人間には色々な顏がある物です。

そのなかでカワイイ・美人と言われるような顏もあるでしょう。

皆それぞれ良い所があるはずです。

つい他人の良い所ばかりが目に付いてしまいがちですが、自分自身の良さに気がつく事によって、今以上に楽しい日々を過ごす事が出来るようになるかもしれません。

多くの顏がある中で、その顔を様々な物に例える時もあります。

例えば、調味料に例えた言い方を聞いたことがあるのでは無いでしょうか。

醤油・塩・ソースなどは昔から言われる良い方です。

これにより、なんとなく顔をジャンルわけする事が出来るのです。

ジャンル分けしたからと言って良い事があるわけではありません。

ですが、そうする事によって、なんとなく自分の好みを知る事が出来るようになる事でしょう。

その例えには、動物に例える時もあります。

動物は、調味料にらべればよりその顔をイメージしやすいのでは無いでしょうか。

普通の会話の中でも『馬面』などという言い方をする事もあり、私たちの生活に密着した言葉となって居ます。

その中で、サル顏と呼ばれる人達をご存知でしょうか。

サル顏とは、そのまま猿に似ている人達の事を指します。

私たち人間の祖先は元々サルです。

だからこそ、似ている人が居ても当然と言えば当然なのです。

今回は、そんなサル顏の人たちについてご紹介させて頂きます。

中には、自分がサル顏である事に悩んでいる方も居るかもしれません。

もっと違った顏が良かったと思っている事だってあるでしょう。

ですが、サル顏は誰からも愛される人気の顏なのです。

これれからご紹介させて頂く記事を見る事によって、あなたの気持ちを大きく変える事が出来るかもしれません。

サル顔は愛され顔

『サル顏だね』と言われて嬉しいと感じる人は少ないかもしれません。

特に女性の場合には、嫌だと感じる事も多いでしょう。

それは、サル顏が美人とはあまり結び付かないからかもしれません。

ですが、サル顏は愛され顏です。

私たちの潜在意識の中で、どこか昔を思い出す効果があるのかは分かりませんが、それによってサル顏の人の方が親しみを感じやすいと言う事が分かって居ます。

だからこそ、他の人では注意されてしまうような事も見逃してもらう事が出来るかもしれません。

また、愛嬌があると言う事で人気者になる事が出来る可能性だってあるでしょう。

確かに、人は見た目が良い人に引かれる物です。

美人・イケメンなどといわれれば嬉しい気持ちになる事もあるでしょう。

ですが、それも一時の事。

美人・イケメンはすぐに見慣れてしまいますが、愛嬌のある顏はどんどんそこに愛情が加わって行きます。

最初はなんとも持っていなかったとしても次第にその顔が可愛く見えてくる事もあるのです。

人の気持ちは日々変化していく物です。

人はつい目先の簡単な見た目に引かれてしまいますが、長い目で見れば一緒に過ごすには愛嬌のある顏の方が楽しい日々を過ごす事が出来るかもしれません。

だからこそ、サル顏の人は人から愛されているのでしょう。

サル顔の9個の特徴をチェック

それではここからは、、サル顏の人の特徴についてご紹介させて頂きます。

自分が既にサル顏だと思う人は、どんな所がサル顏なのかをいま一度確かめてみてはいかがでしょうか。

また、自覚症状の無い方も自分が気がついていないだけで他の人からはサル顏だと思われている事もあるでしょう。

知って居れば、何かを変える事が出来るかもしれません。

より自分にあった服装やお化粧を試して見る事だって出来るでしょう。

その事を意識して、是非もう一度自分自身をチェックしてみてはいかがでしょうか。

1.耳が大きい


サル顏の人の大きな特徴の中に耳があります。

耳が大きいと書きましたが、性格には耳が立っているように見えると言う事が大事なポイントです。

単純にサイズが大きいだけでは拭く耳になってしまいます。

福耳の人が全員サル顏かときかれればそんな事は無いはずです。

きっとただ耳の大きい人だなというイメージで終わって居るでしょう。

大事なのは、立っているかどうかなのです。

顔を正面で見た時、サル顏以外の人はさほど耳が目だつ事がありません。

それは顏に沿って自然と横についているからです。

ですが、サル顏の人は違います。

顏に刺さるような形で耳が生えて居るのです。

だからこそ、耳の存在感が大きくそれがより一層サル顏に見せる原因となる事でしょう。

耳の大きさはあまり関係ありません。

