皆さんは恋人と毎日一緒にいたいですか?

毎日朝起きて隣にいてくれたらなんて誰もが考えることですよね。

大好きな人と毎日会いたいのは当たり前のことです。

毎日一緒にいてほしいし、できることなら同じ家に住みたいですよね。

デートの終わりにさよならをするときがいつも嫌になってしまいます。

同じ家に帰れたら・・・なんて悲しむのはどんなカップルでも同じことでしょう。

しかし、そうはいかないのが現実です。

毎日会うことも無理ですし遠距離のカップルなんかは数か月に一回しか会えませんよね。

さて、そんな会いたくても会えないという感情、この感情の行き場に困っている人は多いのではないでしょうか?

今回は、会いたいのに会えない、そんなときに会いたい気持ちを少しでも抑える方法について話していきたいと思います。

会いたいと思っている間はとてもつらいです。

少しでもその気持ちを減らして、楽になってくださいね!

どんな時に恋人に会いたくなる?

恋人に毎日会っていたいけど、現実的にそれは無理です。

でも、会えないと分かっていてもどうしても会いたくてたまらない時ってありますよね。

それは人それぞれですが、恋人に会いたくなる代表的な瞬間というのがあります。

これらの状況に陥ったとき、人間はどうしても甘えられる恋人が欲しくなってしまうのです。

さて、そんな恋人に会いたくなる瞬間とはどんな時なのでしょうか?共感しながら一緒に見ていってくださいね。

ひとりで寂しいとき

恋人に会いたくなるのは、ズバリ一人で寂しいときです。

一人っきりで何かしているときや、一人だなと心が感じてしまうとき、無性に恋人に会いたくなってしまいますよね。

一人でいるときは一人の時間を楽しむことが出来ますが、同時にとても人肌が恋しくなってしまいます。

寂しい思いをしているときに一番そばにいてほしいのはやっぱり恋人ですよね。

特に、恋人に絶対会えないと分かっている状況であればなおさら会いたくなってしまいます。

寂しいから今すぐ会いに来てと言ってしまいそうになります。

一人という状況がつらいだけなら友達を呼ぶことはできますが、心が独りぼっちだと感じているときは心の支えになるような人が必要になります。

多くの人は恋人が心の支えになっていますよね。

すぐそばに来て心を癒してほしいと思ってしまうのです。

疲れているとき

疲れているときなんかも、恋人に会いたくなってしまうようです。

仕事が忙しくて夜遅くに帰って来た時、お疲れさまと大好きな恋人に出迎えてほしいと誰もが思うはずです。

また、毎日が大変で体が疲れ切ってしまっているとき、恋人にきてもらって甘えたくなります。

家事や家のことなんかを頼めるのは恋人しかいません。

友達にも頼めますが、やはり少し気を使ってしまいますよね。

心身ともに疲れてしまっているときは、自分が心から信頼している恋人の存在が恋しくなってしまうのです。

何もせずに恋人と共にゆっくりとした時間を過ごしていることを想像して、猛烈に会いたくなってしまうのです。

嫌なことがあったとき

何か嫌なことがあったときなんかも、恋人にすぐに来てもらって慰めてもらいながら全力で甘えたいと思うものです。

嫌なことがあると、精神的に参ってしまいます。

しかし、大人になるとちょっと嫌なことがあったぐらいで弱音を吐いていると、周りからは白い目で見られてしまいます。

そんな状況から抜け出すために、頼れるのは恋人だけです、常に自分の味方になってくれて、真摯に話を聞いてくれる。

そしてそのあとは優しく慰めてくれる、そんな恋人が恋しくなってしまうのは当たり前ですよね。

良いことがあったときも会いたくなりますが、気持ちが落ち込むような嫌なことがあったときの方が、一層心細くなって会いたくなってしまうようですね。

他のカップルを見たとき

他のカップルを見た時、そばに恋人がいなければ急にさみしさを感じてしまいます。

いつもは会えなくても平気な人でも、目の前でカップルが楽しそうにしているのを見ると、自分も恋人といちゃいちゃしたい、自分も気合を入れたデートをしたいなんて思ってしまうのです。

