CoCoSiA(ココシア)

僭越とは?スピーチやビジネスでの正しい使い方と注意点を解説


「僭越ながら少しお話をさせていただきます」なんて言う言葉をきいて、「え?僭越ってどういう意味なんだろう」なんて考えたことがある方もいらっしゃるかもしれないですね。

僭越という言葉は、センエツと読みますがその言葉の意味を知っている人はもしかしたら少ないのかもしれません。

とはいっても、ビジネスシーンにおいてはこの言葉はよく使われることがあり、人によってはすでに何回もこの人生のなかで使用してきたこともあるし、誰かが使っているのを耳にしたことがある人もいることでしょう。

しかし、僭越という言葉はどこか難しいようなイメージを感じる人が多く、きちんとその言葉の意味を理解せずに使うことができている人というのは少ないものです。

今まで「僭越」という言葉を使ったことがある人でも、間違った意味でその言葉を使用してきてしまった人というのは多くいらっしゃるかもしれないですね。

でも、そのような状況だと誰かが指摘してくれるまではまさか自分が間違った意味でその言葉を使ってしまっているなんて思わないものです。

だからこそ、大人になったときにわからない言葉が出てきてしまった時には、あなたはその言葉を早くに自分で調べて意味を理解していかなければいけないということになります。

人生というのは、いつだって“学ぶべき”ところなのです。

ということで、今回の記事では少し難しそうに感じてしまう「僭越(せんえつ)」という言葉がどのような意味を持っているのか、そしてどのようにして使っていくべきなのかについて特集しています。

ぜひ参考にして、あなたも言葉の正しい知識を身に着けてくださいね!

この記事の目次

僭越とは?

「僭越ながら…」「僭越ですが・・」なんていう言葉なんかであなたは“僭越”という言葉を耳にしたかもしれません。

その言葉をすでにこれまでの人生のなかで一度でも使用したことがある人というのは、それがどのような意味を持っているのか“なんとなくのニュアンス”で理解できていることでしょう。

反対にこれまでにまったくもってこの言葉を理解できていない、意味を知らないという人もいるかもしれないですね。

実は筆者も数年前まではこの「僭越」という言葉がどのような意味を持っているのか、そしてその言葉はどのように使われるべきなのかなんてまったくもって理解できていませんでした。

でも、その言葉に出会ったときに「なんだか難しそうだから、なんとなくのニュアンスで理解しておけばいいや」と思わなくてよかったと思っています。

なぜならば、次期に自分もその言葉を使う機会がやってきたからなんですよね。

というのも、その言葉を知って、さらにその言葉の意味、その使い方を知っていなければ「これを伝えたいんだけどなぁ」なんて気持ちになったときにそれを伝えることができなかったかもしれません。

そう、「僭越」という少し難しそうな言葉だからこそ、逃げずにしっかりとその言葉の意味を理解しておくべきなのです。

ということで、まずは「僭越」という言葉がどのような意味を持っているのかなどの“基本事項”を確認していきましょう!もしもすでに「僭越」という言葉を使用したことがあるという方は、その言葉の意味を思い出してみて比べてみてくださいね。

読み方「せんえつ」

さきほども少しだけお伝えしましたが、この言葉は「僭越」とかいて「せんえつ」と読むことができます。

人によっては、最後の漢字である「越」の部分は虚無ことができるけれど最初の漢字が読めない!なんていう方もいらっしゃるかもしれないですね。

「僭越」の「僭」という漢字には、身分不相応に“おごる”という意味があります。

つまり、身分よりも上のことをしてしまう、という意味があるということですね。

では、それを抑えて次の項目を確認していきましょう。

意味

「僭越」という言葉は、ひとつ前の項目でもお伝えしたように「僭」と「越」という言葉で構成されている言葉になります。

つまり、「身分相応のことではなく、それを超えているようなことをしている」と意味になるわけです。

それだけの説明ではなかなか理解できないかもしれないですね。

ということで「僭越」という言葉をもっと詳細に見て言いましょう。

身分や権限などを越えて、差し出がましいことをすること

今まさにお伝えしたように「僭越」という言葉には“身分や権限などを越えて、さしでがましいことをする”という意味があります。

多くの人は何かを発言したりするときというのは、だいたい“自分の立場”をわきまえた発言をしますね。

それに自分の立場をしっかり見つめることによって「これは話しても大丈夫」とか「これは話してはいけない」なんていうことまでもしっかり考えることになるかと思います。

しかし、時にはそのような身分や今いる立場などでは本来話さないことでも相手に伝えなければいけないことってあるんですよね。

それが「僭越」になるんです。

でも、このように身分や権限を越えて“悪いことをしている”“失礼なことをしている”という自覚があることもこの言葉には一つの意味として含まれています。

そのため、この言葉を前置きにして使うことによって相手に伝わりやすくなるんですね。

ある限度を超えて事を行うこと

「僭越」という言葉には“越える”という言葉が使われています。

そのため、ある限度を超えて物事を行うという意味までもあるんです。

ある限度とはなんでしょうか?体力もそうですし、自分自身のキャパシティというものを想像していただけるとわかりやすいかと思います。

最初は「できないな」と感じていることでも馬鹿力をだすことができれば、案外できることもありますよね。

そのような状態も“僭越”という言葉で使い、そして表現することができることになります。

とはいえ、ほとんどがひとつ前にお伝えした「身分を超えて差し出がましいことを話す」という意味でつかわれるので、こちらは参考程度にとどめるくらいで大丈夫になります。

スピーチやビジネスでの正しい使い方


これまでに「僭越」という言葉の意味をふたつご紹介してきましたね!その言葉の意味を理解することはできたでしょうか?

人によっては、理解できたけれども実際にどのように使えばいいのかわからないという人もいるはずです。