CoCoSiA(ココシア)

おもしろいことを言える人になる8個のコツ


「おもしろい人」がなぜ成功するのか?

「おもしろい人」がなぜモテるのか?

今の時代、一番のストロングポイントは「おもしろい人」であることです。

おもしろいことが言える人であればこれだけ得する理由と、どうすれば自分もおもしろい人になれるのかを徹底追及したします!

自分が主役になりたい人は必読です!

おもしろい人は好きですか?

おもしろい人というのは人を惹きつける魅力があります。

その人の話がおもしろかったり、一緒にいるだけで楽しくなってくる人もいます。

笑いというのは人を幸せな気分にするので、おもしろい人と話すと幸せな気分になれるのです。

人とのコミュニケーションを取る時に、笑いの要素というのは欠かせません。

場を和ませる効果もありますし、一つ笑いが入るだけで随分雰囲気もよくなります。

おもしろくする方法というのはいろいろありますが、それはその人のセンスやテクニック、そして知識など様々な要素が絡み合って笑いというものは起こるのです。

おもしろい人が嫌いな人はいないと思います。

おもしろいことを言える人になる8個のコツ

おもしろいことを言える人というのは、人が笑ってくれる、楽しくなってくれるコツをわかっています。

人が笑いたくなったり、楽しくなったりするのは様々な要素が関係しています。

話す内容が面白いというのは当然のことですが、ただ面白い話をするだけでは笑いが確実に起こるとは限りません。

話す人の表情であったり、話す声のトーン、そして間の取り方などが全て適切に使われてこそ笑いが生まれるのです。

経験によって笑わせるコツというのは少しずつわかってくるでしょう。

そのコツがわかればあなたもおもしろいことが言えるようになるでしょう。

それでは、そのコツ8個を見ていくことにしましょう。

1.リアクションを大きく


お笑い芸人の中にはリアクション芸人と呼ばれる芸人さんたちがいます。

リアクション芸人とは、リアクションを大きくすることで笑いを産むという方法をとっています。

大げさにすることで笑いに繋げる

たわいもないことでも大げさにすることで滑稽に見えて笑いにつながることがあります。

何でもかんでもおおげさにリアクションすればよいというわけでもなく、そこはセンスが問われるところではあります。

人気のリアクション芸人がよくやる芸ですが、あつあつのおでんを食べて「熱い!熱い!」いうリアクションをして笑いをとるというのがあります。

一見火傷しそうなくらい熱そうなおでんですが、実際はたいして熱くなどないのでしょう。

でも、あまりにも芸人のリアクションがうまいので、思わず笑ってしまいます。

まるで顔が焼けたような大げさなリアクションをとることで大きな笑いを生んでいるのです。

オーバーに振る舞う

オーバーリアクションの人がたまにいますが、これもいいバランスを持ってやると大きな笑いにつながりますが、度を超えたオーバーリアクションは寒い空気が流れて静まり返る場合もあるので気をつけましょう。

笑いとは紙一重なところがあります。

やりすぎると寒くなってしらけるし、かといって無難すぎると面白くない。

あまりにも場がしらけすぎると、そのしらけ具合がかえって滑稽に思えて笑いが起こったりもしますから、笑いというのは本当に難しいものだと思います。

テンションも高く

リアクションを大きくするときにはテンションも同時に高くすることが大事です。

テンションも伴わないとなかなか笑いにつながりません。

あくまでリアクションとテンションは比例して大きくなっていくべきです。

笑いにはいろんな種類があり、緻密に構成されたネタで笑わすこともあれば、よくわからないけれど雰囲気で笑ってしまうこともあります。

こういった雰囲気で笑わせる笑いにはテンションを高くするのが欠かせません。

なんだかよくわからないけどテンションが高くて興奮している姿が滑稽で笑ってしまうこともあります。

2.おもしろい人を観察する

おもしろくなりたければ、おもしろい人を観察するのが一番です。

好きなお笑い芸人でもいいし、周りにおもしろい人がいるなら、よく観察してみましょう。

おもしろい人には独特の雰囲気があります。

もちろん話す話の内容がおもしろいというのは当たり前ですが、普通の人が話してもおもしろくならないことがあります。

それは声のトーンであったり、間の取り方、身振り手振りの入れ方、表情の作り方など、全ての要素がマッチして初めて笑いというものが生まれるのです。