これは友達カップルを見かけたときだけでなく、道行く多くのカップルに対して言えることです。

自分も今隣に居ればあのカップルみたいに幸せなのに・・・そう思うと会いたいという気持ちに歯止めがかけられなくなってしまうのです。

いつも

いろんな会いたい瞬間はあるけれども、結局いつでもどこにいても恋人には会いたいものです。

ちょっとでも離れていると寂しくなりますし、一緒にいるとまたバイバイするのが嫌になってしまいます。

しかし、いつも会いたいと思えるカップルはそれほど多くはありません。

大抵、どちらかがそんなに会いたくなかったり、お互いが恋愛は二の次だと考えているようなカップルばかりです。

その中で、お互いがいつでも会いたいと思っている関係はとても素敵ですよね。

いつでも会いたいと思わせてくれる恋人はきっと素敵な人でしょうし、そう思ってもらえるあなたもとても愛されているに違いありません。

そう思うと、少し自信が持てて会いたいという気持ちも抑えられますね。

普通は恋人に「会いたい」と言われたら嬉しいもの

さて、恋人に会いたいと思う気持ちを抑える人が多いですが、普通に考えると、恋人に「会いたい」なんて言われたらうれしいですよね。

自分を必要としてくれているということが分かりますし、それだけで気持ちが満たされます。

では、なぜみんなその会いたいという気持ちを抑えようとするのでしょうか?

会いたいと言えば、相手に自分がこんなに好きだということを知ってもらうことができるので、相手も安心してお互いにいい関係を作ることが出来るはずです。

会いたいという言葉は立派な愛情表現の一つなのです。

そんな「会いたい」という気持ちを抑えてしまう理由を見ていきましょう。

会いたいのを我慢する理由は?


理屈では「会いたい」という気持ちは口に出してたくさん伝えた方がいいというのは分かりますよね。

理想的には、いつでも会いたいと思ったらそれを抑えずに伝えることでお互いの愛情を確認することが一番です。

しかし、実際の恋愛はそんなに単純にはいきませんよね。

恋愛では人間の感情がたくさん動きます。

理想論ではどうにもならない気持ちの問題があり、会いたいとストレートには伝えられない理由があるのです。

では、会いたい気持ちを抑えてしまう人びとの心の中は、どんな感情があふれているのでしょうか?

負担をかけたくない

相手に負担をかけたくないから、自分の会いたい気持ちに蓋をするという人は多いです。

会いたいということが果たして相手に負担になるのかどうかは別として、会いたい側は気持ちを伝えることで相手が無理をしないかと思うのです。

例えば、会いたいと言ったら会うために無理をして遠くから来てくれるんじゃないか、無理をして仕事を終わらせようとするんじゃないか、などです。

会いに来てくれたら嬉しいものの、やはり好きな人に無理をさせるのは嫌なのです。

相手に会いたいと伝えてしまえば、相手は何かしらの行動を取らなきゃ!と考えますよね。

そうやって負担をかけたくないがために、会いたいという気持ち自体に蓋をしようとするのです。

たしかに、会いたいとたまに言うのであれば良いですが、毎日のように会いたいと言われれば、相手のプライベートも取ってしまうことになるので負担をかけてしまうかもしれませんね。

重たいと思われたくない

会いたいという気持ちを押し殺す理由、もう一つは重たいと思われたくないという気持ちからです。

会いたい会いたいと自分ばかり言っていると、相手に重いと思われてしまうんじゃないかと心配になるのです。

会いたい=あなたと居たいということですよね。

これを何度も続けて言われれば、確かに相手も「この人は自分の時間というのはないのか?」と思ってしまいます。

全ての時間を自分に使いたいという気持ちは嬉しくもありますが、少々プレッシャーにもなり重たいと思ってしまうかもしれません。

これは会いたいと思っている側も承知の事実です。

そういうわけで、重たい人間になってしまって相手を困らせないように自分の気持ちに蓋をしようとするのですね。

会いたいと言われたらあなたならどう思いますか?

