あなたは独り言を言う人ですか?

自分では気づいていないだけで、実はぶつぶつと言っていませんか?

周りの人はそんなあなたの独り言をよく思っていない可能性もあります。

気づかない内に独り言人間になっている人の特徴と、独り言を改善するための方法をご紹介いたします。

独り言を言う人の10個の特徴

独り言を言う人には共通した特徴というものがあります。

自分がどれかに当てはまっている心当たりがある人は、自分が独り言を言っていないか注意するべきです。

ここでは独り言を言うひとの10個の特徴を検証していきます。

1.独り言を言うことで安心する


独り言というと、自分が自分に向かって話をしているのと同じですから、独り言を言う人というのは、もう一人の自分と会話している気分になっているのかもしれません。

何をする時にも、もう一人の自分と対話することで安心感を得ることができるのです。

無言、沈黙というのは不安をかきたてることがあります。

何かを発していることで少しでも変化があり、ちゃんと生きているということが確認できて安心するのかもしれません。

こういった傾向を見ると、独り言の多い人というのは、臆病で警戒心の強い人が多いのではないかと思われます。

声に出すと精神的に落ち着く

仕事でサービス業などの客商売をしている人は別としても、特に変わったことがなければ一日中誰とも会話することなく一日が終わるということもあります。

人間、話して自分の声を発していないと、とても不安になることがあります。

何か自分だけが孤立して取り残されているような感覚が、声を出していないと感じることがあります。

ですから独り言でも言って、自分の声を出していることで、自分はちゃんとしている、生きているということが感じられて落ち着くのでしょう。

人は緊張や不安を取り除くために、何か自分に合った方法を探しているものです。

独り言を言うことで落ち着ける人もいるし、知らぬ間に爪を噛んでいる人もいます。

人という字を書いて飲み込むふりをする人や、心臓をたたくという人などいろんな人がいます。

声を発して落ち着かせるというのは比較的オーソドックスなやり方ではあると思います。

2.周囲にアピールしている

独り言を言う人が自分に向かってのみ話していると思ったらそれは大間違いで、実際誰もいないところでは独り言は言わない人も多いです。

なぜかと言うと、その人達にとって独り言は、誰かに聞こえてもらわなくては意味をなさないものであるからです。

要は人にアピールしたいがために独り言を言っているということです。

自分の周囲でぶつぶつと独り言を言っている人がいたら、嫌でも気になりますし、話の内容を知りたくなります。

そういうことをわかって人の近くで独り言を言っているのです。

自分の他に人がいない時に、近くの人間が独り言を始めたら、何か不気味で怖くなってきますね。

しかし、それはあなたに気づいてほしくて独り言を言っている可能性が高いでしょう。

何か自分が自慢したいことがあるけれど、あからさまに自慢するのは少々嫌らしいと考えて、とりあえず皆の注意をひくことを目的に、訳の分からない独り言を言い始めます。

それで、周りの人が気になり始め「何を言っているの?」と聞いてきたら、自分の自慢を始めようと思っているかもしれません。

そこまでの戦略家はなかなかいないかもしれませんが、何らかの意図でアピールしたいことは間違いないでしょう。

かまってほしい

誰かが近くにいる時のみ独り言を言う人というのは、かまってほしいというのが本音だろうと思います。

かまってほしい、気をかけてほしいからぶつぶつ言ってみる。

「どうしたの?何言っているの?」と聞かれたらしめたもので、かまってもらうという自分の欲求は満たされたことになります。

あまりにも白々しい独り言を言っている人がいますが、あまりにもかまってほしいことが見え見えですので、そういったやり過ぎは誰にもかまってもらえなくなるでしょう。

それにしても世の中には「かまってちゃん」で溢れています。

男も女もなんだかんだ言ってかまってほしいのです。

この辺は動物と何ら変わらないなと思わされます。

ペットで飼っている犬も、かまって欲しい時にはお腹をこちらに向けて、撫でてくれとアピールしてくるものです。

人間もそれと同じでかまって欲しいから何らかのアピールをする。

聞こえるような独り言を言って気を引くのも、れっきとしたアピールの一つであると言えるでしょう。

3.考え事をしていて無意識に声に出ている

考え事をしている時に、無意識に声が出てしまうことはよくあることです。

これは、自分では無意識なので、独り言を言っていることに気づいていない人が多く、人から指摘されて始めて自分が独り言を言っていたことに気づく人もいます。

考えを整理する際に、声に出すことで整理しやすいというのもあるのかもしれません。

無意識に声が出ているということは、自分のやっていることや考えていることに没頭して我を忘れている状況なのでしょう。

こういった独り言は、かまって欲しいからわざと人前で言う独り言とは違いますので、人に不快感を与えるものではないと思います。

聞くほうも、あの人は仕事か何かに夢中になっていて気づかないうちに声が出ているのだろうと理解すると思います。

ただ、頻繁に独り言が続き、止まらないというのなら話は別ですが。

特に数字は声に出してしまう

計算する際、数字というものは、大きな数字になるほど記憶しておくのは難しいですから、確認の為によく声に出して数字を読み上げている人はいます。

7桁以上になってくると、一回見ただけで記憶しておける人の割合はぐっと減ってくると思います。

