周囲に必ず一人はいる“おせっかい”な人。

あなたの周りにもいますよね?

筆者の周りにも、もちろんいます!特に母親です。

ついたった今も、母親からおせっかいな電話が…(笑)

先日食事の誘いがあったのですが、「今しょっと忙しくて余裕がないから、月末に…」と断ったんです。

月末にと約束したはずなのに「明日そっちに行く!」と、筆者の一人暮らしのアパートへ来ると言うのです。

いろいろご飯を作って持ってきてくれるそうで、有り難いのですが…正直いって有難迷惑なんですよね。

子供依存の強い母なので、断ると可愛そう…と思って受け入れたのですが、こっちの状況や気持ちを考えられないんですよね。

世のお母さん達って、世話好きだったり世話焼きだったりする人が多いですよね?

行き過ぎて、結果“おせっかい”な人として子供から煙たがられる存在だったりもします。

おせっかいな人が親ならまだしも、それが他人なら…これほど厄介なものはありません。

気づかないうちにおせっかいになってない?

世話好きや世話焼きの人は、もちろん有り難い存在である場合も多いです。

でも一方で、「人のために良いことをしている」という善意の行動なだけに、厄介だったりもします。

本人も、善意の気持ちであるぶん、迷惑になっていることに気付きにくい…

受ける側も、善意を感じて断り辛い…

これでは、尊重するべきお互いの“気持ち”が蔑ろにされてしまいます。

善意も伝わらなければ、気持ちよく受け取ることも出来ないのです。

お世話をする側は、それが迷惑だと煙たがられているなんて、思いもよらないかもしれません。

でも、そんな迷惑となる“余計なお世話”こそが、おせっかい。

世話好きも度を越すと、おせっかいな人として敬遠されることになってしまいます。

筆者も、母親がおせっかいな人なので、少なからずその血は受け継いでいると思います。

知らぬ間におせっかいを焼く人になっているかもしれません。

…あなたは大丈夫ですか?

おせっかいな人の9つの特徴

お世話とは、人の面倒をみることです。

自分の時間や気持ちを割き、人のために尽力するのですから、本来感謝されるべき行為ですよね?

それが迷惑となってしまえば、感謝されることもないし、お世話をしたとも言えません。

ただの“おせっかいな人”です。

おせっかいな人の場合、このお世話の意味をはき違えているのかもしれませんね。

お世話をするということは、人の役に立つことです。

でもおせっかいの場合は、面倒を見ているようであっても、その人の役には立っていません。

筆者が思うに“おせっかい”は、人の成長を阻害し、価値観を否定し、気持ちを無視した行為です。

お世話をすることや面倒を見るということは、その人本人の成長を促したり、自らの力を発揮できるようサポートすることだと思います。

それが、役に立つということです。

あなたの行為は、お世話ではなくおせっかいになっていませんか?

また、周囲のおせっかいな人は、、どんな考えの元行動しているのでしょう?

ここからは、“おせっかいな人の9つの特徴”を見ていきます。

①自分の為におせっかいを焼く

まずひとつめは“自分の為におせっかいを焼く”行為。

人にするはずのおせっかいが自分のため?と、ちょっと意味不明な行動のように思いますが…

これが、おせっかいな人の深層心理だったりもします。

おせっかいを焼く人は「自分は親切で、優しい人間」であることを、自負していたりします。

他人に尽くす自分に酔いしれ、優越感に浸っているのです。

「優越感に浸りたい」「良い人と思われたい」「感謝されたい」…と、そこには相手を思う気持ちがありません。

結局、自分が満足するためにおせっかいを焼くんです。

お世話をした結果、良い人と思われたり、感謝されることはあるでしょう。

でもこれは、オマケみたいなものです。

それによる優越感を見据えて行動しているということは、お世話をしたことに対し、見返りを求めているということ。

望んでもいないおせっかいを焼かれたあげく、見返りを求めてこられたら…

それがどれだけ迷惑なことか、わかりますよね?

②おせっかいを断ると怒る

次に“おせっかいを断ると怒る”というのも、おせっかいな人の特徴です。

これも結局は、自分のために行うお世話だからこそ、起こりやすい感情と言えます。

「あなたのために“してあげる”」という上から目線で、相手の役に立つかどうかよりも“してあげる”優越感に浸りたい気持ちがあると…

おせっかいを断られた途端、怒り出すのです。

断られるということは、今その相手にとって必要ない行為だからです。

それでも、気持ちは嬉しく受け止めてくれているはずなんです。

それなのに怒ってしまったら、気持ちさえも受け取ってもらえません。

「私の為じゃなくて、自分の為だったんだな」って思われてしまいます。

その人の為を思って行おうとしたことなら、相手が必要ないと判断すれば、黙って引き下がればいいだけです。

また、おせっかいな人は、世話を焼いたことに対し、お礼や感謝がなくても怒りますよね!

