大好きな彼氏から“愛しい”なんて思われていたら、誰だって嬉しくなってしまうのではないでしょうか。

できることなら、彼氏には愛しいと思ってもらいたいものですよね。

では、彼氏はどんなときに彼女のことを“愛しい”と感じるのでしょうか。

今回はそんな彼氏が“愛しい”と感じる彼女の行動や態度、“愛しい”と思ってもらえるための方法についてまとめていきます。

「愛しい」と感じる彼女の行動や態度13個!

好きという言葉とは違い、“愛しい”という言葉には重みや深みがあるように感じると思います。

女性も、彼氏に対して“好き”と感じるよりも“愛しい”と感じることのほうが特別感があるのではないでしょうか。

では、実際に男性が彼女のことを“愛しいなぁ”と感じるのは、どんなタイミングだと思いますか?
実は、ちょっとしたタイミングや日常のしぐさに“愛しさ”を感じていたりするんだそうです。

彼氏が自分のそんな仕草に“愛しい”と感じていると知ったら、少し恥ずかしく感じてしまうかもしれませんね。

1.笑顔


彼氏が“あー愛しいなぁ”と思ってしまう瞬間で、多く出されるのが笑顔だったりするんです。

デートに行けば、少なくとも一度は笑うタイミングってありますよね。

そんなときに、男性は“愛しい”と感じていたりするんだとか。

たしかに笑顔って、見ているだけで気持ちが前向きになりますし、楽しいのかなって嬉しくなってしまったりしますよね。

女性からしたら、そんな普段の姿で“愛しい”と感じてくれているの?と思うかもしれません。

しかし、男性からしたらそんな普段の姿こそ“愛しい”と感じるんだと思います。

顔全体で笑う

笑顔の中でも、男性が好きなのは顔全体で笑うニコニコの笑顔です。

笑うといっても、微笑んだり写真などを撮ったりするときの笑顔など、色々ありますよね。

そうではなく、本当に面白いと思っているからこそ出るような、くしゃくしゃの笑顔だったりするんです。

楽しそうに笑っているその姿こそ、“愛しい”と感じ、この笑顔を守りたいと思うのでしょう。

女性の中には、そんなふとしたときに出る素の笑顔に自信がなくて、つい隠してしまったり、無意識に手で覆ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、男性はそんな恥ずかしそうな姿にもきゅんとしてしまったり、“愛しい”と感じてしまったりするようです。

女性も、男性が楽しそうに笑っている姿を見て、かっこよくないと感じたり、がっかりしてしまうなんてことあまりないのではないでしょうか?

むしろ楽しそうで可愛いな、こんな無邪気な一面もあるんだなと惚れ直してしまうことのほうが多いと思います。

なので、恥ずかしがらずに楽しいときには満面の笑みで、彼氏をきゅんとさせたり、“愛しい”と惚れ直してもらったりしてみてはいかがでしょうか。

2.喜ぶ姿


男性は、女性を喜ばすことが好きですよね。

それは、純粋に喜んでほしいと感じているのももちろんですが、女性が喜ぶ姿を見たいと思っていたりもするんだとか。

自分がしてあげたことによって、彼女が笑顔になって喜んでいる姿は、男性からしたらたまらないんだそうです。

これも女性にも同様のことが言えるのではないでしょうか。

たとえば、どこかに出かけるときにお弁当を作っていって、彼氏が喜んで食べてくれる姿を見たら、自分まで嬉しくなりますし、頑張って良かったと思いますよね。

喜ぶ姿には、そんなお互いを喜ばせることのできる力があるんです。

何かしてもらったときには、“愛しい”と思ってもらいたいなどは関係なくとも、めいっぱい喜ぶと、男性はまたしてあげたいと思ってくれるはずですよ。

3.美味しそうに食べる姿

男性の中でも意外と多いのが、女性が美味しそうにご飯を食べている姿を見て“愛しい”と感じるということ。

女性が美味しそうに食べる姿は、なんだか無防備で無性に可愛らしく感じてしまったりするんだとか。

たしかに、普段クールな彼女や一見少食そうな彼女が、美味しそうにご飯を頬張っている姿は、普段とのギャップで一層“愛しい”と思ってしまうかもしれません。

ニコニコしながら本当に美味しそうに食べている姿を見ると、それだけで料理が美味しく感じてしまったりすることもあると思います。

それに、女性は男性の前ではなるべく食べないようにしていたり、少食に見せたりすることもあるでしょう。

それが自分の前では、美味しそうにご飯をたくさん食べる姿を見ていると、自分には気を許してくれているのかなと感じたりして、彼女を大切に思ったり“愛しい”と感じるきっかけになったりします。

