を指すのか、イメージがつかない人も多いのではないでしょうか?

手はつなぐのか、キスはするのか?

それとも、会話や精神面だけの繋がりのことを指すのか?

また、プラトニックラブには、どういうメリット・デメリットがあるのか。

一体、プラトニックラブとはどこまでの関係を指すのか、お伝えしていきたいと思います。

プラトニックラブとは

プラトニックラブは、精神的な繋がりのみの恋愛で、肉体関係を求めない恋愛のことを指します。

手をつないだり、キスをしたりというのは、人によって様々であったりしますが、確実なのは、肉体関係を持たない恋愛といえるでしょう。

また、現代では「キスフレ」「添いフレ」など、キスだけの関係や添い寝だけをする関係をする若者も増えてきました。

実は、これらも一種のプラトニックラブだと言えるでしょう。

肉体関係を持つと、体の相性であったり、気分が乗らない時に性交渉を強要されてしまったり、また、性交渉自体があまり好きでない人にとっては苦痛の時間になってしまったり…と、精神面以外の面で問題が出てくることがあります。

そのため、肉体関係を持たず、精神面だけで繋がれる恋愛が居心地が良いと感じる人達がたくさん存在します。

もちろん、肉体関係を重要視する人たちもたくさんいると思います。

好きな人とであれば、体の繋がりも持ちたい、また、体の繋がりを持つことで、お互いのことをさらに知りたいと思う人たちも多くいるでしょう。

肉体的欲望を離れた純粋に精神的な恋愛

もちろん、体の繋がりを持つことは悪いことではありません。

しかし、肉体的欲望というのは、時には人を傷つけてしまったり、「好き」という気持ちよりも勝ってしまい、相手に対して失礼な態度を取ってしまったりもします。

特に女性は、肉体的な繋がりよりも、精神的な繋がりを求めることが多いと言えます。

体の関係を持つのも、性欲からくるものではなく、好きな男性の気持ちに答えたいからという人も多くいます。

一方で男性は、生殖本能が強い性でもあるため、女性との体の関係を重要視する生き物だったりします。

好きな人と体の関係を持ちたいと思う人もいますし、人によっては、好きな人ではなくても、体の関係を持ちたいとおもう性欲が強い男性もいるでしょう。

しかし、草食男性や性欲が強くない男性も増えてきており、性行為に対して興味がない男性も増えてきています。

そういう男性は、肉体的な繋がりよりも精神的な繋がりを重要視する志向にあります。

プラトニックラブとは肉体的欲望離れた純粋な精神的な恋愛だと位置づけられています。

会話や価値観を共有することで、精神的な距離を近づけ、お互いにとって居心地の良い関係を築き上げていくのが、プラトニックラブといえるでしょう。

プラトニックラブの様々な考え方

プラトニックラブに対しては様々な考え方があります。

体の関係を持たないというところには共通点がありますが、それ以外は人によって様々です。

体の関係を持たないだけで、それ以外には普通のカップルのように、手をつないだり、キスをしたりする人もいますし、一方で精神的な繋がりのみで、手をつないだり、キスをしない人達もいます。

精神的な繋がりとなるため、その関係は強固なものであり、別れというのも訪れづらくなります。

精神的な繋がりが強固になると、相手に対しての一種の依存というもの生まれてきます。

相手がいることで、精神的に安定したり、安らぎを感じたり、居心地の良さを感じるため、一緒にいて当たり前という関係になっていくのです。

一方で肉体関係を伴う恋愛は、肉体関係に赴きを置いてしまう人も多かったりします。

体の相性が悪かったり、また飽きてしまったりすると、恋愛が終わってしまうというケースも多く存在します。

恋愛は肉体ではない

もちろん、肉体関係を伴う恋愛だからといって、精神的な繋がりが薄いわけではありません。

精神的な繋がりも肉体的な繋がりも強いカップルも多く存在します。

しかし、恋愛=肉体関係という位置づけにしてしまうと、どうしても体の関係が上手くいかなくなった時に、「別れ」というものが訪れてしまうのです。

恋愛は肉体ではありません。

プラトニックラブであろうがなかろうが、精神的な繋がりというのは必須となってくるでしょう。

また、男性で多いのが、「体目的」とされる恋愛です。

男性によっては、「付き合いたい。」という気持ちよりも「この子と体の繋がりを持ちたい。」と思う人もおり、体の関係を持つために、「好き」「愛している」という言葉を利用する人も多くいます。