また、日本人は小学生の低学年で覚えた九九をひたすら暗唱させられた記憶があります。

一一が1から九九81までひたすら繰り返し暗唱していました。

そういった幼少の記憶からも、数字を声に出して復唱するという癖がついているのかもしれません。

4.寂しさを紛らわしている

1人暮らしの人などは、下手をすると一日誰とも話をしないということもよくあることかもしれません。

そんな生活が続くことは、あまりにも寂しく、精神衛生上よくありません。

ですから、寂しさを紛らわすために独り言がどうしても増えてきます。

でもこれは仕方がないことではないでしょうか。

ずっと何も言わずに黙っていることは生きている実感もなくなって暗くなってきます。

独り言で自分と対話することでもいいから、自分は生きていると確認したい気持ちはよくわかります。

独り言を言っている自分に気づいたとき、虚しくなることもありますが、一日中何も発さず黙っているよりもよほどいいと思います。

独り言とは言え、声を出して話していることには変わりませんから、話すということは大切なことなのです。

老人や一人暮らしを始めたばかりの人に多い

老人の一人暮らしは特に寂しさを感じるようです。

ですから、ほんの小さな人の優しさが涙が出るくらい嬉しく感じることがあります。

そういった老人の寂しさを狙っての詐欺事件も多いですが、そういった老人の気持ちを狙った許すまじき犯罪だと思います。

そんな寂しい一人暮らしの老人はどうしても寂しさを紛らわすために独り言が増えます。

本当なら妻や夫、娘や息子、そして孫に囲まれながら老後を送っている自分を思い描いていたのかもしれません。

それとは正反対の状況を嘆きながら一人つぶやいているのでしょう。

また、大学進学などで初めて一人暮らしを始めた人も大きな不安や寂しさを味わっています。

それまでは実家で家族と生活していたのが、一人暮らしを始めることとなり、自分の安全は自分で守らなくてはいけなくなるという不安が一人暮らし開始時にはつきまといます。

ですから、何に対しても神経過敏になり、独り言を言うことによって不安を打ち消そうとするのです。

5.周囲を気にしない

人前で堂々と独り言を言える人というのは、気を使って人のことを常に考えている人にはできないことです。

独り言をいうことで周りが変に思うのではないか、迷惑がかかるのではないかと思って言えないのが普通です。

ですから、人前で堂々と独り言が言える人というのは周囲を気にしない人じゃないとできないことです。

ある意味度胸があると言えるのではないでしょうか。

皆から変な目で見られてしまうというリスクもあるわけですから、自分の世界に入ってしまわないことにはなかなかできないでしょう。

こういった時には他人の目を気にしてしまうとできなくなるのが普通なので、独り言を堂々とできるという人は、他人の目を恥ずかしいと思っていないのでしょう。

そればかりか、他人に注目されることを楽しんでいる向きもあると思いますので、よくよく考えたら肝が座っている人なのかもしれません。

基本的にマイペース

ですから、独り言を言う人というのは、周りに流されて空気を読むような人ではなくて、基本的にマイペースな人が多いです。

我が道を行くからこそ、空気を読まない。

ぶつぶつと独り言を言っていることで、周囲が変な目で見ているとしても、全く気にすることなく振る舞うことができる人です。

生きていくうえで誰かに流されたりせずにマイペースで生きれるということはいいことだと思いますが、多くの人と関わり合いながら人生というものは作られていくので、時にTPOというものも考えなければいけません。

周りの人の状況も考えながら、その場に適した行動を取るということも必要になってきます。

独り言を言っていることで、周りが不快感を感じているなと思うなら、やめるということができなければ、マイペースというよりもただの自己中心的な人間ということになってしまいます。

6.助けを求めている

独り言を言っている人の中には、実は周囲に助けを求めている人も、まれにいることは忘れてはいけません。

何か人にわざわざ相談できないような悩みでもあるのでしょうか。

独り言の内容が聞こえてきて、ん?ちょっとおかしいな、もしかして困っているのかなと思ったら、注意深く聞いてあげてください。

本当に困っていてSOSを出しているのかもしれません。

人に助けを求めるのもなかなか勇気のいることです。

悩んでいることがデリケートなことであればあるほど、他人に打ち明けるのが恥ずかしかったり、もし人に言いふらされて笑いものになったらどうしようというような不安もあって打ち明けられない人も多いでしょう。

特にいじめなどの問題はそうです。

あからさまに助けを求めれば、さらにいじめがひどくなるかもしれないし、助けを求められたほうも、自分は巻き込まれたくないと思って、その人からさらに遠ざかってしまうかもしれません。

ですから最後の手段として独り言を言ってなんとか気づいてもらおうとしているのかもしれません。

プライドが高くて表立っては言えない

面と向かって助けを求めらえない人は、プライドの高い人が多いような気がします。

プライドが高いゆえに、気軽に周りに相談して助けを求めることを恥だと思ってしまいます。

それでいて、自分で解決できずに悩んでいるので、助けを求める方法として独り言でぼそぼそ言うことで周りに伝えようという作戦に出ているのです。

どうでしょう、普段プライドが高く周囲を見下しているような人間が、困って独り言をぶつぶつ言って助けてくれと言って、すんなり皆が納得して助けてくれるでしょうか?甚だ疑問ではあります。

