「君のことをリスペクトしてるからさ」「あの人ってまじでリスペクトだよねー!」なんて、あなたも私生活の中のあらゆるシーンにおいて「リスペクト」という言葉を使っているのではないでしょうか?

または、これまでに何度もその「リスペクト」という言葉を使用してきたかもしれないですね!

とはいえ、あなたはきちんとした「リスペクト」という言葉の意味を知っているでしょうか?その言葉を使い分けることができているでしょうか。

というのも、この世の中にはあなたのように「リスペクト」という言葉を多用している方がおられるんですね。

芸能界でも有名な人が「リスペクト」という言葉をたくさん使っているので、その人の影響もあってか本当の「リスペクト」という言葉の意味を知らずに「リスペクト」という言葉を使ってしまっている人もおられるのではないでしょうか。

しかし、そのようにちゃんとした意味を理解していないということは、「理解せずにその言葉を使用している」ということであり、あなたは間違った意味で「リスペクト」という言葉を使ってしまっている恐れがあるということになります。

それじゃあ、少し恥ずかしいと思いませんか?

ノリノリで、それも自信たっぷりにある特定の言葉を使っている人がいたとして、その言葉の意味合いを間違って使っているのがわかってしまったらなんともいえないですよね。

それにその間違いを指摘してあげるのは難しくなってしまいます。

そりゃあ、相手が自分に自信をもって使っているのがわかるので、そのように感じることでしょう。

とはいっても、どのように「リスペクト」という言葉を使えばいいのか本当はわからない!という方が多いのではありませんか?だからといって、周りの人が使っているような「リスペクト」という言葉のニュアンスでその言葉を使ってしまっても意味がないことになります。

ということで、この記事では「リスペクト」という言葉について特集しています。

この言葉が一体どのような意味を持っているのか?そしてどのようにすれば使いこなすことができるのか?また、それだけではなく“リスペクトされるような人間になるにはどのようにしたらいいのか”という点までもお伝えしています!

ぜひこの記事を確認して、「リスペクト」という言葉を使いこなせるようになり、さらに「リスペクトされるような人間」になれるように頑張ってみましょう!

よく使ってる!?リスペクトの意外な意味

あなたはこれまでの人生の中で「リスペクト」という言葉をどれほど使ってきたでしょうか?

人によっては、もう毎日のように使っているような方もおられるでしょうし、反対にまったくこれまでの人生の中で使った記憶がないと感じている人もいるかもしれないですね。

しかし、この世の中には、きちんとした意味を知らないままに「リスペクト」という言葉を使っている人が大勢いるんです。

その大勢の人が使っているニュアンスを知ることによって、「ああ、こんな意味で使えばいいんだな」なんて使ってしまっている人もいるくらいです。

もしかしたら、あなたもそのように誰かが「リスペクト」という言葉を使っているから、そのまねをして使い始めたのではないでしょうか。

しかし、その言葉を使っていた人の使い方が正解しているとは限らないんですよね。

人によっては間違った意味合いで使ってしまっている人もいますし、それにあなたのように”なんとなく使っているとかっこよく見えるから”なんていう理由で「リスペクト」という言葉を使ってしまっている人もおられることでしょう。

そのようによく使っている言葉こそ、間違って使ってしまっているもの。

それも「リスペクト」なんていうカタカナ語を間違ってしまうなんて、少し恥ずかしい話ですよね。

ということで、まずは「リスペクト」という言葉がどのような意味を持っているのかについて学んでいきましょう!

リスペクトの意味


あなたは、これまでに「リスペクト」という言葉をどのような意味合いで使ってきたでしょうか?

学生時代、もしくは現在に英語にかかわるお仕事についているような方であれば、「リスペクト」という英語の意味を理解しているはずですのでそのような意味を使っていらっしゃることでしょう。

しかし、なかには英語がもともと苦手でそもそも「リスペクト」という英語がどのような意味を持っているのかさえも分からないという方もおられるはずです。

しかし、そのようなままですと先ほどもお伝えしたように社会人としては少し恥ずかしいコトになってしまうんですよね。

では、多くの人が通常会話などでいとも簡単に使ってしまいがちな「リスペクト」という言葉にはいったいどのような意味があるのかを確認していきましょう!

