もはやメールや電話に変わるほど、日本人の連絡手段の主流に躍り出たLINE。

その一方で、LINEが使われるようになったことで、むしろ不便になったと感じている人も増えてきているようです。

1日の空き時間のほとんどがLINEでの連絡に奪われたり、早く返信しないと嫌われるのではと焦ったり…とくに好きな人からのLINEになるとその不安感は一層強まってしまうようです。

そういう人こそ、LINEの通知をオフにしてみてはいかがでしょうか。

「無理!」と思うその前に、通知をオフにするメリットを確認してみましょう。

ライン通知をオフにしてみませんか?

リアルタイムで会話のやりとりが続くことが魅力のLINEですが、近年はそれに依存する人が増えてきており、しばしば問題になっています。

中高生の間では「30秒ルール」なるものまであるそうで、既読をつけたが最後、すぐ返さなければならないのだそうです。

もうこうなると意味不明ですよね。

メールであれば、相手が見たかどうかわからなかったので「まだ忙しいのかな」と思っていくらでも待てたのに「既読」が付くことによって「見たなら返事しろや!そんなに忙しいか!?」と怒りを感じてしまう人も少なくないようです。

ライン通知をオフにする人が増えている

うっかり既読をつけたらマズイということで、通知をオフする人が増えてきてしまいました。

もともと既読というシステムは災害時など、文章を打っている暇がなくてもとりあえずメッセージを確認したことを送信者に伝えることで安否確認をすることが主旨です。

既読をつけたら即返信せよという慣習が生まれることを想定していなかったわけですね。

しかしながら、現実問題中高生の30秒ルールなどに代表されるように、既読に敏感な輩が増えすぎてしまいました。

恋や友情のテクニックとして「すぐ返信しよう!」などと紹介されることも多く、LINEに縛り付けられた可哀想な人たちが激増したのです。

2013年のサービス開始から5年が経った今、反動でLINEを無視したい人も増えてきています。

あえて利用しないという人も出てきましたし、通知をオフする人も増加傾向です。

参照データでも異なりますが、LINEを頻繁に使う20~30代の内、女性は半数程度、男性は3割程度の人々が通知をオフにしているようです。

いちいちスマホを気にする必要がなくなる

相手に既読をつけられたらソワソワしてしまう人こそLINEの通知をオフにしてください。

自分がソワソワしてしまう人は、相手もソワソワしてしまうだろうと思ってしまうし、それなら早く返信しろよと怒りに変わってきたりするからです。

通知をオフにすることで、LINEが登場する前のメールと同じような感覚に戻れる可能性があります。

時間があるときに見て返信をするという、ごく当たり前の状態に戻りましょう。

余計なラインを気にせず仕事などに集中できる

全ての人との通知をオンにしていると何度も音が鳴ったり震えたりして落ち着きません。

友達や公式アカウントごとに通知のオンオフを設定するのも面倒ですから、仕事や勉強に集中したい人は一括オフしてはどうでしょうか。

通知をオフにしてもLINEの通話は関係なく着信音が鳴るので、心配はいりません。

好きな人とのLINE通知をオフにする5個のメリット

LINEの通知を全てオフするというのも手ですが、好きな人からのLINEだけオフするだけでもメリットがあります。

片想いでも恋人でも、好きな人からの連絡は気になってしまい、すぐ返信しなければと焦ったり、やたらとメッセージを連投したりする人が多いので、その傾向を抑えるために通知オフを実践してみましょう。

詳しいメリットは次の通りです。

仕事や勉強に集中できるようになる

好きな人が連絡好きの性格だった場合、どうでもいいことをいちいちメッセージにしてくることがあります。

暇さえあれば通知が鳴り、どんなに好きでも少し鬱陶しいということがあるでしょう。

とくに忙しい時や集中したい時に気を散らされるとイラッとします。

「通知が鳴っても無視するぞ!」と決めても、連絡が来ていることに気付いているにも関わらず無視を決め込むというのは、どうしてもちょっとだけ罪悪感のある行動ですから、それがストレスになって余計に気が散ることもあるため、どうせ無視するなら通知をオフにすれば良いのです。

