人生がうまくいっている人はみんな性格が明るい

根暗では幸運の女神も微笑んではくれません!

明るい性格になる10個の方法を実践して、あなたの人生を好転させましょう!

毎日が楽しくなります!

明るい性格になる10個の方法

性格の明るい人が1人いるだけで、その場の雰囲気はパッと明るくなります。

性格の明るい人は、周りの人から好かれ重宝されるので、人生で多くのチャンスに巡り合うことができます。

逆に根暗な人は、場の雰囲気をどんよりと暗いものにしてしまいます。

人もそういった暗い人とは一緒にいたくないと考えるため孤立を深めていきます。

客観的に考えても暗い性格より明るい性格のほうが、人生を有利に展開しやすいですし、何より毎日が楽しいと思います。

明るい性格に変えたいと思っている人は是非、これからご紹介する10個の方法を実践していただきたいと思います。

1.考え方を変える

今までの自分の人生の過程で様々なことを体験し、物事に対する考え方を養ってきたと思いますが、自分が思い描いていた人生ではない結果になっているような場合、どうしても考え方がネガティブになったり、自虐的になったりすることがあります。

それによって下を向くことが多くなり、どんどん暗くなってきます。

そういった負の流れをどこかで断ち切らないといけません。

まずは考え方から改めていく必要があります。

問題が起きた時に、今までの人生であなたが経験した成功体験や失敗体験を元に考え、判断しているとは思いますが、それが一方向に偏った考えによって全てを処理しているとすれば、それを変えていく必要があるでしょう。

明るくなるにはと考え方を軸に

自分が明るくキラキラした存在になることをイメージしてみましょう。

皆、自分のことに好意を抱いています。

自分がいれば場が明るくなるムードメーカーだと思ってくれていることを想像してみましょう。

どうですか?想像してみると、今の自分ではそんな存在になどなれていないなと落ち込むのではないでしょうか。

今の自分はどちらかというと空気のような存在で性格も暗い。

それではこの現実と理想のギャップをどのように埋めていくかを考えましょう。

自分が明るい性格の存在になるには、どこをどう変えていけばよいのかを突き詰めて考えていくのです。

まずは、自分が普段発する言葉、話題です。

気がついたら世の中を皮肉った発言をしていませんか?

どこか冷めたような発言そしていませんか?自分では世の中をよく分かっているような気になって話していますが、周りはこういった発言に冷めてしまいます。

それよりも少々粗削りでも躍動感のある人間のほうが好まれるでしょう。

前向きになれる選択をしていく

明るくなるにはポジティブであることが重要です。

生きていればいいこともあれば、悪いこともあるでしょう。

どんな時もポジティブに、前向きに生きることが大切です。

毎日私たちは大なり小なり多くの選択をしながら生活しています。

そういった一つ一つの選択において、常に前向きな選択をしていくことです。

知り合いから誘いの電話があった。

いつもなら面倒臭いという理由で断っていたのなら、それを改めて積極的に参加するという選択をしましょう。

前向きな選択を続けていくことで、自分の気持ちもどんどんポジティブになっていくものです。

根拠もなく楽天的に前向きになんて生きるこおはできないという人がいますが、どんなことも100%保障されるというようなことはありません。

ならば、まだ起こっていないことに恐怖したり不安になるよりも、前向きに責めていく人間を選んだほうがいいと思います。

いつまでも怖気づいていれるほど人生は長くはありません。

2.嫌なことをきっかけと捉える


嫌なことがあると気分が沈んだり、落ち込むものですが、人間が成長していくためには失敗や挫折というものも必要なものです。

嫌なことがあった時にそこでどういう捉え方をするかでその後の人生は大きく変わっていくでしょう。

嫌な出来事も、人生の成長のための一つのきっかけであると考えて、そこから学びながら前を向いていくのか、落ち込んで、すねて、何もやる気がしなくなって引きこもってしまうのか。