その頻度にもよりますが、言われすぎると会うことが義務のようになってきて上手くいかなくなることもあるかもしれませんね。

遠距離

そして会いたい気持ちに蓋をしなければいけない状況、それは遠距離恋愛です。

遠距離恋愛は物理的に会えない状況が出来上がっています。

どんなに会いたいと思っても、会うことができないのです。

ならば、会いたいという気持ちも辛いだけですよね。

いくら願っても会えないのですから。

そんな辛くて苦しい状況から逃れるには道は一つ、会いたいと思わないようにするしかないのです。

もしくは、会いたいけど会えないという状況に慣れることです。

しかし、実は遠距離恋愛の方が会いたい気持ちを抑えてお互いいい関係を保てることもあります。

というのも、上二つの理由は感情の問題です。

会おうと思えば会える距離にいるのに会えないという状況が、喧嘩や言い合いを招いてしまうのです。

一方遠距離恋愛は、どう頑張っても会えないということに対して一種の諦めがつくので、相手のことを思いやってお互いが我慢するということができるのです。

会いたい気持ちを抑える10個の方法!

会いたい気持ちに蓋をするのは簡単なことではありません。

人間の感情はコントロールするのが非常に難しく、好きになってしまうのと同じぐらい、勝手に会いたくなってしまうものです。

しかし、この気持ちをうまく抑えることができたら、恋愛がより楽しくて安心するものに変わります。

心にも余裕ができて、毎日が素晴らしく変化するのです。

では、そんな会いたい気持ちを抑える10個の方法をご紹介していきます!うまく使いこなして恋愛マスターになってくださいね。

1.電話やLINEで我慢する


会いたいときに会えないのは辛いですよね。

ちょっとでも会いたい欲を満たすために、電話やラインで連絡を取り合うことで相手の存在を感じると良いでしょう。

となりに座って同じ空気を吸うことはできませんが、連絡を取り合うだけで全然寂しさは違います。

連絡すら取れない状況は、不安でもあり寂しさが募るばかりですよね。

会いたい気持ちが強いときは電話で相手の声を聞くのがいいでしょう。

文だけと声を聞くのとでは全然満足感が違います。

話すことでより相手を近くに感じることができ、寂しさを紛らわすことができるのです。

写真を送り合うと効果的

また、電話ができないときなんかはラインやメールなどの文面だけでも連絡を取ると良いでしょう。

電話だと声だけですが、ラインなどでは自分の写真を送り合うことができます。

相手の写真を見たら会いたくなる気持ちが大きくなってしまいそうですが、どうしても会えないというときにはとても助けになります。

写真を見るだけでお互い相手が近くにいるように感じられるので、少し我慢できるようになるのです。

今日あったことなんかを写真で送ってあげるのも良いでしょう。

会えない日が続くと、どうしてもお互い相手が何をしているのか不安にってしまいます。

そんな不安も会いたいという気持ちを増幅させてしまう原因の一つです。

相手から今日の出来事が写真と共に送られて来たら、相手の生活が垣間見れて少し安心しますよね。

自分も写真なんかを送ってあげて、相手が寂しくならないようにしましょう。

2.友達とおしゃべりをする

寂しくて仕方ないというときは、友達とおしゃべりして自分の話なんかを聞いてもらったり、他愛ない会話で気分転換するのもいいでしょう。

友達とおしゃべりしているときは、自分以外の誰かといるので自分が気分が落ち込んでも話し相手がいるということです。

また、相手のいろいろな話を聞いているうちにそっちに意識が集中して、会いたいと思っていたことなんて忘れてしまうかもしれません。

恋人に会いたくて我慢しているというようなときは、普通の友達よりも特に仲の良い友達と遊ぶ方がおすすめです。

気を遣うことなく自分の悩みを打ち明けることが出来ますし、気分が沈んでしまっても仲の良い友達なら気にすることなく受け止めてくれるはずです。

相談する際は相手(恋人、旦那)がいる友達がおすすめ

また、恋愛の相談するとすれば、恋人や旦那なんかがいる友達がいいでしょう。

同じような気持ちは絶対に感じたことがあるはずですし、もし寂しいと思ったことがなければどうやってやり過ごしているのか等アドバイスをもらうことができます。

