皆さんは、想像力に自信がありますか?

想像力と言うと、なんだか大それたような気もするかもしれませんが、日常生活において想像力は大変必要なものです。

最近、よく「空気を読む」というような言葉が言われることがありますね。

この空気を読むというのは、この想像力を働かせることです。

ですのでこの想像力がないと、うまく社会人生活を送ることが難しいところがあります。

ですので、多くの方がその想像力についてはそこまでに大きな問題を抱えていない可能性もあります。

もし、人間関係がどうしても難しいということであれば、この想像力に弱点があるケースもあります。

先天的な才能と思いきや、やりようによってはそれを後天的に鍛えることができます。

ですので、もし対人関係がスムーズにいかず想像力に自信がない人でも、場合によってはうまく想像力を鍛えることができる可能性があるのです。

想像力とは

想像力とは、実際に目にすることができない「感覚」など目に見えないものを想像するということを指します。

百聞は一見にしかずと言う言葉があるように、経験することこそが1番よくわかるところもありますが、やはり経験できることには限りがあります。

ですが、この想像力が鍛えられていれば、違う立場の人を思いやることもできるようになります。

そして、この想像力を働かせることで失敗することも減るようになります。

著者は最近、引っ越しを考えていて、引っ越しをするために色々と物件を見ています。

家具も何もない状態から、「家具を入れたらどのような部屋になるのだろうか?」と考えるのも想像力を働かせる必要があります。

よく、引っ越しを決めた時は広い部屋だと思っていたけれど、家具を入れてみるとそうでもなかったという話をよく聞きますね。

ですので一見広いと思っても、実際に住むとなるとどうなるだろうと考えて必要があるのです。

このように、想像力というのはいろいろな場面で必要になってきます。

想像力を鍛える8個の方法

この想像力というのは、人によって差が出やすいところがあります。

ですので、初めからうまく想像で色々と考えうまくトラブルを回避する人もいれば、色々と失敗し続けた挙句に、経験で色々と学んでいくタイプの人がいます。

ただ、やはり色々と想像して失敗が少ない方が良いのは言うまでもありませんね。

では、想像力はどのように鍛えていったらいいのでしょうか?

いろいろな方法がありますので、一つ一つ見ていきましょう。

1.想像する

想像する力を身に着けるには、何はともあれ想像してみる事が大切です。

初めは、そんなに上手に想像できなくても構いません。

とにかく想像することに趣を置きましょう。

例えば、小学生の時キャンプに行くと聞くとどのようなところになるかを想像したことありませんか?

著者もそのような経験はありますが、もれなく想像とは全く違うところでした。

でも、この想像すると言う事自体に意味があるのです。

ですので実際に全く違うものだったようなことがあっても構いません。

まだ行ったところのないところがどのようなところかを想像してみたり、これから体験することを想像してみるのも良いでしょう。

そして、「そのような文学的な想像なんて興味はない!」と言う人も、投資が好きなら多いのではないのでしょうか?

文学的なことは嫌いでも、投資についてなら色々と考える事が苦ではない人もいるかもしれませんよね。

そのような人でも、投資でどのような動きになるのかというのを予想するのも想像することの1つです。

皆さんがこれはと思うようなことを想像してみましょう。

想像する機会をたくさん作る

上記のような方法でとにかく想像する機会をたくさん作りましょう。

日常生活において、想像する事はたくさんあります。

このように、たくさんの機会を作り、いろいろな想像してみましょう。

できれば、すぐ後で結果がわかるようなものが望ましいかもしれませんね。

例えば、先ほどもあげたようにこれから行く所の旅行先のことであったり、投資がどのようになるのかという予想などです。

やはり、人間は経験で色々と学ぶところがありますので、早々とどれぐらい想像と現実がかけ離れていたのかが実際にわかるようになると、今後の想像がより具体的になってくるのではないのでしょうか?

