CoCoSiA(ココシア)

清廉とは?意味使い方、清廉性が必要な職業10選


「心が清らかな人になりたいなぁ」なんて思っているそこのあなた!

あなたは、どうして“心が清らかな人になりたい”と感じているのでしょうか?

おそらくあなたの周りには、心が清らかだと思われるような人がたくさんおられるのでしょうね。

そんな「心が清らか」という意味を持っている言葉をあなたはご存知ですか?

その言葉は“清楚”とか“清潔”さらには、“清廉”なんてものになりますが、なんとなく知っている言葉でも「こんな意味があったのか!」と驚いてしまうような言葉って日本にはたくさん存在していると思いませんか?

あなたが心が清らかな人になりたい…と思っている感情を表す言葉、その様子を表す言葉だってそうなんです。

言葉って日常的に誰もが普通に使いこなしているように見えるものですが、なかにはその言葉の意味を間違って理解している人もいれば、誰かが間違った意味で使っていたり、間違った使い方をしているのを知ったところで何も指摘しない人もいます。

つまり、言葉の意味を間違ったまま理解している人、間違った使い方をしている人というのはいつまでたってもそのように間違った意味や使い方をして生きていくことになるんですよね。

それって少し恥ずかしいですよね。

大人だからこそ、正しい意味・正しい使い方で日本語を使いこなしたいものです。

ということで、今回はあなたがなりたいと感じている“心が清らかな人、そのようす”という意味を表している「清廉」という言葉について特集しています。

どうしてそのような意味を持っているのか?

また、その言葉の類義語や使い方などもお伝えしていますよ。

最後には“清廉性が必要な職業”なんていうのもご紹介しているので、ぜひそちらも合わせてチェックしてみてくださいね!

清廉とはなに?

あなたは、「清廉」という言葉を見聞きしたことはありますか?「清廉」とは“せいれん”と読む言葉になり、「あの人は清廉されているなぁ」「清廉な人ってどこか好印象だよね」なんて使われていることが多いです。

冒頭分でもお伝えしましたが、もしかしたらこの記事をお読みになっている人の中には「清廉性がほしい!」「清廉な人になりたい!」と思って行動している方もおられることでしょう。

すでに冒頭文のなかで、この「清廉」という言葉の意味について少し触れていましたよね。

なんとなくのニュアンスで「清廉」という言葉にはどのような意味があったのかを知ることができていたのではないでしょうか。

でも、さきほどもお伝えしたように多くの人は、間違った意味でこの言葉を使っており、さらには間違った使い方までもしてしまっているんです。

そもそもそのような間違った使い方をしてしまうのは、この言葉の使い方をしっかりと理解できていないからなんですよね。

そのため、「清廉」という言葉を使いこなすためには、しっかりとその言葉の意味を理解しておくことが重要になるんです!

とはいえ、「清廉」なんてありふれた言葉の意味を―誰もが絶対に知っているであろう言葉―知るなんて、なんだか少しばかばかしいような気持ちになってしまうこともあるでしょう。

しかし、その言葉の意味をしっかりと理解するからこそ、“清廉”という言葉を使いこなすこともできますし、のちにご紹介している“清廉性のある職業”がどうして“清廉性”があるのかも理解できるようになるんです。

ということで、まずは基本中の基本でもある「清廉」という言葉の意味について確認していきましょう。

清廉の意味

あなたは「清廉」という言葉についてどれくらい知っていますか?

どれくらいもそれくらいも、この言葉には一つの意味しかないんじゃないの?

「清楚」のような言葉と同じような意味を持っているんじゃないの?

なんて思われている方もおられるのではないでしょうか。

たしかにそのような解釈で間違いありません。

しかし、「清廉」という言葉には、「清楚」という言葉のように清らかなイメージをもつ意味とは別にもうひとつ“欲を持っていない”というニュアンスの意味を持つ言葉もあるんですね。

つまり、「清廉」という言葉には、大きく分けて二つの言葉の意味を持っているということになります。

では、それぞれの意味についてもっと詳しく見ていきましょう!

「清廉な人になりたい!」と思っている人は、あなたが思っている“清廉”とは少し異なっているように感じるかもしれませんが、その場合にはきちんとした意味を覚えるようにしてみてくださいね。

心が清らか


ずばり、多くの人が「清廉」という言葉に対して持っている印象そのものがこの“心が清らか”というものになるのではないでしょうか。

心が清らかだということは、何も悪いことを考えていない、純粋無垢で、穢れのない心を持っているということをさしていますね。

小さい子供なんていうのは、まさに“心が清らか”な状態になります。

しかし、大人になるにつれて多くの人はいろいろな経験を積み重ねていくのでそのせいで心が汚れてしまうんですよね。

正しく言えば、汚れるというよりかは“防御線をはる”ようなものなんですが…。

それに自分の心が清らかだったことを忘れてしまう人もおり、「自分はどうせ心が汚い」とあきらめている人もいるものです。

あなたもそのなかの一人なのではないでしょうか?

たしかに心の汚れというのは、体の汚れに比べるととてもでもすぐに取り除くことのできるものではないですよね。

でも少しは改善できるものなんです…。

その話についてはまた後日することにして、まずは「清廉」という言葉には“心が清らかである”という純粋性を示している意味があることを覚えるようにしてくださいね。

私欲のないこと

あなたには欲がありますか?多くの人間には必ず“欲”が存在していますね。

しかし、なかにはまったくもって欲のない人間もいるんです。