それならば普段から周りの人間のことも考えて良い人間関係を築いておくべきであり、都合のいい時だけ助けてくれと言うのはちょっと虫が良すぎるのではないでしょうか。

7.ストレスが溜まっている


学校、職場、家庭内と、生活するさまざまな場面で、誰もが少なからず何かのストレスを抱えながら生きています。

ストレスは目に見えないものですが、ストレスが溜まってくると、まるで体の中にガスとして溜まっているような圧迫感を感じて疲れます。

そんな時に独り言が増えるのは何も不自然なことではなく、独り言を言うことで、何とか少しでも体の中に溜まったストレスを放出しようとする気持ちの表れなのです。

職場でも家庭でも相談する人がいなくて、孤立している人がこういった状況に陥ることが多く見られます。

それはやはり、人に話す、相談するといったことができないので、自分の中にどんどんストレスを溜めたままにしてしまっているのです。

独り言がストレス解消になっている

人間はストレスが溜まってくると、身体にも心にも悪影響がでてきて調子を壊します。

ストレスの度合がある一定以上になってくると、それは「キラーストレス」というものに変わります。

キラーストレスとは文字通り殺すストレスということで、死につながるような重大な病気につながるストレスになってしまうということです。

ですから、ストレスがそこまで大きくなる前にどこかで解消しなくてはいけません。

独り言でもいいから、悩んでいることについて吐露するだけでも、随分とストレスは和らぐものです。

誰も聞いていなくても声に出して言うということがいかに大切かがわかります。

8.精神的に不安定である

精神の安定していない時というのは、心に様々な悪い感情を呼び起こします。

不安、恐怖、嫉妬、怒り、憤怒、疲弊など、ネガティブなな感情が支配して、自分を見失っていることが多くなります。

そういった渦巻く感情が思わず独り言となって声に出して言ってしまう頻度も増えてきます。

気が付いたら「くそっ」とか「ちくしょう」とかという言葉を連発していたり、他人の悪口を自分の中で繰り返していたりするのも、こういった精神の不安定な状態がさせているのでしょう。

