CoCoSiA(ココシア)

お節介と親切の違いは?迷惑と感じてしまう5個の行動


「人には優しく親切に」なんて言葉は誰もが一度は聞いたことがあるはずです。

みんな小さい頃は親や先生たちに「人には親切にしましょう」と言われて育ってきたはずです。

そして大人になるにつれて色々なことを経験して心が成長してからは、きっと意識せずとも人に対して親切にできる人がほとんどではないでしょうか?

しかし、そんな親切心も一歩間違えればただのお節介になってしまうということ、知っていましたか?

親切心からした行為も、相手からしたら余計なお世話だったなんてことは非常によくあることです。

これが原因で人間関係がこじれてしまうこともよくあります。

今回は、そんな「親切」と「お節介」の違い、そして相手が迷惑と感じてしまう行動をご紹介していきたいと思います。

かなり見分けるのが難しいこの二つの境界線ですが、そこにはどんな違いがあるのでしょうか?

お節介とは?

まずは、親切とお節介とはそれぞれどういう意味なのかというのをみていきましょう。

言葉だけ聞くとお節介とはかなりマイナスなイメージ、親切とはプラスのイメージという感じですよね。

ではまずはお節介からご説明いたします。

お節介とは、簡単に言えばありがた迷惑です。

本人が親切だと思っているかどうかは別にして、余計なお世話を焼くことをお節介と言います。

意味

お節介を辞書で引いてみると、「出しゃばって余計なお世話を焼くこと」という説明が出てきます。

または、「必要がないのに人のことに立ち入ること」「逆に迷惑になるような余計な世話を焼くこと」などと書かれているようです。

つまり、お節介とは相手に対して自分の親切心を押し付けるようなことを言うのですね。

相手がそうしてほしいと思っているかどうかは別として、自分が世話を焼きたいという気持ちを感じて動いているのがお節介ということです。

親切とは?

では、親切とはどのようなことを指すのでしょうか?

日本だけでなく世界のどこでも、人は他人に親切であるべきだと言われているはずです。

誰にでも親切であるべき、そう思う人も多いはずです。

しかし、親切と言われてもその意味を完全に理解して生きていきた人というのは非常に少ない、もしくわほぼ皆無なのではないでしょうか?

なんとなく漠然と人に親切にしてきた、そんな人がきっと多いことでしょう。

親切も一歩間違えればお節介として人に不快な思いをさせてしまうものです。

しかりと親切の意味を知って今後はより一層ステキな人間になれるよう努力してみてくださいね!

意味

親切という言葉を辞書で引いてみると、「相手の立場になって考え、その人のために何かをすること。

深い思いやりを持って誰かのために尽くすこと」という説明が出てきます。

つまり、親切とは相手の身になって物事を考えて行動することであり、お節介とは少し違うニュアンスを含んでいることがわかります。

また、親切という言葉を説明する時、お節介が主観的なのに対してとても客観的に説明されているような感じがします。

「思いやりがあるさま」という説明も親切の意味に含まれていますが、これなんかは完全に第三者から見たその人の行動を指していますね。

お節介と親切の違いは?

お節介と親切にはそれぞれ違う意味があることが分かりました。

この二つの意味は言い換えれば同じようなことを言っているようにも聞こえますよね。

では、そんな判断が難しいお節介と親切の決定的な違いというのは一体なんなのでしょうか?

お節介だねと言われた時、親切だねと言われた時、それぞれ自分がどういう行動をしたのかというのを思い出しながら読んでみてください。

きっとその二つの違いに気づけるはずですよ。

自分にとってはとっても親切にしていたことも、もしかしたら相手からはお節介だと思われているかもしれません。

それを判断するにはまずはこれからご紹介する二つの指標を目印にしてください。

あなたは親切かそれともお節介、どちらの方が多くできていますか?

誰の気持ちを考えているか

お節介と親切の説明をもう一度読んでみると、お節介は「必要がないのに世話をすること」であり、親切は「相手の身を考慮してから、自分ができることをやる」と言ったニュアンスではないでしょうか?

つまり、簡単に言えばこの二つの違いは「誰の気持ちを考えているか」ということなのです。

相手のことを考えているのであればそれは親切ですし、自分の気持ちだけで動いているのであればそれはお節介ということです。

また、ここでは実際にどういう行動をとったかということではなく、単に誰の気持ちを「考えている」か、ということだけに着目したいと思います。

相手ならば親切


相手の気持ちを考えるということ、これは親切心とともに昔から親や先生なんかに言われてきたことですよね。