周囲に必ず一人はいる“おせっかい”な人。

あなたの周りにもいますよね?

筆者の周りにも、もちろんいます!特に母親です。

ついたった今も、母親からおせっかいな電話が…(笑)

先日食事の誘いがあったのですが、「今しょっと忙しくて余裕がないから、月末に…」と断ったんです。

月末にと約束したはずなのに「明日そっちに行く!」と、筆者の一人暮らしのアパートへ来ると言うのです。

いろいろご飯を作って持ってきてくれるそうで、有り難いのですが…正直いって有難迷惑なんですよね。

子供依存の強い母なので、断ると可愛そう…と思って受け入れたのですが、こっちの状況や気持ちを考えられないんですよね。

世のお母さん達って、世話好きだったり世話焼きだったりする人が多いですよね?

行き過ぎて、結果“おせっかい”な人として子供から煙たがられる存在だったりもします。

おせっかいな人が親ならまだしも、それが他人なら…これほど厄介なものはありません。

気づかないうちにおせっかいになってない?

世話好きや世話焼きの人は、もちろん有り難い存在である場合も多いです。

でも一方で、「人のために良いことをしている」という善意の行動なだけに、厄介だったりもします。

本人も、善意の気持ちであるぶん、迷惑になっていることに気付きにくい…

受ける側も、善意を感じて断り辛い…

これでは、尊重するべきお互いの“気持ち”が蔑ろにされてしまいます。

善意も伝わらなければ、気持ちよく受け取ることも出来ないのです。

お世話をする側は、それが迷惑だと煙たがられているなんて、思いもよらないかもしれません。

でも、そんな迷惑となる“余計なお世話”こそが、おせっかい。

世話好きも度を越すと、おせっかいな人として敬遠されることになってしまいます。

筆者も、母親がおせっかいな人なので、少なからずその血は受け継いでいると思います。

知らぬ間におせっかいを焼く人になっているかもしれません。

…あなたは大丈夫ですか?

おせっかいな人の9つの特徴

お世話とは、人の面倒をみることです。

自分の時間や気持ちを割き、人のために尽力するのですから、本来感謝されるべき行為ですよね?

それが迷惑となってしまえば、感謝されることもないし、お世話をしたとも言えません。

ただの“おせっかいな人”です。

おせっかいな人の場合、このお世話の意味をはき違えているのかもしれませんね。

お世話をするということは、人の役に立つことです。

でもおせっかいの場合は、面倒を見ているようであっても、その人の役には立っていません。

筆者が思うに“おせっかい”は、人の成長を阻害し、価値観を否定し、気持ちを無視した行為です。

お世話をすることや面倒を見るということは、その人本人の成長を促したり、自らの力を発揮できるようサポートすることだと思います。

それが、役に立つということです。

あなたの行為は、お世話ではなくおせっかいになっていませんか?

また、周囲のおせっかいな人は、、どんな考えの元行動しているのでしょう?

ここからは、“おせっかいな人の9つの特徴”を見ていきます。

①自分の為におせっかいを焼く

まずひとつめは“自分の為におせっかいを焼く”行為。

人にするはずのおせっかいが自分のため?と、ちょっと意味不明な行動のように思いますが…

これが、おせっかいな人の深層心理だったりもします。

おせっかいを焼く人は「自分は親切で、優しい人間」であることを、自負していたりします。

他人に尽くす自分に酔いしれ、優越感に浸っているのです。

「優越感に浸りたい」「良い人と思われたい」「感謝されたい」…と、そこには相手を思う気持ちがありません。

結局、自分が満足するためにおせっかいを焼くんです。

お世話をした結果、良い人と思われたり、感謝されることはあるでしょう。

でもこれは、オマケみたいなものです。

それによる優越感を見据えて行動しているということは、お世話をしたことに対し、見返りを求めているということ。

望んでもいないおせっかいを焼かれたあげく、見返りを求めてこられたら…

それがどれだけ迷惑なことか、わかりますよね?

