CoCoSiA(ココシア)

リスペクトとは?意味や使い方を解説。リスペクトされる人になるには?


「君のことをリスペクトしてるからさ」「あの人ってまじでリスペクトだよねー!」なんて、あなたも私生活の中のあらゆるシーンにおいて「リスペクト」という言葉を使っているのではないでしょうか?

または、これまでに何度もその「リスペクト」という言葉を使用してきたかもしれないですね!

とはいえ、あなたはきちんとした「リスペクト」という言葉の意味を知っているでしょうか?その言葉を使い分けることができているでしょうか。

というのも、この世の中にはあなたのように「リスペクト」という言葉を多用している方がおられるんですね。

芸能界でも有名な人が「リスペクト」という言葉をたくさん使っているので、その人の影響もあってか本当の「リスペクト」という言葉の意味を知らずに「リスペクト」という言葉を使ってしまっている人もおられるのではないでしょうか。

しかし、そのようにちゃんとした意味を理解していないということは、「理解せずにその言葉を使用している」ということであり、あなたは間違った意味で「リスペクト」という言葉を使ってしまっている恐れがあるということになります。

それじゃあ、少し恥ずかしいと思いませんか?

ノリノリで、それも自信たっぷりにある特定の言葉を使っている人がいたとして、その言葉の意味合いを間違って使っているのがわかってしまったらなんともいえないですよね。

それにその間違いを指摘してあげるのは難しくなってしまいます。

そりゃあ、相手が自分に自信をもって使っているのがわかるので、そのように感じることでしょう。

とはいっても、どのように「リスペクト」という言葉を使えばいいのか本当はわからない!という方が多いのではありませんか?だからといって、周りの人が使っているような「リスペクト」という言葉のニュアンスでその言葉を使ってしまっても意味がないことになります。

ということで、この記事では「リスペクト」という言葉について特集しています。

この言葉が一体どのような意味を持っているのか?そしてどのようにすれば使いこなすことができるのか?また、それだけではなく“リスペクトされるような人間になるにはどのようにしたらいいのか”という点までもお伝えしています!

ぜひこの記事を確認して、「リスペクト」という言葉を使いこなせるようになり、さらに「リスペクトされるような人間」になれるように頑張ってみましょう!

この記事の目次

よく使ってる!?リスペクトの意外な意味

あなたはこれまでの人生の中で「リスペクト」という言葉をどれほど使ってきたでしょうか?

人によっては、もう毎日のように使っているような方もおられるでしょうし、反対にまったくこれまでの人生の中で使った記憶がないと感じている人もいるかもしれないですね。

しかし、この世の中には、きちんとした意味を知らないままに「リスペクト」という言葉を使っている人が大勢いるんです。

その大勢の人が使っているニュアンスを知ることによって、「ああ、こんな意味で使えばいいんだな」なんて使ってしまっている人もいるくらいです。

もしかしたら、あなたもそのように誰かが「リスペクト」という言葉を使っているから、そのまねをして使い始めたのではないでしょうか。

しかし、その言葉を使っていた人の使い方が正解しているとは限らないんですよね。

人によっては間違った意味合いで使ってしまっている人もいますし、それにあなたのように”なんとなく使っているとかっこよく見えるから”なんていう理由で「リスペクト」という言葉を使ってしまっている人もおられることでしょう。

そのようによく使っている言葉こそ、間違って使ってしまっているもの。

それも「リスペクト」なんていうカタカナ語を間違ってしまうなんて、少し恥ずかしい話ですよね。

ということで、まずは「リスペクト」という言葉がどのような意味を持っているのかについて学んでいきましょう!

リスペクトの意味


あなたは、これまでに「リスペクト」という言葉をどのような意味合いで使ってきたでしょうか?

学生時代、もしくは現在に英語にかかわるお仕事についているような方であれば、「リスペクト」という英語の意味を理解しているはずですのでそのような意味を使っていらっしゃることでしょう。

しかし、なかには英語がもともと苦手でそもそも「リスペクト」という英語がどのような意味を持っているのかさえも分からないという方もおられるはずです。

しかし、そのようなままですと先ほどもお伝えしたように社会人としては少し恥ずかしいコトになってしまうんですよね。

では、多くの人が通常会話などでいとも簡単に使ってしまいがちな「リスペクト」という言葉にはいったいどのような意味があるのかを確認していきましょう!

リスペクトはもともと英語

日本には外来語というのがたくさん存在しています。

それは海外からやってきた言葉ですよね。

つまり、もともと日本から発症した言葉ではないということになります。

ずばり、「リスペクト」という言葉も外来語になります。

とはいっても、カタカタ表記になっているのでそれは想像しやすいのではないでしょうか。

では、そんな外来語である「リスペクト」という言葉はいったいどのようにして読むことができるのでしょうか?ずばり「respect」と表記することができます。

英語があまり得意ではない方でも、この言葉はよく目にしたことがあるのではないでしょうか。

意味を理解するのももちろん大切ではありますが、これがもともと英語だということ、そしてrespectというスペルで表記できることなどまでもしっかり確認しておきましょう。

尊敬する・敬意

リスペクトという言葉には、「尊敬する」「敬意をもっている」という意味が含まれています。

英語でいえば、「respect」という言葉は動詞にも名詞にも変化することができるということなんですよね!また、多くのかたは「尊敬している」という意味合いで、この言葉をこれまでに使ってきているはずです。

それでもまったく問題ないということなりますね!

では、尊敬している、敬意を持ってるというのは具体的にどのようなものになるのでしょうか?

ずばり、相手を敬っている、相手に”いいな、そのようになりたいな”と思うようなところがある、もしくはその人に見習いたいところがあるときなどのことを説明する言葉になります。

特にあこがれの人や上司などに尊敬の意を払うことになりますよね。

ずばり、リスペクトという言葉はそのようにあなたが感じている人や物事に使うことができるということになります。

英語のニュアンス的な意味