悲しいという気持ちを辞書で引くと「心が痛んで泣きたくなる気持ち」とのことです。

現代人は一定数、悲しみを感じることができない人がいると言われています。

ある研究によると、悲しむような出来事に遭遇した時、本来機能するはずの悲しみを感じる脳の部位ではなく性的な昂ぶりを感じた時に活発になる部位が反応している人がいるそうです。

SNSなんかを見ても「泣いた」「これは泣ける」などといった言葉が乱立し、言ってみれば「悲しみ中毒症」と名付けてもいいような人々がなんと多いことか、と呆れたくなるようなご時世になってきました。

悲しみというものは、できれば感じたくはないのが通常です。

しかし、悲しみ中毒症になっている人は悲しんでいる自分をどこか楽しんでいる、さらにいえば悲しみによって興奮を感じていることがあります。

それに気づかず、間違った対処法をとっていると、いつまでたっても悲しみの中に身を置くことになりかねません。

悲しみはいつか必ず癒えます

最近で「悲しい」と思ったことはあるでしょうか。

平凡に暮らせている人だと、あまりないような気がします。

当然、災害、親や近しい存在の死、信頼していた人からの裏切りなどはありますが、そう頻繁に訪れる悲しみではないはずです。

そして、あまりにショックで立ち直れそうもないような悲しみも、いつか必ず癒えます。

ベルギーで行われた実験によると、嫌悪や喜び、安心など27の感情の内、最も持続時間の長い悲しみですら120時間(5日間)しか持たないことが示されています。

つまり、本来は5日もすれば悲しみの感情は消えうせるはずなのです。

だからこそ、5日経っても癒えない悲しみがあるのなら向き合う必要があります。

悲しみの感情もレベルが様々

世の中の人たちが何に対して「悲しい」と言っているかを調査してみたところ、「ライブのチケットが取れなくて悲しい」「アプリをダウンロードしようとしたら容量が足りなくて悲しい」「欲しいものがあるのにお金が足りなくて悲しい」「月曜がきたので悲しい」などがありました。

わりと日常的に悲しいと感じている人が多いようです。

悲しみの最大レベルはやはり、近しい人の死ではないでしょうか。

死別にしても悲しみレベルが違い、百歳あたりまで生きた祖父母の大往生なら、悲しいという気持ちより「すごい爺さん婆さんだったな」といった尊敬や感嘆の気持ちかもしれません。

しかし、友人の早すぎる死や、まだまだ若いはずの親、我が子、恋人との死別などであれば悲しみは相当なものです。

悲しみの最低レベルだと、自販機で冷たいはずの飲み物を買ったらまだぬるかったとか、買ったばかりの服に虫がとまったとか、そんなことです。

レベルが違いすぎるので、悲しみの持続時間も違います。

最大レベルなら数年続くこともあれば、最低レベルだと0.5秒くらいで悲しみは過ぎ去ります。

いずれにしても言えることは、予期せぬことや今の自分にはどうにもできないことほど悲しみを感じやすいということでしょう。

悲しみの原因がどこにあるのかでその後も変わる

基本的に、悲しみは「不意に訪れた出来事」「自分ではどうにもできなかった結果に至ってしまった時」に訪れます。

よく仕事でミスをして怒られて悲しいなどという人がいますが、それは悲しいとは少し違います。

ミスをしたのは自分であって、申し訳ない、後悔するなどは当てはまるにしても悲しいという感情は該当しません。

自分が原因で生まれた悲しみの場合

さすがに直接自分がやらかしたことについて「悲しい」と思うのは、本来責任を感じてしかるべきところ、あまりに他人事すぎる感覚ですが、自分がしたことが間接的に悲しい出来事を引き起こすことはあります。

借金をしたばかりの頃はなんとかなると思っていても結果的に返済できず諸々が苦しくなって悲しい、友人と距離的に離れ離れになるだけならまだよかったのに喧嘩別れしてしまい会えなくなって悲しい、親の死自体が悲しいのに暴言を吐きすぎた過去が蘇ってなおさら悲しいなど、悲しみを増長させているケースが多いです。