言葉を鵜呑みにしてしまった女性は、男性に裏切られてしまったときに、ひどく傷つきます。

「体目的」とされる恋愛の多くは、男性から仕掛けることが多く、女性から仕掛けることというのはあまりありません。

そのため、「体目的」により傷ついたという経験を持っているのは女性の方が多く、そういった女性は、二度と裏切られたりしないために、体の繋がりよりも、精神的な繋がりを重要視する傾向にあるのです。

精神的な結合を大切にすべき

繰り返しとなりますが、恋愛は肉体関係でありません。

プラトニックラブであっても、なくても、精神的な結合を大切にするべきです。

精神的な繋がりが薄いカップルは、お互いのことを理解しあえていなかったり、いざという時に、助け合ったりすることが出来なくなります。

また、精神的な繋がりがないと、居心地の悪さを感じてしまったり、相手と一緒にいる時間を苦痛に感じるようになってしまいます。

男性は、精神的な結合を持つことを不得意とする人もいます。

女性は、友人関係においても、自分の弱みをさらけ出したり、辛いことがあったら共有します。

また、友人が辛いことがあったら慰めたり、話を聞いてあげたりもします。

つまり、女性は友人関係の構築においても、内面をさらけ出し、精神的な繋がりを強固としていくのです。

一方で男性は、自分の弱みを友達にさらけ出すというとはあまりしません。

友人関係においては、趣味があったり性格があったりすることを重要視しますし、会話で友人関係が成り立つというよりは、一緒に遊んだり、時間を共にすることによって友人関係を成り立たせています。

つまり、精神的な繋がりを作るのは女性の方が得意としており、男性は不得意な分野に入ると言えるでしょう。

しかし、だからこそ、自分の弱みや内面を分かち合える人が現れたときに、大切にしたいと思えるとも言えます。

恋愛の関係性を強いものにするのは、体の関係を重ねることではありません。

精神的な結合を大切にすることで、より強固な関係が生まれてくるのです。

そのため、プラトニックラブであろうがなかろうが、精神的な繋がりというのは、恋愛においては必須といえるのではないでしょうか。

プラトニックラブの線引き


人の数だけ様々な恋愛があります。

昨今では、「キスフレ」「添いフレ」という、肉体関係を持たずに、キスや添い寝をすることだけを重要視した恋愛も増えてきており、恋愛の定義というのは時代と共に変わってきていると言えるでしょう。

定義は肉体関係を持たないこと

では、プラトニックラブの定義は何なのか。

プラトニックラブは肉体関係を持たず、精神的な繋がりが強固な恋愛を指します。

これ以外はそれぞれの概念で決める

プラトニックラブの定義は肉体関係を持たないことであり、それ以外はそれぞれの概念で決めているケースが多いといえます。

キスをしたり、手をつないだりをするカップルもあれば、全くしないカップルもいます。

つまり、肉体関係を持たないこと以外の定義は、人によって異なるといえるでしょう。

男性に聞くアリ派の意見10選


実際にプラトニックラブを求めるのは男性よりも、女性の方が多いと言われています。

人にもよりますが、男性は、女性に比べて性欲が強い生き物ですし、生存本能も強いため、体の関係を持つことに対しては、女性と比べて貪欲な生き物であると言えます。

一方で女性は、肉体的な繋がりよりも、精神的な繋がりを恋愛関係に求めます。

会話をすることを重要視したり、価値観の共有に赴きをおくことがあります。

男性は、女性と比べて、自分のことを話すことや、感情をみせることを得意としないため、精神的な繋がりを作ることを苦手とします。

カップルの喧嘩の多くの原因がここだと言えるでしょう。

男性と精神的な繋がりを強固のものとするためには、女性側も努力が必要です。

自分の価値観や思いを押し付けるだけになっていないか?きちんと男性の話を聞こうという姿勢を持っているか。

また、男性から無理やり聞き出そうとするのも禁物だといえます。

言葉で自分の感情を伝えることが苦手な男性は、「気づいてあげる」という行為が重要となります。

男性が辛そうにしていたら、静かに寄り添うことができたり、美味しい料理を作ってあげたりなど、相手に思いやりをもって接することができれば、精神的な繋がりというのは自然と強くなっていきます。