なので、惹かれてしまわないかなと心配にならずに、勇気を出して美味しそうにご飯を食べてみるのもいいかもしれません。

女性にとっても、本当はもっと食べたいものを我慢して少食に見せるより、いっぱい食べて愛しいと思ってもらえるほうが素の自分を受け入れてくれるような気がして、嬉しいのではないでしょうか。

そうやって二人の距離を縮めていくのもいいと思います。

美味しいと言葉にすることもポイント

美味しい表情ももちろん効果的ですが、それよりもやっぱり言葉で「美味しい」と伝えるのが一番です。

美味しそうに頬張って食べていたとしても、中には伝わらなかったり、自分に気を遣ってくれているのかな?と考えてしまう男性もいるんだとか。

そんな人には、美味しそうな表情や食べっぷりだけでなく、言葉でも「美味しい」と伝えることで、さらに“愛しい”と思ってもらえるかもしれません。

それに、本当に美味しくて楽しくて嬉しいものであれば、自然と「美味しい」と言葉にしてしまうでしょう。

そして、そのときにはぜひ満面の笑みで言うことをおすすめします。

4.甘える

男性は頼られて必ようとされると、自分が守ってあげなきゃという防衛本能が働きます。

そのため甘えられると、頼りにされているから自分が頑張らなきゃとして、彼女のことをもっと大切にし、“愛しい存在”として思ってもらえたりもするでしょう。

また、甘えられることによって、自分には心を許してくれている、頼ってくれていると感じて、二人の仲はさらに深まるはずです。

二人の仲が深まっていけば、男性が“愛しい”と思うような場面は、もっと増えていくと思います。

そんなきっかけにもなるので、甘えるのがなかなか恥ずかしくてできない女性も、思い切って甘えてみるといいのではないでしょうか。

もしかしたら、彼のほうからも甘えてきてくれて、今までに見たことのない可愛い姿に、あなたも彼氏のことを“愛しい”と感じるかもしれません。

5.照れる

照れるというのは、恥ずかしいことがあったときだと思います。

彼氏や人に見られたくない一面を出してしまったり、見つかってしまったりしたときに顔が赤くなって、照れてしまいますよね。

自分にしか見せない姿、女性があまり見せたくない姿を見たいと思うのは、男性が本能的にもっているいたずら心や好奇心だったりします。

そのため、女性が恥ずかしいと照れれば照れるほど、可愛いと感じたり、“愛しい”と思ってしまったりするんだそうです。

恥ずかしくなって照れてしまったときに、顔を隠したり後ろを向いてしまったりしてしまう女性もいるかもしれませんが、男性はそんな彼女の照れた姿に愛しさを感じたりするんです。

なので、少し目を見て微笑んであげたら、男性は愛しくてたまらなくなってしまうかもしれませんね。

6.気遣いをしてくれる

気の利く女性というのは、同性からも異性からも人気ですよね。

それは彼女になっても同じです。

相手のことを気遣って、色々と気を配ってくれる彼女の姿を見て、しっかりしている自分の彼女に“愛しい”と感じたり、改めてこの人を好きになって良かったと思ったりするんだとか。