会いたいという気持ちは感情の問題なので、友達のひょんな一言で一気に心が軽くなるということはよくあることなのです。

相手がいる友達、特に上手くいっている人と話すと気持ちが明るくなって前向きになれることでしょう。

上手くいっていない友達に相談すれば、「男なんて」という感じで、マイナス話ばかり聞かされてしまうかもしれません。

不安になるようなことを言われれば、会いたい気持ちを抑えるどころか加速させてしまいます。

相談するときはよく相手を見てから決めてくださいね。

3.遊びに出かける

遊びに出かけるというのもいい気分転換になります。

友達に話を聞いてもらうだけじゃなくて、ただ遊んでみんなで騒いでとしている方が気分も紛れやすいです。

また、誰かといたら気を使って明るくしなければいけないと思うのであれば、一人で買い物に行ったり映画を見に行ったりするのもありでしょう。

一人で外に出かけると、何も気にせずに自分だけで全てのことを楽しむことが出来るので、とてもいい気分転換になります。

一人は寂しくならないの?と思う方もいるかもしれませんが、家にいるときの一人と外へ一人で出かけることは全然感覚が違います。

一度一人で今まで行きたかったところなんかに行ってみてくださいね。

4.仕事や学業に専念する

仕事や学業に専念することも、寂しいという気持ちを紛らわすことが出来ます。

実際、この方法はかなりおすすめです。

会いたいと思わないように仕事や勉強を必死に頑張ることで、自分のスキルアップにもなるし会いたい気持ちも和らぐので一石二鳥です。

さらに、頑張っている自分をみて相手もまた惚れ直してくれることだってあります。

やっぱり、男性からするといつも会いたい会いたいと泣きついてくる彼女よりも、何かに一生懸命でしっかりと自分の気持ちをコントロールできるような女性の方が魅力的に感じるのです。

もしどうしても会いたい時は、仕事をわざと増やして忙しくすることで、その気持ちをまぎらわすことができますよ。

5.趣味を増やしてみる

仕事や学業に専念することも大事ですが、やはり途中で集中が切れてしまったらそこからまた寂しいという感情を取り戻してしまいます。

そんなときは、趣味を増やして趣味に時間を使ってみるといいかもしれません。

趣味とは、無理やりやらされていたり、絶対にやらないといけないものではありません。

自分が興味がある事柄なので、間違いなく没頭することが出来ます。

没頭できることが増えれば、会いたいと思う時間なんてなくなります。

それよりも趣味に時間を使いたいと思うようになり、上手く自分の寂しい気持ちをコントロールすることが出来るのです。

趣味とは難しいことである必要はありません。

映画鑑賞や音楽、食べ歩きやインスタグラムなど、今は簡単にいろんなことを楽しめる時代です。

せっかくのチャンスを、寂しいと悲しむばかりで終わらせないようにしましょう!

6.チョコレートを食べる

会いたいと思っているときは、チョコレートを食べればその不安が和らぐというの、知ってましたか?

良く疲れているときやしんどい時にチョコレートを食べると体調がよくなるという話を聞きますよね。

あれは、多くの人がチョコレートが美味しいから、おいしいものを食べると幸せな気分になるということのたとえだと思っているかもしれません。

または、甘いものは疲れた体にいいからと思っている人もいるでしょう。

これらのどちらも正解ですが、チョコレートにはもっと科学的に幸せな気分になる成分が発見されているのです。

含まれている成分に秘密が

チョコレートを食べると、その成分のおかげで脳内にセロトニンという神経伝達物質の一つが増加します。

このセロトニンというもの、実は幸せホルモンと呼ばれていて、自律神経を整えたり、幸福を感じる神経を刺激したりする効果があるのです。

幸せホルモンはいろいろな方法で出すことが出来ると言われていますが、チョコレートを食べるだけでいいなんて得した気分ですね。

女性の中には、生理前のつらいイライラや食欲増進を抑えるために、このチョコレートを食べるという人もいます。

実際にどのくらい幸せになるかは人それぞれですが、幸せの薬だと思って食べればそれだけで気分が明るくなりますね。

7.妄想する

会いたくて会いたくて仕方ない!もう我慢できない!