では、男性はプラトニックラブに対して、どのような意見をもっているのか?正直、プラトニックラブについては、男性においては、アリ派とナイ派に別れます。

では、まずアリ派の意見をお伝えしていきましょう。

1.それほど否定的でもない

プラトニックラブに対して「アリ派」と考える男性は、強く「賛成」というよりは、それほど否定的ではないという傾向にあります。

否定的ではないが、自分からプラトニックラブを望むよりも、女性が望むのであれば、プラトニックラブでも構わないという姿勢があるのかもしれません。

2.相手が望むなら合わせたい

男性の多くは、好きな人とであれば肉体的な繋がりを持ちたいと思う生き物です。

しかし、相手の事が好きで、大切にしたいと思うのであれば、相手が望むなら合わせたいとおもうのが男性という生き物であるといえるでしょう。

肉体的な繋がりよりも、彼女のことが大好きで守ってあげたいと感じたり、彼女が嫌がることはしたくないと強く思う男性は、彼女がプラトニックラブを求めた場合は合わせる傾向にあるといえるでしょう。

3.相手の思考が変わるかも、まずは理解

また、彼女がプラトニックラブを望んだ場合は、まずは理解をしてあげようと思う男性も多くいます。

女性によっては、過去のトラウマや自信がないことにより、体を許すことに対して嫌悪感を強く抱いているひとも多くいます。

結果、プラトニックラブを望む人もいますしし、本当に信用できる人かどうかを見極めるまでは体を許さないと考える女性も多くいます。

男性は、好きな彼女であれば、相手の思考が変わるまでは待つことができますし、理解をしてあげようという気持ちも出てきます。

彼女が心を許してくれたり、自分に慣れてくれるまでは、彼女の気持ちを理解してあげることに赴きを置こうとする男性も多くいるのです。

4.歩み寄っていく姿勢も必要

恋愛関係においては、歩み寄るという姿勢が非常に重要です。

いくら気が合う間柄だといっても、価値観が100%合う人などいません。

家族においても、価値観が100%合うのは難しいことであり、相手の事を理解してあげるためには歩み寄ってあげるしかないのです。

彼女がプラトニックラブを望むのであれば、否定はせず、歩み寄っていこうと考える男性も多くいます。

5.身体以外の繋がりを大切にしたい

また昨今では、身体以外の繋がりを大切にしたいと考える男性も増えてきています。

少し前までは、男性は肉食男子とされ、女性をリードするのが当たり前、女性を喜ばせるのが当たり前、女性に奢るのが当たり前とされてきました。

しかし、それは女性と肉体関係を持ちたいと考える気持ちからだといえるでしょう。

しかし、現代は草食系男子が増えてきており、異性に対して興味を示さなかったり、はたまた女性との人間関係を築きあげるのが苦手な男性も多くいます。

自分がリードをすることを得意としなかったり、また、趣味など、恋愛以外のことを重要視しており、生活をする上で恋愛というものを重要視していないケースもあります。

そういった男子は、肉体的なつながりよりも、自分の気持ちを理解してくれるか?趣味が合うのか?等を重要視するため、身体以外の繋がりを大切にしようとします。

身体の繋がりを持つ恋愛よりも、精神的な繋がりを持とうとするのです。

そのためプラトニックラブに対しては理解を示す傾向が強いといえるでしょう。

6.貞操観念があるのはいいこと

また、プラトニックラブを求める女性に対して、貞操観念があるのはいいと感じる男性も多くいます。

以前は、女性が「性」をひけらかすのは恥ずかしいこととされてきましたが、時代の移り変わりとともに、女性が「性」に対してオープンになってきました。

女性用のAVや雑誌なども販売されるようになり、女性の「性欲」に対してのビジネスは拡大を見せつつあります。

しかし、男性の中には「性」に対してオープンな女性を良しとしない人も多くいます。

むしろ、貞操観念がある女性を好みだと感じる男性も多くおり、すぐに体の関係を許さない女性に対して惹かれる男性も多くいるのです。

そのため、プラトニックラブの関係を求める女性に理解を示し、また魅力を感じる男性も多くいるといえるでしょう。

7.そういう関係もありだと思う

年齢を重ねていくと、様々な恋愛をしていくようになります。

その中で、肉体関係を持つ恋愛に疲れてしまったり、また、精神的な繋がりを重要視する恋愛関係を求めるようになってきます。

様々な恋愛をしったからこそ、プラトニックラブという関係もありだと思えるようになってくる男性も多くいます。

プラトニックラブもありだと感じる男性の多くが、様々な恋愛を経験し、恋愛の形の多様化に関して理解を示している傾向が強いといえるでしょう。

また、恋愛=肉体関係という固定概念がない男性も、プラトニックラブという恋愛の形には理解を示す傾向にあるといえます。

8.純粋なドキドキがあっていい

肉体関係を持つことで、2人の間が冷めてしまったり、それ以上のことを求めなくなってしまうことも多くあります。

男性にとって、好きな女性と肉体関係を持つことは「ゴール」だと位置づけていることも多く、恋愛感情のピークが、肉体関係を持つまでという人も多くいるといっても過言ではありません。