リスペクトはもともと英語

日本には外来語というのがたくさん存在しています。

それは海外からやってきた言葉ですよね。

つまり、もともと日本から発症した言葉ではないということになります。

ずばり、「リスペクト」という言葉も外来語になります。

とはいっても、カタカタ表記になっているのでそれは想像しやすいのではないでしょうか。

では、そんな外来語である「リスペクト」という言葉はいったいどのようにして読むことができるのでしょうか?ずばり「respect」と表記することができます。

英語があまり得意ではない方でも、この言葉はよく目にしたことがあるのではないでしょうか。

意味を理解するのももちろん大切ではありますが、これがもともと英語だということ、そしてrespectというスペルで表記できることなどまでもしっかり確認しておきましょう。

尊敬する・敬意

リスペクトという言葉には、「尊敬する」「敬意をもっている」という意味が含まれています。

英語でいえば、「respect」という言葉は動詞にも名詞にも変化することができるということなんですよね!また、多くのかたは「尊敬している」という意味合いで、この言葉をこれまでに使ってきているはずです。

それでもまったく問題ないということなりますね!

では、尊敬している、敬意を持ってるというのは具体的にどのようなものになるのでしょうか?

ずばり、相手を敬っている、相手に”いいな、そのようになりたいな”と思うようなところがある、もしくはその人に見習いたいところがあるときなどのことを説明する言葉になります。

特にあこがれの人や上司などに尊敬の意を払うことになりますよね。

ずばり、リスペクトという言葉はそのようにあなたが感じている人や物事に使うことができるということになります。

英語のニュアンス的な意味

リスペクトという言葉の意味、そして英語におけるスペルまでもお伝えしてきましたね!
「リスペクト」という言葉にはもっといろいろな意味があるのかと思った!とか、英語の授業ではもっといろいろな意味があったと記憶しているんだけどな…という方もおられるのではないでしょうか。

たしかにその通りなんです!もともとの英語であるリスペクト―rispect―という言葉は、「尊敬する」という意味のほかにも意味を持っていますし、それに日本語として使われている「リスペクト」という言葉のニュアンスとは異なっているんですよね。

つまり、英語を学んでいた方がそのままの意味で「リスペクト」という言葉を使うことになってしまいますと、間違った意味で使ってしまうということになってしまうんです。

また、間違ってはいないものの、人によってはあなたが伝えたい意図として伝えていることを伝わらずに終わらせてしまうことになります。

それでは困ってしまいますよね。

ということで、ここでは「リスペクト」という言葉の、それも英語における意味についてお伝えしています。

英語ではどのようなニュアンスをもっているというのでしょうか?また、リスペクトという言葉は、どのようにして使わているのでしょうか。

早速その意味までも確認し、あなたの生活に役立てていってくださいね。

相手を認める

あなたは「リスペクトしている」と思っている相手が自分より目上の人だったとしても、その相手のことを認めているのではないでしょうか?

たしかにそのように相手のことを受け入れ、そして認めているからこそ「尊敬する」気持ちを抱かせることができるようになるんですね。

つまり、あなたはどのような人に対しても尊敬の気持ちを抱くことができるということは、”相手を認めることができる”ということでもあるということになります。

それに相手のことをちっとも認めることができない―なんだか信用ならない人―というのは、相手がどんなに頑張ったとしても信頼に値しないので相手を認めることはできないですよね。

つまり、尊敬することができないということになり、尊敬したり・敬意を持っている気持ちを抱くためには”相手を認める”ことが重要になってくるということになります。

相手を受け入れる

英語的なニュアンスにおける「リスペクト」という言葉には、「相手を受け入れる」という意味があります。

とはいっても、相手のことを尊敬したり、敬意を払うようになるためには根本的に相手のことを受け入れるようにならなくてはいけませんよね。

つまり、”相手を認める”ということができるかと思います。

また「相手を認める」ということは、それなりに相手のことを知っているということであり「リスペクト」という言葉を使うのは、それなりの関係性を築いているような相手だけになるということになります。

つまり、「相手を受け入れる」という気持ちが進化することによって、相手のことを尊敬することができるようになるんですね。

あなたもそのように相手を受け入れているからこそ、相手に対して尊敬の気持ちをもつことができているのではないでしょうか。

相手の発言や思想を否定しない

あなたは、相手の発言や思想が自分の考えているものと180度違っていると知ったときには、どのように行動していますか?