②おせっかいを断ると怒る

次に“おせっかいを断ると怒る”というのも、おせっかいな人の特徴です。

これも結局は、自分のために行うお世話だからこそ、起こりやすい感情と言えます。

「あなたのために“してあげる”」という上から目線で、相手の役に立つかどうかよりも“してあげる”優越感に浸りたい気持ちがあると…

おせっかいを断られた途端、怒り出すのです。

断られるということは、今その相手にとって必要ない行為だからです。

それでも、気持ちは嬉しく受け止めてくれているはずなんです。

それなのに怒ってしまったら、気持ちさえも受け取ってもらえません。

「私の為じゃなくて、自分の為だったんだな」って思われてしまいます。

その人の為を思って行おうとしたことなら、相手が必要ないと判断すれば、黙って引き下がればいいだけです。

また、おせっかいな人は、世話を焼いたことに対し、お礼や感謝がなくても怒りますよね!

結局、自分にとってプラスになる要素が無ければお世話もしない…それが、おせっかいな人なんです。

③主観でしか物事を見られない

続いてのおせっかいな人の特徴は“主観でしか物事を見られない”こと。

人のお世話をする時は、「相手の為に自分が出来る事をしてあげたい」という気持ちが原動力になるでしょう。

でも、ここで「相手の為になる」と自分が思うことと、その相手が本当に望んでいることが、

必ずしもイコールではないということに気が付けるかどうか…それが役に立つか立たないかの違いです。

「相手の為になる」と“自分”が思っていることをするのは、思い込みであり、善意の押し付けに過ぎません。

“本当に相手の役に立つかどうか”を考えなければならないのです。

ただ、人の気持ちや状況を、外から推し量るのは難しいものですよね。

だからといって、嫌がられるのを怖がって何も出来ないのは、また別の方向に偏りすぎた考え方です。

相手の考えていることが分からなければ、とりあえず自分の思いでお世話をしてみたり、本人に聞いてみることです。

そこで断られたり、迷惑がられていたら、それはおせっかいだということ。

相手にとっておせっかいだと分かれば、引き下がればいい。

ただそれだけです。

④自分の考え、行動がイチバン正しい

また“自分の考えや行動が一番正しい”と思ってしまうのも、おせっかいな人の特徴です。

これも、主観的な考え方からくるものですよね。

自分の考えや行動に自信を持つこと。

それ自体は悪いことではありません。

でもそれが“正しいかどうか”は別の話です。

考え方や行動は十人十色なはずですが…「自分が一番正しい」と思ってしまう人は、自分と同じ考え方をしない人を認めません。

意見、考え、行動…すべてを、正しいと思い込んでいる自分のモノサシではかり、ズレていれば修正しようとしてしまいます。

それが、おせっかいな人にありがちな“アドバイス”と言う名の押し付け行為だったりします。

もちろん、そのアドバイスが的確で、一般的に正しいものである場合も多いでしょう。

それでも、「自分が正しくて、相手は間違っている」という決めつけが根底にあると、相手は必ず反発します。

違う考えを持っていたり、違う行動をしようとするのには、その人なりの考えや価値観があるからです。

そこを認められるかどうか…それが、おせっかいな人になるかどうかの境界線なのです。

⑤全てを聞こうとする

おせっかいな人の特徴5つ目は“全てを聞こうとする”ことです。

これはつまり、「相手の全てを把握しなければ気が済まない」という、一種の支配欲ですよね。

この場合、相手の全てを知って共感するふりをしながら、自分の主観に引きずり込もうとする人がほとんどです。

一見親切心のようですが、自分のためでしかありません。

おせっかいな人のほとんどは、全てを聞いたうえで、その人の意見を尊重するどころか否定してしまいます。

話をする相手も、最初は“親身になって話を聞いてくれる人”と思っているのに、気づいたらことごとく否定され、意見を押し付けられる羽目に…。

