大好きな人との別れや、想いを告げた相手にフラれてしまった時、とても辛くて悲しい気持ちになってしまいますよね。

悲しい気持ちが胸一杯に広がってしまうと、他には何も考えられなくなってしまいます。

実はそんな辛い失恋の最中にこそ、気付けることがあるのです。

失恋に隠された意味や、失恋を乗り越えてもっと素敵な女性になるための方法をご紹介します!

失恋には意味がある

出会いがあれば、いつかは必ず別れがあります。

その別れがほんの数日後に訪れることもあれば、生涯を共にしたその先で、永遠の別れが訪れることもあるでしょう。

生命には別れが必然ですので、遅かれ早かれ愛する人との別れの時は訪れるでしょう。

しかし、自分では思いもよらないところで大好きな人との別れがきてしまった時。

例えばそれが失恋をしてしまった時には、まるでこの世の終わりのような悲しい気持ちに襲われてしまうことがあります。

「フラれてしまった」「二人の関係が終わってしまった」という事実で頭がいっぱいになってしまいます。

そして、他には何も考えられずに、ただただ悲しく辛い気持ちに支配されてしまうこともあるでしょう。

しかし、少し落ち着いて考えることができるようになれば、その失恋には何かしらの意味があるのだということに、きっと気付けることでしょう。

大好きな人との辛い別れには、いったいどのような意味があるのでしょうか?

考えられるものを以下にご紹介していきます。

別れた相手はベストパートナーではないということ


あなたは「運命の人」がこの世には存在すると信じていますか?

運命の人というのは、自分がそう感じる相手のことを指します。

迷信だと言われることもあります。

しかし、出会った瞬間に「この人だ!」とハッキリと感じ取れる相手に出会える人も、実際に世の中には存在しています。

そして大抵の場合、運命の人というのは互いに強く惹かれ合うものです。

どちらかが一方的に運命を感じる場合には、実はその相手は自分の本当の運命の相手ではない場合が多いです。

自分が好きになって付き合った相手であっても、時間の経過とともに嫌な部分が見えて別れてしまったり。

もしくは相手にフラれてしまったりした場合には、その相手はあなたにとって、ベストパートナーではなかったのでしょう。

フラれれば誰でも悲しい気持ちになってしまいます。

しかし、あなたを振るということは、その相手はあなたにとって本当に相応しい相手ではなかったと考えることができます。

本当に必要な相手と出会うために別れが来た

もしもあなたの本当のベストパートナーがすぐ近くにいたとしても、その時にあなたが別の誰かと付き合っていたり、他の誰かに対して盲目的になっていたりしては、運命の相手と結ばれることは叶いません。