好きな人のことをすぐ考えてしまう癖が改善する

通知がオンになっている場合、スマホがロック画面になっていても通知だけは表示されることがほとんどです。

スリープ状態でも通知が来ればそれを伝えるために画面が明るくなります。

これだと、友達と話している時でもチラッと見ることができてしまうので、ついついスマホの画面に目をやってしまう人がとても多いです。

それを見ている間は友達の話も上の空で「好きな人から連絡きてないよね?」ばっかり考えています。

しかし、通知をオフにすれば、目を凝らしたってロック画面から連絡が来ているかどうかは見えませんし、友達と話しているのに露骨にスマホをイジって確認するわけにもいかないので、必然的にスマホを見ないようになってきます。

最初こそイジってしまうかもしれませんが、その行動によって友達に怒られたりすれば反省するはずです。

できれば怒られないように自制し、我慢している間にそれが自然になるまで訓練しましょう。

自分の時間も大事にするようになる


LINEに限らずスマホばっかりみている人はよほど暇人なのでしょうね。

たしかに技術の進歩によってスマホで多くのことができるようになりましたが、ずっとスマホばっかり見ている人は「外出する引きこもり」と形容して差し支えないレベルです。

外出する引きこもり達は、あらゆる通知にそなえて対処していなければならないので、スマホで何でもできるから便利に使う、という順番ではなく、通知を見るために(スマホを手放さないように)スマホで何でも済ますという状態になっています。

スマホで情報を発信している人もいて、それがお金になる人もいますが、ごく一部です。

多くのユーザーは受け手で、タイムラインに流れてくるニュースを見たり、漫画を読んだり、LINEで内輪の会話をしたり、とくに発展性のないことに多くの時間を費やしています。

しかも受け手が主なので、これを「自分の時間」と呼ぶのは違和感があります。

好きな人からの通知を待つのも受け手です。

そんなにソワソワしながら待っていても、好きな人がご飯を食べさせてくれるわけでも家賃を払ってくれるわけでもないし、代わりにダイエットしてもらうなんてこともできなければ、仕事や家事を代わってくれることもありません。

むしろ、待っている間にそれらのことを疎かにするような人を好きになってくれるはずがないです。

既に恋人だとしても確実にフラれます。

自分でやるべきこと・やりたいことをする時間、自分の将来などを考える時間は自分で確保しましょう。

好きな人に依存しなくなる

恋人同士でお互いに依存関係にあると、延々とメッセージのラリーが続くこともあるようです。

ただ楽しくキャッキャウフフしてる内ならいいのですが、それが段々強迫的になり、どんなに忙しくても返信しなければならないという意識に変わると、それがストレスになって破局するケースがあります。

また、通知が来ることによって、常にスマホを見てスタンバイしておかなければならないと思うあまり、他のことに手がつかず、結果としてその人の世界が好きな人オンリーになってしまうことで依存の沼にズブズブ入っていってしまうこともあります。

そして、そもそも論にはなるのですが、たかだか1日2日連絡がこないだけで関係が悪くなるようなら、互いに暇人すぎますし、信頼感も無いので、その好きな人との相性は良くありません。

LINE自体への依存にも効果アリ

よく言われることですが、昔の人々はそれなりに待つことができていたので、現代人が待てない道理がありません。

しかし、現代人のLINEなどのSNSで返信を待ち続けるといった依存は多いです。

戦国時代なんて、馬や徒歩で手紙を運ぶわけですから、近所でなければ、ものすごく頑張っても数日から数週間かかりましたし、返信が来るまでは同じだけの時間がかかりました。

郵便局やポストができてからも、現代ほど交通手段がない上、郵便局で一度収集して手作業で振り分けてから配達していたので3日かかるのは当たり前、遠方ならもっとかかっていました。