これではガッカリ。

話したほうも「話さなきゃよかった」と、後悔していることでしょう。

結局は、自分の為に世話を焼きたい“おせっかいな人”でしかありません。

相手を信じること、尊重することが出来なければ、迷惑な行為にしかならないのです。

⑥意外と口が軽い

そして、おせっかいな人の6つ目の特徴は“口が軽い”ということ。

おせっかいな上に、口が軽いなんて厄介ですよね。

5つ目の特徴としても挙げたように、おせっかいな人は全てを聞こうとします。

そうやって、他人の悩みから秘密にして欲しいことまで聞き出した上に、それを誰かに話してしまうのです。

これでは、サポートをするどころか、足を引っ張ってしまっていますよね。

おせっかいな人というのは、話好きな傾向があり、聞き出し上手でもあるんです。

ともなれば、交友関係も広く、色々な人と話をする機会があるということ。

さらに、おせっかいということは、もちろんサービス精神も旺盛です。

秘密を聞き出した時には「内緒にするね」なんて言っていても、サービス精神から、ついつい自分のもっているネタを披露してしまうようです。

自分の悩みや秘密をネタにされてしまうなんて、されたほうは堪りません!

「もう二度と話さない!」そんな気持ちにさせてしまいます。

⑦心配症な人が多い

また“心配性な人が多い”のも、おせっかいな人の特徴として挙げられます。

心配な気持ちから、おせっかいをしてしまう…親に多いおせっかいのパターンでしょうね。

筆者の親も、もれなくこのパターンです。

最初にもお話しましたよね!

これも心配の押し売り。

でも、本人は気づいていないことがほとんどだと思います。

親が子を心配する…妻が夫を心配する…上司が部下を心配する…

相手が大切な人であればあるほど、人は、心配する気持ちを持つものです。

でも、それが過剰な心配だと余計なお世話にしかならず、おせっかいになってしまうんです。

心配からくるおせっかいは、受け取る側も困惑しがちです。

気持ちが分かるぶん、無碍に出来なかったりもします。

でも、本心は「信じてもらえていない」という気持ち。

筆者は心配性でおせっかいな親に、「心配してくれるのは嬉しいけど、応援してくれたほうがもっと嬉しいんだよ」と、諭します。

心配からくるおせっかいは、本人の役に立つどころか足を引っ張ってしまいます。

それが分かっていないと、おせっかいな人になってしまうんです。

⑧悪いことが思いついてしまう

そして“悪いことが思いついてしまう”のも、おせっかいを焼いてしまう人の特徴で、心配性の人と同じですよね!

よく言えば、先々のことを想像する力があると言えて、リスクや失敗を回避するために大いに役立ちます。

でもこれも、行き過ぎれば過剰なおせっかいを焼いてしまうことに…。

何より、本人も苦しいでしょう。

悪いことが思いついてしまうということは、不安を感じやすいということです。

その不安を払拭すべく、あれこれと手をまわしてしまいます。

それが、自分のことならまだいいのですが、他人にやってしまうのは…良い場合もあるかもしれませんが、過剰すぎると迷惑にしかなりません。

自分の不安な気持ちから他人におせっかいを焼いてしまうと、その時はリスクや失敗を回避出来たとしても、その人の成長のチャンスを奪うことにもなってしまいます。

確かに、悪い未来が見えているのに、そこに飛び込ませるのは不安かもしれません。

でも、おせっかいを焼いて回避したほうがいいことなのかどうか…それは、本人が決めることです。

勝手におせっかいを押し付けるのではなく、本人に選択させることが大事なんです。

⑨他人が優先、自分は後回し

おせっかいな人の特徴として最後に挙げるのが“他人が優先、自分は後回し”であることです。

これは利他の精神。

“自分のことよりも他人の幸福を願う”という、称賛されるべき考え方でもあるのですが…なぜこれが、おせっかいになってしまうのか?