大きければ大きい程、よりサル顏に見えると言う事はあります。

ですが、例え小さかったとしてもしっかりと立っているとそれだけでサル顏に見える要素は十分にあると言えるでしょう。

自分は耳がさほど大きくないにも関わらず、人からサル顏だと言われるという人はもしかしたら耳が立っているのかもしれません。

産まれてから見続けている自分の顏だからこそ、以外と他人との違いには気がつく事が出来ない場合もあります。

だからこそ、その違いにいち早く気がつく為にもいま一度確認してみてはいかがでしょうか。

2.耳が横に大きく張っている

これもサル顏の特徴です。

先ほど説明させて頂いた大きさに合わせて、その向きが重要になってくると言う事なのです。

普段あまり意識してサルを見ていないので、気がつく人が少ないかもしれませんがサルは意外と耳がしっかりとしています。

だからこそ、人間もまた耳がしっかりと存在している事によて、サル顏に見えるようになって居るのです。

人によって、顏の特徴という物は違うものです。

目が大きい人も居れば鼻が高い人だっているでしょう。

その中の一つの特徴として耳が横に張っているというものもあるのです。

それによって、サルっぽいイメージがより強くなってしまい嫌だと感じる人もいるかもしれません。

ですが、それもまた一つの特徴です。

自分の特徴を素直に受け入れる事によって、新しい魅力に気がつく事が出来る事もあるかもしれません。

3.口が大きい


口の大きさもまた、人によって様々です。

小さい人も居れば大きい人も居る事でしょう。

中には、横に広い人だっているかもしれません。

その中で、口が小さいよりも大きい方がよりサル顏になりやすいという傾向があります。

サルは、顏の上半分よりもした半分の方が面積が広く特徴が出やすい事が分かって居ます。

だからこそ、口の面積が広ければ広いほどよりサル顏に近づくのです。

口の大きさは、なかなか変える事が出来ません。

部位によってはお化粧などによってイメージを変える事が出来るかもしれませんが、大きい物を小さく見せる事が難しい部分も多いでしょう。

口が大きい事によって、イメージがつきやすいと思うかたも居るかもしれません。

ですが、表情がより分かりやすく可愛らしいと思われる場合もあります。

自分の特徴をより良く生かす為にも、自分の長所をしっかいと知る事も大事なポイントと言えるでしょう。

4.口全体が突き出ている

人間の祖先はサルです。

それは誰もが知っている事実でしょう。

ですが、猿がいきなり今のような私たち人間に進化したわけではありません。

猿人と呼ばれる存在がおり、それらが次第に進化して行く事によって私たちが居るのです。

猿人は、正にサルと人間との間です。

その猿人の特徴がより強く出る人も、今でも居ます。

その猿人の大きな特徴が、口全体が大きく突き出している骨格です。

既に進化の家庭で猿人は居ません。

ですが、今の技術があれば出土した骨などから、猿人がどんな顔をしていたのかを想像する事が出来るのです。

その結果、口元が骨格から出ていると言う事が分かります。

その為、今でも口元が出ている人は、それだけサル顏に見えやすいという特徴があります。

骨格の問題は、自分ではどうする事も出来ません。

その為、最近では、それを美容整形という形で大がかりな手術を経てその特徴を分かりにくくしてしまうと言う事もあるかもしれません。

そうする事によって自分に自信を持つ事が出来るのであればそれもまたいいかもしれません。

ですが、サル顏としてはその骨格事が大事な特徴なのです。

何をもって可愛い・素敵だと思うかは自分次第です。

そのサルに似ている顏に愛着を持つ人も居るでしょう。

ですが、嫌だと感じる事もまたあるでしょう。

それぞれが正しく、どちらも自分が納得する事が出来ればそれでいいのです。

5.歯茎が長い

口元が出ている事により、その中の部分が大きくなるのは当然の事なのかもしれません。

その為、口元の分だけ歯茎は長くなります。

歯茎が長くなる事によて、口元のイメージも変わります。

笑った時などに、目立つと言う事もあるでしょう。

歯茎の長さもまた、自分ではどうする事も出来ない部分ではあります。

口元に大きな特徴が出やすい事が、サル顏の大きな特徴と言えるでしょう。

6.歯茎が出ている

歯茎が長いのと同時に、歯茎が自然と出ていると言う方もサル顏の人の中には大きく居る特徴の一つです。

