皆さんがよく相手との会話をする時に、会話をしなくてもアイコンタクトでやり取りをしたりするような事があるのではないかと思います。

それは言わなくても感じ取ることができるという事ですよね。

人にはこの様なことが多くあるのではないかと思います。

例えばお互いが嫌な人と3人でいる際につい目を合わせてアイコンタクトを取り、後でこの様にしようという合図を送ったりするというような事もあるかもしれません。

マンガやドラマなどではよくこの様なこともあるのではないかと思います。

しかしながら中にはお互いが口に出さずとも理解するというような事がありますよね。

例えば仕事中などもそうですし、皆がそれをわかっているというような事もあるのではないかと思います。

その様なことを「暗黙の了解」という風に言うのですが、皆さんもこの様なことがあったのではないでしょうか?

何も言わずとも全員が分かっているというような事です。

基本的には暗黙の了解というのは口に出さずとも周りが理解をしているというような事が多いですが、これは一般常識であったり社内のルールや、外に出たときのマナーもこの暗黙の了解というものが使われるのではないかと思うのです。

例えばですが電車の中でのマナーというのはどの様なものがあると思いますか?

騒がないということはもちろんですが、優先席付近では携帯電話やスマートフォンなどをしないという事や、電車内ではマナーモードにするといったような事も暗黙の了解の1つになっていますよね。

いわゆる「常識」というものが暗黙の了解を自然と引き起こしているのです。

また他にも様々なことがあるのではないかと思います。

会社でのルールというのはその会社に入らなければわからないですよね。

例えばコピー機を使用する際にはこの様にするというようなルールがあったとして、それを破るというような人はいないのではないかと思います。

この場合も暗黙の了解という事になり、皆が知っている状況になるという事です。

自然と相手も理解して動くようになるので、何も言わずとも意思疎通を図ることができるという点もありますよね。

しかしこの暗黙の了解を破ってしまった場合はどの様なことになってしまうのでしょうか?周りからの批判であったり、非常識な人だと思われてしまう可能性が高くなってしまいますよね。

仕事などで破ってしまった場合は評価が下がるなんていうような事もあるかもしれません。

今回はそんな暗黙の了解の見分け方や破ってしまった場合のリスクについてお話をしたいと思います。

皆さんも普段友達や家族とのやり取りで暗黙の了解があるような生活を送っているのではないでしょうか?

それはマナーや常識がその様にしているという事を覚えておくようにしましょう。

では詳しく見てみたいと思います。

暗黙の了解とは?

そもそも暗黙の了解というのはどの様な意味を言うのでしょうか?

何となくで理解をしている人もいれば、初めて聞いたというような人はいないと思います。

何も言わなくても相手が理解しているというような解釈で大丈夫ですが、暗黙の了解の具体的な意味というのはどの様なことを言うのでしょうか?

名言しなくても相互に理解していること、そして言葉にしなくても皆がわかっている様子のことを暗黙の了解と言います。

なので皆が分かっているとなればついアイコンタクトなどで会話をしてしまうのも無理はないのではないかとも思います。

これはいわゆる常識がその様にさせているものなので、暗黙の了解で動くというような人も多いのではないかと思うのです。

ではその意味について更に詳しく見てみたいと思います。

皆さんもこの様なことがあったのではないでしょうか?

口に出して名言しなくても相互に理解していること

口に出して名言しなくても相互に理解していることを言いますが、暗黙の了解をするというような事は誰でも経験があるのではないかと思います。

例えばですが、先ほど言った電車でのマナーもそうですが、皆が知っているものですよね。

知らないと言えば子供くらいです。

しかしながら大人がやっていると冷たい目で見られたりしますよね。

それは非常識だと思われているからであり「名言をしなくても分かっているよね?」というような視線でつい見てしまうからなのです。

なのでよく周りから「え?」というような視線で見られているというような人は常識から外れた行動をしてしまっているという可能性が高いという事になります。

口に出さずともその視線で感じとって「違うのか」という事を理解する必要があるのではないかと思います。

言葉にしなくてもみんなわかっている様子

言葉にしなくても皆がわかっている様子という意味でもあるのです。

暗黙の了解というのは様々なところで使われますが、特に会社で働いているという人はこの様な場面が多いのではないかと思います。

会議中は静かにするというような事も皆がわかっていることですし、いきなりはしゃいだり遊ぶというような事は絶対にないですよね。

特に仕事中というのは暗黙の了解で皆が動いていることが多いのではないでしょうか?