メールができてからは双方向の連絡頻度が急激に上がりましたが、それでも1日1~2回のやりとりをすれば十分だったのです。

チャットについても、パソコンが主流だったのでパソコンの前に座っている時間だけリアルタイムの会話を楽しんでいたにすぎません。

しかし、LINEは違います。

端末は手元にあり外出先でもトイレでもお風呂でも見ることができて、会話はリアルタイムで、いつでも会話して暇を潰せる便利なツールです。

しかも既読までつくのですから相手が返信をくれるタイミングまで送信者が推測できます。

だからこそ、待てなくなってしまいました。

こうなると好きな人に依存しているというより、LINEで常に誰かと連絡をとっていたいという欲求、依存心です。

相手がたまたま好きな人というだけで、好きな人からの連絡頻度が落ちるとすぐ別の人にメッセージを送ってしまうこともあります。

もう病気の域なので、自覚症状がちょっとでもあるなら、今すぐ通知をオフにしましょう。

周囲の人にとっても迷惑な存在になり、嫌われてしまいます。

大人の付き合いができるようになる

付き合う前の良い感じの仲でも理想のLINE頻度は1日3回以下だそうです。

付き合い出すと1日1回あるかないかというカップルも多くいます。

お互いに信頼関係があれば、そこまで小まめに連絡し合わなくても安心感があるからのようです。

また、大人は「送ってくる分には何通でもいいけど、見てくれとか返信しろというのは勘弁してほしい」という人が多く見られました。

大人の付き合いをするなら、ツールに頼らず、また振り回されず、どうしても伝えたいことがある時だけ連絡するくらいでもいいかもしれません。

デートのお誘い、お礼、気遣いなど忙しい間に見ても嬉しい内容くらいなら、1日何回も連絡したり通知を気にする必要がなくなります。

相手を気遣う心が強まる

暇な大人ってあんまりいません。

日中は仕事をしているし、夜もご飯をお腹に押し込んでシャワーを浴びたらもう後は寝るだけというくらい時間もないし心身ともにクタクタ、仕事が忙しくなるとランチをする時間すらとれなかったりします。

土日も休日出勤や疲れすぎていてわりと寝てるなんてことがあるのではないでしょうか。

もし自分が9時17時の勤務で残業一切なし、激務でもないためLINEを頻繁に確認できるとしても、相手まで同じとは限りません。

生活リズムの違いや、体調の良し悪しも考えれば、通知がこなくても何等かの理由があるのだろうからそっとしておこうと思えるはずです。

嫌われたから連絡がこないというなら諦めるとして、理由があって連絡できないだけだったら、時間ができたときに来ますから大丈夫です。

もしどうしても返信を迫ってしまいそうなら、通知をオフにして、相手の連絡が来るまでは意識しないで済むようにしましょう。

メリハリがつくとより愛情が強くなる


ずっと好きな人のことを考えていると、おそらくそんなに考えるほどのエピソードが二人の間に無いはずなので妄想などが加わってきて良いことがありません。

たとえば一回だけデートを8時間したとしても、再現VTRみたいに脳内で繰り返したって8時間しかかからないわけで、1日3時間好きな人を考えるのを3日もやればエピソードは全部尽きてるということです。

しかも、何の生産性もない無の時間が過ぎただけです。

どうせならその時間をもっと他のことに使いましょう。

そうして自分自身の生活や仕事に時間を使っていれば、好きな人の存在のありがたみや優しさで癒されていることがもっとよくわかるはずです。

ダラダラと頻繁に会話すると愛情が薄れていく

LINEでどれだけ話をしても実際に会って話をするのと比べると得られる理解度は1回会う方が上です。

にもかかわらず、LINEでダラダラと頻繁に会話をしていると内容も似たようなものばかりの堂々巡りになってきて、理解度は上がっていないのにマンネリ化してきてしまいます。