筆者は日ごろから、利他主義の人には2つのタイプがあると思っています。

“自己を犠牲にする”ことが動機の人と、“他人の幸福を願う”ことが動機になっている人です。

利他主義がおせっかいになってしまう人というのは、“自己を犠牲にする”ことを良しとしているはずです。

確かに、自己を犠牲にするということは、誰もができる行いではありません。

でもおせっかいな人は、自己犠牲を払うことで、自分でも無意識のうちに、自分に陶酔しているのだと思います。

そこには、自分を犠牲にしてでも得たい目的があるということです。

本来、利他の精神は“他人の利益や幸福を願う”ことが目的になるはずです。

そこに“自分を犠牲にしてあげた”ことに対する優越感はありません。

それよりも、他人が幸せであることが、自分のことのように幸せに感じられることに意義があるのです。

ある心理学の実験では、利己的な人は嫌われるが、利他的な人も嫌われるという結果がでているそうです。

やはりそこには、他人の幸せを願うのでは無い目的があるからだと、筆者は思います。

おせっかいな人とうまく付き合う方法

ここまで、おせっかいな人の9つの特徴を見てきました。

あなたは、おせっかいな人になっていませんでしたか?また、周囲のおせっかいな人が、どうしておせっかいを焼いてくるのか…。

おせっかいな人の心理が見えてきたでしょうか?

“お世話をする”という善意の行動の裏には、別の目的があったりするんですよね。

自分かも…と感じた人は、自分の目的が“相手の役に立つこと”であるかどうか、立ち止まって考えてみる必要があるかもしれませんね。

さて、ここからは“おせっかいな人とうまく付き合う方法”について、解説していきます。

自分の為に、何かをしてくれようとしている人を無碍にするのって、こちらも罪悪感を感じてしまうものですよね。

でも、その気持ちに負けて何でも受け入れてしまっては、おせっかいが終わることはありません。

おせっかいな人の行為が、自分にとって善であるかどうか…受け取る側も、見極めが必要なんですよ!

話は最後まで聞いてあげる

まず、面倒でもおせっかいな人の“話は最後まで聞いてあげる”こと。

特に、心配性な人や、悪いことが思いついてしまうタイプのおせっかいな人の場合は、話を聞いてあげることが必要です。

心配に思っていること、妄想している悪いことを聞いてあげない限り、おせっかいが止まることはありません。

話を聞いてあげることで、おせっかいな人を安心させてあげるのです。

おせっかいな人は、少なからず“あなたのこと”について心配しているのでしょう。

まず、その気持ちを有りがたく受け取ってあげましょう。

そして、その心配や不安に感じていることを聞いてあげてください。

その上で、自分でそのおせっかいが必要かどうかを判断するのです。

必要がなければ「気持ちは有りがたいけど…」と、自分の考えや気持ちを話してお断りすればいいのです。

多少面倒に感じるかもしれませんが、今後延々と続くおせっかいを思えば、話を聞いて安心させてあげるのが得策だと思いませんか?

迷惑であると伝える

そして、おせっかいな人には、ハッキリ“迷惑である”ことを伝えましょう。

相手の善意であることに気を遣い、あいまいな態度でいると…おせっかいな人は相手の迷惑になっていることに気付くことができません。

時には心を鬼にして、ハッキリと伝えること。

これこそが“相手の為になる”ことと言えます。

ただこの時も、言い方には気を付けましょうね!

「迷惑なんだよっ!」と、理由も言わずにバッサリ切り捨ててしまっては、おせっかいな人に気持ちは伝わりません。

「相手の為にしてあげようとしているのに」と傷つき、時には怒り出す…。

という悪循環が生まれ、余計に面倒くさいことになりかねません。

善意は受け取ってあげること。

それから、迷惑である理由も伝えること。

これで、おせっかいな人の気持ちを落ち着かせてあげてください。

表に出ないように軽くあしらう

おせっかいを止めるには、話を聞いて安心させてあげることが一番だとは思います。

でも、「なんで、余計なお世話をしてくる人にそこまでしなきゃならないの?」って、思ってしまう人は…

“表に出ないように軽くあしらう”のもひとつの方法です。

この場合は、うまく立ち回らないと、後で面倒なことになる可能性があるので、気を付けてくださいね!

表に出ないようにするということは、おせっかいな人の行為を受け取ったように振る舞わなければなりません。

おせっかいな人の行為を受け入れる態度をとれば、おせっかいな人は、満足するでしょう。

でもそれは、自分の行いが正しいと思わせてしまうことにもなります。

ともなれば、その後もおせっかいが続くことが予想できます。

また、その延々と続くおせっかいを毎回軽くあしらっていると、おせっかいな人にもいずれ、行為を受け取っていないことがバレるかもしれません。

そうなった時、「善意を踏みにじられた!」と、今度は攻撃してくる可能性もあります。

軽くあしらうのなら、おせっかいな人の気持ちを傷つけることのないように、注意を払ってくださいね!