だだ歯茎が長いだけでは、そこまでサル顏には見えないかもしれません。

ですが、そこに出っぱりがついかされる事によって更にサルをイメージさせる顔へと進化して行くのです。

猿人の模型を見ればわかるように、よこから見ると口元が大きく突き出している事が分かります。

これはサルっぽく見える大きな原因の一つなのです。

その為、口元のイメージを変える事によって、自分のサルっぽさを少なくする事も出来るかもしれません。

サル顔は、愛嬌があり可愛らしい顔です。

ですが、それを本人が納得してるかわ分かりません。

もしかしたらコンプレックㇲをかかえて居るかもしれないのです。

そんな人は、お化粧などによって、イメージを変えるだけでも全く違った表情を作る事が出来るかもしれません。

7.面長

サル顔の人は、口元に特徴が出やすい傾向があります。

口元が長く、前に突き出しているという特徴は、先ほども御説明させて頂きました。

だからこそ、顔全体で見た時に顔半分が長く見えるという特徴があります。

実際に面長場合もあります。

ですが、顏半分に特徴があるからこそ、面長に見えてしまうと言う事も考えられるでしょう。

その中で、自分が一体どちらなのかと言う事をきちんと見極め得て置く事もまた大事なのでは無いでしょうか。

顔の形によって似合う化粧や服装・髪型などは変わってしまうものです。

その為、実際に面長なのかそうでないのかをしっかりと把握しておく事によって、自分がより魅力的に見せる事が出来るかどうかも変わってくるはずです。

8.鼻が低く小さい

口元に特徴が出やすいサル顔の人は、その分鼻が小さくなる傾向にあります。

日本人はもt元、海外の人に比べれば鼻が小さく低いのが特徴です。

だからこそ、根本的に日本人はサル顔になりやすい傾向が強いと言う事が言えるでしょう。

その中で、他の特徴がより強く出ている人に対して、サル顔だと認識しているのかもしれません。

鼻が小さく、低い事は日本人であれば誰もが一度は悩む事なのかもしれません。

その中で、それぞれ工夫をする事によってその短所を克服しています。

つい私たちは、憧れから鼻が高ければみんな素敵でカッコイイと思いがちです。

ですが、実際には勿論そんな事はありません。

鼻が高くても、美人だと思われない人だって居るはずです。

それと同じように、例え鼻が低くかったり小さかったりしたとしても素晴らしい魅力をもった人は居るはずです。

大事なのはバランスです。

その為、他人の長所ばかりに目を向けるのでは無く、自分の持っている物をどうすればアピールする事が出来るのかをしっかりと理解しておく事が大事な事でしょう。

9.鼻の下が長い

耳や口元と同じように、サル顔の人の大きな特徴の中に鼻の下の長さがあります。

子の特徴があるだけで、一気にサル顔に近づくと言っても過言では無い程サル顔にとって重要なポイントです。

この鼻下の長さは、元々口元が長く前に突き出していたネアンデルタール人などの猿人の特徴の名残りなのでしょう。

進化の途中で、口元の特徴はなくなったものの、その伸びてしまった鼻の下が大きな特徴として残ってしまったのです。

男の人は、サル顔でも人気がでている人も多くさほど気になる事が少ないポイントかもしれません。

ですが、女性の場合はどうでしょうか。

どうしても鼻の下が気になると言う方も居る事でしょう。

その鼻の下のせいで、サルぽいイメージがより強くつくと言う事もあるかもしれません。

ですが、女性にはお化粧というアイテムがあります。

それによって実際よりも短く見せる事は出来るかもしれません。

人によっては目立たなくする事だって出来るはずです。

サル顔が嫌だと感じている人は、まず鼻の下の長さを意識してみてください。

そうした中で、人よりも長いと感じる部分があるのであれば、それがサル顔の大きな原因です。

その原因を解消する事によって、自分のイメージを回避する事が出来る場合もあるかもしれません。

サル顔の人の性格

それではここからがサル顔の人の性格的な特徴についてご紹介させて頂きます。

サル顔の人だとしても、本当であれば性格は千差万別です。

系統が同じだからと言って同じ性格になる事などありえないでしょう。

だからこそ、これはあくまでもイメージであり必ずしもこうなるとは言えません。

その為、これからご紹介する性格をみて『当てはまっていない』『間違ている』と思う事もあるでしょう。

それは当たり前の事です。