仕事をする上でのルールというものもあるので、そのルールにのっとり皆が迅速に仕事をしている中、外れたことをすると浮いているとも思われてしまいますよね。

暗黙の了解というのは言わずとも分かっているというような状況なので、しっかりと注意をするようにしましょう。

身の回りにある暗黙の了解

ではそんな暗黙の了解ですが、身の回りにたくさんの「暗黙の了解」というものがあります。

基本的に身の回りにある暗黙の了解というのは普段私たちが生活をしている上で理解をしているようなものばかりです。

会社の決まりや家の決まりというのは、その空間の中での暗黙の了解になってしまいますが、電車やバスなどの暗黙の了解というのもありますよね。

先ほど言ったマナーが1つありますし、他にも座席に座るときの姿勢や優先席に譲るというような事も暗黙の了解だと思います。

他にも様々なところでこの暗黙の了解が飛び交っているのですが、これが無いような生活になる場合は、とても危ないような事になってしまう可能性があるのではないかとも思うのです。

マナーや常識というものがあるからこそ平和的に暮らせるので、そこから非常識な行動を取ってしまうと、どうしても危険な状態になってしまいます。

なので身の回りには暗黙の了解をするような事というのはたくさんあるという事になるのです。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

目上の人には敬語


まず暗黙の了解の1つには目上の人には敬語というものがあるでしょう。

敬語を使うというのは中学生に入りはじめた頃から意識をし始める人達が多いですよね。

基本的に上級生の人に対しては敬語で喋るというような事が多いので、その影響から目上の人には敬語で話すようにしなくてはいけないと教え込まれてきたのではないかと思います。

これは高校や大学に行ってもそうですが、会社に入る際にも同じような事が言えます。

特に会社というのは自分と同い年の人がいても、その人の方が早く入社しているのであれば、その人が先輩という形になるのです。

歳下でもその人が先に入っていれば敬語で話すというような暗黙の了解もありますよね。

目上の人に限らず、相手がどれだけ先輩なのかという事も考えなくてはいけません。

その様な時にこの暗黙の了解というものがあるのではないかとも思います。

相手が目上の人であれば敬語を使うというのは、常識でありますが、これも実は暗黙の了解で行っていることなのではないかとも思います。

仮にこれを破ってしまった場合というのは、常識知らずというより、相手のことを敬えないような人という認識をされてしまうので、生意気と思われたりすることがあるのではないかと思います。

よく中学や高校では上級生との喧嘩というような事があったと思いますが、これは上級生が下級生に対して生意気だと思ったことが始まりにもなっているのではないかと思います。

目上の人には必ず敬語で話すようにしましょうね。

乗り物に乗るときには先に乗っている人に降りてもらう


電車に乗るという事が少ない人でもこの様なことを知っているのではないかと思います。

乗り物を乗る際には先に乗っている人に降りてもらうというような事が大事になるのです。

これはどこの電車に乗っても同じような事が言えるのですが、先に乗っている人が全員降りきってから人というのは乗り込みますよね。

これには理由があるのです。

それは満員電車であったり電車をスムーズに進めるためだという答えが出てくるのではないかと思います。

仮に満員電車を想像してもらうとわかりやすいですが、電車に乗る際に先に乗ってしまうと、降りたい人が降りれなくなってしまいますよね。

なので先に電車に乗っている人が降りて、それから乗るというような事になるのです。

空いている電車でもその様にするのは、その方がスムーズに進めるからなのです。

電車というのは時刻通りに発車などをしなくてはいけません。

遅延することがあっても大幅な遅延というのはいけない事ですよね。

そのためスムーズに進めさせるためにこの様な対応をするのです。

これも暗黙の了解になっていますよね。

全く意識をしなかったという人も、1度ふと考えてみると様々な暗黙の了解というものが出てくるようになるかもしれませんよ?

車での挨拶

車での挨拶というのも暗黙の了解になっています。

例えば車ですれ違いそうな車が知り合いの時には止まるというような事ができないですよね。

その時に軽いクラクションを鳴らすというような事も実は暗黙の了解になっているのです。

いきなり止まったりして降りて話すというような事になれば、まずは周りの車を気にしなくてはいけませんよね。

特に急に止まるというような事は事故にも繋がってしまうので十分に注意をすることが必要になると思います。

この様な車のことでも暗黙の了解というものがあるのです。

また車と言えば左車線というような事も暗黙の了解の1つですよね。

追い越し車線などが決まっているので急ぐ場合はそちらを走るというような事も暗黙の了解になるのではないでしょうか?