自分にとって、運命の相手以上の人と出会えることはありません。

今付き合っている人が運命の人ではないのなら、あなたにとって本当の幸せに気づくことはできなくなってしまいます。

もしも今付き合っている人が人生のベストパートナーであるのなら、きっと別れる選択肢はやってこないことでしょう。

ということは、あなたが失恋した今の状態は、あなたにとってはピンチでも絶望でもなく、本当のベストパートナーを見つけるためのチャンスなのです。

自分が本当に必要な相手と出会うために別れが来たのだと思えば、きっと悲しい中にも前向きな思いを見つけることができるでしょう。

悲しく辛いことがあった時は楽しいことがあるという証拠

どんな人でも、悲しく辛いことがあった時には、その後で必ず楽しいことが巡ってくるものです。

それは楽しいことが巡ってくるように本人が努力した結果そうなる場合もあれば、何もしていなくても幸運が巡ってくることもあります。

不思議なことですが、どん底まで落ちた後には楽しいことが起こるという法則がこの世には存在しています。

どんな人でも辛いことの後には楽しいことが巡ってきやすいのです。

そもそも、一度どん底まで落ちてしまえば、それ以上落ちることはあり得ません。

そのため他にどんなことが起ころうと、今以上に酷い結果になることはないのです。

失恋の痛手で辛い気持ちに陥ってしまった時には、「後はもう上がるだけ」「この先きっと楽しいことがあるはず」と考えるようにしてみてください。

少しは前向きな気持ちを持つことができるでしょう。

失恋があるからこそ次の出会いを大事に出来る

一度失恋を経験すると、次に異性との出会いがある時にはそれを自然と大切にしようと思えます。

「もうあんな辛い思いはしたくない」と次の恋愛をするのに当然慎重にもなります。

しかし、「この人となら上手くやれるかもしれない」と思える相手に出会えれば、その相手のことをこれまでの元恋人以上に大事にしようと思えるものです。

何故なら、過去の失恋の経験から、「同じようにこの人を失わないように気をつけよう」と学んで言動や行動、考え方が慎重になるからです。

例えば前の恋愛で、相手を束縛し過ぎてフラれてしまったのであれば、今回は同じことをしてしまわないようにと、束縛し過ぎないように気をつけることでしょう。

また、例えば元恋人とは愛情表現が足らずに別れてしまったのであれば、次に付き合う相手にはたくさん愛情表現をするようになるでしょう。

失った経験があるからこそ、次の出会いを大事にできるようになりますよね。

それが結果的に「あの時失恋をしたからこそ今がいい恋愛をできている」と思えるようになるのです。

そう思えば、辛い失恋も乗り越えていこうと思えるものです。

冷静になって付き合っていた頃の自分を見直すことが出来る


失恋をした直後には、悲しみや辛い気持ちばかりが襲ってきて、冷静に物事を考えられなくなってしまいます。

そのため、悲しい時には無理にそれを忘れようとはせずに、思いっきり悲しみましょう。

泣きたければ気が済むまで泣いた方が、気持ちが早くスッキリできます。

「どうして」と悩める時には思う存分に悩んで、今の自分の気持ちに素直に従いましょう。

するとそれだけ立ち直りも早くなります。

また気持ちを落ち着けることができるでしょう。

冷静になれば、付き合っていた頃の自分を見直すこともできます。

気持ちが冷静になれば、失恋の原因についてもしっかりと考えることができるようになります。

「相手のことを思い遣っていたか」

「自分の気持ちを一方的に押し付けてはいなかったか」

「相手の浮気で失恋したのなら、その浮気の原因は何だったのか」

などをしっかりと客観的に見直すことができれば、その反省を次の恋愛に活かすことができるでしょう。

次に付き合う人は、もちろん過去に付き合ってきた人とは考え方が違うでしょう。

そのため過去の経験をすべて当てはめることはできません。

しかし、少なくとも自分自身の言動や気持ちの持ち方は反省を次の恋愛に活かすことができます。

付き合っていた時に我慢していたことを思う存分出来るようになる

好きな人ができたり、恋人がいたりする間は、少なからず自分が我慢していたことがあるでしょう。

例えば異性を含めた友達との集まりやクラブ、飲み会へのお出かけ。

趣味を楽しむことなど、彼氏に遠慮して思う存分にやれなかったことがあるという人もいるでしょう。

付き合っていた時にはそれを足かせとは思っていなくても、やはり自分の好きなことができないというのは多少なりともストレスになってしまいます。

それが彼氏と別れたことによって解放されます。

そうすると、「こんなに自分は我慢していたのか!」と改めて付き合っていた頃の不自由さを実感することもあるでしょう。

彼氏と別れた今、それらを我慢する必要は一切なくなります。