精神的に不安定なときは、ほとんどがネガティブな独り言を言っています。

それがまた虚しさを増大させて悪循環にはまっていくのです。

パニック状態になって独り言になっている

あまりにも精神が乱れると、しまいにはパニック状態になって訳のわからない独り言を言い始めます。

こうなると非常に危険ですので、周りの人が早く気づいてあげなければいけません。

こうなるともう1人の力では治すことは難しくなりますので、周囲の助けが必要となってくるでしょう。

こういった状態になる前に周囲が気づく、もしくは自分でストレスを解消する試みをするべきであると思います。

9.慎重である

慎重な性格の人というのは、独り言が多いというのがあります。

自分のやることに対して、何度も独り言で復唱することで安心感がでるのかもしれません。

いきなり行動を起こすのが不安なのでしょう。

まず独り言で自分のやるべきことについて自分に問いかけることで間違いがないかをチェックしているのだと思います。

独り言を言いながら確認している

何かをする時、毎回ミスを防ぐために、独り言で確認をしてから行動に移すのは慎重な人がよくやることです。

これは何も悪いことではありません。

くだらないミスを防ぐためにもいいことだと思います。

ケアレスミスが多い人というのは、圧倒的に確認するという作業が欠けていますから、独り言を言うときに行動の確認をするという習慣をつけるのはいいかもしれません。

10.自己暗示をかけている

人間はメンタルのコントロールができるか否かで。

出せる結果が全く違ったものになってきます。

いくら才能がある人間でも、自分の心を制御できないのなら、力を発揮できないまま終わってしまうでしょう。

それくらいメンタルコントロールは大切なのです。

できる人というのは、自分に暗示をかけています。

自分はできる、やれる、大丈夫だ!など、ポジティブな暗示をかけるのです。

声に出しながら自分を勇気づけている

独り言は、自分が勇気を奮い立たせることができるような力強いフレーズを唱えていることが多いです。

一流のスポーツ選手なども、競技に入る前に何か自分につぶやいているのを見ることがあると思いますが、これも自分を勇気づけるための自己暗示をやっているのだと思います。

大舞台で活躍する選手なら、こういったメンタルのコントロールの技術も皆確立しています。

そうでないと、自分の力を100%出すことなどできないでしょう。

日本人は他の人種と比べて、非常に緊張しやすい人種らしいです。

大舞台や人前にでると上がってしまう人の比率が高いようです。

これは様々な要因があると言われています。

元をたどれば、日本人というのは元々農耕民族であったため、いつ危険が襲ってくるかわからない狩猟民族と比べてのんびりとした性格が多いと言われています。

ですから、いざ自分が切羽詰まった緊張をしいられる局面に立った時に、緊張に普段から慣れていないために、上がって力を発揮できないといったことも言われています。

独り言の改善点

独り言は周りの人に決して良い印象は与えません。

ですから、出来る限り改善していきたいものです。

いろんな方法がありますので自分に合ったものを試してもらいたいと思います。

ガムや飴を口の中に入れておく

ガムや飴などを常に口に入れておくのはいいと思います。

仕事中にお客様対応などしなければいけない仕事などは別として、ガムなどを噛んでも大丈夫な環境であればいいと思います。

要は口が寂しくならないように常に心掛けるということです。

口が寂しいと何かむずむずしてきて、じゃあ何か独り言でも言わないと落ち着かなるといった感じではないでしょうか。

タバコをやめるために禁煙している人も同じような発想をしていることが多く、常にガムや飴をとめどなく口に入れることで、口の寂しさをなくしているのです。

しゃべりにくくなる

ガムや飴などを口に入れておくと、独り言が抑えらえるというのは、単純に口に物を含んでいるのでしゃべりにくくなるということがあります。