ふとしたときに自然と気遣いができる彼女は、男性としても周りの友人や家族に紹介したい自慢の彼女になるでしょう。

また、自分の気が付かない部分を気が付いて気遣ってくれる彼女を求めてる男性も多いはずです。

そんな彼女の頼りになるところを見て、改めて好きだと感じたり“愛しい”という気持ちが増したりする男性もいると思います。

あからさまではなくさりげなく

気遣いができる女性は魅力的ですが、そのときに注意しなくてはいけないのが、わざとらしくなってしまわないことです。

いくら気遣いをしていても、それがあからさまだったり、アピールのためにわざとやっていると思われてしまったら、むしろマイナスになってしまうんです。

もちろん本当にやってあげたいと思って、気を配っていたとしても、男性にわざとらしくあからさまな対応に思われてしまうと、あざとい彼女として、“愛しい”と思ってはもらえずに、飽き飽きされてしまう可能性も。

なので、気遣いをするときは、なるべく当たり前のように目立たないようにするといいかもしれません。

男性の中には、はじめは全く気が付かない人もいるでしょう。

しかし、それを続けていくうちに大抵の男性は、それを気遣いのできる彼女を分かってくれるはずですので、無理のないレベルで気遣いをしてあげることは、付き合っていくうえでも“愛しい”と思ってもらえるためにも必要なことになるはずです。

7.素直なところ

女性からしたら、こんなところで?と思うかもしれません。

しかし、男性にとって彼女の素直な姿は、可愛らしく愛しいと感じるポイントだったりするんです。

女性も男性もうっかりミスしてしまったりすることはあると思います。

そんなときに、素直に認められない人も多いかもしれませんが、それを認めることで、男性は素直でいい子だなと感じたり、素直に認められるまっすぐさに“愛しい”と感じたりするんだそうです。

また、意地っ張りな女性も悪くはないですが、素直に気持ちを表現したりすることで、反対に男性が恥ずかしくなってしまい、そんなに自分のことが好きなのかと嬉しくなったり、愛しいと思ったりするのかもしれませんね。