あと、著者のように物件探しをしているような人だと、賃貸物件であればまだまだ引っ越しをすることも可能です。

ですので、家具を置いたらどのようになるのかというのを想像し、実際に家具を配置してみて、これは失敗したなという経験があれば、今後の物件選びに役立つのです。

そうすると、想像する時もそこまで現実をかけ離れた想像する事は減ってくるでしょう。

脳神経のネットワークの密度を高める

このように、想像することを繰り返しやっていけば、脳神経のネットワークの密度が高まります。

ですので、想像と言うのは特に人に話すようなことではないので、どんどんと臆することなく想像するようにしましょう。

結果的に「そんなわけないじゃん!」と思われるようなことを想像していたとしても、人に言わなければ笑われることもありません。

手初めに何がともあれ想像し、そのような能力を使うことから試していきましょう。

2.本を読む


そして、想像力を養うのに学生時代から本を読む事は大変よく勧められたのではないのでしょうか?

やはり本と言うのは自分が経験していないことでも、あたかも経験したかのように追体験できるところが非常に魅力的です。

しかも文字だけですので、そこには想像する力が必要になってきます。

ですので、想像力に悩んでいるのであれば、ぜひとも読書はオススメです。

知識や教養は想像力を膨らませる材料に

皆さんは本を読むのは好きでしょうか?

読書好きではないのであれば、なかなか本を読むのに積極的になれない人も多いかもしれません。

ですが、やはり漫画は、想像力を養うと言う点では不向きなところがあります。

ではどうしたらいいのかですが、とにかく活字のある本にするのは言うまでもないのですが、その中でも比較的興味のあるジャンルの本にしましょう。

政治が好きであれば政治関係の本、住居関係であれば住居関係の本など、興味のあるジャンルの本であれば読みやすいところがあります。

もし読書好きではないのであれば、そのようなところから慣れていき、だんだんと本のジャンルを広げていきましょう。

やはり人間は興味がないことは長続きしません。

ですので、まずは興味が持てることから本を読むと言う習慣をスタートさせましょう。

小説が最適

そして、本を読むことに慣れてきたら、次は小説がお勧めです。

やはり、小説を読むと、想像力を非常に刺激します。

また小説に関しても興味のある本でないと、なかなか読み進めるのが苦痛になってきますよね。

では、手始めには、テレビで放送されたようなドラマ化されたものを読んでいくと良いでしょう。

そうすると、多くの人に支持されてドラマ化されているので、面白いこと請け合いです。

そこから、小説にも慣れていくことができるかもしれません。

そして、ドラマ化された人気の小説を書いた小説家の人の本を読むなど、そのような感じで、興味のジャンルをドンドンと広げていきましょう。

そうすることで、苦なく小説を読む習慣も身に付きます。

そして、お気に入りの作家の人が見つかれば、その人が書いた本を読むことで、皆さんも立派な読書家です。

もちろん、小説を読むのが好きな人は、その特技を生かしぜひとも毎日小説を読む習慣を作りましょう。

なるべく挿絵のないものを

その時に、なるべく挿絵のないものがおすすめです。

人間は、視覚で見るとわかりやすいところはあるものの、その挿絵でイメージが固まってしまうところがあります。

ですので、想像力を養うことを想定しているのであれば、挿絵がないものの方が望ましいのは言うまでもありません。

挿絵がないものの方が望ましいのですが、興味のあるジャンルで挿絵があるということもあるでしょう。

その場合は仕方がないところがありますので、そこまで神経質になる必要ないのかもしれません。

意地でも想像力を養うんだ!と言うことであれば、挿絵部分は隠すようにしましょう。

3.好きなことを考える

やはり、人間は楽しいことを考えた方が良いのか言うまでもありません。

ですので好きなことを考えるようにしましょう。

皆さんの興味のある事は何でしょうか?