精神的に支え合う関係になっていないにも関わらずマンネリ化するということは、愛情が急速に冷えていることを示しており、つまり破局です。

連絡内容が濃く充実したものになる

各々が自分の時間を有効に使った上で連絡をする場合、話したい出来事がいっぱいあるので内容も濃くなりますし「話したいから会おう」ということになります。

LINEで常々報告してしまうと「会わなくてもいいか」になりがちなので、なんでもかんでもLINEで話すのはやめましょう。

そうすればお互いに通知を気にするほどの連絡頻度ではなくなるはずです。

スマートな人に見える

デキる人ほど連絡ツールを小まめにチェックしません。

他者からの連絡というのは、スケジュールに組み込めないことであるため、イレギュラーな存在です。

だからこそ、それに振り回されていると何もスケジュール化できなくなり、物事が進まないので連絡を確認する時間を別途設けています。

これができている人は、私用の連絡を仕事中に見ることはありませんし、仕事もスケジュール化して最大効率で動くので退社後の時間をプライベートに使うこともできています。

スマホを小まめに見ないというだけでも、物事の効率をアップさせることができるのでスマートな人に見えます。

スマホばかり見ていると子どもっぽく見える

スマホを見ている姿は、傍から見れば何をしているのかわからないので、漫画を読んでるのかな、ゲームをしてるのかなとも思えますし、職場で私用のスマホをいじくりたおしているのを見ると「給料もらってる自覚あるのかな」とも思えます。

何にしても子供っぽく見え、ツールを利用しているというよりツールに遊ばれている感じなので、自分というものが無い人間と認識される恐れがあります。

というか、実際もうそうなってしまっているでしょう。

ライン通知オフ時の注意点

メリットがわかってきたところで、実際に通知をオフに設定していこうと思うのですが、その前に確認しておきたい注意点がいくつかあります。

その中から、代表的なものを2つご紹介するので、不都合なく連絡手段を持てるように検討してみましょう。

緊急時の連絡に気付けない

「緊急の連絡をLINEのメッセージで送ってくんじゃねーよ」と言いたいところですが、それはそれとして、通知をオフにすることのデメリットは緊急連絡に気付けないことです。

最近は仕事の連絡もLINEにする人が増えてきているので、それがわからないのはたしかに困ります。

とはいえ、緊急の連絡なんて滅多にあるものでもないですから、そこまで気にしなくても良いでしょう。

緊急なのに見るのが任意のLINEメッセージで伝えてくるのは、送信者に問題がありますから、こちらが危惧してあげる必要はありません。

緊急時のやり取り方法を決めておこう

好きな人に限らず、通知全般をオフにするなら連絡先を交換する際に「あまりメールもLINEも見ないので、緊急時は電話でお願いします」など具体的に伝えておいた方が親切です。

代替方法があれば、本当に緊急な時も困りませんし、災害時の生存確認などが目的であれば「既読」の本来の役割にのっとって、メッセージを見るだけで伝わります。

突然連絡頻度が落ちると人間関係に亀裂も

今まで日に何十通とやりとりしていたのに、急に既読がつくのが遅くなって2通くらいしかやりとりしなくなれば、その急激な落差で「怒らせること言っちゃったかな」「嫌われたかな」と思うのが普通です。