概ね罪悪感を伴うので、何度も思い出しては悲しみの記憶を更新しつづけ、なかなか抜け出せません。

人からされたことで生まれた悲しみの場合


信頼していた人からの裏切り、失恋、浮気(不倫)された、根も葉もない陰口や誹謗中傷を耳にしたりなど、人からされたことでの悲しみは、しばしば憎しみや不安、ストレスを伴います。

憎しみの感情は悲しみと比べると持続時間が短く60時間、不安は24時間、ストレスは3時間ではあるものの、複合的なマイナス感情となるため憂鬱な気分にさせられます。

この憂鬱さは何度も嫌な記憶を思い出すことによって持続してしまうため、結果的にずっと「悲しい」と思うようになります。

思いだしさえしなければ5日もすれば飛んでいく感情ですが、人からされたことというのは、その人と会う度に思い出してしまうでしょう。

失恋や浮気されたなどであれば、その相手との関係を断ち切れるので復帰も早いですが、裏切りや陰口などは仕事などで会わなければならない相手が原因であることが多く、断ち切るのが難しいという点でやっかいです。

時薬という言葉があるように、時間が癒してくれる

時薬は「ときぐすり」と読みます。

日にち薬とも言ったりしますが、怪我や病気も放っておけば自己回復力で治っていくということがあるという意味であり、それが感情の癒しにも使われるようになりました。

「時間が癒してくれるよ」と言われると「建前」「ポジティブすぎる」と思う人も少なくないでしょう。

とくに近しい人との死別なんて5日で悲しみがおさまるわけもないと思うはずです。

しかし、誰かが亡くなったとしても、全く知らない相手なら「お気のどくに」とは思っても悲しいとは思いません。

つまり、死そのものが悲しいわけではないのです。

そして、突然訪れた不幸に対する悲しみだけなら5日で消え失せるはずですから、時薬というのも、あながち間違った表現ではありません。

死別の悲しみは、その相手と話し、触れあうことが、もうできないことに対する悲しみです。

だからこそ、話したい、触れたいと思う度に失ってしまったことを自覚し、思い出があればあるほど、記憶が蘇って悲しみも反復されていきます。

逆に言えば、そんなに話したいと思うこともない相手、思い出せることが少ない相手ほど悲しみの更新が少ないため癒えるのも早いということです。

近しい人の死のように、圧倒的な悲しみに対しても時薬の効果は発揮されます。

とはいえ、それを実感するまでには長い期間を要します。

幸せの記憶を伴い、それを失ったことに対する悲しみについては意識的に対処する必要はありません。

その悲しみの中に身を置き、大切な記憶の1つになるまではそっとしておきましょう。

対処すべきは、憎しみやストレスを伴う嫌な悲しみです。

これらは時薬が効くのも早いので、思い出しさえしなければ癒えていきますが、何日も続くようなら意識的に軽減させる方法を検討してみましょう。

悲しみを強く感じやすい人の特徴とは?

同じ物事を前にしても悲しみの感じ方は人それぞれです。

たとえば90歳まで生きた祖父や祖母の死に対し、「長生きの大往生でかっこよかったな」と思える人もいれば「もっと話したかった、もっと一緒に過ごしたかった」と大号泣する人もいますし、その場では思い切り泣きじゃくるのに次の日にはケロッとしている人もいます。

あるいは、陰口大好き人間に陰口を叩かれて、「また言ってるよ…暇人だな」と呆れ返る人もいれば、「絶対許さない。

表に出れないようにしてやる」と怒りに燃える人もいますし、「どうして私がそんなことを言われなきゃならないんだろう」と悲しがる人もいます。

物事に対する感じ方が多様な中、悲しみを強く感じやすい人にはどのような特徴があるのかを見てみましょう。

心が繊細で傷つきやすい

ここでいう「繊細」は感受性が高いこととほぼ同義です。

なんでもかんでも真正面から受け止めるので疲弊し、疲弊が悲しみを感じさせています。

また、多くの人なら気にならないようなことも気になるので脳が疲れ果て、マイナスの感情に引きこまれてしまうのです。

隣の席の人の息の音がうるさい、グループ行動で皆の意見が分かれると客観的な事実に基づく判断より人の感情が気になってしまう、微細な音や臭いなど、周囲にある全てのものへ敏感に反応するため、脳が処理しきれる情報量を簡単にオーバーします。

