CoCoSiA(ココシア)

女性からの脈ありLINE。脈なしのメッセージ内容も解説


狙っている人がいる、いい感じかわからない、・・・そんな風に考えている悩める男性の皆さん。

今連絡を取っているあの子が自分に対して脈ありなのか、それとも全く脈なしなのか知りたくてうずうずしてるんじゃないでしょうか。

今日はそんな悩める男性の皆さんのために、脈ありLINEを教えちゃいます!

最後には、女性から好印象を持たれるLINEもご紹介しますので、しっかり読んで可愛いあの子をゲットしちゃってくださいね!

女心は難しい…

女心というのは、何歳になっても理解できないものです。

女性の心の中は非常に忙しく、同性ですら気持ちが分からないときがあるのです。

それが恋愛、さらに異性となると、理解できないのは当たり前のことですよね。

ですので、女心が分からないからと言って落ち込む必要は全くありません!

女心を完璧に理解することが恋愛成就につながるのではなく、相手が自分に気があるかないかをしっかり見極めて、適切なアプローチをすることが一番なのです。

LINEは脈ありなしを判断しやすいツール

相手の気持ちを知るのに一番便利なのがラインです。

ラインの相手からの返信や雰囲気には、脈があるかないかのヒントがそこら中に散らばっています。

ラインとは顔が見えない分、相手の気持ちを汲み取るのが難しそうに感じますが、そんなことはありません。

連絡を取っている男性に対して、気のない女性が取る行動はほぼ決まっているのです。

それさえ知れば、自分の狙っている女性が脈ありなのかを知ることが出来るのです。

LINEの脈「あり」なメッセージ内容

さて、相手の気持ちを知る準備はできていますか?

相手の女性とのラインで、「脈あり」であると言えるラインの内容をご紹介していきますよ。

当てはまるものや身に覚えのあるものがあれば、その女性はきっとあなたに気があるということです。

焦らずにゆっくりと距離を縮めていけば、絶対に成就できる恋愛ですよ!

質問が多い

相手から質問が多い場合も脈ありを期待できます。

質問してくるということは、あなた自身に興味を持っていてもっと知りたいと思っているからこその行為です。

すぐにラインを終わらせたいと思っている人が、わざわざ質問なんてしてくるわけがありませんよね。

質問の内容にもよりますが、相手から質問を投げかけてくれた時は、それに真摯に答えてこちらも質問で返してみると会話が盛り上がるはずです。

どんな質問だと脈ありか?

脈ありだと判断できる質問の内容は、まずは恋愛系についてです。

彼女はいるのか、どんな女性が好きか、今まで何人付き合ったかなどを聞いてくる場合は、ほぼ間違いなく脈ありだと言えるでしょう。

気になる人の恋愛事情は非常に気になるものですし、自分に勝算はあるのか知るためにも質問してきているのです。

他には、趣味のことや勉強のこと、どんな話題であれ詳しく質問してくる場合も脈ありです。

あなた自身のことを深く聞いてくるということは、それほどあなたに興味があるということです。

この場合は、ちゃんと自分のことを話してあげて、同じように相手のことを聞いてあげると相手も脈ありだと感じることが出来ますよ。

会話をもたせるために質問していることも…

しかし、中には会話をもたせるために苦し紛れに質問してきている場合もあります。

これは、あなたがその女性より上の立場だったり、何かラインを無視してはいけないような相手だったりする場合によくあることです。

例えば狙っている女性が会社の部下だとします。

相手は上司からのラインなのでちゃんと続けなければと思いますよね。

そのために、質問を投げかけて自分がラインに真剣だということをアピールしているのです。

友達の紹介で連絡先を交換した場合なんかもそうです。

興味はないけれども、友達の顔を立てるために少しはラインを続けないといけないという感情が働いて、質問をしてきているということもあるかもしれません。

このあたりはしっかり見極めるようにしてくださいね。

質問にちゃんと答える

ラインをしている中で、いくつかの話題が一つのラインに入ってきたりすることってありますよね。

そんなとき、一つ一つの質問にしっかりと答えてくれているようならば、相手はあなたとのラインを続けたいと思ってくれているということです。

質問にちゃんと答えるのは当たり前だと思うかもしれませんが、実際興味のない男性のラインには、一言で返事をしたり、質問を無視したりという女性も多いです。

変な期待を持たせないようにという女性の気づかいなのかもしれませんね。

自分の意見や考えを伝えてくる

自分の意見や考えを話してくるということは、自分のことを知ってほしかったり、自分の気持ちを聞いてほしいと思っていると考えることができます。