そのため気兼ねなく自分の好きなことを楽しんでいれば、失恋の痛手から立ち直るのも早いでしょう。

自分だけの趣味に時間を使うことが出来ます

彼氏ができると、尽くす女性ほど彼氏の趣味に自分も合わせようとします。

例えば彼氏がロック好きなら自分は好きでなくても、ちょっと無理してロックを聞こうとしたり、詳しくなろうと努力したりします。

そうすることで彼氏の好きなものを共有する楽しみも生まれます。

しかし、本来自分が好きでないものや無関心なものに対しては、それを好きになろうとすることが少なからず苦痛に感じられてしまうでしょう。

また、自分の好きなものを彼氏が「嫌い」だと言えば、彼氏のためにも好きなものを封印してしまう女性もいるでしょう。

一見「彼氏のために尽くす女性」の理想像にも思えます。

でも、本来のあなた自身の良さを無理に失くしてしまっている状態です。

あなたの持つ魅力が減ってしまっている状態でもあるのです。

しかし彼氏と別れた後は自分だけの趣味に思う存分時間を使うことができます。

彼氏と付き合っていた時よりもさらに生き生きと人生を輝かせることができるかもしれません。

彼氏がいた時には彼氏に割いていた時間も、気兼ねなく自分のためだけに使えるようになります。

それは彼氏と別れて、むしろ良かったと言えるかもしれません。

もっと素敵な女性になるためのチャンスを逃さないためには?

失恋をすることで、女性は今よりももっと素敵な女性に生まれ変わるチャンスを得ることができます。

失恋は何もかも失うことであると思われやすいです。

しかし実際にはその反対で、失恋したからこそ次は今よりももっと自分を輝かせようと努力するきっかけにもなります。

今の自分に満足している人は、現状に安心しきってしまい、それ以上自分を磨こうとは思わないでしょう。

一方で失恋をしてしまった人は、今の自分に何か足りないものがあったからだと自己反省する人が多いのです。

次に恋愛をするまでにはその反省を活かして今以上に努力しようと前向きに考えることが多いです。

失恋を経験することはいわば、今よりもさらに魅力的な自分になるためのステップアップに過ぎないと考えましょう。

そうすることで、いつまでも失恋の痛手をぐじぐじと背負い続けずに済みます。

とはいえ、失恋から学んで今よりももっと素敵な女性になるためには、具体的にどのような行動をすればいいのでしょうか?

もっと素敵な女性になるためのチャンスを逃してしまわないためにも、しっかりとそのチャンスを捕まえるように心がけましょう。

どのように行動すればチャンスを逃がさなくても済むのか、その具体的な方法を以下にご紹介していきます。

振り返って反省をしてみる

彼氏にフラれてしまった時、または告白して玉砕してしまった時、その理由を考えることなくただひたすらに悲しむ人がいます。

また、人によっては自分がフラれた原因を相手に責任転嫁して、自己反省をせずに相手を責めるだけの人もいるでしょう。

しかし、それでは何故自分がフラれてしまったのかの原因を探ることができないため、何度も同じ別れや玉砕を繰り返してしまいます。

例えば彼氏にフラれた原因が自分のわがままだった場合には、それに自分で気づくことができません。

そして次に付き合った人に対しても、わがままに振舞ってしまい、結局はまたフラれてしまうことになるでしょう。

告白をしてフラれた場合には、単に自分が相手の好みではなかったのかもしれません。

しかし、一度恋仲になった相手にフラれた時には、必ずそこには原因があります。

その原因を探るためにも、失恋をしたら必ず振り返って反省をする必要があるでしょう。

自分が悪かったことを紙に書きだしてみましょう

失恋をしてしまった時、その原因は自分だけにあるというわけではありません。

もしかしたら相手の方が悪かった部分があるのかもしれません。

だからといって自分には何も悪いところがないと言い切れることもできないでしょう。

そのため、失恋後には何が別れの原因となってしまったのかを探るべく、自分が悪かったと思えることを紙に書きだしてみましょう。

直接紙に書きだすことで、視覚からも自己反省を促すことができます。

彼と付き合っていた時に、自分のこんな部分が悪かったなと思える部分を思いつく限りどんどん書きだしていきましょう。

そこから自己反省をするべき点を見つけることができるでしょう。

そして一度反省したことは忘れないように気をつけてくださいね。

次に恋人ができた時には同じことを繰り返さないように意識しましょう。

自己反省をすることで、今後の恋愛に活かしていくことができるでしょう。

彼と合わなかった部分を思い出してみましょう

失恋した直後には、ただただ悲しい気持ちにしかなれないことでしょう。

しかしそれも、少し落ち着いてくれば冷静に二人の関係を振り返ることができるようになります。

彼と一緒にいた時に、「合わないな」と感じた部分はありませんでしたか?