素直=バカっぽいではない

素直と聞くと、女性の中には知ったかぶりをしないで、バカな自分をさらけ出すことかと勘違いしてしまう女性がいるかもしれません。

しかし、決してそういったわけではないので、そこは勘違いしてしまわないように注意しましょう。

素直なちょっと抜けたおバカなところを可愛いと思う男性も多くいるのはたしかですが、今回の場合はそういったおバカな一面の素直さではないんです。

おバカな一面を見て、可愛らしいなと思う男性はいますが、それが“愛しい”という感情につながる男性は、正直少ないように感じます。

そのため、なるべくバカっぽく見られてしまわないように、節度をわきまえ発言や行動をすることは忘れないようにすることをおすすめします。

そうでないと、男性によっては彼女はアリでも結婚はナシなんて決断されてしまう可能性だってあるかもしれません。

言葉や行動を自然に受け止める

今回の素直というのは、自分の発した言葉や自分のやった行動を素直に受け止めることができることです。

人は、どうしても言葉や行動を誰かや何かのせいにしてしまったりしますよね。

しかし、それではいけないこともでてくるでしょう。

いつも周りのせいにしたり何かと言い訳を繰り返す姿を見ていたら、彼氏もがっかりしてしまうはずです。

そうではなく、きちんと自分の言葉や行動を自然と受け止めることができる素直な姿に、彼氏はきちんとしている、この子なら信用できると思うのではないでしょうか。

8.一生懸命な姿

人は一生懸命に何かをやっている姿に好感をもちますよね。

それが好きな相手だったら尚更です。

好きな人が一生懸命に何かに取り組んでいる姿は、とても素敵で応援したくなるでしょう。

そして、そのひたむきな姿に“愛しい”と思うのも無理はないかもしれません。

一生懸命に努力している姿を恥ずかしいと思う女性もいるようですが、その姿は彼氏にとってはとても魅力的な姿に見えることだって大いにあります。

なので、勇気を出して一生懸命に頑張っていることを打ち明けたり、一生懸命やってみることもいいと思います。

9.寝顔

男性の多くが好きだと答えるのが女性の寝顔だったりします。

どんなに普段気を張っている女性や、クールな女性でも寝顔は可愛かったり、あどけない姿になりますよね。

そして、安心しきったその寝顔を見て、男性は心の底から“愛しい”と感じるのです。

中には口を開けていたり、半目で寝てしまう女性もいるかもしれません。

しかし、それはそれで可愛らしかったり、普段とのギャップに“愛しい”と感じる男性がいるのも事実です。

ただ、女性としてはなるべくなら可愛らしい寝顔を見せたいものですよね。

そんなときは、事前に寝落ちしてしまいそうなときに、体勢などを調整しておくといいかもしれませんよ。

男性は無防備な姿を見るとキュンとくる

男性が寝顔に愛しさを感じるのは、無防備な彼女の姿を見たからなんだそうです。

無防備な姿を見ると、自分に気を許しているような気がして、男性側も気を許してくれるようになったり、ぐっと距離が縮まったりします。

たしかに、気を張っているときや気を許していない相手といるときに寝てしまったり、眠たくなってしまったりはなかなかしないですよね。

だからこそ、無防備な姿にきゅんときたり、愛しいなぁと思うんだと思います。

10.泣く

普段は気が強かったり、しっかりしている彼女の泣いてる姿に、思わずきゅんとしてしまう男性も多いんだとか。

また、男性は弱いところを見てしまうと、自分が守らなくてはと思ってしまったりもします。

なので、泣いた姿を見ると、自分が頼りになる彼氏にならなきゃと思ったり、彼女を守ってあげたいと強く思うんです。

そして、その中で改めて彼女が大切な存在だと感じ、愛しいと思ったりもするようです。

ただ、この泣くことに関しては色々と気を付けなくてはいけない点もあるんです。

人前で泣くのは駄目

まず、彼氏以外にたくさん人のいる場で泣くのは我慢するようにしたほうがいいでしょう。

どうしても涙が堪えられないということもあるとは思いますが、たくさんの人や彼氏の前で以外で泣いてしまうと、ただの構ってちゃんだと思われてしまう危険性があります。

それに、たくさんの人前では我慢して、彼氏と二人きりになったときに泣いたほうが効果は抜群です。

それでも、もし泣くのを堪えられなくなったら、物陰や一人になれるところに行ってから泣くようにすると、彼氏が心配して来てくれるかもしれませんし、来てくれなかったとしても目を赤くして帰ってきた彼女を見たら、多くの男性は気が付くでしょう。

そんな人前では我慢する健気さにも、男性は“愛しさ”を感じるんだそうです。

頻繁に泣くのも駄目

また、一度泣いても彼氏が受け止めてくれたからといって、それから頻繁に泣くようになっては、だんだんと男性も嫌気がさしてしまったり、面倒に思われてしまうかもしれません。

女性が泣くことを、多くの男性は面倒だと感じたり、困るものだと思っています。

しかし、普段は泣かなさそうな女性が、たまに自分の前でだけ隠れるように泣いていることに“愛しさ”を感じて、もっと大切にしようと思ってくれるんです。

なので、一度泣いているところを受け止めてくれたからといって、これからはどんどん出しても大丈夫ということではないので、やり過ぎないように注意が必要です。

11.ヤキモチを妬く

ヤキモチというのは、どうでもいい相手にはしませんよね。

好きだからこそだと思います。

そのため、彼女にヤキモチを妬かれると、男性は「そんなに自分のことが好きなのかな?」と嬉しくなってしまうんだとか。

また、彼女にヤキモチを妬かれることで、男性は自分自身に自信をもったりもします。

そして、自分のことを好きでいてくれる彼女に対して、“愛しい”と感じるのかもしれませんね。

ただ、ヤキモチは喧嘩やすれ違いの原因にもなります。

そのため、ヤキモチを妬いてもいいと思ってしまわないように注意しましょう。

程度はある

ヤキモチをある程度妬くのは良いことですが、それも度が過ぎてしまったりすると、束縛に変わってしまい、男性から煙たがられてしまう可能性があります。

“かわいいヤキモチ”という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

彼氏のことは信じていることが前提で、それでも他の女の子とのことが心配程度の気持ちで、少し含んだ言い方をしたりするなど、男性が気が付くか気が付かないかくらいのヤキモリはいいと思います。