それはあなたの捉え方一つで変わります。

嫌なことがあった時には、逆にありがとうという気持ちを持つのも良いかもしれません。

これはまた自分が一つ人間として成長する、強くなるためのレッスンが始まったんだと考えればいいのです。

そしてこの試練を自分の力で処理することによってあなたはさらに強い人間となることができるでしょう。

暗くならないで、そこからどうするかを考える

とにかく暗くならないことです。

嫌なことがあった時こそ明るく前向きにいることが大切です。

自分に起きたこの出来事は自分にとってどういった教訓をもたらしてくれるのか。

ここからどうすれば、この出来事を活かして成長できるのかを冷静になって考えてみましょう。

長い人生を考えれば一つの失敗、一つの挫折で全てが終わってしまうことはありません。

それよりも、失敗で落ち込んで長い間やる気を失ってしまうようだと、それのほうが大問題です。

落ち込んだら長く立ち上がれないという人の例として、小さいころから成績も優秀で、親や先生にも怒られることもなく順調に大学に進み就職した人は生まれてから挫折というものを味わったことがありません。

それが、社会人になったら勉強の成績だけでのし上がっていけるような世界ではないことに気づき、初めての挫折を経験することになります。

そうすると、今までそんな経験がないから、また立ち上がって這い上がってくることができません。

挫折を屈辱ととらえ、いつまでも落ち込んでいるのです。

そうではなく、挫折や失敗の時こそ暗くならず、感情的にならず、冷静に解決策を考えることが大切なのです。

良い気づきだと受け止める

人は変化していくものです。

変化し、成長していく時には何らかのきっかけというものがあります。

何かがきっかけになって大切なことに気づくのです。

気づきを多く得るためには前向きで積極的な姿勢というのは欠かせません。

積極的に行動していれば嫌なことにも出くわしますが、そういったことも含めて全てが、良い気づきを得られるためのかけがえのない経験だと捉えるようにしましょう。

そのように考えることができるようになると、勇気がでてきますし、失敗を恐れず行動できるようになります。

歳をとって、後で人生を振り返って見た時に必ず人生の転機となったターニングポイントがあるはずです。

その多くは自分の挫折や失敗をした時に生じた環境の変化、自分の考え方の変化などが関係していることが多いです。

その時に何かを気づき、方向を修正できたからこそ今があると思えるでしょう。

3.行動する

「百聞は一見に如かず」とあるように、とにかく行動です。

自分の足で動くこと、これが一番大切です。

人づてに聞いたり、ネットでいくら調べてみても、自分が実際見ると全く印象が違います。

行動してこそ何かが起こるのです。

例えば、何かの集まりで自分は特に行く必要もないような時でも、行ってみるのです。

その場に行く、参加することで自分の考え方も変わるし、周りの人間の自分の見方も変わってくるのです。

行ってmたところで、自分にはすることがないと言う人がいますが、別に何もしなくてもいいのです。

ただ現場に行く、これだけでいいのです。

行かない決断をした場合よりも、必ず何か多くのものを感じることができるでしょう。

人間というものはエネルギーによって成長する生き物です。

自然のエネルギー、そして人間のエネルギーを受けながら成長していくのです。

ですから、なるべく外に出て自然のパワーを受け、人に会って人のエネルギーをもらうことが、自分をより強くしてくれると考えるべきです。

思いたったら動いてみよう

とにかく思いたったら行動です。

休みの日は、一緒に出掛ける人がいなくても1人で出掛けましょう。

自分で計画を立てて何かをやってみるのです。

何かいい結果が得られなければ何もしない人がいますが、何も行動を起こさなければ、何かを得られる確立はゼロです。

今日街へ繰り出したからといって、運命を変えるような人との出会いがあるわけではないかもしれません。

しかし、自分で行動することを繰り返していると、いつか大きなチャンスに必ず巡り合える日が訪れるでしょう。

それは明日かもしれないし、数年先かもしれません。