人によっては、相手の意見や主張をねじまげるように否定するような言い方をするのではないでしょうか。

とはいっても、この世界に存在する人々は“十人十色”ですから、人によってそれぞれ違った意見を持っていることになるんですよね。

そのため、自分と違っている意見を持っている人が存在しているのなんて当たり前のことなんです。

それでも時には否定したくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、「リスペクト」という言葉は基本的に相手のことを尊重する、相手のことを受け入れるという意味合いがありますから、相手の発言や思想を否定しないということになります。

ということは、相手の意見を受け入れるからこそ、否定しないということになりますし、それに相手のことを認めているからこそわざわざ否定したいとも思わずにその言っていることが正当だと思うようになるんですよね。

つまり、全体的に見て「リスペクト」という言葉は、相手に対してポジティブな印象を持っているときに使われる言葉であり、それも相手のことを心底信頼しているときに使うことができる言葉だということがお分かりいただけるはずです。

リスペクトの類義語とその違い


これまでに日本語と英語の両方から「リスペクト」という言葉の意味についてお伝えしてきました。

いかがでしたか?あなたがこれまでに使っていた「リスペクト」という言葉の意味ははたしてあっていたでしょうか。

なかには、まったくもって別の意味で使ってしまっていたという方もおられるはずです。

そのような方は、ぜひとも類義語を確認していきましょう。

それにまだ「リスペクト」という言葉の意味をしっかり理解できていない、もっと詳しくこの言葉を知り尽くしたい!と感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、そのような気持ちがあってもどのようにして、「リスペクト」という言葉の理解を深めていけばいいのかなんてわからないですよね。

ということで、ここでは「リスペクト」という言葉における類義語をお伝えしています。

類義語というのは、その特定の言葉である「リスペクト」という言葉とほぼ同じ意味を持っているとされる言葉です。

しかし、なかには少し違ったニュアンスを持っている言葉もありますから、その違いまでもしっかり把握することによって「リスペクト」という言葉をさらに深く知っていくきっかけにしていきましょう。

引用

「この文章は引用です」とか「引用した文章があるのであれば参考文献を記せよ」なんて言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

それって「もともとあった文章からそのままそっくり自分の作成している文章に使うこと」を指していますね。

どのような文章でもそのようにほかの文章に書かれていたものをそっくりそのまま使うというときには“引用”(いんよう)ということでその資料がどのようなものなのか、いつ発行されたものなのか、誰が記載したものなのかまでも記載しなくてはいけません。

そのように「引用する」という言葉も「リスペクト」という言葉の類義語としてお伝えすることができるんです。

しかし、そこには「尊敬する」なんていう意味が全く含まれていないように感じるのでどうしても納得いかない方もおられるかもしれないですね。

そのような方は、このように考えてみてください。

「その文章の書き方に賛同している、それに自分の言いたいことをしっかりと伝えてくれている―要するにその文章のことを認めている」という意図で「引用」することができるんです。

言葉として「引用」と「リスペクト」という言葉を言い換えて文章を作成することはできませんが、意味合いとしては似ていることになります。

しかし、「引用」という言葉は実際にその言葉や文章を使いまわす“行動”をさしますが、「リスペクト」は受け入れている気持ちや尊敬している気持ちなどの“目に見えないところ”がありますよね。

サンプリング

あなたは「サンプリング」というものがどのようなものかわかりますか?

サンプリングというのは、なにかを調査しているときなどにとるものであり、その調べていることの“データの基礎”になるものだったり、その調べていることの傾向を知るための“サンプル”(一つの例)になります。

筆者は大学時代に社会学を学んでいましたが、ある社会調査をするときには必ずサンプリングをとりました。

もしも「日本におけるそれぞれの家庭の幸福度」なんていうのを調べるとしましょう。

そのような場合に本当に全国の家族全員にアンケートをとるなんてしていたら、莫大なお金とそして時間を必要とすることになりますし、集めることのできたアンケート結果を集計することまでもかなりの労働力をともなうことになってしまいますよね。

そのようにしないために、社会学では“その目的としていることの傾向が強い家族”というのを「サンプリング」として抽出します。

ここでいう抽出というのは、一定の基準ですべての家庭から“一つの例”となるように選び抜く作業のことを言います。

その家族たちを見ることで、日本全国の家族の幸福度を調べることができるんですよね…なんて社会学の話をしてしまっては話がずれてしまいますね。

「サンプリング」というのは、いわゆる“一つの例”ということができます。

そのため、「サンプリング」というのは少しだけ「リスペクト」という言葉と同じ意味として扱うことができるんですよね。

それは、「サンプリングとして認めることができる」というニュアンスで同じような意味を持っているということができるからです。

せっかく全体から例となるサンプリングを抽出できたとしても、そのサンプリングの対象がアンケートをぶっきらぼうに答えていることなんてザラにあります。

そのようなアンケート結果って信じることができないですよね。

そのため、「サンプリング」というのは、少しでもその相手に対する信頼感が関係しているものであり、「リスペクト」という言葉の類義語として扱うことができるんです。

盗作

一時期、ネットメディアにおいて「盗作」が問題になりましたよね。

また、某有名音楽家(耳が聞こえないと言っていたけれども実際は聞こえていたアノ方)なんていうのも、ゴーストライターを雇っていてそれも自分の作成した曲だといつまでも言い張っているような事件までもがありました。