例えば著者の妻であれば、基本的に家のことを考えるのが楽しいのだそうです。

ですので、今回は物価選びと言うことで色々と見ていますが、その前から色々と物件選びのサイトを見て間取りを見て色々と想像力を働かせているようです。

そして、新しい家に住んだらこんな生活をしてみたいという想像するのだと言っていました。

このように、好きなことを考えるのは、非常に楽しいですよね。

楽しみながらも、想像力を磨くと言うこともできるので、一石二鳥です。

人間は、そこそこに力があることや楽しいと思うことでなければ続かないところがあります。

ですので、想像力を養うために好きなことを考えるのは非常に有効です。

ポジティブな感情で積極的に考える

やはり、人間はネガティブな時よりポジティブな気持ちの方が楽しいのは言うまでもありません。

好きなことを考えると、気持ちもポジティブになります。

普段、仕事で忙しかったり、何かとストレスを溜めていると、このポジティブな感情で積極的な考えというのは思い浮かばなくなってくるところがあります。

ですので、そんなことを忘れて、楽しいことを考えられる時間ができるようになれば想像力も養いますし、ストレス解消にもなります。

これは、特に何かものが必要なわけではありませんので、通勤途中でもいいですし、家でゆっくりと休んでいる時間などでもいいです。

気持がリラックスしてストレス解消にも

先ほど触れたように、このような楽しいことを考えることによって、気持ちもリラックスしますし、日々のストレスの解消にもなります。

どこかに出かけるなどということが難しくてもすぐにできることですので、ストレス解消にも非常にオススメです。

また、若い人だったりすると、アイドルの人のことを考えて楽しい時間にすることもあるのではないのでしょうか?

このように、好きな人や好きなことを考え、そのことを題材に想像することによって、楽しい気持ちになります。

4.日記を書く


日記を書くのも非常にお勧めです。

やはりその日に起きたことを記録していく事は、その日にあったことを思い出す作業です。

ですので、その作業をすることによって想像力を刺激することができます。

人の記憶っていうのは案外曖昧なものがあります。

例えば、昨日の夜何を食べたかというのをあまり答えられない人も結構いますよね。

そして、2日前の夕食と言うとさらに思い出せない人の割合が増えてきます。

でも、日記を見ると「あー、こんなこともあったよな。」と思い出すこともできます。

日記は基本的に続かない夫婦ですので、色々とスマホで撮った写真の記録をアルバムにする作業することがあるのですが、やはり写真を見ても、「あー、こんなこともあったな。」とか「子供たちがこんなものを作っていたな。」と思い出すことがあります。

記憶としては、なくなっている事でも、記録を見ると思い出すことがありますので、もし想像力を養うのであれば文字として出来事を起こす日記が大変オススメです。

著者宅の場合は、写真ですので想像力を養うと言う点では少々物足りないのだろうなと思います。

出来事を思い出しながら想像力を刺激

先ほども触れたように日記を書くと言うと、出来事を思い出すことで想像力をフル活用することになります。

例えばご飯は何を食べたとか、誰々さんが何を言っていたかということを思い出すのです。

そして、その時の気持ちを思い出すようになります。

ですので、この思い出すと言う仕草が想像力を刺激しますし、日記読み返してみてこの日はこうだったなぁと文章的に思い出すのも想像力を働かせることになります。

記憶ですので、確かに鮮明に思い出せるところがあるのでしょう。

ですが、写真ではなく、あえて文字にするところが、その想像力を養う力になるのです。

毎日続けて訓練を

日記が続かない著者のように、忘れては思い出したように日記を書き、また忘れて思い出すというような感じだと、やはり想像力を養う点においては少々心もとないところがあります。

ですので、日記をつけるという方法であれば毎日続けましょう。

そうすることで、頭の構造がそのようになってくるところがありますので、もしかしたら、今日は何があったをすぐに思い出せるようになるかもしれませんし、後日読み直した時にその記憶にリンクするのが上手になるかもしれません。

そして、それを見返したときに、どのような気持ちだったかとかどんな風景だったかを鮮明に思い出すこともできるようになってくることでしょう。

やはり、そのような事は日々の訓練が必要なのです。

ですので、日記をつけるのが苦ではない人は試してみましょう。

5.カラーを思い浮かべる

そして、想像力を養う時、色にかこつけて思い浮かべるようにするのはどうでしょうか?