大きなチャンスは行動を続けている人にしか訪れないのです。

何をやったらいいかわからないという人は、偶然の出会いというものを大事にしていきましょう。

ある日新聞の折込チラシの中に、家の近くでフリーマーケットをやるというお知らせを見つけたとします。

そんなところに行ったこともないですが、それを見つけた偶然に何か意味があると考え、行ってみることにします。

すると、以前から自分が欲しいと思っているようなカバンが安く売られているかもしれないし、久しぶりの友人に再開するかもしれない。

そういった即興性を大切にするのも良いことだと思います。

ワクワクすることをやっていこう

行動することを躊躇している人は、自分の好きなこと、ワクワクすることをやっていきましょう。

歌うことが好きならカラオケに行って思い切り歌うのもいいでしょう。

車が好きならドライブに行くのもいいでしょう。

好きなことをやっていると自然に楽しくなると思いますから、表情も明るくなってきます。

人間は楽しんでいる時はいい顔をしているものです。

そうやって好きなことをしているうちに前向きな気持ちになって明るくなってくるのです。

歳を重ねてくると、なかなかワクワクすることになど出会えません。

大概のことはもう人生の中で経験しているので新鮮味もなく、世の中をわかってしまったような気分でいるからでしょう。

子供のころを思い出してください。

夜遅くまで夢中で遊んだあの頃の自分を。

見るもの全てが新鮮でワクワクしていたはずです。

いくつになってもそういう新鮮で、素直な気持ちで物事に取り組むことがいかに大切かがわかります。

冷めてしまった人間は「いい歳をしてそんなことを、、、。」とか言って否定するものですが、いい歳をしても子供のようなスピリットだけは忘れないでいたいものです。

4.否定しない

明るく前向きになるためには、何でも否定するのをやめましょう。

逆に肯定するのです。

特にやってみもしないで最初から否定するのが一番よくないです。

最低限自分で実際行動を起こしてやってみたから、良し悪しの判断はすべきです。

何でも否定したがる人は結局、自分で行動を起こすのが嫌で、その言い訳をしているに過ぎないというところもあると思います。

肯定することで、積極性がでてくるし前向きな気持ちになれるのです。

否定してしまった瞬間に可能性はゼロになります。

「できない」「無理」こういった言葉が出てきた瞬間、そこで終わってしまうのです。

だからそういった否定の言葉は絶対に言うべきではありません。

どんなに困難に思えるようなことでも、必ず解決策というものは存在しているものです。

そこは人間の素晴らしい英知を結集して、考えて解決策をひねり出せばいいのです。

しかし、自分ができないを決めてしまえば、もう答を見つけることは永遠にできないでしょう。

いろいろな考え方があると学ぼう

他人のやることなすことに批判的な態度の人がいます。

自分の考えが正しく、少しでも違うなら頭ごなしに否定するような人。

こういった人は、年齢を重ねるほど増加する傾向にあります。

やはり歳をとると頭が固くなってくるのでしょうか。

人間一人一人考えや価値観は違います。

1人1人の人生があるのです。

それは、自分の人生と同じはずがなく、自分の物差しで良し悪しを判断できるものではないはずです。

ですから、人の考え方について、それは間違っているなどど断定できるものではありません。

いろんな考えを持っている人がいるし、いてもいいんだと考えなければ、柔軟に人と付き合っていくことなどできないでしょう。

山の頂上にたどり着く方法はどんな方法でもいいのです。

一段目からこつこつと歩いて上がるのもいいし、途中からロープウェーを使う人はそれでもいい。

道のない険しい断崖からでも登っていける人は登ればいいのですから。

5.素直になろう


人間素直になるのが一番です。

確かに社会にでると、自分に素直に本音だけで生きていくのはむずかしいかもしれません。

しかし、最初は損をしたとしても長い目で見れば、最初からずっと素直にありのままの自分を出していった人のほうが、人間関係もよくなり、仕事も自分の最適なポジションで働くことができ、家庭も円満という人が多いです。

