「僭越ながら少しお話をさせていただきます」なんて言う言葉をきいて、「え?僭越ってどういう意味なんだろう」なんて考えたことがある方もいらっしゃるかもしれないですね。

僭越という言葉は、センエツと読みますがその言葉の意味を知っている人はもしかしたら少ないのかもしれません。

とはいっても、ビジネスシーンにおいてはこの言葉はよく使われることがあり、人によってはすでに何回もこの人生のなかで使用してきたこともあるし、誰かが使っているのを耳にしたことがある人もいることでしょう。

しかし、僭越という言葉はどこか難しいようなイメージを感じる人が多く、きちんとその言葉の意味を理解せずに使うことができている人というのは少ないものです。

今まで「僭越」という言葉を使ったことがある人でも、間違った意味でその言葉を使用してきてしまった人というのは多くいらっしゃるかもしれないですね。

でも、そのような状況だと誰かが指摘してくれるまではまさか自分が間違った意味でその言葉を使ってしまっているなんて思わないものです。

だからこそ、大人になったときにわからない言葉が出てきてしまった時には、あなたはその言葉を早くに自分で調べて意味を理解していかなければいけないということになります。

人生というのは、いつだって“学ぶべき”ところなのです。

ということで、今回の記事では少し難しそうに感じてしまう「僭越(せんえつ)」という言葉がどのような意味を持っているのか、そしてどのようにして使っていくべきなのかについて特集しています。

ぜひ参考にして、あなたも言葉の正しい知識を身に着けてくださいね!

僭越とは?

「僭越ながら…」「僭越ですが・・」なんていう言葉なんかであなたは“僭越”という言葉を耳にしたかもしれません。

その言葉をすでにこれまでの人生のなかで一度でも使用したことがある人というのは、それがどのような意味を持っているのか“なんとなくのニュアンス”で理解できていることでしょう。

反対にこれまでにまったくもってこの言葉を理解できていない、意味を知らないという人もいるかもしれないですね。

実は筆者も数年前まではこの「僭越」という言葉がどのような意味を持っているのか、そしてその言葉はどのように使われるべきなのかなんてまったくもって理解できていませんでした。

でも、その言葉に出会ったときに「なんだか難しそうだから、なんとなくのニュアンスで理解しておけばいいや」と思わなくてよかったと思っています。

なぜならば、次期に自分もその言葉を使う機会がやってきたからなんですよね。

というのも、その言葉を知って、さらにその言葉の意味、その使い方を知っていなければ「これを伝えたいんだけどなぁ」なんて気持ちになったときにそれを伝えることができなかったかもしれません。

そう、「僭越」という少し難しそうな言葉だからこそ、逃げずにしっかりとその言葉の意味を理解しておくべきなのです。

ということで、まずは「僭越」という言葉がどのような意味を持っているのかなどの“基本事項”を確認していきましょう!もしもすでに「僭越」という言葉を使用したことがあるという方は、その言葉の意味を思い出してみて比べてみてくださいね。

