CoCoSiA(ココシア)

前倒しに仕事をする10個のメリットとやり方のコツ


あなたは仕事をする時に、前倒しに行っていますか?

それとも期限のギリギリで仕事をしていますか?

仕事を前倒しに行うことで、さまざまなメリットを得ることが出来ます。

前倒しに行うことでどのようなメリットを得られるのか、そして前倒しに仕事をしようと思ったら、どのようにやればいいのかなど、やり方のコツをご紹介していきます。

いつも仕事で焦ることが多かったり、余裕がなかったりする人はぜひ参考にしてみて下さい。

前倒しに仕事をする10個のメリット

前倒しに仕事をする人としない人とでは、仕事で成果が出せるかどうかが違っていきます。

前倒しに仕事をする人は、これからご紹介していく10個のメリットによって、結果的に仕事で成果が出しやすく、また周囲の人たちからも信頼を得やすいです。

上司や同僚から頼りにされれば当然会社で出世しやすくなります。

前倒しの行動がその人の会社での立場や給料を良くしていくことに繋がるでしょう。

一方で、何事も後倒しの人やギリギリになってからやる人は、それだけ時間や気持ちに余裕がなく、いつもバタバタと忙しなく動き回っています。

また、期限が迫ってから忙しく動き始めるため、周りから見た時に仕事のやる気がなくダラダラしている時期と、期限に追われて焦っている時期との差が非常に分かりやすく、評価も下がってしまいやすいでしょう。

何事にも余裕がなくなってしまいますので、他の人を気遣うことも出来なければ、急なトラブルにも対処出来なくなってしまいます。

その結果上司や同僚を巻き込んでの大騒動にもなってしまうことがあるため、後ろ倒しやギリギリで仕事をする人は信用も得られなければ、昇進も難しいでしょう。

それだけ成果に差が出やすいのが特徴的ですが、では前倒しに仕事をすると具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか?

以下に10個挙げていきます。

1.気持ちに余裕ができる


前倒しに仕事をする人は、常に気持ちにある程度の余裕を持っています。

例えば明日やる仕事を今日終わらせてしまうことが出来たなら、明日一日分余裕が出来ます。

何をやろうかとゆっくり考えることも出来ますし、普段はなかなかやれない雑用を片付ける余裕も出来ます。

また、時間に余裕が出来ればその分周りの仕事を手伝うことも出来ます。

周りを手伝えば同僚とのコミュニケーションも密接にはかれますし、信頼を得ることも出来るでしょう。

時間に余裕が出来れば、その分気持ちにも余裕が生まれます。

そのため気持ちに余裕を作るなら、そのために時間的な余裕を作ることで時間にも気持ちにも余裕が生まれるでしょう。

それは仕事だけに言えることではありません。

普段の生活の中でも時間に余裕を持って行動している人は、それだけ気持ちにも余裕が生まれますので、人当たりや性格も大らかで優しくなれます。

もしトラブルが起きたとしても、「まだ大丈夫」という気持ちの余裕があるため、焦らずに集中して目の前の対処に取り組めるでしょう。

本来の力を出しやすくなる

気持ちに余裕が生まれると、自分の本来の力が出しやすくなります。

例えば仕事でプレゼンを行うことになり、準備がギリギリまでかかってしまったら、ろくにスピーチの練習も出来ずにそのまま本番に臨むことになるでしょう。

ぶっつけ本番でのスピーチは言葉にも自信や説得力が生まれません。

また予期せぬ質問が飛んできたら上手く返答をすることも出来ないでしょう。

本当は10の力がある人でも、時間や気持ちに余裕がなければその半分も力を出せないことが多いです。

一方で時間に余裕があれば、それだけ入念に下準備をすることが出来ます。

鏡の前でスピーチの練習だって出来ますし、予めさまざまな質問に対応した回答を用意することも出来るでしょう。

その結果本来の10の力でプレゼンに臨むことが出来ますので、その分周囲から評価も得やすくなります。

仕事が楽しくなる

気持ちに余裕があると、どんな仕事でもそれなりに楽しんで取り組むことが出来ます。

焦っている時や時間がない時には、目の前の最低限の仕事にしか集中することが出来ません。

しかし時間にも気持ちにも余裕があれば、今やっている仕事に関連する他のことにも目を向けることが出来ますし、仕事で理解出来る部分も増えるでしょう。

そうなれば自分がやっている仕事が楽しくなります。

また楽しくない仕事でも、どうすれば自分で仕事を楽しんで行えるかを考えられるようになるでしょう。

仕事が楽しいか、楽しくないかで勤め先を決める人は少なくありません。

しかし例え一見楽しくない職場で勤めることになったとしても、気持ちに余裕があればその中から自分が楽しめる仕事を見つけることも出来るでしょう。

2.仕事が効率よくできる


仕事を効率的に行えるかどうかはどの会社でも重要視されます。

同じ60分を与えられても、その間に出せる成果は個人によって違うでしょう。

60分の内に3つしか成果を出せない人もいれば、同じ時間で6つ成果を出す人もいます。

そして会社側は、同じ時間でも効率的に仕事を行い、より多くの成果を出すことが出来る社員を重宝するでしょう。