別れてしまったからには、きっと一つは彼との相性で合わないと感じた部分があることでしょう。

付き合っていた時にはそれでも彼のことが好きだったので、彼との合わない部分には目を瞑っていたことでしょう。

しかし互いにそれが見過ごすことができなくなってしまった結果、別れに至ってしまったというケースも少なくはありません。

例えば自分は大雑把だけど彼は神経質な性格だった。

自分は時間通りに行動するのに彼は時間にルーズだった。

そんな性格的な部分で合わないと感じる部分があれば、その違和感は付き合っている間中消えることはなかったでしょう。

何かが合わなかったからお別れをしたはずです

互いを好きになることも、付き合うことにもとくに理由は必要ありません。

しかし、別れる時には必ず何かしらの理由が必要になるでしょう。

理由がなければ別れる結果にもならないはずです。

互いに何かが「合わない」と感じることで、それが別れの理由になることも少なくはありません。

そしてその「合う・合わない」という感覚は、実際に付き合ってみなければ分からないことでもあります。

例えば容姿に一目惚れをして付き合ったのはいいものの、想像以上に相手の性格が悪かった。

自分とは価値観が違っていたりすれば、付き合い始めた当初は我慢出来ても、その先何年も我慢し続けるのは難しいでしょう。

もしも自分が彼に対して合わないと感じる部分がなかったとしても、彼にとってはあなたと合わないと感じた部分があるのかもしれません。

「合わない」という感覚は、歯に挟まった食べかすのようにいつまでも違和感となってその人の心に残り続けます。

そして少し関係に問題が生じた時には、その違和感が大きくなったり、不快に感じられたりしてそのまま別れの原因になってしまうこともあるのです。

積極的に行動してみる

失恋して思い切り悲しんだ後には、あえて何事にも積極的に行動してみましょう。

気持ちが沈んでいるととてもそんな気分にはなれないかもしれません。

けれども落ち込んでばかりいても、そこから自分の人生が上向きになることはありません。

思い切り悲しんで落ち込んだ後には、少し気持ちが落ち着いたタイミングで友達や家族からの誘いに応じてみましょう。

そして、気分転換と称して自ら出かけたりしてみましょう。

彼と付き合っていた時に我慢していたことがある人は、彼から解放された今、思いっきり前のように自分の趣味を楽しみましょう。

それが遊びであれ旅行であれ仕事であれ、誰にも気兼ねする必要はないのです。

久々に思い切り自分の趣味を楽しみましょう。

そうすることで気持ちが前向きになれることもあります。

また、忘れていた充実感や満足感をまた味わえるようにもなるでしょう。

彼に使っていた時間を他の人と出会う時間に変えてみましょう

彼に一途に尽くすタイプの人や、恋をすると盲目的になってしまう人。

そんな人は、彼氏ができた途端に他の何を犠牲にしてでも彼との時間を大切にすることが多いです。

友情よりも恋愛を選んでしまうタイプの女性は特にその傾向が強く、彼氏ができると友達を失くしてしまうという人もいるでしょう。

友情も恋愛と同じように、続かないこともあります。

しかし、恋愛よりも良い関係を保ち続けることはできます。

同性の友達であれば異性関係のいざこざもないため、安心して何十年来の友情を築くこともできます。

しかし、そうした貴重な友情を自ら台無しにしてしまっては、彼氏と別れた後で自分の周りには誰も残らなくなってしまいます。

彼氏といた時には彼氏にばかり時間を使っていたという人は、別れた後には彼氏以外の人のために時間を割きましょう。

彼のために使っていた時間を、他の人と出会う時間に変えてみることで、新しい出会いや友情を築くきっかけになるかもしれません。

また、思いもよらないところで新たな恋のきっかけに出会えることもあるでしょう。

「彼だけのため」ではなく、「たくさんの人のため」に時間を使うことで、それが自分のためにもなるのです。

精神的に自立をする

依存体質の人は、彼氏ができるとべったりと彼氏に依存してしまうことが多いです。