読み方「せんえつ」

さきほども少しだけお伝えしましたが、この言葉は「僭越」とかいて「せんえつ」と読むことができます。

人によっては、最後の漢字である「越」の部分は虚無ことができるけれど最初の漢字が読めない!なんていう方もいらっしゃるかもしれないですね。

「僭越」の「僭」という漢字には、身分不相応に“おごる”という意味があります。

つまり、身分よりも上のことをしてしまう、という意味があるということですね。

では、それを抑えて次の項目を確認していきましょう。

意味

「僭越」という言葉は、ひとつ前の項目でもお伝えしたように「僭」と「越」という言葉で構成されている言葉になります。

つまり、「身分相応のことではなく、それを超えているようなことをしている」と意味になるわけです。

それだけの説明ではなかなか理解できないかもしれないですね。

ということで「僭越」という言葉をもっと詳細に見て言いましょう。

身分や権限などを越えて、差し出がましいことをすること

今まさにお伝えしたように「僭越」という言葉には“身分や権限などを越えて、さしでがましいことをする”という意味があります。

多くの人は何かを発言したりするときというのは、だいたい“自分の立場”をわきまえた発言をしますね。

それに自分の立場をしっかり見つめることによって「これは話しても大丈夫」とか「これは話してはいけない」なんていうことまでもしっかり考えることになるかと思います。

しかし、時にはそのような身分や今いる立場などでは本来話さないことでも相手に伝えなければいけないことってあるんですよね。

それが「僭越」になるんです。

でも、このように身分や権限を越えて“悪いことをしている”“失礼なことをしている”という自覚があることもこの言葉には一つの意味として含まれています。

そのため、この言葉を前置きにして使うことによって相手に伝わりやすくなるんですね。

ある限度を超えて事を行うこと

「僭越」という言葉には“越える”という言葉が使われています。

そのため、ある限度を超えて物事を行うという意味までもあるんです。

ある限度とはなんでしょうか?体力もそうですし、自分自身のキャパシティというものを想像していただけるとわかりやすいかと思います。

最初は「できないな」と感じていることでも馬鹿力をだすことができれば、案外できることもありますよね。

そのような状態も“僭越”という言葉で使い、そして表現することができることになります。

とはいえ、ほとんどがひとつ前にお伝えした「身分を超えて差し出がましいことを話す」という意味でつかわれるので、こちらは参考程度にとどめるくらいで大丈夫になります。

スピーチやビジネスでの正しい使い方


これまでに「僭越」という言葉の意味をふたつご紹介してきましたね!その言葉の意味を理解することはできたでしょうか?

人によっては、理解できたけれども実際にどのように使えばいいのかわからないという人もいるはずです。

特にこの言葉はビジネスシーンやスピーチなどで使われることが多く、少しでも意味を間違えて使ったしまうと恥さらしの原因になることはお分かりいただけているでしょう。

そのように失敗をしたくないですよね!そんなあなたのために、ここではスピーチやビジネスにおいてどのように使えば正しいのかをご紹介しています。

「僭越」という言葉を自信をもって使えるように、ぜひともここでスピーチやビジネスシーンにおいてどのようにすれば「僭越」という言葉が正しく使えるのかを確認していきましょう。

使う場面

どんな言葉にでもその言葉を使うのに適しているシーンがあるものです。

そのため、使う場面をしっかり確認しておきましょう。

せっかくその言葉の意味を知っていたとしても、使う場面を間違えてしまっていてはそれだけであなたは恥ずかしい思いをすることになってしまうのです。

では、「僭越」という言葉はどのようなシーンで使っていけばいいというのでしょうか?

目上の相手やお客様に対して

「僭越」という言葉には、自分の身分をわきまえてはいるもののそれ以上のことをあなたにお伝えしますよ、という意味が含まれているとお伝えしましたね。

そのため、自分よりも“目上の人”だとか“お客様”などに使われることが多い言葉になります。

目上の人とは上司や取引先の方、お客様なんていうのはその人たちがいなければ商売は成立しないので、人によっては“目上の人”と同じ扱いになりますよね。

その人たちのほうがどう考えても自分より立場が上だと感じたり、なにか弱みを握られている時でもこの言葉を使うことができます。

自分の考えや反対意見を述べる時

あなたは、自分の考えをしっかりと相手に伝えることができますか?

人によってはなかなか伝えるのを苦手だと感じて伝えることができない人もいますよね。

しかし、それでも自分の考えや相手の話していること・主張していることに対して反対意見を述べるときには「僭越」という言葉を使うことができます。

その意見を述べることに対して「自分なんかがこのようなことを話すのは少し遠慮したいところですが…」という意味を含んでいることになりますね。

反対意見を述べるときに「僭越」という言葉で前置きをしておくことによって、相手に理解されやすくなりますし、受け入れてもらいやすくなるというメリットもあります。

自分より身分の低いものがエラそうになにかを話しているのをみたらだれでもカチンときてしまいますよね。

そのように思わせるのを避けることができるということになります。

へりくだった言い方として使われる

「僭越」という言葉は、自分の立場をわきまえているということ、それを前提で意見することをあなたに伝えますという意味があるとのことでした。

そのため、“へりくだった言い方”として使われることが多いです。

というのも、自分の立場をわきまえている、身分を理解しているということは相手から見て自分を下に見ているということになりますよね。

それって自分自身を謙遜し、相手を立てている状態になります。

つまり、「僭越」という言葉を使うようになると「へりくだっている」とみなされるのです。

もしも、相手よりも自分を下に見立てたいときなどがあれば、「僭越」という言葉でその態度を示すことができます。

その後に続くフレーズを和らげる役割の枕詞として

これまでに何度もお伝えしていますが「僭越」という言葉は、本当に伝えたいことをやんわりと相手に受け取ってもらうために使うことができる言葉になります。

そんなときには“枕詞”のような前置きとして使うことが前提になります。

さきほども例に挙げていますが「僭越ではございますが…」というんですね。

そのあとに、本当に伝えたい事、身分不相応なことを伝えることになります。

「僭越ではございますが…」なんていう枕詞が含まれている言葉を使うことによって、相手に失礼な気持ちをさせなくて済むこともあります。

代替の表現

これまでに「僭越」という言葉をどのようなシーンで使えばいいのか、またその言葉にはどのように使うことで効果的に使うことができるのかについてお伝えしてきましたね!