そうなると、日常生活では悲しいことも嬉しいこともまばらに存在するのに、冷静に「良いこともあったな」と思える余裕がなくなってしまうでしょう。

それは、悲しみの感情がもっとも持続しやすいからです。

物事をネガティブに考えがち


悲しみ中毒症もこの部類です。

物事を何でもネガティブに考える人は、ある種の快感を得ている恐れがあります。

この人たちは、言葉の上では「ポジティブになりたい」とは口にするものの、その実自ら率先してネガティブになろうとしているのです。

なぜかといえば、ネガティブでいる方が楽だからです。

物事のリスクやネガティブな側面ばかりに目を向けていると、それが結局失敗に終わったときに「だから言ったじゃないか」と知見のある人間を装うことができます。

何か予期せぬ悪いことが起きても「私は運が悪いからそうなのだ」と言うことで、自らのミスや原因に目向けなくて済みますし、楽しみにしていたイベントの日に雨が降ったら「私は雨女だからしかたがない」と期待しても仕方のない人生だと変な安心感を得られるというわけです。

人の不幸を描いた作品を楽しむ人にもこの傾向があり、自ら毒を仕入れて快感や安心感を得ます。

ネガティブな物事を好んでいるため、本当はポジティブに転換できることであってもネガティブな結果に引きこむという側面を持っていることが多いです。

ところが、自らネガティブな結果を引き起こしてしまうことから、快感よりも失敗する経験の記憶が上回り「何をやってもうまくいかない」「頑張ってもムダ」と諦めるようになります。

それが積み重なることで悲しみに変わってしまうので自らを追い込みがちです。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、自らの判断で行動できることが少ないため、人に合せている内に選択を誤り、悲しい結末を引き寄せます。

本当は仲良くしたかった相手がいるのに周りに合わせて話しかけないまま、もう会えなくなってしまって悲しくなったり、1人でも行けばいいのにイベントに一緒に行く人と日程を調整している間に行けなくなって悲しくなったりするなどです。

また、自己評価が低いので、誰かに褒められても裏に何かないかと探って素直に喜べない、楽しいことがあっても終わりを想像して悲しくなるなど、悲しみを忘れさせてくれるようなプラスの物事を心から受け入れることができないというのも悲しみを深める要因といえます。

【自分に自信がない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

友達が少ない

これは単純に、友達がいないこと自体を悲しいと思うことも含まれます。

ただそれよりも、悲しい出来事に遭遇した時にそれを忘れさせてくれるような物事に出会いづらく、自分の中だけに溜めこむというのが理由の主な部分です。

悲しい出来事に遭遇しても、次の日には楽しいことが待っていれば大体の悲しみなんて忘れられてしまいます。

しかし、地続きの日常だけに身を置き、孤独でいると、自ら率先しプラスの感情にするための行動を取らない限り、悲しみだけが続いてしまうのです。

あるいは、友達がいないことを悲しいと思い込んでいるだけの人もいます。

もしこの世に最初から1人の人間しかいなければ、誰かと一緒にいることの楽しさを知らないで済むので、孤独と悲しみは直結しないのですが、「1人ぼっち=悲しみ」という概念が世の中に浸透しているので、実際はそんなに悲しいとは思っていないくせに、悲しいと思うのが普通だと認識し、そのように振舞うケースです。

【友達が少ない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

過去に何か衝撃的なトラウマがある

度々思い出したり悪夢として蘇る衝撃的なトラウマの持ち主は、嫌でも記憶が掘り起こされて憂鬱な気分にさせられてしまうので悲しみを感じやすい傾向があります。

普段は気丈に振舞っていても、人知れずトラウマが心を抉るので泣きたくなるのです。

また、そのトラウマのせいで人生がうまくいかなくなることもあります。

異性に傷つけられてしまうと恋愛どころか異性が近づくだけで不快感をもよおしたり、それによって人間関係や仕事がうまくいかなくなって悲しみを覚えたりします。

この場合は、トラウマの記憶の焼き直しが幾度となく繰り返されてしまっているので自己コントロールだけではなかなか改善できません。

カウンセラーに相談することをおすすめします。

人間不信

何がきっかけで人間不信になったかにもよりますが、他者とうまくコミュニケーションがとれない、表面的な付き合いしかできないでいると、常に虚無感があるため悲しみにつながっていくことが多いです。