例えば、その出来事が起こったときに、何色が目に入ったかということで覚えるのも良いでしょう。

そして、いいことがあったからピンクとか、涼しい感じがしたから青と言うような感じもいいかもしれません。

やはり、想像力を養うには、五感のフル活用してみる必要があります。

そうすることで、より想像力に磨きがかかるところがあります。

色の数を増やしてトレーニングを強化

初めは、そのような単調な感じになるかもしれませんが、だんだんと慣れてきたらその色の数を増やしていくことも考えてみましょう。

そして、その色と言えば何々と言うような感じですぐに思い浮かぶようになると、想像力により磨きがかかります。

ですので、何かを見たりした時とか、考えたとき真っ先に色を思い描けるようにしましょう。

6.ラジオを聞く

皆さんは普段は何を見ているでしょうか?

多くの人は、娯楽はテレビなのではないのでしょうか?

ですが、想像力を養うのであれば、ぜひともラジオがオススメです。

それは何故かと言うと、テレビは基本的に視覚で何かを見るものがあります。

ですので、その見た物で固定されてしまうので想像力を養うことができないのです。

ですがラジオだと、そのような視覚に頼ることができません。

ですので、ラジオを聴きながら、想像する必要があります。

音声情報で鍛える

そして、ラジオは基本的に音声のみの状況ですので、そこから色々と想像する必要があります。

著者の場合、とある球団のファンで、試合があるときでテレビで見ることができなければラジオも積極的に聞きます。

やはり、そのラジオの音声を聞くだけで、今の試合がどうなっているのかというのが手に取るようにわかります。

ただ妻は野球にあまり詳しくないということもあり、音声の情報があまりよくわからないようですね。

例えば、ホームランを打った時、どの選手がホームランを打ったと言うような事をアナウンスのみされるのですが、妻の場合はその選手名が、本当に自分の贔屓のチームの人なのかということを理解するのに少々時間がかかったりしますし、すぐにパッとその野球の中継の状況思い浮かべることができないのだといいます。

ですので、著者が喜んで初めてワンテンポ、ツーテンポ遅れて喜んでいるような状態です。

聞こえてくる音声のみが手がかり

先ほども触れたように、基本的にラジオは音声のみです。

視覚が頼れない分だけ、想像力が乏しいと理解が難しいところがあります。

例えば野球の中継を聞くとしたらそこそこに野球について色々とルールを覚え、どのような選手がいるのかというのを把握するなど、事前の知識が必要です。

そして最近あまりラジオ聞かないのでよくわからないのですが、ラジオ小説みたいなものがあると、そちらの音声だけですので、登場人物の名前を覚え、誰が言ったのかというのを明確に理解する必要があります。