しかし、それでもまだ「僭越」という言葉についてなかなか理解できない・・・それに自分なんかがこんな難しい言葉を使うこと自体が“僭越”だと感じる人もいるかもしれません。

そのような方たちのために、ここでは「僭越」という言葉を代替するにふさわしい言葉をいくつかご紹介しています。

それぞれ例文などを確認しながら、「僭越」と同じ意味を持っていることを確認していきましょう。

ぶしつけながら

「ぶしつけながら」という言葉は、「無礼ながら、礼がなっていないけれども、不作法なさま」という意味を持っています。

漢字にすると「不躾」とかくことができます。

“躾”というのは、子供のころから誰もが親から受けているものですよね。

それがなっていない、しつけをされていないくらいに無礼なことをしているというニュアンスがあるといえば、わかりやすいのでは煮ないでしょうか?この言葉は、「無礼である」ということを自覚しているということで「僭越」という言葉に言い換えることができます。

例えば「ぶしつけながら、今回は欠席させていただきます」というと「失礼なことはわかっているのですが、今回は欠席します」という意味になりますね。

これは本来は欠席するような立場でもないということになります。

そのため、「僭越」と言い換えることが可能だということですね!

差し出がましいようで恐縮ですが


この言葉は二つの言葉が合体していますね。

「差し出がましい」という言葉、そして「恐縮だ」という言葉になります。

「差し出がましい」というのは「しゃしゃりでること、余計なことをいうこと」という意味があります。

そこに「それを申し訳なく思っている」というへりくだった言い方である“恐縮ですが”という言葉をつけることによって、申し訳なく思っているけれどもこれだけは言わせてもらう…というニュアンスの言葉になります。

このようなニュアンスは、「僭越ではございますが~だと思います」と主張するときの“僭越”と同じ意味を持っていますよね。

自分の立場をわきまえているし、相手に失礼になることもなんとなくわかっている。

それでも黙っていることができないということになります。

そのため、「僭越」という言葉と同じ意味として使うことができるようになります。

恐れながら

「恐れながら」というのは「恐縮ですが、失礼だとわかってはいるのですが」という意味になります。

この言葉は日常生活の中でもよく使われる言葉ですね。

そのため、「僭越」という言葉を使うことに少し抵抗を感じるのであれば、この「恐れながら」という言葉に言い換えて使うのがいいでしょう。

「恐縮ですが」と感じているといことは、心の底に「これからすること/いうことが申し訳ないと感じている」という意味になりますよね。

つまり、自分を相手よりも下の身分にみていたり、さらにはそのような状況で伝えるのも申し訳ないことだと自覚しています。

これは「僭越」という言葉の意味とピッタリあてはまるので、「恐れながら」という言葉と「僭越」という言葉はイコールで結ぶことができるということになります。

失礼を顧みず申し上げますと

この言葉は「失礼だと思っていますがそれを気にせずにあなたに伝えますと…」という意味になります。

これはかなりくだけた表現方法にしていますが、それでも「僭越」という言葉と同等の意味を持っているということができますよね。

「失礼だと思っている」ということは、「僭越」という言葉の意味にも含まれていたように「自分自身の身分や立場が低いこと」をしっかりとわきまえているということになります。

そのため、「僭越」という言葉とほぼ同じ意味として使うことができるんですね!「僭越ではございますが…」というような枕詞として、「失礼を顧みず申し上げますと」というように使うことができます。

出過ぎた真似かもしれませんが

「僭越」という言葉には、自分の持っている度合いを超えるという意味がありました。

また自分の身分などを超えて、相手になにかを伝えたりするという意味もありましたね。

そのようなニュアンスからいうと「出過ぎた真似かもしれませんが」という言葉と言い換えることが可能になります。

「出過ぎた真似」というのは、この話し手の人が本来するべきことではないということをさしていますね。

それでもやってしまうということは“越える”ことを指しており、「僭越」という言葉の意味と同じということができます。

また、本来は自分がやるべきことではないと分かっていることに対して「出過ぎた真似」ということができるということは、自分の立場をわきまえているということでもありますよね。