あくまでも例えばの話として楽しんで見て貰えればと思います。

1.活発である

サルは、元々活発な生き物です。

木の上に登ったりと、人間には到底出来ないような動きを平気でするのです。

だからこそ、とても活発なイメージを持たれがちです。

顔が明るく見える事によって、よりそのイメージが強くなるのでしょう。

2.人懐っこい

サルは元々人間の祖先です。

だからこそ、どこか懐かしく感じる事もあるのかもしれません。

実施には人懐っこくして居なかったとしていても、そのように見えることだってあるでしょう。

3.笑顔がかわいい

人懐っこく見えるからこそ、笑顔にも魅力があると感じやすいでしょう。

笑顔は人の表情の中でも特に素敵な物です。

だからこそ、その素敵な笑顔を大事にしてみてはいかがでしょうか。

サル顔の女性に似合うメイク

さて、男性の場合サル顔でもそこまで嫌だと感じる事は無いのでは無いでしょうか。

その方が、野性的でカッコイイと感じる人も居るかもしれません。

ひょうきんな人が多いイメージが強いからこそ、その性格に好意を抱くひとだって居るかもしれません。

だからこそ、サル顔=嫌だとなる事も少ないのでは無いでしょうか。

ですが、女性の場合は違います。

女性の中で、サル顔だねといわれて嬉しいと感じる人は少ないはずです。

その大きな原因は、サル顔はどちらかと言うと男性を連想させる顔だからなのかもしれません。

その為、サル顔といわれた女性はそれだけ男っぽいという事にも繋がり、あまり嬉しいと感じない場合もあります。

だからこそ、サル顔の女性の多くはそうならない為にもサル顔に見られないような努力をします。

顔のイメージを変える際、最も簡単な方法がメイクです。

女性の場合、メイクをする事によってイメージを大きく変える事が出来るようになります。

そこで今回はサル顔の女性にお勧めのメイク方法をご紹介させて頂きます。

今まで上手に行う事が出来なかったと言う方は、是非参考にしてみてください。

イメージが変わり、より自信をもって行動する事が出来るようになるかもしれません。

1.鼻の下を短く見せるために(唇に立体感を出すことで、距離を短く見せる)

サル顔に見えるおおきな原因の一つが、鼻の下の長さです。

人よりも長いと、どうしてもサル顔に見えてしまいます。

その為、お化粧をする際には出来るだけ長さが長く見えないように工夫する事が大切です。

物理的に鼻の下の長さを短くする事は、簡単な事ではありません。

例え、美容整形が三島な物となりつつある現在だとしても、鼻の下を短くする事はとても大きな手術が必要となります。

痛みは勿論大きな金額が必要となる事でしょう。

その為、誰もが気軽に出来るものではありません。

ですが、メイクであれば誰もが挑戦する事が出来ます。

最初は上手くできなくとも、練習して行くうちに自分が理想とするものにであう事が出来るようになるかもしれません。

鼻の下の長さが気になるのであれば、他に目線をずらしてみてはいかがでしょうか。

話したの近くにあるのは唇です。

その為、唇に立体感をもたせ濃い色を付けることによって意識を鼻下から口に持っていく事が出来る様になるのです。

また、立体感を意識すれば鼻下の長さを多少短く見せることだって出来るかもしれません。

実際に鼻下を短くする事はなかなか出来る物ではありません。

ですが、自分でも出来る方法を探す事によってコンプレックスを解消する事が出来るかもしれません。

鼻の下周りは少しだけ暗めのファンデーションを

ファンデーションは、一色しか使ってはいけないという決まりはどこにもありません。

ハイライト効果を狙って明るめの物を仕様する場合もあれば、暗い色を使ってシャドーのような効果を出させる事もあります。

その効果を利用すれば、気になる鼻下の長さもイメージを変える事が出来るようになるかもしれません。

人によって、似合う色は違う物です。

その為、必ずこの色を仕様すれば鼻下の長さをカバー出来るとは言い切れません。

大事なのは、通常使っている色よりも少しだけ暗めの色を使用する事です。

この際、通常のファンデーションとの色合いのバランスを確認せずに購入してしまうと、色の差が出にくかったり濃すぎてしまって目立ち過ぎてしまうと言う事もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも全体のバランスをキチンと確認して色を塗るようにしてください。