人間不信でも成功している人は多いものの、成功しているから悲しみが無いということではないので、他者から愛情を得たい、認められたいという気持ちがある人は悲しいと感じることがあるでしょう。

悲しみの感情と上手に向き合う方法7選

悲しみは人生ではある程度あった方がいい感情です。

全くないというのも、それはそれで人間らしからぬというか、不自然にポジティブ過ぎて危険な香りがしてきます。

最近はSNSなどの流行も手伝ってポジティブ押し付け論が横行していますから、無理矢理感情を押し殺してポジティブに振舞おうとする人があまりにも多いように感じられます。

しかし、そんなことをする必要は全くありません。

自分が苦しいなら向き合って対処すれば良いですが、そうではなく、その悲しみの中に身を置くことが今の自分にとって必要だと思えば無理に押し込める必要はないといえます。

下記にご紹介するのは、その悲しみから抜け出したい、日常生活がままならないほどである、という人のために対処法です。

孤独を感じてはいけない

悲しみが5日間以上続いているなら記憶の焼き直しをしている状態なので、孤独の状態だとまた焼き直しを脳内で何度も繰り返してしまいます。

そういう時は、別のことに自分の思考を奪ってもらうことが手っ取り早いです。

一人で過ごすにしても、熱中できるゲームや小説を楽しんでいる内は孤独を感じることはありません。

料理を試行錯誤するもよし、筋トレするもよし、何かしら悲しみの出来事を思い出さないように熱心にやるというのがコツです。

一人でいる時間を少なくする

一人でいるとどうしても孤独を感じてしまうなら、誰かに会いにいきましょう。

友達じゃなくても大丈夫です。

美容院に行って髪を切ってもらいながら会話をしたり、ジムや習い事の指導員さんと会話をしたり、近所の八百屋さんで旬のものを聞いたりするだけでも悲しみの出来事を思い出さなくていい時間が増えていきます。

友達や家族と話しをする時間を大事にしよう

友達や家族がいるなら、一人暮らしをしていたとしても電話をするか会いに行くかすれば孤独を感じることはありません。

集団の中にいるとむしろ孤独を感じてしまうという人もいるでしょうから、できれば少人数で会うことをおすすめします。

気を付けるべきことは、悲しみに寄り沿ってくれる人を選んではいけないということです。

悲しみに寄り沿ってくれる人はとても優しく、真摯に話を聞いてくれるので癒されていく気がしてしまいますが、よほど話術に長けた相手出ない限りは逆効果になります。

なぜなら、その人に悲しい出来事を伝えようと話すには思い出すことが必要で、また記憶の焼き直しをすることになるからです。

よほど話術に長けた相手であれば、その悲しみの出来事を聞いた上でポジティブに変換できるのかもしれませんが、大概上っ面良いことを言ってくるだけで終わります。

そんなことをするより、悲しみに出来事に何の関係もないけど日常の会話が楽しくできる人、イベントに連れ出してくれるのが上手い人など思い出す余地を与えてくれない人と過ごした方が回復は早いです。

悲しみを抱えているのは自分だけじゃないことを知る

ご飯を食べきれずに残してしまった時に「世界には飢えている人もいるのよ」と言われたら、ご飯を残すことは申し訳ないと思いつつ「そんな壮大なことを引き合いに出されても…」と思いますよね。

ですから、ここで言うのも、そういった話ではありません。

この方法が効果を発揮するのは「私はこんなに悲しいのにどうして誰も同調してくれないのかしら」と悲劇のヒロイン気分になっている場合です。

良くも悪くも、大概の悲しみは多くの人が既に経験済です。

大災害や犯罪、事故に巻き込まれたなどは別として、祖父母や親との死別は長く生きていれば確実にやってきますし、浮気された不倫されたなんていうのもよくあります。

信頼していた人からの裏切りなんて働いていればしょっちゅうです。

だからそもそも信用しないという人だっています。

皆乗り越えてきたことだからこそ、他人の悲しみに「それは一大事だ!」なんて思いません。

「そんなこともあるよねー」くらいのものなのです。

悲劇のヒロインに抜擢されてしまった気分でいるなら、そのことをよく考えてみましょう。

自分の悲しみに同調してもらい、励ましてもらう必要なんてないことがわかるはずです。

自分の悲しみなどまだ軽い方だと思える

自分の悲しみを他者に話せる人は、もう乗り越えられた人であることが多いです。

しかも、自分が悲しいと思っている事柄よりヘビーだったりします。

恋人に浮気されて悲しいと思っている人が他の人のエピソードをネットで探ったとき、結婚して10年になるのに、実は結婚当初から愛人がいて、しかもそいつが本命で、自分は金ヅルにされていただけだったという大分ヘビーな経験を持つ人がいます。