では、段階的に量を減らしていけばいいのかというと、それも違います。

段々量を減らしたら気持ちが冷めていっている感じに見えるので、むしろ関係が自然消滅します。

仕事などに集中したい、自分のために時間を使いたいという明確な目的があっての通知オフですから、連絡頻度を落とすときは急激に落とすべきです。

その際は相手に不快感を与えたり、悩ませたりしないように頻度が落ちることを伝えましょう。

事前にラインの使い方を伝えておこう

“突然”でなければいいので、通知をオフにしてこれから連絡頻度が落ちそうだなという時には「LINEの通知が激しいので一斉にオフにしてしまいました。

見るのが遅くなるかもしれませんが、了承してください」などを連絡しておきましょう。

ちゃんと言っておけば相手だって理解してくれますし、「嫌だ!すばやく返して!」と言う人は“おこちゃま”なので無視しましょう。

付き合うだけ時間もムダです。

LINEのことをどういう使い方にしているのか説明するのも良いです。

「プライベートの連絡用なので仕事関係は漏れがないよう会社のメアドにお願いします」「基本的に夜しかチェックしないのでそれ以外の時間は電話をください」「チャット形式が苦手なので用事がないときはほとんど使いません」などです。

特定の人とのやりとりが多くて、その人の通知だけオフにする場合でも「一斉にオフにした」というのがコツです。

「あなたの通知だけオフにしました」と言ってしまうと、うるさくしてごめんなさいね、迷惑でしたよねって気持ちになるのでおすすめできません。

ライン通知をオフにする方法は簡単

さて、それでは通知をオフに設定しましょう。

LINE搭載の機能でオフにする方法もあれば、端末側でオフにする方法もあります。

機能を使いこなして快適にカスタムしていきます。

どの方法も難しくないので、今すぐにでも試せるものばかりです。

ラインから来る通知の全てをオフにする場合

LINEの設定(歯車のマーク)⇒通知とページを移動し、通知が緑になっていればスライドさせてオフにします。

たったこれだけで、LINEからの電話以外の通知がオフになります。

あるいは、端末の設定から「通知の許可」をオフにしても全ての通知をオフできます。

この場合、端末側で通知を切っているのでLINEの設定は通知オンになっていても通知はきません。

自分へのメンションだけ通知する

メンション自体があまり知られていないのですが、グループトークで会話が乱立するとき、特定の人に言いたいことがあるときに使う機能です。

「@相手の名前」と入力してからメッセージを書いて送信することで相手の名前部分が青色など(着せ替えをしているときは色が異なる)になって強調されるというものです。

トークのトップ(複数のトークが並んでいるところ)でも「メンションされました」という表示がなされるので、自分に向けたメッセージがあることを確認してもらえるようになります。

急ぎで確認してほしいメッセージ以外には大して使うことが無い分、使う時には急ぎである可能性が高いので、LINEの設定上で全体の通知をオフにしていてもメンションだけは通知するように選択できます。

通知の設定ページに「自分へのメンション通知」があるのでオンにすればOKです。

個別の個人だけオフにする場合

個人のトークページにある上部をタップして「招待」「検索」などがある部分を開くと「通知オン」または「通知オフ」が出てきます。

ちょっとややこしいのですが「通知オフ」にが出てきたときは「通知オン」になっていて「通知オン」が出てきたときは「通知オフ」になっています。

いちいち個別のトークを開かなくても、トークの一覧から通知のオンオフはできます。

iPhoneの場合はトークの行を右にスライドすると、画鋲(ピン)マークとスピーカーマークが出てくるので、それをタップすればOKです。

Androidの場合は行を長押しすると通知のオンオフができるポップアップが出てきます。

グループを個別にオフにする場合

グループトークもオフにする操作方法は個人のトークと同じです。

ただし、グループの通知がオンで、グループに参加している人の中に通知をオフにしている相手がいても、グループとして通知がくるのでグループ内の特定個人だけをオフにすることはできません。

一時停止機能もある

LINEに搭載されている機能として一時停止があります。

設定(歯車のマーク)⇒通知⇒一時停止に進むと「1時間停止」「午前8時まで停止」のどちらかを選ぶことができるので、1時間集中したい時や寝る時などに使ってみましょう。

3DTouch搭載のiPhoneは超便利

画面をタップより強く押した時にボタンを押したような感覚があるiPhone(6s以降)では、LINEのアイコンを強く押すとパソコンの右クリックみたいなイメージの一覧が出てきます。