つまり、「僭越」とお言い換えることができるということになります。

私などがおこがましい話ですが

まず、この文章の意味を確認する前に「おこがましい」という言葉について意味を確認しておきましょう。

「おこがましい」というのは、“身の程をわきまえていない”という意味になります。

その意味を踏まえて、「私などがおこがましい話ですが」とい表現の意味を見ると、「私みたいなものがこんなことを話すのは身分をわきまえていないとわかっていますが」となります。

つまり、この言い方も自分の立場をわきまえていて、その上で相手に何かを伝えようとしているということになりますね。

そのため、「僭越」という言葉と言い換えることができるということになります。

ポイントは「身分」「わきまえ」にあり

これまでに「僭越」という言葉に言い換えることのできる言葉をご紹介してきました。

「僭越」という言葉は勉強熱心、もしくはビジネス人生の長い人であれば当然に知っている言葉です。

しかし、中にはその言葉の意味を知らない人もいるんですよね。

そのような人たちにこの言葉を使ってもあなたが身分をわきまえていることを相手に伝えることができません。

それにどこか「僭越」という言葉を使うことに抵抗する気持ちを感じている人もいるのではないでしょうか。

そんなときにはぜひとも「僭越」という言葉の代わりにこれまでにお伝えしたきた言葉を使うようにしてください!その言葉のポイントは”身分をわきまえている”という意味が使われているということになります。

そのようなニュアンスを含んでいる言葉であれば、相手に誤解を与えることもありません。

例文

「僭越」という言葉はどのような言葉に言い換えることができるのか確認してきましたね!さらに「僭越」という言葉に対しての理解を深めるために、これから「僭越」を使った例文を確認していきましょう。

例文を確認すれば、「このように使うんだな」というように具体的な使い方を確認することもできますし、人によっては「そうかこういう意味だったのか!」と詳しくもっと「僭越」という言葉を理解できるようになることでしょう。

では、どのように使っていくのか例文で確認していきましょう。

僭越ながら、私の考えを申し上げます

この文章はどのような意味を持っているでしょうか?これまでにお伝えしてきた意味でこの文章の意味を考えてみてください。

ずばり「自分の身分では低いと分かっていますが、それでも私の意見をお伝えします」という意味になります。

「僭越」という言葉は、自分の身分が相手よりも低いとわかっていることを示していますね。

僭越ではございますが、先程の提案が一番ふさわしいと思います

この文章は、「身の程しらずだとはわかっていますが、先ほどの提案が一番ふさわしいと私は思います」という意味になります。

このように目上の人に対して意見を述べるときにも「僭越」という言葉を使うことができます。

それも「僭越ではございますが」と使うことによって、さらに丁寧ないいかたにすることができ、相手に自分が相手よりもへりくだっているということを伝えることができます。

「僭越ではございますが」という表現だけでも頭に入れておくようにすると、使いこなすことができるでしょう。

僭越ではございますが、再考されるのがよろしいかと思われます

この文章は「身分をわきまえていないのはわかっていますが、もう一度考え直したほうがいいのではないかと思います」という意味ですね。

ひとつ前にお伝えした例文と同じように、自分の意見を自分の目上の人に伝えるときにこの言葉を使うことができるんですね!

僭越ながら、私がご説明させていただきます

この文章は「身分をわきまえていないのはわかっていますが、私がここで説明をさせていただきます」という意味になります。

これは、もともとこの話し手の人がでしゃばるところではなく、ほかの人が説明することになっていたのでしょう。

それでも自分の感情を抑えることができずにその説明をしてしまったということになります。

このような行為は、そのもともとの担当者からみたら出しゃばり者!と思ってしまうものです。

しかし、そこで「僭越ながら」という枕詞をつけておくことによって「出しゃばってすみません」という意味も含まれるので、少しやんわりと相手も受け取ってくれることになります。

「僭越」という言葉は、その後の人間関係を円滑にする役割もあるということなんですね。

僭越ながら、私がご挨拶させていただきます

この文章は「身分をわきまえていないのはわかっていますが、私が(誰かに代わって)挨拶をさせていただきます」という意味になりますね!