おっせかいな人を満足させてあげる

さて、ここまででも少しずつ分かってきたと思いますが…

おせっかいな人と上手く付き合う為には、おせっかいな人の気持ちを“満足させてあげる”ことが大事なんです。

どんな気持ちが元になっているかによって、満足させてあげられるかどうかは違ってくるとは思います。

でも、おせっかいを焼く人は、“良い行いをしている”と思い込んでいる人が多いもので、自分の深層心理には気づいていません。

ですので、良い行いをしようとしている“気持ち”は有りがたく受け取ってあげましょう。

これだけで、満足する人もいると思います。

ただし、満足させてあげるということは、おせっかいな行為を“無条件に受け入れてあげる”ということではありません。

自分の考えを押し付けてくるタイプのおせっかいな人には、その意見や考え方に理解を示してあげること。

心配や不安を抱えているタイプのおせっかいな人には、安心感を与えてあげることで、満足させてあげることが出来るものです!

ただ!自分の目的が“自分の為である”と、ハッキリ認識しておせっかいを焼いてくる人であれば、それはもう確信犯。

その人を満足させてあげる必要は無いと、筆者は思います。

おせっかいをおせっかいで返す

そして“おせっかいをおせっかいで返す”方法。

これが、おせっかいな人と“上手く”付き合う方法と言えるかどうかは微妙なところですが…

「目には目を、歯には歯を」といったところでしょうか。

こういった復讐の気持ちで、おせっかいをおせっかいで返すのは、あまりオススメしませんが…

相手の鏡になって、おせっかいな人の行為が迷惑であることを“感じてもらう”という意味では、有効な方法かもしれませんね。

でも、これでおせっかいな相手が気づくかどうかは相手次第。

空気が読めないからこそ、おせっかいでもあると思うので、おせっかいをされたことによって、自分の行為を振り返って改めることが出来るかどうか…期待してみるしかありません。

親切な人とおせっかいな人を見極める

また“親切な人とおせっかいな人を見極める”力をこちらが身につけておくことも、必要になってきます。

親切なのか、おせっかいなのかは紙一重なんですよね!

受け取る側が迷惑と感じるのなら、それはおせっかいに他なりません。

でもそれが、本当に相手を思った親切心だとしても、望んでいることでなければ、迷惑に感じてしまう場合もあるでしょう。

親切心が根本にあれば、迷惑だと分かれば引き下がるはずだし、そこにわだかまりも残らないはずです。

それに、押し付けてくるようなこともしないはず。

こういった親切な人であれば、「今は必要ない」ということを、きちんと伝えてあげることが大切です。

気持ちは受け取り、行為はお断りする。

それで、関係が壊れることはありません。

一方で、ただのおせっかいな人なら、目的は自分の為。

上手く付き合おうと思うなら、話を聞いてあげるなどの満足を与えなければなりません。

そんな人に付き合うのは嫌!という場合は、軽くあしらったり、おせっかいをおせっかいで返したりする方法をとってみるのもいいでしょう。

おせっかいな人の目的が何なのか…それによって、対応方法も変わってくるのです。

余計な情報を与えないこと

親切な人ではなくおせっかいな人であった場合には、警戒心を持っておくことも大切になりますね!

無駄にトラブルになることを防ぐため、“余計な情報を与えないこと”です。

おせっかいな人の特徴としても挙げたのですが、おせっかいな人は“意外と口が軽い”のです。

自分の悩みや秘密を、おせっかいな人によって他人にバラされてしまう場合…おせっかいな人が悪いとも言えますが、自分のミスでもあるんです。

人を見極める目を持っていれば、そういったトラブルを事前に防ぐことが出来るはず。

また、何かと情報を与えれば与えるほど、おせっかいをする事柄も増えるというものです。

「口は災いの元」ですよ!