口に物を入れたまましゃべっても何を言っているか分からなくなるので自制するのではないかという方法です。

独り言を言い始め出すと止まらない人というのは、一種の病気のようなものですから、強制的に口を塞ぐ方法として口に物を入れておくというものなのです。

口を固く閉じておく

口を固く閉じておくという方法もあります。

口が閉じていれば声は発せられません。

口を無意識のうちに開けているから、癖である独り言がでてくるのです。

よく「口にチャックをする」という言い回しがありますが、よけいなことをしゃべらないという時によく使われます。

口をしっかり閉じておく限りは声を発することはありませんから、とにかく口を固く閉じるというのも一つの方法ではあると思います。

意識的に閉じる

口に力を入れて固く閉じるというのは、一つの意識づけです。

固く閉じるイコール独り言を言ってはいけないという反応を自分に覚えこませるのです。

そういう意識づけが出来てくると、無意識のうちに独り言を言っているということはなくなってくるはずです。

具体的には唇にぐっと力をいれて口を真一文字に結ぶイメージです。

それによって口を閉めたという気持ちになりますから、何かを言いそうになることは少なくなるでしょう。

ストレスや不満を溜めない

独り言が出るのはストレス溜まっているからというのもあります。

ですから、根本的な原因であるストレスを溜めないようにすることを考えていきましょう。

独り言のことに限らず、ストレスを溜めることは心身にとって非常によくないことです。

どうすればストレスや不満を自分の中に溜めないでいられるかを考えましょう。

ストレスというのは問題が起こる。

そしてその問題が未解決のまま放置されていることに対しての悶々とした気持ち、不安や焦りなどの要因が重なって発生してくるものですから、その発生源をつきとめて、発生しないように源から断つ工夫をするとか、問題を避けて通れるならば避けるなど、ストレスを起こさない努力や工夫というものも非常に大事になってくるでしょう。

自分に合う発散方法を見つける

どんなにストレスを防ごうとしても、生きていればストレスは多かれ少なかれ溜まるものです。

ですから、各々が自分に合ったストレスの発散方法を見つける必要があります。

例えば、運動によって解消できる人もいますし、好きなものをたらふく食べることによって発散できる人もいます。

やはり自分の心から好きなことをすることがストレスの発散につながるのは間違いないでしょう。

休みの日や、空いた時間に自分の好きなことをする環境を整えることが大切です。

環境を整えることは案外大切なことで、やっととれた休みに行き当たりばったりで何かをやろうとしても準備不足でできなくなるといったこともよくあることです。

例えば気分転換に小旅行に行くことを思いついたまではいいですが、シーズン中だった為にホテルの予約ができなくなることだってあります。

せっかくの休みを楽しもうとしたのに、こういったことが起こると余計に心が折れて疲れてしまいます。

ですから、ストレス発散するための環境整備もあらかじめちゃんと考えておく必要があるでしょう。

話の合う人を見つける

独り言は、ひとりでいるから独り言を言ってしまうのであって、誰かがいれば独り言を言う必要などありません。

自分に合った良い会話相手を見つけることです。

話しが合う人との会話は心地の良いものです。

相手の話も聞いてあげて、次は自分の話を聞いてもらうというように、対等な関係でいられる人がいいと思います。

これが、上司と部下のような関係となると、会話は制限されストレスが発生するものとなります。

ただ、社会人になると気軽に話せる友達を作ることがいかに難しいかが身に染みてわかります。

なぜなら、同じ会社の同僚というのは、なんだかんだ言ってライバル、競争相手であり、彼らと戦って勝っていかなければ自分が成功することができないので、手の内を全て見せることはなかなかできないからです。

