CoCoSiA(ココシア)

「愛しい」と感じる彼女の行動や態度13個!愛しい彼女になる方法


大好きな彼氏から“愛しい”なんて思われていたら、誰だって嬉しくなってしまうのではないでしょうか。

できることなら、彼氏には愛しいと思ってもらいたいものですよね。

では、彼氏はどんなときに彼女のことを“愛しい”と感じるのでしょうか。

今回はそんな彼氏が“愛しい”と感じる彼女の行動や態度、“愛しい”と思ってもらえるための方法についてまとめていきます。

「愛しい」と感じる彼女の行動や態度13個!

好きという言葉とは違い、“愛しい”という言葉には重みや深みがあるように感じると思います。

女性も、彼氏に対して“好き”と感じるよりも“愛しい”と感じることのほうが特別感があるのではないでしょうか。

では、実際に男性が彼女のことを“愛しいなぁ”と感じるのは、どんなタイミングだと思いますか?

実は、ちょっとしたタイミングや日常のしぐさに“愛しさ”を感じていたりするんだそうです。

彼氏が自分のそんな仕草に“愛しい”と感じていると知ったら、少し恥ずかしく感じてしまうかもしれませんね。

1.笑顔


彼氏が“あー愛しいなぁ”と思ってしまう瞬間で、多く出されるのが笑顔だったりするんです。

デートに行けば、少なくとも一度は笑うタイミングってありますよね。

そんなときに、男性は“愛しい”と感じていたりするんだとか。

たしかに笑顔って、見ているだけで気持ちが前向きになりますし、楽しいのかなって嬉しくなってしまったりしますよね。

女性からしたら、そんな普段の姿で“愛しい”と感じてくれているの?と思うかもしれません。

しかし、男性からしたらそんな普段の姿こそ“愛しい”と感じるんだと思います。

顔全体で笑う

笑顔の中でも、男性が好きなのは顔全体で笑うニコニコの笑顔です。

笑うといっても、微笑んだり写真などを撮ったりするときの笑顔など、色々ありますよね。

そうではなく、本当に面白いと思っているからこそ出るような、くしゃくしゃの笑顔だったりするんです。

楽しそうに笑っているその姿こそ、“愛しい”と感じ、この笑顔を守りたいと思うのでしょう。

女性の中には、そんなふとしたときに出る素の笑顔に自信がなくて、つい隠してしまったり、無意識に手で覆ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、男性はそんな恥ずかしそうな姿にもきゅんとしてしまったり、“愛しい”と感じてしまったりするようです。

女性も、男性が楽しそうに笑っている姿を見て、かっこよくないと感じたり、がっかりしてしまうなんてことあまりないのではないでしょうか?

むしろ楽しそうで可愛いな、こんな無邪気な一面もあるんだなと惚れ直してしまうことのほうが多いと思います。

なので、恥ずかしがらずに楽しいときには満面の笑みで、彼氏をきゅんとさせたり、“愛しい”と惚れ直してもらったりしてみてはいかがでしょうか。

2.喜ぶ姿


男性は、女性を喜ばすことが好きですよね。

それは、純粋に喜んでほしいと感じているのももちろんですが、女性が喜ぶ姿を見たいと思っていたりもするんだとか。

自分がしてあげたことによって、彼女が笑顔になって喜んでいる姿は、男性からしたらたまらないんだそうです。

これも女性にも同様のことが言えるのではないでしょうか。

たとえば、どこかに出かけるときにお弁当を作っていって、彼氏が喜んで食べてくれる姿を見たら、自分まで嬉しくなりますし、頑張って良かったと思いますよね。

喜ぶ姿には、そんなお互いを喜ばせることのできる力があるんです。

何かしてもらったときには、“愛しい”と思ってもらいたいなどは関係なくとも、めいっぱい喜ぶと、男性はまたしてあげたいと思ってくれるはずですよ。

3.美味しそうに食べる姿

男性の中でも意外と多いのが、女性が美味しそうにご飯を食べている姿を見て“愛しい”と感じるということ。

女性が美味しそうに食べる姿は、なんだか無防備で無性に可愛らしく感じてしまったりするんだとか。

たしかに、普段クールな彼女や一見少食そうな彼女が、美味しそうにご飯を頬張っている姿は、普段とのギャップで一層“愛しい”と思ってしまうかもしれません。

ニコニコしながら本当に美味しそうに食べている姿を見ると、それだけで料理が美味しく感じてしまったりすることもあると思います。

それに、女性は男性の前ではなるべく食べないようにしていたり、少食に見せたりすることもあるでしょう。

それが自分の前では、美味しそうにご飯をたくさん食べる姿を見ていると、自分には気を許してくれているのかなと感じたりして、彼女を大切に思ったり“愛しい”と感じるきっかけになったりします。

なので、惹かれてしまわないかなと心配にならずに、勇気を出して美味しそうにご飯を食べてみるのもいいかもしれません。

女性にとっても、本当はもっと食べたいものを我慢して少食に見せるより、いっぱい食べて愛しいと思ってもらえるほうが素の自分を受け入れてくれるような気がして、嬉しいのではないでしょうか。

そうやって二人の距離を縮めていくのもいいと思います。

美味しいと言葉にすることもポイント

美味しい表情ももちろん効果的ですが、それよりもやっぱり言葉で「美味しい」と伝えるのが一番です。

美味しそうに頬張って食べていたとしても、中には伝わらなかったり、自分に気を遣ってくれているのかな?と考えてしまう男性もいるんだとか。

そんな人には、美味しそうな表情や食べっぷりだけでなく、言葉でも「美味しい」と伝えることで、さらに“愛しい”と思ってもらえるかもしれません。