人間はどうしても、妙なプライドや世間体、嫉妬や見栄などが作用して、不自然な生き方をしてしまいます。

そういった不自然なものは最初はごまかしがきくかもしれませんが、最終的には不自然さのためにバランスが崩れてうまくいかなくなることが多いです。

自然な振る舞いができる

素直に生きることで、自然な振る舞いができるようになります。

嬉しい時には心から笑い、腹が立つときにはちゃんと意思を表示する。

こういった自然な喜怒哀楽を表現するということは非常に大切なことです。

言葉や表情が自然に出るということは、相手にもちゃんとつたわるので、接しやすくなります。

反対に表情に乏しく、何を考えているのかわからない人がたまにいますが、こういった人は本当に接しずらいので人は近寄りたがりません。

どこに地雷があるかわからないので、急に怒りだすかもしれないし、とにかく不気味なのです。

とにかく感情をストレートに素直に表現できる人間になりましょう。

人を欺くポーカーフェイスなどいりません。

素直に表現していると、顔の表情も必ず良くなってきます。

周りの人間は明るくいい表情をしているあなたに気づき、好感を持ってくれるでしょう。

生きやすくなる

素直になると本当に生きやすくなります。

自分を作ろう必要がなくなるので肩が軽くなった感じがします。

性格も明るくなっていくでしょう。

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと言えばいいのです。

今まで素直に生きることができず、変なプライドや見栄のせいでしんどくしていた人生も、一度素直に生きることを覚えたら、自分を偽って生きることがいかに無駄でしんどいことかがよくわかると思います。

これを実践している人は残念ながら少ないと思います。

皆、自分の人生を人と比較し、喜び、嘆き、いらだち、悲しみ、少しでも有利に立とうと自分をつくろって生きているので体に無駄な力が入っています。

そんな余計なものを一度全て脱ぎ捨ててみてください。

どれだけ自分が身軽になったかを感じることができると思います。

重い鎧を脱ぎ捨てることが出来た時、あなたの人生はようやくいい流れへと好転していくことでしょう。

6.明るい言葉を口にしよう

発する言葉というものは非常に大事です。

「言霊(ことだま)」という言葉もあるように、言葉には大きな力があります。

明るくなるような言葉を常に口にすることで、本当に明るくなれるのです。

逆に暗いことばかり言っていると、本当に暗い性格になってしまいます。

口に出す言葉というものを軽んじてはいけません。

ですから明るい言葉をいつでも選択して使っていくことで自分も明るい人間になることができる、前向きな言葉を使うことで前向きな人間になることができる。

非常にシンプルで簡単なことなのです。

常にポジティブに

常にポジティブな姿勢でいることがとても大事で、それが前向きな気持ちを生みます。

前向きに頑張ろうと思う気持ちがあるからこそ、希望に向かって明るい気持ちでいられるのです。

生きていると様々な試練に会うことがあります。

しかし、そこでいかに前向きにとらえて、自分の成長につなげられるかで決まるのです。

ポジティブな姿勢でいると様々な動きに敏感になることができます。

小さなチャンスでも逃すまい、この小さなチャンスを大きなチャンスに変えてみせるという集中力があるからです。

反対にネガティブな人間というのは、近くに落ちているチャンスに気がつかなくなってしまいます。

それは、全てを否定的に見ているので、こんなたわいもないものがチャンスになるわけがないと、チャンスを見送ってしまうからです。

笑顔で

毎日、鏡に向かって最高の笑顔を作ってみましょう。

笑顔は周りの人を喜ばすだけでなく、自分の楽しくなります。

笑顔になる出来事なんてないよと言う人もいるかもしれません。

作り笑いでもいいから笑顔になってみてください。

そうやっていつも笑顔でいることを心がけていると、本当に笑顔になれるような出来事が起こりだします。

不思議なことですが、笑顔は多くの幸運を運んできてくれるでしょう。

7.人のいいところを見つけよう

人間は1人では生きてゆけません。

多くの人と関わり合いながら生きてゆくのです。

よく、人の揚げ足ばかりをとって、人の短所を指摘することばかりに躍起になっている人がいますが、そんなことをしても相手も自分も楽しくないと思います。

それよりも、相手のいいところを探してあげましょう。

今まで気づかなかったけれど、この人にはこんな素敵な一面があるんだと思えば嬉しくなってくると思います。

自分にも長所や短所があるように、他人にも長所と短所があります。

とすれば、短所を批判するよりも、長所を褒めてあげるほうがお互いが幸せになれるでしょう。

自分の短所を棚に上げておいて、他人の短所だけを批判するのは意味のないことです。

それよりもお互いの長所を褒め合って、よい関係を築いていったほうが、明るく楽しい人生になるでしょう。

人をどんどん好きになろう

人と接することを恐れたり、面倒臭いと思わずに、たくさんの人と積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