結局、自分にとってプラスになる要素が無ければお世話もしない…それが、おせっかいな人なんです。

③主観でしか物事を見られない

続いてのおせっかいな人の特徴は“主観でしか物事を見られない”こと。

人のお世話をする時は、「相手の為に自分が出来る事をしてあげたい」という気持ちが原動力になるでしょう。

でも、ここで「相手の為になる」と自分が思うことと、その相手が本当に望んでいることが、

必ずしもイコールではないということに気が付けるかどうか…それが役に立つか立たないかの違いです。

「相手の為になる」と“自分”が思っていることをするのは、思い込みであり、善意の押し付けに過ぎません。

“本当に相手の役に立つかどうか”を考えなければならないのです。

ただ、人の気持ちや状況を、外から推し量るのは難しいものですよね。

だからといって、嫌がられるのを怖がって何も出来ないのは、また別の方向に偏りすぎた考え方です。

相手の考えていることが分からなければ、とりあえず自分の思いでお世話をしてみたり、本人に聞いてみることです。

そこで断られたり、迷惑がられていたら、それはおせっかいだということ。

相手にとっておせっかいだと分かれば、引き下がればいい。

ただそれだけです。

④自分の考え、行動がイチバン正しい

また“自分の考えや行動が一番正しい”と思ってしまうのも、おせっかいな人の特徴です。

これも、主観的な考え方からくるものですよね。

自分の考えや行動に自信を持つこと。

それ自体は悪いことではありません。

でもそれが“正しいかどうか”は別の話です。

考え方や行動は十人十色なはずですが…「自分が一番正しい」と思ってしまう人は、自分と同じ考え方をしない人を認めません。

意見、考え、行動…すべてを、正しいと思い込んでいる自分のモノサシではかり、ズレていれば修正しようとしてしまいます。

それが、おせっかいな人にありがちな“アドバイス”と言う名の押し付け行為だったりします。

もちろん、そのアドバイスが的確で、一般的に正しいものである場合も多いでしょう。

それでも、「自分が正しくて、相手は間違っている」という決めつけが根底にあると、相手は必ず反発します。

違う考えを持っていたり、違う行動をしようとするのには、その人なりの考えや価値観があるからです。

そこを認められるかどうか…それが、おせっかいな人になるかどうかの境界線なのです。

⑤全てを聞こうとする

おせっかいな人の特徴5つ目は“全てを聞こうとする”ことです。

これはつまり、「相手の全てを把握しなければ気が済まない」という、一種の支配欲ですよね。

この場合、相手の全てを知って共感するふりをしながら、自分の主観に引きずり込もうとする人がほとんどです。

一見親切心のようですが、自分のためでしかありません。

おせっかいな人のほとんどは、全てを聞いたうえで、その人の意見を尊重するどころか否定してしまいます。

話をする相手も、最初は“親身になって話を聞いてくれる人”と思っているのに、気づいたらことごとく否定され、意見を押し付けられる羽目に…。

これではガッカリ。

話したほうも「話さなきゃよかった」と、後悔していることでしょう。

結局は、自分の為に世話を焼きたい“おせっかいな人”でしかありません。

相手を信じること、尊重することが出来なければ、迷惑な行為にしかならないのです。

⑥意外と口が軽い

そして、おせっかいな人の6つ目の特徴は“口が軽い”ということ。

おせっかいな上に、口が軽いなんて厄介ですよね。

5つ目の特徴としても挙げたように、おせっかいな人は全てを聞こうとします。

そうやって、他人の悩みから秘密にして欲しいことまで聞き出した上に、それを誰かに話してしまうのです。

これでは、サポートをするどころか、足を引っ張ってしまっていますよね。

おせっかいな人というのは、話好きな傾向があり、聞き出し上手でもあるんです。

ともなれば、交友関係も広く、色々な人と話をする機会があるということ。

さらに、おせっかいということは、もちろんサービス精神も旺盛です。

秘密を聞き出した時には「内緒にするね」なんて言っていても、サービス精神から、ついつい自分のもっているネタを披露してしまうようです。

自分の悩みや秘密をネタにされてしまうなんて、されたほうは堪りません!

「もう二度と話さない!」そんな気持ちにさせてしまいます。

⑦心配症な人が多い

また“心配性な人が多い”のも、おせっかいな人の特徴として挙げられます。

心配な気持ちから、おせっかいをしてしまう…親に多いおせっかいのパターンでしょうね。

筆者の親も、もれなくこのパターンです。

最初にもお話しましたよね!

これも心配の押し売り。

でも、本人は気づいていないことがほとんどだと思います。

親が子を心配する…妻が夫を心配する…上司が部下を心配する…

相手が大切な人であればあるほど、人は、心配する気持ちを持つものです。

でも、それが過剰な心配だと余計なお世話にしかならず、おせっかいになってしまうんです。

心配からくるおせっかいは、受け取る側も困惑しがちです。

気持ちが分かるぶん、無碍に出来なかったりもします。

でも、本心は「信じてもらえていない」という気持ち。

筆者は心配性でおせっかいな親に、「心配してくれるのは嬉しいけど、応援してくれたほうがもっと嬉しいんだよ」と、諭します。

心配からくるおせっかいは、本人の役に立つどころか足を引っ張ってしまいます。

それが分かっていないと、おせっかいな人になってしまうんです。

⑧悪いことが思いついてしまう

そして“悪いことが思いついてしまう”のも、おせっかいを焼いてしまう人の特徴で、心配性の人と同じですよね!

よく言えば、先々のことを想像する力があると言えて、リスクや失敗を回避するために大いに役立ちます。