お化粧品売り場などに行くと、様々な種類のファンデーションが販売されています。

その為どの色が良いか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

そんな時は、美容部員の方など店員さんに相談してみましょう。

餅は餅屋というようになんでもプロに決めて貰うのが一番です。

自分で適当に選んで失敗してしまえば、かえって目立つ結果になってしまうことだってあるかもしれないのです。

そうならない為にも、色選びなど重要なポイントは是非プロに確認してみましょう。

淡い色のリップで上唇のラインをオーバーに

鼻下の長さをカバーする為には、目線を他にずらす事が大切だとご紹介させて頂きました。

ですが、それだけではなかなか満足出来ないという人も居るでしょう。

もっとハッキリと違いを見せたいと言う事だって考えられます。

そんな時は、思い切って唇を大きくしてしまいましょう。

唇を大きくすると言っても、美容整形などをするわけではありません。

メイクの力によって、実際よりも大きく見せる事が出来るようになるのです。

例えば、上唇を塗る際に淡い色を仕様して実際の唇よりも若干ラインをオーバー気味に引いてください。

そうする事によって、唇が大きく見え鼻下の長さを短く見せる事が出来るでしょう。

この際、薄い色で行う事が重要です。

余りにも濃い色でハッキリ書いてしまうとそれはそれでおかしいイメージになってしまうからです。

そうならない為にはやんわりと分かる程度に目の錯覚を意識しつつラインを引く事が需要です。

最初のうちは、あまり大きくラインを引くとおかしく見えてしまう事もあります。

だからこそ、そうならないようにする為には徐々にラインを広げて良く事が重要です。

これは、メイクのテクニックが必要となります。

その為、普段メイクをしない人はまず日々のメイクをしっかりとしてから挑戦してみてはいかがでしょうか。

下唇のリップは横長にすっきりと

鼻下の長さを消す為に、唇を目立たせる事はとても効果的です。

それによって人の視線をそらす事が出来るようになるでしょう。

そのおかげで自分のコンプレックスを隠す事が出来るようになるかもしれません。

ですが、いくら鼻下の長さをカバーする為とはいえ上も下も目立たせてしまってはかえって不自然な顔になってしまいます。

いくら視線をそらしたいと言っても、あっちもこっちも力をいれればおかしく見えるのも当然です。

その為、自然な姿をアピ―ㇽする為には下唇はあまりしっかりと作らず横長にスッキリと作る事が重要です。

上唇の場合は鼻下と直接繋がっている部分です。

だからこそ、少し大きめにする事によって、鼻下の長さをカバーし短く錯覚させる事も出来るでしょう。

ですが、下の場合はその必要はありません。

目立たせ過ぎてしまうと、かえって口も鼻下も大きくみえてしまい、よりサル顔のイメージを強くしてしまう事もあるでしょう。

そうならないようにする為には、自分の姿を良く確認しつつ本当に目立たせる必要がある部分のみ力をいれるよういしてください。

唇一つ変えるだけでも、顔の印象は大きく変わります。

普段お化粧しなければしない程、その変化はより分かりやすく現れる事でしょう。

化粧なんかでは変わらないと思っている人も、是非一度挑戦してみてください。

思っている以上にイメージを大きく変える事が出来るはずです。

2.面長をカバーするために

サル顔に見られやすい特徴の中には面長というものもあります。

面長だと、余計に鼻の下が長く見えてしまう場合があり、そのせいで顔がよりサルに似た印象を与えてしまうのでしょう。

その為、そうならないようにする為にも面長をカバーする必要があります。

面長をカバーする為には、メイクの力をフルに活用する必要があります。

人によってはなかなか上手く行かない場合もあるかもしれません。

ですが、練習する事によってコツを身に付けることが出来る様になる事でしょう。

頬骨より下にチークを

面長をカバーする為に大事な事は、まず目線を変える事です。