そういった意味で、肉体関係をもたない恋愛というのは、肉体関係以外の事でドキドキ感を味わえます。

手が触れたり、見つめあったりするだけでドキドキしたり、相手の事を知る事ができただけで嬉しくなったり…。

そういった純粋なドキドキがプラトニックラブには詰まっていると言えるでしょう。

プラトニックラブは純粋なドキドキがあっていいと感じる男性は、プラトニックラブに対して理解を示してくれる傾向にあります。

9.長続きしそう

精神的な繋がりを重要視するプラトニックラブは、肉体関係のみの恋愛よりも、長続きすると感じる男性も多くいます。

肉体関係を重要視する恋愛は、肉体関係に飽きてしまえばそこで終わってしまいますが、精神的な繋がりを重要視する場合は、お互いの価値観や考え方を共有できるため、心の拠り所の関係を築き上げることができるため、長続きしそうだと感じる男性も多くいます。

10.好きになったら仕方ない

また、「好きになったら仕方ない」と感じる男性も多くいます。

好きになった彼女がプラトニックラブを望むのであれば、それに答えてあげるべきだと受け止めてくれる男性も多くいるといえるでしょう。

しかし、仕方ないという感情は、男性や体の関係を持つことを望んでいるという現れ。

そのため、精神的な面の繋がりを強固のものにしていったり、一緒にいて居心地が良いと感じない限りは、恋愛関係が成り立たなくなってしまうので、注意が必要です。

男性に聞くナシ派の意見10選

男性は、恋愛関係においては肉体関係を重要視する人も多くいます。

好きな人だからこそ、肉体的につながりたいと考える男性も多くいるのは事実。

そういった男性は、やはり「プラトニックラブ」においては否定的な意見が多いといえるでしょう。

では、プラトニックラブをナシだと考える男性の意見をお伝えしていきましょう!

1.身体の関係を持たないための口実では

男性は、身体の関係を望まない女性が多くいることを知っています。

そのため、プラトニックラブを、身体の関係を持たないための口実ではないかと感じてしまう男性も少なくはありません。

男性にとって、好きな人との身体の関係を持ちたいと思うのは、当たり前の感情であるともいえます。

そのため、女性がそれを望んでいないと聞いた時にはショックを受ける男性も多くいます。

また、理由として「プラトニックラブを望んでいる。」とだけになってしまうと、男性としては理解をするのは難しく、身体の関係を持たない口実だと感じてしまうのです。

身体の関係を重要視する男性にとって、身体の関係を拒まれるというのは非常にショックを受けるもの。

そのため、なぜ身体の関係を望まないのか、きちんとした理由を伝える必要があるといえるでしょう。

また、その理由を伝えたうえで、理解をしてくれなかったり、理解をしてくれたとしても、関係を続けるのが難しいと判断をしてしまう男性も多くいるといえるでしょう。

恋愛においての価値観の違いのため、どちらが悪いというわけではありません。

2.理由はないが、理解できない

また「プラトニックラブ」という関係性を理解できないという男性も多くいます。

そのような関係性があるのは言葉上では理解できても、頭の中で理解できず、結果、彼女のことも理解できないということに繋がってしまうのです。

理由がないが理解ができないという場合、理解してもらうというのは非常に難しいといえます。

理解ができないことに理由がないため、いくら説明をしても分かり合えいないといえるでしょう。

3.身体の繋がりも大切、結婚に結びつかない

身体の繋がりが持てないということは、将来のことを考えた時に、非常に不安になります。

例えば、結婚をして、子どもを作りたいと望んでいる場合、「プラトニックラブ」という関係性を彼女に求められてしまうと、子どもが出来ないのではないか?という不安にも陥ってしまいます。

また、身体の繋がりを大切にする男性にとっては、「プラトニックラブ」という関係性を継続するのは難しく、結婚に結びつかないという気持ちになってしまう傾向にもあります。

4.不安な気持ちになりそう

身体の関係を持つというのは、特別な関係であるとも言えます。

特に男性は、女性が心を許した人にした、身体を許さないということを理解しています。

それは男性にとっては非常に嬉しく感じることです。

また、身体の関係を持てたことで、好きな女性を独り占めできたという安心感につながる男性も多くいます。

他の男性には見せない姿を自分には見せてくれたという気持ちは、彼女をより大切にしたいという気持ちにもつながるのです。

そのため、身体の関係を持たないプラトニックラブという関係は、男性からしてみると、自分をさらけ出してくれていないのではないか?と感じてしまい、不安を感じてしまいます。