そんなときは、無理に他のことを考えずに、頭の中で気が済むまで妄想しちゃいましょう。

彼とデートしているところ、手料理を作ってあげたりプレゼントを交換したり、一緒にいろんなところに遊びに行っているところを妄想しましょう。

特に、旅行パンフレットなんかを見ながら恋人との旅行を想像して楽しくなるのもいいでしょう。

会えないカップルが一緒にいないときでも幸せに相手のことを考えられるのは、次のデートのことを考えたり、前の旅行を思い出したりするときです。

次のデートにどこに行くか、ここに来たら相手は喜ぶかなどを考えていると、会いたくなるのももちろんですが、それは辛い寂しさではなくなります。

未来に希望を持った明るい寂しさに変わるのです。

女性は妄想が得意な生き物です。

特に、好きな人とのデートなんかはどんな些細な事でも果てしない妄想に入っていくことが出来ます。

もし、相手が忙しくて会えていないのだとしたら、自分自身が次のデートプランを考えて、たまには男性をどこかへ連れてってあげるのもいいかもしれません。

8.自分磨きをする

会えないときこそ自分磨きをする絶好のチャンスです。

普段から毎日会えているようなカップルはうらやましいですが、どちらかが素敵に返信していてもあまり気づかないものです。

髪形が変わったりダイエットに成功したり、女性だと化粧の仕方を変えたり勉強なんかを頑張っていたり、、、細かな変化はずっと一緒にいると分からなくなってしまいます。

せっかく頑張ったのに気付いてもらえないなんて寂しいですよね。

だからこそ、長く会えないと分かったときは自分磨きを頑張るチャンスなのです。

次に会った時に惚れ直してもらえるように、自分が一肌脱げるぐらいには努力するといいでしょう。

男性も彼女と会えない間に筋トレを必死に頑張って、次に会った時に驚かしたなんて人もいるそうです。

女性も肉体改造をしたりといろいろ努力することで、ずっとラブラブな二人でいることができるはずですよ。

9.泣く

本当に会いたくて溜まらないというときは、もう我慢せずに泣いてしまいましょう。

寂しくてしんどいというときは、どうしてもみんなその気持ちを紛らわそうといろいろなことを試してみるのです。

彼氏に電話してみたり、楽しいことを考えるようにしたり・・・しかし、どうしても気持ちが切り替えられないときだってありますよね。

どうしても寂しくて耐えられない、そんなときは誰にでもあります。

そういうときは、感情の赴くままにおもいっきり泣いて自分の感情と向き合い、解決していく方がいいのかもしれません。

泣くのはストレス解消の一つ

泣くという行為そのものが、ストレス解消の一つとなります。

涙を流すことで、頭がすっきりして次に進むことができるのです。

泣きたい時にずっと涙を我慢してしまうと、自分の気持ちとちゃんと向き合うことが出来ずにいつまでも悩み続けることになってしまいます。

泣くことは悪いことではありません。

泣くというのもまた、自分をコントロールするために必要な行為なのです。

ただし、彼氏の前で泣いてばっかりいたり、電話の度に泣いたりしていると、相手もどうしたらいいのか分からず困ってしまいます。

泣きたい時は一人で泣くようにして、相手にはそれをわざわざ伝えるようなことは辞めましょう。

相手も悩んでしまって最悪の場合話し合いなんてことになるかもしれませんので要注意です。

10.寝る

会いたい気持ちが止まらなくてどうしようもないというとき、それを抑えるには寝るというのが一番です。

寝ることでどんな悩みもいったん頭の中で整理することが出来ます。

寝たら嫌なことを忘れるなんて人も多いですが、起きていると色々な方向に思考が行ってしまうからでしょう。

寝て気分が最悪になったなんて人はあまり聞いたことがありません。

特に、会いたいという気持ちで悩んでいる場合は効果的です。

何か解決すべき問題があるわけではなく、ただその寂しさに耐えなければいけないというだけです。

寂しい気持ちを抑えるには、夢の中へ入ってしまえばいいのです。

そうすることで、余計なことを考えずに済みます。

夜遅くに物事を決断するといけないという話を聞いたことはありますか?