バスや電車でのマナー

バスや電車でのマナーも暗黙の了解の1つです。

基本的に他の乗客もいるなかで電話をするというような事は基本的にしないようにするのがマナーですよね。

また、料金を払うというような事も当たり前のことです。

無料で乗るというような事ができないですよね。

これもまた暗黙の了解になるのではないかとも思います。

お金が無い状態で乗るというような事はできないもので、特に電車では改札を通らなければ電車に乗るという事ができなくなっています。

基本的に改札を通る際には切符であったり電子カードを使って通るというような事になっていますが、バスや電車でのマナーというのはとても大事になるので、皆さんも日頃から気をつけるようにしましょう。

慣れてしまってつい何かをしてしまうというような事が無いようにすることが大切になります。

乾杯はビール

これは会社での飲み会などでよくあることだと思いますが、乾杯をする際にはビールでするというような事もあるのではないかと思うのです。

乾杯をビールでするというのは景気づけなどにも繋がり、皆がビールで乾杯をする中で、1人だけカシスオレンジというような事も少し気がひけてきますよね。

特に男性の場合は苦手でも上司から無理やり飲まされるというような事があるのではないかと思います。

乾杯はビールですることが一番ですが、本当に嫌だというような事があれば無理はしないようにすることが大切です。

コツとしては喉越しで飲むという事を意識すると良いかもしれません。

喉を鳴らすかのように飲むビールというのは美味しいとも聞きますが、疲れていればいるほどよりそれを感じ取ることができるのではないかと思います。

エスカレーターは左乗り

エスカレーターは左乗りというのもあるでしょう。

例えばエスカレーターというのは基本的には左乗りというような事がありますが、地方によっては右というような場所もあると思います。

エスカレーターの乗り方というのは、基本的に車が走るようなところと似ている部分もあるので、エスカレーターも同じく左乗りというのが主流になってきたのではないかと思います。

この影響というのは車でのマナーが関わっていることであり、それが発展してエスカレーターでも暗黙の了解というものができてしまったのではないかと思うのです。

皆さんは普段エスカレーターに乗る際に左に乗るというような人が多いのではないでしょうか?

都会などでは特にこの様な乗り方をしなければ、混雑などをしてしまうというような事になりますよね。

有給休暇を使いづらい

会社というのは働くためにあるものですよね。

しかしながら会社で働く時というのは時には休暇をすることも必要です。

これが定期的な休日であれば良いですが、有給休暇を取るとなった時に使いづらいというような事はありませんでしたか?

例えば常に忙しい会社というのは有給休暇を取るだけで周りから「休むの?」というような目で見られてしまいがちですよね。

最近では休まない会社というのが少なくなり、またその様なことが発覚した場合は問題にもなっていましたが、今ではだいぶ改善をしてきている会社も多いのではないかと思います。

取り辛い環境というのは無くなったかもしれませんが、逆に消化をしなければいけないというような事もあるのではないかと思うので、消化をすることに対して取り辛いというような事にもなってしまう可能性があるという事になります。

有給休暇というのは取らなければ無駄になってしまうというような事にも繋がってしまうので、十分に注意をするようにしましょう。

写真を撮るときの「はい、チーズ」

掛け声でもある「はい、チーズ」というのもいつの間にか誰もが知っている言葉になりましたよね。

写真を撮る際に「はい、チーズ!」という風に言うことで顔をキメたり、可愛くしたりするというような事もできるのではないかと思います。

いつの間にかこのセリフを知っていて使っているというような人もいると思いますが、元々この言葉というのはフランスが発祥だという事は知っていましたか?