そのような“盗作”といわれるのは、もともとあるものをそっくりそのままマネしているくせにあたかも自分で作りました、といっているようなものになるんですよね。

つまり、マネするだけではなくそれも自分のものだと言い張るような“子供のようなこと”をしている状態を指します。

これも「リスペクト」という言葉とどこで同じ意味を持っているんだろう?と不思議に感じてしまう方もおられることでしょう。

ずばり、なぜ人は盗作なんてしてしまうのでしょうか?

それって、その対象としている文章だとか音楽が「いいな!」と感じるものであったり、「自分の表現したいことを表現している」と感じることができるからではないでしょうか。

つまり、さきほどお伝えした合法的な「引用」と「盗作」は紙一重なんですよね。

そこからマネしているのかを公表しているのかしていないのかの差になります。

ということは、相手を認めているということにもなり、「リスペクト」という言葉とほぼ同じ意味として使うことができるということになります。

とはいっても「盗作」というのは実際に行動すること、「リスペクト」というのは行動するのではなく心で感じるものという点で異なっています。

インスパイア

インスパイアなんて聞いたことがない!なんていう方もおられるかもしれないですね。

インスパイアというのは英語になります。

英語では「inspireof~」という表現になり、「~を尊敬している」という意味で使うことができます。

つまり、「リスペクト」という言葉とまったくもって同じ意味合いを持っているということになるんですよね!やっとリスペクトと本当に似ているような意味合いのことばが出てきたぜ…なんて安心している方もおられるのではないでしょうか。

とはいっても、「リスペクト」という言葉ほど、日本における日常会話や日常表現のなかで「インスパイア」という言葉は使われることはありません。

要するにあまり出てくる言葉ではないので、何となく知っている程度でも大丈夫なレベルの言葉になります。

例えば「私はあの人を心からインスパイアしている」というのであれば、それは「私はあの人を心からリスペクトしている」という言い換えることができ、意味としては「私はあの人を心から尊敬している」ということができるということになります。

尊敬

もうこれは、説明が要らないかもしれないですね。

今回の記事のテーマともなっている「リスペクト」という言葉は、「尊敬している・敬意の気持ちを持っている」という意味を持っていました。

つまり、「尊敬」という言葉とイコールで結ぶことができる言葉になるです。

例文で確認しておきましょう。

「私はあの人を尊敬している」というのであれば、「私はあの人をリスペクトしている」ということができますよね。

つまり、そのままの意味で使うことができるので英語が苦手な人は、わざわざ「リスペクト」という言葉を使わなくても「尊敬している」という表現にすればいいだけになります。

とはいっても、日本語の「尊敬」のほうが「リスペクト」よりもより硬い表現として―ふわふわ浮いているような表現ではなく―使われているので、シーンによって使い分けることが重要になってくるでしょう。

リスペクトの反対語

これまでに「リスペクト」という言葉とほぼ同じ意味を持っているといわれている言葉たちをお伝えしてきました。

なかには納得できるような言葉もあれば「ええ!?こんな言葉が類義語なのかぁい!?」なんてサザ○サンに出てくるようなマ○オさんのような声をあげて驚いてしまった方もおられるかもしれないですね。