そして、その音声をもとに想像しながらでないと、楽しめません。

このように、音声のみというラジオの世界で色々と世界観を想像していくことから、想像力を養うのにラジオは大変向いているところがあります。

7.映画鑑賞

確かに、小説やラジオなど、視覚に頼らずに色々と見ていくのは想像力を養うのに非常に最適です。

ですが、やはり人によって向き不向きが大きいところがあります。

本当に想像力と言う点に悩んでいる人であれば、音声もただの音としてしてしか捉えられないでしょう。

そして、想像できないので楽しくないというようなことになってしまうところがあります。

やはり、想像力を養うためといってもいかにもトレーニングというような感じになると、だんだんとその作業が苦痛になってきます。

ですので、手始めは自分が楽しいと思えるようなことにするのが大切です。

そのためにも、映画鑑賞というの非常にとっつきやすいところがあります。

まず、他の小説やラジオなどと違って、目で見ることができるので、想像力について悩んでいる人もすんなりと楽しめるところがあります。

世界観から思考の幅を広げよう

そして、その映画の世界観を肌で感じ、そこから思考の幅を広げるということもできます。

例えば、青春映画であれば、自分がそこそこの年齢だとしても過去の自分と当てはめて懐かしいなと思いながらその世界観を楽しむことができます。

そして、自分が専業主婦であれば、OLの方が主人公の映画を見れば、自分とは全く違う価値観の生き方を追体験することもできます。

そして、映画と言うと何も日本映画だけではありません。

ハリウッド映画や、他の世界の映画を見ると、その国の世界観を体験することができます。

このように、映画鑑賞を楽しみながら想像力を養うということも想像力を養うのには大変最適なところがあります。

様々な感情を味わおう

このように、様々な感情を映画鑑賞によって味わってことも想像力を磨く方法の1つです。

やはり、想像力がどのくらいかというのにもよりますが、想像力が本当に弱く、音声や小説などが楽しめないと言うことになると、その方法で何とか想像力を磨いていこうと思っても、苦痛になってしまうかもしれません。

ですが、視覚に頼りつつ、このような想像力を養うことができれば、無理なく想像力を養っていくことができます。

そして、その映画のノベライズ版の小説などで、その映画を追体験してみるのも良いでしょう。

そして、そこからだんだんと活字に慣れていくということで、想像力を徐々に磨いていくこともできます。

8.旅行しよう

確かに、そのように本を読んだり映画を見たり、ラジオ聴くと言うのも良いでしょう。

ただ、意外かもしれませんが、旅行も想像力を磨くことができます。

「そんな座ってるだけじゃ落ち着かない、アクティブにもっと動きたい!」と言う人であれば、旅行はぴったりです。

やはり、旅行は視覚などはもちろんですが、嗅覚聴覚など、いろいろな五感をフルに活用することになります。

それは、人にとって非常に大きな刺激になります。

ですので旅行が結構好き嫌いが分かれますよね。

そのような刺激的な環境が楽しいと思えるか、しんどいと思うのかということの違いがあるようです。

五感を刺激しよう

旅行は五感を刺激します。

まずいろいろな観光すると「見る」ことが多いので視覚を使います。

そして、例えば京都のお寺を観光するとなれば、お寺の周辺の虫の鳴き声や鳥のさえずりなどで聴覚も刺激します。

そして、旅行には行くと必ず何か食べる食べますよね。

そんな時は味覚を刺激します。

そして何かを触ったときの触覚、その土地独特の香りなど、いろいろな五感をフルに刺激することができます。

少々旅行とは趣旨が離れますが具体例を挙げると、記者はとある局地的被害があったところに住んでいます。

確かに、ニュースなどで、そこの景色を見る事はあります。

ただ、なかなか嗅覚についてはよくわからないところがあるでしょう。

ですが、その災害の時独特の匂いがその時に充満していました。

ですので、普段旅行に行けなくても最近はネット上で体験することもできると思ってしまうところがあるけれど、五感を刺激するのはやはり実際に行って、それを体験しないとどうにもならないところがあります。

非日常を体験しよう

そして、旅行というと日常とはかけ離れた体験をすることになります。

ですので、非日常体験をし、それを想像力を養うことになります。

確かに想像力が豊かな事は良いことです。

ですが、想像だけではやはり限りがあるのもまた事実です。

旅行は実際に体験することでそれが強みになります。

想像する時もその経験をもとに想像ができますので、より想像に現実味が増すところがあります。

ですので、この旅行の非日常の体験は今後の想像力を磨くことに関して非常に重要な体験になります。

ですので、旅行が好きな人は近場でもいいので積極的に旅行に行ってみましょう。

その一方で旅行が苦手な人も一定数います。

そのような人は、興味が持てそうなところから始めてみるのはどうでしょうか?

食べるのが好きであれば、例えばカニの食べ放題とか、フルーツ狩りなど、そのような楽しいと思えることから始めてみると良いのではないのでしょうか?