笑顔を出す際には「いー」という口を動かすことで笑顔を作りやすいですよね。

この言葉もいつの間にか暗黙の了解になってしまったものなのではないかと思います。

仕事での挨拶がお疲れ様です

仕事での挨拶が「お疲れ様です」というものもいつの間にか暗黙の了解になってしまっているのではないかと思います。

仕事をする前に上司に話しをする時にもそうですし、最初に入った時の挨拶が「お疲れ様です」というような挨拶になってしまうというような事もあるのではないかと思います。

「おはようございます」というような基本的な挨拶をすることも多いと思いますが、仕事での挨拶がいつの間にか「お疲れ様です」となってしまうようなところも多いのではないかと思います。

野球部は坊主

これも暗黙の了解の1つになってしまいました。

野球部の人達はほとんどの人が坊主にすることが多いですよね。

これは坊主にすることで部活を熱心に取り組むというようないわゆるげんかつぎでもあるのではないかと思います。

基本的に髪があると邪魔になることも多いですし、メットを被って打席に立つというような事も多いので、基本的には野球部というのは坊主で動きやすいようにもしているのではないかと思います。

一部にしか分からないことかもしれませんが、髪の毛というのはどんどん多くなればなるほど頭が重いを感じるようになってしまいますよね。

特に野球部というのはこの様に感じる人達が多いのではないかと思います。

プロ野球選手の人も髪は染めていても基本的に短髪の選手が多いのではないでしょうか?

野球部は坊主にするというような事はこの様なこともあるので覚えておいて損は無いかもしれませんね。

お局さんの言うことを聞く

お局さんという言葉をご存知でしょうか?読み方は「おきょくさん」ではなく「おつぼねさん」という風に読むのです。

お局さんというのは今ではあまり耳にしないというような人も多いかもしれませんね。

お局さんというのは職場に長くいる古参な女性社員のことを言います。

例えば新入社員の女性に対して「このようにして、あのようにして」というような命令口調で喋るような人がいますよね。

その様な人に対して使うことが多いですが、何より相手のことを意地悪だと思い使うような事が多いです。

なので言うのであればお局さんというのは「命令をする意地悪な人」というような意味でもあるのではないかと思います。

尊敬する人などに対しては使われることがなく、皮肉な意味が込められているものでもあるので、お局さんと言うような人も少なくなってきたのではないかと思います。

しかしながら、このお局さんの言うことを聞くというような事も、いつの間にか暗黙の了解になってしまいましたよね。

上司の言うことは必ず聞くというような風潮になってしまっているので、この様なことが出てしまったのではないかとも思います。

カラオケでは若い人が一番に歌う

カラオケでは若い人が一番に歌うというような暗黙の了解もあるでしょう。

カラオケを友達と行くのであれば誰から歌っても良いかもしれませんが、会社などの人達と歌うという場合はその流れを作らなくてはいけなくなってしまいます。

その際に第一として若い人が一番に歌うというような事もあるのではないかと思うのです。

皆さんもこの様な経験があるのではないかと思います。

部活動で飲み物の制限がある

運動をしたりするとどうしても飲み物がほしくなってしまいますよね。

しかしながら中学生の頃などというのは基本的に飲み物に制限があったのではないかとも思います。

例えばですが、アクエリアスであったりポカリスウェットというものはスポーツ飲料としては欠かせないものです。

昔は水かお茶というような制限があったものの、今では熱中症対策としてスポーツ飲料を飲んで良いという学校も多いのではないかと思います。

何より倒れてしまっては仕方ありませんよね。

しかしスポーツをする部活であればスポーツ飲料が大丈夫であり、スポーツをしない部活、例えば美術部などではその様な飲み物は禁止だというようなところもあるのではないかと思います。

部活動で飲み物の制限があるという事はこの様なこともあるので、いつの間にかできてしまっている暗黙の了解の1つなのではないかとも思います。

暗黙の了解の見分け方

ではそんな暗黙の了解の見分け方というのはどの様なものがあるのでしょうか?一番大事なことというのは自分で考えるという事が大事になるのです。

誰しも疑うことなくしていることであったり、マナーや常識であるというような事は全て暗黙の了解だと思っていただいても大丈夫です。

また、ルールを学ぶというような事もあるでしょう。

見分けをつけるためにはその空間のルールというものを学んでおく必要があります。

他にも気をつけることはたくさんありますがどの様なことに気をつければ良いのか詳しく見てみたいと思います。

自分で考える

まずは自分で考えるという事が大切になるでしょう。

言うのであればマナーや常識というのは基本的には自分でも考えることができるのではないでしょうか?