もう意味をお伝えしなくても「僭越」という言葉から、どのようなことを伝えたいとしているのか想像できたのではないでしょうか?

この文章をもっと詳しく見てみると、「私」というのは本当はあいさつする立場ではありませんでした。

でも、ほかに挨拶する人もいない、いたとしてもやる気配がないとなると出しゃばってでも挨拶しておこうということになったんですね。

どんなときでも出しゃばった行動をビジネスシーンなどで行うときに「僭越」という言葉を使っておけば間違いはないでしょう。

スピーチやビジネスで使う場合の注意点

これまでに「僭越」という言葉の意味、そしてどのようなシーンで使うのか、さらにはその言葉の意味の理解を深めるためにどのようなシーンで使うべきなのかについてなどなど、いろいろな角度からこの言葉をご紹介してきましたね。

いろいろな角度から確認してきたので、すでに「もうこの言葉に関してはバッチリだわ!」と感じている人もいるかもしれません。

しかし、そのように自信を持つのは少し早いです。

スピーチやビジネスシーンにおいて、「僭越」という言葉を使うときには必ず気を付けてほしい点があります。

それはどのようなことなのかをチェックし、実際に「僭越」という言葉を使うときにはその注意点に気を付けるようにしてくださいね。

1.嫌味に聞こえないように

「僭越」というのは“へりくだった言い方”でしたね。

しかし、人の言い方やそのあとに続く本当に伝えたい事項や気持などによっては、「嫌味」に聞こえてしまうことがあります。

本当は自分はとても身分が高いし、それに社会的に成功しているのにわざわざ「僭越」という言葉を使うことはないんです。

そのようにそれなりの地位についているのにへりくだった使い方をすると「この人はわざとそうやっているのか?」なんて多くの人に思われ、嫌な人として見られるようになります。

そのようなちょっとしたところで判断され、その後の仕事に影響することもあるので絶対に嫌味に聞こえないように使うようにしましょう。

基準としては、ほかのだれかがあなたが使おうとしていたように「僭越」という言葉を使っていたのであれば、どのように思うのか第3者の目線を忘れないようにしてください。

2.多用しない

「僭越」という言葉をしると、どうしてもその言葉を多用してしまいますよね。

しかし、この言葉は多く使うべきではありません。

そりゃあ日常生活において自分を謙遜したい時もあるでしょう。

そのようなときには、わざわざ「僭越」という言葉を使うのではなく、別の言葉で代替するようにしてください。

「僭越」という言葉を知っている人は知っていますが、知らない人は知らないんですよね。

そのため、「僭越というような難しい言葉をわざと使っているのかもしれない」「お高い人だ」「プライドが高いのかもしれない」なんて思われることも。

そんなときには、さきほどお伝えした“僭越の代替語”を活用するようにしましょう。

それだけでさらに柔らかく伝えることができるので堅い人に見られませんし、相手からも少しでも印象をよくすることが可能です。

3.ふさわしいシーンを選ぶ

これまでの文章の中で「僭越」という言葉はどのようなシーンで使われるべきなのかについてもお伝えしてきましたよね。

スピーチやビジネスシーンなどにおいて、とのことでした。

しかし、新しい言葉を知った人は特にイビジネスシーン以外のプライベートなシーンで使ってしまったり、さらには本当は自分のほうが身分が上なのにそれを誇張するように「僭越」という言葉を使う人がいます。

それだと先ほどもお伝えしたように、人に対していやな思いをさせることになります。

しっかりと、「ここで使うべきなのか」と判断するようにして、そしてその「僭越」という言葉を使うようにしましょう。

そこで“大人の考え方”“思考力”が見られているんですよ。

注意点をしっかりおさえておこう

今回は「僭越」という言葉についてご紹介してきました。

「僭越」という言葉は、「身分や立場などをわきまえているけれども、その身分にしてはいうべきではないことをいいますよ」という意味を持っているということでしたね。

また、普通よりも過剰に何かをしてしまう…という意味も持っているとのことでした。

意味を理解できたのであれば、例文までも確認して間違った意味で使わないようにしましょう。

また、理解しやすくするために、「僭越」という言葉をどのようなところで使うべきなのか、またどのようにして注意すべきなのかについてもお伝えしました。

ぜひ、それらを頭に入れてこれから「僭越」という言葉を使うようにしてみてくださいね!注意点とその言葉の意味をしっかり理解してさえいれば、何も問題なく「僭越」という言葉を使いこなせるようになるはずですよ!