人をどんどん好きになって欲しいのです。

結局人はお互いに助け合いながら、刺激をもらいながら人間として成長していくので、いかに多くの、いかに良い人と出会うかで人生が決まってきます。

なるべく明るくポジティブな人と付き合うようにしましょう。

周りの雰囲気が明るいと自分も明るくなってくるものです。

人の輪を大切にしよう

人の輪というものを意識して大切にしなければいけません。

自分の成功のためにどうしても知り合いたい人物がいるけれど全く面識がないとします。

しかし、自分の知り合いが知っているかもしれないし、知り合いの知り合いが知っているかもしれない。

必ずどこかの誰かとつながっているはずなのです。

ですから、人の輪に自分も参加して、それを育てていかなくてはいけません。

人嫌いで、人付き合いが面倒臭いと言っていたのでは、大切な機会をたくさん逃すことになります。

人りでやろうとしてもできることは限られているからです。

8.できないと言わない

何かをすることが「できない」と言ってしまうと、自分も周りの人間も、できないんだなと考えて、チャレンジしようとする意欲がなくなります。

可能性がたくさんあるのに「できない」という断定の言葉でシャットアウトしてしまうのです。

ですからまずは「できない」という言葉を発するのをやめましょう。

できないより「できる」という思考に変えていくのです。

できることは何か考えよう

では、今の自分にできることは何なのだろうかと考えてみましょう。

今の自分の置かれた環境で自分ができることです。

そこに自分ではコントロールできない要素を考えてはだめです。

例えばもし、大金が転がり込んできたら、、など、自分ではどうしようもない要素は排除して考えることです。

お金はかけなくてもできることとか、自分の努力でここまではやれるとか、自力でできることを考えましょう。

成功者と呼ばれる人の多くは、何もないところから大きなものを作り上げています。

何もないというより、ほんの小さな小さな火種を大きく育てていくといったイメージでしょうか。

起業などをする時にまずハードルとしてあるのが軍資金ですが、十分な軍資金がなくてもそれでできることを考える。

そこは知恵を絞りだすということで、今の自分にできることは何かを常に考え続けることで可能性は無限大に広がるのです。

どうやったらできるかを考えよう

大きな目標を持つことは大切です。

今すぐにはできなくとも、そういった大きな目標があるから毎日頑張れるというのもあります。

今は、その目標の自分になれていないとしたら、ではどうやったらそこに近づき、達成することができるかを考えて見ましょう。

あまり短絡的にならずに、まずは長期的な視点で考えて、何年後の自分はこうなっていると考え、1年後、半年後、1か月後というように目標を細かく設定していきます。

ゴールから逆算して今日を考えるのです。

たくさんチャレンジしてみよう

成功者と呼ばれる人の話などを聞いていても、初めにやったビジネスがいきなり当たって大成功という人はむしろ少数派で、多くの人は何度も何度も失敗した末に、やっと当たるビジネスに出会えたという人です。