あれは、夜だからというわけではなく、ずっと同じことを頭の中で悩んで自問自答を繰り返していると、余計な方向へ考えが進んでしまってマイナス思考にしかならないのです。

しんどくなってしまったときはとりあえず寝る。

寝て起きてそれから考えればいいのです。

もしそれでも頭がすっきりしないのであれば、泣いて爆発させればいいだけのことです。

おわりに

恋愛というのは、実る前は相手のことが欲しい、付き合いたい、もうそれだけでいいなんて思うのですが、いざ自分のものになると、今度は「毎日会いたい」という欲が出てきてしまいます。

これは付き合っている人がいれば誰でも共感できることであり、その欲は永遠に満たされることはありません。

しかし、会いたいという気持ちはとても素敵な感情です。

それほど相手のことを好きで、そんなに必死になれる人がいるというのは、誰しもが経験できるものではありません。

会いたいという気持ちは悪いものではなく、喜ぶべき感情なのです。

相手も同じように考えている

そして、そんな会いたいという感情、寂しいという気持ちは相手も同じです。

あなただけではなく、相手も同様に、あなたに会いたいと感じて毎日寂しい時間を送っているのです。

恋愛をするとどうしても自分しか見えなくなってしまいます。

自分だけが寂しい気がする、自分はこんなに会いたいのに相手はどうしてそうでもなさそうなの?なんて疑ってしまうこともあるでしょう。

しかし、会いたいかどうかをどう表現するかは十人十色です。

あなたがはっきりと「会いたい」と口にする人であれば、相手は一切何も言わずに心の中で苦しむタイプかもしれません。

自分ばかりと思わずに、相手も同じ気持ちでいてくれていると信じて、不安になりすぎないようにしましょう。

我慢も恋愛の醍醐味

会いたいという気持ちを我慢するのも恋愛の醍醐味です。

会いたいと思ったらいつでも会えて、デートに行きたい時はいつでも行ける。

そんな関係は良いようですぐに飽きてしまいます。

いつでも会える存在となると、相手と一緒に居られることに感謝をしなくなります。

そうすると、けんかや口論が増えてどんどんすれ違っていくのです。

常に、一定の距離感があり思うようにいかないような恋愛が一番長続きするのです。

我慢も恋愛の醍醐味、それを忘れないようにして、いま会えないことをポジティブに考えていきましょう。

気持ちのコントロールが大事

最後に、会いたいという気持ちは悪いものではありませんが、全てを相手にぶつけるべきものでもありません。

相手も一人の人間、考えることや思うことはたくさんあります。

相手はもしかすると言いたくても寂しいと言えないのかもしれませんし、重要な仕事が入ってそれどころじゃないかもしれません。

大切なのは、自分の気持ちをうまくコントロールすることです。

会いたいという気持ちを上手に抑えられるようにして、自分で自分の面倒をみてあげることが大事なのです。

先ほどご紹介した「会いたい」気持ちを抑える10個の方法、これを参考にして、是非自分に合ったコントロールの仕方をみつけてください。

お互い自分自身を制御できるような自立した関係になって初めて良い恋愛が出来ます。

自分の気持ちのコントロールと相手への配慮、それができるようになれば、今よりもっともっと素敵な関係に発展していけるはずですよ!

会いたい気持ちに歯止めをかけて、新しい二人の形を作っていってくださいね!

【我慢できない時は重くならないように伝えましょう!こちらの記事もチェック!】