CoCoSiA(ココシア)

「頭が下がる」の意味や使い方は?「頭が上がらない」との違いや、目上の人への使い方を解説


誰かが人一倍すごいことをした時や、自分が心から「この人はすごい人だなぁ」と感服した時などに、その人に対して「頭が下がる」と評することがありますよね。

直接本人にそれを伝えることもあれば、本人のいないところで噂することもありますし、心の中でひっそりとそう思うこともあるでしょう。

そんな「頭が下がる」という表現は、社会人になってからは何かと使う機会も出てきます。

とくにビジネスシーンで使われることも多いため、言葉の意味や正しい使い方をきちんと理解しておいた方がいいでしょう。

「頭が下がる」という言葉について、また似た言葉の「頭が上がらない」についてもご紹介していきます!

この記事の目次

「頭が下がる」とは?

人には出来ないことをやってのけた人や、誰からも認められるような功績を残した人に対して、「まったく頭が下がります」などと言うことがあります。

日本人は他人に対して敬意を示す際や謝罪の意を示す際にはお辞儀をしますので、そのお辞儀をする動作からも「頭が下がる」という言葉が生まれたと考えられています。

実際にこれまでの人生の中で、あなた自身が「この人には本当に頭が下がるなぁ」と感じたことが一度でもあったことでしょう。

例えばどうやっても勉強やスポーツで勝てない相手だったり、自分に出来ないことをやってのけた人だったり、とにかく自分が心から尊敬出来るような相手に対して、「頭が下がる」という感情は自然と湧いてくるものです。

とくに素直に人の良いところを認めることが出来る人ほど、人生の中で頭が下がる思いをした回数が多いことでしょう。

頭が下がることは相手に対して敬意を示すことですので、何度頭を下げたところで少しも悪いことではありません。

むしろ、素直に頭を下げることが出来るのは、それだけその人の心に素直や純粋な一面があるということでしょう。

敬服なしではいられない

「敬服」とは、「感心して尊敬の念を抱いて従うこと」です。

敬服なしではいられないということは、特定の相手に対して尊敬の念を抱かずにはいられないということです。

例えば音楽をやっている人は、その道のプロで憧れる音楽家がいるでしょうから、その憧れの対象に対しては敬服せずにはいられないでしょう。

また、自分が師と仰ぐ人に対しては、その人から何かを指示されれば信じて従ってしまうことも多く、それも敬服してやまない状態だと言えるでしょう。

通常生活を送る中で、なかなか自分がそこまで頭が下がるような人はそうはいません。

友達や恋人、両親に対しても敬服とまではいかないでしょう。

信頼や愛情はあっても、頭が下がる思いとはまた別物です。

敬服なしではいられなくなるような相手とは、自分にとって心から尊敬出来たり、指示を仰げたりする人のことです。

例えば自分の人生に大きな影響を与えた人や、価値観を変えてくれた教師などに対して、敬服の感情を抱くことが多いです。

感服する

「感服」は、「深く感心して、尊敬や尊重の気持ちを抱くこと」です。

自分にとって親しい人に対しては、誰でもある程度尊敬や尊重の気持ちは持っています。

しかし親しい相手ほど、信頼しているからこそ相手に対して甘えの感情を抱いたり、自分の希望をぶつけたりすることもあり、喧嘩をした時には相手への尊敬や尊重の気持ちが薄れてしまうこともあるでしょう。

一方で、自らの頭が下がるほどに感服する相手に対しては、他の人たちに比べると尊敬や尊重の気持ちが特に強いです。

そのためその相手に対しては自分がわがままに振舞うことはありませんし、自分の欲求よりも相手の都合や気持ちを優先して考えようとする傾向があります。

いわば踏み込み過ぎず、一線を引いて礼儀を忘れない相手に対して頭が下がることが多いと言えるでしょう。

周りの人間関係で言えば、上司や教師、個人的にとても尊敬している人や先輩などがそれに当たることが多いです。

場合によっては両親がそれに該当することもあるでしょう。

「頭が下がる」の類語や関連語


「頭が下がる」という言葉は、社会人になれば誰もが当たり前に知っている言葉ですが、だからといってそこまで日常的に使われる言葉ではありません。

自分の頭が下がるような相手が例え身近にいたとしても、そう頻繁に頭が下がっているわけではありませんし、何か特別に相手に感服するようなことがあった時に、改めて相手のすごさを褒め讃えようとしてその表現を使うことが多いでしょう。

「頭が下がる」という言葉は、特別な出来事があった時に使われるのが一般的です。

同じような意味で誰かを褒めたり感心したりする時には、もっと他の堅苦しくない、分かりやすい言葉で表すことが多いでしょう。

では、そんな「頭が下がる」という言葉の類語や関連語にはどのようなものがあるのでしょうか?知っておけば同じ意味で異なる表現をすることが出来るようになりますので、ある程度類語や関連語を知っておき、使いこなせるようにしておきましょう。

1.他人の行いや心がけに心底感心して敬意を示す

「頭が下がる」とは、他人の行いや心がけに心底感心して敬意を示すという意味です。

そのため自分に対して「まったく頭が下がるよ~」と使うことはまずありませんし、仮に冗談で自分に使ったとしても、言葉の意味や使い方としては間違っていますので、本人は冗談のつもりで言ったとしても恥をかいてしまうことがあります。

私たち日本人にはお辞儀の習慣がありますが、お辞儀をする際には必ず対象となる相手がいるように、「頭が下がる」という言葉を使う際も必ずその相手が存在しています。

そしてその相手の行いや心がけに対して、「自分ではとても出来ない、すごいなぁ」と純粋に感心した時に敬意を示して「頭が下がるよ」と使うことがあるでしょう。

他人に対してこのように敬意を示す際に、他の言葉で表現するとしたら、どのような言葉が相応しいでしょうか?以下に日常的に似た意味や使用意図として用いられる言葉を挙げていきます。

その場その場で相応しい言葉を選んで相手に対して敬意を示しましょう。

まったく恐れ入る

「恐れ入る」という言葉には、いくつかの意味があります。

「相手の好意などに対して有難いと思う気持ちや、恐縮する気持ち」「相手に失礼や迷惑をかけてしまったことに対する申し訳ないという気持ち」「相手に物を頼む時や挨拶の際に用いる言葉」「あまりのことに驚き入るばかりだという気持ち」などです。

日本語には、同じ言葉の中に相手への感謝と謝罪のどちらの気持ちも込められていることがよくあります。