ですから、自分と同じ環境にいる同僚よりも、全く別のことをしている異業種の人のほうが、打ち解けることができる可能性は高いと思います。

同じ土俵で勝負している相手ではないので意識する必要はありませんし、自分とは違ったことをしている人の話を聞くことで新鮮な刺激を受けることができるのでいいと思います。

話すことでスッキリする

気の合う人と話すことは、精神に落ち着きをもたらしてくれます。

悩んでいることを打ち明けたくらいで解決にならないことは分かっていますが、吐露するだけで随分と気が楽になるものです。

それで自分ではない他人の意見を聞いてみることで、思わぬ解決策が見つかることもあります。

こういった会話ができない人は、誰にも自分の話を打ち明けられないので、ブツブツと独り言を言うようになっていくのです。

独り言もある程度のストレスの発散にならなくはないですが、実際誰かに聞いてもらうのとは雲泥の差があります。

歴史的に見ても、優秀な武将と呼ばれる人達のそばには必ずと言っていいほど、名参謀という人がついていました。

三国志で言うと、劉備玄徳のそばには諸葛孔明、曹操のそばには司馬懿といった具合です。

天下人たる人もやはり多くのことを相談できる人間を必ず必要としていたのでしょう。

相談することによって解決策を見つけたり、進言に従ってみることで成功へ導くといったこともあるのでしょう。

それくらい話をする相手がいると自分の視野が広がってくるのです。

私生活を充実させる

人生の成功にはバランスが大切で、いくら仕事がうまくいっていても私生活がボロボロでは、それは成功とは言えません。

私生活の破綻はやがて、うまくいっていた仕事にも影を差すようになり、両方ともダメになることが非常に多いです。

多くの日本人はこのことが分かっていない人が多く、仕事さえバリバリできれば成功だと考えているから、ないがしろにしていた私生活のほうから崩れていき、やがてはし仕事もダメになるのです。

ですから、私生活をどのように過ごすかも真剣に考えるべきなのです。

欧米と日本は違うと言う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

欧米の人々は家族を第一に考えています。

妻が出産の時は当然仕事は休みますし、何かの記念日なども家族で過ごすことを優先させます。

それは単に仕事よりも家族との時間のほうが好きだというのではなく、プライベートの充実がなければ、人生の充実などあり得ないことを、欧米の人のほうがちゃんと理解している人が多いということだと思います。

日頃の生活を楽しめて独り言が減る

私生活の環境も整えて、そこが安らぎや癒し、リラックスができる状態にもっていけたら、人生がより楽しくなると思います。

私生活が充実している人がブツブツと独り言を言うことなど想像できません。

私生活充実は仕事にもいい影響をもたらすので、より意欲的に仕事ができるようになって好循環が生まれてくることでしょう。

まとめ

「最近どうも独り言が増えたなあ」と思っている人は多いのではないでしょうか?

それだけ生活の中でストレスを抱えて疲れている証拠なのかもしれません。

自分が独り言をよく言っていることに気がついた時は、一度立ち止まって考えてみてください。

このままではいけないと。

このままでは疲れやストレスがやがて、体や心に悪影響を及ぼしてしまうので、いろんなことを見直したほうがよいことに気づきましょう。

仕事と私生活両面の見直しをはかるのです。

特に私生活では、仕事などのストレスを発散できる環境を整えなくてはいけません。

そして、リラックスできる環境でなくてはいけません。

その辺をよく考えて環境の設定を行いましょう。

環境が整って充実してくると、何に対しても意欲的に取り組むことができますし、メンタルも安定してきます。

そうすればブツブツと独り言を言って他人に迷惑がられることもなくなるでしょう。

独り言を改善させる鍵は人生の充実にありということです。