しかも、少なくありません。

似たような話がゴロゴロと出てきます。

でも、そのエピソードを披露してくれている人達は、もうふっ切れていることが多く「もう何年も前の話になるが、笑ってくれよ」と披露してくれています。

こういう話を見ると「結婚する前に浮気性だと分かって良かったか…」と思えたりするので、悲しいことには悲しいのですが、その経験から得られたものに目を向けるきっかけになるかもしれません。

時には自分を甘やかそう

悲しいのか憂鬱なのかの境目はよくわからなくなることがあります。

そんな時は自分を甘やかしましょう。

繊細な人は他者の希望に合わせた選択ばかりをしている恐れがあるため、自分のためだけに行動することがとても大切です。

人がいると気兼ねしてしまうなら、一人でいるときに自分のためだけにお金や時間を使い、本当はやってみたかったけど一人だと不安で手を出さないでいたことに挑戦してみるのも素敵です。

ちょっと気になるお店に飛び込んでみるとか、習うまでいかなくても絵を描いてみるとか、簡単に試せることから手を出していくと勝手に設けていたハードルがどんどん下がっていきます。

贅沢をしたり好きなものを買うことも大事

収入もないのにブランド物や宝石を買うとしばらくして罪悪感が訪れますが、身の丈に合う贅沢は心を満足させてくれます。

とくに節約している人は、国産牛を買ってしまう、宅配ピザを頼む、ケーキを買うなど食のグレードアップや、普段よりちょっと良いシャンプーやボディーソープなど身の回りの商品を変えてみるだけでも贅沢を味わえます。

あるいは、美術館や映画館など時間をつくらないと行けないところに行くのも贅沢な気分になれます。

特別高値なわけではなくても、自分のために時間やお金をいつもよりちょっと多く使うだけで気分は全く変わるでしょう。

少し話は逸れますが、とりあえず悲しい時こそご飯は食べるようにしましょう。

悲しみが深いと何も喉を通らないという人がいますが、ご飯を食べないとエネルギーが不足してマトモな考えができなくなっていくので危険です。

贅沢ついでにしっかり食べてください。

栄養の整った美味しい食事をすれば、嫌でも元気が出てきます。

旅に出て心の洗濯をしよう

旅は贅沢の極みですね。

最近はおひとり様旅プランを用意している宿も多いので気軽に出かけられます。

おすすめは、日々のことを放り出して行くことです。

仕事をしているなら有給休暇を取得し、主婦なら家事や育児を誰かに任せるなどして、自分のために投資することを自分自身にわかりやすくしてあげると特別感が高まります。

新たな発見や出会いが価値観を変えてくれる

いつも同じ景色の中で似たような日々を続けていると、悲しいことはあっても、それをリカバリするような嬉しいことや楽しいこと、刺激のあることに出会うのは難しくなっています。

しかし、1泊2日の旅行でも普段行けないような、遠くてよく知らない土地で、新しい景色を眺めるだけで刺激を得られるはずです。

見るもの全てが新しく、出会う人も知らない人ばかり、知らない土地の歴史や地形に興味を持つだけで、それらが脳を刺激する情報となり、悲しいことに注意を向ける必要がなくなります。

そして、のんびり温泉にでも浸かればストレスも軽減して、意外と自分が幸せを感じやすい人間だということに気付くことができるでしょう。

同じ経験をした人の話を聞く

大きな悲しみの場合は同じ経験を持つ人の話を聞いてみるといいかもしれません。

これは、記憶を呼び覚ましてしまう一方で、決して忘れることはないだろう強烈な経験に対しては効果を発揮します。

医療の現場などでも実践されている方法で、ガン患者やアルコール中毒患者が同じ症状を持つ人たちと悩みや不安を共有し、療養生活における孤独感を解消するために用いられます。

