CoCoSiA(ココシア)

別れや失恋には意味がある5個の理由。もっといい人に出会えるチャンスかも


大好きな人との別れや、想いを告げた相手にフラれてしまった時、とても辛くて悲しい気持ちになってしまいますよね。

悲しい気持ちが胸一杯に広がってしまうと、他には何も考えられなくなってしまいます。

実はそんな辛い失恋の最中にこそ、気付けることがあるのです。

失恋に隠された意味や、失恋を乗り越えてもっと素敵な女性になるための方法をご紹介します!

失恋には意味がある

出会いがあれば、いつかは必ず別れがあります。

その別れがほんの数日後に訪れることもあれば、生涯を共にしたその先で、永遠の別れが訪れることもあるでしょう。

生命には別れが必然ですので、遅かれ早かれ愛する人との別れの時は訪れるでしょう。

しかし、自分では思いもよらないところで大好きな人との別れがきてしまった時。

例えばそれが失恋をしてしまった時には、まるでこの世の終わりのような悲しい気持ちに襲われてしまうことがあります。

「フラれてしまった」「二人の関係が終わってしまった」という事実で頭がいっぱいになってしまいます。

そして、他には何も考えられずに、ただただ悲しく辛い気持ちに支配されてしまうこともあるでしょう。

しかし、少し落ち着いて考えることができるようになれば、その失恋には何かしらの意味があるのだということに、きっと気付けることでしょう。

大好きな人との辛い別れには、いったいどのような意味があるのでしょうか?

考えられるものを以下にご紹介していきます。

別れた相手はベストパートナーではないということ


あなたは「運命の人」がこの世には存在すると信じていますか?

運命の人というのは、自分がそう感じる相手のことを指します。

迷信だと言われることもあります。

しかし、出会った瞬間に「この人だ!」とハッキリと感じ取れる相手に出会える人も、実際に世の中には存在しています。

そして大抵の場合、運命の人というのは互いに強く惹かれ合うものです。

どちらかが一方的に運命を感じる場合には、実はその相手は自分の本当の運命の相手ではない場合が多いです。

自分が好きになって付き合った相手であっても、時間の経過とともに嫌な部分が見えて別れてしまったり。

もしくは相手にフラれてしまったりした場合には、その相手はあなたにとって、ベストパートナーではなかったのでしょう。

フラれれば誰でも悲しい気持ちになってしまいます。

しかし、あなたを振るということは、その相手はあなたにとって本当に相応しい相手ではなかったと考えることができます。

本当に必要な相手と出会うために別れが来た

もしもあなたの本当のベストパートナーがすぐ近くにいたとしても、その時にあなたが別の誰かと付き合っていたり、他の誰かに対して盲目的になっていたりしては、運命の相手と結ばれることは叶いません。

自分にとって、運命の相手以上の人と出会えることはありません。

今付き合っている人が運命の人ではないのなら、あなたにとって本当の幸せに気づくことはできなくなってしまいます。

もしも今付き合っている人が人生のベストパートナーであるのなら、きっと別れる選択肢はやってこないことでしょう。

ということは、あなたが失恋した今の状態は、あなたにとってはピンチでも絶望でもなく、本当のベストパートナーを見つけるためのチャンスなのです。

自分が本当に必要な相手と出会うために別れが来たのだと思えば、きっと悲しい中にも前向きな思いを見つけることができるでしょう。

悲しく辛いことがあった時は楽しいことがあるという証拠

どんな人でも、悲しく辛いことがあった時には、その後で必ず楽しいことが巡ってくるものです。

それは楽しいことが巡ってくるように本人が努力した結果そうなる場合もあれば、何もしていなくても幸運が巡ってくることもあります。

不思議なことですが、どん底まで落ちた後には楽しいことが起こるという法則がこの世には存在しています。

どんな人でも辛いことの後には楽しいことが巡ってきやすいのです。

そもそも、一度どん底まで落ちてしまえば、それ以上落ちることはあり得ません。

そのため他にどんなことが起ころうと、今以上に酷い結果になることはないのです。

失恋の痛手で辛い気持ちに陥ってしまった時には、「後はもう上がるだけ」「この先きっと楽しいことがあるはず」と考えるようにしてみてください。

少しは前向きな気持ちを持つことができるでしょう。

失恋があるからこそ次の出会いを大事に出来る

一度失恋を経験すると、次に異性との出会いがある時にはそれを自然と大切にしようと思えます。

「もうあんな辛い思いはしたくない」と次の恋愛をするのに当然慎重にもなります。

しかし、「この人となら上手くやれるかもしれない」と思える相手に出会えれば、その相手のことをこれまでの元恋人以上に大事にしようと思えるものです。

何故なら、過去の失恋の経験から、「同じようにこの人を失わないように気をつけよう」と学んで言動や行動、考え方が慎重になるからです。

例えば前の恋愛で、相手を束縛し過ぎてフラれてしまったのであれば、今回は同じことをしてしまわないようにと、束縛し過ぎないように気をつけることでしょう。

また、例えば元恋人とは愛情表現が足らずに別れてしまったのであれば、次に付き合う相手にはたくさん愛情表現をするようになるでしょう。