また、彼女が自分のことを好きではないからこそ、身体の関係を許してくれないのではないかという気持ちにもなってしまい、不安が付きまとう恋愛になってしまい、理解ができないという男性も多くいます。

5.身体のコミュニケーションも必要

男性の多くは、身体のコミュニケーションを重要視します。

特に男性は、女性と比べて、自分の感情や考えを伝えることを得意としていません。

「好き」という気持ちを伝えることも照れくさいと感じる人も多くいます。

そのため、身体のコミュニケーション上で、愛情を伝える男性も多くいるのです。

その場合は、身体のコミュニケーションというのを非常に重要視しているケースが多く、むしろ、身体のコミュニケーションがないと、二人の関係性が保てなくなってしまうケースも多くあります。

6.自分本位な気がする

「プラトニックラブ」を望む女性に対して、自分本位な気がすると感じてしまう男性も多くありません。

男性は、彼女に喜んでもらうために尽くすケースが多いですが、その延長上には、やはり彼女と肉体関係を持ちたいという気持ちがあります。

肉体関係は、ご褒美だと考えている男性も多いと言えます。

そのため、いくら尽くしても、そのご褒美がもらえないと、「何のために尽くしているんだろう。」と感じてしまう男性も多くいるのです。

結果、彼女が自分勝手だと感じてしまうケースも多くあると言えるでしょう。

7.理解はできるが、そういう人とは付き合えない

また、「プラトニックラブ」という関係性に理解があったとしても、肉体関係を重要視する男性からすると、そういう人とは付き合えないと感じてしまいます。

理解はするが、自分の価値観とは異なるため、受け入れられないと感じてしまうのです。

やはり男性の多くは、好きな人と肉体関係を持ちたいと感じてしまいます。

そのため、彼女との肉体関係を持てないと感じてしまうと、関係性を遮断されたと感じてしまい、いくら好きでも付き合うことが難しいと感じてしまうのです。

8.本能にさからっている感じ

人間の本能の中には「性欲」というものがあります。

子孫を残すために、性欲というものがあるため「プラトニックラブ」はその本能に逆らっていると感じてしまう人も多くいるでしょう。

男性には、「子孫を残す」という本能があります。

そのため、身体の関係を持つのは、生きていく上での必要条件となっており、それを拒否されると、本能のまま生きられないと感じるのです。

9.尊重したいが難しい

好きな彼女が「プラトニックラブ」を望むのであれば、尊重したいと考える男性も多くいると思います。

しかし、頭では尊重したいと感じたとしても、好きな女性と身体の関係を持ちたいという気持ちは抑えられません。

そのため、彼女の意見を尊重することが難しくなってしまい、そのジレンマに耐えられなくなり、彼女とのお付き合いを継続することが難しくなってしまう人も多くいます。

彼女の意見を尊重したいという気持ちはあるのですが、本能で難しいため、彼自身を悩ませることにも繋がってしまうのです。

10.思考を押し付けられたくない

「プラトニックラブ」というのは、一種のワガママだと感じてしまう男性も多くありません。

自分本位な思考であると感じてしまうからこそ、その思考を押し付けられたくないと感じてしまう男性も多くいるでしょう。

特に、身体の関係性を重要視する男性にとっては、プラトニックラブの思考を押し付けられることに対して、抵抗を示す男性も多くいます。

価値観の違いを埋めることは非常に難しく、押し付けられたくないと感じる男性に対して、理解をしてもらうというのは、非常に困難であるといえるでしょう。

価値観のすり合わせを

プラトニックラブについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

恋愛の価値観は人それぞれ。

100%合致することなどありません。

そのため、価値観のすり合わせというのは必ず必要になります。

それは、プラトニックラブであろうがなかろうが、必要なことです。

また、恋愛においては、精神的な繋がりというのは非常に大切なものです。

その最たるものがプラトニックラブとなりますが、身体の関係がある恋愛においても、精神的な繋がりというのは必要不可欠であるといえます。

お互いの価値観や考えを理解した上で、お付き合いを継続していかないかぎりは、恋愛関係を継続することは難しくなります。

身体の関係だけでは、その恋愛にはいつか終わりが来ます。

身体の関係にはいくらでも代わりがいるのです。

しかし、お互い尊敬する部分をもっていたり、一緒にいて安心できると感じる関係性は、代わりはいません。

お互いに唯一無二の存在だからこそ、関係性が継続できるのです。

恋愛関係というのは答えがありません。

だからこそ、価値観のすり合わせというのは、良い恋愛をする上では重要なことなのです。

良い恋愛を継続していくためにも、精神的にも繋がれる恋愛をすることをおすすめします!