他人に迷惑をかけないというのも常識的なことですし、電車の中ではマナーモードにするというような事もあるのではないかと思います。

自分で考えて動かなければ、暗黙の了解を見極めることは難しいのではないかとも思います。

誰しも疑うことなくしていること

誰しも疑うことなくしていることというのがありますよね。

例えばゴミはゴミ箱に捨てるというような事も暗黙の了解ですし、分別をするというような事も同じです。

基本的に誰も疑うことなく、ゴミを分けて捨てたりしているのではないでしょうか?その様なことを見極めることが大切になるのです。

仮に違うようなことをしてしまった場合には周りから冷たい目で見られたりする可能性があるのではないかと思います。

常識的なこと

常識的なことというのもあるでしょう。

常識的なこと、つまりマナーというようなものは様々な場所で存在しているので、どの様なことが良くていけない事なのかという事をしっかりと自分で考える必要があるという事です。

自分で考えて行動ができないというような人は基本的には周りに迷惑をかけてしまったり、自己中心的な考えをしてしまうような人が多いのではないかとも思います。

常識的な事というのは多くありますが、それをできるのとできないのでは、周りからの視線も違ってくるのです。

特有のものであれば聞く

特有のものであれば聞くというような事もできますよね。

例えばですが、地域によってはゴミの分別の仕方というものが違ってきます。

一部の地域ではプラスチックのゴミは燃えるゴミと一緒に捨てるというような事があると思いますが、他の地域では分別をするというようなところもあるでしょう。

基本的には特有のものであれば、同僚や友達に相談をする、家族に相談をするというような方法をとることができるので、それで見分けをつけるようにすることが大切になるのです。

同僚や友達に相談する

同僚や友達に相談をするというようなことは大事なことです。

例えば自分が今している事が暗黙の了解で本当にあっているのか分からないというような事もあるのではないかと思います。

特に地域の事というのは、引越しなどをしたてだと分からないことだらけですよね。

そんな時は友人に聞いたり、会社の上司や同僚に聞くというような事をオススメします。

ルールを学んでおく

またその地域でのルールや会社のルールを学んでおく必要があるでしょう。

例えばそのルールがその地域特有のものであったり、会社特有なものであれば、直ぐに覚えなければいけないですよね。

誰もが最初は間違うようなことも覚えなくてはいけないので、まずはそのルールを学んでおく必要があるという事です。

暗黙の了解というのも地域によっては誰でも知っているというようなものではないので、注意をするようにしましょう。

破ったときのリスクは?

ではそんな暗黙の了解を破ったときのリスクというのはどの様なものがあるのでしょうか?

暗黙の了解というのは先ほども言ったように様々なマナーや常識というものがあり、それを破るという事はいわゆる「非常識」になってしまいます。

なので破ったときのリスクというのはとても辛いものになるのではないかとも思います。

しかしながら直ぐに治すこともできるので、すぐに治すように努力をしましょう。

ではどの様なリスクがあるのか詳しく診て見たいと思います。

常識がないと思われる

常識がないと思われることが多いのではないかとも思います。

基本的に常識がないと思われてしまうと人と接したりする際にもぎこちない態度であったり、会社などの場合は誰からも話すことができない、話せないというような状況にもなってしまうのではないかと思います。

常識があるような人であれば、誰からも信頼などを受けたりすると思いますが、非常識な人というのはその様なことが無いですよね。

なので常識がないと思われてしまっても仕方が無いのです。

自分だけ浮いてしまう

また破ってしまった際には自分だけ浮いてしまうというような事もあるのではないかと思います。

「何をしているの?」というような目で見られるという事もあるでしょう。

基本的には自分だけ浮いてしまうというのは、非常識な行動を取ってしまったからという事が大前提にあがるのではないかと思います。

周りの評価が下がる

周りの評価が下がるというような事もあるでしょう。

周りが自分のことをどのように思うのか、人それぞれだとは思いますが、破ってしまった場合は「その様な人なのか…」と思われても仕方ないのです。

周りの評価が気になるというような人は、必ずそこのルールなどをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

注意される

注意をされるというような事もありますよね。

もちろん知らなかったことですし、人というのはミスをしてしまいます。

その時に注意をされるというような事は仕方の無いことなのではないかとも思います。

まとめ

いかがでしたか?

暗黙の了解を破ってしまうとリスクを負ってしまうことが多いですよね。

しかしながら暗黙の了解なのか見分けるというような事ができるので、しっかりとルールや常識、マナーなどを確認して暗黙の了解を破らないような生活をするようにしましょう!