そして、時には自分が抱える問題を解消するきっかけになったり、悩みにどう向き合うべきかを客観的に学べることもあります。

個人ブログなどで仲間はすぐ見つかる

直接話をする方が効果は高いですが、似たような経験を持つ人がいるという安心感は発信された情報を仕入れるだけでも得ることができます。

ブログなどで自信の体験や経験を書いている人はたくさんいるので、ひっかかりそうな検索ワードで探してみましょう。

その人が解決に至るまでの経緯まで書いてくれていれば自分に取り入れることもできるかもしれません。

直接メールなどでやり取り出来ることも

SNSなどではダイレクトメール(DM)機能がついているものが多いので、個人的にやり取りを申し込むこともできます。

ただし、個人ブログの人にメッセージを送っても相手にも都合がありますから返信が来ないことも多いです。

そして、誰もが善意の市民ではないということは心得ておきましょう。

やりとりをする内に、怪しいなと思えば離れることが健全であるため、個人情報がわかるような内容を書いたり、アカウントから身バレしてしまうような状態にしないことが大切です。

カウンセラーさんや心療内科医の方が書いているブログなどだと、直接相談できる窓口を併設していることもあるため、悲しみが深く、自分だけではどうにもできないなら相談してみるのは手です。

執着せず気持ちを切り替える癖を付ける

悲しみの体験にも大切なものはありますから、そのことをきっかけに新たな価値観を得たり、考え方を変えることもあるでしょう。

そういったものは無理に切り捨てる必要はないです。

執着せずに切り替えたいのは、考えたって仕方のないことです。

イベントやライブのチケットが取れなくて悲しいと思っても、それは単に自分が出遅れただけのことですから、悲しいと思うのは見当違いですし、欲しい物があるのにお金が足りないならもっと稼げばいいだけのことです。

悩み悲しむ時間は勿体無いと気付こう

実際のところ、泣きたくなるような悲しみなんて、ほとんどありません。

なぜなら、泣きたくなるような悲しみは自分が何をやってもどうにもならないことだけだからです。

そして、自分が何をしてもどうにもならないなら、執着したところで物事が好転するはずもないことがわかるでしょう。

悪口大好き人間による悪口で悲しい思いをしても、そいつは悪口を言うのが好きなのですから、こちらが悪口の内容部分を改善しても、また別のことで悪口を言うのです。

いたちごっこで考えるだけ無駄です。

この悲しみが自分を強く成長させていると解釈しよう

そう思うとそうなる、というプラシーボ効果みたいなものです。

なんの効果もない小麦粉を錠剤に固めたものを、病気の患者に「めちゃくちゃよく効く」と詳細な説明をして飲ませると状態が回復した患者が多いという事例は実験によって証明されています。

ただ安静にして寝ていれば3日で治る風邪も、薬を飲むことで3日で治ったのであって、飲まなければもっと長引いていただろうと考える人も多く、飲まないことで実際に長引いてしまうという人もいます。

薬を飲むか飲まないかという安心感の違いです。

思い込みは人を強くします。

言ってみれば、今悲しくても、それ自体が悲しいという思い込みなので、この経験が自分を成長させているのだと思い込むのも簡単なことといえます。

ポジティブな受け止め方が大切

悲しみを忘れたい、対処したいと思う時点で結構ポジティブになってきている証拠です。

忘れたいと思うということは、その悲しみを与えた出来事は既に過去のものとして捉えられているということに他なりません。

過去のことだと認識さえできれば、あとはどうにでもできます。

そのまま放っておけば忘れられるし、自分を成長させてくれた経験だと思うことでポジティブな記憶に上書きもできるし、笑い話にしたり、思い出話にすることだってできます。

まとめ

幾度か記載しましたが、悲しみはその質によって、無理矢理消し去ることだけを良しとするようなものではありません。

当然ながら、悲しみの渦中にいる人間に対して「そんなものはまやかしだ、いいかげん立ち直れ」などと言い捨てる権利は誰にもありません。

本人が、まだ悲しみの中に身を置きたいと願うなら、それもそれで良いのです。

でも、もし悲しみの中にいるのが辛くて抜け出したいなら、自ら対処していきましょう。

悲しみを周囲にアピールしても、効果的な手助けをしてくれる人に出会えることなんてまずないのですから、自分のことは自分で大切にしてあげるのが回復への一番の近道です。