しかし、喧嘩になってしまうほどのヤキモチは“愛しい”という気持ちよりも、面倒くさいや信用されていないという気持ちにつながってしまうことだって考えられます。

なので、ヤキモチは問題ありませんが、責めてしまわないように気をつけましょう。

過去のことは持ち出さない

ヤキモチを妬くこと自体は問題ありませんが、過去にあったことをいつまでも持ち出して、繰り返しヤキモチを妬くのは避けましょう。

過去のことでヤキモチを繰り返し妬かれては、男性も対処しようがありませんよね。

対処できないことでヤキモチを妬かれるのは、うるさいなと思ってしまうのも仕方ないことだと思います。

なので、過去のことを繰り返し持ち出して男性を責めるようにヤキモチを妬くことはしなわないように注意しましょう。

12.寂しがる姿

男性は自分を求められることに、とても満足感を覚えるんです。

そのため、しばらくお互いの予定が合わずに会えなかったり、連絡がとれなかったりして、寂しがると“愛しいなぁ”、“可愛いなぁ”と感じるんだそうです。

また、今日会ったら今度はしばらく会えないというデートの終わりに、名残惜しそうに寂しがる姿を見たら、男性は愛おしくて仕方なくなってしまうかもしれませんね。

大人っぽく、物分かりのいい女性に見せることも大切ですが、たまには寂しいということを彼氏に伝えることで、相手もうれしくなったりするはずですよ。

嫌がられないかなーと心配になるかもしれませんが、勇気を出して少し寂しがってみてもいいかもしれません。

13.ちょっとした失敗

男性は女性のおっちょこちょいなところやうっかりミスに対しても、可愛らしいと思ってしまうんだそうです。

女性からしたら、ちょっとしたミスなどは好きな人にこそ見せたくないでしょう。

しかし、そんな隠したい一面こそ男性が見たい一面でもあるんです。

たとえば、何もないところでつまずいてしまったり、話していてうっかり噛んでしまうなど、そんなちょっとした小さなことでも、男性は可愛いなと感じ、愛しく思ってしまうんだとか。

女性としては、そんなドジなところ見られたくないと思うかもしれませんが、そんな恥ずかしがっている姿も男性をきゅんとさせてしまうかもしれませんよ。

愛しい彼女になる方法

男性が実にたくさんのタイミングで“愛しい”と感じていて、可愛らしいときゅんとしていることが分かったと思います。

女性にとっては、恥ずかしかったり、あんまり見られたくないなぁと感じているタイミングでも、男性には響いていると思うと、一つ一つの行動が恥ずかしく感じてしまったりもするかもしれません。