おせっかいな人と戦うことも大事

そして最後は“おせっかいな人と戦うこと”も、時には必要だということです。

おせっかいな人は、きっと身近な存在の人が多いですよね?

家族、友人、職場など、これからも付き合っていかなければならず、簡単に縁を切れない相手の場合が多いはずです。

一度で終わらないおせっかいだからこそ「どうしたものか」と悩まされるんです。

無碍に出来ない相手だからこそ、その対応に困るものですよね?

でも、だからこそ、時には戦うことも大事なんです。

迷惑に感じていることを相手に知ってもらわなければ、いずれそのおせっかいな人を避けるようになってしまいます。

お互いが納得いくまで気持ちをぶつけ合うこと。

分かってもらえるまで戦うこと。

それが辛い時間だったとしても、正々堂々と戦えば、それはお互いの満足となるはずです。

それっておせっかい?おせっかいの人の行動パターン

さて、様々なパターンの“おせっかいな人と上手く付き合う方法”をご紹介してみましたが…上手く付き合っていけそうですか?

おせっかいな人が、どんなタイプなのか。

その相手が誰なのか。

目的はどこにあるのか…

相手やタイプを見極めて対応するスキルが、必要だったりもするんですよね。

それでも、そのおせっかいを受け取るかどうかは、あなたに選択する権利があるんです!

そう思えば、おせっかいな人の行為を冷静に見ることが出来るようになるかもしれませんね!

それでは最後に、おせっかいな人の行動パターンを見ておきましょう!

おせっかいを焼かれる前に見極めることで、巻き込まれることも無くなるかもしれませんよ。

無駄に話しかけてくる

“おせっかいな人は話好き”である場合が多いことを、ご紹介しましたよね?

無駄に話しかけてくるような人は、警戒しておく必要があります。

相手から話しかけてもらえるのって、嬉しかったりしますよね?気さくに話しかけてくれると、ついつい心を許してしまいがちです。

でも特に、相手のことをまだ分かっていない段階であれば、無条件に信用しないことです。

常に人に警戒心をもっているなんて、何だか嫌なことではありますが…

自分のことを何でもかんでも話さなくても、ゆっくり関係性は築いていけるはずです。

落ち込んでいるときに絡んでくる

落ち込んでいる時に絡んでくるのも、おせっかいな人のパターンですよね!

悩んでいたり、落ち込んでいる時と言うのは、おせっかいを焼く絶好のチャンスです。

それに、そういったときは誰かに話を聞いてもらいたかったりして、つい話してしまいがち。

本当に親身になってくれているのか、弱みに付け込んで自分の為にお世話をしたいだけなのか…

落ち込んでいる時に突然絡んでくる人には、要注意です。

食べたくないものを無理やり食べさせる

また、おせっかいな人って、食べたくない物でも無理に食べさせてきたりもしちゃいます。

世話好きで、あれもこれもと食べ物を進めてくる。

それが、“食べたくないもの”であることや、“無理”に食べさせていることに気付いていません。

それに、「もういらないよ」と断っても、それを“遠慮”と勘違いして、さらに進めて来たりもします。

一方的な押し付けがあるかないか…食の好みは人それぞれなだけに、そこに気を遣ってくれるかどうかが、おせっかいかどうかのポイントにもなりそうですね。

周りには必ずおせっかいな人がいる

今回は“おせっかいな人”について、その特徴やその人との付き合い方を解説してみました!

筆者の私も、自分を振り返るとともに、周囲のおせっかいな人を思い浮かべながら考えてみました(笑)

おせっかいな人は、周囲に必ずひとりはいるものだし、もしかしたら自分がおせっかいをしていたかもしれません。

本当に相手の役に立つことなのかどうか、相手の迷惑になっていないかどうか…考えることが大事なんですよね。

それに、おせっかいな人にはそれぞれの気持ちが隠されていることも!分かっていれば、今までよりも優しい気持ちで対応できるかもしれませんね!

皆さんも、自分を振り返りつつ、周囲のおせっかいな人と上手に付き合う術を身につけましょう!