金銭的な面や生活の面だけでなく、精神的にも彼氏がいなくては生きていけなくなってしまうと、別れた後の孤独感や喪失感は大きいです。

その後でどうやって生きていけばいいのか分からずに思い悩んでしまうこともあるでしょう。

人は一人では生きていけないものですが、だからといって他人に依存してしまうのはまた違います。

誰かと一緒に生きていきながらも、自分も精神的に自立することで、いざ一人になっても逞しく生きていくことができるでしょう。

精神的に自立するためには、考え方をある程度自分本位にする必要があります。

例えば依存体質の人は、常に「彼氏のために」「彼氏がこう思っている」ということを前提に自分の気持ちも考えます。

しかしそれでは、彼氏がいなくなった時に自分の考えが何もない状態になってしまいます。

基本的には「自分がどうしたいか」「自分が何を思っているのか」ということを常に頭で考えるようにしましょう。

自分の気持ちを一方的に押し付けるのも良くありません。

まずは主体的な考えを持つことで、精神的な自立の一歩に繋がります。

金銭面だけではなく1人で生きていける強い女性になりましょう

男性はデートの際や生活費などで、女性よりも多く支払うことがよくあります。

そのほとんどは男性からの好意によるものです。

それに甘え切ってしまっていると、いざ彼氏と別れた後には金銭的に困ってしまうことがあるでしょう。

また、付き合っている時に何もかも彼氏任せにしていた人もいると思います。

そうなると、1人になった途端にどうしていいか分からずに、自分で上手く身の振り方ができなくなってしまうこともあるでしょう。

そうした金銭面や、精神的な面でも1人で生きていくことができるような強い女性を目指しましょう。

自分を愛す練習をする


自分で自分を愛することができている人は、例え失恋を経験しても、そこから立ち直りやすいでしょう。

しかし、誰かに愛してもらうことでしか自信が得られない人は、失恋すると途端に自分に自信がなくなってしまいます。

「自分の何がいけなかったのか」と自己嫌悪や自暴自棄に陥ってしまいやすくなります。

他者からの愛というのは、永続的に受けることは難しいものです。

身内であればまだしも、彼氏や友人となると所詮は他人です。

何かトラブルが起きたり気持ちがすれ違ったりした時には、簡単に向けられていた愛情はなくなってしまいます。

そんな不確かで不安定なものに自分の精神を委ねていると、自分自身のためにはならないでしょう。

例え彼に愛されなくなっても、自分を保てるようになるためには、自分で自分を愛せるようになる必要があります。

自分で自分を愛するということは、すなわち自分を大切にするということです。

彼に尽くすことも大事です。

しかし、それ以上にまずは自分の気持ちを大事にしてあげられるようになれば、彼のために無理をし過ぎることはなくなります。

精神的にも落ち着いて余裕が持てるようになるでしょう。

悲しい時は我慢をせずに泣いてみる


悲しい時にそれを無理に我慢しようとすると、いつまで経っても心の奥底に悲しい感情が残り続けてしまいます。

それは未練や後悔となってふとした時に頭に浮かんできます。

前向きに生きようとする自分自身の足を引っ張ることになるでしょう。

悲しい気持ちを早く忘れるためには、いっそ思い切り悲しい気持ちに浸ってしまいましょう。

思い切り悲しんで、泣きたいだけ泣けば、自然と気持ちは落ち着いてきます。

そして気持ちが落ち着けば、自己反省をしたり、前向きになったりすることができます。

まずは悲しい気持ちを存分に発散させるようにしましょう。

もしも上手く泣けないという人は、映画や音楽の力を借りて泣くのもいいでしょう。

自然と涙腺が緩んでくれば、そのまま泣くことができるでしょう。

思う存分泣いたら笑う時間も大切にする

泣くという行為は気持ちがスッキリする上に、思った以上に体力を使います。

子どもはよく泣き疲れて眠ってしまうことがあります。

大人でもたくさん泣いた後には疲れを感じ、その晩はぐっすりと眠れることが多いです。