言葉には、そのような類義語というようなものもあれば、反対の意味を持っているといわれている“対義語”も存在しています。

対義語というのは、類義語とは違って反対の意味を持っている言葉になるんですよね。

つまり、リスペクトという言葉の反対の意味を持つ言葉になります。

一体そのような言葉には、どのような言葉があるというのでしょうか?ここでは、そんな“反対語”を確認し、さらに「リスペクト」という言葉の理解を深めていきましょう。

ディスリスペクト

あなたは、学生時代に英語が得意でしたか?または、学生を終えてからも日常的に英語に触れあっているという方もおられるかもしれないですね。

そのような方は「ディスリスペクト」という言葉を必ずどこかで耳にしたことがあるはずです。

さきほども少しお伝えしましたが、英語における「リスペクト」というのは「respect」と表現することができますよね。

英語ってその言葉に「non」とか「no」「dis」なんていう言葉をつけることによって、そのあとに続く言葉を否定することができるんです。

つまり、「ディスリスペクト」というのは英語にすると「disrespect」ということができ、それは「尊敬していない」という意味あいを持っていることになります。

しかし、その意味は”だいたいのおおまかな意味”です。

もっと詳しく「ディスリスペクト」という言葉にはどのような意味があるのかを確認していきましょう。

【ディスるの意味については、こちらの記事もチェック!】

軽蔑する

あなたは、誰かを軽蔑したことがありますか?「ディスリスペクト」という言葉には、相手を軽蔑するという意味があります。

「リスペクト」という言葉は、尊敬している気持ちを持っていることを表している言葉でしたから、そのように思うことのできない、人として信頼することのできないという意味を持っているんですよね。

そんな表現を「軽蔑する」と意味することができます。

軽視する

「私はあれを軽視していた」なんて使いますよね。

本当は重要視するべきことだったのにもかかわらず、そのようにしていなかったことをさしています。

その対象物のことを“軽い目線”でみていることになります。

それって、「信用に値しない」し、それに注目するほどのものではないということを表しているのではないでしょうか?

リスペクトの使い方

これまでに「リスペクト」という言葉を類義語だけではなく、対義語までも使って意味を確認してきました。

これまではなんとなくのニュアンスでこの言葉を使ってきた人でも、もうしっかりとした意味で胸を張ってこの言葉を使うことができるようになったのではないでしょうか。

では、「リスペクトする」という言葉はどのように使えば、正しいのでしょうか?

さっそく「リスペクトする」という言葉の正しい使い方を例文とともに確認しておきましょう。

あなたをリスペクトしています

これはどのような意味を持っているでしょうか?

「リスペクト」という言葉には“尊敬する”という言葉の意味が含まれていましたから、「あなたを尊敬しています」「あなたを尊敬します」という意味になりますね!どちらの意味なるかは、その前後の文章や会話で異なります。

プロ選手をリスペクトする

この文章は「プロ選手を尊敬している」という意味合いになります。

この“リスペクト”の尊敬の気持ちには、相手のことを信頼している気持ちもありますし、それに相手のことを受け入れている、相手のようになりたいというような“憧れの気持ち”の意味までも含まれていることになります。

あなたもそのようにあこがれの人がいて、“その人のようになりたいから尊敬している”なんていうこともあるのではないでしょうか?

そのようなときにも「リスペクト」という言葉を使うことができるんですね!

このアーティストはたくさんの方からリスペクトされている

この文章は「このアーティストはたくさんの方から尊敬されている/受け入れられている」という意味になります。

このように「リスペクト」という言葉は、その言葉を発している本人が「リスペクト」の気持ちを感じていなくてもその言葉を使うことができるんですよね!

つまり、だれか第3者の気持ちを代弁することのできる言葉であるということになります。

リスペクトされる人になるには?

あなたはリスペクトしている人がおられるかもしれません。

しかし、ステップアップして「ほかの人にリスペクトされるような人になりたい!」と感じている人もいるでしょう。

そのような人になるためにはどうしたらいいのでしょうか?その方法を確認しておきましょう。

高い目標を持って行動すること

あなたは高い目標を持って行動できていますか?高い目標を持っていると、人は意識を変えることができます。

そして、行動までも変えることができるんですよね。

あなたがあこがれていた人は、普通の人とは違うレベルにいたり、違う目標を持っていたはずです。

そのため、高い目標を持つのは必要不可欠になります。

人のために動くこと

あなたは人のために動けていますか?どうしても“利己主義”的な考え方になってしまうものですが、それでも人のために動くようにしてみましょう。

そうすると、周りの人にはあなたがそうではなくても「なんていい人なんだ!」と思われるようになります。

それもほかの人が嫌がるようなことを率先して行うとよいですね。

自分を大事にすること

自分を大切にできていますか?自分を大切にできない人は、他人のことまでも大切にすることはできません。

そのため、まずは自分を大切にできるようにしましょう。

そうすることで周りへの態度もかわりますし、それと同時に周りからの目線までもかえることができるようになります。

まとめ

今回は「リスペクトする」という言葉について特集してきました!いかがでしたか?あなたがこれまでに使っていた「リスペクトする」という言葉の意味はあっていたでしょうか。

使うだけでなんだかワンランクアップしたような気持になってしまう言葉ですが、本当にワンランクアップした人に見られるように正しい意味で「リスペクトする」という言葉を使いこなせるようになりましょうね!

【リスペクトされる人の特徴は、こちらの記事もチェック!】