しかし、そうやって“愛しい”と思ってもらうためには、言葉や行動だけが必要なわけではないのです。

いつも愛しいと思ってもらえるために、彼氏に愛される彼女を目指しましょう。

そのために必要な方法を最後にご紹介していきます。

愛しい彼女になって、さらに彼氏に愛されちゃってくださいね。

彼氏を愛すること

まず一番大切なのは、彼氏を愛することです。

当たり前といえば当たり前ですが、いつでも彼氏を愛して大切に思うことは、相手にもきっと伝わります。

そして、逆に大切にしてないとそれも彼氏には伝わってしまうでしょう。

彼氏に“愛しい”と思ってもらいたいなら、純粋な気持ちで彼氏を愛することを一番に考えることが大切です。

愛されたいならまずは自分から

何かをしてほしいときには、まずは自分からするのがいいというのは、よく言われることですよね。

それは愛されたいときにも同様です。

愛されたいと思うのであれば、まずはあなたのほうから彼氏を愛するようにしましょう。

人から愛しいと思われるのはとても嬉しく、あなたに対しても好感を持ってもらえるはずです。

なので、彼氏に愛されたいと思うのであれば、まずはあなたが彼氏のことを愛し、そしてそれを伝える努力をすることがおすすめです。

見返りを求めず無条件に

愛することというのは、本来見返りを求めないものだと思います。

しかし、人間はどうしても見返りをもとめがちですよね。

あなたが彼氏を全身で愛し、表現をしているのだから、彼氏からも愛されてきちんと愛情表現をしてもらえて当たり前と思ってしまってはいけません。

あなたが彼氏から愛されるかどうかは、彼氏次第ですし、あなたの言葉や行動次第です。

なので、彼氏のことをめいっぱい愛したうえで、“愛しい”と思ってもらえるようにしていきましょう。

ワガママと我慢の使い分け

適度なワガママと我慢は、男性から愛してもらうためにはとても必要なポイントだったりします。

我慢して言うことを聞いているだけの女性は、良い彼女からだんだんと都合の良い彼女になってしまったりします。

逆に我慢をしないでワガママばかりしていると、愛想を尽かされてしまうでしょう。

ときにワガママを言い、ときに我慢をすることは、彼氏を夢中にさせるためにはとても大切なことなんです。

どうしても譲れない用事や仕事の際には我慢をし、もう少し一緒にいたいときやちょっとしたワガママなどは、たまに出すようにすると、そのギャップや姿に彼氏はきっとメロメロになって、“愛しい”と思ってしまうはずです。

【男性が可愛いと思う彼女のワガママは、こちらの記事もチェック!】

ちゃんと気持ちを伝える

忙しい彼氏のために、物分かりの良い彼女を頑張ったり、嫌われないために我慢したりしている女性もいるかもしれません。

しかし、それではあなたも苦しく辛い付き合いになってしまいますし、男性もそれは本望ではないでしょう。

なので、良いことも悪いこともきちんと気持ちを伝える努力をすることはとても大切です。

大好きな彼氏に嫌われてしまったり、愛想尽かされてしまうのがこわいからと、色々と物事を我慢したり、言いたいことを押し込めてしまう気持ちも分かります。

ただ、その我慢は長く続かないはずです。

そして、続かなくなってしまって吐き出したときに、こんな子だと思わなかったと愛想を尽かされてしまう可能性だってあるでしょう。

そのため、限界にならない程度にきちんと気持ちを伝えることが、二人にとって大切になってくると思います。

特に好きな気持ちや感謝の気持ちはたくさん伝えよう

気持ちの中でも、プラスの気持ちはとくにたくさん伝えることが大事です。

人は誰でも、良いことを言われたら嬉しくいい気持ちになると思います。

ちょっとしたことでも「ありがとう」と感謝の言葉を伝えられたり、「こんなところが好き」とストレートで伝えられたら、なんていい子なんだと思ってしまうでしょう。

そんな気持ちが“愛しい”という気持ちに変わったり、好きだという気持ちがあふれたりすることにつながっていくはずです。

少し恥ずかしいかもしれませんが、思い切って伝えるようにしてみてくださいね。

いつも口角を上げて

いつも口角の上がった笑顔の人の近くにいると、周りにいるだけで楽しい気持ちになったりしますよね。

それは彼氏といるときにも同じです。

男性だって、いつもニコニコしている彼女のほうが一緒にいて楽しいと思うはずですし、可愛いと思うでしょう。

それに、楽しいと感じられるのは自分自身にも言えます。

人は口角を上げると、脳が自然と楽しいと判断するのです。

そのため、楽しい気持ちになれないときにも口角をあげることは必要だったりします。

口角を上げることで、彼氏に対しても自分に対してもプラスになるのであれば、とても簡単なのでしない理由はないのではないでしょうか。

それで、彼氏からいつもニコニコしていて可愛い彼女だなと思ってもらえたら、うれしいですよね。

【口角を上げるためのトレーニングは、こちらの記事もチェック!】

「愛しい」は本気で大事にしているものにしか言わない

今回は彼氏から“愛しい”と思ってもらうための方法や、彼氏が“愛しい”と感じているタイミングについてまとめてきました。

女性が思うよりも、ずっと簡単で、そしてちょっとしたタイミングで、“愛しい”と思ってもらえているという印象だったのではないでしょうか。

そんなことで“愛しい”と思ってもらえるの?という感じですよね。

とくに難しいことや特別なことはしなくても、普段のあなたのままで彼氏は“愛しい”や“可愛らしい”と感じているんです。

これからも、どんどん愛しいと思ってもらえるように可愛い彼女を目指していきましょうね。