そこに「通知の一時停止」も出てくるので、わざわざLINEを開いて設定⇒通知⇒一時停止と進まなくても1時間停止か午前8時まで停止か選べるところに飛べます。

指定した時間帯だけ止める

LINE搭載の機能ではこれがないので、端末側の設定で行うことはできます。

ただし、iPhoneでは標準機能ですがAndroidではアプリをダウンロードする必要があるようです。

iPhoneの場合、端末の設定から「おやすみモード」をタップし、時間指定をオンにしてから時間を設定すれば完了です。

ただし、この間はLINEに限らず全ての通知と着信がオフになります。

電話着信の場合は緊急事態ということも考えられるので、対策として「繰り返しの着信」だけは知らせる設定も可能です。

3分以内に2度着信があった時は通知してくれます。

Androidの場合は手動で消音、バイブなしのマナーモードに設定するか、寝る時間などが決まっていて毎回設定したくない場合は「オートマナーモード」などのアプリを入れて対応しましょう。

ラインに連動しているアプリは個別に設定する必要あり

LINEが運営するゲームなどは連携しているので、新規イベントのお知らせやアイテム購入の割引など数多くの通知がきます。

いちいちトークページをスクロールして通知をオフしていくのが面倒くさい場合は、通知ページにある「連動しているアプリ」の欄を開きましょう。

連動しているアプリだけが一覧で出てきます。

通知をオフしたいアプリ名をタップすると、メッセージ通知などをオフできるページに飛ぶので効率的にオフしていけます。

また、連動アプリにはメッセージ受信のオフもあるので、あまり有意義でない通知が多いアプリについてはメッセージが来ないように設定できます。

ブロックしているわけではないので、限定スタンプはもらえます。

ゲームやアプリへの招待通知をオフにする

連動アプリを選ぶときの下に「連動していないアプリ」というのがあるので、これをオフにします。

自分では連動させていないゲームやアプリの招待通知だけが多くて困っている人はこれを使いましょう。

通知をオフにしても相手には分からない

ただ通知をオフにしているだけなので「見るの遅いな」というくらいでオフにしているかどうかはわかりません。

ブロックのように、相手のタイムラインが見れなくなったりすることはないので勘繰られる心配もほぼないでしょう。

通知をオフしたくらいでガタガタ言ってくる人はLINE依存症なので相手をしなくてOKです。

予め相手にラインチェック頻度が低いことを伝えておこう

とはいえ、LINEはリアルタイムな会話が楽しまれているところはあるので、2日に1回しかLINEを見ないなど、メール以上にチェックしない場合は、LINEの連絡先を交換するときに言っておくましょう。

おすすめなのは、ヒトコト欄に「2日に1回はLINE見ます」のように書いておく方法です。

そうすれば、チェックするのが遅くなる旨伝えられたことを忘れた人でも「そうだ、この人はあまり見ないんだった」と思い出すことができます。

ライン通知オフはメリットたくさん

道具は便利に使えば良いですが、道具に使われるようになってはおしまいです。

自己コントロールが難しいなら、通知をオフするなど物理的に断ち切っていくことで依存心を抑えたりするしかありません。

また、実際に通知をオフにしてみると、意外と困らないということがわかります。

先述したように、人はただちに連絡がとれなくても“本当に困る”ことはないからです。

おそらく、リアルタイムのやりとりが禁止されても、最初の数年くらいは不平不満が出るでしょうが、5年も経てばそれが当たり前になって不便とも感じないライフスタイルを全員が取り戻すでしょう。

既読がつこうがつくまいが、読む読まない、連絡するしないも本来は個人の自由ですから、何か強迫めいたものを感じたり、義務的に通知を見てしまっている自覚が少しでもあるなら通知をオフにしてみてはいかがでしょうか。

それによって自分のためだけに使う時間がとれたり、物事に集中できるというメリットが実感できれば、通知のない不便さよりも、通知のない快適さが勝るはずです。