その為には、メイクによって実際の位置とは違った場所に見せる方法が効果的でしょう。

例えば、チークの位置を変えてみる事も一つの方法でしょう。

通常、チークは実際にある頬骨の位置に付けるのが一般的です。

ですが、そうしてしまうとより面長を目立たせる事になってしまうでしょう。

そうならないようにする為には、チークの位置を実際より少し下にするのです。

そうする事によって目線を下に下げる事が出来るようになります。

顔のバランスとしても、真ん中の方にチークを持ってくる事が出来れば、面長を目立たせずに丸顔へと近づける事が出来るかもしれません。

また、顔に色味が入る事によって顔を立体的に見せる効果もあります。

平面では、より顔の長さが際立ってしまいますが、凹凸を付けることによって顔のイメージを更に変化させる事も可能なのです。

パウダーでおでこと顎先に影を

メイクの中には、色によって変化を付けることが出来る物もあります。

例えなば、面長の人の場合顔の長さを単純にカットさせることだって可能なのです。

というのも暗い色のパウダーをおでことアゴしたに付けることによって、影が出来て居るような印象にする事が出来ます。

そうする事によって、実際よりも顔を短く見せる事が出来るのです。

人の目は意外と単純な物です。

実際のサイズでは無く、イメージによってその大きさを認識してしまう事もあるでしょう。

その為、おでこやアに影がある事によって顔が実際よりも小さくなているように錯覚してしまう事もあるのです。

そうする事によって、面長を影カバーする事が出来る場合もあります。

面長は、顔の輪郭の中でも特に特徴を消しにくいものの一つです。

ですが、絶対に出来ないというわけではありません。

コツを知る事にっよってそのマイナスとも言える特徴を消す事が出来るようになるかもしれません。

通所のメイクの中でも、パウダーを使って陰影を付けるやり方は比較的簡単な方だと言えます。

だからこそ、初心者の方でも失敗しにくく簡単に面長のイメージを変える事が出来るでしょう。

こめかみ横にハイライトパウダーを

おでこと顎下に影を入れるのであれば、こめかみの横にはハイライトを入れましょう。

そうする事によってそこがふっくらしているように見えるのです。

そのおかげで、顔を丸く見せる効果があります。

面長は、顔が細ければ細い程目立ちます。

その為、そうならない用にする為には、顔を丸く見せる事が重要です。

実際に太ってしまえば良いという考え方もあるかもしれませんが、太れば太ったで別の問題が出る場合もあります。

ですが、ハイライトを入れる事によって、自然と顔の輪郭を丸く見せる効果があるのです。

この様に、メイクの技の特徴をしっかりと身に付けることによって自分ンが気にしていたコンプレックスを回避する事が出来るようになる場合もあります。

顔の輪郭を直接変える事は難しいですが、イメージを変えるくらいであれば誰でも可能でしょう。

是非お試しください。

メイクで変われる愛されキャラ

サル顔の人は、顔に多くの特徴があります。

サル顔だからと言ってダメと言う事ではありません。

ですが、本人が気にしている場合も多々あります。

特に女性の場合には何とかその特徴を無くしたいと思っている事も多々ります。

その為、そういった状況を打破する為にはメイクを頑張る事が重要です。

顔の形を根本から変える事は難しく、そう出来る問題ではありません。

ですが、メイクによってイメージを変えると言う事であれば誰もが気軽に行う事が出来るでしょう。

メイクの場合、基本のやり方はあるものの正解は人の顔によって違います。

その為、今まで参考にしていたメイクは実は自分にとっては逆効果になってしまっている可能性だってあるかもしれないのです。

だからこそ、そうならないようにする為にも、自分のメイク方法をいま一度見直し、サル顔の自分にあったメイク方法を知る事が大切です。

サル顔は、愛嬌がありまわりの人から愛されている場合が殆どです。

だからこそ、そのいい面を大事にしつつ自分なりの素敵なメイクを研究してみてはいかがでしょうか。