想像力豊かだとこんなメリットが

では、想像力が豊かっていうことが良いことだと言われていますか、具体的にどのようなところが良いのでしょうか?

想像力豊かだとこんなメリットがあるというのは複数あります。

では、それを直一つ一つ見ていきましょう。

1.視野が広い

やはり、仕事においても人生においても、色々と視野が広いのは良いことです。

それは何故かと言うと、やはりその価値観だけではどうにもならない場面もありますし、世の中はいろいろな立場の人がいます。

そのような立場の人を思いやることができるというのも視野の広さがあってこそです。

例えば具体例を挙げると、最近色々と貧困なことが問題になっていますね。

ただ、そのような人たちを自己責任だからと断罪するだけで終わるのか、その人の背景に何があったのかということを想像できるのかでは大きな差があります。

貧困については、決して自己責任だけでは片付けられないところがあります。

例えば、その人の先天的な能力のアドバンテージもありますし、やはり生まれた環境も大きなものがあり、勉強が同じく苦手な子でも、塾に通うお金のある家庭なのかそれを捻出できない家庭なのかという点において、どうしても差が出てきてしまうところがあるようです。

ですので、決して自己責任だけでは片付けられないところがあるのも事実です。

もちろん、貧困の問題だけではありません。

仕事においても、もし何かの商品開発をする時、どのような人が多くそのような人たちが何を求めているのかを情報として知り、そのような人たちに人気が出るもの考えだすのも想像力があってこそです。

例えば、最近100円ショップや、ディスカウントショップが人気ですね。

それは、日本の世帯年を調べてみると明らかなことです。

それは、年収3,000,000円から4,000,000円の層が、どの層より1番多いのです。

ですので、生活を切り詰めたい人たちにそのようなところは支持を集めています。

このように、広い視野を持ち、何が良いのかというのを想像するのは、想像力あってこそと言えるでしょう。

2.オリジナルの表現ができる

最近は、ある一定数の仕事は、AIにとって変わられると言われています。

単調な作業は機械に任せておけば良いというのが最近の風潮です。

ですので、人間にできる役割は、新しいものを生み出す事にかかっています。

想像力があれば、そのオリジナルの表現ができるようになり、機械には真似のできないことができるようになります。

最近は、色々とこの仕事だったら機械にとって変わられるようなものが多くなってきました。

でも、やはり機械がどんなに進歩しても、どうしても人間でないとできないところがあります。

機械には想像力はありません。

ですので、この想像力を磨く事は、機械に打ち勝つことができるということなのです。

3.見えないものを感じられる

やはり、この世の中は見えるものだけではありません。

人の気持ちなどどうしても見えないものがあります。

やはり、ビジネスにおいても、日々の生活においても人間関係においても切っても切れないところがあります。

ですので、そこそこに見えないものを感じられる力がないと、それらがスムーズにいかないところがあるのです。

4.思いついたものを形にできる

想像力が豊かだと、思いついたものを形にできるので、それが強みになります。

例えば色々と企画をしても、頭の中で色々と思いついてもそれが形にできなければ、それを実現させる事はできません。

想像力が豊かで、思いついたものを形に出来るような状態になってこそ、ビジネスの場でも生活の場でも生きるのです。

5.プラス思考

ネガティブな方に想像力豊かな人もいるかもしれませんが、基本的に想像力が豊かな人は、プラスの方向性で想像が豊かな人が多いです。

やはり、人の気持ちがわかったり、ないものを生み出す力が強いのは言うまでもありません。

想像力というと、夢見がちと見られますが、日常生活においてもビジネスにおいてもありとあらゆる生活においても非常に重要な力なのです

人工知能にはない想像力を大切に鍛えていこう

最近人工知能に仕事をとって変わられるのではないかと言うご時世です。

ですが、人口機能は想像するということはまずできません。

ですので、そこは人間のなせる業なのです。

ですので、その想像の力をフルに活用し、人口機能に仕事をとって変わられる事態に備えましょう。