結局たくさんのチャレンジをしてきた人が、最後は成功をつかむというパターンが多いのです。

ですから、たくさんチャレンジすることがいかに大切かがわかります。

9.失敗してもめげない

一度失敗したくらいで、落ち込んであきらめてしまう人が多すぎるような気がします。

失敗してもめげない心を育みましょう。

失敗してもそれを成長の糧として、また次の挑戦をする。

こういった人であるからこそ道は開けるのです。

失敗は成功のためには避けて通れないものです。

失敗を悪いものと考えてしまうからよくないのです。

あくまでも成功への通過点と考えることができたら、落ち込んでいる暇などないことに気がつくでしょう。

日本を代表する企業の経営者の有名な話として、成功するビジネスを見つけるまでに数えきれないくらいの失敗があったというのがあります。

割合にしたら90%が失敗で、残りの10%だけが成功というものです。

これだけ多くの失敗をしてもめげなかったからこそ、大きな成功を掴むことができたのでしょう。

次は成功できると信じよう

失敗しても次こそはできると信じて再チャレンジしましょう。

そうやって何度もチャレンジして、成功するまでやる。

成功するまで何度でもチャレンジし続けた人だけが成功者なのです。

自分の成功を疑わずチャレンジ出来る人に暗い人などいません。

やる気や躍動感に満ち溢れていて、エネルギーがみなぎっているはずです。

失敗したら気持ちをすぐに切り替えて「はい、次!」というように、新たなチャレンジに向かってまた走り始めることが大切です。

立ち止まって落ち込んでいる暇などないし、そんな時間があるなら新しい何かを始めるほうがよほど成功に向かっていると言えるでしょう。

とにかく次こそはの精神を持つことが大事です。

10.運がいいと思い込もう

自分は運がいい人間だと思い込むこと。

これは案外重要だったりします。

根拠もないのに運がいいなどと思うことはよくないと考える人もいるかもしれませんが、気の持ちようというのは本当に大切で、自分が運がいい、持っていると考えていると、自然とそういった幸運に出会うことが多々あります。

反対に自分はついてない人間だと考えていると、よくないことばかりが起こるのですから不思議なものです。

よくよく考えれば何も不思議ではないのかもしれません。

というのは、人生でおこる出来事というのは、多くが人間が決めたり、関与していることなので、どうしても人間の感情というものが入ってきます。

その時にこれはできると確信しているのと、できないだろうと不安を持ちながら判断したとしたら、どちらかを選ぶ場合などでは、そういった感情が選択に反映さっることは容易に想像できるからです。

幸運を引き寄せよう

「引き寄せの法則」というのがよく言われますが、幸運は自分で引き寄せてくるものだというのはその通りだと思います。

人間は自分で思考したことを現実に持ってきているにすぎないと考えてもよいかもしれません。

ですから、今の自分の状況は全て自分が作ってきたもの、思考してきたものが具現化されているにすぎないのです。

ですから、いかに前向きにポジティブに考えて生きていくことが大切かがわかります。

金持ちになりたかったら、今、この時点で自分はお金持ちだという振る舞いをしなければいけないということをよう言います。

たとえ財布にお金が入っていなくても、たくさん入っているように振る舞うのです。

お金がもしたくさん有り余るほどあるとしたら、この商品を買おうと思うだろうか?こんなことをしようと思うだろうか?と自分に問うてみましょう。

お金持ちの自分がするであろう言動を、お金のない今からやっていくことで、自分はお金持ちなんだと思い込ませるのです。

そうすれば、いつの間にか本当にお金持ちになっているかもしれません。

うそのようですが、こういった考えはあながち間違いではないと思います。

感謝の気持ちを忘れずに

明るい性格の人というのは、人を惹きつける魅力があります。

その明るい雰囲気に自分もあやかりたいと思うのでしょう。

学校でも職場でもそういった人が一人いると、グループの雰囲気がとても良いものになります。

ですから明るい人というのは社会で重宝されるのです。

では、明るい人とはどういった人がなれるのかといえば、やはり周りの人のことも考えられる人ではないでしょうか。

人生とは人と人とが繋がり合ってできていくものです。

それをちゃんとわかっている人は、人に対して敬意と感謝の気持ちを忘れません。

困っている人がいれば手を指しのべてあげる優しさや、お互いに助け合う精神があります。

周りの人に対する感謝、そして今日自分が生きていることに対する感謝の心があれば、生きていることが自然と楽しく幸せなものとなり、自然と笑顔もでて明るく生きることができるでしょう。

常に感謝の気持ちを忘れず、前向きに明るい人生を作っていきましょう!