そしてまた、たくさん泣いた後には、不思議と快眠できることも多いため、翌日には瞼は腫れていても、気持ちは少なからずスッキリしていることでしょう。

思う存分泣いた後には、今度は笑う時間も大切にしましょう。

泣いて辛い気持ちを流した後には、たくさん笑うことで気持ちを明るく前向きなものにさせることができます。

また、笑顔は人を惹きつけるため、そう間を置かずに次の出会いに恵まれるかもしれません。

もちろん直ぐに次の恋愛に移ることは難しいでしょう。

しかし、次の出会いに向けたきっかけを作るためにも、たくさん泣いた後にはたくさん笑う機会を作りましょう。

女友達や家族との時間を大切にする

失恋をした後は、まるで世界で自分が独りぼっちのような孤独感に襲われることもあります。

彼氏に依存していた人は特にその傾向が強く、一人きりの孤独に耐えられずにそのまま精神的に落ち込んでしまうこともあるでしょう。

確かに失恋の痛手はその人にしか分かりません。

しかし、だからといってあなたの側にはもう誰もいないかというと、そういうわけではありません。

落ち着いてよく周りを見てみれば、家族や友人がまだあなたの周りにはいることでしょう。

自分と関わりのある人や、仲の良い人の存在を思い出すことができれば、自分が独りぼっちなわけではないということに気付くことができるでしょう。

また、彼氏がいた時には彼だけに盲目的になっていた人も、彼氏と別れたことで周りの大切な人たちのことを改めて認識することができるようにもなります。

髪形やメイクを変えてみる

彼と付き合っていた時には、彼好みの服装や髪型、メイクにしていたという人は、別れた後はそれまでとは違った外見を作りましょう。

彼と付き合うまでは、きっと自分の好みの服装や髪型、メイクなどがあったはずです。

彼の好みのままの外見を作っていると、いつまでも彼との思い出を引きずってしまいます。

別れた後には元の自分好みの外見に戻しましょう。

また、もしも彼と付き合ったことで本来の自分のスタイルを忘れてしまったという人は、まったく新しく自分の外見を作るのもいいでしょう。

雑誌やテレビを参考にして、今と違う髪型や服装、メイクにすることで少しは気分転換ができるでしょう。

新しい習い事を始めてみる


彼のことを忘れたくても、ふとした時に思い出してしまうという人は、彼と付き合っていた時にはやったことのない習い事を始めてみてはいかがですか?

そうやって、まったく新しい趣味を見つけたりすると良い気分転換になるでしょう。

彼氏と経験済みのことや、思い出の場所、曲、映画などに浸っていては、いつまで経っても彼のことを忘れることはできません。

彼氏のことを忘れるためには、彼氏といた時にはまったくやらなかったことを新しく始める必要があります。

そうすることで新鮮な気持ちになれます。

新しいことで心を埋めることができますので、気持ちも切り替えやすくなるでしょう。

【おすすめな習い事は、こちらの記事もチェック!】

今までやっていなかったことにチャレンジしましょう

新しく始めることは、習い事や趣味、運動などどんなジャンルでも構いません。

とにかく「彼と付き合っていた時には経験したことのないこと」が重要なポイントです。

彼との思い出があることでは、やる度に彼のことを思い出して沈んでしまいます。

しかし、新しく始めたことであれば、やっている最中に彼のことを思い出すこともありません。

今までやっていなかったことにチャレンジしていきましょう。

失恋はあなたをもっと素敵な女性にする

失恋をすると、それで全てがダメに感じたり、この世の終わりのように思えてしまったりすることがあります。

しかし、失恋とはそこで終わってしまうものではありません。

確かに今までの恋愛とは決別する時ですが、だからといってあなた自身の恋愛はまだこの先も続いていきます。

別れを経験したのなら、また次は別の出会いがあるものです。

失恋することで、今よりももっと自分が素敵な女性になる機会を得たのだと思えれば、これから先の新たな恋愛にも希望が持てるようになるでしょう。

▼【関連記事】素敵な女性の特徴はこちらをチェック!
素敵な女性はどこが違う?その特徴まとめてみました →