CoCoSiA(ココシア)

失恋から立ち直れない…引きずる期間が長い女性の特徴と6個の抜け出し方


大好きな彼氏とずっと一緒にいたい。

そう願う女性は多いと思います。

しかし、恋愛を継続するというのはとても難しいもの。

付き合いが長くなると、気持ちのすれ違いや価値観の違いが出てきたり、思いやりの気持ちが薄れ険悪なムードになってしまうことが増えてきてしまい、一緒にいることが叶わなくなってしまうカップルはたくさんいます。

また、他に好きな人が出来てしまったり、恋愛をしていることが億劫になってしまったりなど、恋愛を継続することは非常に難しく、「別れ」というものが訪れます。

当たり前ですが「別れ」の分だけ「失恋」が存在します。

失恋というのは、ダメージが非常に大きく、心身ともに疲弊してしまい、日常生活を送るのも困難になってしまうほど。

別れた理由は決して1人だけが原因ではないのですが、失恋した直後の女性というのは(自分のどこが悪かったのだろうか。)と自分を責めてしまうケースが多く、負のスパイラルにはまりやすいと言われています。

今回のテーマは「失恋」について。

失恋から立ち直れないという人に、失恋の辛い気持ちから抜け出して、次のステップを進めるための方法をお伝えしていきたいと思います♪

失恋から立ち直れない貴女へ

ずっと隣にいた大好きな存在が、ある日突然いなくなってしまったら…。

考えるだけでも辛いのに、実際に「別れ」が訪れたら、非常に辛く、生きる活力を失ってしまうといっても過言ではないでしょう。

世の中には失恋から立ち直れない女性は多いと言われています。

彼氏との思い出の場所に行くだけで辛くなったり、彼氏と同じ香水の匂いを嗅ぐだけで胸が締め付けられるような思いをする人もいるでしょう。

彼氏と過ごした時間が長ければ長いほど、日常生活に彼氏のことを感じさせられるものは増えていきます。

例えば、好きな食べ物であったり、部屋に彼氏の私物が置いてあったり。

彼氏の趣味趣向がいつのまにか自分に染み付いているケースも多く、それを感じるだけで、辛くなってしまう人も多いといえるでしょう。

失恋から立ち直るというのは非常に難しいものです。

正直、立ち直るまでには時間がかかりますし、精神的に辛い期間というのはどうしても存在してしまいます。

大好きな相手だったからこそ、失った時は立ち直るまでに時間がかかるものなのです。

失恋を引きずる女性は多い

女性というのは、生活において恋愛を非常に大切にする生き物。

そのため、失恋を引きずる女性は多いと言われています。

特に女性は、失恋した直後は、家からでることもできず、人と話すこともできないくらいに落ち込んでしまいます。

食事ものどを通らず、見た目でも分かるくらいやつれてしまう女性が多いといえるでしょう。

女性は、環境適応能力が高いと言われています。

そのため、彼氏がいる生活が当たり前になってしまうと、その彼氏を失ってしまった時に、どのような生活を送ればいいか分からなくなってしまい、男性よりも女性の方が、失恋した直後は落ち込みやすいのです。

彼氏と過ごす時間、彼氏と連絡する時間、彼氏のことを想う時間…。

そんな当たり前のように行っていた時間が、失恋によってなくなってしまうと、その時間がぽっかり空いてしまいます。

そして、そのぽっかり空いてしまった時間に適応するには時間がかかりますし、とても大切な時間だったからこそ、何で埋めれば良いのかわからなくなってしまうのです。

でも男性のほうが実は引きずっている?

失恋をした直後というのは、女性の方がショックを受けやすく、仕事やプライベートが手に付けられないほど落ち込んでしまうと言われています。

大好きな彼氏とお別れした直後は、自然と涙がでてきてしまい、ご飯も食べられないほど衰弱をしてしまう女性が多いといえるでしょう。

一方男性は、別れた直後というのは解放された気分となり、すっきりしたという気持ちになる人が多いと言われています。

彼女がいることで、多少なりとも気をつかったり、束縛されることが多くなったため、1人の時間を楽しめると思うと、気が楽になったと思う男性が多いといえるでしょう。

しかし、女性は失恋から1~2カ月で立ち直ることが多いのに対し、男性は1~2カ月たつと、彼女がいなくなったことを実感するようになり、急に寂しくなってきます。

いなくなって分かる彼女の大切さに気づき、彼女を失ってはいけなかったことに気づくのです。

失恋した直後の男性と女性の心境はかなり異なります。

そして、女性は失恋した直後は落ち込みますが、時間が経てば現実を受けられるようになります。

一方男性は、時間が経つと、彼女に対する気持ちが急によみがえってきてしまい、未練をもつようになります。

つまり、男性は失恋した直後は実感がない状態であり、時間差で失恋をした自覚をするため、引きずる期間が女性よりも長くなってしまうのです。

また男性は、過去の彼女が今でも自分の事を好きだということを疑いません。

あんなに愛情表現をしてくれた彼女だからこそ、今でも自分のことを好きでいてくれるはずだと思っているのです。

時間が経てば、過去の人だと割り切ることができる女性と、時間が経つと彼女への想いが強くなってしまう男性。

元彼から、突然「元気?」などの連絡が入るのは、失恋に対する男女の心境の違いだといえるでしょう。

女性が失恋を引きずる期間の平均は?

女性が失恋を引きずる期間の平均は1~2カ月と言われています。

失恋した直後というのは非常に落ち込み、日常生活を送るのも難しくなってしまいますが、時間が経過するにつれ、徐々に気持ちが落ち着いてきて、彼氏がいなくなったことも受け入れるようになっていくのです。